マッチ ドット コム 足跡 残さ ない。 マッチドットコムの評判や口コミは悪い?1ヶ月実際に使って評価【平均年収や安全性は?】

4ページ目の記事一覧

マッチ ドット コム 足跡 残さ ない

黒田恭一 ステレオサウンド 110号(1994年3月発行) 「絶世の美女との悦楽のひとときに、心がゆれた……」より 「お前、大丈夫か?」 なんとも身勝手ないいぐさとは思われた。 しかし、自分の部屋にもどって、スチューダーのA730のスイッチを入れながら、無意識のうちに、そう呟いていた。 むろん、若干の後ろめたさを感じていなかったわけではない。 なんといっても、こっちは、絶世の美女四人と、たとえしばしの時間とはいえ、悦楽の時を過ごしてきたのである。 後ろめたさを感じて当然だった。 そのあげくの、「お前、大丈夫か?」であった。 ことをいそぎすぎて、A730に、いらぬ粗相をさそては気の毒である。 スイッチを入れてから、一時間ちかくも待った。 A730の準備のととのうを待つ間に、不実な主は、千コマで、かりそめの時をともにしていた美女たちのことをぼんやりと思いかえしていた。 その時の気分は、さしずめ、ロロ、ドド、ジュジュ、マルゴとマキシムの女たちの名前を、ほんとうはもっとも愛しているハンナの前で口にする、オペレッタ「メリー・ウィドウ」の登場人物ダニロの気持に似ていなくもなかった。 今回もまた、甘言をもって、ぼくを不実な行為に誘ったのはM1である。 「このところにきて、CDプレーヤーが新しい局面をむかえていましてね」 受話器からきこえてくるM1の声は、夜陰にまぎれて好色親爺を巧みに誘うぽん引きのささやきに、どことなく似ていなくもなかった。 M1は、さらに、「いい娘が四人ほどいるんですがね……」、ともいって、意味ありげにことばじりをにごした。 いつもながらのこととはいえ、M1のタイミングのよさには感心させられた。 M1の誘いに、結果として、ぼくは虚をつかれたかたちになった。 ぼくは毎日を、かなりしあわせな気分でいた。 この正月、ほぼ一年ぶりに訪ねてくれた友人は、何枚かのCDに黙って耳をすました後、「なにか装置を変えたの?」、といって、ぼくを大いに喜ばせてくれた。 彼は鬼の耳の持主である。 ぼくは、なにひとつ装置を変えていないと答えた。 彼は怪訝な顔をして、「ずいぶんかわったね、去年の音とは」、といってから、彼がこれまで一度も口にしたことがないような言葉で、ほめてくれた。 夫婦仲の悪い男が浮気にはしる、と考えるのは、たぶん、誤解である。 夫婦仲がぎくしゃくしていれば、男はさしあたり、目の前の割れ蓋の修復に専念せざるをえない。 そのような立場におかれた男に、余所にでかけ、それなりの所業にはげむ余裕があるとは考えにくい。 もし、割れ蓋の修復をなおざりにしたあげく、余所に楽園を探すようなタイプの男であれば、哀れ、さらにもう一枚の割れ蓋をつくるだけである。 ぼくも、うちのスチューダーたちと折りあいの悪い状態でM1に声をかけられたのであれば、それなりの覚悟をして、ステレオサウンドの試聴室にでかけたにちがいなかった。 しかし、そのときのぼくは、なにがマークレビンソンだ、なにがソニーの新製品だ、うちの嫁はんが一番や、とたかをくくっていた。 しかし、安心したぼくが悪かった。 M1は読心術をも心得ているようで、巧みにぼくの虚をついた。 まず、デンオンのDP-S1+DA-S1からきき始めた。 このCDトランスポートとD/Aコンヴァーターについては、少し前に、長島達夫氏が、「ステレオサウンド」の誌上で、「ともかく、とのような音が来ても揺るがず、安定しきった再生ができるのである……最近これは感銘をうけた製品はない」、と書いていらしたのを、ぼくはおぼえていた。 そのためもあって、かねてから、機会があったら一度きいてみたい、と思っていた。 一聴して、なるほど、と長島達夫氏の言葉が納得できた。 そして、同時に、電話口のM1が、「このところにきて、CDプレーヤーが新しい局面をむかえていましてね」、といった意味も理解できた。 デンオンのDP-S1+DA-S1がきかせてくれる音の質的な、あるいは品位の高さには驚嘆すべきものがあった。 きめ細かなひびきに、うっとりとききいった。 デンオンのDP-S1+DA-S1のきかせてくれる音は、敢えてたとえれば、オードリー・ヘップバーン的な美人を、ぼくに思い出させた。 その得意にするところは、かならずしも劇的な演技にはなく、抒情的な表現にあった。 むろん、繊細な表現にのみひいでていて、力強さに不満が残るなどという、低次元のはなしではない。 オーケストラがトゥッティで強奏する音に対しての力にみちた反応にも、充分な説得力があった。 ただ、いかにドラマティックな表現を要求されようと、ついに裾う乱さない慎ましさが、DP-S1+DA-S1のきかせてくれる音には感じられた。 そのようなDP-S1+DA-S1の持味を美徳と考えるか、それともいたらなさと感じるか、それともいたらなさと感じるか、それは、たぶん、使う人の音楽的な好み、ないしは音に対しての美意識によってちがってくる。 カラヤンが一九七九年に録音した「アイーダ」の全曲盤で標題役をうたっているのはミレッラ・フレーニである。 当時のフレーニはリリック・ソプラノからの脱出をはかりつつあって、アイーダのみならず、トスカのような劇的表現力を求められる役柄にも果敢に挑戦していた。 DP-S1+DA-S1のきかせてくれた見事な音が、ぼくには、どことなく、一九七〇年代後半から一九八〇年代前半にかけてのフレーニの歌唱に似ているように感じられた。 ミレッラ・フレーニは、先刻ご承知のように、もともとリリック・ソプラノとしてオペラ歌手のキャリアを始めた歌い手である。 しかし、あの慧眼の持主であったカラヤンがアイーダをうたうソプラノとして白羽の矢をたてたことからもあきらかなように、一九七〇年代後半ともなると、フレーニは、すでにドラマティックな役柄をこなせるだけの声の力をそなえていた。 しかし、そのようなフレーニによった絶妙な歌唱といえども、もともとの声がアイーダをうたうに適したソプラノ・リリコ・スピントによったものとは、微妙なちがいがあった。 アイーダをうたってのフレーニの持味は、ドラマティックな表現を要求される音楽ではなく、抒情的な場面で発揮された。 また、そのような既存のアイーダ像とはちがったアイーダを提示するのがカラヤンのねらいでもあった。 蛇足ながら書きそえれば、アイーダをうたうフレーニを、背伸びしすぎたところでうたっているといって批判する人もいなくはないが、ぼくはアイーダをうたうフレーニの支持派である。 いくぶんリリックな声のソプラノによって巧みにうたわれたアイーダは、ソプラノ・リリコ・スピントによって劇的に、スケール大きくうたわれて、過度に女丈夫的なイメージをきわだたせることもなく、恋する女の微妙な心のふるえを実感させてくれるからである。 ついできいたのはソニーのCDP-R10+DAS-R10だった。 このCDトランスポートとD/Aコンヴァーターのきかせる音にふれた途端、ぼくは、一瞬、ロミー・シュナイダー風美女にキッと見つめられたときのような気持になり、たじろいだ。 ここできける音には、媚びがない。 曖昧さがない。 潤色が、まったく感じられない。 劇的なひびきも、抒情的な音も、まっすぐ、いいたいことをいい切っていながら、しかも相手を冷たくつきはなすようなところがない。 音楽のうちに脈々とながれる熱い血をききてに感じさせることに、いささかの手抜かりもない。 蛇足ながら書きそえれば、ロミー・シュナイダーはほくにとっての理想の美女である。 ソニーのCDP-R10+DAS-R10の音にふれたぼくは、出会いがしらに恋におちたような気分になった。 「なんだって、CDを裏がえしてセットするんだって?」などと、なれない手順に不満をとなえながらきき始めたにもかかわらず、ものの一分とたたないうちに、「凄い、これは凄い!」と溜息をついていた。 幸か不幸か、試聴後には予定があった。 したがって、ロミー・シュナイダーとの心きとめく対面は、そこそこにすませなければならなかった。 後の予定がなければ、ぼくは、編集部の面々に箒をたてられても気付かず、延々とききつづけ、家に帰るのを忘れていたかもしれなかった。 おのれの不実を恥じつつも、ぼくは、家で待つ、うちの嫁はん、スチューダーのA730がきかせてくれる音と、今、出会ったばかりのロミー・シュナイダーのきかせてくれている音を耳の奥で比較しないではいられなかった。 若干の救いは、その他の部分、つまりスピーカーやアンプが家のものとステレオサウンド試聴室のものとが同じでないことであった。 しかし、いかに条件がちがっていても、ロミー・シュナイダーとうちの嫁はんの目鼻だちのわずかとはいいがたいちがいは充分にききわけられた。 もっともちがっていたのは、言葉として適当かどうかはわからないが、情報の精度のように思われた。 このソニーのCDP-R10+DAS-R10のきかせてくれる音は、それらしい音をそれらしくきかせるということをこえたところで、キリッと、まっすぐひびいていた。 きっと、このような、しっかりした音は、思いつきや小手先のやりくりによってではなく、技術的に正攻法で攻められたところでのみ可能になるものであろう、と思ったりもした。 CDのための、このような高度の性能をそなえた再生機器ともなれば、斯く斯くしかじかのソースではどうきこえたとか、こうきこえたとかいった感じで語ろうとしても、徒労に終るにちがいない。 もし、かりに、ききてと音楽との間に介在することをいさぎよしとせず、まるで透明人間のように姿を消して、その機器へのききての意識を無にできることが再生装置の理想と考えれば、ソニーのCDP-R10+DAS-R10は、その理想に限りなく近づいている。 そう考えると、CDP-R10+DAS-R10をロミー・シュナイダーとみなしたぼくのたとえは、見当はずれのものになる。 ロミー・シュナイダーは、どんなつまらない映画にでても、強烈に自己の存在をアピールできた女優だった。 したがって、ここでのロミー・シュナイダーのたとえは、ぼくの魅了されかたの度合を表明するだけのものと、ご理解いただきたい。 ききてと音楽との間で自己主張しないということでは、むしろ、ソニーのCDP-R10+DAS-R10はロミー・シュナイダーの対極に位置していた。 ちなみに、全四機種をきき終えた後、ぼくは、わがままをいって、編集部の若者たちの手をわずらわせ、ソニーのCDP-R10+DAS-R10を、もう一度きかせてもらわずにいられなかった。 そのことからも、おわかりいただけると思うが、今回、きかせてもらった四機種のうちでぼくがもっとも心を動かされたのは、ソニーのCDP-R10+DAS-R10だった。 ついできいたのはワディアのWADIA7+WADIA9だった。 これにもまた、大いに驚かされた。 ぼくの驚きを率直にいうとすれば、CDの再生機器は、すでにここまでいっているのか、と思ってのものだった。 しかし、同時に、ぼくは、マ・ノン・トロッポ!(しかし、はなはだしくなくの意)と呟かないではいられなかった。 情報の精度の高さということになれば、これもまた、かなりのところまでいっているのは、ぼくの耳にもわかった。 ただ、ここできける音には、情報が整理されすぎたため、とみるべきか、整然としたひびきが若干冷たく感じられた。 曖昧さをなくそうとするあまり、角を矯めて牛を殺してはいないかな、と思ったりもした。 おそらく、このワディアのWADIA7+WADIA9のきかせる音についてのききての評価は大きくわかれるにちがいない。 ぼく自身も、ここできける音を前に、冷静ではいられず、心がむれた。 これが、もし、数年前だったら、と思ったからである。 音に対して保守的になってはならないと、日頃、自分をいましめてはいる。 音に対して保守的になったが最後、ききては歯止めを失い、懐古の沼に沈んだあげく、昔はよかった風の老いのくりごとをくりかえしはじめる。 ひとたびサビついてしまった感覚は修復不能である。 積極果敢に新しい音とふれあっていかないと、日に日に前進のエネルギーが不足していく。 しかし、以前であれば、ぐらときて、そのまま突進していたかもしれない、このワディアのきかせる新時代の音を前に、今、ぼくは戸惑っている。 お恥ずかしいことである。 明晰さということでいえば、これは、ぼくがいまだかって耳にしたことのない明晰な音である。 ここで耳にした音には、さしずめ、超人的な頭脳の持主が、消しゴムを使った痕跡さえ残さず、ものの見事に解いた方程式のような感じが或る。 このような曖昧さを微塵も残さない音が、ぼくは、もともと嫌いではない。 しかし、やはり、どうしても、マ・ノン・トロッポ! と呟かないではいられなかった。 ただ、そのようなワディアのWADIA7+WADIA9のきかせる音についての感想は、あくまでもぼくのきわめて個人的なものでしかないので、ご興味のある方は、どこかで、なんとか機会をみつけられて、このユニークな音とふれあわれることをおすすめする。 もしかすると、ご自身のオーディオ感の根底をゆさぶられるような思いをなさらないとも限らない。 それだけの、独特の力をそなえている、このワディアの音である。 マークレビンソンのNo. 31L+No. 30Lを最後にきいた。 これは以前にもきいたことがある。 したがって、「どうも、お久しぶり」、といった感じできき始めることができた。 ここで耳にする音は、音の性格として、ワディアのWADIA7+WADIA9のきかせてくれる音の対極にある。 もし、ワディアのWADIA7+WADIA9のきかせてくれる音がエゴン・シーレ描くところの痩せた美少女にたとえられるのであれば、マークレビンソンのNo. 31L+No. 30Lのきかせてくれるのはグスタフ・クリムトの描く豊潤な美女であろう。 この、個々の音を、ぐっとおしだしてくる、たっぷりとしたひびきっぷりは見事の一語につきる。 このマークレビンソンをしばらくきいた後に、ソニーをあらためてききなおしたら、けっして痩せすぎとはいいがたいロミー・シュナイダーがひどくスリムに感じられた。 充分に繊細であり、鋭敏でもあって、そのうえ、腰のすわった、肉づきのいい音をきかせてくれるのが、このマークレビンソンである。 粗衣身で、これは、いかに過酷なききての求めであろうと、十全にこたえられる機器というべきであろう。 このような音を耳にすると、CDはどうも音が薄っぺらで、といったような、しばしば耳にする、表面的なところでのCD批判のよりどころが、どうしたって、ぼけてくる。 いくぶん逆説的にきこえてしまうのかもしれないが、このCDの強みを最大限いかしきった機器できける音は、さまざまなCDプレーヤーのきかせてくれる音のなかで、もっとも非CD的な音である、といえなくもない。 この力にみちた、弾力にとむ音は、たぶん、最高級のアナログディスクプレーヤーできける音と較べても、いささかの遜色もないはずである。 まことに見事な、表現力にとんだ、恰幅のいい音である。 ただ、畏敬しつつも、身近に感じることのできない音が或る。 そのあたりが模範回答のないオーディオの、オーディオならではの面白いところというべきかもしれない。 ぼくにとって、マークレビンソンのNo. 31L+No. 30Lのきかせてくれる音が、畏敬しながらも、自分からは離れたところにある音のようである。 グスタフ・クリムトの描く豊満な美女に対する憧れは充分にあるが、そのタイプの音となると、かならずしもぼくのものではない、と思ってしまう。 絶世の美女四人とのステレオサウンド試聴室での、しばしばの団欒は、スリリングでもあり、まことに楽しかった。 ステレオサウンド試聴室につどったロロやドド、ジュジュやマルゴたちのチャーミングな容姿や物腰、それに体温を、ダニロよろしく思い出しているうちに、アンプもあたたまってきたようである。 いささかの後ろめたさと不安を胸に、ぼくスチューダーのA730のスタートボタンをおした。 あたりまえのことながら、日頃なじんでいた音がきこえてきた。 ぼくは、なれない外国語に苦労しつつ一人であちこち旅してきて、やっとのことで帰りつき、「お疲れさま」、とやさしく声をかけられたときのような気持になり、なぜか、ほろっとした。 そして、同時に、安堵の溜息をつかずにいられなかった。 ステレオサウンド試聴室で出会ったロロやドド、ジュジュやマルゴたちは、たしかに、今、ぼくの使っているスチューダーA730+ワディア2000SHのいたらなさに気づかせた。 最新のCD再生機器の性能が、ここのところにきて大きく向上したのは否定しようのない事実である。 その意味で、M1の、「このところにきて、CDプレーヤーが新しい局面をむかえていましてね」、といった言葉は正しかった。 以前であれば、このような状況を目のあたりにすれば、前後の見さかいもなく、飛石づたいに、あっちにふらふら、っこちにふらふらするような感じで放蕩をかさねられたのかもしれなかった。 しかし、今は、よほどうちの嫁はんに惚れ込んでしまっているためかどうか、どうやら、ここしばらくは、ロミー・シュナイダーのことが原因の別れ話をしないでもすませそうに思え、ほっとしつつも、ちょっと寂しい気もしている。 それにしても、「お前、第屏風か?」、と呟いたぼくに答えるかのように、A730が恥じらいつつうなずいたのは、あれは幻影だったのか? 井上卓也 ステレオサウンド別冊「JBLのすべて」(1993年3月発行) 「ハイエンドアンプでProject K2 S9500を堪能する」より 現在のハイエンドマーケットで、良くも悪くもリファレンスアンプとして常用されている、マークレビンソンの組合せである。 26Lは、ステレオサウンドのリファレンスアンプの一部で、設置位置は十分に吟味して決めてあるため、テフロン基板タイプとなったNo. 26SLもまったく同じ条件に置くことにした。 一般に、電源部が独立したプリアンプでは、電源部はどこにどのような状態で置いても音は変らないと思われているようであるが、電源部の感度は相当に高く、置き場所の条件で、音質、音色ともにコロコロと変るものであることを是非とも覚えておく必要がある。 パワーアンプは標準位置、結線は平衡型である。 アウトフォーカスの写真が、徐々にクリアーなピントとなるようなウォームアップをするタイプで、アンプのウォームアップの典型的なパターンといえよう。 帯域バランス的な変化は少ないため、ほぼ10分間も経過すれば、一応この組合せとおぼしき音にはなるが、音場感情報量は抑えられ、音の内容も新聞の写真のように粗粒子型のラフさが残っている。 低域は軟調気味で、質感が甘く、高域も伸びきっていないため、ゆったりおおらかな魅力はあるが、やや締まらない制御不足の音ともいえるだろう。 時間経過に伴い、内容が次第に充実し、音場感情報が豊かになると音の表情にも余裕が感じられるようになり、高級アンプならではの独自の世界が展開されるようになる。 S9500は、いわゆるアブソリュートフェイズも、一般的スピーカーと同様に正相に変っているため、よく知られているJBLのモニター系(こちらは逆相である)の音質音色に比べ、かなり柔らかくしなやかで、マイルドな方向の音に変っているが、独特のプロポーションをもつエンクロージュアの特徴から、奥行き方向のパースペクティヴの再現能力や音像が浮かび上がって定位する魅力は、従来にない新しい魅力だ。 26SLは、従来のLタイプから、滑らかに、艶やかに、の方向に音色が変り、独特の陰影が音につくようになった。 このため、ここでの音はかなり柔らかく豊かで、色彩感を少し抑えた淡彩な音で鳴り、低域は量感はあるが軟調で甘く、全体に見事にコントロールされた、非常に巧みな、味わい深い、とてもオイシイ音として聴かせるパフォーマンスは、マークレビンソンならではの魅力であり、安心感、信頼感である。 この程度、時間も経過すれば、スピーカーも部屋に馴じみ、当初のマットな表情から目覚めだしたようで、このアンプ用にセッティングを修正すれば、かなりの幅で自分の音とすることは容易であろう。 プログラムソースの暗騒音の分布から、中域にキャラクターがあるのが判かるが、音を引き締める要素となっており、これがマーク・レヴィンソンの魅力だろう。 音場感はナチュラルに拡がり、音像は小さく、輪郭クッキリと立ち、感覚的な見通しはよい。 プログラムソースとの対応は、全体に、僅かではあるが小さく凝集して聴かせる。 菅野沖彦 ステレオサウンド 79号(1986年6月発行) 特集・「CDプレーヤー・ダイレクト接続で聴く最新パワーアンプ48機種の実力テスト」より 柔軟な質感をよく再現し、木目の細かい粒立ちや、滑らかなニュアンスは魅力的である。 ただ、明るく抜けきった屈託のない音とは違って、どこか、生ぬるい感触が個人的には違和感として感じられる。 カンタータでのヴォーカルのドゥエットはソフトな質感だが、やや鮮烈さが不足し、瑞々しさとリアリティに不満が残った。 耳障りな刺激性は皆無といってよいが、肌合いが私には合わないのだろう。 ベースの音色やピアノのリアリティは見事で、アナリティカルに聴くと大変優れているが。 音質:9. 2 価格を考慮した魅力度:8. 8 井上卓也 ステレオサウンド 79号(1986年6月発行) 特集・「CDプレーヤー・ダイレクト接続で聴く最新パワーアンプ48機種の実力テスト」より ナチュラルに伸びた帯域バランスと、シャープに、クッキリと音に輪郭をつけて聴かせる鋭角的なイメージの音である。 低域はやや硬質だが、質感に優れ、引き締まった音が特徴である。 ただし、伸びやかさはミニマムであり、中低域の豊かさも不足気味だ。 中域は、コリッとした独特の質感があり、これが聴かせどころになってはいるが、聴感上でのSN比が一段と向上すれば、よりナチュラルになり、彫りの深い見事な中域になるだろう。 総合的に立派な製品だが、限りなき前進を望む。 音質:9. 3 価格を考慮した魅力度:9. 品位が高いというのは、物理特性によるところが大きい。 パーツやコンストラクションを含めて、音の実体に則した特性の洗練が生んだ結果だろう。 測定データ上の物理特性の次元では、今や、品位が高いという表現が使える音になるとは限らない。 この透明度の高い空間再現性、滑らかでソリッドな実在感豊かな音の多彩な再現能力は、現在の高級プリアンプの中でも傑出していると思う。 [AD試聴]マーラーの第6交響曲を聴いて、定位、奥行きの再現などが、ちょっと、他のアンプとちがうことを感じさせられた。 個性としては、やや粘りっこい女性的な色合いと質感の中間ぐらいの感触が感じられて気になるが。 JBLだと、より実在感が高く、眼前に屹立するようで、いわゆるソリッドな音、マッシヴな音という表現をしたくなる。 B&Wでも、このスピーカーのスケールが一廻り大きくなったような音像の立体感と実在感が聴ける。 [CD試聴]CDを聴いても、ADの項で述べたような、並のアンプとは一桁ちがう品位の高い音という印象は変らない。 好き嫌いは別として脱帽せざるを得ないものだと思う。 質感は表面は骨らかで、しなやかで、中味はかなりつまっている感じである。 ショルティのワグナーの鮮かなオーケストラには圧倒される。 ベイシーのピアノの輝かしい音色、ミュート・トランペットの複雑な音色の妙と冴え、リズムの抑揚が生き生きと弾んでスイングする。 尋常ならざる迫力というべきである。 円みのある音の提示で特にすぐれている。 ここにあるのは下品にならない馬力とでもいうべきものである。 38」 B. クイケン(fl)、S. クイケン(vn)、W. アタックの鋭い音での反応ではスレッショルドでのものの方がすぐれている。 ベースの音は大きくふくれてしまっている。 力感の提示よりしなやかさへの対応にすぐれた組合せというべきか。 38」 B. クイケン(fl)、S. クイケン(vn)、W. すぐ下には公園があって、テニスコートやプールがある。 いまはまだ水の季節ではないが、桜の花が満開の暖い日には、テニスコートは若い人たちでいっぱいになる。 公園の向うの河の水は澱んでいて、暖かさの急に増したこのところ、そばを歩くとぷうんと溝泥の匂いが鼻をつくが、10階まではさすがに上ってこない。 河の向うはビル街になり、車の往来の音は四六時中にぎやかだ。 そうした街のあちこちに、双眼鏡を向けていると、そのたびに、あんな建物があったのだろうか。 見馴れたビルのあんなところに、あんな看板がついていたのだっけ……。 仕事の手を休めた折に、何となく街を眺め、眺めるたびに何か発見して、私は少しも飽きない。 高いところから街を眺めるのは昔から好きだった。 そして私は都会のゴミゴミした街並みを眺めるのが好きだ。 ビルとビルの谷間を歩いてくる人の姿。 立話をしている人と人。 あんなところを犬が歩いてゆく。 とんかつ屋の看板を双眼鏡で拡大してみると電話番号が読める。 あの電話にかけたら、出前をしてくれるのだろうか、などと考える。 考えながら、このゴミゴミした街が、それを全体としてみればどことなくやはりこの街自体のひとつの色に統一されて、いわば不協和音で作られた交響曲のような魅力をさえ感じる。 そうした全体を感じながら、再び私の双眼鏡は、目についた何かを拡大し、ディテールを発見しにゆく。 高いところから風景を眺望する楽しさは、なにも私ひとりの趣味ではないと思うが、しかし、全体を見通しながらそれと同じ比重で、あるいはときとして全体以上に、部分の、ディテールの一層細かく鮮明に見えることを求めるのは、もしかすると私個人の特性のひとつであるかもしれない。 そこに思い当ったとき、記憶は一度に遡って、私の耳には突然、JBL・SA600の初めて鳴ったあの音が聴こえてくる。 JBLのプリメイン型アンプSA600が発表さたのは、記憶が少し怪しいがたぶん1966年で、それより少し前の1963年には名作SG520(プリアンプ)が発表されていた。 JBL・Tサーキット? の名で華々しく登場した。 このパワーアンプに、SG520をぐんと簡易化したプリアンプを組合わせて一体(インテグレイテッド)型にしたのがSA600である。 この、SE400の回路こそ、こんにちのトランジスターパワーアンプの基礎を築いたと言ってよく、その意味ではまさに時代を先取りしていた。 私たちを驚かせたのは、むろん回路構成もであったにしても、それにもまさる鳴ってくる音の凄さ、であった。 アンプのトランジスター化がまだ始まったばかりの時代で、回路構成も音質もまた安定度の面からも、不完全なトランジスターアンプがはびこっていて、真の音楽愛好家の大半が、アンプのトランジスター化に疑問を抱いていた頃のことだ。 それ以前は、アメリカでは最高級の名声を確立していたマランツ、マッキントッシュの両者ともトランジスター化を試みていたにもかかわらず、旧型の管球式の名作をそれぞれに越えることができずにいた時期に、そのマランツ、マッキントッシュの管球式のよさと比較してもなお少しも遜色のないばかりか、おそらくトランジスターでなくては鳴らすことのできない新しい時代を象徴する鮮度の高いみずみずしい、そしてディテールのどこまでも見渡せる解像力の高さでおよそ前例のないフレッシュな音を、JBLのアンプは聴かせ、私はすっかり魅了された。 この音の鮮度の高さは、全く類がなかった。 何度くりかえして聴いたかわからない愛聴盤が、信じ難い新鮮な音で聴こえてくる。 一旦この音を聴いてしまったが最後、それ以前に、悪くないと思って聴いていたアンプの大半が、スピーカーの前にスモッグの煙幕でも張っているかのように聴こえてしまう。 JBLの音は、それぐらいカラリと晴れ渡る。 とうぜんの結果として、それまで見えなかった音のディテールが、隅々まではっきりと見えてくる。 こんなに細やかな音が、このレコードに入っていたのか。 そして、その音の聴こえてきたことによって、これまで気付かなかった演奏者の細かな配慮を知って、演奏の、さらにはその演奏をとらえた録音の、新たな側面が見えはじめる。 こんにちでは、そういう音の聴こえかたはむしろ当り前になっているが、少なくとも1960年代半ばには、これは驚嘆すべきできごとだった。 ディテールのどこまでも明晰に聴こえることの快さを教えてくれたアンプがJBLであれば、スピーカーは私にとってイギリス・グッドマンのアキシオム80だったかもしれない。 そして、これは非常に大切なことだがその両者とも、ディテールをここまで繊細に再現しておきながら、全体の構築が確かであった。 それだからこそ、細かな音を鳴らしながら音楽全体の姿を歪めるようなことなくまたそれだからこそ、細かな音のどこまでも鮮明に聴こえることが快かったのだと思う。 細かな音を鳴らす、というだけのことであれば、これら以外にも、そしてこれら以前にも、さまざまなオーディオ機器はあった。 けれど、全景を確かに形造っておいた上で、その中にどこまでも細やかさを求めてゆく、という鳴らし方をするオーディオパーツは、決して多くはない。 そして、そういう形でディテールの再現される快さを一旦体験してしまうと、もう後に戻る気持には容易になれないものである。 キリキリと絞り込んで、隅から隅までキッカリとピントの合った印画を、手にとって眺めてみる。 見えるものすべてにピントの合った映像というものが、全く新しい世界として目の前に姿を現わしてくる。 それをさらに、ルーペで部分拡大して見る。 それはまさに、双眼鏡で眺めた風景に似て、超現実の別世界である。 写真に集中的に凝っていたころ、さまざまのカメラやレンズの名品を、一度は道楽のつもりで手もとに置いた時期があった。 しかし、たとえばタンバールやヘクトールなどの、幻ともいわれる名レンズといえども、いわゆるソフトフォーカスタイプのレンズは、どうにも私の好みには合わないことを、道楽の途中で気づかされた。 私は常に、ピントの十分に合った写真が好きなのだった。 たとえば長焦点レンズの絞りを開放近くに開いて、立体を撮影すれば、ピントの合った前後はもちろんボケる。 仮にそういう写真であればあったで、ともかく、甘い描写は嫌いで、キリリと引締った鋭く切れ込む描写をして欲しい。 といって、ピントが鋭ければすべてよいというわけではない。 髪の毛を、まるで針金のような質感に写すレンズがある。 逆に、ピントの外れた部分を綿帽子のようにもやもやに描写するレンズがある。 どちらも私は認めない。 髪の毛の質感と、バックにボケて写り込んでいる石垣の質感とが、それぞれにそれらしく感じとれないレンズはダメだ。 その上で、極力鋭いピントを結ぶレンズ……。 こうなると、使えるタマは非常に限られてしまう。 そうした好みが、即ち再現された音への好みと全く共通であることは、もう言うまでもなくさらにはそれが、食べものの味の好み、色彩やものの形、そして異性のタイプの好みにまで、ひとりの人間の趣味というものは知らず知らずに映し出される。 それだから、アンプを作る人間の好みがそれぞれのアンプの鳴らす音の味わいに微妙に映し出され、アンプを買う側の人間がそれを嗅ぎ分け選び分ける。 自分の鳴らしたい音の世界を、どのアンプなら垣間見せてでもくれるだろうか。 さまざまのアンプを聴き分け、選ぶ楽しさは、まさにその一点にある。 どこまでも細かく切れ込んでゆく解像力の高さ、いわばピントの鋭さ。 澄み切った秋空のような一点の曇りもない透明感。 そして、一音一音をゆるがせにしない厳格さ。 それでありながら、おとのひと粒ひと粒が、生き生きと躍動するような,血の通った生命感……。 そうした音が、かつてのJBLの持っていた魅力であり、個性でもあった。 そのためか、音の支えがいかにも確としてゆるぎがない。 細いかと思っていると案外に肉づきがしっかりしている。 それは恰も、欧米人の女声が、一見細いようなのに、意外に肉づきが豊かでびっくりさせられるというのに似ている。 要するにJBLの音は、欧米人の体格という枠の中で比較的に細い、のである。 JBLと全く対極のような鳴り方をするのが、マッキントッシュだ。 ひと言でいえば豊潤。 なにしろ音がたっぷりしている。 JBLのような? 一見……? ではなく、遠目にもまた実際にも、豊かに豊かに肉のついたリッチマンの印象だ。 音の豊かさと、中身がたっぷり詰まった感じの密度の高い充実感。 そこから生まれる深みと迫力。 そうした音の印象がそのまま形をとったかのようなデザイン……。 この磨き上げた漆黒のガラスパネルにスイッチが入ると、文字は美しい明るいグリーンに、そしてツマミの周囲の一部に紅色の点(ドット)の指示がまるで夢のように美しく浮び上る。 このマッキントッシュ独特のパネルデザインは、同社の現社長ゴードン・ガウが、仕事の帰りに夜行便の飛行機に乗ったとき、窓の下に大都会の夜景の、まっ暗な中に無数の灯の点在し煌めくあの神秘的ともいえる美しい光景からヒントを得た、と後に語っている。 だが、直接にはデザインのヒントとして役立った大都会の夜景のイメージは、考えてみると、マッキントッシュのアンプの音の世界とも一脈通じると言えはしないだろうか。 つい先ほども、JBLのアンプの音の説明に、高い所から眺望した風景を例として上げた。 JBLのアンプの音を風景にたとえれば、前述のようにそれは、よく晴れ渡り澄み切った秋の空。 そしてむろん、ディテールを最もよく見せる光線状態の昼間の風景であろう。 その意味でマッキントッシュの風景は夜景だと思う。 だがこの夜景はすばらしく豊かで、大都会の空からみた光の渦、光の乱舞、光の氾濫……。 贅沢な光の量。 ディテールがよくみえるかのような感じは実は錯覚で、あくまでもそれは遠景としてみた光の点在の美しさ。 言いかえればディテールと共にこまかなアラも夜の闇に塗りつぶされているが故の美しさ。 それが管球アンプの名作と謳われたMC275やC22の音だと言ったら、マッキントッシュの愛好家ないしは理解者たちから、お前にはマッキントッシュの音がわかっていないと総攻撃を受けるかもしれない。 だが現実には私にはマッキントッシュの音がそう聴こえるので、もっと陰の部分にも光をあてたい、という欲求が私の中に強く湧き起こる。 もしも光線を正面からベタにあてたら、明るいだけのアラだらけの、全くままらない映像しか得られないが、光の角度を微妙に選んだとき、ものはそのディテールをいっそう立体的にきわ立たせる。 対象が最も美しく立体的な奥行きをともなってしかもディテールまで浮び上ったときが、私に最上の満足を与える。 その意味で私にはマッキントッシュの音がなじめないのかもしれないし、逆にみれば、マッキントッシュの音に共感をおぼえる人にとっては、それがJBLのように細かく聴こえないところが、好感をもって受け入れられるのだろうと思う。 さきにもふれた愛好家ひとりひとりの、理想とする音の世界観の相違がそうした部分にそれぞれあらわれる。 JBLとマッキントッシュを、互いに対立する両方の極とすれば、その中間に位置するのがマランツだ。 マランツの作るアンプは、常に、どちらに片寄ることなく、いわば? 黄金の中庸精神? で一貫していた。 だが、そのほんとうの意味が私に理解できたのは、もっとずっとあとになってのことだった。 自作のアンプにくらべてあまりにも良い音がして序ッ区を受けた話はもう何度も書いてしまったが、そのときには、まだ、マランツというアンプの中庸の性格など、聴きとれる筈がない。 アンプの音の性格というものは、常に「それ以外の、そしてそれと同格でありながら傾向を異にする」音、を聴いたときに、はじめて、理解できるものだ。 一台のアンプの音だけ聴いて、そのアンプの音の傾向あるいは音色が、わかる、などということは、決してありえない。 それは当然なので、アンプの音を聴くには、そのアンプにスピーカーを接続し、何らかのプログラムソースを入れてやって、そこで音がきこえる。 そうしたあらゆる要因によるそれぞれに固有の音色をすべて差し引いた上で、これがこのアンプの固有の音色だ、このアンプの個性だ、と言い切るには、くりかえしになるが、そのアンプと同格の別のアンプを、少なくとも一台、できれば二〜三台、アンプ以外の他の条件をすべて揃えて聴きくらべてからでなくては、「このアンプの音色は……」などと誰にも言えない筈だ。 そうした道理で、マッキントッシュの豊潤さ、JBLの明晰さ、を両つ(ふたつ)の極として、その中間にマランツが位置する、と理解できたのは、つまりそういう比較をできる機会にたまたま恵まれたからであった。 それが、本誌創刊第三号、昭和42年の初夏のことであった。 このときすでに、JBLのSG520とSE400の組合せが、私の装置で鳴っていた。 スピーカーもJBLで、しかしまだ、こんにちのスタジオモニターシリーズのような完成度の高いスピーカーシステムが作られていなかったし、あこがれていた「ハーツフィールド」は、入手のめどがつかず、「オリムパス」は二〜三気になるところがあって買いたいというほどの決心がつかなかったので、ユニットを買い集めて自作した3ウェイが鳴っていた。 というより、その当時の私は、アンプよりもスピーカーシステムにあれこれと浮気しているまっ最中で、アンプにはそれほど重点を置いていなかった。 昭和41年の暮に本誌第一号が創刊され、そのほんの少しあとに、前記のプリメインSA600を、サンスイの新宿ショールーム(伊勢丹の裏、いまダイナミックオーディオの店になっている)の当時の所長だった伊藤瞭介氏のご厚意で、たぶん一週間足らず、自宅に借りたのだった。 そのときの驚きは、本誌第9号にも書いたが、なにしろ、聴き馴れたレコードの世界がオーバーに言えば一変して、いままで聴こえたことのなかったこまかな音のひと粒ひと粒が、くっきりと、確かにしかし繊細に、浮かび上り、しかもそれが、はじめのところにも書いたようにおそろしく鮮度の高い感じで蘇り息づいて、ぐいぐいと引込まれるような感じで私は昂奮の極に投げ込まれた。 全く誇張でなしに、三日三晩というもの、仕事を放り出し、寝食も切りつめて、思いつくレコードを片端から聴き耽った。 今になってそのことに思い当ってみると、いままで気がつかなかったが、どうやら私にとって最大のオーディオ体験は、意外なことに、JBLのSA600ということになるのかもしれない。 たしかに、永い時間をかけて、じわりと本ものに接した満足感を味わったという実感を与えてくれた製品は、ほかにもっとあるし、本ものという意味では、たとえばJBLのスピーカーは言うに及ばず、BBCのモニタースピーカーや、EMTのプレーヤーシステムなどのほうが、本格派であるだろう。 そして、SA600に遭遇したが、たまたまオーディオに火がついたまっ最中であったために、印象が強かったのかもしれないが、少なくとも、そのときまでスピーカー第一義で来た私のオーディオ体験の中で、アンプにもまたここまでスピーカーに働きかける力のあることを驚きと共に教えてくれたのが、SA600であったということになる。 結局、SA600ではなく、セパレートのSG520+SE400Sが、私の家に収まることになり、さすがにセパレートだけのことはあって、プリメインよりも一段と音の深みと味わいに優れていたが、反面、SA600には、回路が簡潔であるための音の良さもあったように、今になって思う。 ……という具合にJBLのアンプについて書きはじめるとキリがないので、この辺で話をもとに戻すとそうした背景があった上で本誌第三号の、内外のアンプ65機種の総試聴特集に参加したわけで、こまかな部分は省略するが結果として、JBLのアンプを選んだことが私にとって最も正解であったことが確認できて大いに満足した。 しかしその試聴で、もうひとつの魅力ある製品を発見したというのが、これも前述したマッキントッシュのC22とMC275の組合せで、アルテックの604Eを鳴らした音であった。 ことに、テストの終った初夏のすがすがしいある日の午後に聴いた、エリカ・ケートの歌うモーツァルトの歌曲 Abendempfindung(夕暮の情緒)の、滑らかに澄んで、ふっくらとやわらかなあの美しい歌声は、いまでも耳の底に焼きついているほどで、この一曲のためにこのアンプを欲しい、とさえ思ったものだ。 だが結局は、アルテックの604Eが私の家に永く住みつかなかったために、マッキントッシュもまた、私の装置には無縁のままでこんにちに至っているわけだが、たとえたった一度でも忘れ難い音を聴いた印象は強い。 そうした体験にくらべると、最初に手にしたにもかかわらず、マランツのアンプの音は、私の記憶の中で、具体的なレコードや曲名と、何ひとつ結びついた形で浮かんでこないのは、いったいどういうわけなのだろうか。 確かに、その「音」にびっくりした。 そして、ずいぶん長い期間、手もとに置いて鳴らしていた。 それなのに、JBLの音、マッキントッシュの音、というような形では、マランツの音というものを説明しにくいのである。 なぜなのだろう。 JBLにせよマッキントッシュにせよ、明らかに「こう……」と説明できる個性、悪くいえばクセを持っている。 マランツには、そういう明らかなクセがない。 だから、こういう音、という説明がしにくいのだろうか。 それはたしかにある。 だが、それだけではなさそうだ。 もしかすると私という人間は、この、「中庸」というのがニガ手なのだろうか。 そうかもしれないが、しかし、音のバランス、再生される音の低・中・高音のバランスのよしあしは、とても気になる。 その意味でなら、JBLよりもマッキントッシュよりも、マランツは最も音のバランスがいい。 それなのに、JBLやマッキントッシュのようには、私を惹きつけない。 私には、マランツの音は、JBLやマッキントッシュほどには、魅力が感じられない。 そうなのだ。 マランツの音は、あまりにもまっとうすぎるのだ。 立派すぎるのだ。 明らかに片寄った音のクセや弱点を嫌って、正攻法で、キチッと仕上げた音。 欠点の少ない音。 整いすぎていて、だから何となくとり澄ましたようで、少しよそよそしくて、従ってどことなく冷たくて、とりつきにくい。 それが、私の感じるマランツの音だと言えば、マランツの熱烈な支持者からは叱られるかもしれないが、そういう次第で私にはマランツの音が、親身に感じられない。 魅力がない。 惹きつけられない。 たから引きずりこまれない……。 また、こうも言える。 マランツのアンプの音は、常に、その時点その時点での技術の粋をきわめながら、音のバランス、周波数レインジ、ひずみ、S/N比……その他のあらゆる特性を、ベストに整えることを目指しているように私には思える。 だが見方を変えれば、その方向には永久に前進あるのみで、終点がない。 いや、おそらくマランツ自身は、ひとつの完成を目ざしたにちがいない。 そのことは、皮肉にも彼のアンプの「音」ではなく、デザインに実っている。 モデル7(セブン)のあの抜きさしならないパネルデザイン。 十年間、毎日眺めていたのに、たとえツマミ1個でも、もうこれ以上動かしようのないと思わせるほどまでよく練り上げられたレイアウト。 アンプのパネルデザインの古典として、永く残るであろう見事な出来栄えについてはほとんど異論がない筈だ。 なぜ、このパネルがこれほど見事に完成し、安定した感じを人に与えるのだろうか。 答えは簡単だ。 殆どパーフェクトに近いシンメトリーであるかにみせながら、その完璧に近いバランスを、わざとほんのちょっと崩している。 厳密にいえば決して「ほんの少し」ではないのだが、そう思わせるほど、このバランスの崩しかたは絶妙で、これ以上でもこれ以下でもいけない。 ギリギリに煮つめ、整えた形を、ほんのちょっとだけ崩す。 これは、あらゆる芸術の奥義で、そこに無限の味わいが醸し出される。 整えた形を崩した、などという意識を人に抱かせないほど、それは一見完璧に整った印象を与える。 だが、もしも完全なシンメトリーであれば、味わいは極端に薄れ、永く見るに耐えられない。 といって、崩しすぎたのではなおさらだ。 これしかない。 パネルのデザインの完成度の高さにくらべると、その音は、崩し方が少し足りない。 いや、音に関するかぎり、マランツの頭の中には、出来上がったバランスを崩す、などという意識はおよそ入りこむ余地がなかったに違いない。 彼はただひたすら、音を整えることに、全力を投入したに違いあるまい。 もしも何か欠けた部分があるとすれば、それはただ、その時点での技術の限界だけであった、そういう音の整え方を、マランツはした。 むろん以上は私の独断だが、バランスはちょっと崩したところにこそ魅力を感じさせるのであれば、マランツの音は立派ではあったが魅力に欠けるという理由はこれで説明がつく。 そしてもうひとつ、これこそ最も皮肉な事実だが、その時点での最高の技術を極めた音であれば、とうぜんの結果として、技術が進歩すればそれは必ず古くなる。 言いかえれば、より一層進んだ技術をとり入れ、完成を目ざしたアンプに、遠からず追い越される。 ところが、マッキントッシュのように、ひとつの個性を究め、独特の音色を作り上げた音は、それ自体ひとつの完成であり、他の音が出現してもそれに追い越されるのでなく単にもうひとつ別の個性が出現したというに止まる。 良い悪いではなく、それぞれが別個の個性として、互いに魅力を競い合うだけのことだ。 その意味では、JBLのかつての音は、いくぶんきわどいところに位置づけられる。 それはひとつの見事な個性の完成でありながら、しかし、トランジスターの(当時の)最新の技術をとり入れていただけに、こんにち聴くと、たとえば歪が少し耳についたり、S/N比がよくなかったり、などの多少の弱点が目につくからだ。 もっとも、それらの点でいえばマッキントッシュとて例外とはなりえないので、やはりJBLのアンプの音は、いま聴き直してみても類のないひとつの魅力を保ち続けていると、私には思える。 あるいは惚れた人間のひいき目かもしれないが。 マランツ、マッキントッシュ、JBLのあと、アメリカには、聴くべきアンプが見当らない時期が長く続いた。 前二社はトランジスター化に転身をはかり、それぞれに一応の成果をみたし、マッキントッシュのMC2105などかなりの出来栄えではあったにしても、私自身は、JBLで満足していた。 その理由はいまさらいうまでもないが、ソ連との宇宙開発競争でケタ外れの金をつぎ込んだところへ、ヴェトナム戦争の泥沼化で、アメリカは平和産業どころではなかったのだ。 こうして、1970年代に入ると、日本のアンプメーカーが次第に力をつけ始め、プリメインアンプではその時代時代に、いくつかの名作を生んだ。 そうした積み重ねがいわばダイビングボードになって、たとえばパイオニア・エクスクルーシヴM4(ピュアAクラス・パワーアンプ)や、ヤマハBI(タテ型FET仕様のBクラス・パワーアンプ)などの話題作が誕生しはじめた。 ことにヤマハは、古くモノーラル初期に高級オーディオ機器に手を染めて以後、長らく鳴りをひそめていた同社が、おそらく一拠に名誉挽回を計ったのだろう全力投球の力作で、発売後しばらくは高い評価を得たが、反面、ちょうどこの時期に国内の各社は力をつけていたために、かえってこれが引き金となったのか、これ以後、続々とセパレートタイプの高級アンプが世に問われる形になった。 ただしもう少し正確を期した言い方をするなら、パイオニアやヤマハよりずっと早い時期に作られたテクニクスの10000番のプリとメインこそ、国産の高級セパレートアンプの皮切りであると思う。 そしてこのアンプは当時としては、音も仕上げも非常に優れた出来栄えだった。 しかし価格のほうも相当なもので、それであまり広く普及しなかったのだろう。 テクニクスもパイオニアもヤマハも、それぞれにプリアンプを用意していたが、そのいずれも、パワーアンプにもう一歩及ばなかった。 数だけはいくつも作られたにしても、見た目の風格ひとつとっても、これら三者の見事な出来栄えの、およそ足もとにも及ばなかった。 あるいはそれは私自身の性向をふまえての見方であるのかもしれない。 JBLも、ふりかえってみるとプリアンプ重視の作り方が気に入ったのかもしれない。 そう思ってみると、私をしびれさせたマッキントッシュのMC275は、たいしたパワーアンプだということになるのかもしれない。 マッキントッシュのプリアンプは、どの時期の製品をとっても、必ずしも私の好みに十分に応えたわけではなかったのだから。 それにしてもプリアンプの良いのが出ないねと、友人たちと話し合ったりしていたところに登場したのが、マーク・レヴィンソンだった。 最初の一台のサンプル(LNP2)は、本誌の編集部で初めて目にした。 その外観や出来栄えは、マランツやJBLを使い馴れた私には、殆どアピールしなかった。 たまたま居合わせた山中敬三氏が、新製品紹介での試聴を終えた直後で、彼はこのLNP2を「プロ用まがいの作り方で、しかもプロ用に徹しているわけでもない……」と酷評していた。 キャノンプラグとRCAプラグを併べてとりつけたどっちつかずの作り方が、おそらく山中氏の気に入らなかったのだろうし、私もそれには同感だった。 ところで音はどうなんだ? という私の問いに、山中氏はまるで気のない様子で、近ごろ流行りのトランジスターの無機的な音さ、と、一言のもとにしりぞけた。 それを私は信用して、それ以上、この高価なプリアンプに興味を持つことをやめにした。 あとで考えると、大きなチャンスを逃したことになった。 この第一号機は、いまのRFエンタープライゼスではなく、シュリロ貿易が試みに輸入したもので、結局このサンプルの評価が芳しくなく、もて余していたのを、岡俊雄氏が聴いて気に入られ、引きとられた。 つまり、LNP2を日本で最初に個人で購入されたのは、岡俊雄氏ということになる。 しばらくして、輸入元がRFに代わり、同社から、一度聴いてみないかと連絡のあったときも、最初私は全く気乗りしなかった。 家に借りて、接続を終えて音が鳴った瞬間に、びっくりした。 何ていい音だ。 久しぶりに味わう満足感だった。 早く聴かなかったことを後悔した。 それからレヴィンソンとのつきあいが始まった。 1974年のことだった。 レヴィンソンがLNP2を発表したのは1973年で、JBLのSG520からちょうど十年の歳月が流れている。 そして、彼がピュアAクラスのML2Lを完成するのは、もっとずっとあとのことだから、彼もまた偶然に、プリアンプ型の設計者ということがいえ、そこのところでおそらく私も共感できたのだろうと思う。 LNP2で、新しいトランジスターの時代がひとつの完成をみたことを直観した。 SG520にくらべて、はるかに歪が少なく、S/N比が格段によく、音が滑らかだった。 無機的などではない。 音がちゃんと生きていた。 ただ、SG520の持っている独特の色気のようなものがなかった。 そのことは、あとになってレヴィンソンに会って、話を聞いて、納得した。 彼はマランツに心酔し、マランツを越えるアンプを作りたかったと語った。 その彼は若く、当時はとても純粋だった(近ごろ少し経営者ふうになってきてしまったが)。 レヴィンソンが、初めて来日した折に彼に会ったM氏という精神科の医師が、このままで行くと彼は発狂しかねない人間だ、と私に語ったことが印象に残っている。 たしかにその当時のレヴィンソンは、音に狂い、アンプ作りに狂い、そうした狂気に近い鋭敏な感覚のみが嗅ぎ分け、聴き分け、そして仕上げたという感じが、LNP2からも聴きとれた。 そういう感じがまた私には魅力として聴こえたのにちがいない。 そうであっても、若い鋭敏な聴感の作り出す音には、人生の深みや豊かさがもう一歩欠けている。 その後のレヴィンソンのアンプの足跡を聴けばわかることだが、彼は結局発狂せずに、むしろ歳を重ねてやや練達の経営者の才能をあらわしはじめたようで、その意味でレヴィンソンのアンプの音には、狂気すれすれのきわどい音が影をひそめ、代って、ML7Lに代表されるような、欠落感のない、いわば物理特性完璧型の音に近づきはじめた。 かつてのマランツの音を今日的に再現しはじめたのがレヴィンソンの意図の一端であってみれば、それは当然の帰結なのかもしれないが、しかし一方、私のように、どこか一歩踏み外しかけた微妙なバランスポイントに魅力を感じとるタイプの人間にとってみれば、全き完成に近づくことは、聴き手として安心できる反面、ゾクゾク、ワクワクするような魅力の薄れることが、何となくものたりない。 そうである筈だ、と自分に言い聞かせてみてもなお、しかし私はアンプに限らず、オーディオ機器の鳴らす音のどこか一ヵ所に、その製品でなくては聴けない魅力ないしは昂奮を、感じとりたいのだ。 だがあえて言いたい。 今のままのアンプの作り方を延長してゆけば、やがて各社のアンプの音は、もっと似てしまう。 そうなったときに、あえて、このアンプでなくては、と人に選ばせるためには、アンプの音はいかにあるべきか。 そう考えてみると、そこに、音で苦労し人生で苦労したヴェテランの鋭い感覚でのみ作り出すことのできる、ある絶妙の味わいこそ、必要なのではないかと思われる。 レヴィンソンのいまの音を、もう少し色っぽく艶っぽく、そしてほんのわずか豊かにしたような、そんな音のアンプを、果して今後、いつになったら聴くことができるのだろうか。 カテゴリー• 151• 2,061• 924• 225• 254• 676• 2,906• 452• 760• 1,089• 1,015• 237• 2,952• 2,546• 311• 114• 818• 207• 350• 312• 312• 105• 207• 5,821• 151• 120• 269• 112• 396• 382• 233• 406• 300• 294• 636• 402• 137• 155• 341• 269• 2,814• 2,774• 316• 147• 128• 134• 5,993• 2,068• 517• 1,511• 1,636• 261.

次の

Match(マッチ・ドットコム)【お困り解決】プロフィール非表示 ・ブロックetc簡単解説 │ RYOEN♡a.bbi.com.tw

マッチ ドット コム 足跡 残さ ない

2019年1月20日日曜(現地19日)アメリカ,ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナで開催されたWBA世界ウェルター級タイトルマッチ、王者アジアの英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)対、挑戦者で4階級制覇王者エイドリアン・ブローナーの... 初回にダウンが【結果・ライブ速報】マニー・パッキャオvsキース・サーマン WBA統一戦 2019年7月21日. 2019. ・IBFスーパーミドル級王者カレブ・プラントvs. 無敗マイケル・リー 結果:プラントが3ラウンドKO勝利. 圧倒的スピード【速報・結果】カレブ・... ボクシング6階級制覇王者のWBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(40=フィリピン)が、WBA世界同級スーパー王者キース・サーマン(30=米国)を2-1… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・... プロデビュー以来、無傷のまま世界3階級を制し、今や世界のパウンド・フォー・パウンド(PFP)の常連となった井上。 その「モンスター」が今回、迎え撃つのが「フィリピンの閃光」ドネアだ。 ドネアは世界5階級を制覇し、マニー・パッキャオ(40)と... 2019年7月21日アメリカ・ラスベガスのMGMグランドで開催されるWBA世界ウェルター級統一戦、スーパー王者キース・サーマン(アメリカ)vs正規王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の試合結果・内容・勝敗をライブでお届けします。 【結果・... ボクシングの最新・速報ニュースをお届けします。 内容は試合結果・試合予定・対戦カードの可能性の情報・テレビ情報、等。 土曜日はお休みすることがあります。 【最新・速報】ボクシングニュース 【最新・速報】... マニー・パッキャオといえばボクシングで世界6階級を制覇した経歴を持つ伝説のプロボクサーですね。 母国フィリピンではパッキャオの試合当日は「戦争が止まる」ほどの影響があり、数えきれない人数のファンからヒーローとして支持されています。 ボクシングの動画を配信します. ボクシング6階級制覇王者のWBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(40=フィリピン)が、初防衛戦を果たした。 挑戦者で元4階級制覇王者の同級6位エイドリア… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・... ファイト オブ センチュリー(世紀の一戦)」として世界中の注目を集めたボクシングの世界ウエルター級王座統一戦(2日、米ネバダ州ラスベガス)は、米国の5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(38)がフィリピンの英雄マニー・パッキャオ(36)を... マニー・パッキャオについて に移動 - 選手名, マニー・パッキャオ. 年齢, 40歳. 国籍, フィリピン. 戦績, 70戦61勝7敗2分(39KO). スタイル... ゴロフキンvs. デレフヤンチェンコ 速報結果. 2019. 062019. 井上尚弥vsノニト・ドネア 速報結果. 速報!ターバー vs. カヨデ! 2012. 03: 米国カリフォルニア州カーソン、ホーム・デポ・センターで行われたビッグイベントが.... 世界ウェルター級タイトルマッチを前に最終調整中の王者、マニー・パッキャオ(比)が公開練習を行ったとのニュースが入っています。 パックマンのニックネーム通り相手を食って食って食いまくるパワーファイター マニー・パッキャオと、デザートストーム(砂漠の嵐)の異名を持つスピードスター ティモシー・ブラッドリーの三度目の対決。 パッキャオの引退試合は、これまで一勝一... 17年7月にマニー・パッキャオ(40=フィリピン)を大番狂わせの12回判定で破ってWBO世界ウェルター級王座を獲得したことがあるジェフ・ホーン(31=オーストラリア)が、スーパー・ウェルター級の元世界ランカー、マイケル・ゼラファ(27=... Yahoo! ニュース Posted by THE... WBCフライ級(リミット50. このとき20歳。 左ストレート一本やりで、... 40歳にして最激戦区のウェルター級でトップランナーでありつづける奇跡の男、マニー・パッキャオ。 10代で初めての世界タイトルを得て以来、20代、30代、40代でタイトルを獲得しているのは彼をおいて他にない。 すでに引退してはいるものの... 井上尚弥 VS ファン・カルロス・パヤノ 結果速報! WBSSバンタム級トーナメント... そこで! 当ブログでは、試合当日にリアルタイムで更新、試合内容、結果を速報していきます!... キース・サーマンVSマニー・パッキャオ 結果! 2019-07-21. ボクシング8階級制覇の王者マニー・パッキャオ Manny Pacquiao、フィリピン は24日、自身を侮辱したフロイド・メイウェザー・ジュニア Floyd Mayweather Jr. 氏にリングで再戦するよう挑発した。 20日に... プロデビュー以来、無傷のまま世界3階級を制し、今や世界のパウンド・フォー・パウンド(PFP)の常連となった井上。 その「モンスター」が今回、迎え撃つのが「フィリピンの閃光」ドネアだ。 ドネアは世界5階級を制覇し、マニー・パッキャオ(40)と... マニー・パッキャオ(フィリピン)VSエイドリアン・ブローナー(アメリカ) (出典:WOWOW WBA世界ウェルター級タイトルマッチ(2019月1月20日) パッキャオは、69戦60勝39KO7敗2分け、40歳。 サウスポー。 フロイド・メイウェザー・ジュニアといえば、無敗のまま5階級制覇したチャンピオン。 かたや、マニー・パッキャオも史上2人目の6階級制覇した王者。 その2人は15年にアメリカで一度、拳をあわせたことがある。 そのボクシング界伝説王者の「世紀... 日本時間の2019年1月20日に、マニー・パッキャオVSエイドリアン・ブローナーのWBA世界ウェルター級タイトルマッチが行われます。 6階級制覇の40歳"パックマン"マニー・パッキャオが、4階級制覇の"ザ・プロブレム(問題を起こす男)"... ノニト・ドネア(Nonito Donaire、1982年11月16日 - )は、フィリピン出身のプロボクサー。 元IBF世界フライ級王者。 元WBA世界スーパーフライ級暫定王者。 速報! 西岡無念 ドネアに9回TKO負け ボクシングニュース「Box-on! 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝の記者会見が26日、東京ドームホテルで行われ、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者の井上尚弥(大橋)は「この試合が... 世界6階級を制したマニー・パッキャオ(39)=フィリピン=が7回TKOで、WBA世界ウエルター級王者ルーカス・マティセ(35)=アルゼンチン=を沈め、鮮やかな復活を遂げたマレーシアでのボクシング興行。 15日にクアラルンプールの... ファイト速報 ボクシングブログ... 40歳になるフィリピンのスーパースター WBA世界ウェルター級正規王者マニー・パッキャオが同級スーパー王者のキース・サーマンを2-1の判定で下し、2度目の防衛と王座統一に成功した。 パッキャオは1R... 画像 パッキャオは5年ぶりのKO勝利で夢のメイウェザー戦へつなげられるか【 C NAOKI FUKUDA】 マニー・パッキャオ VS クリス・ア... ロイヤル小林 ボクシングの試合動画を速報&ニュース形式で紹介するボクシング動画情報サイト。 YouTube(ユーチューブ)などの動画サイトから厳選。 KO集なども。 マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao)は、フィリピン人プロボクサーである。 愛称は「パックマン」... マニー・パッキャオは1995年1月22日にライトフライ級のボクサーとしてプロデビューした。 地元フィリピンで..... 近年のマニー・パッキャオ(40=比国)やフロイド・メイウェザー・ジュニア(42=米国)のように、競技の枠を超えて、その名が知れ渡ったスーパースターだったが、今をときめくサウル・カネロ・.... 【速報】NHKが受信料不払いでN国党首を提訴. プロボクシングのWBA世界ウエルター級王座統一戦が20日(日本時間21日)、米ネバダ州ラスベガスで行われ、王者マニー・パッキャオ(40)=フィリピン=がスーパ… トップ; 速報; 映像; 個人; 特集; 意識調査; ランキング; 有料... モハメド・アリ、マイク・タイソンらヘビー級のレジェンドたち、フィリピンの生んだ7階級制覇の英雄マニー・パッキャオから1試合で350億円を稼いだ男フロイド・メイウェザーまで、リング... ボクシング史上屈指の好カードとして注目された世界ウエルター級王座統一戦12回戦は5月2... 大橋会長は以前「37歳まで現役で」と話しており、史上最多6階級制覇の英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)のような足跡をたどる可能性は十分にあるの... DeNA筒香のMLB挑戦を米記者も速報 「一番近い選手」は今季38発のカブス強打者!? 衝撃の大番狂わせとなった。 6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)も「ボクシング史上最大の番狂わせの一つだ」と... 実際の瞬間を米メディアも動画、写真などで続々と速報しているが、6階級制覇王者パッキャオも自身のツイッターで「... WOWOWエキサイトマッチ生き残りをかけたベテラン同士のタイトルマッチ! 試合日程を見る WBA世界Sウェルター級王座決定戦エリスランディ・ララvsラモン・アルバレスNABO北米 ヘビー級王座決定戦フランク・サンチェスvs... 2019年1月19日(土) 日本... 【両者の戦績】. マニー・パッキャオの戦績:69戦60勝39KO7敗2分 過去にオスカー・デラホーヤやマニー・パッキャオが6階級制覇を成し遂げているが、メイウェザーはこの両者に直接対決で勝利を収めている。 その後、メイウェザーは2015年9月にプロ49戦無敗という前人未到の記録を残して引退。 19年4月のRIZIN. 15ではマニー・パッキャオの推薦選手、フリッツ・ビアグタンと対戦し、打たれても攻めてくるフリッツを3Rに右ストレートからの膝でマットに沈めた。 連戦となるRIZIN. 16でもISKA世界王者を下し、世界タイトル三冠を達成。 今年もRIZINを、そして... 2019年7月20日 土 18:00開始会場:米国日本時間: 7月21日 日 10:00. WBA世界ウェルター級王座統一12回戦. キース サーマン. スーパー王者 キース サーマン 米 前日計量 66. 40kg. マニー パッキャオ. 正規王者 マニー パッキャオ 比 前日計量 65. RIZINライトヘビー級タイトルマッチの壮絶なKO決着試合の他、堀口恭司とベン・ウィンのストライカー同士の対決、那須川天心 VS マニー・パッキャオ推薦選手、さらに朝倉未来とルイス・グスタボの死闘など数々のドラマが生まれたRIZIN2019シーズン開幕戦。 テレビ番組の企画でリツイートの数が多ければ出演出来るらしいです。 フィリピンのプロボクサー「マニーパッキャオ」さんに少しでも似ていると感じた方はリツイートをお願いいたします! 似すぎてジワる マニー パッキャオ ボクシング ものまねpic. twitter. 現在、WBCが「世界王者」 と認定しているタイトルは、承認料の安い順に「ユース」「シルバー」「interim(暫定)」「フル(通常の王位)」「Recess(休養)」「Emeritus (名誉)」「ダイアモンド」が存在します。 マニー・パッキャオvsミゲール・コットを起源... 37:56. Play next; Play now. 「スポーツ速報」 メイウェザー ラストマッチ ボクシング 無敗の. by Dasac Edifeham. 0:43. Play next; Play now. マニー・パッキャオ VSフロイド・メイウェザー 2015年5月2日対戦へ BYボブ・アラム. by なんでも. 那須川天心がパッキャオ推薦選手にTKO勝ち デイリースポーツ - LINE NEWS. 「総合格闘技・RIZIN」(21日、横浜アリーナ) 第11試合で那須川天心(TARGET)が、ボクシング世界6階級制覇で現WBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオが推薦した. 【速報】エディ・レッドメインらファンタビメンバーが来日! 20日、映画『... 6階級制覇の世界ボクシングチャンピオンであり、フィリピン上院議員でもあるマニー・パッキャオ氏は、自身の仮想通貨「PAC」を発行する事を発表しました。 PACは、シンガポールのGlobal Crypto Offering Exchange(GCOX)に上場します。 いや別に、ホールで観戦してたわけではありませんで(当たり前や)、hiroさんから速報していただいて、心底驚いた、という次第。 和氣慎吾、一度勝っているジュンリエル・ラモナルに3回、逆転KO負け。 ビートHPの記事にもありますが、3回まで... マニー・パッキャオ 動画 経歴まとめ>ボクシング史上最強 6階級制覇王者の歩み. パッキャオvsマルケスの... seesaa. 王者) ファン・マヌエル・マルケス(挑戦者) マニー・パッキャオ(結果) 判定1-1 この試合で... 各地に大きな被害をもたらした台風19号について、海外のメディアも大きく伝えています。 行っていません。 WBO世界ウェルター級タイトルマッチ チャンピオン マニー・パッキャオ(比国) vs. 4冠制覇王者 エイドリアン・ブローナー(米国). 世界ライト級王座統一戦 ワシル・... 世界的なスーパースター、マニーパッキャオと比較される程のフィリピンの英雄の一人だ。 驚異的なパンチ力を持ち一発で相手の顎を粉砕する程の力をもっている。 そして今回の試合で勝てば海外の放映権もだが、ファイトマネーが爆発的に... フィリピンの伝説的ボクサーだったマニー・パッキャオが、首都マニラで開催した無料の単独コンサートで、自身の独自暗号資産 暗号通貨 Pacを開始すると発表、会場に集った2000人のファンにそのメリットを説き、関心を高める宣伝を行いまし... net. 56位. 父親がキックボクサーとして名を馳せたことから、フィリピン国内の格闘技ファンからは圧倒的な人気を誇っている。 今回はマニー・パッキャオからの推薦を受け、日本の至宝・天心との対戦への意気込みは並々ならぬものがあるという。 緊急速報はどこよりも早く、あらゆるニュースの現場からライブでお伝えします..... 6階級制覇を成し遂げている世界的なスーパースター、WBA世界ウェルター級王者のマニー・パッキャオ(40=フィリピン)と、在位6年で8度の防衛を重ねているWBA同級スーパー王者のキース・サーマン(30=アメリカ)が団体内の王座統一をかけて拳を交える... 4月21日に横浜アリーナで行われた格闘技イベント「RIZIN」に、世界ボクシング協会(WBA)ウエルター級王者で40歳のマニー・パッキャオ選手が来場して話題を呼んだ。 RIZINによると、世界6階級制覇の実績があるフィリピンの英雄は母国の... 元WBF世界クルーザー級王者元OPBF東洋太平洋クルーザー級王者元NABO北米クルーザー級王座伝説のトレーナー フレディローチ(マニー・パッキャオの専属トレーナーでお馴染み)に称賛、指導された唯一の日本人ボクサー。 数々のボクシングタイトルの... 株式会社キャステムのプレスリリース(2018年8月14日 13時00分) 超速報 ロビンマスクを本気で作ったことで話題になった企業が、今度はファイトマネー100億円!英雄マニー・パッキャオに世界に一つしかない伝説の左拳・24金箔モデルを... 財貿易は,輸出額が前年比1. 8%減の675億ドル(速報値),輸入額が同13. 4%増. の1089億ドル(同)であった。 輸出では,過半を..... ンのプロボクサーで上院議員のマニー・パッキャオとアルゼンチンのルーカス・. マティセの対戦をマハティール首相とともに観戦... ボクシングの試合動画を速報&ニュース形式で紹介するボクシング動画情報サイト。 マニー・パッキャオに関するニュース・速報一覧。 マニー・パッキャオの話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。 35位マニー・パッキャオ(ボクシング) 36位ドワイト・ハワード(バスケ) 37位コナー・マクレガー(格闘家) 38位ペイトン・マニング(アメフト) 39位クリス・ポール(バスケ) 40位オデル・ベッカムJr. (アメフト) 41位サニア・ミルザ(テニス) 42位エデン・アザール(サッカー... 米メディア「ボクシングシーン. com」も「パッキャオはナスカワの1ラウンドTKO負け後、メイウェザーを攻撃」と速報した。 「マニー・パッキャオはフロイド・メイウェザーを攻撃する誘惑に勝てなかった。 フィリピンのスーパースターは月曜日に送った... マニー・パッキャオ 逆に日本の方が少ないのでは? 本田圭佑が一番になりかねないぐらい日本人の..... 勢い 22447. 63 15. 58 15. Global Crypto Offering Exchange( GCOX)という仮想通貨取引所のプラットフォームを用いるとスポーツ選手やアイドルなど有名人の仮想通貨を発行できるんですね。 使い方によっては面白い事が出来そうです。 マニー・パッキャオ氏が独自... ボクシング速報 - 気になる情報 BOXSOKU... 王者ティモシー・ブラッドリーに挑戦したのが、6階級制覇者のマニー・パッキャオ。 3度防衛 2012年6月9日:王者マニー・パッキャオ 挑戦者ティモシー・ブラッドリー勝者ティモシー・ブラッドリー Kohei Practical English koheiinseattle ・ 07:23:48 ・ Twitter for iPhone. 来週末から仕事でハリウッドに行きますが、Wild Card Boxing Gymと場所が激近。 マニーパッキャオのトレーナーでもあるフレディ・ローチに会いに行ってしまおうかな。 ボクシング. ボクシング マニー・パッキャオ. このエントリーを Google ブックマーク に追加. 投稿者: 翔; コメント: 0. コメント. トラックバックは利用できません。 コメント 0. この記事への... 83位マニー・パッキャオ(ボクシング)..... こんにちは。 ニナ ninaritti0313 です。 ついにフロイドメイウェザーvsマニーパッキャオの世紀の一戦が終わりました。 その試合を見た感想と結果を速報とお伝えしますね。 パウンドフォーパウンドと言われた両者。 5年以上も前から対戦を熱望. ゆいレールとは準備中(wikipedia抜粋) 「ゆいレール沖縄」「ゆいレール速報延伸」「ゆいレールバス」という言葉が話題です.... パッキャオとはマニー・パッキャオ(Manny Pacquiao、1978年12月17日 - )は、フィリピンのプロボクサー、政治家、... 8日、総合格闘技のRIZIN榊原信行実行委員長が、フィリピンでボクシング6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)と接触したことを明かしました。 いまさらですが、マニー・パッキャオのプロフィールを... 【速報】上原彩子は26位!米女子... 【速報】元KAT-TUN・田口淳之介容疑者 大麻取締法違反の疑いで逮捕人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー、... イベント「RIZIN」のCEOを務める榊原信行氏は8日、ボクシングの世界主要4団体で6階級制覇のマニー・パッキャオ(. シンガポールのスタートアップ企業GCOXは、独自のチェーン上に構築されたプラットフォームで有名人とそのファンのより密接な交流を目指しており、2017年の終わりか2018年の初めにフィリピンの伝説的なボクシング選手マニー・パッキャオの... [速報まとめ]新日本プロレス、NJCUP2019試合結果と感想. 引用:新日本プロレス株式会社 ついに始まったNEW JAPAN CUP2019!待ちわびたファンの方も多い大会でしょう(私も待ちに待ってましたw)そして初日とは思えないすごい試合の連続でしたね! パッキャオと戦った日本人 殺されると思い二度と戦いたくない ボクシング界の「世紀の対決」が1か月後に近づいてきた。 5階級制覇王者にして47戦47勝のフロイド・メイウェザー(38・米国)と、史上2人目の6階級制覇王者マニー・パッキャオ(36・... 【速報】韓国、日韓GSOMIA破棄し中国軍事協定(MOU)を締結合意!!5004RT; 【画像】 日本兵になろうとして応募した朝鮮人志願兵の写真がこちら 倍率は60倍2788RT; 韓国外相「...... フィリピンのマニー・パッキャオ「日本の皆さんの事を考え、祈っています」. マニー・パッキャオvsファン・マヌエル・マルケス4最終章。 もうスコアカードは必要ない。 お互い完全決着のためにリングへ上がった。 険しい表情でマルケス入場。 この日のため。 パックと再度拳を交えるためだけに現役を続行したマルケス39歳。 15 【速報】「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」12月20日(金)日米同時... 9百万 孫興民(... 久保久保久保久保 ここが久保速報板か. 18 :名無しさん@恐縮... 世界ウェルター級王座統一戦、マニー・パッキャオ対フロイド・メイウェザー戦が、日本時間の2015年5月3日に行われます。 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&... 人気記事一覧】 ボクサー別記事一覧こちら! ボクシング速報・最新記事はこちら! 試合実況・結果・コメントはこちら!... バカチョンカメラ バットモービル パスタ パスタの節約術 パスタの茹で汁 ピンククラウン ブチ切れ ブラインドタッチ プロの洗車 ペットの服 ペットを買う費用 ホワイトデー発祥の地 マイケル・ジャクソン マジンガーZ マニー・パッキャオ マンションの... 【ボクシング】超速報 あまりに強い!! 井上尚弥 3Rノックアウト勝利-. 2 年前 632 件の閲覧数... 2006 ボクシン... 835. 443. 604. 財務省が20日発表した1月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1...... 王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)ら数多くの有名選手を抱える米国の大手プロモーション会社「トップランク」と契約した。 マニー・パッキャオ「MMAルールならロンダ・ラウジーが勝つ」 ・ロンダ・ラウジーの実績 3階級制覇をしたボクシング世界チャンピオンのビック・ダルニアンをMMAのスパーリングでボコボコにする アメリカ国民だけでなく身内のボクサーですらも... Instagram. 五味隆典がインスタグラムでこんなコメントをしてい... なお、震源における断層破壊の発生後に行われる緊急地震速報などの地震警報システムはこれらに含めない。 で催されたパッキャオのバースデイ・クリスマス・パーティーにてフレディ・ローチ(右)と マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao、1978年12月17日... イケメンや美女の俳優が出馬すれば当選確実だから。 大統領選に出ても多数の票を獲得できるよ。 みんな、読み書きもまともに出来ないような人物ばかりだ・・・。 どの街の市長もセレブばかりだね。 マニー・パッキャオでさえ今は代議士・・・。 Pages•

次の

銃型デバイスで遊べるシューター「Farpoint」と,皆でワイワイ楽しめる「Starblood Arena」。SIEのPS VR用新作2タイトルを体験してきた

マッチ ドット コム 足跡 残さ ない

黒田恭一 ステレオサウンド 110号(1994年3月発行) 「絶世の美女との悦楽のひとときに、心がゆれた……」より 「お前、大丈夫か?」 なんとも身勝手ないいぐさとは思われた。 しかし、自分の部屋にもどって、スチューダーのA730のスイッチを入れながら、無意識のうちに、そう呟いていた。 むろん、若干の後ろめたさを感じていなかったわけではない。 なんといっても、こっちは、絶世の美女四人と、たとえしばしの時間とはいえ、悦楽の時を過ごしてきたのである。 後ろめたさを感じて当然だった。 そのあげくの、「お前、大丈夫か?」であった。 ことをいそぎすぎて、A730に、いらぬ粗相をさそては気の毒である。 スイッチを入れてから、一時間ちかくも待った。 A730の準備のととのうを待つ間に、不実な主は、千コマで、かりそめの時をともにしていた美女たちのことをぼんやりと思いかえしていた。 その時の気分は、さしずめ、ロロ、ドド、ジュジュ、マルゴとマキシムの女たちの名前を、ほんとうはもっとも愛しているハンナの前で口にする、オペレッタ「メリー・ウィドウ」の登場人物ダニロの気持に似ていなくもなかった。 今回もまた、甘言をもって、ぼくを不実な行為に誘ったのはM1である。 「このところにきて、CDプレーヤーが新しい局面をむかえていましてね」 受話器からきこえてくるM1の声は、夜陰にまぎれて好色親爺を巧みに誘うぽん引きのささやきに、どことなく似ていなくもなかった。 M1は、さらに、「いい娘が四人ほどいるんですがね……」、ともいって、意味ありげにことばじりをにごした。 いつもながらのこととはいえ、M1のタイミングのよさには感心させられた。 M1の誘いに、結果として、ぼくは虚をつかれたかたちになった。 ぼくは毎日を、かなりしあわせな気分でいた。 この正月、ほぼ一年ぶりに訪ねてくれた友人は、何枚かのCDに黙って耳をすました後、「なにか装置を変えたの?」、といって、ぼくを大いに喜ばせてくれた。 彼は鬼の耳の持主である。 ぼくは、なにひとつ装置を変えていないと答えた。 彼は怪訝な顔をして、「ずいぶんかわったね、去年の音とは」、といってから、彼がこれまで一度も口にしたことがないような言葉で、ほめてくれた。 夫婦仲の悪い男が浮気にはしる、と考えるのは、たぶん、誤解である。 夫婦仲がぎくしゃくしていれば、男はさしあたり、目の前の割れ蓋の修復に専念せざるをえない。 そのような立場におかれた男に、余所にでかけ、それなりの所業にはげむ余裕があるとは考えにくい。 もし、割れ蓋の修復をなおざりにしたあげく、余所に楽園を探すようなタイプの男であれば、哀れ、さらにもう一枚の割れ蓋をつくるだけである。 ぼくも、うちのスチューダーたちと折りあいの悪い状態でM1に声をかけられたのであれば、それなりの覚悟をして、ステレオサウンドの試聴室にでかけたにちがいなかった。 しかし、そのときのぼくは、なにがマークレビンソンだ、なにがソニーの新製品だ、うちの嫁はんが一番や、とたかをくくっていた。 しかし、安心したぼくが悪かった。 M1は読心術をも心得ているようで、巧みにぼくの虚をついた。 まず、デンオンのDP-S1+DA-S1からきき始めた。 このCDトランスポートとD/Aコンヴァーターについては、少し前に、長島達夫氏が、「ステレオサウンド」の誌上で、「ともかく、とのような音が来ても揺るがず、安定しきった再生ができるのである……最近これは感銘をうけた製品はない」、と書いていらしたのを、ぼくはおぼえていた。 そのためもあって、かねてから、機会があったら一度きいてみたい、と思っていた。 一聴して、なるほど、と長島達夫氏の言葉が納得できた。 そして、同時に、電話口のM1が、「このところにきて、CDプレーヤーが新しい局面をむかえていましてね」、といった意味も理解できた。 デンオンのDP-S1+DA-S1がきかせてくれる音の質的な、あるいは品位の高さには驚嘆すべきものがあった。 きめ細かなひびきに、うっとりとききいった。 デンオンのDP-S1+DA-S1のきかせてくれる音は、敢えてたとえれば、オードリー・ヘップバーン的な美人を、ぼくに思い出させた。 その得意にするところは、かならずしも劇的な演技にはなく、抒情的な表現にあった。 むろん、繊細な表現にのみひいでていて、力強さに不満が残るなどという、低次元のはなしではない。 オーケストラがトゥッティで強奏する音に対しての力にみちた反応にも、充分な説得力があった。 ただ、いかにドラマティックな表現を要求されようと、ついに裾う乱さない慎ましさが、DP-S1+DA-S1のきかせてくれる音には感じられた。 そのようなDP-S1+DA-S1の持味を美徳と考えるか、それともいたらなさと感じるか、それともいたらなさと感じるか、それは、たぶん、使う人の音楽的な好み、ないしは音に対しての美意識によってちがってくる。 カラヤンが一九七九年に録音した「アイーダ」の全曲盤で標題役をうたっているのはミレッラ・フレーニである。 当時のフレーニはリリック・ソプラノからの脱出をはかりつつあって、アイーダのみならず、トスカのような劇的表現力を求められる役柄にも果敢に挑戦していた。 DP-S1+DA-S1のきかせてくれた見事な音が、ぼくには、どことなく、一九七〇年代後半から一九八〇年代前半にかけてのフレーニの歌唱に似ているように感じられた。 ミレッラ・フレーニは、先刻ご承知のように、もともとリリック・ソプラノとしてオペラ歌手のキャリアを始めた歌い手である。 しかし、あの慧眼の持主であったカラヤンがアイーダをうたうソプラノとして白羽の矢をたてたことからもあきらかなように、一九七〇年代後半ともなると、フレーニは、すでにドラマティックな役柄をこなせるだけの声の力をそなえていた。 しかし、そのようなフレーニによった絶妙な歌唱といえども、もともとの声がアイーダをうたうに適したソプラノ・リリコ・スピントによったものとは、微妙なちがいがあった。 アイーダをうたってのフレーニの持味は、ドラマティックな表現を要求される音楽ではなく、抒情的な場面で発揮された。 また、そのような既存のアイーダ像とはちがったアイーダを提示するのがカラヤンのねらいでもあった。 蛇足ながら書きそえれば、アイーダをうたうフレーニを、背伸びしすぎたところでうたっているといって批判する人もいなくはないが、ぼくはアイーダをうたうフレーニの支持派である。 いくぶんリリックな声のソプラノによって巧みにうたわれたアイーダは、ソプラノ・リリコ・スピントによって劇的に、スケール大きくうたわれて、過度に女丈夫的なイメージをきわだたせることもなく、恋する女の微妙な心のふるえを実感させてくれるからである。 ついできいたのはソニーのCDP-R10+DAS-R10だった。 このCDトランスポートとD/Aコンヴァーターのきかせる音にふれた途端、ぼくは、一瞬、ロミー・シュナイダー風美女にキッと見つめられたときのような気持になり、たじろいだ。 ここできける音には、媚びがない。 曖昧さがない。 潤色が、まったく感じられない。 劇的なひびきも、抒情的な音も、まっすぐ、いいたいことをいい切っていながら、しかも相手を冷たくつきはなすようなところがない。 音楽のうちに脈々とながれる熱い血をききてに感じさせることに、いささかの手抜かりもない。 蛇足ながら書きそえれば、ロミー・シュナイダーはほくにとっての理想の美女である。 ソニーのCDP-R10+DAS-R10の音にふれたぼくは、出会いがしらに恋におちたような気分になった。 「なんだって、CDを裏がえしてセットするんだって?」などと、なれない手順に不満をとなえながらきき始めたにもかかわらず、ものの一分とたたないうちに、「凄い、これは凄い!」と溜息をついていた。 幸か不幸か、試聴後には予定があった。 したがって、ロミー・シュナイダーとの心きとめく対面は、そこそこにすませなければならなかった。 後の予定がなければ、ぼくは、編集部の面々に箒をたてられても気付かず、延々とききつづけ、家に帰るのを忘れていたかもしれなかった。 おのれの不実を恥じつつも、ぼくは、家で待つ、うちの嫁はん、スチューダーのA730がきかせてくれる音と、今、出会ったばかりのロミー・シュナイダーのきかせてくれている音を耳の奥で比較しないではいられなかった。 若干の救いは、その他の部分、つまりスピーカーやアンプが家のものとステレオサウンド試聴室のものとが同じでないことであった。 しかし、いかに条件がちがっていても、ロミー・シュナイダーとうちの嫁はんの目鼻だちのわずかとはいいがたいちがいは充分にききわけられた。 もっともちがっていたのは、言葉として適当かどうかはわからないが、情報の精度のように思われた。 このソニーのCDP-R10+DAS-R10のきかせてくれる音は、それらしい音をそれらしくきかせるということをこえたところで、キリッと、まっすぐひびいていた。 きっと、このような、しっかりした音は、思いつきや小手先のやりくりによってではなく、技術的に正攻法で攻められたところでのみ可能になるものであろう、と思ったりもした。 CDのための、このような高度の性能をそなえた再生機器ともなれば、斯く斯くしかじかのソースではどうきこえたとか、こうきこえたとかいった感じで語ろうとしても、徒労に終るにちがいない。 もし、かりに、ききてと音楽との間に介在することをいさぎよしとせず、まるで透明人間のように姿を消して、その機器へのききての意識を無にできることが再生装置の理想と考えれば、ソニーのCDP-R10+DAS-R10は、その理想に限りなく近づいている。 そう考えると、CDP-R10+DAS-R10をロミー・シュナイダーとみなしたぼくのたとえは、見当はずれのものになる。 ロミー・シュナイダーは、どんなつまらない映画にでても、強烈に自己の存在をアピールできた女優だった。 したがって、ここでのロミー・シュナイダーのたとえは、ぼくの魅了されかたの度合を表明するだけのものと、ご理解いただきたい。 ききてと音楽との間で自己主張しないということでは、むしろ、ソニーのCDP-R10+DAS-R10はロミー・シュナイダーの対極に位置していた。 ちなみに、全四機種をきき終えた後、ぼくは、わがままをいって、編集部の若者たちの手をわずらわせ、ソニーのCDP-R10+DAS-R10を、もう一度きかせてもらわずにいられなかった。 そのことからも、おわかりいただけると思うが、今回、きかせてもらった四機種のうちでぼくがもっとも心を動かされたのは、ソニーのCDP-R10+DAS-R10だった。 ついできいたのはワディアのWADIA7+WADIA9だった。 これにもまた、大いに驚かされた。 ぼくの驚きを率直にいうとすれば、CDの再生機器は、すでにここまでいっているのか、と思ってのものだった。 しかし、同時に、ぼくは、マ・ノン・トロッポ!(しかし、はなはだしくなくの意)と呟かないではいられなかった。 情報の精度の高さということになれば、これもまた、かなりのところまでいっているのは、ぼくの耳にもわかった。 ただ、ここできける音には、情報が整理されすぎたため、とみるべきか、整然としたひびきが若干冷たく感じられた。 曖昧さをなくそうとするあまり、角を矯めて牛を殺してはいないかな、と思ったりもした。 おそらく、このワディアのWADIA7+WADIA9のきかせる音についてのききての評価は大きくわかれるにちがいない。 ぼく自身も、ここできける音を前に、冷静ではいられず、心がむれた。 これが、もし、数年前だったら、と思ったからである。 音に対して保守的になってはならないと、日頃、自分をいましめてはいる。 音に対して保守的になったが最後、ききては歯止めを失い、懐古の沼に沈んだあげく、昔はよかった風の老いのくりごとをくりかえしはじめる。 ひとたびサビついてしまった感覚は修復不能である。 積極果敢に新しい音とふれあっていかないと、日に日に前進のエネルギーが不足していく。 しかし、以前であれば、ぐらときて、そのまま突進していたかもしれない、このワディアのきかせる新時代の音を前に、今、ぼくは戸惑っている。 お恥ずかしいことである。 明晰さということでいえば、これは、ぼくがいまだかって耳にしたことのない明晰な音である。 ここで耳にした音には、さしずめ、超人的な頭脳の持主が、消しゴムを使った痕跡さえ残さず、ものの見事に解いた方程式のような感じが或る。 このような曖昧さを微塵も残さない音が、ぼくは、もともと嫌いではない。 しかし、やはり、どうしても、マ・ノン・トロッポ! と呟かないではいられなかった。 ただ、そのようなワディアのWADIA7+WADIA9のきかせる音についての感想は、あくまでもぼくのきわめて個人的なものでしかないので、ご興味のある方は、どこかで、なんとか機会をみつけられて、このユニークな音とふれあわれることをおすすめする。 もしかすると、ご自身のオーディオ感の根底をゆさぶられるような思いをなさらないとも限らない。 それだけの、独特の力をそなえている、このワディアの音である。 マークレビンソンのNo. 31L+No. 30Lを最後にきいた。 これは以前にもきいたことがある。 したがって、「どうも、お久しぶり」、といった感じできき始めることができた。 ここで耳にする音は、音の性格として、ワディアのWADIA7+WADIA9のきかせてくれる音の対極にある。 もし、ワディアのWADIA7+WADIA9のきかせてくれる音がエゴン・シーレ描くところの痩せた美少女にたとえられるのであれば、マークレビンソンのNo. 31L+No. 30Lのきかせてくれるのはグスタフ・クリムトの描く豊潤な美女であろう。 この、個々の音を、ぐっとおしだしてくる、たっぷりとしたひびきっぷりは見事の一語につきる。 このマークレビンソンをしばらくきいた後に、ソニーをあらためてききなおしたら、けっして痩せすぎとはいいがたいロミー・シュナイダーがひどくスリムに感じられた。 充分に繊細であり、鋭敏でもあって、そのうえ、腰のすわった、肉づきのいい音をきかせてくれるのが、このマークレビンソンである。 粗衣身で、これは、いかに過酷なききての求めであろうと、十全にこたえられる機器というべきであろう。 このような音を耳にすると、CDはどうも音が薄っぺらで、といったような、しばしば耳にする、表面的なところでのCD批判のよりどころが、どうしたって、ぼけてくる。 いくぶん逆説的にきこえてしまうのかもしれないが、このCDの強みを最大限いかしきった機器できける音は、さまざまなCDプレーヤーのきかせてくれる音のなかで、もっとも非CD的な音である、といえなくもない。 この力にみちた、弾力にとむ音は、たぶん、最高級のアナログディスクプレーヤーできける音と較べても、いささかの遜色もないはずである。 まことに見事な、表現力にとんだ、恰幅のいい音である。 ただ、畏敬しつつも、身近に感じることのできない音が或る。 そのあたりが模範回答のないオーディオの、オーディオならではの面白いところというべきかもしれない。 ぼくにとって、マークレビンソンのNo. 31L+No. 30Lのきかせてくれる音が、畏敬しながらも、自分からは離れたところにある音のようである。 グスタフ・クリムトの描く豊満な美女に対する憧れは充分にあるが、そのタイプの音となると、かならずしもぼくのものではない、と思ってしまう。 絶世の美女四人とのステレオサウンド試聴室での、しばしばの団欒は、スリリングでもあり、まことに楽しかった。 ステレオサウンド試聴室につどったロロやドド、ジュジュやマルゴたちのチャーミングな容姿や物腰、それに体温を、ダニロよろしく思い出しているうちに、アンプもあたたまってきたようである。 いささかの後ろめたさと不安を胸に、ぼくスチューダーのA730のスタートボタンをおした。 あたりまえのことながら、日頃なじんでいた音がきこえてきた。 ぼくは、なれない外国語に苦労しつつ一人であちこち旅してきて、やっとのことで帰りつき、「お疲れさま」、とやさしく声をかけられたときのような気持になり、なぜか、ほろっとした。 そして、同時に、安堵の溜息をつかずにいられなかった。 ステレオサウンド試聴室で出会ったロロやドド、ジュジュやマルゴたちは、たしかに、今、ぼくの使っているスチューダーA730+ワディア2000SHのいたらなさに気づかせた。 最新のCD再生機器の性能が、ここのところにきて大きく向上したのは否定しようのない事実である。 その意味で、M1の、「このところにきて、CDプレーヤーが新しい局面をむかえていましてね」、といった言葉は正しかった。 以前であれば、このような状況を目のあたりにすれば、前後の見さかいもなく、飛石づたいに、あっちにふらふら、っこちにふらふらするような感じで放蕩をかさねられたのかもしれなかった。 しかし、今は、よほどうちの嫁はんに惚れ込んでしまっているためかどうか、どうやら、ここしばらくは、ロミー・シュナイダーのことが原因の別れ話をしないでもすませそうに思え、ほっとしつつも、ちょっと寂しい気もしている。 それにしても、「お前、第屏風か?」、と呟いたぼくに答えるかのように、A730が恥じらいつつうなずいたのは、あれは幻影だったのか? 井上卓也 ステレオサウンド別冊「JBLのすべて」(1993年3月発行) 「ハイエンドアンプでProject K2 S9500を堪能する」より 現在のハイエンドマーケットで、良くも悪くもリファレンスアンプとして常用されている、マークレビンソンの組合せである。 26Lは、ステレオサウンドのリファレンスアンプの一部で、設置位置は十分に吟味して決めてあるため、テフロン基板タイプとなったNo. 26SLもまったく同じ条件に置くことにした。 一般に、電源部が独立したプリアンプでは、電源部はどこにどのような状態で置いても音は変らないと思われているようであるが、電源部の感度は相当に高く、置き場所の条件で、音質、音色ともにコロコロと変るものであることを是非とも覚えておく必要がある。 パワーアンプは標準位置、結線は平衡型である。 アウトフォーカスの写真が、徐々にクリアーなピントとなるようなウォームアップをするタイプで、アンプのウォームアップの典型的なパターンといえよう。 帯域バランス的な変化は少ないため、ほぼ10分間も経過すれば、一応この組合せとおぼしき音にはなるが、音場感情報量は抑えられ、音の内容も新聞の写真のように粗粒子型のラフさが残っている。 低域は軟調気味で、質感が甘く、高域も伸びきっていないため、ゆったりおおらかな魅力はあるが、やや締まらない制御不足の音ともいえるだろう。 時間経過に伴い、内容が次第に充実し、音場感情報が豊かになると音の表情にも余裕が感じられるようになり、高級アンプならではの独自の世界が展開されるようになる。 S9500は、いわゆるアブソリュートフェイズも、一般的スピーカーと同様に正相に変っているため、よく知られているJBLのモニター系(こちらは逆相である)の音質音色に比べ、かなり柔らかくしなやかで、マイルドな方向の音に変っているが、独特のプロポーションをもつエンクロージュアの特徴から、奥行き方向のパースペクティヴの再現能力や音像が浮かび上がって定位する魅力は、従来にない新しい魅力だ。 26SLは、従来のLタイプから、滑らかに、艶やかに、の方向に音色が変り、独特の陰影が音につくようになった。 このため、ここでの音はかなり柔らかく豊かで、色彩感を少し抑えた淡彩な音で鳴り、低域は量感はあるが軟調で甘く、全体に見事にコントロールされた、非常に巧みな、味わい深い、とてもオイシイ音として聴かせるパフォーマンスは、マークレビンソンならではの魅力であり、安心感、信頼感である。 この程度、時間も経過すれば、スピーカーも部屋に馴じみ、当初のマットな表情から目覚めだしたようで、このアンプ用にセッティングを修正すれば、かなりの幅で自分の音とすることは容易であろう。 プログラムソースの暗騒音の分布から、中域にキャラクターがあるのが判かるが、音を引き締める要素となっており、これがマーク・レヴィンソンの魅力だろう。 音場感はナチュラルに拡がり、音像は小さく、輪郭クッキリと立ち、感覚的な見通しはよい。 プログラムソースとの対応は、全体に、僅かではあるが小さく凝集して聴かせる。 菅野沖彦 ステレオサウンド 79号(1986年6月発行) 特集・「CDプレーヤー・ダイレクト接続で聴く最新パワーアンプ48機種の実力テスト」より 柔軟な質感をよく再現し、木目の細かい粒立ちや、滑らかなニュアンスは魅力的である。 ただ、明るく抜けきった屈託のない音とは違って、どこか、生ぬるい感触が個人的には違和感として感じられる。 カンタータでのヴォーカルのドゥエットはソフトな質感だが、やや鮮烈さが不足し、瑞々しさとリアリティに不満が残った。 耳障りな刺激性は皆無といってよいが、肌合いが私には合わないのだろう。 ベースの音色やピアノのリアリティは見事で、アナリティカルに聴くと大変優れているが。 音質:9. 2 価格を考慮した魅力度:8. 8 井上卓也 ステレオサウンド 79号(1986年6月発行) 特集・「CDプレーヤー・ダイレクト接続で聴く最新パワーアンプ48機種の実力テスト」より ナチュラルに伸びた帯域バランスと、シャープに、クッキリと音に輪郭をつけて聴かせる鋭角的なイメージの音である。 低域はやや硬質だが、質感に優れ、引き締まった音が特徴である。 ただし、伸びやかさはミニマムであり、中低域の豊かさも不足気味だ。 中域は、コリッとした独特の質感があり、これが聴かせどころになってはいるが、聴感上でのSN比が一段と向上すれば、よりナチュラルになり、彫りの深い見事な中域になるだろう。 総合的に立派な製品だが、限りなき前進を望む。 音質:9. 3 価格を考慮した魅力度:9. 品位が高いというのは、物理特性によるところが大きい。 パーツやコンストラクションを含めて、音の実体に則した特性の洗練が生んだ結果だろう。 測定データ上の物理特性の次元では、今や、品位が高いという表現が使える音になるとは限らない。 この透明度の高い空間再現性、滑らかでソリッドな実在感豊かな音の多彩な再現能力は、現在の高級プリアンプの中でも傑出していると思う。 [AD試聴]マーラーの第6交響曲を聴いて、定位、奥行きの再現などが、ちょっと、他のアンプとちがうことを感じさせられた。 個性としては、やや粘りっこい女性的な色合いと質感の中間ぐらいの感触が感じられて気になるが。 JBLだと、より実在感が高く、眼前に屹立するようで、いわゆるソリッドな音、マッシヴな音という表現をしたくなる。 B&Wでも、このスピーカーのスケールが一廻り大きくなったような音像の立体感と実在感が聴ける。 [CD試聴]CDを聴いても、ADの項で述べたような、並のアンプとは一桁ちがう品位の高い音という印象は変らない。 好き嫌いは別として脱帽せざるを得ないものだと思う。 質感は表面は骨らかで、しなやかで、中味はかなりつまっている感じである。 ショルティのワグナーの鮮かなオーケストラには圧倒される。 ベイシーのピアノの輝かしい音色、ミュート・トランペットの複雑な音色の妙と冴え、リズムの抑揚が生き生きと弾んでスイングする。 尋常ならざる迫力というべきである。 円みのある音の提示で特にすぐれている。 ここにあるのは下品にならない馬力とでもいうべきものである。 38」 B. クイケン(fl)、S. クイケン(vn)、W. アタックの鋭い音での反応ではスレッショルドでのものの方がすぐれている。 ベースの音は大きくふくれてしまっている。 力感の提示よりしなやかさへの対応にすぐれた組合せというべきか。 38」 B. クイケン(fl)、S. クイケン(vn)、W. すぐ下には公園があって、テニスコートやプールがある。 いまはまだ水の季節ではないが、桜の花が満開の暖い日には、テニスコートは若い人たちでいっぱいになる。 公園の向うの河の水は澱んでいて、暖かさの急に増したこのところ、そばを歩くとぷうんと溝泥の匂いが鼻をつくが、10階まではさすがに上ってこない。 河の向うはビル街になり、車の往来の音は四六時中にぎやかだ。 そうした街のあちこちに、双眼鏡を向けていると、そのたびに、あんな建物があったのだろうか。 見馴れたビルのあんなところに、あんな看板がついていたのだっけ……。 仕事の手を休めた折に、何となく街を眺め、眺めるたびに何か発見して、私は少しも飽きない。 高いところから街を眺めるのは昔から好きだった。 そして私は都会のゴミゴミした街並みを眺めるのが好きだ。 ビルとビルの谷間を歩いてくる人の姿。 立話をしている人と人。 あんなところを犬が歩いてゆく。 とんかつ屋の看板を双眼鏡で拡大してみると電話番号が読める。 あの電話にかけたら、出前をしてくれるのだろうか、などと考える。 考えながら、このゴミゴミした街が、それを全体としてみればどことなくやはりこの街自体のひとつの色に統一されて、いわば不協和音で作られた交響曲のような魅力をさえ感じる。 そうした全体を感じながら、再び私の双眼鏡は、目についた何かを拡大し、ディテールを発見しにゆく。 高いところから風景を眺望する楽しさは、なにも私ひとりの趣味ではないと思うが、しかし、全体を見通しながらそれと同じ比重で、あるいはときとして全体以上に、部分の、ディテールの一層細かく鮮明に見えることを求めるのは、もしかすると私個人の特性のひとつであるかもしれない。 そこに思い当ったとき、記憶は一度に遡って、私の耳には突然、JBL・SA600の初めて鳴ったあの音が聴こえてくる。 JBLのプリメイン型アンプSA600が発表さたのは、記憶が少し怪しいがたぶん1966年で、それより少し前の1963年には名作SG520(プリアンプ)が発表されていた。 JBL・Tサーキット? の名で華々しく登場した。 このパワーアンプに、SG520をぐんと簡易化したプリアンプを組合わせて一体(インテグレイテッド)型にしたのがSA600である。 この、SE400の回路こそ、こんにちのトランジスターパワーアンプの基礎を築いたと言ってよく、その意味ではまさに時代を先取りしていた。 私たちを驚かせたのは、むろん回路構成もであったにしても、それにもまさる鳴ってくる音の凄さ、であった。 アンプのトランジスター化がまだ始まったばかりの時代で、回路構成も音質もまた安定度の面からも、不完全なトランジスターアンプがはびこっていて、真の音楽愛好家の大半が、アンプのトランジスター化に疑問を抱いていた頃のことだ。 それ以前は、アメリカでは最高級の名声を確立していたマランツ、マッキントッシュの両者ともトランジスター化を試みていたにもかかわらず、旧型の管球式の名作をそれぞれに越えることができずにいた時期に、そのマランツ、マッキントッシュの管球式のよさと比較してもなお少しも遜色のないばかりか、おそらくトランジスターでなくては鳴らすことのできない新しい時代を象徴する鮮度の高いみずみずしい、そしてディテールのどこまでも見渡せる解像力の高さでおよそ前例のないフレッシュな音を、JBLのアンプは聴かせ、私はすっかり魅了された。 この音の鮮度の高さは、全く類がなかった。 何度くりかえして聴いたかわからない愛聴盤が、信じ難い新鮮な音で聴こえてくる。 一旦この音を聴いてしまったが最後、それ以前に、悪くないと思って聴いていたアンプの大半が、スピーカーの前にスモッグの煙幕でも張っているかのように聴こえてしまう。 JBLの音は、それぐらいカラリと晴れ渡る。 とうぜんの結果として、それまで見えなかった音のディテールが、隅々まではっきりと見えてくる。 こんなに細やかな音が、このレコードに入っていたのか。 そして、その音の聴こえてきたことによって、これまで気付かなかった演奏者の細かな配慮を知って、演奏の、さらにはその演奏をとらえた録音の、新たな側面が見えはじめる。 こんにちでは、そういう音の聴こえかたはむしろ当り前になっているが、少なくとも1960年代半ばには、これは驚嘆すべきできごとだった。 ディテールのどこまでも明晰に聴こえることの快さを教えてくれたアンプがJBLであれば、スピーカーは私にとってイギリス・グッドマンのアキシオム80だったかもしれない。 そして、これは非常に大切なことだがその両者とも、ディテールをここまで繊細に再現しておきながら、全体の構築が確かであった。 それだからこそ、細かな音を鳴らしながら音楽全体の姿を歪めるようなことなくまたそれだからこそ、細かな音のどこまでも鮮明に聴こえることが快かったのだと思う。 細かな音を鳴らす、というだけのことであれば、これら以外にも、そしてこれら以前にも、さまざまなオーディオ機器はあった。 けれど、全景を確かに形造っておいた上で、その中にどこまでも細やかさを求めてゆく、という鳴らし方をするオーディオパーツは、決して多くはない。 そして、そういう形でディテールの再現される快さを一旦体験してしまうと、もう後に戻る気持には容易になれないものである。 キリキリと絞り込んで、隅から隅までキッカリとピントの合った印画を、手にとって眺めてみる。 見えるものすべてにピントの合った映像というものが、全く新しい世界として目の前に姿を現わしてくる。 それをさらに、ルーペで部分拡大して見る。 それはまさに、双眼鏡で眺めた風景に似て、超現実の別世界である。 写真に集中的に凝っていたころ、さまざまのカメラやレンズの名品を、一度は道楽のつもりで手もとに置いた時期があった。 しかし、たとえばタンバールやヘクトールなどの、幻ともいわれる名レンズといえども、いわゆるソフトフォーカスタイプのレンズは、どうにも私の好みには合わないことを、道楽の途中で気づかされた。 私は常に、ピントの十分に合った写真が好きなのだった。 たとえば長焦点レンズの絞りを開放近くに開いて、立体を撮影すれば、ピントの合った前後はもちろんボケる。 仮にそういう写真であればあったで、ともかく、甘い描写は嫌いで、キリリと引締った鋭く切れ込む描写をして欲しい。 といって、ピントが鋭ければすべてよいというわけではない。 髪の毛を、まるで針金のような質感に写すレンズがある。 逆に、ピントの外れた部分を綿帽子のようにもやもやに描写するレンズがある。 どちらも私は認めない。 髪の毛の質感と、バックにボケて写り込んでいる石垣の質感とが、それぞれにそれらしく感じとれないレンズはダメだ。 その上で、極力鋭いピントを結ぶレンズ……。 こうなると、使えるタマは非常に限られてしまう。 そうした好みが、即ち再現された音への好みと全く共通であることは、もう言うまでもなくさらにはそれが、食べものの味の好み、色彩やものの形、そして異性のタイプの好みにまで、ひとりの人間の趣味というものは知らず知らずに映し出される。 それだから、アンプを作る人間の好みがそれぞれのアンプの鳴らす音の味わいに微妙に映し出され、アンプを買う側の人間がそれを嗅ぎ分け選び分ける。 自分の鳴らしたい音の世界を、どのアンプなら垣間見せてでもくれるだろうか。 さまざまのアンプを聴き分け、選ぶ楽しさは、まさにその一点にある。 どこまでも細かく切れ込んでゆく解像力の高さ、いわばピントの鋭さ。 澄み切った秋空のような一点の曇りもない透明感。 そして、一音一音をゆるがせにしない厳格さ。 それでありながら、おとのひと粒ひと粒が、生き生きと躍動するような,血の通った生命感……。 そうした音が、かつてのJBLの持っていた魅力であり、個性でもあった。 そのためか、音の支えがいかにも確としてゆるぎがない。 細いかと思っていると案外に肉づきがしっかりしている。 それは恰も、欧米人の女声が、一見細いようなのに、意外に肉づきが豊かでびっくりさせられるというのに似ている。 要するにJBLの音は、欧米人の体格という枠の中で比較的に細い、のである。 JBLと全く対極のような鳴り方をするのが、マッキントッシュだ。 ひと言でいえば豊潤。 なにしろ音がたっぷりしている。 JBLのような? 一見……? ではなく、遠目にもまた実際にも、豊かに豊かに肉のついたリッチマンの印象だ。 音の豊かさと、中身がたっぷり詰まった感じの密度の高い充実感。 そこから生まれる深みと迫力。 そうした音の印象がそのまま形をとったかのようなデザイン……。 この磨き上げた漆黒のガラスパネルにスイッチが入ると、文字は美しい明るいグリーンに、そしてツマミの周囲の一部に紅色の点(ドット)の指示がまるで夢のように美しく浮び上る。 このマッキントッシュ独特のパネルデザインは、同社の現社長ゴードン・ガウが、仕事の帰りに夜行便の飛行機に乗ったとき、窓の下に大都会の夜景の、まっ暗な中に無数の灯の点在し煌めくあの神秘的ともいえる美しい光景からヒントを得た、と後に語っている。 だが、直接にはデザインのヒントとして役立った大都会の夜景のイメージは、考えてみると、マッキントッシュのアンプの音の世界とも一脈通じると言えはしないだろうか。 つい先ほども、JBLのアンプの音の説明に、高い所から眺望した風景を例として上げた。 JBLのアンプの音を風景にたとえれば、前述のようにそれは、よく晴れ渡り澄み切った秋の空。 そしてむろん、ディテールを最もよく見せる光線状態の昼間の風景であろう。 その意味でマッキントッシュの風景は夜景だと思う。 だがこの夜景はすばらしく豊かで、大都会の空からみた光の渦、光の乱舞、光の氾濫……。 贅沢な光の量。 ディテールがよくみえるかのような感じは実は錯覚で、あくまでもそれは遠景としてみた光の点在の美しさ。 言いかえればディテールと共にこまかなアラも夜の闇に塗りつぶされているが故の美しさ。 それが管球アンプの名作と謳われたMC275やC22の音だと言ったら、マッキントッシュの愛好家ないしは理解者たちから、お前にはマッキントッシュの音がわかっていないと総攻撃を受けるかもしれない。 だが現実には私にはマッキントッシュの音がそう聴こえるので、もっと陰の部分にも光をあてたい、という欲求が私の中に強く湧き起こる。 もしも光線を正面からベタにあてたら、明るいだけのアラだらけの、全くままらない映像しか得られないが、光の角度を微妙に選んだとき、ものはそのディテールをいっそう立体的にきわ立たせる。 対象が最も美しく立体的な奥行きをともなってしかもディテールまで浮び上ったときが、私に最上の満足を与える。 その意味で私にはマッキントッシュの音がなじめないのかもしれないし、逆にみれば、マッキントッシュの音に共感をおぼえる人にとっては、それがJBLのように細かく聴こえないところが、好感をもって受け入れられるのだろうと思う。 さきにもふれた愛好家ひとりひとりの、理想とする音の世界観の相違がそうした部分にそれぞれあらわれる。 JBLとマッキントッシュを、互いに対立する両方の極とすれば、その中間に位置するのがマランツだ。 マランツの作るアンプは、常に、どちらに片寄ることなく、いわば? 黄金の中庸精神? で一貫していた。 だが、そのほんとうの意味が私に理解できたのは、もっとずっとあとになってのことだった。 自作のアンプにくらべてあまりにも良い音がして序ッ区を受けた話はもう何度も書いてしまったが、そのときには、まだ、マランツというアンプの中庸の性格など、聴きとれる筈がない。 アンプの音の性格というものは、常に「それ以外の、そしてそれと同格でありながら傾向を異にする」音、を聴いたときに、はじめて、理解できるものだ。 一台のアンプの音だけ聴いて、そのアンプの音の傾向あるいは音色が、わかる、などということは、決してありえない。 それは当然なので、アンプの音を聴くには、そのアンプにスピーカーを接続し、何らかのプログラムソースを入れてやって、そこで音がきこえる。 そうしたあらゆる要因によるそれぞれに固有の音色をすべて差し引いた上で、これがこのアンプの固有の音色だ、このアンプの個性だ、と言い切るには、くりかえしになるが、そのアンプと同格の別のアンプを、少なくとも一台、できれば二〜三台、アンプ以外の他の条件をすべて揃えて聴きくらべてからでなくては、「このアンプの音色は……」などと誰にも言えない筈だ。 そうした道理で、マッキントッシュの豊潤さ、JBLの明晰さ、を両つ(ふたつ)の極として、その中間にマランツが位置する、と理解できたのは、つまりそういう比較をできる機会にたまたま恵まれたからであった。 それが、本誌創刊第三号、昭和42年の初夏のことであった。 このときすでに、JBLのSG520とSE400の組合せが、私の装置で鳴っていた。 スピーカーもJBLで、しかしまだ、こんにちのスタジオモニターシリーズのような完成度の高いスピーカーシステムが作られていなかったし、あこがれていた「ハーツフィールド」は、入手のめどがつかず、「オリムパス」は二〜三気になるところがあって買いたいというほどの決心がつかなかったので、ユニットを買い集めて自作した3ウェイが鳴っていた。 というより、その当時の私は、アンプよりもスピーカーシステムにあれこれと浮気しているまっ最中で、アンプにはそれほど重点を置いていなかった。 昭和41年の暮に本誌第一号が創刊され、そのほんの少しあとに、前記のプリメインSA600を、サンスイの新宿ショールーム(伊勢丹の裏、いまダイナミックオーディオの店になっている)の当時の所長だった伊藤瞭介氏のご厚意で、たぶん一週間足らず、自宅に借りたのだった。 そのときの驚きは、本誌第9号にも書いたが、なにしろ、聴き馴れたレコードの世界がオーバーに言えば一変して、いままで聴こえたことのなかったこまかな音のひと粒ひと粒が、くっきりと、確かにしかし繊細に、浮かび上り、しかもそれが、はじめのところにも書いたようにおそろしく鮮度の高い感じで蘇り息づいて、ぐいぐいと引込まれるような感じで私は昂奮の極に投げ込まれた。 全く誇張でなしに、三日三晩というもの、仕事を放り出し、寝食も切りつめて、思いつくレコードを片端から聴き耽った。 今になってそのことに思い当ってみると、いままで気がつかなかったが、どうやら私にとって最大のオーディオ体験は、意外なことに、JBLのSA600ということになるのかもしれない。 たしかに、永い時間をかけて、じわりと本ものに接した満足感を味わったという実感を与えてくれた製品は、ほかにもっとあるし、本ものという意味では、たとえばJBLのスピーカーは言うに及ばず、BBCのモニタースピーカーや、EMTのプレーヤーシステムなどのほうが、本格派であるだろう。 そして、SA600に遭遇したが、たまたまオーディオに火がついたまっ最中であったために、印象が強かったのかもしれないが、少なくとも、そのときまでスピーカー第一義で来た私のオーディオ体験の中で、アンプにもまたここまでスピーカーに働きかける力のあることを驚きと共に教えてくれたのが、SA600であったということになる。 結局、SA600ではなく、セパレートのSG520+SE400Sが、私の家に収まることになり、さすがにセパレートだけのことはあって、プリメインよりも一段と音の深みと味わいに優れていたが、反面、SA600には、回路が簡潔であるための音の良さもあったように、今になって思う。 ……という具合にJBLのアンプについて書きはじめるとキリがないので、この辺で話をもとに戻すとそうした背景があった上で本誌第三号の、内外のアンプ65機種の総試聴特集に参加したわけで、こまかな部分は省略するが結果として、JBLのアンプを選んだことが私にとって最も正解であったことが確認できて大いに満足した。 しかしその試聴で、もうひとつの魅力ある製品を発見したというのが、これも前述したマッキントッシュのC22とMC275の組合せで、アルテックの604Eを鳴らした音であった。 ことに、テストの終った初夏のすがすがしいある日の午後に聴いた、エリカ・ケートの歌うモーツァルトの歌曲 Abendempfindung(夕暮の情緒)の、滑らかに澄んで、ふっくらとやわらかなあの美しい歌声は、いまでも耳の底に焼きついているほどで、この一曲のためにこのアンプを欲しい、とさえ思ったものだ。 だが結局は、アルテックの604Eが私の家に永く住みつかなかったために、マッキントッシュもまた、私の装置には無縁のままでこんにちに至っているわけだが、たとえたった一度でも忘れ難い音を聴いた印象は強い。 そうした体験にくらべると、最初に手にしたにもかかわらず、マランツのアンプの音は、私の記憶の中で、具体的なレコードや曲名と、何ひとつ結びついた形で浮かんでこないのは、いったいどういうわけなのだろうか。 確かに、その「音」にびっくりした。 そして、ずいぶん長い期間、手もとに置いて鳴らしていた。 それなのに、JBLの音、マッキントッシュの音、というような形では、マランツの音というものを説明しにくいのである。 なぜなのだろう。 JBLにせよマッキントッシュにせよ、明らかに「こう……」と説明できる個性、悪くいえばクセを持っている。 マランツには、そういう明らかなクセがない。 だから、こういう音、という説明がしにくいのだろうか。 それはたしかにある。 だが、それだけではなさそうだ。 もしかすると私という人間は、この、「中庸」というのがニガ手なのだろうか。 そうかもしれないが、しかし、音のバランス、再生される音の低・中・高音のバランスのよしあしは、とても気になる。 その意味でなら、JBLよりもマッキントッシュよりも、マランツは最も音のバランスがいい。 それなのに、JBLやマッキントッシュのようには、私を惹きつけない。 私には、マランツの音は、JBLやマッキントッシュほどには、魅力が感じられない。 そうなのだ。 マランツの音は、あまりにもまっとうすぎるのだ。 立派すぎるのだ。 明らかに片寄った音のクセや弱点を嫌って、正攻法で、キチッと仕上げた音。 欠点の少ない音。 整いすぎていて、だから何となくとり澄ましたようで、少しよそよそしくて、従ってどことなく冷たくて、とりつきにくい。 それが、私の感じるマランツの音だと言えば、マランツの熱烈な支持者からは叱られるかもしれないが、そういう次第で私にはマランツの音が、親身に感じられない。 魅力がない。 惹きつけられない。 たから引きずりこまれない……。 また、こうも言える。 マランツのアンプの音は、常に、その時点その時点での技術の粋をきわめながら、音のバランス、周波数レインジ、ひずみ、S/N比……その他のあらゆる特性を、ベストに整えることを目指しているように私には思える。 だが見方を変えれば、その方向には永久に前進あるのみで、終点がない。 いや、おそらくマランツ自身は、ひとつの完成を目ざしたにちがいない。 そのことは、皮肉にも彼のアンプの「音」ではなく、デザインに実っている。 モデル7(セブン)のあの抜きさしならないパネルデザイン。 十年間、毎日眺めていたのに、たとえツマミ1個でも、もうこれ以上動かしようのないと思わせるほどまでよく練り上げられたレイアウト。 アンプのパネルデザインの古典として、永く残るであろう見事な出来栄えについてはほとんど異論がない筈だ。 なぜ、このパネルがこれほど見事に完成し、安定した感じを人に与えるのだろうか。 答えは簡単だ。 殆どパーフェクトに近いシンメトリーであるかにみせながら、その完璧に近いバランスを、わざとほんのちょっと崩している。 厳密にいえば決して「ほんの少し」ではないのだが、そう思わせるほど、このバランスの崩しかたは絶妙で、これ以上でもこれ以下でもいけない。 ギリギリに煮つめ、整えた形を、ほんのちょっとだけ崩す。 これは、あらゆる芸術の奥義で、そこに無限の味わいが醸し出される。 整えた形を崩した、などという意識を人に抱かせないほど、それは一見完璧に整った印象を与える。 だが、もしも完全なシンメトリーであれば、味わいは極端に薄れ、永く見るに耐えられない。 といって、崩しすぎたのではなおさらだ。 これしかない。 パネルのデザインの完成度の高さにくらべると、その音は、崩し方が少し足りない。 いや、音に関するかぎり、マランツの頭の中には、出来上がったバランスを崩す、などという意識はおよそ入りこむ余地がなかったに違いない。 彼はただひたすら、音を整えることに、全力を投入したに違いあるまい。 もしも何か欠けた部分があるとすれば、それはただ、その時点での技術の限界だけであった、そういう音の整え方を、マランツはした。 むろん以上は私の独断だが、バランスはちょっと崩したところにこそ魅力を感じさせるのであれば、マランツの音は立派ではあったが魅力に欠けるという理由はこれで説明がつく。 そしてもうひとつ、これこそ最も皮肉な事実だが、その時点での最高の技術を極めた音であれば、とうぜんの結果として、技術が進歩すればそれは必ず古くなる。 言いかえれば、より一層進んだ技術をとり入れ、完成を目ざしたアンプに、遠からず追い越される。 ところが、マッキントッシュのように、ひとつの個性を究め、独特の音色を作り上げた音は、それ自体ひとつの完成であり、他の音が出現してもそれに追い越されるのでなく単にもうひとつ別の個性が出現したというに止まる。 良い悪いではなく、それぞれが別個の個性として、互いに魅力を競い合うだけのことだ。 その意味では、JBLのかつての音は、いくぶんきわどいところに位置づけられる。 それはひとつの見事な個性の完成でありながら、しかし、トランジスターの(当時の)最新の技術をとり入れていただけに、こんにち聴くと、たとえば歪が少し耳についたり、S/N比がよくなかったり、などの多少の弱点が目につくからだ。 もっとも、それらの点でいえばマッキントッシュとて例外とはなりえないので、やはりJBLのアンプの音は、いま聴き直してみても類のないひとつの魅力を保ち続けていると、私には思える。 あるいは惚れた人間のひいき目かもしれないが。 マランツ、マッキントッシュ、JBLのあと、アメリカには、聴くべきアンプが見当らない時期が長く続いた。 前二社はトランジスター化に転身をはかり、それぞれに一応の成果をみたし、マッキントッシュのMC2105などかなりの出来栄えではあったにしても、私自身は、JBLで満足していた。 その理由はいまさらいうまでもないが、ソ連との宇宙開発競争でケタ外れの金をつぎ込んだところへ、ヴェトナム戦争の泥沼化で、アメリカは平和産業どころではなかったのだ。 こうして、1970年代に入ると、日本のアンプメーカーが次第に力をつけ始め、プリメインアンプではその時代時代に、いくつかの名作を生んだ。 そうした積み重ねがいわばダイビングボードになって、たとえばパイオニア・エクスクルーシヴM4(ピュアAクラス・パワーアンプ)や、ヤマハBI(タテ型FET仕様のBクラス・パワーアンプ)などの話題作が誕生しはじめた。 ことにヤマハは、古くモノーラル初期に高級オーディオ機器に手を染めて以後、長らく鳴りをひそめていた同社が、おそらく一拠に名誉挽回を計ったのだろう全力投球の力作で、発売後しばらくは高い評価を得たが、反面、ちょうどこの時期に国内の各社は力をつけていたために、かえってこれが引き金となったのか、これ以後、続々とセパレートタイプの高級アンプが世に問われる形になった。 ただしもう少し正確を期した言い方をするなら、パイオニアやヤマハよりずっと早い時期に作られたテクニクスの10000番のプリとメインこそ、国産の高級セパレートアンプの皮切りであると思う。 そしてこのアンプは当時としては、音も仕上げも非常に優れた出来栄えだった。 しかし価格のほうも相当なもので、それであまり広く普及しなかったのだろう。 テクニクスもパイオニアもヤマハも、それぞれにプリアンプを用意していたが、そのいずれも、パワーアンプにもう一歩及ばなかった。 数だけはいくつも作られたにしても、見た目の風格ひとつとっても、これら三者の見事な出来栄えの、およそ足もとにも及ばなかった。 あるいはそれは私自身の性向をふまえての見方であるのかもしれない。 JBLも、ふりかえってみるとプリアンプ重視の作り方が気に入ったのかもしれない。 そう思ってみると、私をしびれさせたマッキントッシュのMC275は、たいしたパワーアンプだということになるのかもしれない。 マッキントッシュのプリアンプは、どの時期の製品をとっても、必ずしも私の好みに十分に応えたわけではなかったのだから。 それにしてもプリアンプの良いのが出ないねと、友人たちと話し合ったりしていたところに登場したのが、マーク・レヴィンソンだった。 最初の一台のサンプル(LNP2)は、本誌の編集部で初めて目にした。 その外観や出来栄えは、マランツやJBLを使い馴れた私には、殆どアピールしなかった。 たまたま居合わせた山中敬三氏が、新製品紹介での試聴を終えた直後で、彼はこのLNP2を「プロ用まがいの作り方で、しかもプロ用に徹しているわけでもない……」と酷評していた。 キャノンプラグとRCAプラグを併べてとりつけたどっちつかずの作り方が、おそらく山中氏の気に入らなかったのだろうし、私もそれには同感だった。 ところで音はどうなんだ? という私の問いに、山中氏はまるで気のない様子で、近ごろ流行りのトランジスターの無機的な音さ、と、一言のもとにしりぞけた。 それを私は信用して、それ以上、この高価なプリアンプに興味を持つことをやめにした。 あとで考えると、大きなチャンスを逃したことになった。 この第一号機は、いまのRFエンタープライゼスではなく、シュリロ貿易が試みに輸入したもので、結局このサンプルの評価が芳しくなく、もて余していたのを、岡俊雄氏が聴いて気に入られ、引きとられた。 つまり、LNP2を日本で最初に個人で購入されたのは、岡俊雄氏ということになる。 しばらくして、輸入元がRFに代わり、同社から、一度聴いてみないかと連絡のあったときも、最初私は全く気乗りしなかった。 家に借りて、接続を終えて音が鳴った瞬間に、びっくりした。 何ていい音だ。 久しぶりに味わう満足感だった。 早く聴かなかったことを後悔した。 それからレヴィンソンとのつきあいが始まった。 1974年のことだった。 レヴィンソンがLNP2を発表したのは1973年で、JBLのSG520からちょうど十年の歳月が流れている。 そして、彼がピュアAクラスのML2Lを完成するのは、もっとずっとあとのことだから、彼もまた偶然に、プリアンプ型の設計者ということがいえ、そこのところでおそらく私も共感できたのだろうと思う。 LNP2で、新しいトランジスターの時代がひとつの完成をみたことを直観した。 SG520にくらべて、はるかに歪が少なく、S/N比が格段によく、音が滑らかだった。 無機的などではない。 音がちゃんと生きていた。 ただ、SG520の持っている独特の色気のようなものがなかった。 そのことは、あとになってレヴィンソンに会って、話を聞いて、納得した。 彼はマランツに心酔し、マランツを越えるアンプを作りたかったと語った。 その彼は若く、当時はとても純粋だった(近ごろ少し経営者ふうになってきてしまったが)。 レヴィンソンが、初めて来日した折に彼に会ったM氏という精神科の医師が、このままで行くと彼は発狂しかねない人間だ、と私に語ったことが印象に残っている。 たしかにその当時のレヴィンソンは、音に狂い、アンプ作りに狂い、そうした狂気に近い鋭敏な感覚のみが嗅ぎ分け、聴き分け、そして仕上げたという感じが、LNP2からも聴きとれた。 そういう感じがまた私には魅力として聴こえたのにちがいない。 そうであっても、若い鋭敏な聴感の作り出す音には、人生の深みや豊かさがもう一歩欠けている。 その後のレヴィンソンのアンプの足跡を聴けばわかることだが、彼は結局発狂せずに、むしろ歳を重ねてやや練達の経営者の才能をあらわしはじめたようで、その意味でレヴィンソンのアンプの音には、狂気すれすれのきわどい音が影をひそめ、代って、ML7Lに代表されるような、欠落感のない、いわば物理特性完璧型の音に近づきはじめた。 かつてのマランツの音を今日的に再現しはじめたのがレヴィンソンの意図の一端であってみれば、それは当然の帰結なのかもしれないが、しかし一方、私のように、どこか一歩踏み外しかけた微妙なバランスポイントに魅力を感じとるタイプの人間にとってみれば、全き完成に近づくことは、聴き手として安心できる反面、ゾクゾク、ワクワクするような魅力の薄れることが、何となくものたりない。 そうである筈だ、と自分に言い聞かせてみてもなお、しかし私はアンプに限らず、オーディオ機器の鳴らす音のどこか一ヵ所に、その製品でなくては聴けない魅力ないしは昂奮を、感じとりたいのだ。 だがあえて言いたい。 今のままのアンプの作り方を延長してゆけば、やがて各社のアンプの音は、もっと似てしまう。 そうなったときに、あえて、このアンプでなくては、と人に選ばせるためには、アンプの音はいかにあるべきか。 そう考えてみると、そこに、音で苦労し人生で苦労したヴェテランの鋭い感覚でのみ作り出すことのできる、ある絶妙の味わいこそ、必要なのではないかと思われる。 レヴィンソンのいまの音を、もう少し色っぽく艶っぽく、そしてほんのわずか豊かにしたような、そんな音のアンプを、果して今後、いつになったら聴くことができるのだろうか。 カテゴリー• 151• 2,061• 924• 225• 254• 676• 2,906• 452• 760• 1,089• 1,015• 237• 2,952• 2,546• 311• 114• 818• 207• 350• 312• 312• 105• 207• 5,821• 151• 120• 269• 112• 396• 382• 233• 406• 300• 294• 636• 402• 137• 155• 341• 269• 2,814• 2,774• 316• 147• 128• 134• 5,993• 2,068• 517• 1,511• 1,636• 261.

次の