ウーバー。 「ウーバー」のIPOは、注目を集めたものの失敗!“ライドシェアリング銘柄”の成長性に期待するなら、業界2位の「リフト」のほうが成長性が高くて有望!|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

ウーバーイーツ、“食品大量廃棄”が起きていた…配達員への一方的な報酬引き下げが原因

ウーバー

に続く第2回は、デジタルの恩恵を享受しきれていない日本について。 その現状と打開策を探る。 日本で「ウーバー」が使えない理由 山口周(以下、山口):僕の弟は尾原さんのように世界中を飛び回っているんですが、彼に言わせれば日本に帰るたびにびっくりするらしい。 なぜ、いまだにウーバーが使えないんだと。 海外では、空港に着いて最初にやるのが配車アプリを開くことですよね。 尾原和啓(以下、尾原):そう。 ウーバーは単に安くて便利なだけではありません。 僕たちが海外でタクシーに乗るとき、つねに二大不安がつきまといます。 本当に目的地に行ってくれるのか、あるいはぼったくりに遭うんじゃないかと。 しかしウーバーなら、アプリで行く先を入力してアプリで決済までできる。 つまり二大不安をテクノロジーの力で解決してくれたわけです。 しかもユーザーレビューがあるので、評判の悪いドライバーは退場するしかありません。 逆に言えば、レビューのいいドライバーなら言葉がカトコトでも、肌の色も性別も関係なく働ける。 あらゆるジェンダーバイアスから解放された労働環境を作ったんですよね。 山口:ところが日本では認められていない。 「フェアネス」という観点で考えると、今ならある程度は民間のテクノロジーに委ねることもできるのに、日本はすべて国家が決めようとする。 方向性がまったく逆なんですよね。 しかも「疑わしきはフェアネスとして認めない」という方針のようで、これは相当やばいなという感じがします。 尾原:日本のフェアネスというのは、国家としての権益を守ることが最優先される。 そこは選挙制度と結びついているので、どうしても高齢者や既得権益者を守る傾向が強くなります。 彼らにとっては、コントロールできない新規参入者によって、自分たちが丁寧に築き上げてきた商売が壊れてしまうことが最も怖いわけですから。 実際、日本でウーバーの参入を認めない理由の1つとして「犯罪の発生率が高いから」などと言われたりします。 しかしアメリカなどの統計を見ると、決してそんなことはありません。 「日本国家のフェアネス」というメガネをかけると、つい危なく見えてしまうのでしょう。

次の

ウーバー(Uber)とはアメリカ発祥の配車アプリ~日本と海外のサービスの違い

ウーバー

に続く第2回は、デジタルの恩恵を享受しきれていない日本について。 その現状と打開策を探る。 日本で「ウーバー」が使えない理由 山口周(以下、山口):僕の弟は尾原さんのように世界中を飛び回っているんですが、彼に言わせれば日本に帰るたびにびっくりするらしい。 なぜ、いまだにウーバーが使えないんだと。 海外では、空港に着いて最初にやるのが配車アプリを開くことですよね。 尾原和啓(以下、尾原):そう。 ウーバーは単に安くて便利なだけではありません。 僕たちが海外でタクシーに乗るとき、つねに二大不安がつきまといます。 本当に目的地に行ってくれるのか、あるいはぼったくりに遭うんじゃないかと。 しかしウーバーなら、アプリで行く先を入力してアプリで決済までできる。 つまり二大不安をテクノロジーの力で解決してくれたわけです。 しかもユーザーレビューがあるので、評判の悪いドライバーは退場するしかありません。 逆に言えば、レビューのいいドライバーなら言葉がカトコトでも、肌の色も性別も関係なく働ける。 あらゆるジェンダーバイアスから解放された労働環境を作ったんですよね。 山口:ところが日本では認められていない。 「フェアネス」という観点で考えると、今ならある程度は民間のテクノロジーに委ねることもできるのに、日本はすべて国家が決めようとする。 方向性がまったく逆なんですよね。 しかも「疑わしきはフェアネスとして認めない」という方針のようで、これは相当やばいなという感じがします。 尾原:日本のフェアネスというのは、国家としての権益を守ることが最優先される。 そこは選挙制度と結びついているので、どうしても高齢者や既得権益者を守る傾向が強くなります。 彼らにとっては、コントロールできない新規参入者によって、自分たちが丁寧に築き上げてきた商売が壊れてしまうことが最も怖いわけですから。 実際、日本でウーバーの参入を認めない理由の1つとして「犯罪の発生率が高いから」などと言われたりします。 しかしアメリカなどの統計を見ると、決してそんなことはありません。 「日本国家のフェアネス」というメガネをかけると、つい危なく見えてしまうのでしょう。

次の

a.bbi.com.tw : ウーバーの性的暴行被害、2年間で5981件

ウーバー

こんにちは、ディレクターのまさしです。 2013年からサービスが開始された、「UBER(ウーバー)」という配車サービス。 今回は、気になる「UBER(ウーバー)」を実際に利用してみました!手配の方法や感想をレポートしていきます。 UBERとは? アメリカを始め、世界の各都市で展開されている配車サービスで、携帯アプリから今いる場所にハイヤーを呼ぶことができるんです。 ハイヤーとは? 利用客の要請に応じて配車に応じる自動車のこと 利用料の決済はスマートフォンアプリ内で行い、その場で支払う必要はありません。 日本での手配可能エリアは 東京都心部、横浜、名古屋、神戸など、範囲が広がっています。 詳しいエリアはをご覧ください。 アプリのダウンロードはこちらからどうぞ!• iPhone版:• Android版: では、さっそくレポートを始めたいと思います! 六本木から上野へ さて、この日僕は六本木で行われていたイベントに参加していました。 体験レポートを書くために、六本木から上野までUBERを利用して帰ってみることにしました。 こちらが、UBERのアプリです。 事前にユーザー、クレジットカード登録を済ませておきます。 「この場所に呼ぶ」 とすると、近くにいるハイヤーが僕のいる場所まで来てくれる仕組みです。 ハイヤーを予約しました。 アプリの地図では、車があと何分で僕の場所に到着するのか、逐一表示されるので、非常に安心感があります。 また、どんな車で、どんな運転手が来るのか、その評価も含めて表示されるんです。 万が一、うまくドライバーさんと落ち合えなくても電話で場所の確認などできるので、便利ですよね。 アプリの地図によると10分ほどで来るとのことなので、あとは待つだけです。

次の