ハングル 一覧。 韓国語の助詞(は・が・を・と・に 等)簡単に一覧にしました。

ハングルの読み方一覧!分からない・読めないハングルの「読み方」を攻略しよう!

ハングル 一覧

ハングルの50音は反切表!発音から読み方、書き方までまとめてハングル文字をマスターしよう 日本語の基本といえば50音、「あいうえお」の5つの母音が縦に並んで、あかさたなはまやらわと横に並んでいるおなじみの表ですよね。 韓国語の場合はハングルを反切表という表で覚えます。 ハングルの場合は50音ではなく、反切表という一覧表で文字を覚えます。 縦横で読み方・発音が覚えやすくまとめられているのは日本語の50音図と同じなのですが、ハングルの反切表は書き方もその反切表で覚えることが出来るという、なんとも便利で嬉しい表なんです! ハングルの50音図、反切表で読み方・発音から書き方までをまとめて覚えてハングルを読めるようになりましょう! この記事の目次 ハングルの基本!日本語の50音は反切表で一気に覚えよう! ハングルが読めない…書けないから卒業しましょう!ハングルを覚えるための基本は反切表と呼ばれる表で簡単にマスターできるんですよ! 日本語では50音でまとめられた表でひらがなカタカナを覚えますが、ハングルの場合は反切表という表で覚えます。 日本語ぼ50音の場合は縦書きが多いので、縦は「あいうえお」横は右から左へ「あかさたなはまやらわ」となりますが、反切表は横書きなので 右から左へ並んでいるものがほとんど。 とても分かりやすくて便利な表なんですよ! しかも、ハングルの反切表は書き方もすぐに覚えられるという優れものなんです。 日本語の50音の場合は読み方を覚えたら、文字を書けるようになるには一文字ずつばらばらに書いて練習するなどして覚えないといけませんが、ハングルの場合は書き方までこの表でマスターできちゃうんです。 日本語の50音でもそうですが、基本のフレーズ「あいうえお」や「あかさたなはまやらわ」は覚えておかないといけません。 ハングルの場合は、「アヤオヨオヨウユウイ」と「カナタラマバサアカチャチャカタパハ」というこの二つは呪文のように覚えてしまうことが必要です。 これだけ見ると何のことやらですが、「あかさたなはまやらわ」と同じで覚えてしまわないと次に進めないのです… 完璧に覚えるのは後でも構いません。 この順番をいつでも見れるようにしておけば最初は大丈夫です。 またカナカナで発音を書いているので、同じ読み方になっているものがありますが、このあたりの区別は基礎である反切表の読み方を理解してから、次のステップで大丈夫です。 あまり最初から細かいことを言ってしまうと嫌になってしまいますから… 「アヤオヨオヨウユウイ」が「あいうえお」にあたる母音になり、「カナタラマバサアカチャチャカタパハ」が「あかさたなはまやらわ」にあたる子音の並びです。 このことを踏まえて実際に反切表を見てみましょう。 わかりやすくするため発音をカナカナで書いているので、本当の発音とは厳密にいえばちょっと違う個所もありますが最初はこれで反切表の見方と、読み方、そして書き方を理解していきましょう。 ㅏ:ア ㅑ:ヤ ㅓ:オ ㅕ:ヨ ㅗ:オ ㅛ:ヨ ㅜ:ウ ㅠ ユ: ㅡ:ウ ㅣ:イ ㄱ 가 カ 갸 キャ 거 コ 겨 キョ 고 コ 교 キョ 구 ク 규 キュ 그 ク 기 キ ㄴ 나 ナ 냐 ニャ 너 ノ 녀 ニョ 노 ノ 뇨 ニョ 누 ヌ 뉴 ニュ 느 ヌ 니 ニ ㄷ 다 タ 댜 テャ 더 ト 뎌 トゥョ 도 ト 됴 トゥョ 두 トゥ 듀 トゥユ 드 トゥ 디 ティ ㄹ 라 ラ 랴 リャ 러 ロ 려 リョ 로 ロ 료 リョ 루 ル 류 リュ 르 ル 리 リ ㅁ 마 マ 먀 ミャ 머 モ 며 ミョ 모 モ 묘 ミョ 무 ム 뮤 ミュ 므 ム 미 ミ ㅂ 바 バ 뱌 ビャ 버 ボ 벼 ビョ 보 ボ 뵤 ビョ 부 ブ 뷰 ビュ 브 ブ 비 ビ ㅅ 사 サ 샤 シャ 서 ソ 셔 ショ 소 ソ 쇼 ショ 수 ス 슈 シュ 스 ス 시 シ ㅇ 아 ア 야 ヤ 어 オ 여 ヨ 오 オ 요 ヨ 우 ウ 유 ユ 으 ウ 이 イ ㅈ 자 チャ 쟈 チャ 저 チョ 져 チョ 조 チョ 죠 チョ 주 チュ 쥬 チュ 즈 チュ 지 チ ㅊ 차 チャ 챠 チャ 처 チョ 쳐 チョ 초 チョ 쵸 チョ 추 チュ 츄 チュ 츠 チュ 치 チ ㅋ 카 カ 캬 キャ 커 キョ 켜 キョ 코 キョ 쿄 キョ 쿠 ク 큐 キュ 크 ク 키 キ ㅌ 타 タ 탸 ティヤ 터 ト 텨 トゥョ 토 ト 툐 トゥョ 투 トゥ 튜 リュ 트 トゥ 티 ティ ㅍ 파 パ 퍄 ピャ 퍼 ポ 펴 ピョ 포 ポ 표 ピョ 푸 プ 퓨 ピュ 프 プ 피 ピ ㅎ 하 ハ 햐 ヒャ 허 ホ 혀 ヒョ 호 ホ 효 ヒョ 후 フ 휴 ヒュ 흐 フ 히 ヒ 見方は、掛け算の表の要領ですね。 軸となるのは一番上の「アヤオヨ…」と、一番左の「カナタラマバサア…」です。 それぞれが混ざり合うところにハングルの完成形が出来上がるというわけです。 専門的な用語でもう少し開設すると、横に並ぶのは「母音」、縦に並ぶのは「子音」と呼ばれるハングル文字のパーツになり、それを組み合わせて初めてハングルは文字として成り立ちます。 読み方はローマ字と同じ要領です。 子音と母音を組み合わせれば読むことは簡単ですよね! 「アヤオヨ…「カナタラマバサア…」の呪文を思い出しながら見ていけばちゃんと整理して並んでいる表であることもお分かりいただけると思います。 きれいに並んでいる表を保存したければpdf形式でウェブにアップされているものを探してプリントアウトしておくことをおすすめします! 読み方をマスターするまでは、この表を眺めながら調べていけば大丈夫!読めないハングルは無いはずです! 次のステップとしては、ㄲ,ㅉ,ㄸなどの子音が二つ並んだ文字があったり、김,홍,않など、文字の下にもう一つか二つ、子音がくっつくパッチムという文字も学ばなくてはいけませんがこれもこの反切表を理解しておけば基本は同じです。 ゆっくり焦らずにまずはこの表と仲良くなってからステップアップしていきましょう。

次の

よく使う韓国語表現、ハングル、例文一覧_ 韓国語 Kpedia

ハングル 一覧

超基本!ハングルの読み方 既に知ってる人は飛ばしてもいいですが、一応ハングルの読み方を解説しておきます。 ハングルはローマ字のように 子音+母音で成り立っています。 例えば、上の文字は「h」を表す子音「ㅎ」と「a」を表す母音「ㅏ」が組み合わさった文字です。 「h」と「a」が組み合わさってるので読み方は 「 하 ハ(ha)」となります。 上のように子音と母音の下にさらに子音(パッチムと言います)が来ることもありますが、読み方は簡単です。 上の文字でいうと、「ㄹ」は「r」の音なので 「 할 ハㇽ(har)」と読みます。 発音は少し難しいですが、読み方のルール自体は単純です。 ハングルは一覧表で覚えるな!? さて、ここからが本題です。 ハングルには下のような反切表(カナダラ表)という一覧表があります。 一見、初心者にとって一覧表はとてもありがたいものに思えますが、 表で覚えるのはあまりオススメしません。 そこには2つの理由があります。 その文字すべてを覚えるのは大変ですし、あまり意味がないです。 ハングルは子音と母音さえ覚えておけばどんな文字でも読めるようになります。 一覧表をすべて覚えるより 子音と母音のパーツだけ覚えた方が圧倒的に効率的です。 韓国語の勉強はただでさえ覚えることが多いのに、一覧表を覚えるような超暗記をすると韓国語の勉強が嫌になってしまいます。 最初はやる気があるのでいいかもしれませんが、たいていの人は途中で挫折します。 長く続けるためにも 韓国語はもっと楽しく勉強するべきなのです。 スポンサーリンク 効率的なハングルの覚え方とは? 一覧表で覚えるのでなければどのようにハングルを覚えればいいのでしょうか? 基本的な方針はまず 子音と母音だけ覚えるということです。 そして、子音と母音の覚え方としては下の2つがオススメです。 ちなみに、「ㅎ」のこじつけは 「イラストでわかる はじめてのハングル」で紹介されてたものから拝借しました。 スポンサーリンク いきなりハングルを完璧にする必要はない! これも初心者の方が誤解しがちなことですが、 いきなりハングルを完璧にする必要はありません。 単語や文法の勉強をしながら徐々にハングルを完璧に近づけていけばいいのです。 なので、ハングルが6~7割くらい読めるようになったと思ったら もう文法のテキストに移って大丈夫です。 文法や基礎フレーズを勉強しながら読めないハングルをチェックしていけばいいのです。 参考: まとめ 基本的に韓国語の勉強は楽しんでやるのが1番です。 なので、退屈かつ効率的でない一覧表でハングルを覚える方法はあまりよくありません。 真面目に勉強するばかりでなく、ときには楽しく勉強するための工夫をすることも大切ですよ。 こちらの記事も読まれてます.

次の

無料の韓国語講座!ハングル文字一覧など、韓国語を覚えたい人に役立つまとめ

ハングル 一覧

超基本!ハングルの読み方 既に知ってる人は飛ばしてもいいですが、一応ハングルの読み方を解説しておきます。 ハングルはローマ字のように 子音+母音で成り立っています。 例えば、上の文字は「h」を表す子音「ㅎ」と「a」を表す母音「ㅏ」が組み合わさった文字です。 「h」と「a」が組み合わさってるので読み方は 「 하 ハ(ha)」となります。 上のように子音と母音の下にさらに子音(パッチムと言います)が来ることもありますが、読み方は簡単です。 上の文字でいうと、「ㄹ」は「r」の音なので 「 할 ハㇽ(har)」と読みます。 発音は少し難しいですが、読み方のルール自体は単純です。 ハングルは一覧表で覚えるな!? さて、ここからが本題です。 ハングルには下のような反切表(カナダラ表)という一覧表があります。 一見、初心者にとって一覧表はとてもありがたいものに思えますが、 表で覚えるのはあまりオススメしません。 そこには2つの理由があります。 その文字すべてを覚えるのは大変ですし、あまり意味がないです。 ハングルは子音と母音さえ覚えておけばどんな文字でも読めるようになります。 一覧表をすべて覚えるより 子音と母音のパーツだけ覚えた方が圧倒的に効率的です。 韓国語の勉強はただでさえ覚えることが多いのに、一覧表を覚えるような超暗記をすると韓国語の勉強が嫌になってしまいます。 最初はやる気があるのでいいかもしれませんが、たいていの人は途中で挫折します。 長く続けるためにも 韓国語はもっと楽しく勉強するべきなのです。 スポンサーリンク 効率的なハングルの覚え方とは? 一覧表で覚えるのでなければどのようにハングルを覚えればいいのでしょうか? 基本的な方針はまず 子音と母音だけ覚えるということです。 そして、子音と母音の覚え方としては下の2つがオススメです。 ちなみに、「ㅎ」のこじつけは 「イラストでわかる はじめてのハングル」で紹介されてたものから拝借しました。 スポンサーリンク いきなりハングルを完璧にする必要はない! これも初心者の方が誤解しがちなことですが、 いきなりハングルを完璧にする必要はありません。 単語や文法の勉強をしながら徐々にハングルを完璧に近づけていけばいいのです。 なので、ハングルが6~7割くらい読めるようになったと思ったら もう文法のテキストに移って大丈夫です。 文法や基礎フレーズを勉強しながら読めないハングルをチェックしていけばいいのです。 参考: まとめ 基本的に韓国語の勉強は楽しんでやるのが1番です。 なので、退屈かつ効率的でない一覧表でハングルを覚える方法はあまりよくありません。 真面目に勉強するばかりでなく、ときには楽しく勉強するための工夫をすることも大切ですよ。 こちらの記事も読まれてます.

次の