スマートex エクスプレス予約 比較。 新幹線のスマートEXとEX予約はどちらがお得?メリット特徴を徹底比較

エクスプレス予約とプラスEXとスマートEXの違いを理解して自分に合うものを利用しよう|不労所得つーしん

スマートex エクスプレス予約 比較

スマートEXとエクスプレス予約の違い。 新幹線にはApple Pay Suicaで乗車する方法が二つあり、 従来からある「エクスプレス予約」に対し、 「スマートEX」は新しく始まったサービス。 両方とも、Apple Payには、最近対応したばかりだという事。 Apple Pay Suicaで新幹線に乗る方法• スマートEX: 2017年9月30日より開始• Apple Pay Suicaのエクスプレス予約: 2017年10月23日より対応 で何が違うのか?その違いをザックリと。 年会費も無料であり、JR東海のSuicaだけでなく、 交通系IC系カードのほぼ全てに対応。 既に交通系ICカードを所持しているのであれば、簡単に利用開始できます。 Suicaの中には、Apple Pay Suicaも含まれるので、 Apple Payだけで、新幹線も在来線も利用できるといった流れ。 スマートEXに登録可能な交通系ICカード• Suica(モバイルSuica、 Apple Pay Suica)• PASMO• Kitaca• manaca• TOICA• PiTaPa• ICOCA• はやかけん• nimoca• SUGOCA 一方、エクスプレス予約は、 年会費1000円+税を払って、 新幹線専用の「EX予約専用ICカード(EX-ICカード)」を使って利用するサービス。 EX-IC機能がApple Pay Suicaにも付与されたので、 「エクスプレス予約」も使えるようになったという感じ。 Apple Pay Suicaで利用することを想定した場合、 お互いのメリット・デメリットを簡単にまとめる。 エクスプレス予約のメリット• 新幹線が 割引料金で利用できる。 エクスプレス予約のデメリット• 申込みには 対象クレジットカードが必要。 年会費1,000円+税が発生する。 申込みから利用開始まで 約2週間。 エクスプレス予約は、導入までの敷居が高いですが、 その分、 割引が効くといった感じ。 一方、スマートEXは申込み後、 即座に利用可能であり年会費が無料。 なにより、エクスプレス予約のようにややこしく無いです。 スマートEXのメリット• スマートEXは 年会費無料。 申込み日から即日利用可能。 専用クレジットカードが不要。 スマートEXのデメリット• エクスプレス予約のような割引が無い。 エクスプレス予約のようにややこしくない。 エクスプレス予約会員への入会方法は多々ありますが・・・ いずれにせよ 年会費1,000円+税が発生するのは変わらないので、 専用のJ-WESTカードで入会するのが一番分かりやすいかと。 発行するカードによって、会員名こそ異なりますが、 使うサービスは「エクスプレス予約」で内容も変わりません。 エクスプレス予約に必要なカード• JR東海エクスプレス・カード( エクスプレス・カード会員)• J-WESTカード( J-WESTカード会員)• ビューカード( ビュー・エクスプレス特約会員)• 対象のクレジットカード( プラスEX会員) 対象クレジットカードでも「プラスEX」に入会できますが、 入会できるクレジットカードは限られていますので。 プラスEX対応クレジットカード• JCB• 三井住友カード• 三菱UFJニコス• トヨタファイナンス• アメリカンエキスプレス• イオンフィナンシャルサービス• セディナ• 三井住友トラストクラブ また、「エクスプレス予約」は利用開始するにも、ある程度の期間が必要です。 新たに利用するならクレジットカードの申込みも必要だし、 対象クレジットカードを所持していても、プラスEX会員への申込みが必要。 会員証が届くまで利用不可能であり、到着までに 約2週間かかります。 エクスプレス予約はApple Pay Suicaだから使える。 勘違いしてはいけないのが、Apple Pay Suica(モバイルSuica)だから、 「スマートEX」or「エクスプレス予約」の選択が可能だという事。 カード型のSuicaカードは、EX-ICカードとしては使えず、 エクスプレス予約との連携も不可能。 あくまで、Apple Pay Suicaだから悩むのであって、 カード型Suicaを利用している人にとっては、あまり関係の無い話。 そもそも「スマートEX」しか利用できませんから。 カード型Suicaで「エクスプレス予約」を利用したい場合は、 カードの2枚持ちや、EX-ICとSuicaを重ねてタッチしたりと、面倒が発生します。 カード所持の手間を無くして「エクスプレス予約」を利用するなら、 「Apple Pay Suica」か「モバイルSuica」を利用するしかないわけです。 ちなみに、一つのApple Pay Suicaで、 「エクスプレス予約」と「スマートEX」の重複登録はできません。 併用は不可能なので、いずれかを選ぶ必要が有ります。 エクスプレス予約のデメリット。 割引料金の範囲。 エクスプレス予約は、年1回でも利用すれば元を獲れると聞いて、 一応「プラスEXカード」は所持しているのですが・・・ 私に限っては、あまり得をしている感じが無いです。 エクスプレス予約で複雑なのは、 購入するチケットにより、割引率も大きく変わる事。 抑えるべきチケットは、とりあえず3種類。 エクスプレス予約のチケットの種類• e特急券:特急券のみ。 別途乗車料金が必要。 EX予約サービス:乗車券と特急券がセット。 e特急券より若干お得。 EX早特: 3日前までの予約で大幅に安くなる。 よって、エクスプレス予約の方が、割引が効くというのは、 指定席車が、e特急券とEX予約サービスで安くなるから。 指定席でも自由席と変わら無い料金になり、 「のぞみ」も「ひかり」「こだま」と同じ料金で乗車できるようになります。 「e特急券」と「EX予約サービス」の違いは、 乗車券の有無。 「EX予約サービス」の方が安いんだけど、乗車券がセットだから、 乗り継ぎが有る場合は、割高になる可能性があるんだって。 意味分かんねーなホント。 在来線と新幹線を乗り継ぐ場合、「e特急券+乗車券」と比べて「EX予約サービスと在来線の運賃等の合計額」の方が乗車区間によっては高額になる場合があります。 上記を踏まえ、よく比較されるのが東京~大阪間の新幹線料金。 指定席だけで比較されてるから、1080円も差が出るんだけど・・・ 自由席と比較した場合、料金差わずか 250円です。 東京-大阪間の正規料金• 自由席: 13620円• 指定席(のぞみ): 14450円• 指定席(ひかり・こだま): 14140円 東京-大阪間のエクスプレス予約料金• EX予約サービス(指定席): 13370円• e特急券+乗車券(指定席): 13570円 確かに、東京~大阪間の場合、 自由席も混み合うし、のぞみ料金も異なるから、 エクスプレス予約を使った方が得なんだけども・・・ 実際、私が使うのは「こだま」ばかり。 各停の「こだま」は、あんまり混まないから自由席でも良いんだよね。 って事で、東京~熱海間の料金で比較する。 東京-熱海間の正規料金• 自由席: 3670円• 指定席: 4190円• グリーン車: 6420円 東京-熱海間のエクスプレス予約料金• EX予約サービス(指定席): 3470円• e特急券+乗車券(指定席): 3670円 EX予約サービスと一般購入の自由席料金の差は 200円。 指定席に魅力を感じるなら、EX予約サービスの方が安いですね。 e特急券を利用する場合は、変わらずといった感じ。 頑張って理解しようとしたのに、 そこまで得してなかった事に気付いた、残念な結果。 じゃ「スマートEX」で良いな。 「EX早割」も使えるから。 スマートEXとエクスプレス予約の比較まとめ。 エクスプレス予約の方が得というよりも、 導入の手間、理解する手間の方が大きいんじゃないかと。 よりシンプルな仕組みの「スマートEX」。 なんなら、これに一本化して欲しい。 スマートEXで事足りる人• 指定席を利用しない。 EX早特、EX早特21を利用する。 各停(こだま)を利用する。 そもそも乗る頻度が少ない。 エクスプレス予約にした方が得する人• 年末年始やお盆等の繁忙期も利用する。 中距離~長距離で年1回以上利用する。 エクスプレス予約は、理解する手間も有り、 私のような人間には、お得というわけでも無かったです。 そんなに乗らないなら「スマートEX」で全然良い。 一番安くなる EX早特は使えるし、むしろシンプルで良い。 Apple Pay Suica一つで、 新幹線にも在来線にも乗車できるのは、ホント便利。 完全チケットレスは、乗継の手間もなくなり、時間も大幅に短縮。 切符2枚投入とか、切符投入後Suicaタッチとか、 脳みそのストレスも、だいぶ軽減されます。 Apple Pay Suicaで使えるという事は、 iPhoneだけでなくApple Watchでも使えるという事。 実際、使ってみましたが、物凄い便利です。

次の

エクスプレス予約とプラスEXとスマートEXの違いを理解して自分に合うものを利用しよう|不労所得つーしん

スマートex エクスプレス予約 比較

Contents• 首都圏・東海にお住いの方はJR東海エクスプレス・カード、関西の方向けにはJ-Westカードという住み分けになっております。 この提携カードを発行してエキスプレス予約を使うととても便利なのですが、二つ問題点がありまして、「 公式HPでカードのベネフィットがわかりにくい」「 還元でもらえるJ-Westポイントの汎用性が低い」ということでした。 一つ目の問題点、公式がわかりにくいというのは、当サイトのに使い方を詳しくまとめていますので、参考にしてください。 で、二番目の問題点を解決するには、 手持ちのクレジットカードにエクスプレス予約をプラスするという方法がありました。 こちらの方法だと「グリーンプログラムが使えない」のと「一部対象外のクレジットカードがある」のが問題点です。 スマートEXの概要 は 年会費なしで、 ネットで新幹線を予約し、手持ちのSuicaやPasmoなどで東海道・山陽新幹線に乗車できるサービス。 2017年9月30日に始まりました。 あらゆるチケットがネットで予約できるこの時代に、新幹線 だけ は一般にはネット予約ができず、上記のようにエクスプレス予約の会員にならねばなりませんでした。 「スマートEX」サービスの目玉は3点! ネットで予約!予約変更は何度でも無料 有料会員にならずとも新幹線がネットで予約できるようになりました。 しかも ネット上で予約変更は何回でも無料。 これはかなりのメリットです。 また、この表からわかる通りネットから予約することで 窓口価格よりも一律200円安くなります!実際の予約のやり方などはこの先の項目で紹介します。 手持ちのクレジットカード登録ですぐ使用可能 これまでエキスプレスカードやJ-Westカードに入会することで使っていたエクスプレス予約。 確かに窓口で買うよりかなり安くなるので便利でしたが、 決済で貯まるJ-Westポイントがとにかく貧弱。 例えば PontaやTポイントに交換することはできず、JALやANAのマイルにすることもできません。 その詳細はにまとめましたが、 現実的にはICOCAに再チャージするしか選択肢がありませんでした。 高還元率カードで新幹線代が決済できるのなら、かなりメリットになる可能性があります。 ちなみに私がメインカードにしているのは、 JALカードよりJALマイルが貯まり、しかもウエスティンなどのホテルをもつホテルチェーンSPGの 上級会員資格が付帯する SPG・アメリカンエキスプレスカード。 手持ちの交通系ICカードで乗車可能 さらに、これまでは通常の交通系ICカードの他に EX-ICカードを持ち歩く必要がありましたが、スマートEXでは手持ちの交通系ICカードに紐付けられるので、余計なカードを持ち歩く必要がなくなります。 スポンサーリンク スマートEX利用までの手続き スマートEXに登録するにはからメールを入力。 その後送られてくる入力フォームに手持ちのクレジットカードと手持ちの交通系ICカードなどの情報を入力、これで完了です。 うん、ちゃんとSPGアメックスでも登録可能でした!この最初の画面はエクスプレス予約の画面とほとんど同じですね。 左上のロゴが違うくらい。 スマートEXのネット予約は確かに便利! では実際にスマートEXでの予約をやってみます。 希望の時間を入力すると、前後の新幹線がリストアップされるので好きな電車を選択。 普通席・自由席と見込み運賃が表示されます。 運賃クラスを指定後、座席を選ぶをクリック。 座席表の中から好きな席を選べますね。 これは視覚的にもわかりやすくて良い! で、最後に確認画面があるのでこの後クレジットカードのセキュリティコードを入力して終了です。 簡単ですね!ちなみに作業的にはエクスプレスと全く同じシステムです。 スマートEXのデメリット・注意点 従来の新幹線のチケットは在来線との接続が無料で、例えば「東京都内は無料」と言った感じで在来線区間の運賃はかかりませんが、 スマートEXの場合は在来線部分には追加料金が必要です。 なので、額面上200円安いと言ってもその先の在来線の値段を考えて選択する必要があります。 スマートEXでどれくらい安くなる? さて、では肝心のお値段。 実際どれくらい安いのか? スマートEXの実際の値段を見る前にまずはエクスプレス予約での割引運賃の値段設定から確認します。 こちらが 乗車当日まで予約できる商品。 これまたわかりにくいですね。。 で、こちらが 早めに予約すると安くなる商品たち。 さらにこちらも。 色々あってややこしいですが、グリーン車関係とこだま関係の運賃を割愛すると 直前まで予約可能:EX予約・EX予約往復・e特急券 前もって予約必要:EX早特・EX早特21 と、このように理解すればOK。 この中で最もお得なのは EX早特21なので、諸条件をチェックします。 EX早特 ・3日前までの予約 ・長距離区間の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車。 土休日はさらに割引あり。 スポンサーリンク 両方のアカウントで値段調査!結局どーなのよ? で、次に実際に二つのアカウントで同じ便を検索して値段を比較してみます。 原則としてスマートEXは窓口価格より200円安いということになっていますが、実際のところがHPからだけではよく見えてきません。。 EX早特21 最も新幹線が安くなる運賃・EX早特21。 新大阪から東京で、設定のある13:45の便を検索したところ・・ まずエクスプレス予約の場合。 新大阪〜東京で11000円は結構安いですね! 次にスマートEXでEX早特21運賃。 ありゃ、 こちらも11000円ですね。。 HPでは スマートEXでも、EX早特21は予約できるような記載になっていますが、実際にも利用可能!じゃあエクスプレス予約っていらなくね?となりますが・・・(下に続く!) EX予約 で、次に普通のEX予約の場合を見てみます。 エクスプレス予約だと、 新大阪〜東京で13370円。 指定席料金がかかりません。 対するスマートEX。 自由席で13620円。 エクスプレス予約の方が250円安いですね。。 さらにこちらは指定席料金がかかるので、 指定席で比較するとエクスプレス予約の方が880円安い! 参考:短距離線 ここは参考。 個人的にたまに使う京都〜西明石。 これならどうでしょう? エクスプレス予約だと指定席でも3300円。 スマートEXだとエクスプレスより 自由席で10円、指定席で330円高くなりますね。 片道でこれなので、 年に何回も往復するなら案外大きな違いになってくるかもしれませんね〜。 スマートEXとエクスプレス予約の値段比較 なんだかこんがらがってきたなので、一覧表にして整理しましょう。 スマートEX エクスプレス予約 プラスEX エクスプレス予約 エクスプレスカード J-WESTカード 区間 東海道・山陽新幹線 東京~博多間 東海道新幹線 東京~新大阪間 東海道・山陽新幹線 東京~博多間 条件 ネット入会 ネット入会 提携カード発行 年会費 なし 1080円 1080円 グリーンプログラム なし なし あり 早特 あり あり あり モバイル対応 モバイルSuica Apple PayのSuica モバイルSuica 在来線接続無料 なし なし なし 東京〜名古屋 普通車指定 10890円 10110円 10110円 東京〜新大阪 14250円 13370円 13370円 というわけで色々調べてきましたが結論とまとめは下記の通り。 ちなみにグリーンプログラムについては参照です。 グリーンポイントは 有効期間が短いポイントなので、かなり頻繁にそれなりの距離乗らないとあまりメリットがありません まとめ ・スマートEXは原則普通料金より200円引き。 ・最安運賃のEX早特21はスマートEXでもエクスプレス予約でも使える。 ・エクスプレス予約は指定席料金がかからない点が有利 ・自由席予約を前提としても、年に何回も新幹線に乗るならエクスプレス予約との値段の差が効いてくる。 まとめ やっと年会費を払わずともネットで新幹線が予約できるようになったので、これまで使ってきたエクスプレス予約とJ-WESTカードを解約して良いものか色々調べてみました。 最安料金である EX早特21に絞って利用するならエクスプレス予約は解約しても良さそうですが、短距離〜中距離でも年に数回以上新幹線に乗るなら年会費1080円はすぐに回収できそうです。 むしろお得になる可能性アリでしょう。

次の

スマートEX運賃ナビ

スマートex エクスプレス予約 比較

「スマートEX」ってよく聞くけど本当に便利でお得なの?と思っている人も多いかと思います。 ここでは、スマートEXの割引価格やアプリの使い方はもちろん、他の新幹線チケットとの料金比較まで詳しく解説していきます。 スマートEXって何?年会費がいるの? 「スマートEX」は東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービスです。 スマートEXは無料 スマホやパソコンを使っていつでもどこでも、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の自由席・指定席を予約でき、何度でも無料で予約の変更ができます。 同じJRの会員サービス「エクスプレス予約」とは違い、スマートEXは無料です。 あらかじめ会員登録(クレジットカード登録)さえしておけば、新幹線のチケットを購入するために毎回みどりの窓口、券売機に並ぶ必要がありません。 Androidアプリ: iPhoneアプリ: ログイン&日時設定 指紋認証などを設定しておけば、アプリを立ち上げてすぐに予約画面に入れます。 列車検索 希望の日時を入れれば、候補となる新幹線の一覧がズラッと表示されます。 こだま・ひかりだけの表示にすることもできます。 新幹線の便指定 希望の便を選ぶと、グリーン車/普通指定席・自由席/早特などの選択可能な予約方法が全てでてきます。 希望の早特商品が出てこない場合などは、入力した条件を見直してください。 (二人以上や土日限定の商品もあります。 ) 新幹線の座席指定&支払い 座席もアプリ上で好きな場所を選べます。 窓口では細かい指定はしづらいので、これは便利ですね。 じっくりと自分の好きな座席を選べます。 座席の指定が終わったら支払いOKボタンを押して予約完了です。 登録しているクレジットカードから自動決済されます。 変更も簡単。 同じ要領で手軽にできます。 何度変更しても無料です。 スマートEXで利用できる商品 スマートEXサービス 「スマートEXサービス」はスマートEXの最も基本的な商品です。 「スマートEXサービス」は、乗車日当日まで予約でき、新幹線の指定席が200円おトクになる予約方法です。 東海道・山陽新幹線の全区間、終日の全列車が予約可能で、繁忙期も予約・乗車できます。 指定席・自由席・グリーン車に乗ることができます。 スマートEXサービスのポイント• 当日、列車発車時刻の4分前まで予約可能• 予約の変更は列車発車まで何度でも手数料無料• 同伴者の料金も割引(同時に6名まで) 通常料金 (のぞみ) スマートEX サービス 東京-名古屋 11,300円 11,100円 東京-新大阪 14,720円 14,520円 新大阪-広島 10,630円 10,430円 新大阪-博多 15,600円 15,400円 スマートEXサービス(往復割引) 片道の営業キロが600キロを超える区間の往復行程をスマートEXサービスから一括購入することで、往復割引が適用されます。 スマートEXサービス 往復割引 のポイント• 年末年始・GW等含め、年間を通じて往復400円割引• 乗車日・列車・設備の変更が可能• 予約の変更は列車発車まで何度でも手数料無料• 同伴者の料金も割引(同時に6名まで) 通常の往復割引 (のぞみ) スマートEXサービス (往復割引) 東京-広島 36,500円 36,100円 東京-博多 43,960円 43,560円 新大阪-博多 29,240円 28,840円 【早割】スマートEXで利用できる早特商品 スマートEXには早特商品もあります。 早特商品は全部で6種類。 早特なので予約期限や設定区間に制限がありますが、料金はとにかく安いです。 EX早特 「EX早特」は、3日前までの予約で長距離区間の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車を早割料金で利用できます。 平日と土休日の料金が異なり、休日料金はさらにおトクになるので、 遠方の旅行にピッタリな商品です。 ただし、繁忙時期(GW、お盆、年末年始)には設定除外日があります。 設定除外日はエクスプレス予約より多いです。 EXグリーン早特の詳細はこちらでまとめています。 関連ページ: EXのぞみファミリー早特 「EXのぞみファミリー早特」は「EX早特」のファミリー利用( 2人以上)バージョンです。 家族でなくても大丈夫です。 「EXのぞみファミリー早特」は、3日前までの予約で、土休日の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車をおトクに利用できます。 2名以上が条件で、こども用の設定もあるので、 週末の家族旅行などにおすすめです。 1人での利用はできません。 ただし、設定区間は東京・新横浜発着に限られ、山陽新幹線は設定がありません。 また、繁忙時期(GW、お盆、年末年始)には設定除外日があります。 設定除外日はエクスプレス予約より多いです。 EXこだまファミリー早特の詳細はこちらでまとめています。 関連ページ: スマートEXを使わない方が良いケース スマートEXは便利なのは間違いないですが、使わない方が良い場合もあります。 特に、以下のようなケースは、スマートEXに加入するかよく検討した方が良いでしょう。 こだまの格安きっぷで十分な場合 「いつも、こだま(ひかり)の格安チケットで新幹線乗っている」という人はスマートEXは不要です。 例えば、 山陽新幹線なら「バリ得こだま・ひかり」があり、料金ははるかに格安です。 料金面だけならスマートEXやスマートEXの早特チケットを選ぶ必要が全くありません。 東海道新幹線にも「ぷらっとこだま」などがあります。 新大阪ー博多 片道 往復 スマートEX 15,400円 29,040円 EX早特 11,200円 22,400円 バリ得こだま 7,600円 15,200円• こだまの格安チケット• 新幹線パック• 日帰り新幹線ツアー 博多ー大阪の新幹線料金比較 一例として、博多ー大阪の新幹線料金を比較して見ましょう。 下にいくほど料金は安くなります。 しかも「新幹線パック」は1泊のホテル代込みなので、実質最安は「新幹線パック」です。

次の