子猫 生後 1 ヶ月。 生後1ヶ月の子猫の育て方と注意すべき点

子猫の育て方を知りたい!生後1ヶ月~2ヶ月までの飼育方法とは?

子猫 生後 1 ヶ月

生後1ヶ月の子猫は自分の体温を維持できなく、気温に影響されやすいです。 特に寒い環境だと死んでしまうこともあります。 寒い時期は部屋を暖かくし一定の温度を保つようにしましょう。 生後1ヶ月の猫の最適な室温は、 24度~25度位と言われています。 その最適温度で室内を温かく保ってあげると良いでしょう。 それから、室温だけではなく猫用のベットなどを用意してあげると良いでしょう。 ペットショップなどで暖かい素材のベッドが市販されているので、それを利用しても良いと思います。 猫用のベット以外でも、小型動物用の電気カーペットや動物用のカイロなども市販されています。 これらの暖房具を使用すると暖かく温度を一定に保てると思います。 温度が高すぎると低温火傷を起こす危険性もありますので、注意しましょう。 電気カーペットやカイロを設置したところ以外にスペースがあると、子猫が暑いときに移動することができるので、移動できるスペースもあると良いでしょう。 猫の様子を観察しながら調節してあげましょう。 特に生後1ヶ月の子猫は自分で体温を維持できないので温度管理に気を付けましょう。 生後1ヶ月の子猫の抱っこの仕方 猫は小さい頃から抱っこに慣らしておくと良いと言われています。 成猫になってから急に抱っこしようと思っても難しく、抱っこが出来ない場合が多いそうです。 子猫の時に何度も抱っこされることで、抱っこに慣れてくるそうです。 特に生後1ヶ月の子猫はお世話するときなど抱っこすることが多いので、良いチャンスになります。 子猫を抱っこする場合は、前からそっと子猫の両脇に手を差し込み、優しく抱き上げ、そのあともう一方の手でお尻を抱きかかえるようにします。 猫を抱っこしたら、猫が落ち着くように優しく声をかけてあげましょう。 また、撫でてあげるのも良いと思います。 もし猫が抱っこを嫌がったら しつこく抱っこするのはやめましょう。 無理やり抱っこを繰り返すと抱っこが嫌いになる猫もいるので気を付けましょう。 生後1ヶ月の子猫の食事 生後1ヶ月の子猫の食事は母猫がいる場合は母猫の母乳を飲みます。 母猫がいない場合は子猫用ミルクを飲みます。 しかし、生後1ヶ月の猫はそろそろ離乳期に入り、ミルクに加えて子猫用フードを食べ始める時期になります。 母猫のいない子猫の場合は、子猫用ミルクの量を少しずつ減らし、その代わりにやわらかい子猫用のウェットフードを与えたり、子猫用のドライフードを水やお湯でふやかしたものを食べます。 一般的な子猫は、約6~8週目でミルクを与えないようになります。 それから生後1ヶ月の猫は、まだ胃が小さいので、一度にたくさんの量を食べられません。 1日の摂取カロリーのフード量を 3~5回に分けて与えましょう。 生後1ヶ月の子猫はまだ赤ちゃんと同じで体調の変化に気を付けなければなりません。 発熱や下痢・嘔吐などでは、脱水症状を起こす可能性があります。 脱水症状になってしまったら、まず体を温めて低体温になるのを防ぎ、子猫用ミルクなどで充分な水分補給をします。 子猫が水分を受けつけないときは、すぐに動物病院へ行き診察してもらいましょう。 生後1ヶ月の子猫の体の全体をチェックしましょう。 猫の目・鼻・口・耳・肛門・毛並みなど見ることです。 例えば、目ヤニや鼻水が出ていたり、耳の中が汚くなっていたり、毛並みが悪くなるなどの症状があります。 また猫の体を触ると嫌がったり、ずっと鳴いていたり、いつもとちがう行動したりするなど、行動のチェックもしてあげましょう。 これらが子猫の病気のサインになります。 生後1ヶ月の猫は免疫力も弱いのですぐに衰弱してしまいます。 子猫が変だなと思ったら動物病院に行きましょう。 どなたかアドバイス頂けたら幸いです。 私はベトナムのホーチミン市に住んでおります。 過去に猫を飼った経験はありません。 昨日雨の中、手のひらに乗るくらいの小さな子猫が我が家の軒下にトコトコと来て、疲れていたのかそのまま横になり寝始めました。 これは放って置けないと思い、抱き上げて家に入れてタオルで身体の水分を取り、体温で温めました。 お腹が空いていると思い、牛乳を若干水で薄め、体温くらいに温めてストローで与えました。 幸いホーチミン市は夜でも32度ほどあり寒くはないので、昨晩はタオルを掛けてベットの上で寝かせました。 今後どうする事がこの子にとって良いのか考えています。 その子はメスです。 大きさと視力があることから生後一ヶ月位かと思います。 身体は痩せこけていますが、おしりも綺麗で目ヤニや鼻水も認められず、ノミやシラミも付いていません。 近所の人たちの話では、この子は野良猫の子供らしく、6匹産まれた中の生き残った一匹で、栄養失調の母親なのでミルクがあまり出ず、5匹は次々と亡くなってしまったそうです。 母親を探しましたが見つかりませんでした。 面倒をみてやりたいのですが、牛乳は嫌らしくあまり飲んでくれません。 日本のブログでググると、どこでも「猫用ミルクを」「生後何か月までの猫用離乳食」としか書かれておりませんが、ここベトナムにそんな気の利いた商品など見付かりません。 その様な商品が無い地域に住む私が、この子を育てる為には授乳と離乳食をどうすれば良いですか? 具体的に教えて頂けたら幸いです。 何卒宜しくお願い申し上げます。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

生後1ヶ月ちょっと過ぎの子猫がドライフードを食べ始めました。

子猫 生後 1 ヶ月

この記事の目次• 猫の赤ちゃんの様子は?生後1ヶ月頃のトイレの様子 産まれて間もない猫の赤ちゃんの様子 猫の赤ちゃんは生後1ヶ月半を過ぎるまで、母猫の母乳だけで育ち泄物は母猫がお尻を綺麗に舐めて処理してくれるので、トイレの心配はありません。 しかし産まれて間もない赤ちゃん猫をもらった場合には、母猫と同じことをしてあげるようにしなくてはなりません。 赤ちゃん猫は、昼も夜も時間関係なく夜中に起きて授乳するのは当たり前なので母猫に育てられる場合は特に心配はありませんが、人間が育てるとなると、人間の子供と同じように夜中に起きて授乳するのには、体力も愛情も必要となってくるのです。 猫もその子の性格によってさまざまですが、2時間おきに目を覚ましてミルクを欲しがる子や、ほおっておくと6時間位は平気で静かに寝ている子もおり、本当に不思議です。 赤ちゃん猫は個々によって差があるので、それを十分理解した上で、その子にあった子育てをしてあげると、うまく育てることができるのではないかと思います。 猫は生後1ヶ月頃からトイレトレーニングを始めよう 猫も生後1ヶ月を過ぎる頃からトイレトレーニングを始められるようになります。 とても根気のいるトレーニングとなりますが、トイレが覚えられると一番大切なしつけが終了したと思ってよいでしょう。 1ヶ月の子猫に大人用は大きいので、テュッシュくらいの段ボールに新聞紙を敷き、その中に砂を入れた簡単なものを用意してあげましょう。 その際に子猫が自力で入ったり出たりできるように高さを調節してあげるようにしてあげましょう。 慣れない最初のうちは、そこらへんにあちこち失敗してしまうこともありますが、根気よく気長に続けることが、大切なのです。 特に猫のトイレトレーニングは生後1ヶ月のからの3ヶ月間にすることをオススメします。 また、1ヶ月経った頃に一度獣医さんに猫の健康状態などの経過を見てもらうと安心できるので、今後の検診や病気予防のワクチンなどについても知識を得ておきましょう。 猫が生後1ヶ月になったらトイレを覚えさせよう 猫は昔、乾燥している砂漠の砂の上で用を足しており、排泄物は砂で隠すという習性を持って暮らしていました。 そのため、一度トイレの場所を覚えさせてしまえば、猫は本能的に同じ場所で用を足し、排泄物はきちんと砂で埋めるのです。 猫を飼っている多くの方は、猫砂を使ってトイレを設置している方も多いのではないかと思います。 今回は猫のトイレトレーニングのポイントをご紹介していきたいと思います。 トイレの置き場所 猫が落ち着いて用を足せる場所に設置し、人間があまり通らない場所や部屋の隅などが好ましいです。 さらには一度トイレの場所を決めたら、その後は場所を変えないことが望ましいでしょう。 トイレの場所を教えるタイミング 猫がトイレをしたがる様子は、遊んでいたのに急に床のにおいを嗅ぎながら場所を探すような行動をした時には、トイレをしたいサインなのですぐにトイレに連れて行きましょう。 特に猫は起きてすぐや、食後にもトイレに行くことが多いことから、最初のうちは大変でしょうが、よく観察するようにし、トイレに行くタイミングを見逃さないようにしてあげることもポイントなのです。 猫は生後1ヶ月くらいから優しく抱っこしてあげよう 猫は基本、自分から甘えるのは好きですが、人間が必要以上に構うのを嫌います。 気まぐれな動物だということも、みなさんご存知かと思います。 特に猫は大人になってから急に抱っこしようと思っても、嫌がることが多く大抵逃げられます。 なので抱っこが好きな猫に育てたい場合には、小さい頃から慣らしておく必要があるのです。 子猫の場合の抱っこの仕方は、前から脇に手を差し込むようにし抱き上げもう一方の手をお尻に添えるようにし、猫が自由にならない程度に力を入れ緊張させないようにするのがポイントです。 猫が嫌がっているのに、無理やり繰り返してしまうとそれが原因で抱っこが嫌いになる猫もいれば、自分から体を動かして抱っこしてほしいと自分からアピールする猫もおり、こればっかりは猫の性格によるのです。 生後1ヶ月の子猫は体温維持が困難?保温が大切 母猫がいる子猫の場合 母猫に寄り添っていられることからある程度の体温は調節することができますが、人間の手で育てる場合の子猫の場合には、自分の体温を維持するのも難しく、気温に影響されやすいので最適な室温は、24、25度位と言われていますので、その最適温度で室内を温かく保ってあげましょう。 猫用のベットも暖かい素材のもので、特に寒い季節には小型動物用の電気カーペットや動物用のカイロも使うことをオススメします。 高すぎると低温火傷を起こす場合もあり危険ですので、注意するようにしましょう。 また猫が暑いと感じた時に移動できるスペースを作ってあげると良いでしょう。

次の

子猫が水を飲みたがりません。

子猫 生後 1 ヶ月

元々、猫はあまり水を飲まない。 とは言われますが・・・ママとしてはとても心配ですよね。 我が家の子猫も同じように、お水のお皿に顔を入れては鼻が入ってしまい「クシュ」とくしゃみをくり返していました。 初めはうまく飲む事ができず、くしゃみばかりの繰り返しで見ているママとしてはとても心配でした。 我が家では、離乳食(ドライフードを砕いて粉ミルクをかけ、お湯でふやかしたもの)に入れるお湯の量を調節しました。 水分不足になるのが心配だったので、離乳食をドロドロというよりはシャバシャバといった感じでしょうか・・・。 水分多めの離乳食を作り、浅めの器に少量ずつ入れ、2.3回に分けて食べさせていました。 1度にたくさんの量を入れると鼻がつかってしまうので・・・1・2ミリずつにしていましたね。 そうすれば、自然と水分も摂れますし水を飲む練習にもなるかと思います。 うちの子猫ちゃんは、そのうちに愛犬の水入れに興味を持つようになって・・・勝手に犬の水を飲んでいます。 もちろん、今では普通に器に水を入れてあげれば上手に飲みますが どうやら犬の水入れの方が地面から少し高くなっている分、飲みやすいようです。 (器の下に台が付いているので) それと、離乳食はお湯でふやかしてあげて下さい。 お腹が冷えてしまいますし、少し温かい方が喜びますよ。 離乳食が人肌位に冷めてからあげて下さいね。 早く上手に飲めるといいですね。 母猫が育てている姿を見ればわかるものなのですが…、生後1ヶ月~2ヶ月でしたら、まだ母乳が必要な時期です。 猫ちゃんは母猫と離された状態で、生後1ヶ月位なのでしょうか? 生後1ヶ月前後の子猫はミルクが主食です。 ミルクに水分と栄養含まれていますので、水は必要ありません。 生後1ヶ月~1ヶ月半には、そろそろ離乳の準備を始めますので、ミルクを濃い目にして与えるとか、缶詰に混ぜて、ドロドロにした状態で慣らしていくと良いでしょう。 猫は少食なので、栄養豊富なミルクから、徐々に子猫用離乳食に慣らしていった方がいいです。 今は暑い時期ですので、母猫がいないのでしたら、水分補給はミルクが良いでしょう。 子猫が自分から水を飲むようになるのは、ドライフードを食べ始める頃なので、生後2ヶ月前でしたら、焦ることはありません。 乳歯が生え揃って、硬いものが食べられるようになると、ドライフードを好んで食べるようになりますから、それまでは、水分を含んだミルクと離乳食を中心に与えて、普通の缶詰が食べられるようになってから、水飲みを用意してあげれば良いと思いますよ。

次の