皇貴妃の宮廷。 中国ドラマ「皇貴妃の宮廷」のあらすじ・キャスト・放送予定

中国ドラマ「皇貴妃の宮廷」のあらすじ・キャスト・放送予定

皇貴妃の宮廷

清王朝の後宮 皇帝の后妃の地位 地位 定員 正妻 皇后 1 側室 皇貴妃 1 貴妃 2 妃 4 嬪 6 貴人 なし 常在 なし 答応 なし 官女子 なし 正妻は皇后のみ。 皇貴妃以下は側室。 皇貴妃は臨時の地位。 皇后が存命の間は皇貴妃はおきません。 皇后がいないときに皇后の代わりをする側室です。 皇帝によっては定員を守らないこともあります。 ドラマになりやすい乾隆帝は定員以上の側室がいました。 皇后(こうごう)皇帝の正室 皇帝の正室を皇后といいます。 皇后は一人だけです。 中国歴代王朝は「陰陽思想」が根強いです。 陽と陰のバランスがとれてないと上手くいかない。 という考えです。 陽がよくて陰が悪いのではなく、エネルギーの性質の違いです。 どちらが強くなりすぎてもうまくいかないのです。 陰陽思想では男は「陽」、女が「陰」と考えられています。 男の代表が「皇帝」、女の代表が「皇后」です。 ですから皇帝が存在すれば皇后も必要です。 皇后の位を長い間明けることは良くないことでした。 皇后が何かの理由でいなくなった場合は別の人を皇后にします。 中国王朝では皇后は出身一族の姓で呼ばれます。 皇帝と同じ姓の人は皇后にはなれません。 清王朝では満州族から皇后が選ばれるので中国人(漢民族)とは違う姓の人が多いです。 中宮、正宮とも呼ばれます。 これは皇后の住む宮殿が宮廷の中央にあったからです。 皇貴妃(こうきひ)皇后の代理 後宮では皇后の次に偉いです。 側室の最高位。 定員は1人 皇貴妃の名は「皇后」と「貴妃」を足して作られました。 「貴妃」はそれまで側室の最高位だったからです。 皇貴妃の称号は明の時代から使われました。 最初は皇后の代理人の意味でした。 皇帝を産んだ側室が死後に与えられる称号としても使われました。 清王朝では側室から皇后に昇格する時。 皇后の候補者に一時的に与えられる称号として使われます。 でも皇貴妃になった人の全てが皇后になれるわけではありません。 皇貴妃のまま終わることもあります。 また、皇帝から特に愛された側室が死後に与えられる称号としても使われます。 側室が病気になって「もう助からない」と判断された時、死の直前に贈られることもあります。 清王朝で「皇貴妃」の位を持った人が皇貴妃になった直後に死亡することが多いのはそのためです。 貴妃(きひ)事実上の側室の最高位 後宮では皇后・皇貴妃に次ぐ3番めの地位。 定員は2人です。 側室では皇貴妃の次に偉い立場です。 でも皇貴妃は臨時の地位なので常に存在するわけではありません。 つまり普通は貴妃が側室の中で一番偉いのです。 貴の前に皇以外の漢字が付くことがあります。 「熹貴妃」といったぐあいです。 これは貴妃は何人かいるので区別するためです。 貴妃の前についていた称号をとって呼ばれることが多いです。 貴妃になる前に「熹妃」と呼ばれていたら、その人は「熹貴妃」になります。 ドラマの貴妃 雍正帝の時代 貴妃年氏 熹貴妃(後の孝聖憲皇后、宮廷の諍い女のヒロイン) 妃(ひ) 皇貴妃・貴妃の次に偉い側室。 定員は4人です。 ところが、康熙帝・乾隆帝の時代は5~6人いました。 妃の前に漢字一文字がつきます。 恵妃、宜妃、徳妃、栄妃、良妃、嫻妃、慶妃など。 他の漢民族の王朝では妃の前に付く漢字で偉い順番が違いました。 でも清王朝では貴妃以外の地位はみんな同じです。 同じ時代に漢字がかぶることはありません。 嬪(ひん) 側室の中では、皇貴妃・貴妃・妃に次ぐ4番めの地位。 定員は6人です。 やはりというか康熙帝・乾隆帝の時代には6人以上の嬪がいました。 朝鮮王朝なら嬪は側室の最高位です。 でも皇帝の存在する中国では嬪の上に皇后・妃がいます。 中国王朝では嬪になっても中堅クラスなのです。 貴人(きじん) 側室の中では、皇貴妃・貴妃・妃・嬪に次ぐ5番めの地位。 定員はありません。 常在 側室の中では6番目の地位。 定員はありません。 常在は明王朝では女官の位でしたが、清王朝では側室の地位になりました。 下級の側室ですが、最下位ではありません。 お付きの者として女官3名、宦官2名が与えられます。 答応 定員はありません。 清王朝では側室の最下位。 側室は皇帝の家族扱いということになっていますが宮廷内でも地位は低いです。 高位の宦官よりも地位が低く、彼らにお辞儀しなければいけません。 皇太子や皇子の妻妾 皇子の妻や側室には別の呼び方があります。 満洲人は妻のことを福晋(フジン)といいます。 「福晋」という字はフージンという満洲語に漢字をあてはめたものです。 地位 定員 正妻 嫡福晋 1 側室 側福晋 親王は4人、郡王は3人 庶福晋 なし 格格 なし 皇帝の子・親王と他の王族・郡王ではもてる側室の数が違います。 皇太子も親王と同じ。 清朝では正式に皇太子を決めるのは少ないです。 親王が皇帝になると正妻は皇后に、他の側室は妃、嬪などにわりふります。

次の

動画情報『皇貴妃の宮廷』(字幕) 1話から最終回までお得に視聴する方法!

皇貴妃の宮廷

皇貴妃の宮廷の動画はYoutube・Pandoraやdailymotionで観れる? ネット動画配信サービスを利用しない方法として、YouTubeをはじめアニポ、B9、Pandora、NoSub、dailymotionなどの動画共有サイトでアニメや映画、ドラマが投稿されています。 無料で視聴することができるかもしれませんが、2012年10月から違法ダウンロードの刑事罰化が実施され違法ダウンロード 動画の場合は視聴も含まれます 違法にアップロードした者が裁かれるだけでなく、漫画村などの海賊版サイトによる被害の深刻さから今後も厳罰化がさらに加速することでしょう。 また、 インターネット上は匿名だから大丈夫と考えている人も少なくありませんが、警視庁からすれば情報開示請求を行うのは簡単な事です。 この他にも動画共有サイトに違法にアップロードされたアニメや映画・ドラマを見ることの危険性について紹介します。 【違法アニメ・ドラマ動画サイトは危険】• 違法ダウンロードの厳罰化と視聴者のユーザー情報の特定• スマホやPCがウィルスに感染する可能性が高い• スマホやPCの故障やバッテリー消費が早くなる• 個人情報の漏洩や金銭被害• 遠隔操作 たった月額2,000円程度をケチってウィルスに感染したり、逮捕のリスクを犯したり数百万円以上の罰金を払うリスクがあります。 『皇貴妃の宮廷』動画を日本語字幕で無料&お得に視聴する方法 動画配信状況を比較『皇貴妃の宮廷』 動画配信サービスでの『皇貴妃の宮廷』の配信状況一覧です。 TSUTAYA DISCUSは初回付与ポイントが多く安く全話観ることができます。 韓国ドラマ『皇貴妃の宮廷』動画配信サービスの特徴 『皇貴妃の宮廷』レンタルパックでお得に全話視聴できるTSUTAYA DISCUS 月額料金 2,417円 無料お試し期間 30日間(解約はとても簡単です) 毎月1,100ポイント貰えます。 グラビアアイドルやアダルト作品も視聴出来ます。 『皇貴妃の宮廷』を安く見ることができるのはTSUTAYA DISCUSです! 初回登録時には1,100ポイントで割引が効いた 「全話パックレンタル」でさらにお得です。 お試し期間も30日間と長いので、ゆっくりと『皇貴妃の宮廷』を観ることができます。 \見放題作品が一番多い!/ 『皇貴妃の宮廷』動画を1話無料~最終回までレンタル視聴がお得なU-NEXT 韓流ドラマの見放題作品が豊富なU-NEXT 月額料金 1,990円 無料お試し期間 31日間(解約はネットで簡単手続き) 初回登録 600ポイントプレゼント 毎月 1,200ポイント付与 雑誌や漫画などの電子書籍も読めます アイドルやアダルト動画作品も視聴可能 支払方法 クレジットカードなど パソコン・スマホ・タブレット・ダウンロード視聴・Chromeキャスト対応 U-NEXTでは『皇貴妃の宮廷』をレンタル視聴できます。 初回無料お試し登録で貰える600ポイントを利用してポイント視聴作品でもすぐに視聴スタートできます。 『皇貴妃の宮廷』は全話パックに対応しているので、毎月の1100ポイントを利用すればかなりお得に視聴できます。 U-NEXTの韓国ドラマ配信数はトップクラスなので、 無料お試し31日間に登録するだけで見放題作品を無料で楽しむこともできます!もちろん解約も簡単で 31日以内なら料金は掛かりません。 月額コストは高めだけど、ヘビーに韓流ドラマを見るならU-NEXTが最強なのでおすすめです。 \韓流ドラマなら配信数トップクラス!/ 第1話 順治帝の江南への巡幸を前に、宮中では皇后・索爾娜が1人の太監を罰した末に殺してしまった。 順治帝はその死を悼み、遺族に見舞金を届けるよう命じる一方で、やりたい放題の皇后から権限を剥奪しようと決意した。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第2話 順治帝が江南の視察へと出発する日が迫る。 心配の絶えない皇太后は信頼する太監・劉光才の同行を提案し、順治帝も渋々これを承諾した。 順治帝は知る由もなかったが、劉光才は皇太后から2つのことを厳命されていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第3話 激しい腹痛で倒れた敬妃の果珍が意識を取り戻した。 彼女に伝えられたのは、順治帝との間に授かった子供を流産したという残酷な現実だった。 しかし、流産の原因だという毒に関しては何一つ心当たりがなく…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第4話 順治帝に命じられた英格爾は傍若無人な宏琦をこらしめ、尻尾を巻いて逃げ帰った宏琦は父に泣きついた。 江寧知府の宏善は、一人息子を痛めつけた奴らを必ずや捕らえてやろうと怒りを燃やしていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第5話 体調を崩した黄暢=順治帝は董小宛の献身的な看病のおかげで回復。 小宛と並んで月を眺めながら自身の辛い身の上を語り始める。 小宛は身分の差を感じながらも、黄暢への思いが強くなっていることを自覚していた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第6話 宏琦は「都から来た若旦那」の正体が順治帝だと知らされ仰天。 痛い目に遭わされた仕返しをするつもりが父・宏善からも殴られてしまう。 父に引きずられるようにして怡清園に来た宏琦は、董小宛に平謝りする。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第7話 黄暢=順治帝は董小宛との碁対決に勝ち、約束どおり小宛の手に接吻。 この勝利の裏に、小宛の心遣いがあったことにも気が付かないほど浮かれた順治帝は、自分の身に危険が迫っているとは夢にも思っていなかった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第8話 江南一帯の視察を精力的にこなした順治帝は再び江寧を訪れ、董小宛に愛を伝えることを決意。 彼のその晴れやかな表情とは対照的に、皇帝のある言葉を聞いた劉光才や鄂碩総督は、困惑の表情を浮かべていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第9話 順治帝から視察結果の報告を聞いた皇太后は董小宛のことを問うが、順治帝は「二度と会うことはない」と答え、その場をしのいだ。 そして、順治帝は果珍の流産を知らされるが、重い風邪が原因だとは納得できない。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第10話 漢族の娘を秀女として入宮させてはどうかという順治帝の提案に皇太后は激怒し、「今後この件には触れないで」と告げた。 意外にもあっさりと引き下がった順治帝は、「明日、五台山へ参拝に行くつもりです」と言う。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第11話 五台山へ出掛けたはずの順治帝が董小宛を連れて戻ってきた。 漢族の女性の入宮は禁じられているため、朝廷も後宮も大騒ぎになる。 これを淑妃から聞いた皇后・索爾娜は、ただちに妃嬪を集めるよう言い渡す。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第12話 皇太后は董小宛を宮中に置くための条件として、「当分の間、居所を南苑とすること、勝手に封号を与えぬこと、決して子をもうけぬこと」の3つを掲げた。 順治帝はその理不尽な要求の全てを受け入れる。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第13話 皇太后の命令で小宛を追い出すため南苑に来た妃嬪たち。 小宛に無理を言う蘭貴妃・霊珠の態度に業を煮やした扣扣は、彼女に向かって唾を吐いてしまう。 この態度に怒った蘭貴妃は扣扣を捕まえ、杖刑20回を命じた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第14話 南苑での事件に激怒した順治帝は皇太后との面会を拒むが、董小宛に促され冷静さを取り戻して慈寧宮へ赴く。 皇太后は、小宛を杖刑に処した皇后・索爾娜と蘭貴妃・霊珠の処遇は慎重に決めるようにと忠告した。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第15話 「家族をお守りください」と残して皇后・索爾娜の侍女である平児は自害した。 彼女は、皇后に虚偽の証言を強要されていたが、劉光才にうそを見抜かれ真実を話した。 平児は皇后からの処罰を恐れ、自ら命を絶ったのだ。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第16話 蓉貴妃・多娜を皇后にとの順治帝の申し出に、皇太后は驚きを隠せない。 新しい皇后には蘭貴妃・霊珠が昇格するものと宮中の誰もが思っていた。 ところが、順治帝は尋問の際に蘭貴妃の腹黒さを見抜いたのだった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第17話 呉三桂の都入りが近づき、順治帝は彼をどのように遇するべきか思案していた。 議政王大臣たちは、呉三桂が朝廷と帝を軽視していると非難し、朝廷の脅威になりうるほど大きな兵力を持つ彼を都にとどめるよう進言した。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第18話 董小宛は皇太后との対面を果たすが、重い言葉を告げられる。 宮中にとどまりたいのなら、懐妊を予防する薬を皇帝に知られることなく飲み続け、妃の座を求めることなく慎ましく暮らすようにと釘を刺された。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第19話 董小宛冊封反対の上奏文を携え、后妃たちが順治帝と皇太后の元を訪問。 憤る順治帝は上奏文を叩きつけ、敬妃・果珍の姿がない理由を尋ねると、敬妃が上奏に賛同しなかったためだと皇后・索爾娜は説明し始める。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第20話 名高い歌妓・董小宛と陳円円の共演に皇太后は素直に称賛の声を上げ、それを見たは順治帝は目を細めた。 一方、小宛のせいで叱責された皇后・索爾娜は、皇太后がよりによって彼女を訪ねたことにいら立ちを覚えていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第21話 順治帝の命を受け、洪承疇と鼇拝が呉三桂の陣営へとやってきた。 呉三桂の捕縛が雲南に伝わるのを防ぐのが目的だったが、何者かの密書によって事態を知った胡国柱は、すでに雲南へと逃れていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第22話 董小宛の屋敷は「重草宛」と名付けられ、小宛はそこに入宮を拒もうとする皇太后の強い意志を感じ取った。 そんな中、順治帝の提案に押し切られ、小宛は朝日に照らされる皇宮の美しい姿を見て回るのだった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第23話 董小宛の顔に毒を掛けようとした皇后・索爾娜だが、順治帝がその凶行を防いだ。 しかし、皇帝自らによる尋問に対しても皇后は悪態をつくばかり。 その姿に感情を抑え切れなくなった順治帝は、彼女の頬を打った。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第24話 大方の予想に反して霊珠は皇后の座を逃し、皇貴妃となるにとどまった。 しかし、彼女を毛嫌いする扣扣は、「本来なら冷宮に送られて当然」と不満顔だ。 また、霊珠の立后を確実視していた鄭親王も納得がいかない。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第25話 議政王大臣たちは、董小宛を冊封するという順治帝の宣言を、黄旗の返上拒否と廃位を盾に退けた。 彼らは改めて、国を守るため一致団結しようと確認し合う。 一方、順治帝は大事な報告があると伝えて后妃を集めていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第26話 董小宛が徳妃に封じられ、議政王大臣や妃嬪たちは驚愕し、順治帝と皇太后の間にも大きな亀裂が生じた。 鼇拝を味方に付ければ他の大臣たちも説得できるのではと考えた順治帝を、皇太后は「楽観的過ぎる」と一蹴した。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第27話 慈寧宮での花の鑑賞会の前夜。 順治帝の勧めで参加することになった董小宛は、着ていく服を選んでいた。 本当は順治帝から贈られた新しいものを着ていきたいが、他の后妃からの嫉妬を招かないよう質素な衣装に決めた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第28話 扣扣と婉児が罰を受け、その目の前で董小宛が見せしめのように歌わされているとの知らせを聞いた順治帝は激高し、慈寧宮へ向かおうとする。 ところが、洪承疇に諫められると彼は、態度を急変させる。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第29話 傷も癒えぬうちに掃除を始めた婉児を気遣う柳二雲は、その役目を代わってやると申し出て、婉児が去ったのを確認するや戸棚から小箱を取り出した。 その中には、皇太后が命じて董小宛に処方させた避妊薬があった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第30話 簡親王の領地から奴婢が脱走し、門番が殺された。 一報を聞いた簡親王の命令によりほとんどの奴婢は無残にも殺されたが、生き延びた男女がいた。 2人は父の幼なじみ・鄭徳海が雇われている洪承疇の屋敷を目指す。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第31話 門番を斬って逃亡した奴婢をかくまった罪でとらわれの身となった洪承疇の処遇を決める朝議が始まった。 順治帝は、「そもそも、奴婢が反乱を起こすところまで追い詰めた簡親王に落ち度はなかったのか」と問いただす。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第32話 三法撤廃を目論む順治帝と議政王大臣の対立は深刻だった。 妥協点を見出すべく大臣との話し合いに臨んだ皇太后は、「三法を廃止するのではなく、王公たちの特権を一部制限してはどうか」と提案するが…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第33話 第三皇子・玄燁の誕生日を祝う宴で、董小宛の贈り物は玄燁が望んだとおり唐詩を書写した本だった。 その文字が美しいと称えられた上、得意の歌を披露した小宛は、この宴のもう1人の主役だった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第34話 劉光才らによる董小宛への尋問はすでに6日目を迎えていたが、小宛は頑として毒本事件の犯人だと認めようとはしない。 一方、鐘粹宮の侍女や太監への取り調べを行っていた英格爾も手掛かりを掴めずにいた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第35話 毒本事件の取り調べから解放された董小宛は、皇太后に申し出たとおり廃妃とするよう順治帝に直訴した。 ところが、どんな理由を持ち出そうとも、全ては皇太后の差し金だと考える順治帝は納得しない。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第36話 董小宛を殺したいほど憎んでいるのは皇貴妃・霊珠と静妃・索爾娜だろうと英格爾が名を挙げると、小宛自身もその考えに同調した。 本に毒を塗った者は、この2人のどちらかに命じられたと考えて間違いなさそうだった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第37話 毒本事件を独自に捜査してきた董小宛は、柳二雲が下手人ではないかと目星を付けた。 だが、劉光才の信頼が厚い彼を犯人扱いすれば皇太后ににらまれてしまう。 そこで小宛は考え、ある提案をするが…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第38話 思いがけぬ懐妊だった。 しかし、本来は喜ぶべきこの出来事も、董小宛にとっては災いの種でしかなかった。 もし彼女が子供を産むようなことになれば、順治帝の立場が極めて危うくなってしまうからだ。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第39話 視察から戻った順治帝が挨拶に出向くと、皇太后はいつになく上機嫌な様子で迎える。 笑顔の彼女が蘇納に持ってこさせた物は黄旗の印章だった。 これを手にすることは、順治帝が「真の皇帝」となったことを意味する。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第40話 玲児が語った驚愕の事実が本当ならば、毒本事件の黒幕は皇太后だということになる。 自ら董小宛を尋問した皇太后が、と恐ろしい真相に震える賢妃。 その一方で、皇貴妃・霊珠は皇太后の知謀を称える。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第41話 皇太后の暗殺をたくらむ天地会は、皇宮に乗り込む準備を着々と進めていた。 宮中に潜む間者の存在があぶり出されつつある今、計画の要となる劉光才の正体が明らかとなるのは時間の問題と思われた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第42話 扣扣の兄が天地会の一員であると判明したため、董小宛が反清のたくらみを持って宮中に送り込まれた天地会の間者ではないかとの疑惑が浮上。 そんな中、順治帝はいずれ小宛の潔白が証明されるだろうと楽観視していた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第43話 劉光才は、天地会の間者ではないかと疑われていた董小宛と扣扣は潔白だと断言した。 皇太后の腹心の部下にして、陛下の命を受けて天地会に潜伏していた劉公公の証言に、異論を挟める者などいないと思われたが…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第44話 皇太后に認められた董小宛は後宮での地位を確立することができた。 霊珠は当然これが面白くなく、小宛に舞を披露させてはどうかと提案。 何か口実を見つけてこき下ろしてやろうという魂胆だった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第45話 舞踏大会の最中、華麗に舞っていた董小宛が突然意識を失った。 金侍医は、遅効性の毒が小宛の体をむしばんでいると診断。 毒が特定できないため的確な薬の処方ができず、順治帝は気を揉むばかりだった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第46話 昏睡状態から目覚めた董小宛は、彼女の名を呼びながら手厚い看病を続けていた順治帝への感謝を口にした。 小宛の命の危機が去り、毒衣を用いて小宛を亡き者にしようとした下手人を捕らえることが急務となった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第47話 順治帝は、妹にも簡親王の悪事を告発させるよう那岳に命じた。 彼の証言だけでは簡親王に反論される恐れがあるため、那琪の証言も不可欠だった。 だが、そのやり取りを意識が回復していた那琪が聞いてしまう。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第48話 「那琪に毒を仕込むよう指示したのは、簡親王・済度だ」と断言した順治帝は、居並ぶ后妃たちに視線を向けた。 すると皇后・多娜が、「何も話さない那琪を后妃たちが順番に説得してみてはどうか」と申し出た。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第49話 「毒蝶事件には索爾娜だけでなく霊珠も関与していた」と毒衣事件、毒本事件の真相を明かす賢妃の予想外の告白に、順治帝は呆れるしかない。 だが、賢妃と那琪の証言によって、簡親王と霊珠を成敗する準備は整った。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第50話 順治帝は皇貴妃の座に董小宛を据えようと考えていたが、皇太后からの思わぬ反対に遭う。 皇太后はトゥン佳氏か果珍が適当であると考えていた。 一方、果珍は次の皇貴妃には自分がなるのだと、並々ならぬ意欲を見せていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第51話 静妃・索爾娜と董小宛の接近は後宮を大きく揺るがせた。 蘭貴妃・果珍は小宛に警告を与え、順治帝は訪問の理由を問い詰める。 だが、索爾娜の態度に以前のような敵意を感じなかった小宛は、2人の言葉を受け流す。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第52話 董小宛は果珍の心の内が見えなかった。 果珍の純真さは誰もが認めるところで、小宛とは姉妹のような仲だ。 しかし、当の小宛は果珍のある失言をきっかけに、芽生えた彼女への疑心を抑え切れなくなっていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第53話 親友だと思っていた果珍に無実の罪をなすりつけられた董小宛は、彼女の本性を悟った。 自らの生命を危険にさらし、我が子を犠牲にしてまで打った果珍の大芝居を前に、小宛は無実を証明する難しさを痛感していた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第54話 自ら命を絶とうとした果珍だったが、最悪の事態は回避された。 昏睡状態から目覚めた彼女は、自分を傷つける董小宛やほかの妃嬪たちへの憤りを涙ながらに口にした。 順治帝は同情し、果珍を慰めるが…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第55話 董小宛の無実を証明するため話し合う英格爾たち。 果珍と馮侍医を結ぶ過去の繋がりは掴んだが、有力な証拠がなく、果珍に忠誠を誓った馮侍医や侍女の雲児を問い詰めて切り崩していくことも期待できそうになかった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第56話 董小宛の亡霊に次々と罪を暴かれ、果珍は恐れおののく。 しかし、正体は亡霊ではなく、自害をしたふりをした生きている小宛だった。 果珍がそれを見破ったのと同時に、法源寺の堂内に洪承疇たちが乗り込んできた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第57話 「お腹の子を犠牲にした時、辛かったでしょう」と董小宛は果珍に問いかけた。 さらに、冷宮送りとなっては死んだも同然だと半ば自暴自棄になっていた果珍に対し、董小宛は、行いを悔い改めて徳を積むようにと諭す。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第58話 董小宛は皇后をはじめとする妃嬪たちの訪問を受けていた。 お祝いの言葉を述べる彼女たちの様子からは、権謀術数に明け暮れ、とげとげしい空気に包まれていた頃の後宮の雰囲気はもはや感じ取れなかった。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 第59話 順治帝が天然痘に倒れ、余命2日だと診断された。 順治帝が隔離された西暖閣から現れた董小宛は、穏やかな表情で皇太后に最後の別れを告げ、再び陛下の元へと去る。 その凛とした後ろ姿に、后妃たちは心から敬服した。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 字幕アリ 韓流・アジアドラマ「皇貴妃の宮廷」のキャストと製作陣は? 出演: 清朝第3代皇帝・順治帝 ガオ・ユンシャン 出演: 董小苑 ホウ・モンヤオ 出演: 孝莊太后 アニタ・ユン 出演: 靈珠 シュー・チーウェン 出演: 索爾娜 シュー・シャオサー 出演: 果珍 リウ・ユエ 出演: 多娜 ミー・ルー 出演: 扣扣 ハン・ユエ 出演: 劉光才 マー・ジェ 出演: 英格爾 チー・ハン まとめ 『皇貴妃の宮廷』を観るなら、動画配信サービスのU-NEXTがおすすめです! 初回無料お試し30日間の期間内に 全話観て解約すれば月額料金はかかりません。 完全無料ではありませんが『皇貴妃の宮廷』を一番安く見るならU-NEXTがおすすめです。 紹介している作品の配信状況は、2019年11月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

次の

皇貴妃の宮廷|動画を日本語字幕で無料視聴する方法と配信まとめ1話~最終回|中国ドラマ|韓国ドラマおすすめ情報

皇貴妃の宮廷

清の最盛期を築いた第3代皇帝・順治帝と、満州族によって打ち立てられた清朝の宮廷に迎え入れられた漢民族出身の董小宛。 そんな身分も民族も違う2人が紡ぐ愛の物語を描いたを、チャンネル銀河では2017年6月より日本初放送する。 嫉妬と敵意、陰謀の渦に巻き込まれながらも、順治帝との愛を貫いた1人の女性の物語。 身分と民族の違いを超えた世紀の悲恋が、嫉妬と陰謀に染まる 17世紀の中国。 江南へ初めての視察に向かった清の第3代皇帝・順治帝は、そこで怡清園の人気歌妓である漢民族の娘・董小宛(とうしょうえん)と運命的な出会いを果たす。 次第に惹かれ合う2人。 ついに順治帝は董小宛を宮廷へと連れて帰ることを決意する。 しかし、当時の清は漢民族の女性が入宮することを禁じていたため、この順治帝の行動は宮中に大きな波紋を呼ぶことになった。 漢民族出身の女性として初めて入宮することになった董小宛 歌や踊りの才能はもちろん、知的で心優しい董小宛は順治帝からの寵愛を一身に受けていく。 しかし、誰よりも皇帝に愛される董小宛に対して、皇后・索爾娜(ソルナ)をはじめとした妃たちは嫉妬の炎を燃やし、彼女を宮中から追いやろうと様々な嫌がらせを仕掛けていく。 さらに、順治帝の母・皇太后からは、宮中に残るのであれば順治帝との間に決して子をもうけてはならないという理不尽な条件を付き付けられるのであった。 宮中で激化する妃たちの争い 宮廷内で次第に激化していく妃同士の諍い。 順治帝と董小宛、民族と身分を越えた2人の愛の行方は・・・。 清の最盛期を築いた賢帝・順治帝とは? 順治帝(在位1643~1661年)は、清の第3代皇帝。 父である第2代皇帝 ホンタイジの急逝後、わずか5歳で皇帝に即位した。 才能に溢れ、民族に分け隔てなく政に励んでいたことから名君と称される。 順治帝は15歳で親政を行うと、明の政治体制の継承や科挙制度による官僚登用などを実施。 さらに、宦官が政治に関わることを禁じ、歴代中国王朝の衰退の一因となっていた宦官の悪弊は以後無くなった。 しかし、愛妃が亡くなると、24歳という若さで天然痘にかかり、後を追うように急死した(一部では、死んだのではなく出家したとも言われている)。 廟号は 「世祖」。 通常は漢の 劉邦や唐の 李淵が「高祖」と称されるように、「祖」の文字は王朝の始祖あるいは再建者に贈られる廟号だが、順治帝は3代目であるにもかかわらず太祖 ヌルハチ(清の初代皇帝)に続いて贈られている。 2015年は、本作を含む7本のドラマに出演した華流界のイケメン俳優。 端正な顔立ちと、美しい辮髪(べんぱつ)姿に目が奪われる。 ヒロインの董小宛は、フレッシュな魅力あふれる若手美人女優 ホウ・モンヤオが演じている。 いくつもの困難に見舞われる悲劇のヒロインは、思わず応援せずにはいられない。 艶やかな衣装に身をつつみ、華麗な踊りを披露する姿にも注目だ。 そんななか、宮中ではある事件が。 皇后・索爾娜(ソルナ)が1人の太監を手ひどく罰し、その挙句に殺めてしまったのだ。 その知らせを聞いた順治帝はその死を悼み、遺族に見舞い金を届けるよう命じる。 その一方で、やりたい放題の皇后から権限を取り上げようと決意するのだった。 しかし、そんなめでたい席の裏側では、順治帝の子を身籠った敬妃・果珍(グオチェン)を狙う卑劣な罠が仕掛けられていた・・・。

次の