涼宮 ハルヒ エンドレス エイト。 88時間ぶっ通しリピート生放送する“エンドレスエイト”ってどんな話? 5分でわかる『涼宮ハルヒの憂鬱』の魅力

「涼宮ハルヒの憂鬱」衝撃のエンドレスエイトを考察&振り返る! 実は高評価?【涼宮ハルヒの憂鬱】

涼宮 ハルヒ エンドレス エイト

エンドレスエイトとはの第5巻「」所収の短編である。 作品における、「」と呼ばれるを取り扱ったである。 概要 は第5巻の短編集「」に収録されている。 による版では第5巻に収録されている。 ( 本誌で 6・号 に掲載され、ほぼどおりに描かれており全2話である。 ) 版のの際には放送されなかった(構成段階では、1話で予定だったが憂の尺が延びたためしたらしい)が、版にてされた。 なお、作品の『』のでは、これを使った話が時折用いられる他、の作品『』でもエンドレスエイトをにしたがある(第5巻収録)。 にした際は、16話「」との話「終われない」にてエンドレスエイトに関連した演出や「」のエンドレスエイトをとした描写がなされている。 あらすじ 合宿から帰ってきた後、はしばらく他と会うこともなく、なを過ごしていた。 しかしも後半に差し掛かった頃、から命の。 のに「を全で遊ぶ!」と宣言。 、、、、、バッング、採取、…以降の過密を発表する。 準備を始めるだったが、はずっとの とに悩まされる。 そんな中、が疲れているように見えたはにをかけたのだが、本音を話すことなくそのまま別れる。 そんなある日の、のにから連絡が来る。 の隣にはがいるようで、さらには泣きじゃくっていた。 を飛ばし、前に向かう。 そこには以外のが集まっていた。 やがに伝える。 「が終わらない」 (以下、のため。 ただし、最後の結末は書いていません。 ) の説明は要領を得ないが、「なぜかに戻れなくなった」と訴える。 は「時間がしている」と説明する。 どうやら の2になると勝手にに戻り、しかも 以外はその間の記憶はなくなるという。 そしてによると、今回が 1回のだとる。 が疲れていたのもそのためであった。 の原因は、「が深層意識で『にやり残したことがある』と思っている」と推測。 それのせいで、になるとが意識に時間を巻き戻しているという。 だがその肝心のやり残したことが何なのかがわからず、実際のでも様々なことを数千回に渡って試したものの、結局を抜け出せなかったとのこと。 今回のでもが思い残すことがないように、全でをこなす。 しかし最終日、それでもやはり不満そうな。 このままでは次もに入るのは確実。 解散を言い渡し、帰り始める。 迷いに迷った末に、は言葉を絞り出す。 本当に終わらないエンドレスエイト 先述のように版でされたが、当初のの予想はの長さなどから1~2話程度で終わるというものだった。 しの予想は大幅に覆されることとなる。 1話放送の翌週に、 ほぼ同様の内容の2話が放送されたのである。 その翌週に、 ほぼ同様の内容の3話が放送された。 しかしそれでも話がすることなく、4話、5話と続けて ほぼ同様の内容のを展開。 そして最終的に、「エンドレスエイト」のまでに要した話数は8話。 要するに、 8話連続ほぼ同様のが繰り返されたのである。 厳密には構成を分析すると、に気づかないまま終わる第1話(展開)、に以外のは気づくが何もできないまま終わる第2~7話(展開)、に気づき、を脱出するどおりの第8話の全3種がある。 なおこそほぼ同一であるが、 決して使い回しではない。 各話ごとに構図などが異なるため絵はほぼ全て書き直されており、ものから各話ごとに収録が行われている。 (録音台本はエンドレスエイト全体で3本とのこと。 )また脚本や演出も細かく異なっており、言わば放送された全てが「 新作」とも言うべきものである。 「はもうこりだ! 」という人も、などによって異なる各話ごとのな違いを探してみると意外な発見があるかもしれない。 議論 このあまりにもな事態に、放送時期には上では賛否を含めた様々なが勃発した。 ・への不満をさせる人、を全て記憶しているの気分をが体験できるようにする新なだと賞賛する人など、人によって様々な意見が展開されている。 また一部からは「このようにでされて、を呼ぶ事こその狙いでは? 」との意見もある。 の度版は、からを描いている第1巻『』からの前段階を描いている『』までであり、はではなくとされているため、エンドレスエイトはを劇場でやりたいための埋めともいる。 (がら、エンドレスエイトのために新作14話中8話をエンドレスエイトに費やすのは駄ではという意見も)また、名がであるため、それと合わせて8回やりたかったのではという意見も出ている。 放送中はこのを支持する層からも、エンドレスエイトが長引くと言う事は必然的にそれより後の話が削られるということになりうるため、「この後に続く『』『』がされないのではないか? 」という懸念から、残念がるも少なくなかった。 や、などから、下手すれば12、3話続く可性があるのではないかともみなされていた。 実際はエンドレスエイトは8話でし、は全5話としてエンドレスエイトの後に放送され、はとしてされることになった。 が、をで見たかったという者はくすぶっている。 制作側・キャスト側からのコメント 代理 :『エンドレスエイトは、にしており、めての放送はへの的な役割を持っています。 』 補佐 :たちと一緒にを満喫したような気分になりました。 晶子:とにかく長かったの一言。 :8本同時進行で動いてたのでしました。 終盤は感じまくりでしたがの表情にはいれました。 :できる限りの気持ちに共感できるように展開試みました。 一方、側の反応としては、役のがに8回分全てのを予め考えていたなど、他のが細かな違いを意識していたが、役のは、逆に全く同じ演技をすることを意識したことが明かされている。 山本寛の謝罪騒動 、「」の一期作品に関わっていたが謝罪するがにされた。 このは州ボルチで行なわれた「ボルチ・09」の内容の一部である。 にはDo()を退社してになっている。 今回の(度版)のにはにDoを退社するまでの、今回のの当初のに関わった以外は退社してしまったため関わっていない。 「えーっと、…まあをまず申し上げますと、はもうかなり1年以上前からこうなることを知っていました。 」 「何故、の話をやり続けるのではなく、のの分を6話にして作ってるんですか? 」 「えー、えっとね、これもにあげないでくださいよ。 えっと、自己弁護するわけでありませんが、がに居たとき既にこのはありました。 では反対をしました。 2話が限度だろうと…。 まあですから、もう言ってしまいましょう、覚悟はしていたので言っておきます。 を代表して、この場でしたいと思います。 申し訳ない。 」 撮されていたため残念ながらにされてしまいにもされた。 謝罪をしたことにでもがあり、 「を感じるのも分かる。 的に謝ったのかも知れないがが謝ることではない。 」 「2期つまらないというな本音を謝罪で表現したかったのでは? 」 「辞めたが代表して謝罪って。 」 「、自分を責めないで下さい。 」 「今回の2期については静観を決め込んで欲しかった。 」 「のは以外には考えられない。 」 「レコってことでの、単なるリップなのに騒ぎすぎだ。 」 など様々な意見をみることができる。 なお、を代表としてという言葉は後に本人のにて「当時関わったとして」という文言に訂正されている。 なお、はこれを受けて「当社とは一切関係ない人の話です」とのを出している。 但し、エンドレスエイト終了後によって販売数も回復したわけではなく、のを見ると度版と新版(度版)では評価がに違う(度版の方がかなり高評価)ので一概にエンドレスエイトで同じ話を繰り返したからとは言えない。 関連動画 関連商品 関連項目• の変にを立てるでも、そんなのに謝罪めないし、単にが気質で性悪なだけだろ。 がおかしいのを会社のせいにするなって話。 それに、8話も使った事は非難されても仕方ないが、前の1周と、に気づいて脱出に途中の周回の話をやったことはに評価している。 個人的には3話でしていれば今と逆に演出と評価されていたと思う。 なので、はあんなにしてなかったという意見に対しては、はの最終部分しかやっていないのでという実感が薄いと反論しておく。 そして、が追い出されたのはであって理不尽でも何でもないだろ。 にの違うと並べてるのは、単体で擁護できる内容がいからだろ? 繰り返すけど、追い出されてから今までに 省略しています。 1437 ななしのよっしん.

次の

大不評「涼宮ハルヒの憂鬱」 山本寛監督が「ユーチューブ」で謝罪: J

涼宮 ハルヒ エンドレス エイト

エンドレスエイトとはの第5巻「」所収の短編である。 作品における、「」と呼ばれるを取り扱ったである。 概要 は第5巻の短編集「」に収録されている。 による版では第5巻に収録されている。 ( 本誌で 6・号 に掲載され、ほぼどおりに描かれており全2話である。 ) 版のの際には放送されなかった(構成段階では、1話で予定だったが憂の尺が延びたためしたらしい)が、版にてされた。 なお、作品の『』のでは、これを使った話が時折用いられる他、の作品『』でもエンドレスエイトをにしたがある(第5巻収録)。 にした際は、16話「」との話「終われない」にてエンドレスエイトに関連した演出や「」のエンドレスエイトをとした描写がなされている。 あらすじ 合宿から帰ってきた後、はしばらく他と会うこともなく、なを過ごしていた。 しかしも後半に差し掛かった頃、から命の。 のに「を全で遊ぶ!」と宣言。 、、、、、バッング、採取、…以降の過密を発表する。 準備を始めるだったが、はずっとの とに悩まされる。 そんな中、が疲れているように見えたはにをかけたのだが、本音を話すことなくそのまま別れる。 そんなある日の、のにから連絡が来る。 の隣にはがいるようで、さらには泣きじゃくっていた。 を飛ばし、前に向かう。 そこには以外のが集まっていた。 やがに伝える。 「が終わらない」 (以下、のため。 ただし、最後の結末は書いていません。 ) の説明は要領を得ないが、「なぜかに戻れなくなった」と訴える。 は「時間がしている」と説明する。 どうやら の2になると勝手にに戻り、しかも 以外はその間の記憶はなくなるという。 そしてによると、今回が 1回のだとる。 が疲れていたのもそのためであった。 の原因は、「が深層意識で『にやり残したことがある』と思っている」と推測。 それのせいで、になるとが意識に時間を巻き戻しているという。 だがその肝心のやり残したことが何なのかがわからず、実際のでも様々なことを数千回に渡って試したものの、結局を抜け出せなかったとのこと。 今回のでもが思い残すことがないように、全でをこなす。 しかし最終日、それでもやはり不満そうな。 このままでは次もに入るのは確実。 解散を言い渡し、帰り始める。 迷いに迷った末に、は言葉を絞り出す。 本当に終わらないエンドレスエイト 先述のように版でされたが、当初のの予想はの長さなどから1~2話程度で終わるというものだった。 しの予想は大幅に覆されることとなる。 1話放送の翌週に、 ほぼ同様の内容の2話が放送されたのである。 その翌週に、 ほぼ同様の内容の3話が放送された。 しかしそれでも話がすることなく、4話、5話と続けて ほぼ同様の内容のを展開。 そして最終的に、「エンドレスエイト」のまでに要した話数は8話。 要するに、 8話連続ほぼ同様のが繰り返されたのである。 厳密には構成を分析すると、に気づかないまま終わる第1話(展開)、に以外のは気づくが何もできないまま終わる第2~7話(展開)、に気づき、を脱出するどおりの第8話の全3種がある。 なおこそほぼ同一であるが、 決して使い回しではない。 各話ごとに構図などが異なるため絵はほぼ全て書き直されており、ものから各話ごとに収録が行われている。 (録音台本はエンドレスエイト全体で3本とのこと。 )また脚本や演出も細かく異なっており、言わば放送された全てが「 新作」とも言うべきものである。 「はもうこりだ! 」という人も、などによって異なる各話ごとのな違いを探してみると意外な発見があるかもしれない。 議論 このあまりにもな事態に、放送時期には上では賛否を含めた様々なが勃発した。 ・への不満をさせる人、を全て記憶しているの気分をが体験できるようにする新なだと賞賛する人など、人によって様々な意見が展開されている。 また一部からは「このようにでされて、を呼ぶ事こその狙いでは? 」との意見もある。 の度版は、からを描いている第1巻『』からの前段階を描いている『』までであり、はではなくとされているため、エンドレスエイトはを劇場でやりたいための埋めともいる。 (がら、エンドレスエイトのために新作14話中8話をエンドレスエイトに費やすのは駄ではという意見も)また、名がであるため、それと合わせて8回やりたかったのではという意見も出ている。 放送中はこのを支持する層からも、エンドレスエイトが長引くと言う事は必然的にそれより後の話が削られるということになりうるため、「この後に続く『』『』がされないのではないか? 」という懸念から、残念がるも少なくなかった。 や、などから、下手すれば12、3話続く可性があるのではないかともみなされていた。 実際はエンドレスエイトは8話でし、は全5話としてエンドレスエイトの後に放送され、はとしてされることになった。 が、をで見たかったという者はくすぶっている。 制作側・キャスト側からのコメント 代理 :『エンドレスエイトは、にしており、めての放送はへの的な役割を持っています。 』 補佐 :たちと一緒にを満喫したような気分になりました。 晶子:とにかく長かったの一言。 :8本同時進行で動いてたのでしました。 終盤は感じまくりでしたがの表情にはいれました。 :できる限りの気持ちに共感できるように展開試みました。 一方、側の反応としては、役のがに8回分全てのを予め考えていたなど、他のが細かな違いを意識していたが、役のは、逆に全く同じ演技をすることを意識したことが明かされている。 山本寛の謝罪騒動 、「」の一期作品に関わっていたが謝罪するがにされた。 このは州ボルチで行なわれた「ボルチ・09」の内容の一部である。 にはDo()を退社してになっている。 今回の(度版)のにはにDoを退社するまでの、今回のの当初のに関わった以外は退社してしまったため関わっていない。 「えーっと、…まあをまず申し上げますと、はもうかなり1年以上前からこうなることを知っていました。 」 「何故、の話をやり続けるのではなく、のの分を6話にして作ってるんですか? 」 「えー、えっとね、これもにあげないでくださいよ。 えっと、自己弁護するわけでありませんが、がに居たとき既にこのはありました。 では反対をしました。 2話が限度だろうと…。 まあですから、もう言ってしまいましょう、覚悟はしていたので言っておきます。 を代表して、この場でしたいと思います。 申し訳ない。 」 撮されていたため残念ながらにされてしまいにもされた。 謝罪をしたことにでもがあり、 「を感じるのも分かる。 的に謝ったのかも知れないがが謝ることではない。 」 「2期つまらないというな本音を謝罪で表現したかったのでは? 」 「辞めたが代表して謝罪って。 」 「、自分を責めないで下さい。 」 「今回の2期については静観を決め込んで欲しかった。 」 「のは以外には考えられない。 」 「レコってことでの、単なるリップなのに騒ぎすぎだ。 」 など様々な意見をみることができる。 なお、を代表としてという言葉は後に本人のにて「当時関わったとして」という文言に訂正されている。 なお、はこれを受けて「当社とは一切関係ない人の話です」とのを出している。 但し、エンドレスエイト終了後によって販売数も回復したわけではなく、のを見ると度版と新版(度版)では評価がに違う(度版の方がかなり高評価)ので一概にエンドレスエイトで同じ話を繰り返したからとは言えない。 関連動画 関連商品 関連項目• の変にを立てるでも、そんなのに謝罪めないし、単にが気質で性悪なだけだろ。 がおかしいのを会社のせいにするなって話。 それに、8話も使った事は非難されても仕方ないが、前の1周と、に気づいて脱出に途中の周回の話をやったことはに評価している。 個人的には3話でしていれば今と逆に演出と評価されていたと思う。 なので、はあんなにしてなかったという意見に対しては、はの最終部分しかやっていないのでという実感が薄いと反論しておく。 そして、が追い出されたのはであって理不尽でも何でもないだろ。 にの違うと並べてるのは、単体で擁護できる内容がいからだろ? 繰り返すけど、追い出されてから今までに 省略しています。 1437 ななしのよっしん.

次の

大不評「涼宮ハルヒの憂鬱」 山本寛監督が「ユーチューブ」で謝罪: J

涼宮 ハルヒ エンドレス エイト

エンドレスエイトはありかなしか? 個人的にエンドレスエイトはありかなあと肯定派。 エンドレスエイト肯定の一番の理由は、長門有希の心情に共感するため。 夏休みはストーリーとしては1万回以上繰り返していて、キョン達は気づかないものの宇宙人である長門有希は全ての夏休みを記憶しているんですよね。 エンドレスエイトにおける長門有希のうんざり感が、映画の「涼宮ハルヒの消失」につながる要素のひとつになるわけです。 エンドレスエイトって、実際に観るとほんとうんざりするんですよね。 このうんざりを長門有希は1万回以上経験しているんですよね。 そりゃあ変な考えも起こすわって感じ。 長門有希の心情とか、エンドレスエイトのうんざりさとか、そういうのって理屈でわかって共感できる頭のいい人もいるのでしょうけれど、個人的には実際にエンドレスエイト観て体験したほうが共感できる。 涼宮ハルヒの憂鬱に限らず、どうせ何かを観るなら楽しんでみたいので、エンドレスエイトを飛ばさず観ることは賛成派なわけです。 おわりに そんなこんなでエンドレスエイトは肯定派ですし実際に観ました。 そしてうんざりしました。 個人的には映画の感動につながったので頑張ってエンドレスエイト観てよかったなあという印象。 ただ、人に勧めるときは「エンドレスエイトは12話と19話だけ観ればいいよ」と伝えるかなあ・・・ ほんとエンドレスエイトは観たい人だけ観ればいいって感じ。 あと、エンドレスエイトは2期のときに放送された話なのですが、ウィキペディアとか見る感じ、1期シリーズ演出を務めた山本寛氏としては8回繰り返しは不本意だったっぽいですね。 ということで、エンドレスエイトは個人的にあっていいと思うのですが、「エンドレスエイトのループがないと涼宮ハルヒの憂鬱 アニメ は成り立たない」とまでは言わない今日この頃です。 その他の記事.

次の