紹介で入った仕事辞めたい。 【仕事が辛い】会社を辞めたいと悩んだらすぐに辞めるべき、2つの理由

【仕事が辛い】会社を辞めたいと悩んだらすぐに辞めるべき、2つの理由

紹介で入った仕事辞めたい

秘書ひとみ 「今の仕事辞めたい」社会人なら誰でもそう考えてしまう瞬間はやってきます。 実際に内閣府が出している統計情報だと組織で働いている 雇用者約6,000万人に対して毎年300万人以上が転職をしています。 「1990年代前半の転職者数は250万人程度で推移していたが、2000年代にかけて増加し、2006~07年に346万人とピークに達した。 」 出典 2人に1人は人生一度は転職する、というデータもあるくらい「 仕事辞めたい」というは誰もが考えることなのです。 ではいざ 仕事辞めたいと思った時にはどんなことを考え、準備したらよいのでしょうか? 最初に仕事辞めたいと思う2つのケースについてご紹介します。 私も会社を辞めて、転職を何度も経験してきました。 20年以上会社員をしてきて、東証一部上場から数人のベンチャー企業まで経験してきました。 給料やポジションもまさざま経験をしています。 秘書ひとみ \ たったの10秒無料診断 / 「仕事辞めたい20代」は前半と後半で考えるべきことが違う 「仕事辞めたい」と思ったのが20代でも前半と後半で大きく変わります。 新卒入社で20代前半だとまだ1年〜3年目。 まだ研修期間の場合もあるでしょう。 その段階で仕事辞めたいとなると一時的な可能性もありますし、その反面 20代は貴重な時間なので早めに自分に合った違う仕事に移ったほうがよい、という考えもあります。 20代後半となると3年目〜7年目とそこそこ中堅社員です。 人によっては肩書がついて部下がいたりちょっとしたチームマネジメントを任されている人もいるでしょう。 20代前半と後半で分けてみてみましょう。 20代前半の1〜3年目で仕事辞めたい場合 入社して1年〜3年目の20代前半。 そのタイミングで仕事辞めたいと思うのはどういった理由なのでしょうか。 有効求人倍率が上がっている現代でも第二新卒の転職は厳しいくなります。 その理由と転職を成功させるポイントをまとめています。 参考記事: もちろん新卒入社した企業が違法ともいえるの場合は一目散に辞めるべきですが、堅実な会社で身近な人間関係が悪くない職場ならもう一踏ん張りすることも大切です。 20代前半なら何か一つでも仕事を覚える・達成する・やり抜くということを経験してから転職しても遅くはないです。 20代前半でも、少しの苦労・大変なことを乗り越えて一つ仕事を達成した人は成長しています。 一度成長してから転職活動をしたほうが、より自分の希望に合ったところへ転職できるでしょう。 「2,3年働いて自分がやりたいことが仕事をしていく中で明確になった」「やりたい仕事が他の会社でしかできない」という前向きな理由や「超絶すぎる」という理由でなければ20代前半での軽率な転職はおすすめしません。 今一度しっかり考えてみましょう。 「若きマネジメント経験者」• 「新人と変わらない20代後半」 若きマネジメント経験者でさらなるステップアップのために、レベルが上の企業・仕事へ転職したいならチャレンジしてみるのもよいでしょう。 もしくは今の会社に残って経営幹部を目指す、という選択肢もあります。 安易に待遇面だけできめず会社の将来性なども含めよく考えてみましょう。 新人と変わらない20代後半の人は 転職しても今よりレベルダウンする可能性は高いです。 少なくとも今の会社であれば後輩がいることでしょうが、転職すると下手すると新卒と同レベルに扱われる可能性もあります。 給与アップも望めないでしょう。 今一度、今の会社で一旗揚げることを考える選択肢もあります。 思い切って転職する場合も20代は決して妥協せず今よりレベルの高い企業へ飛び込んでみるのをおすすめします。 20代の頃、まったく成果が出てなかった人が転職先で花開いて経営幹部まで上り詰める、なんてことはよくある話です。 ただし転職先は慎重に選ぶようしましょう。 20代でも転職を成功させるためには転職エージェントの利用が必須です。 コチラの記事で詳細に説明しています。 参考: 「仕事辞めたい30代」即戦力として最も期待される年代 社会人としての能力のピークは30代、という人もいるほど 30代は即戦力としてみなされるため今の仕事辞めて転職してもキャリアアップのチャンスが十分あります。 そこで考えるべきことは今までやってきたことです。 自身のマネジメント力や経験、実績などを事細かに洗い出しましょう。 そしてそれをどう活かせば次のポジションに役に立つのか、冷静な戦略が必要となってきます。 「自分の強みを転職先で活かせるんだ」というアピールを失敗すると、自分を安売りしてしまって待遇が格段に下回る企業に転職してしまうということも。 一度待遇が悪化すると、元の待遇を受けられる企業に再度採用されることは至難の技です。 下の企業に転職するのは簡単ですが、レベルアップして転職するのは本当に難しくなります。 また即戦力と適応力の両方を求められるのも30代の特徴です。 自分がどう即戦力となることができるのか、また新しい職場ややり方にすぐに適応できるのも重要です。 その点もしっかりと考えましょう。 新しい職場に適応できないと大きなストレスとなってしまいます。 30代からはを上手に利用するのもポイントです。 30代の転職で自分にあった企業へより良い条件で転職するためにはは必ず利用しましょう。 秘書ひとみ 「仕事辞めたい40代」転職が難しくなってくる年代 40代では実際転職で待遇をアップさせることはなかなか難しいことです。 転職回数は今の会社での勤続年数にもよりますが、40代でそこそこ長く働いたいてるとチームマネジメントを任されそれなりの給料になっているはずです。 いきなり同じ給料水準で受けいててくれる会社は少なくなります。 そのため現在もらっている給与以上に求めるものがあるのかどうかをまず考えてみてください。 または仕事を辞めてから転職活動をするのは絶対にNGです。 なかなか次が決まらずに現在の半額以下の給与で仕事をしなければならなくなった、なんてケースも多々あります。 どれだけ忙しくとも転職活動は現職を続けながら行うようにしましょう。 そして40代ともなれば、一般の転職サイトよりは 専門の転職エージェントか取引先・ビジネスパートナーの紹介などでの転職が望ましです。 自分のことを知っている人が間に入ってくれることで良い条件での転職が可能になります。 40代にもなれば自分の転職を支援していれる人がまわりに1人、2人いるはずだ。 ご自身の適応力についても再考してみましょう。 今までずっとやってきた仕事のやり方が通用しなくなるかもしれません。 転職を繰り返してきた人にとっては容易なことかもしれませんが、今まであまり変化を経験してこなかった人にとって新しい職場へ適応できるかどうかは死活問題とも言えます。 自分の今までのプライドを捨て、年下の同僚・上司に教えてもらうことはできるのか?ということを自分自身に聞いてみてください。 また考えるべきことは家族からの賛同は得られるのか?ということです。 もしかしたら給与が大幅に下がる可能性や勤務地勤務体系がかわることもありますが、それでも家族は転職活動に賛同してくれるのでしょうか。 家族の同意なしに転職してしまうと、家族関係が悪化したりへ発展と余計なストレスを生んでしまうことがよくあるのです。 40代からの転職の厳しさはコチラの記事で詳細にまとめています。 40代で転職をする人は必見です。 参考 40代からは「起業」という選択肢も 40代は能力も人脈も、今までの経験から豊富にある年代です。 「会社でやってきたことを生かし、起業することはできないか?」と考えることも選択肢の一つとして持っておいてはいかがでしょうか。 起業のプロセスは大変ですが、40代なら体力的にも十分です。 もちろんリスクは大きいので準備必要です。 ただ残りの人生、思い切ってチャレンジするもよいのではないでしょうか。 ご自身の経験を活かして新しい道へのチャレンジが可能なのか一度深く考えてみてください。 「仕事辞めたい50代」転職は他の世代に比べると圧倒的に不利 50代は、長くてもあと10年しか働くことができないので、他の世代に比べると転職市場では圧倒的に不利なのは事実です。 もちろん経営マネジメント級で同じようなエグゼクティブクラスの転職であれば、この記事で言及することではないでしょう。 第一線の現場社員50代が仕事辞めたいと思って転職を考える際には考えること2つあります。 1.貯金はあるのか 1つは「貯金は十分にあるのか?」ということです。 50代から転職すると給与が大幅に下がってしまうことは否めません。 役職付きの給料から下手をすると新卒レベルに下がることあります。 そのため今後その給料で生きていくことができるのか?ということはしっかりと考えましょう。 2.紹介による転職 もう1つは「今までの人間関係を生かして転職することはできないのか?」ということです。 まずは50代が仕事辞めたいと思って転職する場合は自分のことをよく知っている人の紹介で転職する方法を考えましょう。 知人からの紹介であれば自分がどのような仕事をするのか、信頼関係も出来上がった状態での転職なのでうまくいくことも多いのです。 いずれにしても50代で仕事辞めたいと思って転職する場合は40代以上に覚悟が必要となるので、現職を進めながら根気強く転職活動を進めていきましょう。 これまで転職をして成功したやと失敗したやつ、会社に残って成功したやつと失敗したやつをたくさんみてきた。 私は20年以上会社員をしてきて、東証一部上場から数人のベンチャー企業まで経験してきました。 給料やポジションもまさざま経験をしています。 20代で年収1,000万円、30代で240万円に転落、40代で年収2,000万円と収入もジェットコースターのように変わってます。 そのビジネスマン人生の中で、仕事を辞めたいと思ったらすぐ辞める人、我慢して会社に残る人、たくさんみてきました。 20代の頃、仕事ができずいつも上司から怒られてばかりの人が、転職をし30代で大手企業のマネージャー職となり、いまや年収1,000万円になった人もいます。 逆に20代のころ少し仕事ができたのを勘違いして、「オレはもっと評価されるべきだ!」と仕事を辞めて転職した人が転職失敗して、30代仕事を転々。 その後40代で年収300万円で上司が20代という人もいます。 また冴えない20代新人が、同期にどんどん追い抜かれても腐って辞めること無く会社に残りコツコツと仕事をがんばったらその15年後、部長職となり今や20人以上の部下がいる幹部に成長した人もいます。 結局、仕事辞めても辞めなくても成功するかどうはその後の本人の努力次第なのです。 今の仕事が嫌で仕方がなく、仕事を辞めて次のところで頑張れるのなら辞めたほうがいいでしょう。 原因が別にあって仕事辞めて他にいっても解決されないことなら、仕事辞めても同じことを繰り返すかもしれません。 組織に属して会社員として仕事をしていれば「仕事辞めたい」と思うことは誰にでもあります。 タイミングや年代によっては思い切って転職することで、より良い仕事につけることもあります。 ただ現状の転職理由がネガティブなものばかりだと転職しても厳しい結果になることは覚悟しましょう。 仕事辞めたいと思ったら年代別には以下のことを注意しましょう。

次の

警察を辞めたい理由と対処法8つ

紹介で入った仕事辞めたい

みんなはどんな理由で仕事を辞めている? 仕事を辞めたいと思った時、同時に 「でも、こんな理由で辞めるのはありなんだろうか……」と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。 たとえば転職サイトの面接ノウハウなどを見ると、誰もがポジティブで堂々と話せるような転職理由を挙げています。 それに比べると 「自分の退職理由は甘えではないか?」と思いたくもなります。 しかし、実際のみんなの本音は違います。 面接用の模範解答ではない、本音の「辞めたい理由」とはなにか、本記事でご紹介していきます。 仕事を辞めたい理由ランキング 人が「仕事を辞めたい」と思う理由は様々です。 個人的な悩みから、家族絡みの事情、現代では少なくなりましたが寿退職など……。 その人が置かれている立場や状況は様々であり、「仕事を辞めたい」の一言だけからでは図りきれないそれぞれの事情を抱えているのです。 ここでは、 転職サイトなどのさまざまな「仕事を辞める理由」アンケート結果に、編集部独自調査によるリアルな体験談なども加味して、ランキングにしてみました。 仕事をやめたいと考え始めた人に。 転職支援ツール「ミイダス」 「ミイダス」は、dodaなどでおなじみのパーソルキャリア社が提供するサービスです。 転職支援サービスの一種ですが、他と違うのは、 自分からはなにもしなくとも転職のチャンスがやってくるので、 まだ転職活動に本気でない人にとっても使えるということです。 1位:職場内の人間関係がよくない 仕事を辞める理由として 最も多いのは人間関係に関することです。 職場は、育った環境も違う人間が、さまざまな立場に置かれて仕事に当たっているため、合う合わないが出てくるのは当然です。 職場の人に対して、積極的に「嫌い」と思うよりは、「仕事は一緒にできるけれど、飲み会には誘われたくない」「仲間だと思われたくないから、派閥に囲い込まれるのは困る」という微妙な理由で悩むこともあります。 仕事の内容に問題はなく、やりがいも感じられているのに、人間関係がわずらわしくて辞めたくなってしまうのは、とても損した気分ですよね。 人間関係に問題のある職場を脱出。 20代なら「JAIC」に相談 職場の人間関係の問題は、自分一人で解決しようと思ってもなかなかどうにもできません。 しかし、いざ見切りをつけて転職先を見つけようと思っても、慣れた職場を変えるのはハードルが高いですよね。 そんなとき、もしあなたが20代で正社員を志望しているのなら、 JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。 JAICは、 社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。 正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、 若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。 2位:どんなにがんばっても評価されない 社員にとって納得のできる評価制度のある会社はそう多くないものです。 ホワイト企業で、かつ業績を上げていて社員に還元する余裕のあるところであれば、期首に目標を立てて期末に評価面談を行い、それによって昇給・昇格していくでしょう。 ボーナスも正当に支給されます。 しかし、 評価制度自体はあっても社員に還元する余裕がなかったり、評価制度そのものがない企業では、社員は いくら頑張っても評価された実感がありません。 それでいて役員など上層部だけがいつも高収入で余裕があるように見えると、仕事のやる気もなくなってしまいますよね。 マイナビエージェントに登録して転職を考えてみよう 転職エージェントは、悩み相談・仕事紹介・応募書類の添削や面接対策・内定後の条件交渉など、転職に必要なことをすべて代行してくれる便利なサービスです。 もし今、日々の仕事に追われがちで、転職活動のために時間を充分にとれる自信がないなら、転職エージェントの力を借りることをおすすめします。 中でもマイナビエージェントは大手老舗サービスであり、 全国対応で地方にも拠点を持ち、担当者の対応が親身だという口コミも多いので安心です。 3位:給与など待遇が悪い 仕事に対するモチベーションを保つためにも、「給料」は非常に重要な要素です。 いくらやりがいがある仕事でも、給料が低いと徐々にやる気は失われていきますよね。 仕事の量や質を考えた時に納得できる金額をもらっていればいいですが、 「あれだけ働いたのにこの給料か」と一度思ってしまうと、モチベーションはどんどん下がっていきます。 しかし、体育会系の雰囲気にどうにも馴染めず…。 また独身者ばかりの若い会社なせいか、女性の産休・育休の取得実績がないのも不安でした。 ブラック企業なわけではなく、単に誰も産休を取ったことがないのです。 業績は右肩上がりで、悪い会社ではなかったのですが、半年で辞めてしまいました。 社風は、入社してからでないと実際のことがわかりません。 勤務条件が良いかどうかというのと、社風が合うかどうかというのはまた違います。 周りの社員が満足して働いていても、自分はどうしても合わない、ということもあります。 その場合、疎外感もあってだんだん辛くなり、表面上は円満退職のように見えても内心は納得いかないままに辞めることになるでしょう。 企業研究にはキャリコネを活用しよう キャリコネは、 62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイト。 残業時間から有給消化率、社風や人間関係などリアルな社内情報まで、転職前に知っておきたい情報が満載です。 さらに、面接で聞かれる内容についても口コミがあり、これからその企業に応募したいと思っているならぜひチェックしておきたいところ。 キャリコネのサイトを通して、 大手転職サイトの求人情報を横断検索することもできます。 6位:担当の仕事内容がつまらない 私達は24時間あるうちの約8時間を仕事に費やしています。 残業等がある場合はもっと長い時間になります。 そんな長い時間行っている仕事を楽しめないのは辛いですよね。 もちろん、仕事には大変なこともありますから、全面的に楽しいことばかりではありません。 それでも 時には楽しみややりがいがあるから続けられるのです。 それがまったくないとなれば、退職を視野に入れるしかありません。 仕事がつまらないだけでなく、 「本当は他にしたいことがある」という思いを抱いていると、現在の仕事のつまらなさもいっそう募ってしまいます。 その「本当にしたいこと」が現実的に叶いそうであれば、そちらの道を目指したほうが自分のためになるかもしれません。 しかし新規事業が打ち出されるたび、社長が「コストを下げられれば品質は粗悪でもいい」「粗悪品に騙される客からだけ金を取れればいい」という考えを持っていることに気づいてしまいました。 上司もそれに追従するばかりです。 もっと社会貢献できる仕事がしたかったので、この会社は辞めました。 経営陣や上司は、 会社の方針を決め、ひいては自分の仕事内容を決める立場の人です。 そんな人たちと考えが合わないと、自分の携わっている仕事のすべてに納得がいかなくなってしまいます。 もちろん、経営に関わる立場では、 売上を立てて社員を養っていかなければならないという切実な事情があります。 そのために、時にはなりふりかまわず売上を目指していくこともあるでしょう。 しかし、それでも譲歩できないくらいに経営陣や上司のやり方が合わないなら、別の環境に移ったほうが自分の精神衛生のためには正解です。 8位:ハラスメントが解決できない 自分がハラスメント被害に遭っている場合はもちろん、周りに被害があるのに解決されず放置されているような会社では、社員のモチベーションが下がっていきます。 「こんな問題が横行しているなんて情けない」という気持ちになってしまうのです。 まともな会社であれば、社員はお互い尊重し合えるので、ハラスメント行為は起こりません。 あるいは、定期的にコンプライアンス研修などが行われ、ハラスメントに敏感な体制が作られていきます。 辛いのは、 ハラスメントに鈍感な社員ばかりの環境で、現に生じている被害が理解してもらえないことです。 相談窓口が役に立たなかったり、ハラスメント相手と戦うほうが疲れてしまうような場合は、さっさと辞めたほうが得です。 10位:育児や介護との両立が厳しい 育児休暇や介護休暇といった制度には限界があります。 それで仕事との両立ができず辛くなって、諦めて辞めてしまう人もいます。 たとえば育児休暇の場合、預け先がなければ休暇の延長は1回できますが、いずれはどうにかしてどこかに子どもを預けて復帰しなければいけません。 仕方なく、遠い幼稚園に長時間かけて送り迎えに行っている親もいます。 子どもを幼稚園に預けて仕事に復帰できても、今度は子どもが病気になるたびに有給を消化して通院していると、あっという間に有給はなくなってしまいます。 それ以上休むと欠勤扱いで給与が減ります。 急な欠勤を繰り返して、周りに頭を下げ、疲弊しながら仕事を続けていくよりは……と、辞めてしまう人も多いのです。 仕事を辞めたいときの対処法とは? 仕事を辞めたいときに選べる道は、大きく 「やっぱり辞めずに頑張る」「会社は変えずに仕事内容を変える」「会社ごと仕事を変える」の3つに分けられます。 それぞれの道を選ぶときにはどんなことに注意すればよいのか、順にみていきましょう。 今の環境で頑張りたいなら気の持ちようを変える 仕事を辞めたいと思っても、いざ辞めるとなると現実的な問題が立ちはだかります。 働きながら転職活動をする余裕はあるのか、転職活動をし始めてもすぐに内定が決まるのか……。 また、会社が繁忙期でとても退職を言い出せる状況ではない、なんて場合もありますよね。 退職は社員の自由ですが、退職を切り出すほうが自分にとってストレスになるというのなら、様子を見ながら働き続けることになります。 その場合、変えるべきは自分の気の持ちようです。 今抱えている悩みは、本当にそこまで悩むほどのことでしょうか?実は考えすぎではないでしょうか?あなたがまだ新人なら、 単に環境に慣れていないだけではないでしょうか? 客観的な他社の意見も聞いて、自分の意識を変えていきましょう。 退職代行サービスを使うという手もある 退職したいけれど、退職交渉があまりにも難しそうなら、冷静に対処できる第三者に任せてしまうのもひとつの方法です。 そんな「退職代行」をしてくれるサービスのひとつがこのEXITです。 会社に行くだけで辛い場合は、会社に行かなくても退職できる• 書類などの手続きはすべてEXITが代行してくれるのですぐに退職が可能• 職場の人に会わずに退職できるのが最大の魅力• EXITと提携している転職サイトから求人紹介が可能。 次の仕事をそのまま探せる 退職のために 「会社に行かなくてもいい」「上司や同僚と連絡を取らなくてもいい」のが代行サービスの魅力です。 仕事が辛くて一刻も早く辞めたいと思っているなら、ぜひEXITで退職代行をしてもらって次のステップに進みましょう。 部署異動をして心機一転を図る 会社自体にそこまで不満はないけれど、 とにかく今の仕事内容や部署の人間関係が辛い……そんなときは、 転職しなくとも部署異動で問題が解決するかもしれません。 まずは直属の上司に、部署異動を希望している旨を話してみましょう。 もし直属の上司との間に問題があって言い出せないのであれば、人事部門や、異動希望先の部署の上長に話をしてみるのもよいでしょう。 異動の時期が決まっている場合は、そこまで待たなければいけないかもしれませんが、転職活動をする手間に比べたら楽だと思えるのではないでしょうか。 転職活動を始める 部署異動で解決するような問題ではなく、やっぱり会社を変えたほうがいいと思うのなら、本当に辛くなって 心身を壊してしまわないうちに転職活動を始めましょう。 ストレスで倒れてからでは、転職活動をする気力を回復するにも時間がかかるからです。 転職には、 悩み相談から面接対策、条件交渉までトータルサポートしてくれるエージェントを使うのがおすすめです。 もちろん利用は無料です。 仕事が辛い中での転職活動は、気持ちの余裕も時間の余裕もありません。 そんな中で判断を早まり、またすぐ辞めたくなるような会社に入ってしまっては意味がありません。 ぜひプロの手を借りましょう。 求人数の多いリクルートエージェントに相談してみよう リクルートエージェントは、 圧倒的なブランド力と求人数を最大の強みにしています。 日本全国の地域の求人を扱っており、大手からベンチャー企業までの求人を扱っています。 求人数は業界トップクラスと言われており、転職成功実績はNo. 1となっています。 また、エージェントが優秀であることでも評判なので、転職が初めての方におすすめの転職エージェントです。 心身の調子を崩していると告げる 退職理由を病気だと理解してもらう伝え方です。 「精神的な限界を迎え、それが体調にも現れる様になってしまって」と、 聞き手に「うつ」を連想させるような言い方をすると、たいていは納得してもらえるでしょう。 根本的な原因が何かはっきり分かる理由では、退職せずともどうにかなると思われかねません。 「うつ」だと思えば、どういう対応で改善するかは人それぞれ。 決まった方法がないので止むを得ないと理解され易いのです。 口で言うだけで納得してもらえなさそうな場合は、 病院で診断書をもらってきて提示しましょう。 うつではなくとも、 「抑うつ」などの診断名は書いてもらえるはずです。 なお診断書は実費で4,000〜5,000円ほどかかるので、そこだけ注意しておきましょう。 家族の転勤や介護などやむをえない事情を利用する もし家族の転勤に伴う引越しや、介護の必要などがある場合、たとえ 通勤できる圏内での引っ越しや、施設に通って済む範囲の介護であっても、退職理由として活用させてもらいましょう。 まったくの嘘をつくよりは、こちらの心理的負担も少なく済みます。 これらの理由なら、反対したところで会社にも上司にもどうにもできないので、それ以上の退職交渉をすることもなく、諦めてもらえるはずです。 前向きな話で押し通す 「どうしても追いたい夢がある」「キャリアアップしたい」という 前向きな理由で押し通せば、引き止めても無駄だと思ってもらえる可能性が高いです。 退職予定の会社から見れば、キャリアアップしたいくらいやる気があるのならなぜうちで頑張らないのか、やる気のある会社員にはうちには残って欲しい、と考えるでしょう。 その場合は、 今の会社では叶えられないようなことを具体的に語りましょう。 ポジティブな話をしていると、自分自身の気分も明るくなり、目の前で相手が渋い顔をしていようがあまり気にならなくなります。 「夢を追って辞める人」を演じきりましょう。

次の

仕事辞めたい!辞めるべきか残るべきかその後の人生を成功を決める重要な事とは

紹介で入った仕事辞めたい

Contents• 1 こんな会社はもう嫌だ!大手にいきたい!キャリアアップパターン 中小企業やベンチャーって アッドホームなのですが、 福利厚生がなかったり、ネームバリューがなかったり。 「 中小企業に入って我武者羅に働けば、どこでも通用する」という言葉があります。 自分で「この期間だけは頑張る!」と期限を決めてその期間は精一杯仕事を しましょう。 新卒の場合は、 3年ほど働くと応募できる求人数が増えます。 怒られても 辞めないし、めげない人は、 社長や上司とも信頼ができ、 劇的な成長を遂げることができます。 それは、どこの会社へいっても、仕事の要領や質をかってもらえる 社会人基礎力になります。 「辛いから」と現実逃避をせず、 しっかり目の前の仕事をやりきった人は、後悔をせずスッキリやめられるでしょう。 それは、 自他ともに「辛くても3年間ちゃんと打ち込んだ」ことを知っているからです。 ポイント• 流れに任せるのではなく、自分で期限を決めて、その期間きっちり仕事をする• 辞める前に自分が学べるものは学び尽くし、仕事を投げ出さない 2 さらばパワハラ!見限りパターン 平成28年報告されている パワハラ被害は 7 万件もあるそうですこれもある意味洗脳ですが 、 「あなたのせい」「あなたのためを思って」「出来ないやつだな」といわれていると、そんな気がしてきてしまうんですよね。 「でも給料も悪くないし」「遠くもないし」…etc 悪くない理由を集め始めたら注意です。 年月に関係なく、 パワハラは着実に心身を蝕んでいきます。 かく言う私も、 「ねえまたミスしてるじゃん」「この資料、カッコの形へんじゃない?」チクチク言われ続け、ミスがなかったらないで 「私のパソコンの画面覗き込むのやめてくれる?社会人としてどうなの」と、 言動や態度に言葉が向きました。 「頑張っても頑張っても怒られる、私のなにがいけないんだろう」このループが止まらなくなって、プロジェクトが大詰めになったその帰り道、 過呼吸で倒れて気が付いたら病院にいたこともあります。 経験して思うのは、 「おかしいと感じたらさっさと辞めるに越したことないほう」ということです。 パワハラはその時だけ耐えればいいわけじゃなく、 メンタルを崩すと後々の人生にも大きく関わってくる可能性があります。 周りに相談し、 パワハラだとわかった時点で 、振り返らずに、そこからさっさと出て行くのが一番懸命な判断です。 それは「逃げ」ではなく、別の場所へいくことにしたというただの「決断」です。 さっさとさよならしましょう。 ポイント• パワハラは改善する可能性があまりに低いので、わかった時点で、職場を出ること• 我慢をすると自分の心身に支障をきたすので、振り返らずさっさと出て行く• 危険な場所からの脱出は、裏切りではなく、見限りである 3 今の時代、仕事はいくらでも見つかる 「 すぐに仕事が見つからなかったら」「もっと悪くなったら」、なんて不安もわかりますが、 会社なんては入ってみないとわからないのです。 そしてそれは五分五分で、 悪くなる可能性がある分、良くなる可能性も同じだけあるのです。 私の好きな言葉のなかに、「Instead of trying to make your life perfect, give yourself freedom to make it adventure. 完璧を目指すのではなく、人生を思いっきりアドベンチャーにしよう 」というものがあります。 同じ職場で長年「いいのかなあ」と悶々としているより、思い切って足を踏み出したからには、 「やるしかない」とただただ我武者羅でひたむきな日々を送っていったほうが健全かもしれません。 私も色々ありましたが、 辞めたことを後悔したことは一度もないです。 自分がレベルアップしているのなら、会社もそれにあわせて変えていくのも、今の時代はありじゃないでしょうか。 まとめ というわけでまとめます。 後悔ないほどやりきってからつぎにいく• 理不尽な職場はさっさと見限って、次にいく• 次の仕事だって、踏み出せば何とかなるから大丈夫 わたしもに引っかかったときに、 活動時間捻出のため、メーカーから通信会社に切り替えたのですが、 新しい業界に入ってみたら、そこはそこで面白さがありました。 データの世界、通信の世界、はいってみることで興味がわく、自分にあっていたものって、案外あるんですね。 というわけで、 会社辞めたいと思ったら、ぜひぜひ前向きに検討してみることをお勧めします。 死ぬこと以外はかすり傷、ですよ。

次の