鬼滅の刃 192話ネタバレ。 鬼滅の刃22巻192話のネタバレ考察と感想!廻る縁で継承される日の呼吸

鬼滅の刃ネタバレ192話最新確定!日の呼吸十三の型で炭治郎が縁壱炭吉をつなぐ!

鬼滅の刃 192話ネタバレ

2020年2月3日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌192話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では無惨との戦い、炭治郎の治療の話がメインでした。 柱たちが全員赫刀にすることができ、無惨を追い詰めることができるかと思われましたが、無惨の攻撃により全員が行動不能に。 カナヲも無惨に殺されそうになりましたが、間一髪のところで炭治郎が助けます。 炭治郎と無惨が再び相まみえることになりました。 192話では2人の戦いとなることと思われます。 無惨との戦いに決着をつけることができるのでしょうか? 今回は「【鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌192話ネタバレ最新話確定速報】炭治郎は縁壱の過去からヒントをもらい無惨を倒すことができる?」と題し紹介していきます。 鬼滅の刃192話ネタバレ ネタバレ注意 鬼滅の刃191話 炭治郎覚醒してるし 柱と同期組はボコボコのボコ 岩柱は足ねーし、水柱は腕切られてて、風柱は壁に、蛇柱は足切られてんの?伊之助は、ぶっ倒れてて善逸は足切られてそう…唯一カナヲちゃんだけ生きてんだけど… みんな生きてるよね?そう願いたい。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 炭吉の過去から学ぶ 炭治郎は無惨と対峙しながら夢のことを思い出します。 炭吉の過去の体験を住吉の目を通して炭治郎も体験できていました。 説明を聞くより、実際にやってみてもらった方が、より正確に理解ができます。 それを実際に縁壱がやっているところを見せてもらうことで、炭治郎も型を学ぶことができました。 そこで縁壱の型を見ることで自分に落とし込もうとします。 縁壱の型は自分のものに比べてまったく無駄がない動きでした。 縁壱の型 炭治郎は縁壱はおとなしく、控えめな優しい性格だと思っていました。 すやこが縁壱に型を見せて欲しいと頼むと快く見せてくれていました。 その様子を見逃さないように、炭治郎は住吉の目から縁壱の型を見ます。 このチャンスに日の呼吸をモノにしようと、わずかな動作も察知し目に焼き付けます。 縁壱の日の呼吸はとてもきれいで、息をすることすらも忘れてしまうほどでした。 きれい過ぎて、それは妖精が舞っているようにも見えます。 それを見るとすやこと子供はとても喜びます。 また縁壱はその喜ぶ姿を見て、自分のやることで喜んでくれることをうれしく思いました。 炭吉と縁壱の別れ そして縁壱が炭吉の家を去ることとなります。 その別れ際に縁壱は自分の耳飾りを、炭吉に渡します。 そのことでもう縁壱はここには来てくれないのだと炭吉は感じます。 そのことに気が付き住吉は泣き、縁壱の想いは後世に継ぐと叫びます。 また縁壱は価値のある人だと言い、耳飾りと日の呼吸を伝えていくと約束します。 縁壱はお礼を言って去っていきます。 その言葉を受けて炭治郎も自分の祖先を助けてくれたこと、珠世を逃してくれて今無惨を追い詰めることができていることに対してお礼を言います。 炭治郎の日の呼吸が進化した 炭治郎は縁壱の型から学んだことにより、日の呼吸は以前に比べ無駄がなくなり、ひとつひとつが正確になり、どの型も進化していました。 しかし炭治郎は13個目の型の事について気になっていました。 1から12個目までの型の名前についてです。 始めの円舞と最後の炎舞は漢字は違いますが、読み方は一緒です。 そして炭治郎の父が夜が明けるまで神楽を踊っていたことも思い出します。 無惨の心臓が7個・脳が5個あるという体を、透き通った世界で見ることで、ある考えが思い浮かびます。 日の呼吸13個目の型 それは日の呼吸は神楽や名前から12個の型を繰り返し行うことで、連なり13個目の型になっているのではということです。 日の呼吸を繰り出し続けるということで脳と心臓を斬り続けなければならないということでした。 それを夜明けまで続けていれば無惨に勝ことができるのではと炭治郎は考えます。 しかし縁壱も結局は無惨を取り逃してしまいます。 あの縁壱さえもできなかったことが、自分に果たしてできるのだろうかと不安に思います。 しかし柱たちが戦えない今自分が無惨と戦うしかありません。 炭治郎は自分のできることを精一杯やるしかないと思い、気を引き締めてこの戦いに負けない、心が折れないことを誓います。 炭治郎と無惨の戦い 無惨は触手で炭治郎を攻撃しますが、刀でその攻撃をすべてさばきます。 無惨は炭治郎の姿を縁壱と重ねて見えてしまい、亡霊がと幻影にとらわれています。 そのとき炭治郎は無惨の一撃を避けることができずに、その攻撃を受けてしまいます。 しかし炭治郎はこの時無惨の攻撃がどのように出しているのか気づきます。 無惨は背中の9本の触手と両腕に加えて、ももからも8本の触手を出して攻撃していました。 そのことに柱たちは気づかずにやられてしまっていました。 炭治郎は負けじと日の呼吸の型を連続して繰り出していき、日の呼吸の型はやはりつながっていることを確信します。 そしてまた連続で型を放つと繋がって放つことができると、実際にやってみてわかります。 それはやはり十三の型はすべてを連続で繰り出すとなせる型ということです。 炭治郎はこのとき日の呼吸のことを理解し、次はすべてつなげて攻撃すると決めます。 鬼滅の刃192話ネタバレ考察 若干ネタバレ注意 すいません。 ぎゃくしゅうかいしってなんでしたっけ。 炭治郎の夢の続きはもうない? 炭治郎が復活しましたが、夢の続きはもうないのでしょうか? 炭治郎の夢の続きがどうなったのか気になりますね。 縁壱の過去が段々とわかってきましたが、ヒノカミ神楽がどのように伝えられてのかがまだ描かれていません。 そのまま描かれるかと思っていましたが、現実世界の無惨との戦いに戻ったので、このまま何話かは続くかもしれませんね。 ただ炭治郎が目を覚ます前に、日の呼吸についての手がかりをつかんで、無惨を倒す方法を見つけてもらいたいものです。 炭治郎はすでに禰豆子の爆血によって赫刀にしていますので、禰豆子が炭治郎の元へ駆けつけたら爆血との合わせ技で赫刀にできるでしょう。 これからの戦いの中で、ヒノカミ神楽十三の型を出してくるかもしれませんが、その時に夢の続きも出てくるのではと思っています。 炭治郎の日輪等はすでに赫刀になっている? 日輪刀を赫刀にする条件として、万力の力で握るというものがありました。 炭治郎が目覚める直前、刀を握り過ぎて、村田や他の鬼殺隊員が驚くほどの音を出していました。 これはとてつもない力で刀を握っていたためだと思われます。 これほどの握力で刀を握っているのなら、この段階でもしかしたら赫刀にできているのではないかと考えられます。 刀身が描かれてませんでしたので、赫刀になっているかは定かではありませんが、赫刀にすることができている可能性は高いのではと思います。 実際炭治郎が斬り落とした腕の切断面は赤くなっていて、すぐに修正しているようには見えませんでした。 そのことからこの段階で赫刀にできているのではないでしょうか? 炭治郎も赫刀にすることができ、ヒノカミ神楽もありますので、無惨に対抗できるかもしれませんね。 鬼滅本誌済みです 一瞬希望見せたあと、とてつもない位くらいの絶望がきて情緒不安定になりました…🐊先生…恐ろしい…… 炭治郎の目に瞳孔が描かれてなくてが すごく怖かった。 炭治郎来たし。 でも皆が…. どうなるの。 無惨可愛い。 もう、終始あぁぁぁぁ!!!うぉぉぉぉぉ!!ってなりながら読んだ。

次の

鬼滅の刃192話ネタバレ考察!ねずこ参戦・柱や同期組は生きている?

鬼滅の刃 192話ネタバレ

青い彼岸花の行方• 禰豆子のが特別な鬼である理由• なぜ炭治郎に記憶が継承されているのか• 鬼の始祖、無惨はなぜ鬼となったのか などなど、まだ明らかになっていない謎も沢山あります。 ただ、柱たちもどんどん倒れていき、再起不能に近い状態に。 鬼滅の刃の物語が最後を迎えている、嫌でもそう感じてしまいます。 でも超絶な人気を誇る鬼滅の刃が、そう簡単に終わる? といった声もあります。 鬼滅の刃には吾峠呼世晴先生の意思が宿っていると思います。 煉獄杏寿郎は鬼としての永遠の命より、人間としての死を選びました。 鬼滅の刃連載にも、この煉獄杏寿郎の選択と近いものを感じます。 ということから、私はこの戦いが本当に最後の死闘になると思います。 物語が終わるとしてもまだ今後、語られていない謎の詳細が明らかになってくるはず。 どちらが鬼かわからないなの意味 無惨の毒によって倒れた炭治郎。 瀕死の状態でしたが、愈史郎の懸命の治療により一命をとりとめました。 一時は脈がなかったのに、再び戦えるまで復活したのはすごいです。 愈史郎が炭治郎に何本も注射したのは、珠世がつくった血清のようなもの。 猫の茶々丸が不死川たち柱に発射したものと同じでしょう。 でも、炭治郎はまだ毒に侵された状態で、顔面が鬼のような状態。 見た目が醜くなってしまい、無惨と炭治郎どちらが鬼かわからないほどです。 この演出は何を意味するのか? 毒に侵されていることを、視覚的に明らかにしておきたいからかも? 毒に侵されている状態って、目で見てわかり難い状態です。 「毒でやられてますよ」 とひと目でわかりやすく伝えるためだと思います。 となると、それが解除される時が来るということ。 しばらくはこの状態で無惨と戦う。 禰豆子が到着して、禰豆子が毒を無効化してくれる。 2人で爆血刀で赫刀化して戦うと いった流れになると予想。 また他の理由として、鬼滅の刃のテーマを表現するためでもあるのかも。 鬼のように強いけど、人間の心は忘れない、のような。 禰豆子もそうですが、鬼の見た目を持ちながら人間の心を持っています。 炭治郎も鬼のような見た目になってしまったけど、心は人間のまま。 そういう尊さを表現する、といった先生の意図もあるのかもしれません。 柱たちの生死は? 形勢有利と思われていた鬼殺隊士たちでしたが、「パギャ」という音と共にほぼ全滅の状態に。 一体どんな攻撃が行われたんでしょうか? カナヲは「速すぎる」といっています。 触手を高速で振り回した? 体を分裂させてぶつけた? 柱の状態を見てみると、• 悲鳴嶼は左足が大腿部から切断。 冨岡は日輪刀を握る右腕ごと切断。 伊黒は切断は不明。 日輪刀は折れているように見えます。 不死川は負傷程度は不明。 かなり遠くまで飛ばされている• 善逸と伊之助も重症そうだが切断は無さそう 伊之助の日輪刀は折れてます。 怪我の状態からみると、鬼殺隊士の四肢が切断されるような、鋭いタイプの攻撃。 「触手を超高速で振り回すような攻撃」だったと思われます。 足や腕が切断している悲鳴嶼と冨岡が心配ですが、実は派手な負傷がないと思っていた、伊黒や不死川の方が危険な状態・・・ とならなければいいんですが・・・どちらにしても心配です。 禰豆子はいつ到着する? 禰豆子の到着まで、もう少しかかるんじゃないかと思います。 無惨の今一番の願いは、禰豆子の日の光の耐性を自分のものにすること。 ということから、禰豆子の到着は「日の出の寸前」になると予想します。 無惨の攻撃に耐える炭治郎!追い詰められるが、日の出まであとわずか!• 禰豆子が到着!炭治郎が優勢に!• 無惨が禰豆子の体の一部喰う?などして、日の光の耐性を手に入れてしまう・・・ といった流れもあるかもしれません。 192話の展開予想まとめ 鬼滅の刃192話の展開予想をまとめると、.

次の

漫画『鬼滅の刃』ついに十三ノ型の正体判明!192話のネタバレと191話おさらい・193話以降の考察|イツキのアンテナ

鬼滅の刃 192話ネタバレ

かなり危ない状態の 炭治郎 たんじろうを見て 愈史郎 ゆしろうは何本もの注射を打ちますが、 他の隊士がそれを見て、そんなに何本も注射を打って大丈夫か!? と心配して尋ねますが 愈史郎 ゆしろうはギロリと隊士を睨み 「うるさいだまれ!攻撃を受けてから時間がたっているからかなりまずい状態なんだ!! 」 と怒鳴り返します。 そして 炭治郎 たんじろうが握り締めている日輪刀を 炭治郎 たんじろうの手から離そうとしますが、 炭治郎 たんじろうがものすごい握力で握り締めているために離すことが出来ません・・・ その時 愈史郎 ゆしろうが打った注射の効果があらわれたのか、 炭治郎 たんじろうの脈が戻ってきました! その後も鬼殺隊の隊士の 村田 むらたさんは必至に 炭治郎 たんじろうに呼びかけますが、 またすぐに 炭治郎 たんじろうの脈は弱ってしまいます。 炭治郎 たんじろうを助けるために必死で大きな声で呼びかけます。 「脳と心臓が複数ある!信じがたしこの男!しかもそれが移動するとは!? 無惨 むざんが今まで以上の速度、威力で凄まじい音をたてながら攻撃した直後 その場にいたすべての者達が吹き飛んでしまいました。 この時の 無惨 むざんの凄まじい攻撃でその場にいた全員が吹き飛び、戦況が一変してしまったのです。 目の前にはそれまでと打って変わって絶望的な光景が広がっています・・・ 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは・・・ 壁に背中から突っ込んでいて、両腕にも瓦礫が落ちて使えない状態なうえに左足の膝から下がなくなっているように見えます。 不死川実美 しなずがわさねみは・・・ 建物の上部に頭から突っ込んだ状態で足しか見えません。 我妻善逸 あがつまぜんいつは…壁にめり込んだ状態で 右腕が見えていません・・・。 善逸がやられるところを見ると心が痛いのは何故なのでしょう!? そして、唯一意識のある 栗花落 つゆりカナヲは、 額と口から血を流しながら、 「速すぎる・・・」 「こんなに差があるなんて・・・」 と、日輪刀を持つ手も震え、まともに動くことすら出来ないでいましたが とどめを刺そうとする 無惨 むざんに鬼殺隊の隠しがやめてくれ!と物陰から飛び出ます。 、 無惨 むざんの腕が間一髪で切り落とされました! 切断面は焼け焦げ、「ジジ」と、皮膚の焼ける音も聞こえます。 そうです!待望の瞬間がやってきたのです!! 無惨 むざんが 炭治郎 たんじろうに斬られた断面を見てるうちに 炭治郎 たんじろうはすぐさまカナヲのピンチに駆けつけようと 後方にいた鬼殺隊の隠しの人に 栗花落 つゆりカナヲを預け、 そんな 炭治郎 たんじろうの姿をみた 栗花落 つゆりカナヲは涙があふれ、 「炭治郎」「炭治郎・・・」と必死に声をだします。 それを聞いた 炭治郎 たんじろうは「うん、遅くなってゴメン」と・・・ その後、 無惨 むざんに向き合う 炭治郎 たんじろうを見て、 無惨 むざんは・・・ 「 酷 みにくい姿だ」「これでは」 「どちらが鬼かわからないな 竈門炭治郎 かまどたんじろう」と・・・ そして、言葉の後に 炭治郎 たんじろうを見るとそこにはかつて自分を死の淵まで追い込んだ『 継圀緑一 つぐくによりいち』の姿とかぶる 炭治郎 たんじろうの姿を重ねて見てしまいます。 炭治郎 たんじろうはとてもおだやかに、 無惨 むざんに話しかけます。 と思った矢先の出来事でした・・・ その瞬間にかつてなかったほど強力な攻撃を仕掛けてきた 無惨 むざんの前に、 その場にいたものすべてが吹き飛び大惨事となってしまいました・・・ それぞれの安否がとても心配な中、数人は五体満足ではないのではないか!? と思わせるような描写があります。 悲鳴嶼 ひめじまさんは左足がないようですし、 伊黒 いぐろさんは左腕がなんか怪しく、 不死川 しなずがわさんの上半身が壁に突っ込んでいてどうなってるかわからない状態で、 善逸 ぜんいつの右足もなんか変なほうに向いていて、 と相当ヤバい状況なのですが、その中でもひときわはっきりと危険な状態の人がいます・・・ それが、この方です・・・ あああああ! この足と髪型は絶対 義勇 ぎゆうさんですよね!! 手前に転がってるのはあきらかに 義勇 ぎゆうさんの右腕ですよね!? これは悲しすぎる・・・あまりにも悲しすぎる・・・ しかも 義勇 ぎゆうさんの右腕って利き腕ですよ!! なにかの間違いであって欲しいです・・・ 悲鳴嶼 ひめじまさんの右足もなんか怪しいですよね!? それがこちらです! 左下をよく見て下さい! 『 悪鬼 あっきを 滅殺 めっさつせよ!! 』 『 次号 じごうセンターカラーで逆襲開始!! 』 無惨 むざんが 逆襲開始 ぎゃくしゅうかいし!! とはなりませんよね!? あきらかに 鬼殺隊達が逆襲を開始する的な告知ですよね!? もし今週話の内容がそのままであれば、この告知がうそになってしまいませんか!? 赫 あかくないですよね!? 攻撃を受けてしまい本体にダメージを受けたとしても、 さっきまで 赫 あかかった 赫刀 しゃくとうが急にもとに戻るのは変じゃないでしょうか!? それが・・・ よく見比べてみて下さい! な、治っていませんか!? さすがに1週間で(作中では数分? )で治るものでしょうか!? 以上の点から、おそらく 無惨 むざんはまた 愈史郎 ゆしろうの術のせいで 現実とは違うものを見させられてるのではないでしょうか!? 愈史郎 ゆしろうの 血鬼術のネタ晴らしと•

次の