東京 都 アンサンブル コンテスト。 東京)吹奏楽アンサンブルコンテスト 都代表決まる:朝日新聞デジタル

春こん。 審査結果

東京 都 アンサンブル コンテスト

のぞいてきました、アンコン東京都大会 ~いまやアンコンは「打楽器の時代」?~ 日時:2008年2月3日(日) 会場:東京・府中の森芸術劇場どりーむホール レポート:ブリュンヒルデちなみ(BP特派員) どうも最近、私のことを「のぞき屋」と呼んでいる人がいるらしいわね。 コンクール会場を「のぞき」に来ては、好き勝手なことを書いているというわけよ。 確かにそう呼ばれても不思議じゃないし、いまさら反論もしないわよ。 こうなったら、徹底的に「のぞき」まくってやるわよ……というわけで、さらに「のぞき屋」の本領発揮、今度はアンコン都大会を「のぞいて」来ました。 3月20日(木)のアンコン全国大会出場団体を決める、東京最終決戦の様子です。 「あんたも暇だねえ」の声が聞こえそうだけど、どうせ私は「のぞき屋」ですから。 会場は、どちらも都大会と同じ、府中の森芸術劇場。 まず、高校予選は1月5日(土)、6日(日)の2日間。 毎年、こんな時期なんだけど、それにしてもよくぞまあ、お正月早々にやるものと、驚くわよね。 アンコンに本腰入れている学校は、毎年、暮れも正月もないんじゃないの? ご家族も大変よねえ。 もう少し別の時期に開催できないものかと思うけど、きっと、会場の都合でどうにもならないんでしょうね。 何しろ、今年なんか、計「258グループ」が参加したのよ(当日辞退も含めて)。 とうてい、一会場での開催は無理。 府中の森芸術劇場は、館内に3つホールがあるので、それを2日間全部使って同時進行で進むのよ。 ホールは、まず2000人収容の本格的コンサートホール「どりーむホール」で、金管系と打楽器系が演奏。 次に500人収容の、パイプオルガンがある室内楽専用ホール「ウィーンホール」で、木管系が演奏。 ここまでは、いいのよ。 問題は、最後の、500人収容の「ふるさとホール」よ。 ここも木管系なんだけど、このホール、本来が音楽をやるとこじゃないのよ。 お芝居とか落語とかをやるホールなのよ。 だから、客席両側には、座布団に座って観る「桟敷席」があるのよ。 当然、音楽演奏向きの残響も、ほとんどない。 ここで演奏させられるチームは可哀想よ。 残響なしだから、音がストレートに聴こえちゃって、本来もっときれいな響きのはずなのに、スカスカに聴こえちゃうのよね。 よくコンクールやアンコン前って、残響のあるところで最後の詰めを行なわない? 体育館とか、あるいは本格的にホールを借りて練習する学校もあるはずよね。 せっかく、そういうところで練習してきても、本番であれじゃあ、意味ないと思うのよね。 もちろん、審査員は、そんなことに関係なく、純粋に「音楽」を聴くはずだけど、ほかの2ホールとのあまりの環境の違いに、驚いちゃったわ。 でも、そうまでしないと、2日間258グループの出演は無理なのね。 そんな形で開催されるから、全部聴くのは不可能なんだけど、私が聴いた中で印象に残ったのは、民族服の制服で登場した東京朝鮮高級学校の演奏。 どちらもおそらく母国の作曲家の作品だと思うんだけど、驚くほどいい曲なのよ! しかもとても懐かしい響きがするのよ。 子供の頃、どこかから聴こえていたような、優しい、それでいてい厳しさもあるような、そんな曲だった。 多くのグループが、欧米の横文字作曲家の難しい曲をやっている中で、堂々と自国の音楽を演奏するのは、とても素晴らしいことだと思ったわ。 ちょっと泣きそうになっちゃった。 そして、中学の予選は、1月26日(土)、27日(日)の2日間。 同じ会場で。 これまたすごい参加数よ。 計「387グループ」!(当日辞退含む)。 時期的には1月末で、年明けから十分余裕もあるんだけど、今度は、この日程だと、次の都大会(2月3日)まで、1週間しかないのよ。 これもまた、上位を目指す学校にとっては、いいような悪いような、なんとも微妙な時期よねえ。 この中学予選でも、やはり「ふるさとホール」での演奏は、いかがなものかと思ったわ。 しかもこちらは、金管系も、このホールで演奏するのよ。 残響なしで、音がスカスカ。 可哀想だったわ~。 これに大学、職場、一般も加わって、2月3日(日)、府中の森芸術劇場「どりーむホール」で、東京都アンサンブルコンテスト(全国大会予選)が開催されたわけ。 今回は、さすがに全編成・全部門が「どりーむホール」での開催で、ホッとしたわ。 この日は、東京には珍しく大雪! 電車も遅れ気味だったし、特に打楽器の搬入はたいへんだったと思うわ。 少し開会が遅れるのかと思ったら、情け容赦なく、定刻どおりの開会・進行。 まず中学の部から始まるんだけど、私がいちばん感じたのは、アンサンブルの世界は「打楽器の世界」になりつつあるのでは……?ということね。 これは、すでに予選の時から感じていたんだけど、中学の打楽器アンサンブルのレベルの高さ、楽曲の豊富さ、出場グループの多さは、このところ上向き一方じゃないかしらね。 たとえば中学予選では、打楽器のみで編成されたグループが「26」も出たのよ(高校予選では「31」)。 そこから4グループの中学が代表金賞で都大会に出たんだけど、結果は、「4グループとも金賞」、そして1グループが代表金賞(全国大会行き)。 その代表金賞は、小平市立小平六中。 実は私、このグループ、予選でも聴いたんだけど、その時から私みたいな素人でも「都大会行き、間違いなし」と思ったわ。 この曲、要するに「マリンバ協奏曲」なのよ。 マリンバ・ソロを中心に、ほかの4人が、様々な打楽器で「ミニ・オーケストラ」的にバックをつとめるのね。 私なんか初めて聴く曲だから、あとでBP編集部に調べてもらったら、数年前に、マリンバ奏者の安倍圭子さん自らのソロで、オランダで初演されたそうよ。 もちろん曲は超絶技巧の連続。 マリンバ奏者は、終始、両手にダブル・マレットで、まるで「ドラリオン」を観てるみたいな迫力だったわ。 ぜひ、あの演奏を、もう一度、全国大会で「観て」「聴いて」みたいもんだわよ。 BP読者ならおなじみ、あので、熊本県立盲学校が演奏していた曲よ。 これもまた、よくこんな難曲を中学校が演奏するもんだと思ったわ。 後半、デリケートに演奏される部分なんか、ジーンと来ちゃった。 打楽器だけで、よくも、ああいう微妙な優しさみたいなものが表現できるもんね~。 打楽器部門で、あそこまで会場内をシーンとさせたのは、ここだけだったわよ。 ここもすごい名演でした。 グラステイルさんの曲、人気あるのねえ。 中学の打楽器はすべて金賞受賞で、しかも全国大会行きも出た。 だからいまやアンコンに関しては「打楽器の時代」みたいな感じ。 来年以降、打楽器アンサンブルは、さらに人気が出るかもね。 あと中学の部では、もう一団体、コンクール全国大会でもおなじみ、足立区立第十四中学が代表金賞。 金8で、アンコンで大人気のを見事に演奏してました。 「木管」八重奏じゃないのよ、「フルート」八重奏よ。 ピッコロ、フルート、アルトフルート、バスフルートの4種類を使うのよ。 私なんか、通常のピッコロとフルートくらいしか見たことないから、アルトやバスなんて、目を丸くしちゃったわよ。 あんな楽器、クラブで購入して所有してるのかしら。 それともレンタルかしら。 所有だとしたら、この曲以外で使う機会、あるのかしら……そんなことまで気になっちゃったわ。 でも、なんとも不思議な響きで、魅力的だったわ。 珍しいものを見せていただき、しかも素晴らしい演奏でした。 代表金賞、おめでとうございます。 全員女性で、まさに「天使の響き」(ちょっと言い過ぎかしら)。 でも、そういいたくなるほど美しい音色だったわ。 ほとんどプロの音色に思えたわ。 代表は逃したけど、見事、金賞でした。 全体の結果、代表金賞(全国大会行き)は、以下のとおり。

次の

アンサンブルコンテスト

東京 都 アンサンブル コンテスト

平成30年度東京都小学校アンサンブルコンテスト 平成31年1月6日(日)にアンサンブルコンテスト予選に出場いたしました。 出演児童の子ども達は、朝から講師の大村先生の指導の下、最後の調整をしました。 応援児童には三年生も参加しており、三年生にとっては初めての長時間の移動になりました。 電車の中でのマナー説明を受けて、出発いたしました。 会場に着くと、応援組と出演組に分かれて行動になりました。 出演児童は、特に緊張することもなくリラックスした表情でした。 コンテストの曲目は、打楽器四重奏「宝島への地図」金管六重奏「アヴィニヨンの橋の上で」金管七重奏「ハレルヤ」を演奏しました。 アンサンブルは、先生の指揮がない演奏になるので、みんなで合わせることができるのかと不安でいっぱいになりました。 しかし、心配を感じさせない演奏にとても感動しました。 短い期間での練習でしたが、子ども達もできる限りの実力を出せていたと思います。 結果は、すべての組が銀賞でした。 年末、年始も一生懸命頑張った子供たち、本当にお疲れ様でした。

次の

東京都アンサンブルコンテスト(全国大会予選)…のぞいてきました、アンコン東京都大会~いまやアンコンは「打楽器の時代」?

東京 都 アンサンブル コンテスト

のぞいてきました、アンコン東京都大会 ~いまやアンコンは「打楽器の時代」?~ 日時:2008年2月3日(日) 会場:東京・府中の森芸術劇場どりーむホール レポート:ブリュンヒルデちなみ(BP特派員) どうも最近、私のことを「のぞき屋」と呼んでいる人がいるらしいわね。 コンクール会場を「のぞき」に来ては、好き勝手なことを書いているというわけよ。 確かにそう呼ばれても不思議じゃないし、いまさら反論もしないわよ。 こうなったら、徹底的に「のぞき」まくってやるわよ……というわけで、さらに「のぞき屋」の本領発揮、今度はアンコン都大会を「のぞいて」来ました。 3月20日(木)のアンコン全国大会出場団体を決める、東京最終決戦の様子です。 「あんたも暇だねえ」の声が聞こえそうだけど、どうせ私は「のぞき屋」ですから。 会場は、どちらも都大会と同じ、府中の森芸術劇場。 まず、高校予選は1月5日(土)、6日(日)の2日間。 毎年、こんな時期なんだけど、それにしてもよくぞまあ、お正月早々にやるものと、驚くわよね。 アンコンに本腰入れている学校は、毎年、暮れも正月もないんじゃないの? ご家族も大変よねえ。 もう少し別の時期に開催できないものかと思うけど、きっと、会場の都合でどうにもならないんでしょうね。 何しろ、今年なんか、計「258グループ」が参加したのよ(当日辞退も含めて)。 とうてい、一会場での開催は無理。 府中の森芸術劇場は、館内に3つホールがあるので、それを2日間全部使って同時進行で進むのよ。 ホールは、まず2000人収容の本格的コンサートホール「どりーむホール」で、金管系と打楽器系が演奏。 次に500人収容の、パイプオルガンがある室内楽専用ホール「ウィーンホール」で、木管系が演奏。 ここまでは、いいのよ。 問題は、最後の、500人収容の「ふるさとホール」よ。 ここも木管系なんだけど、このホール、本来が音楽をやるとこじゃないのよ。 お芝居とか落語とかをやるホールなのよ。 だから、客席両側には、座布団に座って観る「桟敷席」があるのよ。 当然、音楽演奏向きの残響も、ほとんどない。 ここで演奏させられるチームは可哀想よ。 残響なしだから、音がストレートに聴こえちゃって、本来もっときれいな響きのはずなのに、スカスカに聴こえちゃうのよね。 よくコンクールやアンコン前って、残響のあるところで最後の詰めを行なわない? 体育館とか、あるいは本格的にホールを借りて練習する学校もあるはずよね。 せっかく、そういうところで練習してきても、本番であれじゃあ、意味ないと思うのよね。 もちろん、審査員は、そんなことに関係なく、純粋に「音楽」を聴くはずだけど、ほかの2ホールとのあまりの環境の違いに、驚いちゃったわ。 でも、そうまでしないと、2日間258グループの出演は無理なのね。 そんな形で開催されるから、全部聴くのは不可能なんだけど、私が聴いた中で印象に残ったのは、民族服の制服で登場した東京朝鮮高級学校の演奏。 どちらもおそらく母国の作曲家の作品だと思うんだけど、驚くほどいい曲なのよ! しかもとても懐かしい響きがするのよ。 子供の頃、どこかから聴こえていたような、優しい、それでいてい厳しさもあるような、そんな曲だった。 多くのグループが、欧米の横文字作曲家の難しい曲をやっている中で、堂々と自国の音楽を演奏するのは、とても素晴らしいことだと思ったわ。 ちょっと泣きそうになっちゃった。 そして、中学の予選は、1月26日(土)、27日(日)の2日間。 同じ会場で。 これまたすごい参加数よ。 計「387グループ」!(当日辞退含む)。 時期的には1月末で、年明けから十分余裕もあるんだけど、今度は、この日程だと、次の都大会(2月3日)まで、1週間しかないのよ。 これもまた、上位を目指す学校にとっては、いいような悪いような、なんとも微妙な時期よねえ。 この中学予選でも、やはり「ふるさとホール」での演奏は、いかがなものかと思ったわ。 しかもこちらは、金管系も、このホールで演奏するのよ。 残響なしで、音がスカスカ。 可哀想だったわ~。 これに大学、職場、一般も加わって、2月3日(日)、府中の森芸術劇場「どりーむホール」で、東京都アンサンブルコンテスト(全国大会予選)が開催されたわけ。 今回は、さすがに全編成・全部門が「どりーむホール」での開催で、ホッとしたわ。 この日は、東京には珍しく大雪! 電車も遅れ気味だったし、特に打楽器の搬入はたいへんだったと思うわ。 少し開会が遅れるのかと思ったら、情け容赦なく、定刻どおりの開会・進行。 まず中学の部から始まるんだけど、私がいちばん感じたのは、アンサンブルの世界は「打楽器の世界」になりつつあるのでは……?ということね。 これは、すでに予選の時から感じていたんだけど、中学の打楽器アンサンブルのレベルの高さ、楽曲の豊富さ、出場グループの多さは、このところ上向き一方じゃないかしらね。 たとえば中学予選では、打楽器のみで編成されたグループが「26」も出たのよ(高校予選では「31」)。 そこから4グループの中学が代表金賞で都大会に出たんだけど、結果は、「4グループとも金賞」、そして1グループが代表金賞(全国大会行き)。 その代表金賞は、小平市立小平六中。 実は私、このグループ、予選でも聴いたんだけど、その時から私みたいな素人でも「都大会行き、間違いなし」と思ったわ。 この曲、要するに「マリンバ協奏曲」なのよ。 マリンバ・ソロを中心に、ほかの4人が、様々な打楽器で「ミニ・オーケストラ」的にバックをつとめるのね。 私なんか初めて聴く曲だから、あとでBP編集部に調べてもらったら、数年前に、マリンバ奏者の安倍圭子さん自らのソロで、オランダで初演されたそうよ。 もちろん曲は超絶技巧の連続。 マリンバ奏者は、終始、両手にダブル・マレットで、まるで「ドラリオン」を観てるみたいな迫力だったわ。 ぜひ、あの演奏を、もう一度、全国大会で「観て」「聴いて」みたいもんだわよ。 BP読者ならおなじみ、あので、熊本県立盲学校が演奏していた曲よ。 これもまた、よくこんな難曲を中学校が演奏するもんだと思ったわ。 後半、デリケートに演奏される部分なんか、ジーンと来ちゃった。 打楽器だけで、よくも、ああいう微妙な優しさみたいなものが表現できるもんね~。 打楽器部門で、あそこまで会場内をシーンとさせたのは、ここだけだったわよ。 ここもすごい名演でした。 グラステイルさんの曲、人気あるのねえ。 中学の打楽器はすべて金賞受賞で、しかも全国大会行きも出た。 だからいまやアンコンに関しては「打楽器の時代」みたいな感じ。 来年以降、打楽器アンサンブルは、さらに人気が出るかもね。 あと中学の部では、もう一団体、コンクール全国大会でもおなじみ、足立区立第十四中学が代表金賞。 金8で、アンコンで大人気のを見事に演奏してました。 「木管」八重奏じゃないのよ、「フルート」八重奏よ。 ピッコロ、フルート、アルトフルート、バスフルートの4種類を使うのよ。 私なんか、通常のピッコロとフルートくらいしか見たことないから、アルトやバスなんて、目を丸くしちゃったわよ。 あんな楽器、クラブで購入して所有してるのかしら。 それともレンタルかしら。 所有だとしたら、この曲以外で使う機会、あるのかしら……そんなことまで気になっちゃったわ。 でも、なんとも不思議な響きで、魅力的だったわ。 珍しいものを見せていただき、しかも素晴らしい演奏でした。 代表金賞、おめでとうございます。 全員女性で、まさに「天使の響き」(ちょっと言い過ぎかしら)。 でも、そういいたくなるほど美しい音色だったわ。 ほとんどプロの音色に思えたわ。 代表は逃したけど、見事、金賞でした。 全体の結果、代表金賞(全国大会行き)は、以下のとおり。

次の