ヒゲダン pretender 歌詞。 「ヒゲダン」ことOfficial髭男dismの巧みな音作りと言葉選び 先人を超える存在になれるか(レジー)

Official髭男dism Pretender 歌詞&動画視聴

ヒゲダン pretender 歌詞

Pretenderとシュタゲ(シュタインズゲート)の共通点を考察 歌詞の意味とシュタゲのストーリーがリンクしている Pretenderの歌詞とシュタゲにはかなり共通点があります。 まず一番にハッとするであろう箇所はここ。 この言葉、シュタゲを見ている人ならハッとする言葉だと思います。 しかも歌詞の中では 「出会える世界線 選べたらよかった」と歌っています。 これはシュタゲの中で主人公・岡部倫太郎が、ヒロイン・牧瀬紅莉栖が死んでしまう世界線からどうしても抜け出せず、救うことを諦める描写とモロにリンクします。 (幼馴染・マユリの命を救うためには、紅莉栖が死ぬ世界線に留まるしかなかった) 次にシュタゲとリンクするのは2番のこの歌詞。 グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 出典: 紅莉栖とせっかく気持ちが通じ合ったのに、その向こうにはエンドライン(終わり)がある。 何度タイムリープして終わりを引き伸ばしたって、心の奥底で選ぶしかないと分かっている未来、そこに紅莉栖はいない。 その事実が泣きたいほど苦しい。 出展 Pretenderのジャケット Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 正直「完全に一致」ですよね。 この時点で、絶対シュタゲのこと意識してるな、と思いました! Official髭男dism藤原はシュタゲの大ファンだった! これまでの共通点でなんとなとくはわかっていましたが、Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンのようです! Pretenderリリースに際してのインタビューでこのように語っていました。 藤原「ちなみにPretenderの中で<世界線>という単語を使っているんですけれども、僕は「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」というアニメの大ファンでして、このフレーズはそこからインスピレーションを受けたところもあります。 そのアニメはタイムトラベルをする話で、世界線というものが並んでいて、もしもこうなっていたら、次はこうなっていたという前提で進んでいく世界というものがあるんですね。 それで「シュタインズゲート」の中では、主人公がその<世界線>を越えて、世界を変えたいという思いで奮闘していくんです。 だから僕にとって<世界線>という言葉はとてもロマンチックなもので大好きな言葉なんです。 」 出典 この<世界線>という言葉のロマンチックさ、楽曲によーーく現れている気がしますよね。 ちょっと悲しげで、でもロマンチックな感じというか。 個人的にはすごくシュタゲが見返したくなってしまいました(笑) ジャケットの052519の数字の意味 Travelerにも登場 pretenderのジャケットはシュタゲのダイバージェンスメーターだという話を先程しましたが、ジャケットには「052519」という数字が並んでいます。 (アルバムTravelerにもpretenderの前奏として052519という曲が挿入されていました) Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 この意味についても藤原さんがインタビューにて語っていました。 52519>なのでまだほど遠いですね(笑)。 」 出典 この数値もシュタゲの世界線変動に習ってつけたものだったんですね。 52519 052519 」がジャケットには描かれているということのようです。 君ともっと違う設定で、関係で、出会いたかったという気持ちがジャケットにまで表現されていたとは・・・エモすぎます。 まとめ 今回の記事をまとめると、• Pretenderの歌詞にはシュタゲとリンクしている部分が多数ある• Pretenderのジェケットには、シュタゲに登場したダイバージェンス・メーターが使われている• Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンだったことがインタビューから判明した!• 52519 052519 」という意味が込められている という結論でした!.

次の

【今すぐ使える無料楽譜】Pretender

ヒゲダン pretender 歌詞

ヒゲダンこと Official髭男dism が、ニューシングル『Pretender』を2019年5月15日 水 に発売する。 2018年10月発売の『Stand By You EP』以来7ヶ月ぶり待望のリリースとなるニューシングル。 表題曲「Pretender」は5月17日 金 公開の映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌となっており、ドラマに引き続き映画とのコラボレーションとなる。 カップリングには新曲「Amazing」と表題曲のアコースティックバージョンとなる「Pretender Acoustic ver. 」が収録される予定。 数量限定初回限定盤付属のLIVE DVDには、昨年10月ヒューリックホール東京にて開催された、数少ないファンしか見ることができなかった「HIGEDAN acoustic one-man live 2018 -Autumn-」のレアなライブ映像を収録。 Pretender• Amazing• Pretender Acoustic ver. 13 ヒューリックホール東京—• 日曜日のラブレター• ゼロのままでいられたら• 可能性• ニットの帽子• 115万キロのフィルム• Tell Me Baby• 異端なスター• ノーダウト• M10. 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!• M11. 6月22日 土 [宮城]SENDAI GIGS• 6月30日 日 [福岡]Zepp Fukuoka• 7月05日 金 [北海道]Zepp Sapporo• 7月13日 土 [大阪]Zepp Namba OSAKA• 7月14日 日 [愛知]Zepp Nagoya• 7月21日 日 [東京]Zepp DiverCity• 7月22日 月 [東京]Zepp DiverCity.

次の

【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

ヒゲダン pretender 歌詞

Pretenderとシュタゲ(シュタインズゲート)の共通点を考察 歌詞の意味とシュタゲのストーリーがリンクしている Pretenderの歌詞とシュタゲにはかなり共通点があります。 まず一番にハッとするであろう箇所はここ。 この言葉、シュタゲを見ている人ならハッとする言葉だと思います。 しかも歌詞の中では 「出会える世界線 選べたらよかった」と歌っています。 これはシュタゲの中で主人公・岡部倫太郎が、ヒロイン・牧瀬紅莉栖が死んでしまう世界線からどうしても抜け出せず、救うことを諦める描写とモロにリンクします。 (幼馴染・マユリの命を救うためには、紅莉栖が死ぬ世界線に留まるしかなかった) 次にシュタゲとリンクするのは2番のこの歌詞。 グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 出典: 紅莉栖とせっかく気持ちが通じ合ったのに、その向こうにはエンドライン(終わり)がある。 何度タイムリープして終わりを引き伸ばしたって、心の奥底で選ぶしかないと分かっている未来、そこに紅莉栖はいない。 その事実が泣きたいほど苦しい。 出展 Pretenderのジャケット Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 正直「完全に一致」ですよね。 この時点で、絶対シュタゲのこと意識してるな、と思いました! Official髭男dism藤原はシュタゲの大ファンだった! これまでの共通点でなんとなとくはわかっていましたが、Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンのようです! Pretenderリリースに際してのインタビューでこのように語っていました。 藤原「ちなみにPretenderの中で<世界線>という単語を使っているんですけれども、僕は「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」というアニメの大ファンでして、このフレーズはそこからインスピレーションを受けたところもあります。 そのアニメはタイムトラベルをする話で、世界線というものが並んでいて、もしもこうなっていたら、次はこうなっていたという前提で進んでいく世界というものがあるんですね。 それで「シュタインズゲート」の中では、主人公がその<世界線>を越えて、世界を変えたいという思いで奮闘していくんです。 だから僕にとって<世界線>という言葉はとてもロマンチックなもので大好きな言葉なんです。 」 出典 この<世界線>という言葉のロマンチックさ、楽曲によーーく現れている気がしますよね。 ちょっと悲しげで、でもロマンチックな感じというか。 個人的にはすごくシュタゲが見返したくなってしまいました(笑) ジャケットの052519の数字の意味 Travelerにも登場 pretenderのジャケットはシュタゲのダイバージェンスメーターだという話を先程しましたが、ジャケットには「052519」という数字が並んでいます。 (アルバムTravelerにもpretenderの前奏として052519という曲が挿入されていました) Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 この意味についても藤原さんがインタビューにて語っていました。 52519>なのでまだほど遠いですね(笑)。 」 出典 この数値もシュタゲの世界線変動に習ってつけたものだったんですね。 52519 052519 」がジャケットには描かれているということのようです。 君ともっと違う設定で、関係で、出会いたかったという気持ちがジャケットにまで表現されていたとは・・・エモすぎます。 まとめ 今回の記事をまとめると、• Pretenderの歌詞にはシュタゲとリンクしている部分が多数ある• Pretenderのジェケットには、シュタゲに登場したダイバージェンス・メーターが使われている• Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンだったことがインタビューから判明した!• 52519 052519 」という意味が込められている という結論でした!.

次の