エクストラ パック 2019。 「エクストラパック2019」3BOX買いの開封結果は?

遊戯王 エクストラパック 2019 収録カード買取相場価格

エクストラ パック 2019

1 :相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。 自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。 その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。 このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 一応大当たり枠であるシークレットをゲットしました。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合、 手札を1枚捨て、自分の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを自分フィールドにセットする。 そのカードはこのターン発動できない。 この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、 さらに自分はデッキから1枚ドローできる。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 フィールドの特殊召喚されたモンスターはリンク状態でなければ効果を発動できない。 I:Pマスカレーナと蘇生したガラテアで作りたいモンスター。 2 :このカードが破壊された場合、自分または相手の墓地のリンク3以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。 3 :このカードが墓地に存在し、フィールドのリンク3以下のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、 墓地のこのカードを除外して発動できる。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 先程のトロイメア・グリフォンの効果にそぐわない相手の場合は次からの展開を考えた打点要員として購入。

次の

遊戯王 エクストラパック 2019 収録カード買取相場価格

エクストラ パック 2019

5日以内にご入金の確認が取れなかった場合は、誠に勝手ながら自動的にキャンセルとさせて頂きますので、ご理解の程よろしくお願い致します。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ポスト投函です。 追加注文分の同梱は出来ませんので、予めご了承下さいませ。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 店舗営業時間は15:00〜20:00となります。 各種お問い合わせはメールにてお願い致します。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 ・許可証番号:第251010001056号 ・許可公安委員会名:福島県公安委員会 ・氏名又は名称:株式会社ハンドシェイク.

次の

【遊戯王予約】「エクストラパック2019」通販情報まとめ

エクストラ パック 2019

2019年9月14日 土 発売予定の EXTRA PACK(エクストラパック)2019の商品情報のまとめ記事になります。 海外で先行収録されたテーマが中心に収録されるエクストラパックの2019年版が発売! 「danger! 」こと《未界域》 「TIME THIEF」こと《クロノダイバー》 「Valkyrie」こと《ワルキューレ》 の3つのテーマが海外先行テーマとして収録され、コレだけでも注目されるはずなんですが、 さらに、海外で先行収録された 手札誘発も今回のエクストラパック2019で登場するということで、 「大きく環境が変わってしまうのではないか・・・」 といい意味でも悪い意味でも期待されているパックです。 序盤に言っておきますが、今回のパックは 管理人的に・・・ 絶対買わなければいけないパックです!! それではエクストラパック2019の詳細をまとめていきます。 EXTRA PACK(エクストラパック)2019で注目すべきテーマは? 【未界域】 《未界域》テーマは相手に《未界域》モンスターを見せ、自身の手札をハンデスさせる効果で、捨てられたカードが見せた同名カードでなければ見せたカードを特殊召喚し、デッキから1ドローする効果。 さらに捨てられた場合でも、各モンスターに固有効果が発揮するので、どっちにしろアドバンテージがあるじゃん・・・という超強力なテーマです。 《未界域》モンスターの共通効果はこちら このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。 それが「(同名カード)」以外だった場合、 さらに手札から「(同名カード)」1体を特殊召喚し、 自分はデッキから1枚ドローする。 2 :このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。 (固有効果)。 また、最近《未界域》と組み合わせて相性の良さそうなカードたちが軒並み高騰している様子で、全体的に相場にも影響している様子です。 【クロノダイバー】 《クロノダイバー》テーマは、闇属性サイキック族のエクシーズテーマで、《クロノダイバー・リダン》を展開し、 自身・相手ターンに相手のデッキトップをエクシーズ素材にし、X素材の種類(モンスター・魔法・罠)によって効果を発揮することができます。 自分・相手ターンで発動でき、どれも強い効果なので、プレイスタイルとしては、《クロノダイバー・リダン》を展開し、さらに EXモンスターゾーンが空いた状態でリンク 4モンスターをさらに展開し、相手デッキトップを吸収していくスタイルです。 【ワルキューレ】 ジーク・ロイドが使用していた《ワルキューレ》テーマは光属性の天使族のテーマで、 特に魔法カードの《時の女神の悪戯》が鬼強い・・・ 自身のバトルフェイズ終了時に発動し、 自身の次のバトルフェイズ開始時までスキップすることができるので、そのあとさらに追撃することができるという凶悪なカードです。 モンスター展開は、魔法カード《Walkuren Ritt》(日本語名まだ確定しておりません)で手札のワルキューレモンスターを任意の数まで特殊召喚し、この効果で3体以上特殊召喚すると、次のターンの終了時まで、自分が受ける戦闘ダメージを0にすることができます。 1 :自分フィールドにカードが存在せず、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、 このカードを手札から捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。 相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、手札から捨て、相手フィールドのモンスターを対象に取り、リリースだけでなく、素材要因にさえ出来ない状態にします。 次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。 この効果は相手ターンでも発動できる。 自分の墓地にカードがない場合、このカードを墓地に送って、ターン終了時までマクロコスモスすることが出来ます。 後攻になってしまった場合にこのカードを握っていれば、相手が展開する動きを大幅に止めることができるので、最近流行りの【ドラゴンリンク】などの展開系デッキの邪魔をすることができる手札誘発になりそうですね。 1 :相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。 自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。 その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。 このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚し、盤面を大きく覆すことができます。 こちらも展開系のテーマで硬い盤面を作られたとしても、全てリリースしてしまえば跡形もなくなります!! 相手ターン時に 「あ・・・今4回目の召喚・特殊召喚目ですね・・・あ、どうぞ続けてくださいw」 という心理戦に持ち込むプレイヤーも少なくないでしょう・・・ EXTRA PACK(エクストラパック)2019は購入すべき? どうも、管理人のシナです。 今回のEXTRA PACK(エクストラパック)2019は 間違いなく買うしかないでしょう。

次の