胃腸 炎 食べ て いい もの。 胃腸炎でもアイスを食べてもいい?食事いつから気にしないべき?

胃腸炎の食事!何日目から普通の食事にしていい?

胃腸 炎 食べ て いい もの

胃腸炎は何日くらいで治る? 急性胃腸炎は激しい症状から始まり徐々に回復していくので、一番しんどいのは初日ですよね。 1日~2日経っても嘔吐や激しい吐き気がおさまらない場合は病院へ行ってください。 診療科は内科、胃腸科、消化器内科に行きましょう。 そして順調に回復すれば、1週間程度で良くなります。 このころになると症状がほとんど無くなって治ったと思いがちですが、 実は完治には数週間~1か月程度かかります。 完治というのは胃腸炎で受けた損傷をもとの健康な状態に戻す事をいいます。 症状がなくなってもまだ胃腸が荒れていたり、弱っていたりする場合があるので、しばらくは食事に気を使う必要があります。 とはいえ神経質になる必要はなくて、病み上がりだからと思って身体にやさしい食べ物を食べてあげるだけで十分です。 胃腸炎の初期は水分補給が大事! まず症状がきつい状態で吐き気や嘔吐がある場合は、食事を控えてスポーツドリンクなど吸収の良い飲み物で脱水症状にならないよう水分補給しましょう。 脱水症状は身体から2%の水分がなくなったら、症状おきるとされています。 まず身体の6割は水分なので、体重が60kgのヒトなら、36kgが水分になります。 36kgの2%は720gですから、720mlで脱水症状がでてくる計算になります。 1時間にかく汗は500mlほどですので、水分をとらないとすぐに軽度の脱水症状がでてくるわけです。 軽度脱水 めまい・ふらつき、口が乾く 中等度脱水 頭痛や吐き気、嘔吐する場合もあり 重度脱水 意識消失、けいれん またヒトは食事からは1日1㍑の水分をとっていますから、ご飯が食べれない胃腸炎の初期症状のときは、しっかりスポーツドリンクなどで、水分をとってあげましょう。 水分と同時にミネラルも摂取しないといけない 体内の水分量は、微量のミネラルと釣り合うように調整されています。 ミネラルが少ない状態では、いくら水を飲んでも身体のなかに染み込んでいかないのです。 ですからミネラルと水分を同時に取り込まないといけません。 このため食事で十分にミネラルがとれていない胃腸炎の状態では、水やお茶は水分摂取にならないのです。 このためスポーツドリンクなどミネラルが多く含まれているものをオススメします。 ふつうの食事は胃腸炎がおちついて1週間が目安 一般的には3食バランスの取れたメニューでしたら、症状が落ちついてきた1週間後から食べてもいいでしょう。 これらの吐き気や嘔吐がおさまってきたら、今度は体力をつけて胃腸の回復を手伝ってあげる必要があげましょう。 幸い症状が少し楽になったという人は、胃腸にやさしい食事療法へと進みましょう。 おすすめレシピを解説していきます。 まずはなにを食べるのがオススメ? おかゆ 果物でもバナナは胃腸に優しく、ヨーグルトは腸の調子を整える作用があるといいます。 発症から数日たって落ち着いてきているなら、デザートとして食べてみましょう。 まとめ 一般的な胃腸炎と日数の目安 ・1~2日 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などの激しい症状 食事はとらず、経口補水液(OS1等)で脱水症状にならないよう水分補給をする。 ・2~5日 嘔吐や吐き気、腹痛がマシになってくる お粥や七草粥、スープなど、食べやすいものから食べていく。 ・4日~7日 嘔吐は治り、吐き気、腹痛もマシになってくる。 下痢も回数が減ってくる。 鳥雑炊、お鍋、胃腸に優しい料理やデザートなら色々食べる事が出来る。 ・5日~数週間 症状がなくなり、いわゆる病み上がりの状態。 消化の悪いもの、胃に刺激になるもの以外なら食べる事が出来る。 (NG:脂っこいもの、辛いもの) 胃腸の調子が気になる方は自宅で簡単に検査してみよう 胃腸炎はウィルスや細菌感染でおこりますけど、胃ガンの原因の1つなのは存知でしょうか? とくにピロリ菌は胃がんを起こすことが分かっていて、検査をして除菌をすればガンの発症を抑えることができるのです。 胃腸の調子が悪いひとは1度検査で調べておきましょう。 もしかしたらピロリ菌が原因かもしれません。 今は郵送で尿と血液を送るだけで簡単に調べることもできます。 オススメはこちらのです。 これだけでピロリ菌の有無が分かってしまいます。 当たり前ですが、病気は治すより予防する方が簡単で楽なのです。 これを機会に1度調べれみてはいかがでしょうか。

次の

胃腸炎でもアイスを食べてもいい?食事いつから気にしないべき?

胃腸 炎 食べ て いい もの

消化にいいものですか。 風邪のときに食べるようなものでいいのではないでしょうか。 まず炭水化物ですが、これは基本的に大丈夫だと思います。 できればおかゆやうどんなどやわらかくなっているものがいいのではないでしょうか。 次にたんぱく質はやわらかく調理したものにしましょう。 質問者様のように油でいためたりせず、煮物がいいのではないかと思います。 肉は煮てもあまりやわらかくならないので避けていますが・・・ 野菜は食物繊維が少ないものをやわらかく調理しましょう。 かぼちゃの煮物とか、、、サラダのように生で食べるのはお勧めできません。 ごぼうみたいに繊維繊維しているものも。 脂質はなるべくとらないほうがいいです。 牛乳は消化がよくないのでとらないほうがいいですね。 以上私が風邪をひいているときに気をつけることでしたが・・・けっきょくどうなんでしょうね!? A ベストアンサー 食後直ぐにお風呂に入るのは胃に負担をかけるので、出来れば1時間半ほど経ってからお風呂に入るようにすると良いですよ。 また、食後は右側に体を少し傾けてソファー等に腰掛けていると胃もたれを防ぐ効果があると以前スポーツ選手がテレビでおっしゃってました。 加熱した方が消化には良いです。 ただし、加熱しすぎると逆に消化に悪くなりますので、その点は注意が必要です。 加熱によって焦げた部分も消化に悪いです。 人によっては胃腸を労わる目的で、生ものを一切口にしないという人も世の中にはいらっしゃるようですよ。 果物も野菜も一切生では口にしないそうです。 ジャム等は加熱してあるので食べるそうですが…。 食後直ぐにお風呂に入るのは胃に負担をかけるので、出来れば1時間半ほど経ってからお風呂に入るようにすると良いですよ。 また、食後は右側に体を少し傾けてソファー等に腰掛けていると胃もたれを防ぐ効果があると以前スポーツ選手がテレビでおっしゃってました。 消化に悪い食物は例えば、 ナッツ類 油分と食物繊維が豊富なため 塩こぶ、昆布の佃煮、おぼろ昆布、とろろ昆布 酒かす セロリ ゴボウ 不溶性食物繊維が豊富なため タケノコ 不溶性食物繊維が豊富なため キノコ類 玄米 刺激の強い食べ... ならないと思いますが、かまないと顎が弱くなるかも知れません。 本当ですが、納豆にすれば消化もよく下記のような栄養分を摂ることができます。 ネギかブロッコリーを同時に食べると、必要な栄養分をすべて摂れるようです。 nattou. nattou. ynest. nattou. html Q ここ3~4ヶ月前から体調が悪いです。 特にこの1ヶ月程は、家でも常に気分が悪く、外に出ることもあまりできません。 週に1度か2度は多少良い日もあるのですが、次の日にはまた胃が気持ち悪い感じに・・・を繰り返しています。 ただ、食べてもないのにゲップが出る・胃がもたれている感じがあり、常にムカムカしています。 例えるなら車で酔ったような感じが常に続いているような。 食欲はありませんが無理して食べています。 今までどんなに気分がわるくても吐いたことはありません。 胃痛もありません。 先週胃腸科へ行きお薬をもらったのですが治りません。 胃カメラを飲もうと思うんですが常に気分が悪いので病院にも行けない現状です。 これは精神的なものもあるのでしょうか? 一度心療科も行ってみようと思うのですが・・・ 以前から緊張したり外出したりすると気分がわるくなったりはあったので精神的なものだったと思うのですが、今回は家の中でもずっと しかも長期間 気分が悪いので・・・ 半年近く休職していて、体調が良くならないので再就職もできない状態です。 ただ実家なので別に今すぐ就職しなくては!という強いストレスはなく、今は家でゴロゴロしています。 どこかで多少焦っているのかもしれませんが・・・ ・常に胃がムカムカもたれた感じ ・食べてもないのにゲップが出る ・食べても食べなくても気持ちが悪い ・胃に不快感 ・動くと胃にくる ・常に車酔いのような気分の悪さ ・胃痛はない ・吐き気はするが、オエッとなったり 嘔吐はしたことはない ・腹痛・下痢はない 上の症状で当てはまる病気はが考えられますか? それとも精神的なものでしょうか。 何か漢方など効く薬はありませんか? ここ3~4ヶ月前から体調が悪いです。 特にこの1ヶ月程は、家でも常に気分が悪く、外に出ることもあまりできません。 週に1度か2度は多少良い日もあるのですが、次の日にはまた胃が気持ち悪い感じに・・・を繰り返しています。 ただ、食べてもないのにゲップが出る・胃がもたれている感じがあり、常にムカムカしています。 例えるなら車で酔ったような感じが常に続いているような。 食欲はありませんが無理して食べています。 今までどんなに気分がわるくても吐いたことはありません。 胃痛もありません。 A ベストアンサー 私は大学生なのですが、 春休みに、同様の症状で悩んでいました。 私の場合は、膨満感とゲップ、軽い胃痛、 あと、吐き気はないのに何故かオエッとなる、 といった症状でした。 内科に通い、胃薬を処方して頂いていたのですが、 3週間を過ぎた当りで、内科の先生に、 「これはもう胃が原因じゃないですよ。 一度心療内科に行ってみて下さい。 」 と言われました。 結果は、自律神経失調症でした。 強いストレスや暴飲暴食などが原因となったのではなく、 長い春休み、毎日規則正しい生活をしていたとはいえ、家の中でゴロゴロしていたために、体内リズムが崩れたのだろうということでした。 友人と楽しく話したりしている時は、症状が軽くなったりしませんか? 私の場合は、1人でいる時に症状が酷かったので、やはり精神的なものだったのだと思います。 レキソタン(安定剤)とツムラの小柴胡湯(漢方)を処方され、後者は今も飲み続けています。 ツムラの小柴胡湯は私の母も暫く飲んでいたことがあったそうで、 胃腸に問題があった時、まず始めに処方されることが多いようです。 あくまでも私の経験談に過ぎませんので、まずはきちんと病院に行かれることをオススメします。 何かご参考になれば幸いです。 私は大学生なのですが、 春休みに、同様の症状で悩んでいました。 私の場合は、膨満感とゲップ、軽い胃痛、 あと、吐き気はないのに何故かオエッとなる、 といった症状でした。 内科に通い、胃薬を処方して頂いていたのですが、 3週間を過ぎた当りで、内科の先生に、 「これはもう胃が原因じゃないですよ。 一度心療内科に行ってみて下さい。 」 と言われました。 結果は、自律神経失調症でした。 強いストレスや暴飲暴食などが原因となったのではなく、 長い春休み、毎日規則正しい生活をしてい... A ベストアンサー 肉類は、赤身の部位が消化が良いです。 ひき肉にしてあれば更によいですね。 ハンバーグ、ミートローフ、肉団子、そぼろ、シュウマイ等。 お野菜と組み合わせて、大根とひき肉の煮物とか、肉野菜いため、マッシュポテトとミートソースを重ねてグラタン。 主食と一体でという事でしたら、おうどんにひき肉餡をかけたジャージャー麺ですとか、ミートソーススパゲティ、肉あんかけチャーハン。 鶏肉を使うなら皮と脂身は取り除く。 サッと焼いた肉よりも、よく煮込んだものが消化がいいです。 牛筋の煮込み、肉じゃが、カレーやシチュー、ポトフなどの煮込み料理。 卵を使った料理もいいですね。 茶碗蒸し、ひき肉いりオムレツ、卵焼き、カニ玉とか。 一緒に使う食材も大切で、大根や長芋には消化酵素が含まれますので、消化を促進します。 梅干はクエン酸で消化促進、元気を回復します。 この3つは積極的にメニューに取り入れてください。 肉を大根おろしと一緒に煮込むみぞれ煮とか、茹で肉と梅肉・おろしを和えて出すとか、サイドメニューに使うなど。 汁物に梅干をいれてもおいしいですよ。 多くの野菜は、よく煮込めば消化は良いです。 豆腐や納豆などを取り入れるのもいいですね。 豆腐の肉巻き、肉豆腐、麻婆豆腐 辛さは控えめに。 ごぼう、タケノコ、キノコ等繊維の多いものは消化が悪いですが、一切食べないのも健康に悪いので、 そういうものを使う時は、繊維を断ち切るように切ったり、みじん切りにして使います。 野菜たっぷりのポタージュスープなんかいいですね。 疲れているとついアルコールが過ぎる方もいらっしゃいますが、アルコールやカフェイン、炭酸飲料は控えて頂きましょう。 味付けは薄めに。 極度に辛い、しょっぱい、冷たい、熱いものは消化に悪いです。 肉類は、赤身の部位が消化が良いです。 ひき肉にしてあれば更によいですね。 ハンバーグ、ミートローフ、肉団子、そぼろ、シュウマイ等。 お野菜と組み合わせて、大根とひき肉の煮物とか、肉野菜いため、マッシュポテトとミートソースを重ねてグラタン。 主食と一体でという事でしたら、おうどんにひき肉餡をかけたジャージャー麺ですとか、ミートソーススパゲティ、肉あんかけチャーハン。 鶏肉を使うなら皮と脂身は取り除く。 サッと焼いた肉よりも、よく煮込んだものが消化がいいです。 牛筋の煮込...

次の

感染性胃腸炎にかかった時の食事:食べていい物、食べないほうがいい物。

胃腸 炎 食べ て いい もの

うどんが最適な3つの理由 まず、胃腸炎の時にうどんが最適という理由や特徴について見ていきます。 うどんのエネルギー吸収力 うどんと言うと炭水化物をイメージされると思いますが、ここではこの『炭水化物』と同じ糖質吸収となる『甘いもの』とを比べてみたいと思います。 まず甘いものについてですが、こちらはエネルギーの吸収力は早いと言えますが、その反面下がるのも早く血糖値が低い(低血糖)状態となるので体や脳にとって良くありません。 しかし逆に、うどんなどの炭水化物は じっくりエネルギーを吸収してくれるので、 急激に下がることもなく血糖値にも影響を与えることがありません。 うどんのメリットと同時に、疲れた時に食べたくなる甘いものも気をつけなければいけないことがわかりましたね。 うどんと言えば有名な『こんぴらや』ですね。 でもその反面、麺類であるうどんは よく噛んで食べるという点から満腹中枢も刺激してくれます。 またうどんは 他の麺類と違って 消化に良いという点も大きなメリットと言えます。 同じ麺類でも、そばやそうめんと比較しても消化が早いので胃腸炎だけでなく風邪をひいた時などに用いられるのには納得がいきますね。 その分、そばやそうめんよりも腹持ちが良くないということも言えますが、体調を崩している時には最適な食べ物と言えます。 次の項目にも書いているように、何かと合わせて食べると良いので作り方をご覧ください。 何かと一緒に食べる たんぱく質は20種類からなるアミノ酸によって構成されているわけですが、うどんはその中でもリジンという アミノ酸が少ないんです。 ご飯に比べても25ポイントほども劣るうどんにとっての アミノ酸を補足する手段としては、 『色々な具材』で食べるということです。 これは逆に言い換えれば、うどんは他の食べ物と違って色々な食材で楽しめるレパートリー豊富な食べ物でもあります。 具体的には、 卵・魚介類・肉類・大豆類などがオススメです。 卵うどんや肉うどんはもちろん、カツオで出汁をとったうどんにきつねうどん(大豆類)なんかも良いですね。 比較的簡単に調理できるのも魅力ですね。 ちなみに、こちらの記事は具材たっぷりのうどんレシピをランキング形式で書いていますので、是非参考にされてください。 胃腸炎の飲み物と食べ物 次に胃腸炎の時の飲み物と食べ物についてですが、こちらは胃腸炎が軽度と重度の場合と分かれますので、予め重症化している場合の注意点について触れておきます。 胃腸炎の飲み物 胃腸炎が重症化すると、うどんを食べる前に嘔吐や下痢により脱水症状になることが多いです。 その場合には段階を踏んだ食事をしていかなければいけません。 うどんなどを食べる段階は、 最初の段階である 経口補水液を飲んで胃腸が落ち着いてきてからの食事となります。 (当然、いきなり食べれる場合はこの限りではありませんが) 私も腹痛の時には、食べ物や飲み物には慎重になります。 個人的に気をつけている点と言えば、当たり前ではありますが自ら 体を冷やすような行為はしません。 食べ物や飲み物でも温められるものは温めて、常温で食べなければいけない果物などは控えるようにしています。 特に 白湯は 冷え性改善やデトックス効果もあるのでオススメできる飲み物と言えます。 胃腸炎の食べ物 胃腸炎の症状や原因、上記のようにどんな時にどんな物を食べていけば良いかということはこちらの記事に詳しく書いています。 食べてはいけないものについても書いていますので、参考になると思います。 まとめると以下の通りになります。 ・胃腸炎の時の食べ物でイメージするのはお腹に優しいお粥をイメージする人が多いが、うどんの効果も高いと言える ・うどんは、じっくりエネルギーとなる・満腹感を得られ消化にも良い・具材でアミノ酸を補うと効果的というメリットがある ・胃腸炎の時は調子を見て、第一段階に経口補水液などで段階を踏み回復と同時に徐々に再開させることがコツになる.

次の