たま アリ キャパ。 さいたまスーパーアリーナ 座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすい席ってどこなの?

毎日ゴールデンボンバー!:たまアリについて

たま アリ キャパ

アリーナ席配置の一例。 アリーナ席はブロック分けされており、ブロックごとの通し番号となる。 固定座席でないため一定の配置がないので、上の座席表はあくまで一例と考えて欲しい。 公演によってはアルファベットがEまでではなくDまでしかなかったりするなど、変則的になることはあるが、だいたいこのパターンの変形の域を出ないようである。 つまり、1〜12番が1列目、13〜24番が2列目…という具合になる。 自分が何列目くらいになるのかの参考にして欲しい。 ただし、1列を10席で折り返すパターンも散見され、東京ドームや日本武道館ほどは確定的な配置というものはない。 4連番でチケットを取った場合、普通は横並びで確保されるはずだからである。 その場合はアリーナ全体を通して番号が振られるため、最前列が1列で最後列は60列前後になり、一番左が1番で一番右は70〜80番前後になる。 例があまりないので、座席表などは割愛する。 これは、会場の全体図に扉番号だけを書き入れたものである。 扉番号の百の位がその席のレベルを表している。 すなわち、2xx扉なら200レベル、3xx扉なら300レベルという具合である。 扉番号を大まかに把握できれば、公式サイトにステージ位置が書かれていない場合でもステージ位置が推測しやすい。 たとえばエンドステージ2ならばステージ裏になるはずの221〜224扉あたりの席がヤフオク等に出回っているにも関わらず232〜239扉あたりの席がまったく見つからなければ、おそらくエンドステージ1だろう、と考えることができる。 これをふまえて、以下で各レベルについて注意点を挙げる。 4 200レベル いわゆる1階スタンド席である。 同じ200レベルでも、座席図を見れば分かると思うが前と後ろではずいぶん眺めが違う。 席をあらかじめ確認しておかないと、会場に入ってから愕然とすることになりかねない。 注意しておいてほしい。 また、200レベルの最前列は アリーナとは階段1段分しか差がないので、背が低いと座ったままではステージが見にくい可能性がある。 ちなみに最後列は32列(ただし、会場の隅の部分など、曲がっているあたりはもっと少ない)。 200レベル下手後方からみたステージ。 だいたい219扉あたりの位置 ちなみに、公式サイトの座席表では、200レベル1列とアリーナ席との間にアルファベットのA〜H列が存在しているが、実際のコンサートでこの列が使われることはほとんどない。 5 300レベル (スイートレベル) 200レベルと400レベルの間に少しだけあるバルコニー席が300レベルである。 ここはバルコニー状になっており、3列しかない。 入れば分かるが、 他のほとんどの席と明らかに待遇が違う。 おそらくスポーツなどの時は値段が違うのだろうが、コンサートでは全て値段が同じなのでちょっと納得行かない。 ここは全て座ったままステージを見られるので、ゆっくり見たい人にとってはかなり良い席である。 また、ここは通常ステージ正面になるので、距離はあるが全体を見渡すことができる。 なので、ステージからの距離は最も遠い。 単に近くで見たいだけならば悪い席だろう。 400レベル下手後方から見たステージ。 このエリアは、中央の一番深いところで24列まである。 しかし壁面の湾曲が激しいので、両端の一番浅いところだと10列もなかったりするので注意。 ii 403-407扉・432-436扉(及び414-425扉) 席番号でいうと94〜171番・703〜780番(及び313〜561番)が該当する。 ここは300レベルと同様のVIP席であり、このエリアはすべて5列しかないため、ゆっくり見るには非常に良い席である。 ただし300レベルと同様、ステージからの距離は最も遠い。 なお、414-425扉(313〜561番)をカッコ書きとしているのは、エンドステージ2ではステージの後ろにあたり開放されないためである。 上段が500レベル。 下に見えるのは400レベル。 8 400レベル潰し 特にフェスに多いが、アリーナをスタンディングにする場合など、400レベルを使わない場合は天井を下げて400レベルそのものがないように見せる場合がある。 これだと一見空席がないように見えるし、天井が低いのでアリーナ級の大会場にもかかわらずほどよい圧迫感で楽しめる。 また、単純に客の入りが非常に悪い場合に400レベルを潰す場合もある。 アリーナに座席があるのに400レベルが潰されていたら、相当チケットが売れなかったんだと想像できてしまう。 初めて見た公演がこの状態だと違和感がないかもしれないが、通常時と比較すると違いは明らかである。

次の

さいたまスーパーアリーナ 座席解説

たま アリ キャパ

もくじ 1. アクセス さいたまスーパーアリーナの最寄り駅は さいたま新都心駅である。 使える路線は高崎線、宇都宮線、京浜東北線の三路線。 東京・神奈川方面から来る場合、 上野東京ラインが使えるので非常に便利。 埼京線は通っていないが、 北与野駅からなら歩ける距離である。 乗車時間は26分だが、乗り換えに手間取るともっとかかる。 乗車時間22分。 これが一番楽かも。 所要時間2分。 また、北与野駅を使う場合は下記の通り。 乗り換え無しなので楽だが、駅からちょっと歩く。 山手線の左半分から行くならこちらの方法も選択肢に入れてよいだろう。 というか隣の駅。 大宮からならわざわざ埼京線をつかわなくても、京浜東北線でさいたま新都心駅に向かえばよいだろう。 どの方法を使うにしても、乗り換えは事前に確認しておくほうがよいだろう。 さいたま新都心駅についたら、出口はひとつしかない。 出口を出て左手に歩けば、すぐ会場なので迷うことはないだろう。 車で行く場合は駐車場があるようだ。 詳しくは会場に問い合わせてほしい。 買い物 スーパーアリーナの前に広がるけやきひろばの手前にコンビニとロイヤルホストがある。 また、1階部分に降りればローソンがあるので食料が買えるし、軽食程度なら食べることもできる。 詳細はを参照してほしい。 また、さいたま新都心駅を出て会場と反対の右側に出ればという巨大ショッピングモールがあるので、買い物や時間つぶしに困ることはまずない。 それ以外にもデニーズやマクドナルドもある。 また、居酒屋も5時には開くので、開演が遅いコンサートであれば一杯飲んでから参加することもできるだろう。 会場解説(概説) この会場には大きな特徴が二つある。 一つは、座席の階層の呼び名が特殊で 「階」ではなく「レベル」と呼ぶということである。 アリーナは分かると思うが、 いわゆる1階スタンド席が200レベルとなり、その上が300レベル、400レベル、500レベルと続く。 ちょっと変わっているので慣れないとなんだかよく分からないかもしれない。 もう一つは スタンド席が可動式だということである。 スタンド席を移動させることにより、3万人以上を収容できるスタジアムモード、1〜2万人程度のアリーナモード、アリーナモードを区切って6千人ほどを収容するホールモードの3つのモードを使い分けることができる。 ほとんどのコンサートはアリーナモードで行われるが、人気アーティストの公演だとスタジアムモードが使われる場合もある。 なお、ホールモードのコンサートは過去にもほとんど例がないので、本ページでは言及しない。 どのモードを使うかはのスケジュールに出ているので、座席を調べる前提知識として確認しておく必要がある。 前述のにステージ位置まで書いてあれば確実なのだが、書かれていないことも多いので、その場合はヤフオク等に出回っているチケットから判断するしかない。 なお、アリーナモードの場合は 「エンドステージ2」が、スタジアムモードの場合は 「エンドステージ1」がよく使われる。 以下は各パターンのだいたいのステージ位置である。 ただ、開演時間が迫ると、チケットの記載に関係なく 全席Aゲートからの入場になることがあるので、注意してほしい。 その場合、逆サイドの席だと 席までたどり着くのに10分くらいかかることもざらなので、特にこの会場ではあまりギリギリに会場に入るのはよくない。 また、Aゲートは200レベルの高さにあるので、それ以外のレベルだと階段の乗降が必要だが、これもまた時間がかかる要因のひとつになる。 関東近郊のアリーナクラスの会場では入り口から座席まで最も時間が掛かる会場だと思う。 入り口から最も遠い席だと東京ドームより時間がかかることもある。 アリーナモード 座席解説 以下、アリーナモードとスタジアムモードに分けて座席を解説する。 その他情報 1 会場内での食事 持ち込みが可能なので、中で買うべきではない。 ただ、ペットボトルが持ち込めない時がある(特にアリーナレベル)ので、パック飲料にしておいたほうが良いかもしれない。 会場内に自販機はないが、売店が通路の各所に設置されている。 しかしもの凄く高いうえ、開演してしばらくすると閉まってしまうので、中での買い物をあてにするのはあまりおすすめしない。 売店は、キヨスク的な店だけでなく、ロッテリアやケンタッキーも入っている。 ただし必ず営業しているとは限らないのでご注意いただきたい。 開演前のトイレは間違いなくこうなる。 5 コインロッカー 会場内およびけやきひろばに若干の数(各数十個)があるが、キャパに比べれば極端に少ない。 持ち込むにも座席間隔が比較的狭い会場なので、大きい荷物はできるだけ持ってこないほうがよいだろう。 駅のコインロッカーについてはが詳しいので参考にしていただきたい。 終演後 さいたまアリーナは規制退場になることはめったにない。 座席ごとにそれぞれ出口に向かって欲しい。 1 アリーナ席 出口は後方の左右に一つずつ設けられる。 早めに出ないと詰まってしまうだろう。 なお、200レベルとの間の柵を外し、200レベルの座席を経由して外に出られる場合もある。 この場合、 207扉(開いてなければ208扉)から出るともっとも出口に近いので楽である。 2 200・300レベル 通路を通ってAゲートかBゲートから出ることになるだろう。 通路が比較的広いので、それほどは混まないと思う。 3 400・500レベル 出口はNゲートがメインになるが、会場内通路・出口を出てからの外の通路共に非常に狭い。 ここはどうしようもないので、ゆっくり出るしかないだろう。

次の

たまアリ△タウン ー キテ、ミテ、ジッカン

たま アリ キャパ

でもな〜、たまアリはアリーナと言いつつ、キャパ37,000人だしな…と思ってたんです。 席によっては米粒神起だなぁと。 でもでもなんと、噂によると たまアリには 「メインアリーナモード」と「スタジアムモード」があるそうな。 なんでもこの使い分けによってキャパも大幅に違うようなのです。 たまアリ公式サイトにて、2018年9月のイベントスケジュールで東方神起ライブを確認しました。 確かに! 確かに! saitama-arena. ) アリーナモードとスタジアムモードってどう違うの? っていう疑問が出ますね。 これまた、たまアリ公式サイトに端的に表した絵がありましたよ。 saitama-arena. いやだ! たまアリって キャパ 37,000人だ~って恐れていたんですが、それはどうやら「スタジアムモード」での最大収容人数のことで、 「アリーナモード」の場合、ステージにもよりますが、キャパは約12,500人から最大でも22,000人らしいのです!! saitama-arena. 米粒神起が豆粒神起くらいの違いがありますよ!! ステージがどんなものになるのか分かりませんが、バクステもあるでしょうし~! これは本当にたまアリも近くで二人を拝める可能性が出てきましたね。 …だから、なんだ?! こんなことばっか調べてないで、まだまだ手にしてないチケット、ヤフチケプラス申し込んでしまわねば~!!

次の