シムフリースマホ。 SIMフリースマホおすすめランキング18選!コスパ最強の格安スマホはコレ!

SIMフリースマホでドコモのSIMカードを使う方法と注意点

シムフリースマホ

これだけおさえれば、実は最適なSIMフリースマホ選びができます。 逆にこれまで、キャリアでスマートフォンを使っていた人はあまり心配がないんですよね。 理由は、「高額=高性能」なので、逆にどんな人でも使えたから。 要するに、ドコモなどのキャリアスマホの場合、高いがゆえに全ての性能を満たすことができます。 SIMフリースマホの場合は、値段が安い分、妥協しないといけないポイントがあります。 例えば、ゲーム性能。 これが一番価格にダイレクトに効いてきていて、PUBGやフォートナイトとかする場合は、迷わず高額のスマホを買いましょう。 逆にLINE、メールが中心なら3万円台のスマホでも十分です。 Android、iPhoneの両方ともSIMフリーはある SIMフリースマホといえば、Androidと思われている人も多いですが、iPhoneも選ぶことができます。 AppleショップやネットのApple Storeを使えば購入可能。 iPhoneは比較的高い値段のものが多いですが、後ほど紹介しているは型落ちしてかなり安くなっています。 日本で使う分には機能的に大差ないので、好みで選んで良いでしょう。 ジャンル別の選び方 自分が求めている用途に合わせてお選びください。 クリック タップ でおすすめのラインナップに飛ぶことができます。 有機ELディスプレイ• 大型なので女性には厳しいかも P30 liteのおすすめポイントを解説 はっきり言います。 3万円以下で今スマホを購入するなら間違いなくP30 lite。 P30liteは、ファーウェイから発売されたミッドレンジスマホ。 ところが価格はローエンドクラスと激安。 良すぎる意味でこれほどコスパがおかしい機種もありません。 大画面なのに軽いですし、液晶もきれいで全画面のモデル。 さらにUQモバイルで最大5000円キャッシュバックの対象(しかも、さらに端末割引あり)なので、この機会を逃さないでくださいね。 以下の記事でレビューを紹介しています。 キャッシュバックについても以下で解説しています。 少しもっさり感あり• UQモバイル専売 Galaxy A30のおすすめポイントを解説 本来4万円しますが、割引率が高く3万円以下になっていて、狙い目の端末。 Galaxyシリーズで日本初のSIMフリーモデルで挑戦的なモデルなこともあって、クオリティ高めです。 ソフト的な部分はGalaxyをそのまま引き継いでいるので、これまでキャリアで使っていた人も使いやすいモデル。 GalaxyA30の面白いのは広角カメラ。 でも紹介していますが、驚くほど広く取れます。 P30liteも同じくらい画角が広く取れるのですが、現在アメリカの制裁の件もあり、本当におすすめできるという点ではGalaxyA30になりますね。 背面メッキで指紋が付きやすい• Wi-Fiが5G非対応• 派手なカラーのみ nova lite3のおすすめポイントを解説 ファーウェイから発売されているnova lite3は、価格面では最高クラスのコスパ。 本体価格が3万円を切っている上に、楽天モバイルをはじめ、キャンペーンが加わり、劇的な安さになっています。 カメラ、本体どれをとっても特徴はないのですが、 一番のポイントは「こんなに安いのに、ミドルレンジのスマホに性能で負けない」こと。 メール・電話・LINEが中心なら、特殊な性能は必要ないはず。 だからこそnova lite3は価格面でちょうどよい選択肢になりますよ。 ただし、Wi-Fiが5GHz非対応。 でも書いているように、5GHzの無線の方が速いため、家庭内では使えないデメリットがあります。 カメラの加工処理が遅め• 購入経路がGoogleストア• 背面が安っぽい Pixel3aのポイントを解説解説 Pixel3aはGoogleから出ているSIMフリースマートフォン。 Pixel3aの一番のおすすめポイントは、AIカメラ。 ポートレートが異常なほど綺麗に撮影できます。 物を撮影する場合は本当に唯一無二と言っていいほど。 ハイエンドのは高いですが、5万円以下のスマートフォンでここまでできるのは驚き。 カメラテストで世界的に有名なでは100と最高クラスをたたき出しています。 処理速度の面でも十分速いので、5万円以下のスマートフォンで性能で見るなら1位はPixel3aですね。 ただし、SIMフリー版の購入経路がGoogleストアのみであったり、背面が若干チープなど、いくつか弱点はあります。 そこさえ我慢できるなら超おすすめです。 ノッチがある• 防水・防塵が弱い P30のポイントを解説 2019年はカメラが優れたモデルがたくさん発売されていますが、その一つがこのHuaweiの「P30」。 3眼カメラを搭載し、広角、望遠、超広角を撮影できるだけでなく、実はあまり知られていませんが、接写が強いメリットを持つスマートフォンです。 カメラの面でのメリットだけでなく、重量が160gと軽かったり、に対応していて2番号同時に持てるなど、超バランスの取れた機種。 もちろんも可能なので、その性能をすべて生かし切ることができます。 これといった弱点はありませんが、上位機種のP30 Proが存在することで、少しかすんでしまうことが欠点かもしれません。 防水・防塵非対応• ズームが弱い ZenFone6のポイントを解説 2018年のFind Xを皮切りに出てきた全画面スマホの中でASUSが出した答えがこのZenFone6。 フリップカメラを搭載することで全画面ノッチレスに対応しています。 カメラに注目が行きがちですが、本当の魅力はバッテリーとSnapdragon855を搭載しつつ、7万円以下(税抜)となっていること。 10万円以下(かつ5万円以上)のスマホの中で2019年に発売されたスマホの中ではZenFone6は唯一、5000mAhも搭載して長時間使えるスマホになっています。 ただし、注意してほしいのはカメラのズーム。 でも紹介していますが、少しモヤがかかったような写真になる傾向がありました。 ZenFone6には、3モデルあり、それぞれでメモリとストレージが違うので、買うときは注意です。 物理コントローラーの追加購入で1. 5万円強いかかる• Felicaなし Black Shark2のポイントを解説 Black Shark2は、中国の巨大スマホメーカー「Xiaomi(シャオミ)」の関連メーカーBlack Sharkが発売しているゲーミング専用のスマートフォンです。 Snapdragon855に12GBのメモリ。 タッチパネルのチューニングに加え、専用のコントローラーを設けるなどゲーマーに特化したスマートフォンです。 ゲーミングスマホなので本体の性能に目が生きがちですが、実は4800万画素アウトカメラに、2000万画素インカメラを搭載、感圧タッチが使えるなど、非常に高性能なモデルになっています。 カメラ機能に優れたSIMフリースマートフォン 2020年カメラ性能が高すぎるPixel4• 指紋認証がない• Pixel3より重くなった Pixel4のポイントを解説 物を撮影するなら、とにかくおすすめしたいのは「Pixel4」。 Googleフォトなどのビッグデータを駆使して、解析したデータをもとに写真を調整するPixel4の性能は他のスマートフォンと比べ、群を抜いています。 物を撮影するならこれ以上のスマートフォンは現状ないといっても過言ではありません。 また、Pixel3では人物ポートレートの加工処理が甘かったですが、4になり大幅に性能アップしています。 Pixel4の作例でも紹介しているように境界をしっかりと認識しており、撮影が楽しくなるカメラです。 Pixel3から指紋認証がなくなったことだけが残念なポイントと言えるでしょう。 iPhone11 Pro• 物のポートレートは輪郭バランスが崩れる• デザインに目玉感がある iPhone11 Proのポイントを解説 iPhoneの最新版であるiPhone11 Proは史上最高にカメラ性能が優れたモデルです。 特に超広角が素晴らしい。 今まで一眼でレンズを交換して初めて実現できる領域をスマホ単体で実現させています。 2019年には他のAndroidにも超広角がいくつか搭載された機種はありますが、中でも13mmで最高クラス。 触ってみるとわかります。 今までの全く違う絵が撮れることに。 特にお子さんがいる人にはあおりで写真を撮ってみたい欲しいです。 一番の弱点は重いこと。 手が疲れてしまいます。 10倍ズームに優れた名機種「Reno 10x Zoom」• 236gと重い• 指紋認証がない GRANBEATのポイントを解説 音響系で最強のSIMフリースマートフォンが、ONKYOから発売されているGRANBEAT。 DAP(Degital Audio Player)にモバイルデータ通信機能を持たせたスマートフォンです。 重量は200gを超える重さがあるものの、その分、オーディオ専用の基盤(DAC)を2枚搭載し、左右で独立して設計されているため、音の厚みが全く違います。 ハイレゾ対応のイヤホンと組み合わせると感動すら覚えるレベル。 少しマニアックな話ですが、なんと2. 5mmの4極のジャックも搭載していて、スマートフォンでは考えられない性能です。 見た目は重厚感あるフォルムになっていて、スマホ感を感じない漢のおしゃれガジェットという位置づけでも使えそうです。

次の

「SIMフリースマホ」予算3万円台のAndroidおすすめ3選【2020年夏最新版】

シムフリースマホ

沢山のメーカーから多くのスマホが販売されている昨今。 どのスマホがいいのかと悩んでいる方もいるのではないだろうか。 そこで今回はSIMフリー端末を選ぶ基準から、価格帯別におすすめのSIMフリー端末を紹介していく。 SIMフリー端末の選び方 まずはSIMフリー端末の選び方を紹介。 スマホの使い方や利用する時間によって変わってくるので、自分のスマホの使い方を思い浮かべながら確認してほしい。 SIMフリー端末を選ぶ基準 SIMフリー端末を選ぶうえで大切になってくるのが「性能」と「値段」だ。 高いお金を出せば必ず良い端末が手に入る、というわけではないが、やはりある程度値段と端末の性能は比例する。 スマホは電話とインターネットくらいしか使わない人と、ソーシャルゲームをやりこんでいる人では必要な性能が変わってくるので、自身の使い方に見合った端末を選択しよう。 通信会社を選ぶ基準 端末と同様に、「MVNO」と呼ばれる格安SIMを提供している事業者も数多く存在する。 選ぶ際にポイントとなるのが「値段」と「通信速度」だろう。 各会社にはひと月に使用できるデータ通信量によって分けられるプランが存在する。 現在、一か月でどれくらいの通信量を利用しているかはお手持ちのスマホから確認できるので、そちらをチェックしてからプランを決めるといいだろう。 通信速度は、キャリアから回線を一部借りるという性質上、込み合ってしまうなどの現象が起きる。 その時によって速さに差が出るので、購入の際に通信速度を調べるといいだろう。 SIMフリー端末を選ぶ際の注意点 SIMフリー端末を購入する際にやってしまいがちなのが、購入したSIMカードが入らない規格の端末を購入してしまうミス。 SIMカードを刺せなければ当然スマホは利用できないので、よく確認してからの購入をおすすめする。 また、端末によってはSDカードが挿入できなかったり、充電器の差込口の形が利用しているスマホの規格と異なる場合があるので、そちらも確認するといいだろう。 端末とSIMカードはセットで購入するのがおすすめ! 各通信会社は、SIMカードと一緒に数種類のスマホを販売している。 これらをセットで購入すると、端末購入の手間が省けるだけでなく割引サービスがつくこともあるので、セットでの購入をおすすめしたい。 おすすめの海外産SIMフリー端末 ここからは、具体的におすすめのSIMフリー端末を価格帯別に紹介していく。 数が多いので、今回は安くて高性能な製品が多い海外産の端末に限定した。 自身の用途に合わせた価格帯のスマホを選ぶといいだろう。 スペックはハイエンド並み!? 5万円台のミドルレンジSIMフリー端末【Huawei nova5T】 5万円台で購入可能なおすすめのSIMフリー端末は、中国の人気メーカー「Huawei」の「nova 5T」だ。 独創的で光沢のある「ブルー」「ブラック」「パープル」の3色から選べる背面デザインが目を引くが、その性能も目を見張るものがある。 側面に搭載された指紋認証、画面占有率を上げるためにディスプレイ内に隠されたインカメラ。 近未来を感じさせるデザインに加え、RAM8GB/ROM128GBとハイエンド並みの処理性能を誇り、1. 5時間で完了する高速充電まで備えている。 【参照】 3万円台で購入可能なおすすめの海外産SIMフリー端末【ASUS ZenFone Max Pro M2 】 台湾のメーカー「ASUS」が展開する「ZenFone Max」シリーズの最新機種「ZenFone Max Pro M2 」は、3万円台でありながらミドルハイクラスの処理性能と、大容量バッテリーを搭載したおすすめ商品だ。 RAM6GM/ROM64GMと、値段を考えればこれだけでもハイスペックなのだが、なんといっても魅力は、VoLTE環境で連続通話時間が約1860分、連続待ち受け時間が約840時間を記録している5000mAhの大容量バッテリー。 長時間外出する際にも、電池切れの心配は少ないだろう。 【参照】 1万円台のおすすめ海外産格安SIMフリー端末【OPPO R15 Neo】 中国で勢力を伸ばしている「OPPO」だが、日本国内での知名度はまだまだ低いのではないだろうか。 しかし、各価格帯で高性能のスマホを販売しており、今回紹介する「R15 Neo」は1万円台と格安ながら、かなりのスペックを誇る。 RAM3GB/ROM64GBと、3万円台のミドルレンジスマホと比べても見劣りしない処理性能。 バッテリーは4230mAhを搭載し、6. 2インチの大画面を備えた。 データ容量の大きいゲームをするとさすがにカクカクしてしまうことはあるが、インターネットやSNS、電話などの用途でしかスマホを使わないという人なら十分満足いく性能だろう。 【参照】 【番外編】10万円超えのハイエンドSIMフリー端末【Samsung Galaxy note10+】 趣旨とは少しずれるが、10万円を超えるハイエンドモデルも紹介。 世界1位のシェア率を誇る「Samsung」の最新機種「Galaxy note10+」だ。 8インチいっぱいのフルスクリーンながら薄さが7. 【参照】 タブレットやガラケーはSIMフリーで使用できる? タブレットやガラケーでも、SIMカードを差し込んで利用できる。 しかし、ガラケーの場合は利用できるサービスに制限があるので注意が必要だ。 国産スマホは? 海外産SIMフリー端末との違いとは ここまで海外産のSIMフリー端末を紹介してきたが、国産の端末はどうなのかと疑問に思った方もいるのではないだろうか。 ここからは国産スマホと海外産スマホの違いを紹介していく。 国産SIMフリー端末の特徴 国産のSIMフリー端末は、海外産の同価格帯の端末と比べると、購入後のサポート面が充実している点がメリットといえるだろう。 国産SIMフリー端末のおすすめ商品【Sony Xperia5】 国産のSIMフリー端末としておすすめなのが、「Sony」が展開する「Xperia」シリーズの最新機種「Xperia5」だ。 映画館のスクリーンと同じ比率の21:9のディスプレイを搭載。 縦長の珍しい形だが、上下で2つのアプリを起動するマルチウィンドウにちょうどいい仕上がりだ。 さらに、高速CPUのQualcomm Snapdoragon855、RAM6GB/ROM64GBを搭載し、アプリの起動や動画ダウンロード、ソーシャルゲームも問題なく楽しめる処理性能を備えているハイスペックスマホだ。 文/佐藤 文彦.

次の

simフリースマホ 注意点とおすすめ機種!【2020年版】|オラサー

シムフリースマホ

ここ数年で「SIMフリースマホ」というフレーズをよく耳にするようになりました。 SIMフリーは、シムフリー・しむふりーと読みます。 SIMとはどういう意味か、何の頭文字か意外と知られていませんが、Subscriber Identity Moduleの略です。 「聞けば、大手通信業者で使えるのはもちろん、格安スマホとしても使えるし、どうやら海外でも使えるらしい、、、とても興味はあるけれど、どれも断片的な情報ばかりで、実際のところ、SIMフリースマホが何なのか分からない。 」 そんなふうに思っていませんか?きっと多くの人が疑問を抱いている「SIMフリースマホ」について今回は解説していきます。 SIMロックとは何か? SIMフリースマホを解説する上で、まずは「SIMロック」について理解しておく必要があります。 SIMロックとは「特定の通信業者のSIMカード以外は受け付けない(通信できない)」ロックのことです。 SIMカードは、通信業者で契約をする際に発行される、スマホに挿入する小さなICカードのことです。 このSIMカードが無いと、通信業者のサービスを使って通信することは一切出来ません。 SIMカードを端末に挿入して、はじめて契約した通信サービスが使えるようになります。 通常、docomoで販売されているスマホはdocomoのSIMカード、auで販売されているスマホはauのSIMカード、Softbankで販売されているスマホはSoftbankのSIMカードでしか通信ができません。 すなわちこれが「SIMロックがかかっている状態」ということです。 つまり、通信業者から購入した端末は、その通信業者のSIMカード(通信サービス)しか使えないということです。 SIMフリースマホの利点 SIMフリースマホとは、その名前の通り「SIMロックがかかっていない端末」のことを指します。 つまり、どの通信業者のSIMカードでも通信ができて、端末と通信業者の契約が紐づいていない端末のことを指します。 SIMフリースマホを持っていれば、通信サービスは端末と別に選べるので、自分に合った通信業者を選ぶことが出来るようになります。 docomoなどの大手はもちろん、格安スマホと呼ばれる通信サービスを選ぶことも可能です。 更には一社にとどまらず、複数の通信会社と契約して、時と場所によりSIMカードを入れ替えて使うことや、海外旅行の際に現地の通信業者のSIMカードを使うこともできます。 ちなみに日本では、ようやくSIMフリースマホが盛り上がってきましたが、海外ではもともとSIMフリースマホの方が一般的で、これが「日本の通信業界はガラパゴス(閉鎖的)」と言われていた理由の一つでもあります。 SIMフリースマホを手に入れる方法 SIMフリースマホを手に入れると、自分に合った通信業者を選べたり、料金の安い格安スマホとして使うことが出来たりと、非常に便利であることは理解いただけたと思います。 では次に、SIMフリースマホを手に入れる3つの方法を紹介していきます。 1:携帯ショップ・家電量販店などの実売店で手に入れる 2:Amazonや楽天などのネット通販で手に入れる 3:大手通信業者のスマホのSIMロックを解除する 現在この3つがSIMフリースマホを手に入れる方法となります。 それぞれ、見ていきましょう。 1:携帯ショップ・家電量販店などの実売店で手に入れる まず1のケースは、一番分かりやすく、SIMフリースマホ初心者の方にもオススメの方法です。 ほとんどの家電量販店の、携帯電話コーナーの一番目立つ場所に「SIMフリースマホコーナー」が設置してあるので、実際に端末を見て触って、不明点は店員さんに聞きながら選ぶことが出来ます。 2:Amazonや楽天などのネット通販で手に入れる 次に2のケースは、ある程度SIMフリースマホに対して知識がある方にオススメの方法です。 ネット通販なので端末の実物を見たり、その場で質問することは出来ないですが、実売店より安い価格でSIMフリースマホを購入することが出来ます。 最近では携帯電話の販売店が、オリジナルSIMフリースマホの販売を始めたり、全くの異業種が参入したりと、SIMフリースマホのネット通販が非常に盛り上がっています。 スマホをSIMフリーにする方法 2015年5月以降、docomoやau、Softbankで購入したSIMロック付のスマホは、一定の条件を満たすことで、SIMロックが解除出来るようになりました。 これは総務省による「SIMロック解除の推進化」によるものです。 SIMロックをかけるということは、つまりは利用者の囲い込みを意図する施策なので、各社の通信料金に競争力が働きにくいという懸念があります。 実は昨今の格安スマホブームは、この出来事がきっかけに始まったものでもあります。 各社によってSIMロック解除の条件は異なりますが、大まかな部分で共通している点は「端末を一括払で購入、または分割払いで完済している」「指定の利用期間を経過している」「各社のショップの窓口、または契約のマイページ上から申請できる」ことです。 なお、最も利用者が多いiPhoneについては、各社揃って「iPhone6s以降のiPhone」のみSIMロック解除の対象となります。 日本はもとより、海外でもスマホが使えるようになるので、これからのグローバルな時代には必須と言えます。 ぜひ、今回の方法を参考にしながら、SIMフリースマホを手に入れてください。 おすすめ記事.

次の