危篤状態 意味。 重篤と危篤の違いとは?|重体・重症・重篤・危篤・読み方・意味|終活ねっと

危篤と重篤は意味が違う?家族が危篤となった時にすべきことも解説

危篤状態 意味

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 危篤と重篤は意味が異なる? 死が目前に迫り、回復する見込みが薄い状態が危篤です。 医師が患者の極端な脈拍の低下や呼吸微弱などから複合的に判断し、回復が困難とみなされた場合に危篤が宣告されます。 危篤になった場合でも、逝去するまでの時間は人によってさまざまです。 宣告から数時間以内に逝去する場合もありますが、数日間にわたって小康状態(しょうこうじょうたい)を保つこともあります。 亡くなるまでの時間は医師にもわからないため、危篤の連絡を受けたら可能な限り早く駆けつけることが大切です。 また、危篤と判断されてもまれに回復することもあります。 危篤になったとしても、確実に亡くなるとは限らないことも覚えておきましょう。 重篤の意味について 重篤も命に危険が及ぶ状態を示す言葉ですが、危篤は死が想定される意味合いが含まれることに対し、重篤は主に 症状の度合いを示す言葉です。 しかし、どちらの言葉も命にかかわる状態であることに変わりはなく、重篤はすぐに亡くなることはなくても、このままでは死に至ることを示しています。 重篤は危篤よりも医学用語としての性格が強く、一般的には用いられない言葉です。 危篤をはじめとして似た意味合いの言葉が多くあるため、多くの場合は 「命を脅かす非常に重い病状」といった言葉で代用されています。 一般的な解釈として重篤は、 「危篤ほどではないが、命の危険がある予断を許さない状態」と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。 家族が危篤となった際にすべきこととは? 家族が危篤状態になったときは、関係先への連絡など、たくさんあって大変です。 しかし、身近な人が亡くなるかもしれない恐怖や動揺の中で動かなければならないため、スムーズに行動できないことも考えられます。 ここですることをあらかじめ把握して備えましょう。 親族や知人等への連絡 危篤の連絡を受け取ったら、まずは親しい親族や知人へ連絡です。 同居している家族をはじめとして、親・子ども・兄弟・孫といった関係が近い親族へ知らせます。 一般的には、 3頭身以内の親交が深い親族に連絡をすることが多いようです。 親族以外でも、かかわりが深い人には連絡をする場合もあるので、関係性を考慮して臨機応変に判断する必要があります。 多くの場合、プライベートでの親交がなければ、仕事関係者に声はかけません。 危篤時は 特に親しい人たちが最期の瞬間を看取るための時間ということを念頭に置いて判断するようにしましょう。 大至急病院へ行って危篤状態の本人に声掛け 危篤を知らされたら、急いで病院へ移動してお見舞いをしましょう。 危篤状態と判断された人はいつ亡くなってもおかしくないため、ゆっくりしていると最期の瞬間に立ち会えない可能性があります。 病室へ着いたら、危篤となった本人に声をかけます。 感謝の言葉を伝えたり、本人との思い出を語ったりするのが通例です。 ほかには、手を握ったり髪を整えてあげたりしながら、看取りのときを迎えます。 反応がなくても声は聞こえていることもあるため、言葉選びには気をつけましょう。 「死ぬ」「助からない」といったネガティブな言葉を使うことは控えて、亡くなった後の話もしないようにするのがマナーです。 職場への連絡 危篤状態は数日になることもあるため、立ち合いが泊まり込みになることも珍しくありません。 長期間仕事を休むと人員不足などで業務にも影響が出る場合もあるので、 早い段階で連絡を入れることが大切です。 数日にわたって仕事を休む場合は、定期的に連絡を取りながらその都度状況を伝えて相談するようにしましょう。 職場に連絡する際は、 直属の上司へ口頭で伝えるのが基本です。 直接口頭で伝えられない場合は、電話でコミュニケーションを取りながら連絡するようにしましょう。 メールはいつ読まれるのかわからないため、補助的な使い方に留めるのが無難です。 僧侶や牧師への連絡 キリスト教では、危篤の人が存命のうちに臨終の儀を執り行います。 臨終の儀では神父や牧師が祈りをささげるため、親族たちと同じタイミングで連絡をしましょう。 神父や牧師も病室へ迎え入れます。 カトリックでは神父、プロテスタントでは牧師を呼ぶので間違えないようにしましょう。 カトリックで臨終の儀を行う場合は、「病者の塗油(とゆ)の秘跡」を行うためのロウソクや聖水、タオルなども必要です。 プロテスタントでは、信者へパンとワインを与える「聖餐式」を執り行います。 仏教の場合も、亡くなる前から僧侶に話を通しておくと、その後がスムーズになる場合があります。 危篤時の電話連絡の際に伝えるべき内容とは? 危篤を知らせる電話連絡は急を要するので、深夜帯や早朝であってもコールして問題ありません。 その際は、 「夜分遅くに申し訳ありません」「朝早くに恐れ入ります」といったひと言を添えると丁重です。 危篤を伝える際は、 自分と危篤の人の名前、危篤者との続柄から伝えます。 危篤者の状態や医師から伝えられた残された時間も告げて、存命のうちに病院へ来てもらうようにお願いしましょう。 ほかには、病院に関する情報も伝えることを忘れないようにします。 病院名・住所・電話番号・病室なども正確に伝達することが重要です。 自分の電話番号も知らせて、何かあったらすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。 危篤を伝えるメールの文例とは? メールを確認するタイミングは受信した本人次第です。 すぐに確認してもらえることもありますが、気づかれなければいつまでも読まれないこともあります。 特に深夜や早朝に送った場合は眠っていて気づかれないことが多いので、 電話が通じなかった際の補助として用いるようにしましょう。 危篤メールの一例としては、以下のような内容を記します。 朝早くに恐れ入ります。 私は(危篤者の名前)の息子の(送信者の名前)と申します。 先ほど、父の容態が急変して危篤状態になったと病院から連絡がありました。 もって(医師から知られた余命)前後とのことです。 つきましては、存命の内にひと目お会いしていただけませんでしょうか。 父が入院している病院は(病院名)です。 このメールをお読みいただけましたら、下記の私の携帯電話までお知らせいただけると助かります。 よくある質問 Q:病院へ向かう時に必要な持ち物は? A:危篤のお見舞いに向かう際は、 必要最低限の手荷物だけを持っていきましょう。 手土産などは必要ありません。 危篤の際は一刻も早く駆けつけることが重要なので、手土産を用意していると不義理と思われてしまう場合もあります。 Q:危篤状態から回復することもある? A:危篤と判断されても、結末が死とは限りません。 望みは薄いかもしれませんが、 体調を持ち直して快方に向かうこともあります。 しかし、医師が回復の見込みがないと判断した以上、その可能性は低いと考えたほうがよいでしょう。 「もしかしたらよくなるかもしれない」といった慰めは避けたほうが無難です。 Q:重篤と重体は意味が違う? A: 重篤と重体では、危険度の度合いが異なります。 重体は「命にかかわる可能性があるケガや病気を負った状態」を指します。 あくまで可能性が示唆される段階なので、はっきりと「命にかかわる」とされる重篤よりも程度は軽いという違いがあります。 Q:重篤と重症は意味が違う? A:重症は、定義としては「3週間以上の入院が必要なケガや病気」を指します。 一般的には、重度の病気にかかっている状態を示す際に用いられます。 命の危険が強いものの加療による回復も見込めない状況ではないため、重篤のほうが深刻な状態です。 類似用語はほかにもあります。 危険度は「軽症(軽傷)<重症(重傷)<重体<重篤<危篤」です。 Q:臨終となった後の流れとは? A:臨終となった後は、ご遺体にの儀式を行い、を施します。 並行して葬儀社の手配や関係者へのなどを行い、葬儀の準備を進めていきます。 その後はやを執り行います。 続いてを行うのが一般的な流れです。 Q:訃報の連絡はどの範囲まで行う? A:訃報は家族や親族をはじめとして、故人が生前親しかった知人・友人を中心に連絡していきます。 職場関係の人にも知らせるほか、近所に住む人にも知らせるのが一般的です。 葬儀で読経などをお願いする、 菩提寺などの宗教関係者にも忘れずに連絡しましょう。 まとめ 危篤と重篤は症状の程度に差があります。 どちらも命にかかわる危険な状態ですが、 危篤のほうがより深刻な死に直面した状態です。 危篤の連絡が入ると、親族への連絡や職場への休暇連絡といったことを行う必要があります。 気持ちに余裕がない中でしなければならないため、し忘れ防止にメモをしながら行うとよいでしょう。 また、亡くなってから葬儀の準備を始めると慌ただしくなり、十分な準備時間が確保できない場合が多く見られます。 そのため、近年では、危篤を通達された段階で葬儀の準備を始める方も珍しくなくなりました。 でも、生前での葬儀のご相談を承っています。 ぜひお気軽にお問い合わせください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

危篤とは?家族が危篤の時するべきことは

危篤状態 意味

「重篤」の意味 「重篤」とは、病気やケガの症状が重く、生命の危険がある状態で、主に、病気の程度が重いことを意味します。 一般に使用される言葉というよし、むしろ医療関係者の間で使用される専門用語に近い言葉になります。 「危篤」が、生命の危険を回避できないような状態であるのに対し、「重篤」は、このまま(何も処置しない)では、死に至るという意味が含まれる点が異なります。 「重症」の意味 「重症」とは、病気やケガの程度が重いが、すぐに生命の危険がある状態ではないときに使用されます。 消防庁の定義では、「三週間以上の入院が必要である」ケガや病気に使用されます。 それより軽い場合は「軽症」となります。 「重症」は病気やケガの程度が重いことを指しますが、同じ読みの「重傷」はケガのみを指すことが多く、全治一か月以上を要するケガを意味します。 「重体」の意味 「重体」は、ケガや病気の程度が重く、このままでは生命の危険がある場合に使用されます。 特に、事故などによるケガの場合に使用されることが多く、病気の場合は「重篤」が使用される傾向があります。 また、「重篤」は、病気や状態を形容することもあります(重篤な心不全など)が、「重体」は、ケガや病気の状態の患者さんを形容し、病気や状態を形容することはありません。 「危篤」の意味 「危篤」も、重体と同じく、病気やケガの程度が重く、生命の危険がある場合に使用されます。 しかし、両者はその危険度が異なり、「危篤」のほうがより危険度が高く、死が目前である、あるいは死が回避できない場合に使用されることが多い言葉です。 血圧が低下したり、呼吸が弱まるなど、回復が望めないと判断された場合に使用されます。

次の

危篤とは?葬儀までの準備や注意点について説明します

危篤状態 意味

「重篤」の意味 「重篤」とは、病気やケガの症状が重く、生命の危険がある状態で、主に、病気の程度が重いことを意味します。 一般に使用される言葉というよし、むしろ医療関係者の間で使用される専門用語に近い言葉になります。 「危篤」が、生命の危険を回避できないような状態であるのに対し、「重篤」は、このまま(何も処置しない)では、死に至るという意味が含まれる点が異なります。 「重症」の意味 「重症」とは、病気やケガの程度が重いが、すぐに生命の危険がある状態ではないときに使用されます。 消防庁の定義では、「三週間以上の入院が必要である」ケガや病気に使用されます。 それより軽い場合は「軽症」となります。 「重症」は病気やケガの程度が重いことを指しますが、同じ読みの「重傷」はケガのみを指すことが多く、全治一か月以上を要するケガを意味します。 「重体」の意味 「重体」は、ケガや病気の程度が重く、このままでは生命の危険がある場合に使用されます。 特に、事故などによるケガの場合に使用されることが多く、病気の場合は「重篤」が使用される傾向があります。 また、「重篤」は、病気や状態を形容することもあります(重篤な心不全など)が、「重体」は、ケガや病気の状態の患者さんを形容し、病気や状態を形容することはありません。 「危篤」の意味 「危篤」も、重体と同じく、病気やケガの程度が重く、生命の危険がある場合に使用されます。 しかし、両者はその危険度が異なり、「危篤」のほうがより危険度が高く、死が目前である、あるいは死が回避できない場合に使用されることが多い言葉です。 血圧が低下したり、呼吸が弱まるなど、回復が望めないと判断された場合に使用されます。

次の