ライバロリ ルカリオ 育成論。 S13使用構築 [最高最終2106 ・ 34位] †命中安定カバルカバンギラスタン†

【ポケモン剣盾】ルカリオの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ライバロリ ルカリオ 育成論

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 正統派のかくとうアタッカー ルカリオは高めの攻撃種族値とタイプ一致技が強力なポケモン。 攻撃技が豊富で、 ゴーストタイプ相手にも十分戦えるのが魅力。 持ち物は、攻撃チャンスを増せるきあいのタスキかこだわりスカーフがおすすめ。 型の豊富さが利点 ルカリオは物理型か特殊型かどうか読まれにくく、ステータスの高さで受けるのが難しい。 さらにどちらの型であっても積み技と先制技を持ち、タイプ一致技も強力なので 器用に立ち回ることができる。 ダイマックス時が特に強力 種族値的には特攻が高いが、 物理型はダイナックルによる攻撃上昇と技範囲の広さが利点。 スカーフの技固定解除もできるため、ダイマックスと相性が良い型となっている。 速いポケモンで先制攻撃 ルカリオの素早さ種族値は90と速くもなく遅くもない数値。 より速いポケモンで先制して弱点技を使えば倒しやすい。 耐久ポケモンで受けるのは危険 ドヒドイデなどはタイプ相性的には有利だが、剣舞からの雷パンチには弱い。 サブウェポンの範囲が広いので、技が読めないうちに耐久ポケモンを出すのは危険だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモンUSUM】「メガルカリオ」とかいう何故かいつも環境に居座る人気ポケモン コメットパンチ習得で使用者増

ライバロリ ルカリオ 育成論

ページ:• 投稿者:ココ太• コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:NANA• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:みね• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:NANA• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:ろん• コメント 3 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:クスィー• コメント 38 みんなの評価 :• 投稿者:のらりくらり• コメント 24 みんなの評価 :• 投稿者:初代&龍好き45LDK• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:Noris. Gucci• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:あおいぬ• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:Swamprom• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:Swamprom• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:信長記• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:chpy• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:あかあお• コメント 21 みんなの評価 :.

次の

【育成論】メガルカリオがかっこいいので使い方を考える|ポケモニア

ライバロリ ルカリオ 育成論

覚えるタイプの技は幅広く、相手をしたいタイプに合わせて技を選ぶ事ができます。 被ダメージの2倍のダメージを返すため、ほとんどのポケモンを倒すことができる。 タスキで確実に耐えつつ攻撃を上げられる。 高い素早さのおかげで能力上昇後も動きやすい。 炎タイプや飛行タイプに対する岩技。 ダイマックス時に起こす砂嵐でダメージを受けないため、タイミング問わず使いやすい。 覚える技のタイプは少ないものの、自身のタイプと同じ技は威力が高いものを覚えることができるため、アタッカーとして十分戦うことができます。 きあいのタスキのおかげで安定して放ちやすい。 物理アタッカーに対して放てる技。 被ダメージの2倍のダメージを返すため、ほとんどのポケモンを倒すことができる。 あくのはどうよりも使うタイミングは少ないが、ダイサイコで展開できるサイコフィールドが素早さの高いタスキ持ちのルカリオと相性は悪くないため選択肢として。 高火力の特殊鋼技。 使用後にHPの半分を失うため、使うタイミングに注意が必要。 ルカリオの役割と立ち回り 攻撃と特攻がどちらも高いアタッカー 「ルカリオ」は攻撃と特攻のどちらも高い高速アタッカーのポケモンです。 物理アタッカーにした場合でも特殊アタッカーにした場合でも、それぞれに対応した先制技を覚えたり、威力が高い自身と同じタイプの技を覚えることができたりできるため、非常に使いやすいポケモンです。 耐久は低めのため注意 「ルカリオ」は、鋼タイプを持つ事によって半減で受けることができるタイプは多いものの、種族値として防御や特防はそれほど高くないため、耐久力はそれほどありません。 ルカリオの対策 有利なタイプのポケモンで戦う 「ルカリオ」は耐久はそれほど高くないため、弱点のタイプで攻撃することで一気に倒すことができます。 ルカリオの技を安定して受ける事ができるポケモンであれば、倒すのに苦戦することは少ないです。 ルカリオは物理アタッカーとして育てられていることが多いため、物理受けとして育てているポケモンだと対応しやすい場合が多いです。

次の