菊田 神社。 御祈祷 / 菊田神社 / 千葉県習志野市津田沼鎮座

御祈祷 / 菊田神社 / 千葉県習志野市津田沼鎮座

菊田 神社

菊田神社の概要 菊田神社は、習志野市津田沼にある神社です。 菊田神社は、弘仁年間(810-23)の創建といわれ、藤原師経が流罪となった治承4年(1180)当地に辿り着いたことから崇敬を受けたといいます。 宝暦年間(1751-1763)に菊田大明神と改称、明治44年(1911)に村内の大山祇神社・八坂神社・琴比羅神社を、大正元年に稲荷神社・水神社・雷神社を合祀したといいます。 菊田神社の概要 社号 菊田神社 祭神 大己貴命、藤原時平命 相殿 - 境内社 金刀比羅神社、三峯神社、子安神社、大杉神社、道祖神社 住所 習志野市津田沼3-2-5 祭日 10月19日 備考 -• 菊田神社の由緒 菊田神社は、弘仁年間(810-23)の創建といわれ、藤原師経が流罪となった治承4年(1180)当地に辿り着いたことから崇敬を受けたといいます。 宝暦年間(1751-1763)に菊田大明神と改称、明治44年(1911)に村内の大山祇神社・八坂神社・琴比羅神社を、大正元年に稲荷神社・水神社・雷神社を合祀したといいます。 「習志野市史」による菊田神社の由緒 菊田神社 久々田村(現津田沼)の産土神で、祭神は大己貴命。 もと久々田明神と称していたが、宝暦年間(一七五一~六三)に菊田明神(神社)と改称した。 平安時代初期の弘仁年間(八一〇~二三)の創建といわれ、治承五年(養和元年、一一八一)に藤原師経が罪により下総国に流されたとき、ここを永住の所と定め社殿を改築して久々田明神と称するようにしたとある。 とすれば創建は平安時代後期のことか。 本殿は正保三年(一六四六)と寛保二年(一七四二)に再建された。 神主は植草氏の世襲で、神祇管領長上の吉田家からの元禄一三年(一七〇〇)・延享二年(一七四五)・寛政八年(一七九六)などの神道裁許状が伝わる。 明治初期の本殿の規模は間口一間・奥行一間。 明治四四年(一九一一)に村内の大山祇神社・八坂神社・琴比羅神社を、大正元年に稲荷神社・水神社・雷神社をそれぞれ合祀した。 このうち水神社は慶長二年(一五九七)に、八坂神社は元和四年(一六一八)に、大山祇神社は承応三年(一六五四)に勧請されたと伝えられる。 (「習志野市史」より) 千葉県神社名鑑による菊田神社の由緒 往昔、当神社は久々田大明神と称し、宝暦年間、桃園天皇の御宇に社名を菊田大明神と改称した。 久々田の郷の守護神として祀られ、国土安穏・五穀豊穣・厄難除け・縁結び・安産・商売繁昌の神として崇敬され信仰を集めている。 (千葉県神社名鑑より) 「稿本千葉県誌」による菊田神社の由緒 菊田神社 同郡(千葉郡)津田沼町大字久々田字宮越に在り、境内千五百坪、大巳貴命を祀る。 社傳に云ふ、治承年中之を創建すと。 (「稿本千葉県誌」より) 境内掲示による菊田神社の由緒 古伝によれば、当神社は久久田大明神と称して、弘仁年間(西暦八一〇年代)今より約一、二〇〇有年前より御社として祭祀されてありました。 当時は、この境内地は小嶋であって、この嶋を中心として東西両側は丘で、砂土堆積している入江でありました。 住民の多くは西側の丘に住居を構えて生活をして居りました。 住民は嶋の上に鎮座されていた御社、即ち久久田大明神を産土神および氏神として奉斎信仰していました。 なお、旧九月十九日を例祭の日と定めて、年毎に祭事を執行していました。 また、住民は地内並びに周辺(近隣)の人と縁結びしますと、これがまことに夫婦円満の家が多く出生児達もみんな丈夫に生長し、長命の人も多く、それ故に住民はこの久久田大明神を特に縁結びの神、厄難除の神、安産の神として崇敬し、商売繁昌の神(後年この地に商人が出来て、このお宮に祈願したところ何れも商売が繁昌した)としても崇敬しました。 治承四年、藤原師経、藤原師長卿の一族郎党当国に左遷の砌り、相模国より船に乗船し相模灘を経て袖ヶ浦にと来ましたところ、海上少し荒れていた為に何処か波静かな所はないかと探し求めていましたところが、たまたま久久田浦の入江と嶋を発見しましたので、一同はここに船を漕ぎ来たりてこの嶋に着船上陸しますと、住民達が崇敬しているお宮がありました。 即ち久久田大明神のお宮で、師経卿、師長卿は無事に此処まで安着の出来たことはこの祭神の御神徳によるものであるとして深く感銘されて、この御社を崇め奉りてこの地を安住の地と定めることとし、同時に祖先の人皇六十代醍醐天皇の御宇延喜左大臣藤原時平命を合せ祀り住民と共に奉斎崇敬しました。 後に師経の一族は三山の郷(現在のの鎮座の地)に移住したと伝えられています。 その後星移り年変りて入江も浅瀬となり、この嶋の土と東西の丘の土を採取し浅瀬に盛土して水田を拡げて氏神の社名に相応しく永く久しく栄える国として耕作するようになりました。 またこの境内地が船の形をしているのは、師経一族郎党が着船したのを記念とするために浅瀬を盛土するときにこの形を造ったと伝えられています。 御社号改名 寳暦年間桃園天皇の御代に社名を菊田大明神と改名(古老の云伝えによれば、菊は吾が国の名花、菊文字は久久の文字よりも御社名には相応しいとの所以によって改名されました。 ) 御社殿 康元元年に木造に改造営、慶長二年五月、正保三年九月、寛保二年九月、「寳暦三年九月拝殿を造営」寛政八年十一月、文政三年八月、弘化三年九月に夫々改造営、明治二十六年十二月に拝殿玉垣再造営、昭和四十八年九月、本殿、拝殿屋根銅板瓦葺に改修、平成七年九月神輿新調、神輿庫改築。 合祀 大正元年十一月、区内各町(本郷、下宿、浜宿)に鎮座されていた八坂神社、金刀比羅神社、大山祇神社、水神社、稲荷社、雷神社の御祭神を合祀。 (境内掲示より)  菊田神社の周辺図 菊田神社 .

次の

女性に人気の「かわいいお守り」はコレ!菊田神社・習志野市

菊田 神社

成人式 晴れて成人となったことを奉告し、ここまで育ってきたお蔭に感謝の誠を捧げます。 結婚式 夫婦として長い人生を共に助け合い歩んでいく契りを大神さまの前で交わすとともに、これまで授かった大神さまのお蔭、自分たちを生み育てた親御さんたちへの感謝の誠を捧げます。 安産祈願 (帯祝・戌の日参り) 尊い生命を授かったことを感謝し、出産における母子の無事をお祈りします。 子を多く産み、安産である戌(犬)にあやかり、古来、妊娠5ヶ月の戌の日にお参りすることから「戌の日参り」とも呼ばれます。 また、腹帯を初めて巻くことから「帯祝」とも言います。 年寿 かつては満60歳の還暦を過ぎて長生きすることは決して多くはなく、長寿はめでたいものとして敬われてきました。 長寿のお蔭に感謝し、長い時代を生きてこられたお年寄りを敬い、節目の年をお祝いします。 古稀 数え70歳 喜寿 数え77歳 傘寿 数え80歳 米寿 数え88歳 卒寿 数え90歳 白寿 数え99歳 上寿 数え100歳 交通安全 (車のお祓) 日本には古くより、万物、全ての物に御神霊(みたま)が宿るという考え方があります。 バイクや自動車にもまた、同じく御神霊が鎮まります。 運転するのは人ではありますが、時として、人の力ではどうすることもできない事象が起こることもあります。 大神さまのご加護をいただき、日常の交通安全はもとより、万一の際にも関われる人たちが無事であることも含めてお祈りします。 合格・必勝祈願 大神さまの御力により、日頃からの努力・鍛錬の積み重ねが本番で十二分に発揮されるよう、お祈りします。 商売繁盛 (事業昌栄) 大神さまの御前にて、商売繁盛や事業昌栄、業務安全、社員の無事健康などをお祈りします。 家内安全 家の内が平穏安全であることで、家族が充実した毎日を送り、世のため人のために力を発揮できるよう、お祈りします。 病除・病気平癒 健康に不安のある方は、清浄な空気に満たされた神前に額づき、いまを生かされている感謝の誠を捧げた後、大神さまの御力により、病を祓い退ける気をいただきましょう。 あわせて、治療の奏功もお祈りします。 【一般】 5,000円 7,000円 10,000円以上 【企業】 10,000円 20,000円 30,000円以上 *御祈祷料によって授与品が異なります。 *結婚式に関しては、お問合せ願います。 出張祭典はご予約をお願いしております。 詳しくは当社社務所までお電話(047-472-4125)にてお問合せください。 地鎮祭・起工式 家屋やビルなどの建築物を建てたり、駐車場などを造成したりする際、土地の造作にあたって、土地に鎮まり守っておられる神々に起工の旨を奉告し、工事の無事竣工、作業員の安全をお祈りする大切な御祭です。 竣工式・落成式 店舗やビルなどの建物が無事できあがった際には、完成に感謝し、あわせて建物の清め祓いを行ない、神棚(神宮大麻・氏神さまの御神札)を奉齋します。 家堅祭 家が無事できあがった際には、完成に感謝し、あわせて家の清め祓いを行ない、神棚(神宮大麻・氏神さまの御神札)を奉齋します。 新居清祓・事務所清祓 建売住宅・中古住宅、賃貸マンション・アパート、貸し事務所などに入居する際、そこに残されている、以前に暮らしていた(営んでいた)人たちの罪穢れ(つみけがれ)を清め祓う必要があります。 あわせて家、会社の無事安泰、発展隆昌をお祈りします。 清祓の後には神棚(神宮大麻・氏神さまの御神札)をしっかりと奉齋しましょう。 神葬祭 人が亡くなることは悲しい出来事です。 亡くなった人は御霊神となり、家の守り神として、未来永劫、家の平穏無事を見守ってくださいます。 故人を偲び、守り神としてあたたかく見守ってくださることをお祈りします。 年祭(祖霊祭) 祖先を仰ぐ御祭として、祖霊舎や墓所で行なう祖霊祭があります。 毎年行なわれる春季霊祭(3月春分の日)・秋季霊祭(9月秋分の日)などの恒例祭のほか、亡くなってからの年数に応じた年祭があります。 【年祭】(左は亡くなってからの年数) 1年 式年祭(一年祭) 3年 三年祭 5年 五年祭 10年 十年祭 20年 二十年祭 30年 三十年祭 40年 四十年祭 50年 五十年祭 100年 百年祭 以後、百年ごとに年祭を行なう。

次の

女性に人気の「かわいいお守り」はコレ!菊田神社・習志野市

菊田 神社

祭神 [ ]• - この地にたどり着いたとによって合祀されたと伝わる。 由緒 [ ] 旧ので、古くは「 久々田大明神」と称された。 年間(~)頃に創建されたと伝わる。 かつては境内地周辺はで、当社は島の上に鎮座していたと言われている。 伝承によると、流刑に処されたとの一族郎党が4年(1180年)に周辺にあった入江に上陸した際、当社に参拝して祖先のを合わせ祀った。 後に師経の一族は三山郷(現在の )に移住したという。 (実際には二宮神社にも時平が祀られている。 )時が経つにつれ入り江が浅瀬となり、やがて浅瀬も埋め立てられ周辺が水田地帯となった。 境内が船の形をしているのは、師経一族の着船の記念するために盛土する時にこの形にしたと伝えられている。 年間(~)には「 菊田大明神」と改称。 元年()、近隣区内の金刀比羅神社等6社を境内社として合祀。 53年()、千葉県神社庁より「顕彰規範神社」に指定された。 境内 [ ] 「狛犬」と呼ばれる狛犬像 御池 [ ] 境内にある池の水源は二宮神社と言われている。 この地域は低地で中世は海が近く、流罪に処せられた師経・師長ら一党が神社の池周辺の入り江に上陸したという伝説も残されている。 古代()は海岸線が今の陸地に近かったため、この入り江が船着き場であった可能性があると推測する研究家もいる。 なお、周辺の村落に住んでいる人々は海路で、方面から来たという伝承の残る旧家が多く存在する。 参道 [ ] 50~60m程度の比較的整備された参道が延びている。 5年()6月建立の鳥居はによって倒壊し、平成23年()12月に再建された。 旧鳥居の一部は境内の一角に陳列されていた。 鳥居から社殿までの間に3対のがあり、一番手前の1対(9年(1838年)建立)の吽形にはその表情から「狛犬」というあだ名がつけられている。 社殿 [ ] あんば様(2012年3月11日撮影)• (1月1日)• (2月3日)• あんば様(3月15日に近い日曜日) に近い日曜日に行われるの行事。 「あんばーおーせー(阿波大杉)大明神、悪魔を払ってよーいやせ」と唱えながら地区内を神輿渡御する。 正しくは「 阿波様(あばさま)」といい、に(ほうそう)流行を防ぐために始まったと言われている。 言い伝えによると、久々田村のがに効くと言われている阿波村(現・)の (大杉大明神)の御札を持ち帰ったところ、疫病の流行が治まったという。 それ以降、大杉神社の分霊を境内に祀り「あんば様」の祭りが続けられている。 例祭(10月19日)• (丑年・未年) 三山にあるを中心とし、船橋市・・・習志野市の9神社が参加する祭り。 当社は「叔父(おじ)」の役割を務める。 交通 [ ]• より徒歩5分• より徒歩15分 関連場所 [ ]• 神之台(かんのだい・かんのんだい)・ 火の口 藤原師経が荒天に遭遇してこの地に流れ着いた際に、見失った姉の船に合図のを上げたと伝わる場所。 七年祭りの終わりに際して二宮神社のがここに安置され、神事が行われる。 位置: 出典 [ ]• 『』千葉県 編、多田屋書店、1919年、523頁。 菊田神社公式HP. 2020年4月19日閲覧。 神社探訪・狛犬見聞録. 2020年6月10日閲覧。 習志野の地域情報サイト まいぷれ. 2020年6月10日閲覧。 com. 2020年6月10日閲覧。 習志野市公式ホームページ. 2020年6月13日閲覧。 『』千葉県千葉郡教育会編、1926年、703-704頁。 参考文献・サイト [ ]• 『菊田神社(小冊子)』菊田神社。 菊田神社公式HP. 2019年11月23日閲覧。 菊田神社公式HP. 2019年11月23日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の