スピッツ本。 スピッツ|プロフィール|HMV&BOOKS online

スピッツ

スピッツ本

が結成されたのは、1987年の夏頃。 そのころ、東京の某美大へ通うため、上京していた 草野正宗を中心にパンク・バンドを組んだのが始まり。 ちなみに、この美大の音楽サークルはレベルが高く、数々のバンドがメジャーデビューしていました。 80年代後半の当時は、みなさんご存知のとおりの一斉のバンドブーム。 ナゴムに始まり、 バカロックだのなんやらと下北周辺在住のバンドマンたちがもてはやされておりました。 スピッツも御多分にもれず、周辺のバンドとのイベントに精力的に出演していました。 特に思い出深いのは、今や肩を並べるくらいの大物になりましたが、まだ当時ブレイクしていなかったと共演していたこともありました。 もちろん両バンドともトリではありませんでした。 しかしその時からすでに、 うめぼしや おっぱいという名珍曲を披露し、トリ目当てのお客さんを虜にしていました。 そして1989年、念願の新宿Loftにてワンマン・ライヴ。 満員の300人を動員。 翌年インディーズで6曲入りミニアルバム ヒバリのこころをリリース。 こちらも御存知のとおり、今や中古屋でバカ高い値で売られている 超希少廃盤アイテムです。 発売当時、あんなに店頭に並んでいたのに、あのとき買わなかったのが非常に悔やまれる逸品。 テープでならもってる、とか買ったけどなくしたなんて罰当たりな人もいます。 記念すべき1991年3月、とうとうデビューシングル ヒバリのこころ、 1stアルバムで念願のメジャーデビューを果たしました。 草野氏曰く、いきなりヒットしてビッグ・アーティストの仲間入りをする勢いだった彼ら。 初期の名曲 うめぼし、ヒバリのこころがシュールで独特の世界を醸し出し、 一部の評論家たちに絶賛されたが、セールスは散々だったようです。 つづいて11月に 2ndをリリース。 前作同様、名曲 ウサギのバイク、魔女旅に出るなど、愛くるしい儚さが漂うメロディーとマサムネの澄み通る声が前面に出された、一つの世界を築き上げたかのようにみえたが、こちらもセールスは振るわず。 ここで冒険作の ミニアルバムをリリース。 新たなバンドサウンドを探ろうと必死だったのです。 これをバネに 3rdアルバムでギターサウンドを前面に出し、メロディーを重視したギターサウンドに焦点を絞り、バンドの一体感を求めました。 マイペースながらも着々と固定客を増やし続け、確実に活動していた彼らも、「いい曲を作っている自信があるのに、なぜ一般受けしないのだろう?」「とにかく売れたい!」の一心で初めて外部との共同制作に踏み切ったのが、1993年9月にこと。 ここでかれらにとって運命的な出会いとなったのは、プロデューサーの 笹路正徳氏。 カラフルな万華鏡ポップワールドを生み出した 4thアルバムは、確かに明るく一般向けなサウンドだったが、今までのファンはその変化に戸惑い、さらにセールスも奮いませんでした。 1994年、同じく笹路氏によるプロデュースで、元来のスピッツがもつ独特の飛び立っていくようなメロディーを前面に出した 5thアルバムをリリース。 とにかくスピッツは曲がいい!という人はこのアルバムには大満足なはず。 独特のマサムネ・ワールドも健在、美しすぎるメロディーがあふれる傑作です。 名曲 スパイダー、青い車など、中期スピッツの代表曲が収録。 このころから渋谷公会堂などで Jamboree tourが始まりました。 そして、このときからブレイクする予兆がじわじわと起こりはじめていたのです。 そして超ビックヒットとなった両曲を収録した 6thアルバムを満を持してリリース。 今でも多くの人達の宝物になっていることでしょう。 草野マサムネという一人の人間が、よちよち歩きの赤子から、探検と空想好きの少年になり、幻想的で現実的な思春期を過ごした中で培われた、「偉大な魔物」の成長記録ともいえます。 ・石田小吉との共同プロデュース。 ライヴ編も合わせてご覧下さい。 の王道というかさすが と唸るミディアムバラード!そして、同時発売でもうひとつのシングルをリリース。 こちらはカルピスCMソングという、なんとなく彼ららしい曲。 そして待望の10枚目のをリリース。 さらに過去9枚のアルバム(・及びは抜かして)がリマスタリング&プライスダウンして再発売! ファンにはたまらない時期を迎えました! さらに沈黙をしていた2003年には待望の期間限定生産DVD BOXを発売。 年が明けた2004年、王道メロディーをもったフジテレビ『恋愛系バラエティー「あいのり」』の主題歌を発売。

次の

スピッツ (バンド)

スピッツ本

スピッツが10月9日、前作『醒めない』より約3年振りのオリジナルアルバム『見っけ』をリリースする。 発売に先駆けて都内でアルバム全曲最速試聴会が9月6日におこなわれた。 会場ではスピッツのディレクター竹内修氏と司会者とのトークセッションも展開された。 30年間ディレクターとしてスピッツと制作を共にした竹内修氏は本作について、デビューからの現在のスピッツの変化や近況について様々な角度から語った。 その内容もふまえ、試聴後のアルバムレビューをしたためたい。 【取材=平吉賢治】 スピッツという定型と、新たな挑戦 「見っけ」初回盤 『見っけ』試聴を前に、ディレクター竹内修氏から本作とスピッツの現状と変化について語られた。 前作から3年間という期間でのメンバーの変化については、「30周年という節目を経てリセットされたという感じがあり、新鮮な気持ちでアルバムのレコーディングに入った」と述べた。 楽曲面での変化については、「楽曲構成の定型から外れてきているスピッツがある」と、現在進行形のバンドのかたちを伝え、「もっと簡潔に、研ぎ澄まされている」とも表現した。 それは、実際にお披露目されたアルバムの全曲を聴くと、納得の内容だった。 アルバム1曲目「見っけ」はロック調の4つ打ちビートの楽曲。 そして、そこにふわりと漂う草野のボーカル。 3曲目の「ありがとさん」についてディレクター竹内修氏は、「ありがとう」という素直な言葉ではなく、「ありがとさん」と、ちょっとひねって照れ隠しのように言っているのが草野的なのかなという思いを明かした。 単に感謝の言葉ではなく、そこに「この人達には一体何があったのだろう?」と思わせるような歌詞と捉え、それが草野の真骨頂だという思いを語った。 また、「本作の代表曲の1曲ではあると思っている」と、竹内修氏はこの曲の存在感を示した。 例えるならUKロックのいなたさと言うか、ダーク・ビューティなギターの歪みサウンドと言うか、そういったギターアンサンブルのなかに草野のキュンとくるボーカルを乗せるという、スピッツ風オリジナリティを持たせたバンドサウンドの名トラックと言えよう。 4曲目「ラジオデイズ」の濃度の高いギターアンサンブルもそうだし、6曲目「ブービー」ではリズムの妙技も見せる。 ラスト・トラックの「ヤマブキ」ではUSロックのテイストを感じる部分もあったりと、様々なロック・アプローチがありながらも「スピッツ」として成立しているのは30年というキャリアの深みと洗練された楽曲構成、アレンジ、パート選び、音色のバランスの厳選っぷりを感じずにはいられなかった。 正に、「研ぎ澄まされている」のである。 そして、スピッツの楽曲では、わかりやすくブラックミュージックやダンスミュージックに寄せたようなリズムアプローチは、さほど顕著には見られないと思われるなかで、スピッツというバンド独特のグルーヴがあり、それは今作でも感じられる。 さて、トラック中盤に戻るが、7曲目「快速」のように、メロディの後ろで伴奏が絶妙に半音移動するという隠し味をさりげなくまぶすあたりは、スピッツの変わらぬ粋なアプローチと言えるだろうか。 心地良いメロディ・アンサンブルに対し、各パートに着目して聴いて「心地良さの正体」に気づけるという楽しみも、ありとあらゆる部分に散りばめられているのである。 「YM71D」での少し変化球的なギターとストリングスというアレンジは、音楽通が唸りそうなブレンド具合と感じられた。 ディレクター竹内修氏が「今作でプログレッシブ・ロック的なテンポチェンジを含む楽曲への挑戦があることは、スピッツ初の試み」と語ったのは10曲目の「まがった僕のしっぽ」。 6/8拍子と、通常の8/8拍子が混在し、かつ、セクションでのテンポチェンジがほどこされた本トラックは、『見っけ』の収録曲で、音楽的に最も興味深いものだった。 この、「いままでにないアプローチを自然にスピッツ楽曲として描く」という点は、特筆すべき彼らの新しい魅力ではないだろうか。 この、さりげなく緩急がつけられた曲順構成には、アルバムを一枚通して聴いて楽しむという感覚を改めて感じさせてくれた。 ディレクターによる歌詞の制作秘話も ディレクター竹内修氏は、草野マサムネの歌詞についての制作秘話も明かした。 草野は言葉の本来の言い方よりも、多くの人に伝わるような言葉の選び方をしているという。 その点に注目して本作を聴くと、歌詞の面でも新たな発見があり非常に興味深い。 『見っけ』は、「今までにはないスピッツ」もあり、「スピッツらしさ」が芯にある、非常に味わい深くも心地良い聴きごたえのアルバム。 スピッツの16作目となるアルバム『見っけ』は、連続テレビ小説『なぞつら』主題歌「優しいあの子」も収録されている全12曲入りのフルアルバムで、アナログ盤を含めた全6形態でのリリースとなる。

次の

犬の日本スピッツの飼い方が知りたい!性格やしつけ、吠える場合の対策は?

スピッツ本

リリース情報 アーティスト — スピッツ タイトル — 見っけ 発売日 — 2019年10月09日 発売元 — ユニバーサルミュージック 価格 — 3,300円 通常版 概要 スピッツによる16枚目のオリジナルアルバム。 前作 『醒めない』からは約3年ぶりのリリースとなる。 収録されているシングルは朝ドラの主題歌『優しいあの子』のみである。 『ありがとさん』はMVが公開済み。 通常版以外 初回限定盤、アナログ盤、デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤 には13曲目 『ブランケット』がボーナストラックとして収録されている。 スピッツ official youtube channel 収録内容 1. 見っけ 2. 優しいあの子 3. ありがとさん 4. ラジオデイズ 5. 花と虫 6. ブービー 7. 快速 8. YM71D 9. はぐれ狼 10. まがった僕のしっぽ 11. 初夏の日 12. ヤマブキ 13. ブランケット(Bonus Track) ネット上の反応.

次の