シド ナンシー。 ナンシー・スパンゲン

シド・ヴィシャスの南京錠。ナンシーとの絆(画像)

シド ナンシー

— 2019年 7月月6日午前12時08分PDT 本名:ゲイリー・レナード・オールドマン 1958年3月21日イングランド生まれ。 7歳の時にアルコール依存症の父により家庭崩壊、1979年に演劇学校に入学。 1986年の『シド・アンド・ナンシー』での演技が高く評価されました。 舞台役者としても活躍しています。 ゲイリーオールドマンのおすすめ・代表作 Sponsored Link ドラキュラ 戦いに勝利したドラクル(ゲイリーオールドマン)愛しの新妻エリザベータの元に敵はドラクルは死んだと手紙で告げて来ます。 それを信じたエリザベータは川に身を投じて死んでしまいます。 「二度と神を信じない」十字架から溢れた血を飲んだドラクルはドラキュラとして永遠の命を得ます。 ゲイリーへの特殊メイクが凄い! ヴァンヘルシング役がアンソニーホプキンスと豪華です。 ドラキュラでありながら人間の女性を本当に愛してしまい、切ない話です。 忌み嫌われ負いまわされる悲しいお話です。 シド・アンド・ナンシー セックス・ピストルズのシド・ヴィシャス(ゲイリーオールドマン)とその恋人ナンシー(クロエウェッブ)の物語です。 とにかく、ゲイリーがシド・ヴィシャスにそっくりなのに注目! 見た目や喋り方までそっくりですよ。 セックス・ピストルズの名曲もたっぷりでファンでも素人でも楽しめる作品です。 レオン リックベッソン監督の名作! 殺し屋レオンと少女マチルダの純愛ハードアクション物語です。 今回は汚職警官役で名演を博したスタンことノーマン・スタンフィールド役(ゲイリーオールドマン)ゲイリーに注目しましょう。 最初に容赦なく女子供も殺してしまいます。 とってもハイ! ドラックを奥歯で噛みしめてハイになってる体の反り方がとってもセクシーなので注目してみて下さい。 初めてゲイリーを観たのはこの作品だったと思います。 不滅の恋ベートーヴェン ベートーヴェン役を熱演しています。 誰もいない部屋で一人ピアノに向かうシーンが印象的です。 耳を押し当てピアノを弾く、天才芸術家が愛した本当の女性とは誰なのか、弟子が旅をしてそれを紐解いてゆきます。 スカーレット・レター 舞台はニュー・エルサレム、イギリスから単身渡って来たヘスター(デミ・ムーア)は神父アーサー(ゲイリーオールドマン)と恋に落ちます。 しかし、ヘスターは既婚者でしたので二人とも一線は越えませんでした。 そこへ、ヘスターの夫ロジャーの乗った船が沈没したという知らせが舞い込んで、ヘスターは未亡人になり、二人の恋は燃え上がります。 最初の登場シーン、見えそうで見えないゲイリーの美しい裸に注目して下さい。 泥だらけになって馬車を押したり、笑うとすごく可愛らしいのがまたギャップがあって素敵です。 フィフス・エレメント リックベッソン監督、主演にブルースウィルスとヒロインにミラ・ジョヴォヴィッチを起用したSFアクション映画です。 何だか憎めないドジな悪役ゾーグをゲイリーが演じています。 武器商人でヘンな髪型のちょび髭姿のゲイリーが本編通して絡んで来ます。 ハリーポッターとアズカバンの囚人 薄汚れた囚人役シリウス・ブラック(ゲイリーオールドマン)アズカバンから逃げ出したと知らせが来て自分が狙われていると知るハリーの目の前に黒い犬が現れます。 珍しくいい人役の渋くなったゲイリーがダークで素敵です。 ダークナイト バットマンシリーズ第六作品目、ゴッサムシティを荒らす強盗団の生き残りジョーカーにバットマンと一緒に立ち向かう、刑事ゴードン(ゲイリーオールドマン)と検事の三人は証拠を握っているであろうラウを誘拐します。 殺害を阻止しようとしますが、ジョーカーがなかなか上手で被害者続出! バッドマンの秘密基地がカッコいいですね。 外で演説するとか恰好の標的だよ!と思いました。 守る為に戦ったり警備したりする方も大変です。 目の前で撃たれる所を見るなんてトラウマ物ですよ! オールバックに髭に眼鏡のダンディな刑事役が素敵です。 奥さんと子供も可愛いいいお父さん役です。 ハンニバル 羊たちの沈黙から10年後の話です。 大富豪メイスン・ヴァージャー(ゲイリーオールドマン)は大金を積んでハンニバルレクター(アンソニーホプキンス)を探していました。 メイスンはレクターの初期の被害者でハイになり自分の体を切り刻んだ彼は辛うじて生きていました。 レクターへの復讐を目論むメイスンは遂にレクターを拉致します。 顔がぐちゃぐちゃでもはやゲイリーなのか、なんなのかわからない役です。 気が触れた役もピッタリの発狂ゲイリーが見れます。 アンソニーホプキンスとの共演、結構多いですね。 ダークナイト ライジング デント法によりゴッサムシティは平和になりあの嘘から数年経ちました。 本部長ゴードン(ゲイリーオールドマン)は沈黙を守っていました。 本部長大ピンチ!痛々しい入院姿です。 バッドマンが作った物が悪者に悪用されてしまいます。 生き埋めになった警官たちを助けるために奔走するゴードン刑事は最後まで戦います。 爆発まで後一日、ゴッサムシティの人々を助けられるか! まとめ 『スカーレット・レター』が特におススメです。 全裸で泳いでいるシーンに注目して下さい。 『ドラキュラ』のドラクル役もセクシーです。 悪い役が多めですが、お友達思いのシリウス・ブラック役や家族大好き人一倍の正義感ゴードン刑事役も素敵です。 出演作品は全部チェックしたい俳優さんです。 Sponsored Link.

次の

ゲイリーオールドマンの傑作・代表作!おすすめ映画を紹介します

シド ナンシー

パンクのアイコン的存在として現代の若者やカルチャーにも影響を与え続けているシド・ヴィシャス。 1979年2月2日、彼は麻薬の過剰摂取によってこの世を去った。 享年21。 彼のデビューパフォーマンスとなったセックスピストルズのギグを撮影していたことでも知られる映画監督ドン・レッツは、彼のことをこう回想している。 「シドはいつもトラブルに巻き込まれてた。 マヌケだったからな。 愛されるバカだったよ…。 」 ドン・レッツは、彼の人生が狂ったのはピストルズが名声を手に入れたのが原因だったと続ける。 「あのまやかしを本物だって信じ始める奴らが現れたのが問題だった。 シドはその第1人者だ。 そういうのって人を追い詰めるもんだろ?」 1978年10月13日、ニューヨークにあるチェルシーホテルのバスルームで(シドの恋人として有名だった)ナンシー・スパンゲンが刺殺された亡骸で発見される。 凶器となったのはナイフ(シドの所有物)だったという。 しかし、そのナイフは指紋が拭きとられている状態で、シドの手元に入ったばかりの「MY WAY」の印税2万ドルが全て無くなっていた。 彼はナンシー殺害とされている時刻には、ツイナール(睡眠薬)の過剰摂取によって昏睡状態だったため、後日医師による調べの中で服用した量から推測すると少なくとも5時間は意識のない状態だったことがわかっている。 その間、彼らの部屋には複数人が出入りしたことも確認されており、彼が昏睡している状態だったことが証言されている。 ナンシー殺害についてはこんな有力な説もある。 当時ナンシーにドラッグを売っていた男が、前日に1杯の酒代をせびるほど金に困っていた様子だったにも関わらず、彼女が殺害された翌日には新品のブーツとレザーパンツ姿でバーに現れて、血のついたシャツを見せびらかしていたという話がある。 その他にも二人が自殺を図って、昏睡したシドを死んだと思ったナンシーが自殺したという説もあるのだが…その説だと、指紋が拭きとられて置いてあったナイフと、消えた2万ドルの謎とは結びつかない。 この時期二人は互いを殴り罵るという激しい喧嘩を繰り返していたという。 また、ナンシーは腎臓を病んでいたため、その激痛から逃れる為にハードドラッグにすがっていたという。 ナンシーの死の真相は謎のままだったが…物的証拠として凶器がシドの所有物であったことから彼は殺人容疑で逮捕され薬物リハビリ棟に送られることとなる。 だが、後日にはレコード会社(ヴァージン)が多額の保釈金を支払って保釈される。 その後も自殺未遂を起こすなどシドは精神的にも非常に不安定で、同年の12月にも傷害事件を起こし勾留されている。 そして翌1979年2月2日、ベッドの上に倒れていた彼を母親が発見。 ベッドわきのサイドテーブルには前夜に高純度のヘロインを使用していた形跡が残されていた。 皮肉なことに、その高純度のヘロインは、シドに哀願された母親が前日に渡したものだった。 逮捕後、約2ヶ月の勾留生活である程度浄化されていた彼の体は純度の高いドラッグを受け付けず、オーバードーズにより死亡したのだ。 死後、彼の革ジャンのポケットの中から直筆の遺書らしいメモが発見される。 一緒に死ぬ約束をしてたんだ。 こっちも約束を守らなきゃいけない。 今からいけば、まだ彼女に追いつけるかも知れない。 お願いだ。 死んだらあいつの隣に埋めてくれ。 レザージャケットとバイクブーツを死装束にして…さようなら。 』 彼の母親は息子の遺言に従ってナンシーの遺族にそのことを申し入れたが…強く反対され断念する。 後日、人知れず彼の墓を掘り起こした母親は、その遺灰をナンシーの墓に撒いたという。 その墓標は、ペンシルベニアにあるキング・ダビデ・セメトリーの外れにひっそりと立っている…。 〝逢いたい人〟に自由に会えない今。 〝大切な人〟を想いながら過ごす日々。 この歌が、たくさんの人の心に届きますように… 2020年4月22日リリース!!! 「どんなに離れていても 何度生まれ変わっても 僕らは巡り逢う」 唄うたい佐々木モトアキの新曲「You」、山善の秀作「一本の赤い薔薇」のカヴァーを含む珠玉の作品集。 遠く離れて暮らす大切な人、男の友情、忘れられない場面、誰かの溜め息、出逢えた奇蹟、長く曲がりくねった道、喜びと悲しみ…どうしようもないこと。 7篇の歌物語に心を重ねて、あなたの大切な人(You)の名前を呼んでみてください。

次の

シド・ヴィシャスの南京錠。ナンシーとの絆(画像)

シド ナンシー

監督2作目にセックス・ピストルズを題材に映画を撮ろうと取材を進めるうちに、メンバーのひとり、ベーシストのシド・ヴィシャスとその恋人、ナンシー・スパンゲンの二人にどうしようもなく魅かれてしまった。 それを語ろうとする時、パンクとピストルズは絶対に避けては通れない。 その地図はロンドン、そしてニューヨークだ。 1970年代半ば。 ロックの商業化やビッグネームのアメリカ逃れ、深刻化する経済不況や失業問題、搾取が蔓延る社会体制への不満などが絡み合いながら、ニューヨークで生まれたパンク・ロックは大西洋を隔てたロンドンで爆発した。 ファッション・デザイナーでありブティック経営者のマルコム・マクラーレンという30歳過ぎの野心家は、自分の店「SEX」にたむろする少年たちにバンドを結成させる。 それがセックス・ピストルズだった。 マルコムがシナリオを描き、4人のメンバーが演じるプロジェクトのようなもの。 インパクトのあるファッションや髪型、ロックの衝動を蘇らせたラフな演奏と反体制溢れる歌詞、レコード会社との相次ぐトラブル、各地のライヴ会場での締め出しの連続、TV番組での過激な発言やパフォーマンスは、フラストレーションが溜まった全英の若者たちからすぐさま熱い支持を得ることに成功。 「今時、アホなラブソングなんて歌ってられるかよ」と言い放ったピストルズの登場によって、イギリス中に次々とパンク・バンドが生まれ、無数のパンクスたちもストリートを歩くようになった。 1976〜77年はパンクがすべてになったのだ。 さらに1977年6月、全英チャートでピストルズの「God Save the Queen」がナンバー1に到達。 10月には唯一のアルバム『Never Mind the Bollocks』をリリース。 マルコム劇場は頂点を迎える。 しかし翌年1月、アメリカでのツアー中にジョニー・ロットンが突如として脱退。 ピストルズはあっけなく失速していく。 その後は残されたメンバー3名 スティーヴ・ジョーンズ、ポール・クック、シド・ヴィシャス で活動は継続されるが、パンク・ロックの牽引的存在としての役割は事実上終えていた。 そんな矢先の1979年2月2日。 4ヶ月前に世を去った恋人ナンシー・スパンゲンの後を追うように、シド・ヴィシャス死す。 まだ21歳の若さだった。 ピストルズの二代目ベーシストとして加入後、そのカリスマ性で「シドこそリアル・パンクス」という評価がある反面、「あいつはミュージシャンじゃない」「ただのジャンキー。 どうしようもない奴」との声もある。 シドの人間的なもろさに魅かれるものを感じたんだ。 何しろこれまで僕の人生に大きな影響を与えたのは、イギリスでのパンク・ムーヴメントだからね。 ピストルズに関して言えば、一番興味深いのはバンドそのもののサクセス・ストーリーじゃなくて、シドとそのガールフレンド、ナンシーの話だ。 僕は二人のラブ・ストーリーが撮りたかった。 ジョニー・ロットンから誘われてピストルズの新メンバーになったシドは、ある日ナンシーと出逢う。 虚言癖があり、ジャンキーで約束も守らない彼女とパンクな日々を送るシドは、まだ運命の関係となることに気づいていない。 次第にドラッグに深く溺れてバンド活動もまともにできなくなっていくシド。 ジョニーはナンシーに悪因があることを見抜くが、強気なナンシーはシドと別れない。 アメリカツアーでバンドが分裂すると、二人はパリを旅行して「My Way」を撮影後、ニューヨークで暮らし始める。 常宿となったのはチェルシー・ホテル。 一歩も外に出ずにベッドでドラッグをやり続けるか、金に困るとギグをするか、その繰り返しだけで時が過ぎていく。 どうしようもなく面倒で幼い二人はナンシーの家族からも煙たがられ、心の居場所を永遠に失う。 そして金もドラッグも尽きようとした時、悲劇は起こる。 「俺はイギリスに帰ってまともになるんだ」 「できっこないわよ! いつも同じことばっかり!! 」 「うるせえ! 」 翌朝。 シドが目覚めると、ベッドは血の海で、バスルームでは血まみれのナンシーが倒れていた。 20歳だった。 シドがナンシーを殺したのか? シドは容疑者となり、警察に拘束される。 解放されて行くあてのないシドは、ニューヨークの片隅でナンシーの幻を見て微笑む。 二人を乗せたタクシーはゆっくりと走り去っていく……。 ロマンチックなクライマックスやナンシー殺害説に賛否両論はあったものの、ラブ・ストーリーとしての映画『シド・アンド・ナンシー』はヒット。 破滅的すぎる展開が続く中、裏通りの掃き溜めでキスを交わすシーンは唯一、時が止まったようで美しい。 アレックス・コックスはこれを機に有名監督の仲間入りを果たす。 シドを演じたゲイリー・オールドマンは本作がデビューとなり、名優街道を突き進んでいく。 脇役でコートニー・ラブが出演しているのも話題で、彼女は奇しくも1994年にカート・コバーンの悲劇と遭遇することになった。 サウンドトラックにもパンク・スピリットが貫かれ、特に印象的なのはポーグスの曲のほか、エンディングロールでジョー・ストラマーが映画の主題歌とでも言うべき「Love Kills」を歌っている。 予告編.

次の