本当に申し訳ない 英語。 大変申し訳ないのですがって英語でなんて言うの?

「申し訳ない」の意味と気持ちを伝える使い方!メール例文つき

本当に申し訳ない 英語

相手に対して謝るときに使われる 「ごめんなさい」。 日本ではカジュアルなシーンから フォーマルなシーンまで、 さまざまなシーンで使われていますよね。 もちろん場面によって謝罪の言葉も変わってきます。 日本語で謝罪をするときは 「ごめんなさい」の他に 「ごめん!」や「申し訳ございません」、 「すみません」などの言葉も使います。 さらに事の重大度を大きく理解した上で 「大変申し訳ございません」と 謝罪することもあります。 カジュアルな謝り方から きちんとした謝り方まで、 日本語では意識をしなくても 使い分けができていますよね。 そこで今回は、 カジュアルな場面からフォーマルな場面まで、 さまざまな場面で使用できる、 人に対して使う「ごめんなさい」を ご紹介していきたいと思います。 日本と米国での「ごめんなさい」の違い あなたは、 自分が悪い訳ではないのに、 「こめんなさい」と ついつい口に出していませんか? 特に日本は「ごめんなさい」を 普段から使いがちな傾向です。 例えば、電車で席を譲ってくれたときや、 知らない人がドアを開けてくれたとき、 落としたものを知らない人が拾ってくれたときを 思い出してみてください。 特に自分が悪いことをしたわけではないのに、 ありがとうの前後に 「ごめんなさい」と言ってしまうことが 多いのではないでしょうか? またそれとは逆に、 上司から注意を受けたり、 何か失敗してしまったときなどに その場を切り抜けるために ついつい謝罪の言葉を口にしてしまう方も いるでしょう。 自分が悪くなくとも、 なぜか日本では、 「ごめんなさい・すみません」という 言葉が出てしまうのです。 理由はよく分かりませんが、 海外の方々から見ると、 「日本人はなんでこんなに謝るんだ」と 思うそうです。 というのも、実は海外では 「ごめんなさい」をあまり口にしないのです。 むしろ海外では、 「謝る=自分の費を認める」 ことになり、 むやみに謝罪することで トラブルになることも。 トラブルにならないためには、 むやみに謝らないこと、 そしてさまざまな場面で しっかり英語のフレーズを 使い分けることが大切。 さらに、謝る理由をしっかり 自分で理解している事が重要です。 それでは、 さまざまなシチュエーションで使える フレーズを細かくご紹介していきましょう。 代表的で簡単な「ごめんなさい」 まず初めに、代表的でありながら、 ちょっとしたときに使える 「ごめんなさい」を表わすフレーズから ご紹介していきます。 (足踏んでるよ。 あ、ごめん。 (コンサートを見に行けなくて本当にごめんね。 その間に入れる単語としては、 「Very とても 」、「Really 本当に 」、 「So とても・本当に 」、「Deeply 心から 」、 「Terribly 信じられないぐらい 」、 の5つの単語が 一般的によく使われるので、覚えておきましょう。 また、「Sorry」の謝罪フレーズに合わせて 「My bad. 」というフレーズも活用していきましょう。 この 「My bad. 」は意味合いとしては 自分の誤りや間違いを認める意味を持ちますが 「悪い・わりぃ」といった とてもカジュアルなフレーズ。 そのため、フォーマルなシーンでは、 決して使わないように要注意です。 心から謝る「ごめんなさい」 友人や親族、 恋人との間でも謝ることは大切ですが、 その場合は上記のような「ごめんなさい」で、 しっかりと伝えることができます。 では、ビジネスのシーンで 上記のようなフレーズと使うとどうでしょうか? もちろん、軽すぎますよね。 では、実際にビジネスのシーンで使用でき、 きちんとした印象を与える 「ごめんなさい」の表現は、 どのような言葉があるのでしょうか? 心からの謝罪を表わすためには、 「 I apologize for 〜. (~のことを謝ります)」。 この 「apologize」 は 「謝罪する」を意味する、 ビジネスでも使えるフォーマルな単語です。 ・ I apologize for what I said to you yesterday. (昨日君に言ったことを謝ります) ・ I apologize for the delay on this project. (プロジェクトの進行が遅れてしまい、申し訳ございません。 (僕がしたことを謝りたいんだ。 言葉では言い表せないぐらい申し訳ないと思ってる) ・ I apologize for my late reply. (お返事が遅くなって申し訳ありません) 「I apologize. 」だけでも使えますが、 「I apologize for〜」と付け加えることで 「〜のことに対して申し訳ありませんでした。 」 と少し丁寧な印象になります。 (言葉では言い表せないぐらい申し訳ないと思ってる) このように、申し訳なく思う気持ちを 言葉で表現するというよりも、 「言葉では言い表せないほどだよ。 」 と言うことが一般的。 いろんな場面で使えるごめんなさい「Excuse me」という言葉 また、相手の注意を引くために よく使われるフレーズとして、 「Excuse me(すみません)」という 言葉があります。 「Excuse me(すみません)」の 本来の意味は、「許可願います」。 しかし、このフレーズは、 さまざまな使い方ができ、他の意味としては、 「すみません・ごめんなさい」になります。 そのほかにも、 いろんな場面で使える便利なフレーズなのです。 (お許しいただけるなら、私は家に帰ります) ・ Can you excuse me? Can you say it again? (すみません、聞こえません、 もう一度言ってください!) ・ Excuse me. Coming through! (すみません、通ります!) ・ Excuse me for interrupting you. (お話し中にごめんなさい。 ) この「Excuse me」は 失礼にあたることがあっても、 謝罪するまでではない場面で、 よく使用されます。 人前で咳をしたり、 思わずしてしまった場合に よく「Excuse me」が使われます。 このExcuseには「言い訳をする」という意味のほかに 「許す・勘弁する」などの意味合いもあるのです。 そして次に、 親しい間での軽い謝罪に近いニュアンスとして、 「My fault. ごめんごめん 」 という言葉も活用できます。 「Fault」に誤り、過失、責任などの意味があり、 My faultの場合は、「私のせいです」 というニュアンスの言葉になりますが、 例えば、 ・ You forgot to call me last night. (チームが負けたのはわたしのせいです。 ) このように自分自身に責任を感じるニュアンスまで、 責任、過失という点で幅広いシーンで活用することができます。 その他での「ごめんなさい」の使い方 例えば相手の言っている事が うまく聞き取れなかったとき、 理解できなかったときにも 「Sorry」というフレーズが使われます。 ただ、ここで使われれる 「ごめんなさい」は 「Sorry? 」 というように語尾を上げて発言します。 ・ Sorry? ごめんなさい、なんて? ・ Sorry, what did you say? (ごめん、なんて言ったの?) この 「Sorry」 以外に 「Pardon? 」や、「Excuse me? 」 というフレーズを使っても同じ意味合い。 アメリカではスラングで 「Huh? 」 と言われることもありますが、 とてもカジュアルな表現なので 親しい人の間だけで使ったほうが良いでしょう。 そして最後に、 ひどい事をしてしまった時に 「mess up」というフレーズも役に立ちます。 ・ I messed up our friendship and I am sorry. (僕たちの友人関係を台無しにしちゃってごめんね) この 「mess up」というフレーズは、 「しくじる、ダメにする、失敗する」 を表すフレーズです。 きちんと謝りたいときには、 「Sorry」や「My bad」では カジュアルすぎますので、 このように 「mess up」という言葉を使い、 真剣さを伝えてみましょう。 「ごめんなさい」の英語表現20選まとめ いかがでしたか? 日本では誰でも一日1回は使っている 「ごめんなさい」というフレーズ。 海外では、シチュエーションや状況により、 使用される「ごめんなさい」が変わってくることが 今回分かったのではないかと思います。 人間関係をより円滑にするために、 そして良好に保つためにも、 時にはしっかり謝ることも大切。 しかし海外では最初に紹介したように、 その場を切り抜けるための謝罪は 後に大変な目に遭ってしまう事もあります。 海外では、ときに謝る姿勢よりも、 その後の信頼回復に努める姿勢を 評価する傾向があります。 ですのでフォーマルな場面では 特に、ただ謝るだけでなく、 どれだけ心から「ごめんなさい」と 伝えられているかが重要となってきます。 「Sorry」という言葉は、 当たり前のように 「ごめんなさい」の 代表的な言葉になりつつあります。 しかし、日本語と同じように、 英語も相手の立場や気持ちの度合いによって 表現する方法が変わってきます。 ぜひこの機会に 「ごめんなさい」を使い分けてみてくださいね。

次の

「申し訳ない」の敬語の敬語・類語・使い方・例文|ビジネス

本当に申し訳ない 英語

深刻さの度合いが低い状況には"sorry" 「すみません」「ごめんなさい」といった謝罪の言葉として、おなじみの"I am sorry. "を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 "I am sorry. " は日本語の「申し訳ありません」といった意味もありますが、少し軽い印象で深刻の度合いが低い状況で使われることが多い表現です。 ビジネスで使う場合は、"I am sorry. "を強調する"very"「とても」、"truly"「心から」、"terribly"「非常に」といった副詞と合わせることで「誠に申し訳ありません」といった意味で使うことができます。 また"I am sorry. "の後に"for"や"about"、"that"を付けて「~について申し訳なく思っております」と、何に対して謝罪をしているのかを示すようにしましょう。 I am very sorry for causing you concern. ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。 I am truly sorry about my late response. 対応が遅くなり誠に申し訳ございません。 I am terribly sorry that I could not meet your demands. ご要望に添えず、大変申し訳ございません。 個人としておわびをするときは"I"、会社として謝罪メールを送る際は"We"を主語にします。 これはいずれの謝罪表現をするときも同じです。 "sorry"よりも改まった謝罪の気持ちを伝えるときは"apologize" "apologize"「謝る」「おわびする」は"sorry"よりも改まった表現として使うことができます。 また、 "apologize"の前に強調の助動詞"do"や"sincerely"「心から」、"deeply"「深く」といった副詞を付けると、より深くおわびの気持ちを伝えることができます。 I [We] apologize for my [our] mistake. 間違いをおわびいたします。 I [We] do apologize for any inconvenience caused. ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。 I [We] sincerely apologize that multiple mistakes caused you great trouble. ミスが重なりご迷惑をお掛けしたこと、心からおわび申し上げます。 I [We] deeply apologize that my [our] mismanagement has caused you such trouble. 私(弊社)の不手際でお手間を取らせてしまい、大変申し訳ございません。 最上級の謝罪表現として使える"regret" 謝罪の表現として"regret" 「残念に思う」「遺憾に思う」もビジネスで使うことができます。 "sorry"、"apologize"と同じように"I regret +名詞"、"I regret that +主語+動詞"を使った例文をご紹介します。 "very much"「とても」や"deeply"「深く」を付けるとより一層、丁寧な印象になります。 I [We] very much regret my [our] carelessness. 私 私ども の不注意を深く反省しております。 I [We] deeply regret that our information sent to you was incorrect. お送りしたご案内に誤りがあり、大変申し訳ありませんでした。 丁寧度や重大さで使い分ける謝罪メールの表現 ビジネスで多いミスについての謝罪メール ビジネスで謝罪をする場面で、 資料の添付漏れや返信が遅れたことについておわびをするときの例文をご紹介します。 I am very sorry. I forgot the attachment. 大変申し訳ございません。 添付ファイルを忘れておりました。 I am very sorry for the delay in answering your e-mail. メールの返信が遅くなり、大変申し訳ありません。 I am terribly sorry that I couldn't send the message to you on time. お約束の時間にメールを送れず大変申し訳ございません。 関連記事: 書類不備や認識ミス、イベント招待に対する断りの謝罪メール 打ち合わせの日時を訂正したり、招待されたセミナーやイベントに出席できないことをおわびする例文をご紹介します。 I apologize that I shared the wrong time for the next monthly meeting. The correct time is from 1 p. -3 p. JST on May 15. 次回の月例の時間を間違ってお伝えしておりました。 申し訳ありません。 正しくは5月15日の 13:00~15:00(日本時間)になります。 Thank you for your invitation to the seminar. Unfortunately, I apologize for missing it. セミナーのご案内ありがとうございます。 大変申し訳ございませんが、残念ながらセミナーに出席することができません。 関連記事: 請求ミスや誤配送などクレームへの謝罪メール 自分や会社のミスでクレームにつながった場合、 謝罪メールには「不手際に関するおわびの言葉」「問題が発生した原因」「今後の対応について」と、3つのポイントを盛り込んでおきましょう。 I [We] regret some mistakes in the billing amount of the invoice. There were some calculation errors due to computer trouble. I [We] will soon send you a revised invoice. 請求書の金額ミスがあり、大変申し訳ございませんでした。 コンピューターの不具合により計算ミスがありました。 修正した請求書を至急お送りいたします。 I [We] regret that I [We] sent you a wrong product. I [We] think we should have double-checked this before shipment. I [We] will train our staff again. I [We] will not let this happen again. 間違った商品をお送りし、大変申し訳ありません。 出荷前のダブルチェックを怠っていました。 今後は社員の再教育を行い、このようなことが起きないようにいたします。 I [We] regret the damaged package. I [We] will send a replacement to you again. I [We] hope you will do business with us in the future. パッケージが破損しており、大変申し訳ございませんでした。 再度新しい商品をお送りいたします。 今後も引き続き弊社とのお付き合いをよろしくお願いします。 問題が起きた原因とともに、今後の対策や「これからもよろしくお願いします」というフレーズを付けると誠実さが伝わります。 関連記事: 適切な語句を冷静に使い分けよう ビジネスの謝罪メールは、日本語であっても英語であっても相手に対しておわびの気持ちを伝えることと、丁寧な表現をすることが大切です。 英語では、状況に合わせて"sorry"、"apologize"、"regret"といった単語を使うことができます。 比較的軽いミスに対して謝罪するときは"sorry"、謝罪の気持ちを強調したい場合は"apologize"、重大なミスや迷惑を掛けた場合の謝罪は"regret"と覚えて適切に使い分けましょう。 謝罪しなければならないときには、今回紹介した例文を思い出し適切な表現を使用してください。 この記事をシェアする•

次の

「大変申し訳ございません」のビジネスの使い方!類語や言い換え、英語表現も紹介

本当に申し訳ない 英語

「申し訳ない」に込められた気持ちとは? 「申し訳」は言い訳のこと 「申し訳ない」は、自分の過失を認めて謝意を表すときの表現です。 謝罪の言葉には「すみません」「ごめんなさい」などいくつかありますが、そのうちもっとも丁寧なお詫びの言葉が「申し訳ない」です。 「申す」は「言う」の謙譲語なので、「申し訳(もうしわけ)」は罰を逃れようとしてクドクド説明を重ねる「言い訳(いいわけ)」のことです。 「申し訳・ない」で、自分の過失が言い訳する余地もないほど明白であると認める態度を表します。 恐縮で申し開きできない 自分の失敗や敗北に関して一切の申し訳(もうしわけ)をしない姿勢は、古くから日本人の美徳であり、「潔し(いさぎよし)」として評価されてきました。 しかし当然のこととして、過失があれば原因分析や経緯についての説明責任こそが大切であり、世間を騒がせれば一定の申し開きも必要です。 それでも「申し訳ない」がもっともフォーマルな謝辞として定番化しているのは、自分の失敗が原因で相手が被った損失を思うと恐縮のあまり言葉も出ない、それだけ事を重く受け止めているという気持ちを表現できる言葉だからでしょう。 「すみません」や「失礼しました」より深い自省の念を含むのが「申し訳ない」という言葉です。 「申し訳ない」の送り仮名ついて メールや手紙で「申し訳ない」と書きたいときに、送り仮名で迷ったことはないでしょうか。 現在は「申し訳ない」が一般的ですが、「申し訳けない・申し分けない」などの表記を目にすることがあります。 これらは誤りとされることもありますが、「申し訳ない」が「申し訣けない」から変化した言葉である以上、必ずしも間違いとは言えません。 「訣(ケツ・わかれる)」には「分ける」という意味があり、「言い分け・言い訣け」は「詳らか(つまび・らか)に言う」です。 つまびらかの「びらか」は「開く」の古語なので、類語の「申し開き」とも無理なく通じます。 「情(なさけ)」を「情け」と書くように、「言い訳け」も使われるうちに読みやすく仮名を振られたとものと考えられます。 「申し訳ない」の熟語と類義語 「申し訳ない」と同じような意味で使える類義語や、「申し訳ない」のニュアンスに似た熟語には次のようなものがあります。 お詫びします。 お詫びのしようがない。 お詫びの言葉も見つからない。 心苦しく思います。 恐縮至極(きょうしゅくしごく)• 低頭平身(ていとうへいしん) 「申し訳ない」の敬語表現 標準的な「申し訳ありません」 「申し訳ありません」は、「申し訳ない」の「ない」を丁寧語に言い換えた表現です。 もっと簡単に、同じ丁寧語である「です」を付けて「申し訳ないです」と言っても文法的には間違いではありませんが、「ありません」が「ある(動詞)」を否定する形容詞本来の変化であるのに対し、「ない(形容詞)」と「です」の組み合わせが認められるようになったのは戦後のことです。 「ないです」は、日本語としては新しい言い方であるため丁寧さに欠ける印象があり、「ありません」よりも軽く感じられるため、謝罪の言葉には不向きとえいるでしょう。 人によっては間違った日本語と認識されることもあるので、日ごろから「形容詞+です」を使い慣れている人は注意しましょう。 目上の方には「申し訳ございません」 「申し訳ありません」の「ありません」をさらに丁寧にしたのが「申し訳ございません」で、ビジネスマナーとしては「ありません」よりも一般的です。 目上の方や顧客に対しては「申し訳ございません」が基本ですが、丁寧に越したことはないとばかりに多用してしまうと、堅苦しくて大げさな印象になります。 たとえば、「お急ぎのところ申し訳ございません」「お忙しいところ誠に申し訳ございません」は、使い方としては間違っていませんが、敢えて「申し訳ありません」とボリュームを落としてみます。 言い方を簡潔にすることで「相手は忙しい・急いでいる」という前提に調和するため、型に囚われないスマートな印象になりますし、メリハリも付きます。 「申し訳ない」のメール例文 「申し訳ない」を使ったフレーズ 手紙での詫び状や、顔文字を使ってこちらの心境を捕捉できないビジネスメールで「申し訳ない」の気持ちを伝える例文をいくつか紹介します。 大変申し訳なく、お詫びの言葉もございません。 お返事が遅くなりまして、誠に申し訳ございません。 誠に申し訳なく、心よりお詫びいたします。 とても心苦しく、申し訳なく存じます。 この度は多大なご迷惑をおかけし、心から申し訳なく深くお詫び申し上げます。 この度は私共のご案内に不手際があり、誠に申し訳ございませんでした。 (申し訳ないのですが、その日の夜は満席です)• A thousand apologies. (たいへん申し訳ございません) 「申し訳ない」の韓国語表現 韓国語で「申し訳ない」を表す表現は、「ごめんなさい(죄송해요)」よりも丁寧な「チェソンハムニダ(죄송합니다)」です。 죄송합니다(申し訳ありません)• 죄송한 마음으로 가득합니다. (申し訳ない気持ちでいっぱいです) まとめ 言葉は生き物といわれるように、「申し訳ない」も時代によって意味や使い方が大きく変化している表現のひとつです。 対面であれば用法の正誤よりも誠意ある謝罪を心がけたいところですが、メールの場合はビジネス用語として一般化している「申し訳ございません」を選ぶのもひとつの方法でしょう。 紋切型の定型文より、率直な言葉のほうが響くこともあります。 伝えたい相手によって使い分けてみてください。

次の