データの入力規則 複数選択。 入力規則・ドロップダウンリスト・入力制限|エクセル(excel)

入力規則の使い方:Excel基本講座

データの入力規則 複数選択

エクセルの入力規則「リスト」ってどんな機能? 住所録や商品一覧といったような表を作成する場合、いくつかの限られたデータを繰り返し入力する項目があります。 例えば、商品一覧であれば、「食品」「文具」「生活雑貨」・・・といったデータを入力する「分類」項目です。 こういった項目を入力するときに便利なのが「入力規則」機能の「リスト」です。 では、入力規則のリストを設定する方法についてご紹介します。 入力規則のリストが設定されているセルを選択すると、右側に矢印ボタンが表示され、このボタンをクリックすると、その項目に入力できるデータが一覧で表示されます。 その中から、入力したいデータをクリックすると、セルにデータが入力されます。 入力できるデータが一覧から入力したいデータをクリックすると、セルにデータが入力される これなら、同じデータを何度も入力する手間が省けますし、入力ミスも防げますね。 早速、ご覧頂いたサンプルを題材にして、設定する方法をご紹介しましょう。 <Index>• 「リスト」設定方法1. 入力するデータを準備する まずは、入力するデータを準備します。 ここで注意すべき点は2つ。 「基本的には」としたのは、ひと手間かければ、別なシート上のデータも利用できるからです。 この方法については別項で紹介することとして、ここでは、基本的な形をとります。 こういった行数、列数の変化の影響を受けないセル範囲にデータを入力しましょう。 下図のとおり、表の右下のセル範囲であれば影響を受けません。 上記の内容を踏まえて、データを入力します。 入力するデータの準備ができたら、入力規則を設定してみましょう! 「リスト」設定方法2. 「元の値」のボックス内をクリックしてから、入力するデータを準備したセル範囲を選択して「OK」ボタンをクリックします。 以上で、入力規則の設定は終了です。 設定したセルを選択して、動作を確認してみましょう。 これで、セルの右側に表示された矢印ボタンをクリックする手間も省くことができます。 ちなみに、一覧にないデータを入力しようとすると、次のようなエラーメッセージが表示されます。 このしくみによって、間違いのないデータ入力を実現できるわけです。

次の

エクセルで選択肢を複数選ぶ「入力規則」の使い方|動画解説付き

データの入力規則 複数選択

そもそも、どういうときに入力規則を使うの? 入力規則は、勝手な入力をしてほしくないとき、入力ミスをしたくないとき、入力をラクにしたいときなどに適しています。 特に、複数人でエクセルの作業をしていると、みんな自由に入力してきます。 そして管理が大変になります。 そこで、あらかじめ入力のルールを決めておくことで、エクセルの管理がしやすくなります。 ノーマルな入力規則のやり方 まず、ノーマルなやり方を紹介します。 入力規則に使いたいリスト一覧を用意します。 入力規則を適用するセルの範囲を選択します。 エクセルのメニューにある「データ」をクリックし、データのメニューにある「入力規則」をクリックします。 もう1回、「入力規則」をクリックします。 条件の設定で「すべての値」となっている項目を「リスト」に変更します。 元の値で、入力の候補になるリスト一覧の項目をすべて選択します。 「OK」をクリックします。 リストから選択できる入力規則が完成しました。 スマートな入力規則のやり方 次に、スマートなやり方を紹介します。 今回は、入力規則に使いたいリスト一覧は用意しません。 条件の設定で「すべての値」となっている項目を「リスト」に変更するまでは、「ノーマルな入力規則のやり方」と同じです。 元の値に、リストの項目をカンマ(,)区切りで入力します。 (今回の例では「テレアポ済み,初回訪問済み,口頭合意済み,契約送付済み,契約締結済み」) 「OK」をクリックします。 リストから選択できる入力規則が完成しました。 こちらのやり方のほうが、リスト一覧のスペースを用意しなくても良いので、スマートに入力規則を設定することができます。 入力規則を解除する方法 最後に、入力規則を解除する方法を紹介します。 解除したい入力規則の範囲を選択します。 データの入力規則を開き、「すべてクリア」をクリックします。 「OK」をクリックします。 入力規則の解除ができました。 入力規則が気に入らなかったら、このやり方で解除してください。 以上、リストから選択できるようにする入力規則の紹介でした。 複数人でエクセルの作業をする方は、マストで覚えておいたほうが良いと思います! お付き合い頂き、ありがとうございました! 何かあれば、やまで。 #エクセルについて勉強したい方は、以下の本がわかりやすくてオススメです!.

次の

ドロップダウンリストから選択して入力する:Excelの基本操作

データの入力規則 複数選択

ドロップダウンリストから選択して入力する:Excelの基本操作• ドロップダウンリストから選択して入力する スポンサードリンク• このページでは入力規則という機能を使ってドロップダウンリスト プルダウンリスト を作成する方法を説明します。 あらかじめ設定したリストから選択して入力しますので、リスト外のデータの入力を制限したり、入力時の間違い 誤変換など を防ぐことが可能になります。 シートに入力したデータをリストにする方法• ドロップダウンリスト プルダウンリスト に表示するデータをあらかじめ入力します。 ここでは。 シート2のB2:B9セルに入力しました。 リストからデータを入力するセルを選択します。 入力規則を設定するセルを選択します。 ここでは、シート1のB2セルを選択しています。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。 [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。 元の値にリストに表示する値のセル範囲を指定します。 元の値の欄にカーソルを表示して、Sheet2の B2:B9をマウスで選択すると、下図のように元の値に、Sheet2! リストの元の値は、区切り文字で区切られたリストか、単一の行、単一の列の参照である必要があります。 そうでない場合は下図のような警告が表示されます。 マウスで選択すると入力されます。 ちなみに、このダイアログボックスでマウスで別シートの範囲を指定できるようになったのは、Excel2010からです。 Excel2007ではSheet2! Excel20013以前では別シートの範囲を元の値に使うには INDIRECT関数や名前の定義などを使う必要がありました。 リストにするデータを直接指定する方法• リストからデータを入力するセルを選択します。 入力規則を設定するセルを選択します。 ここでは、シート1のB2セルを選択しています。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。 [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。 元の値にリストに表示する値を入力します。 福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県 のように、 カンマ , 区切りで入力します。 マウスで選択すると入力されます。 前項ではリストとして利用するデータのセルを参照しました。 参照するセル範囲に名前を定義すると、入力規則の設定の可読性が上がると思います。 リストにするデータに増減がないケースでは便利です。 増減がある場合は次項のテーブルを利用します。 定義された名前を使ったプルダウンリストでは、定義したセル範囲の中に空白 空欄 がないことに注意してください。 範囲の中に空欄のセルがある場合、リスト以外の値を入力できてしまいます。 詳細は のC項をご覧ください。 リストの範囲を選択して、[数式]タブの定義された名前グループの[選択範囲から作成]を実行します。 データ範囲の先頭行には定義する名前「九州」を入力してあります。 「上端行」にチェックが入っているのを確認して、[OK]ボタンをクリックします。 入力規則を設定するセルを選択して、[データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則のダイアログで入力値の種類を「リスト」とします。 マウスで選択すると入力されます。 リストの元の値にテーブルを指定すると、データの増減によって自動でリストの範囲を伸ばしたり、縮めたりすることができます。 ここでは、ちょっと面倒に思われるかもしれませんが、複数列のテーブルを使って、その1つの列をドロップダウンリスト プルダウンリスト に表示します。 テーブルに変換したのちに、テーブルの一部に名前を付ける方法もありますが、あえてここではINDIRECT関数 + 構造化参照を使う方法で説明しています。 なお、ドロップダウンリストに空白行が表示されるのが気になる方は をご覧ください。 ドロップダウンリストに使用するテーブルを作成します。 テーブルにするデータ範囲を選択して、[挿入]タブの[テーブル]を実行します。 「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。 徳島は四国ですね・・・入力間違いです。 テーブルが作成できました。 テーブルの名前は テーブル内のセルを選択すると、テーブルツール リボンが表示されます。 [デザイン]タブのプロパティ グループのテーブル名に表示されています。 なお、テーブルの名前を変更したいときは、このインプットボックスで編集することができます。 入力規則のドロップダウンリストにテーブルを設定する• 入力規則を設定するセルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。 入力の種類で「リスト」を選択します。 テーブルの名前は "" でくくり、列見出しは[ ] でくくって指定します。 テーブルの列の要素がドロップダウンリスト プルダウンリスト に表示されました。 テーブルにデータを追加すると、ドロップダウンリスト プルダウンリスト にも追加されたデータが表示されます。 ドロップダウンリスト プルダウンリスト と異なる値を入力すると、下図のようなエラーメッセージが表示されて、入力ができません。 ここでは、リストから選択する値と異なる値を入力できるようにしたい場合の設定例を説明します。 このエラーメッセージを出さなくするには、データの入力規則のダイアログボックスで[エラーメッセージ]タブを選択します。 「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」のチェックを外します。 データの入力規則のダイアログボックスで[エラーメッセージ]タブを選択します。 スタイルで「注意」または「情報」を選択します。 ここでは、エラーメッセージに「リスト以外の値が入力されます。 」と入力しました。 「はい」をクリックするとリスト以外の値を入力することができます。 リスト範囲に名前を使う方法で入力規則を設定するとき、そのリスト内に空白のセルを含んでいるとリスト以外の値が入力できます。 九州と名前を定義しているセル範囲は B2:B10ですが、B10セルは空欄のままになっています。 「空白を無視する」のチェックが入っているのを確認します。 この場合は、「空白を無視する」のチェックを外すと、リスト以外の値は入力できなくなります。

次の