沖縄 コロナ スペイン。 待機無視したスペインから帰国の沖縄県女性は誰?名前・住所は?新型コロナ|waonのブログ

【2ch速報】スペイン帰りの10代女性、感染判明 成田で検査、結果待たず沖縄へ

沖縄 コロナ スペイン

沖縄県は21日、中部保健所管内に在住する女性(10代、高校生以下の学生)が新型コロナウイルスの検査で「陽性」と判断されたと発表した。 女性は、通学する学校が感染拡大を防止する目的で臨時休校措置が取られた期間に家族や親戚6人でスペインを旅行していた。 女性らは、13日からの日程でスペインを旅行。 20日午前9時半に成田空港へ帰国した際にコロナウイルスの検査を受け、結果が判明するまで同空港内に待機するよう要請された。 ただ、女性らは、検査結果を待たずに羽田空港を経て沖縄に戻った。 県によると、女性は那覇空港から父親が運転する自家用車で自宅に移動し、その後は外出していない。 女性に発熱やせきなどの症状はなく、旅行に同行した5人は全て「陰性」だったという。 女性は今後、指定医療機関に入院する。 砂川靖保健医療部長は、会見で「保健衛生を所管する立場としては、成田空港での待機要請には応じてほしかった。 待機要請は(強制力がない)お願いベースだが、該当者には協力してほしい」と述べた。 平敷昭人教育長は、「臨時休校はコロナウイルスの感染拡大を防止するため。 人の集まる場所を避けて基本的には自宅で過ごすように指導していた。 臨時休校の趣旨について理解が足りないことがあったのは、非常に残念」と語った。 県は、旅行に同行した5人や、羽田空港からの飛行機で女性の近くに座席があった3人など合計9人について、女性の濃厚接触者として健康状態の確認を行う方針。 16日から再開した県主催のイベントについては、現時点で見直しは行わないが、女性からの二次感染が出た場合には再度見直しを行う。 スペイン政府は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、非常事態宣言を行う方針を示していた。 日本政府も12日、スペイン・マドリード州などの感染症危険情報をレベル2の「不要不急の渡航中止」に引き上げていた。

次の

沖縄県のスペイン帰国のコロナウイルス感染者は誰?(受け入れ先)入院先の病院はどこ?感染経路は?│ひつまぶしブログ

沖縄 コロナ スペイン

沖縄県で新しい新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道がありました。 日本全国だけでなく、今や世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス。 その感染が徐々に沖縄でも広がってきていますね。 沖縄県に住んでいる人は十分気をつけてください。 今回新型コロナウイルスに感染した人はどうやらスペイン帰りの人だそうで、現地で感染していたとのこと。 最近は本当に多いですね、海外から帰国した人の感染が。 新型コロナウイルスが流行りだした時は、世界から見て日本が感染大国という扱いを受けていましたが、今では他の国々の方が悲惨な状況となっています。 新型コロナウイルスが治まるまでは、海外に行くことは控えておいた方がいいでしょう。 じゃないと今回の感染者みたいになってしまいますから。 今回沖縄県で確認された新型コロナウイルス感染者はいったい誰でどのような経路で感染したのでしょうか? そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか? 気になる情報を調査してきました。 新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、沖縄本島中部に住み、県内の学校に通う10代の女性です。 沖縄県によりますと、女性は家族や親戚と一緒に合わせて6人で今月13日からスペインを旅行し、20日、帰国した際に成田空港でウイルス検査を受けました。 県によりますと、結果が出るまで空港で待機するよう要請されていましたが、20日のうちに沖縄の自宅に戻り、21日、厚生労働省から沖縄県に女性の感染が確認されたと連絡があったということです。 女性は、これまで症状は出ていませんが、感染症の指定医療機関に入院する予定だということです。 ほかの5人は陰性だったということです。 女性は、羽田空港を経由して那覇空港に移動したあと、自家用車で帰宅したということで、沖縄県は、家族や飛行機の機内で近くに座っていた人など少なくとも9人を濃厚接触者として健康観察を行うことにしています。 沖縄県内ではこれまでに3人の感染が確認されていますが、県は今回は成田空港の検疫所で感染が確認されたため、県内での確認の件数には含まれないとしています。 引用: 今回の感染者は家族や親戚と一緒に合わせて6人で3月13日からスペインを旅行していて、20日に日本に帰国したとのこと。 その際に成田空港で検査を受けて待機要請があったそうなんですが、感染者はそれを無視してそのまま自宅に帰宅したとこがわかっています。 そして21日に新型コロナウイルスの感染が確認されたと。 いろいろツッコミどころがありますが、あまりに非常識な感染者、そして感染者家族ですね。 今は日本だけでなく、世界中が新型コロナウイルスの問題に悩まされている状況です。 とくにヨーロッパは世界の中でも現在感染状況が悲惨なことになっています。 3月半ばと言ったら、すでにヨーロッパの感染状況が悲惨なことがわかっていたはずです。 なのにそんな中スペインに旅行に行くなんて、あまりに危機感がない非常識な行動じゃないでしょうか。 感染者だけでなく、感染者家族や感染者の親戚もです。 家族で行ったということは、親とか大人もいたことでしょう。 そんな大人が旅行を中止にしようとしないんですから、わざわざ新型コロナウイルスに感染したくて行ったのか?と思ってしまいますよ。 あまりに非常識な行動にただただ呆れるばかりです。 新型コロナウイルスに感染した沖縄県に住む10代女性の感染経路 今回新型コロナウイルスに感染した沖縄県に住む10代女性はどのような経路で感染したのでしょうか? これが感染者の感染が確認されるまでの流れになります。 3月13日~3月19日 スペインを旅行 3月20日 帰国、成田空港で検査を受ける、待機要請を無視して自宅に帰る 3月21日 新型コロナウイルス陽性を確認 今回の感染者は無症状だったということもあり、自分は大丈夫だろうと思っていたんでしょうね。 その結果、新型コロナウイルスに感染していたと。 あまりにも自分勝手すぎますし、考えが甘すぎですね。 その身勝手な行動をとったばかりに家族や親せき以外の濃厚接触者を出してしまってるんですから。 他の人からしたら非常に迷惑です。 今回の感染者から感染が拡大していく可能性だってあるのです。 そういうことを考えれない、新型コロナウイルスは他人事だと思っているからできる行動なのでしょうね。 新型コロナウイルスに感染した沖縄県に住む10代女性の 受け入れ先 入院先の病院はどこ? 今回新型コロナウイルスに感染した10代女性ですが、現在はどこの病院に入院しているのでしょうか? 沖縄県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて8棟の病院があります。 その一覧がこちら。 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター 琉球大学医学部附属病院 沖縄県立北部病院 沖縄県立中部病院 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター 沖縄県立宮古病院 沖縄県立八重山病院 琉球大学医学部附属病院 今回も感染者のプライバシーや入院先のトラブルを防ぐために明確な病院名は公表されていません。 しばらく安静にしていてほしいですね。 沖縄県のスペイン帰りの10代女性が新型コロナウイルスに感染していたとの報道を聞いた人々の反応 今回沖縄県で確認されたスペイン帰りの女性が新型コロナウイルスしたとの報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。 その一部を紹介しましょう。 スペイン旅行一家、家族が陰性でも隔離するか家から出て欲しくない。 症状ないなら自宅で待機して欲しい。 迷惑すぎます。 うちの近所の疾患持ってる子のお母さんが超不安になってて可哀想。 自己中一家め。 人のことも考えて行動してくれんかな こんなのが同じ沖縄の人とか あたまわるそーでむり。 ちょっとムカついてまして。 ざっくり言えば 沖縄在住の10代女子が家族で海外へ行って、帰ってきた時に検査して「陽性」だったのにシカトして沖縄に帰ってきた… 迷惑な話だよ — ジョナサン 運命の日 rizryed58 あーあ老害だけでなく、バカ者まで。 人にうつさないようにとか、他の人のこと考えられないのかねほんと。 親の顔が見てみたい。 どういう状況で待機要請を聞かなかったのか分からないけど、スペイン旅行よく控えなかったな。 バイオテロじゃん。 名前出していいレベルだと思ってる。 — 六路木六斎 skmg6 まとめ 新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと頑張っている人がいる中で、こういった一部の非常識な人たちもいるんだなと改めて思いました。 こういう人達がいたら、いつまでたっても感染が治まることはないでしょう。 少しでもこういった人が減ってくれることを願っています。

次の

新型コロナ、沖縄本島の10代女性「陽性」 臨時休校措置中、スペインへ家族旅行(宮古毎日新聞)

沖縄 コロナ スペイン

もくじ• 沖縄県在住の6人家族が休校中にスペイン旅行でコロナ感染 今回、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、沖縄本島中部に住み、県内の学校に通う10代の女性。 沖縄県が出したいる情報によると、10代女性は家族や親戚を含め6人で3月13日からスペインを旅行へ出かけ、3月20日に帰国し、成田空港でコロナウイルスの検査を受けていました。 しかし、結果が出るまで空港で待機するよう要請されていたのにも関わらず、要請を無視して20日のうちに沖縄の自宅に戻っていたとされています。 その翌日3月21日には、厚生労働省から感染が確認されたと連絡がありコロナウイルス陽性が判明しました。 現在まで症状は出ていない無症状の感染者であるとされるものの、感染症の指定医療機関に入院する予定とされています。 また、ほかの家族などの5人は検査は陰性だったとされていますが、再度の検査で陽性となることも多く、警戒がもたれます。 ・成田空港内 ・成田空港-羽田空港(高速バス) ・羽田空港内 ・羽田空港-自宅(自家用車) スペインから帰国したのは成田空港とされとり、成田空港から羽田空港間は、バスを利用して移動したとされています。 このバスには運転手と家族以外に乗客はいなかったとされていますが、感染者が座っていたりした座席などからの感染もありますが、その後にバスを利用した客がいなかったかに関しては情報が出ていません。 また、羽田空港を経由して那覇空港に移動したあと、自家用車で帰宅したということですが、家族や飛行機の機内で近くに座っていた人など少なくとも9人を濃厚接触者として健康観察を行うことしています。 上記以外にもスペイン-成田間の飛行機内での感染や空港内でも感染が広まった可能性は否定できず、かなり大規模に感染を広めてしまった可能性が考えられます。 スポンサーリンク コロナ検査要請無視で帰宅した家族と少女の情報は? 今回のスペイン旅行帰りの家族について、現在までに詳しい情報は出ていないため、名前や画像などは不明となっています。 ただ、感染が確認された10代少女については10代前半の学生(高校生以下)であるといった情報があります。 -コロナウイルス発覚の10代少女- 名前:不明 年齢:10代前半 職業:学生 住所:沖縄県中部 ただ、今回の件でいえばこの少女が悪いというよりも、今回の件でいえば家族(親)に問題があったと思われます。 全国的に学校が休校となったのは遊びに行くためではなく、感染拡大をくい止めるために行われたのですが、それを理解することができなかったようです。 もし何かしらの事情で海外に出なければいけないとしても、これだけ連日感染に対しての対応などが報道されている状況で、「知らなかった」というのはありえず故意の行動であることは明白でしょう。 スポンサーリンク スペイン旅行後の検査を無視して帰宅した理由は?罪になる? 家族が検査結果が出る前に帰宅した理由として、帰りの予約をしていた飛行機のチケットなどにあったとされています。 これは、検査結果が出るまでの待機にかかるチケットの再取得や、宿泊に関する各種費用に関しては自腹負担となることにあり、それを嫌って結果が出る前に帰宅したと思われます。 今回の件に関して、厚生労働省は3月23日に検査中に成田空港を離れた一行の行動については 「検査自体を拒んだとも解釈できる」として、検疫法に抵触する可能性があるといったコメントをしています。 これにより、検査中は強制力のある待機が求められる状況だったとした一方、「実際にどういうやりとりをしていたかは調査中」とし、移動した背景や事情も含めて総合的に判断するといった見解を述べています。 厚生労働省は、自己負担が生じることについては「こういうこと(検査)になるのは事前にご存じだと思う」と述べており、現段階では支援策を検討していないとしています。 検査中に空港を離れた事例は今回が初めてとのことで(検査拒否は以前にも発生)、今後のことも考えると検疫法違反となる可能性はありそうですね。

次の