ボリショイ バレエ 配信。 ボリショイ・バレエ2020年日本公演特設サイトが完成しました!|ニュース|音楽事務所ジャパン・アーツ

ボリショイ・バレエ2020年日本公演特設サイトが完成しました!|ニュース|音楽事務所ジャパン・アーツ

ボリショイ バレエ 配信

世界中すべての劇場では、公演が開催できなくなった代わりに過去の公演のオンライン配信が3月中旬頃から始まった。 この試みは世界中のバレエ・ファンの間で好評を博しており、すでにこうしたオンラインでの公演をご覧になった方も多いのではないだろうか。 そこで、世界の主要な劇場によるバレエ公演のオンライン配信をご紹介しよう。 ボリショイ・バレエ 3月から6作品のオンライン配信が始まり、134か国から300万ユニークユーザーのアクセスがあった。 ロシア以外ではアメリカ、日本、ブラジルの視聴者が多かったという。 好評につき、2巡目を配信中。 ボリショイ劇場の公式YouTubeチャンネルで以下の演目を日本時間午前1時より配信24時間限定で視聴できる。 にてオペラやバレエ、コンサートなどがオンライン配信され、4月18日までには2500万ものヒットがあった。 4月29日午前1時〜「プティパ生誕200年記念ガラ・コンサート」(2018年収録) 『The Seasons』振付:コンスタンチン・ケイヘル、出演:エカテリーナ・チェブィキナ、ロマン・ベルヤコフ 『真夏の夜の夢』より第2幕 振付:ジョージ・バランシン、出演:アナスタシア・コレゴワ、ダヴィッド・ザレーエフ 『眠れる森の美女』より第3幕 原振付:マリウス・プティパ、振付・演出:セルゲイ・ヴィハレフ、出演:アリーナ・ソーモワ、ザンダー・パリッシュ 4月30日午前1時〜『ジゼル』振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー、マリウス・プティパ、出演:ディアナ・ヴィシニョーワ、マチュー・ガニオ、2016年収録 コンテンツは24時間限定にて配信。 今後のプログラムは公式サイトを確認のこと。 マリインスキーTV. のページには膨大なビデオ・アーカイブ(VIDEOS)があり、過去上演されたバレエ作品やガラ・コンサート、ドキュメンタリー映像などが多数格納されており、無料で視聴できる。 ペルミ・オペラ・バレエ劇場 オンライン配信で無料視聴できる作品のプログラムを当日と明日2日間分、毎日更新している。 4月には2009年に復活上演された『ファデット(愛の妖精)』(原作:ジョルジュ・サンド、音楽:レオ・ドリーブ、原振付:レオニード・ラヴロフスキー)やペルミ国際バレエコンクールの過去の映像を配信しており、視聴できる映像がYouTube公式チャンネルに残っている。 毎日、日本時間午後11時より配信。 4月29日は『海賊』(振付:ワシリー・メドヴェーデフ)を配信した。 ファンの強い要望により、公式サイトでのデジタル配信を拡充している。 ロイヤル・オペラハウスのYouTube公式チャンネル、Facebookにて以下の作品の視聴ができる。 4月26日〜5月4日『エイシスとガラテア』音楽:ヘンデル、振付:ウェイン・マクレガー 出演:ローレンス・カスバートソン、エドワード・ワトソン、スティーヴン・マックレー ヘンデルの牧歌劇。 一人の登場人物をオペラ歌手とダンサーで演じている。 4月26日〜5月8日『変身』原作:フランツ・カフカ、音楽:フランク・ムーン、振付:アーサー・ピタ、主演:エドワード・ワトソン 主人公グレゴール・ザムザを演じたエドワード・ワトソンはローレンス・オリヴィエ賞「ダンスにおける傑出した功績」を受賞した。 5月2日〜6月2日『冬物語』 原作:ウィリアム・シェイクスピア、音楽:ジョビー・タルボット、振付:クリストファー・ウィールドン 出演:サラ・ラム、スティーヴン・マックレー 2015年ブノワ賞 最優秀振付家(ウィールドン)・最優秀男性ダンサー(エドワード・ワトソン)、最優秀作曲家(タルボット)を受賞。 「Wednesday Watch Party(水曜視聴パーティー)」シリーズ 4月30日、日本時間午後11時〜4月30日午前1時〜『Dust(ダスト』振付:アクラム・カーン。 第一次世界大戦を舞台にした痛烈な反戦メッセージ。 4月29日には日本時間午後7時〜芸術監督タマラ・ロホによる上級・プロのクラス・レッスンを行うなど無料オンライン・レッスンも多数行っている。 9日後、再び同じプログラムを48時間限定で繰り返し配信する。 配信開始時間は日本時間23:30より。 4月30日、5月9日『ベートーヴェン・プロジェクト』音楽:ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、振付:ジョン・ノイマイヤー 2019年バーデン・バーデン祝祭劇場にて収録 5月2日『ベニスに死す』原作:トーマス・マン、音楽:J. バッハ、リヒャルト・ワーグナー、振付:ジョン・ノイマイヤー、2004年バーデン・バーデン祝祭劇場にて収録 5月7日、5月16日『幻想〜「白鳥の湖」のように』音楽:ピョートル・I・チャイコフスキー、振付・舞台演出:ジョン・ノイマイヤー、2001年ハンブルク国立歌劇場にて収録 「Exclusive Program for Home自宅のための特別プログラム」 菅井円加とロイド・リギンスによるバーチャル・バレエ・レッスン、制作中のノイマイヤーの新作『ガラスの動物園』(テネシー・ウィリアムズ原作)の映像、若手振付家による創作などが公式サイトのブログ、各種SNSで公開中。 Instagram• Facebook• Twitter ウィーン国立バレエ ウィーン国立オペラのオンライン配信サイトwww. staatsoperlive. comにて日替わりでオペラやバレエの過去の公演の収録映像の番組編成がされている。 日本時間午前2時から24時間視聴できる。 カンパニー本拠地のニューヨークでも舞台公演が実施できないため、インターネット上での春シーズンのプログラムが公開されている。 「NYCBデジタル・スプリング・シーズン」4月21日〜5月29日 毎週水曜日と土曜日、日本時間午前9時から72時間 NYCBのYouTube、Facebook、公式サイトにてオンライン視聴できる。 ニューヨーク時間の日曜日(日本時間はニューヨークより13時間進んでいる)に一週間のプログラムが発表される。 4月29日『アポロ』振付:ジョージ・バランシン、出演:テイラー・スタンリー、ティラー・ペック、ブリタニー・ポラック、インディアナ・ウッドワード、バレエ・マスター クレイグ・ホールによる解説、2019年1月22日収録 /2019年1月22日収録 5月2日『バロ・デラ・レジーナ』振付:ジョージ・バランシン、出演:メーガン・フェアチャイルド、アンソニー・ハクスリー、2016年5月12日収録 /『アフター・ザ・レイン・パ・ド・ドゥ』振付:クリストファー・ウィールドン、出演:ウェンディ・ウェラン、クレイグ・ホール、準芸術監督ウェンディ・ウェランによる解説、2012年10月9日収録。 ニューヨーク・シティ・バレエはオンライン・エクササイズの種類も豊富だ。 また、ロイヤル・オペラハウス、アメリカン・バレエ・シアターでは子ども向けの舞台芸術関連の教育コンテンツが充実している。 パリ・オペラ座公式サイトでは舞台裏の取材映像やアーティストへのインタビュー、舞踊関係にとどまらないアーティストが制作した映像作品などのコンテンツが多数用意されている。 各バレエ団では休演が長期間におよび経営が厳しくなっており、支援・謝意の寄付を随時受け付け中。 各カンパニーの公式サイト上で募金できる。 最新情報はそれぞれのWebサイトでご確認ください。 記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。 ワールドレポート• 過去の記事• 2020• 2019• 2018• 2017• 2016• 2015• 2014• 2013• 2012• 2011• 2010• 2009• 2008• 2007• 2006• 2005• 2004• ジャンル別に見る•

次の

ボリショイ・バレエ2020年日本公演特設サイトが完成しました!|ニュース|音楽事務所ジャパン・アーツ

ボリショイ バレエ 配信

世界中すべての劇場では、公演が開催できなくなった代わりに過去の公演のオンライン配信が3月中旬頃から始まった。 この試みは世界中のバレエ・ファンの間で好評を博しており、すでにこうしたオンラインでの公演をご覧になった方も多いのではないだろうか。 そこで、世界の主要な劇場によるバレエ公演のオンライン配信をご紹介しよう。 ボリショイ・バレエ 3月から6作品のオンライン配信が始まり、134か国から300万ユニークユーザーのアクセスがあった。 ロシア以外ではアメリカ、日本、ブラジルの視聴者が多かったという。 好評につき、2巡目を配信中。 ボリショイ劇場の公式YouTubeチャンネルで以下の演目を日本時間午前1時より配信24時間限定で視聴できる。 にてオペラやバレエ、コンサートなどがオンライン配信され、4月18日までには2500万ものヒットがあった。 4月29日午前1時〜「プティパ生誕200年記念ガラ・コンサート」(2018年収録) 『The Seasons』振付:コンスタンチン・ケイヘル、出演:エカテリーナ・チェブィキナ、ロマン・ベルヤコフ 『真夏の夜の夢』より第2幕 振付:ジョージ・バランシン、出演:アナスタシア・コレゴワ、ダヴィッド・ザレーエフ 『眠れる森の美女』より第3幕 原振付:マリウス・プティパ、振付・演出:セルゲイ・ヴィハレフ、出演:アリーナ・ソーモワ、ザンダー・パリッシュ 4月30日午前1時〜『ジゼル』振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー、マリウス・プティパ、出演:ディアナ・ヴィシニョーワ、マチュー・ガニオ、2016年収録 コンテンツは24時間限定にて配信。 今後のプログラムは公式サイトを確認のこと。 マリインスキーTV. のページには膨大なビデオ・アーカイブ(VIDEOS)があり、過去上演されたバレエ作品やガラ・コンサート、ドキュメンタリー映像などが多数格納されており、無料で視聴できる。 ペルミ・オペラ・バレエ劇場 オンライン配信で無料視聴できる作品のプログラムを当日と明日2日間分、毎日更新している。 4月には2009年に復活上演された『ファデット(愛の妖精)』(原作:ジョルジュ・サンド、音楽:レオ・ドリーブ、原振付:レオニード・ラヴロフスキー)やペルミ国際バレエコンクールの過去の映像を配信しており、視聴できる映像がYouTube公式チャンネルに残っている。 毎日、日本時間午後11時より配信。 4月29日は『海賊』(振付:ワシリー・メドヴェーデフ)を配信した。 ファンの強い要望により、公式サイトでのデジタル配信を拡充している。 ロイヤル・オペラハウスのYouTube公式チャンネル、Facebookにて以下の作品の視聴ができる。 4月26日〜5月4日『エイシスとガラテア』音楽:ヘンデル、振付:ウェイン・マクレガー 出演:ローレンス・カスバートソン、エドワード・ワトソン、スティーヴン・マックレー ヘンデルの牧歌劇。 一人の登場人物をオペラ歌手とダンサーで演じている。 4月26日〜5月8日『変身』原作:フランツ・カフカ、音楽:フランク・ムーン、振付:アーサー・ピタ、主演:エドワード・ワトソン 主人公グレゴール・ザムザを演じたエドワード・ワトソンはローレンス・オリヴィエ賞「ダンスにおける傑出した功績」を受賞した。 5月2日〜6月2日『冬物語』 原作:ウィリアム・シェイクスピア、音楽:ジョビー・タルボット、振付:クリストファー・ウィールドン 出演:サラ・ラム、スティーヴン・マックレー 2015年ブノワ賞 最優秀振付家(ウィールドン)・最優秀男性ダンサー(エドワード・ワトソン)、最優秀作曲家(タルボット)を受賞。 「Wednesday Watch Party(水曜視聴パーティー)」シリーズ 4月30日、日本時間午後11時〜4月30日午前1時〜『Dust(ダスト』振付:アクラム・カーン。 第一次世界大戦を舞台にした痛烈な反戦メッセージ。 4月29日には日本時間午後7時〜芸術監督タマラ・ロホによる上級・プロのクラス・レッスンを行うなど無料オンライン・レッスンも多数行っている。 9日後、再び同じプログラムを48時間限定で繰り返し配信する。 配信開始時間は日本時間23:30より。 4月30日、5月9日『ベートーヴェン・プロジェクト』音楽:ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、振付:ジョン・ノイマイヤー 2019年バーデン・バーデン祝祭劇場にて収録 5月2日『ベニスに死す』原作:トーマス・マン、音楽:J. バッハ、リヒャルト・ワーグナー、振付:ジョン・ノイマイヤー、2004年バーデン・バーデン祝祭劇場にて収録 5月7日、5月16日『幻想〜「白鳥の湖」のように』音楽:ピョートル・I・チャイコフスキー、振付・舞台演出:ジョン・ノイマイヤー、2001年ハンブルク国立歌劇場にて収録 「Exclusive Program for Home自宅のための特別プログラム」 菅井円加とロイド・リギンスによるバーチャル・バレエ・レッスン、制作中のノイマイヤーの新作『ガラスの動物園』(テネシー・ウィリアムズ原作)の映像、若手振付家による創作などが公式サイトのブログ、各種SNSで公開中。 Instagram• Facebook• Twitter ウィーン国立バレエ ウィーン国立オペラのオンライン配信サイトwww. staatsoperlive. comにて日替わりでオペラやバレエの過去の公演の収録映像の番組編成がされている。 日本時間午前2時から24時間視聴できる。 カンパニー本拠地のニューヨークでも舞台公演が実施できないため、インターネット上での春シーズンのプログラムが公開されている。 「NYCBデジタル・スプリング・シーズン」4月21日〜5月29日 毎週水曜日と土曜日、日本時間午前9時から72時間 NYCBのYouTube、Facebook、公式サイトにてオンライン視聴できる。 ニューヨーク時間の日曜日(日本時間はニューヨークより13時間進んでいる)に一週間のプログラムが発表される。 4月29日『アポロ』振付:ジョージ・バランシン、出演:テイラー・スタンリー、ティラー・ペック、ブリタニー・ポラック、インディアナ・ウッドワード、バレエ・マスター クレイグ・ホールによる解説、2019年1月22日収録 /2019年1月22日収録 5月2日『バロ・デラ・レジーナ』振付:ジョージ・バランシン、出演:メーガン・フェアチャイルド、アンソニー・ハクスリー、2016年5月12日収録 /『アフター・ザ・レイン・パ・ド・ドゥ』振付:クリストファー・ウィールドン、出演:ウェンディ・ウェラン、クレイグ・ホール、準芸術監督ウェンディ・ウェランによる解説、2012年10月9日収録。 ニューヨーク・シティ・バレエはオンライン・エクササイズの種類も豊富だ。 また、ロイヤル・オペラハウス、アメリカン・バレエ・シアターでは子ども向けの舞台芸術関連の教育コンテンツが充実している。 パリ・オペラ座公式サイトでは舞台裏の取材映像やアーティストへのインタビュー、舞踊関係にとどまらないアーティストが制作した映像作品などのコンテンツが多数用意されている。 各バレエ団では休演が長期間におよび経営が厳しくなっており、支援・謝意の寄付を随時受け付け中。 各カンパニーの公式サイト上で募金できる。 最新情報はそれぞれのWebサイトでご確認ください。 記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。 ワールドレポート• 過去の記事• 2020• 2019• 2018• 2017• 2016• 2015• 2014• 2013• 2012• 2011• 2010• 2009• 2008• 2007• 2006• 2005• 2004• ジャンル別に見る•

次の

【バレエ団動画】今観られるバレエ団公演動画vol,2

ボリショイ バレエ 配信

それでも「芸術とは苦しみや悲しみを癒すためにこそあるものだ」と、世界中のバレエ団がいま、貴重な舞台映像を特別に無料配信しています。 オンラインで、しかも無償で配信することは、どのカンパニーにとっても簡単な決断ではないはずです。 芸術家たちの想いに感謝と敬意を込めながら、おすすめの舞台映像配信情報をまとめてお届けします。 公式ウェブサイトからアクセスできる「」で、毎夕モスクワ時間19時(日本時間で翌日の深夜1時)より日替わりで過去の舞台映像を無料配信中です。 ライブで見られなかった場合も配信から24時間は視聴可能。 (2020年3月30日現在は、ラトマンスキー振付のバレエ『イワンと仔馬』が配信されています) 「青銅の騎士」 2020年3月31日モスクワ時間19時(日本時間4月1日深夜1時)からはバレエ『青銅の騎士』全3幕が配信されます。 サンクトペテルブルクを舞台にしたアレクサンドル・プーシキンの叙事詩「青銅の騎士」に基づき、ロスチスラフ・ザハロフとユーリ・スメカロフが振付。 ウラジーミル・シクリャローフ、ヴィクトリア・テリョーシキナ、ダニーラ・コルスンツェフ、エカテリーナ・コンダウーロワといったプリンシパルたちが出演します。 指揮はマリインスキー劇場芸術総監督のワレリー ・ゲルギエフ。 ライブで見られなかったファンのために、公開から24時間は視聴可能。 DVD化されていない貴重な映像も楽しめます。 主演はスヴェトラーナ・ザハーロワとデヴィッド・ホールバーグ。 収録は2014年。 DVD化されていない貴重な映像です。 をご覧ください Kバレエ カンパニー(日本🇯🇵) 新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のために開催中止となってしまった「トリプル・ビル2020」公演。 そのなかで上演されることになっていたローラン・プティの名作『若者と死』の映像がで特別公開されています。 アリ役は山本雅也、ランケデム役は石橋奨也、パシャ役はスチュアート・キャシディ。 は2020年5月28日(木)~5月31日(日)東京・Bunkamuraオーチャードホールで上演予定です。 シュツットガルト・バレエ(ドイツ🇩🇪) 「眠れる森の美女」 ドイツの名門は上でハイデ版『眠れる森の美女』を配信中。 この映像は昨年12月に上演されたばかりのもので、主演はフリーデマン・フォーゲルとエリサ・バデネスです。 このバージョンは、ストレートロングの黒髪をなびかせてクールに踊りまくるカラボス(ジェイソン・レイリー)も必見ポイント!ユルゲン・ローゼが手掛ける素敵な舞台美術・衣裳にも胸がときめきます。 キエフ・バレエ「初夢バレエ・ガラ」 2020年1月3日の来日公演の映像です。 キエフ・バレエを代表するプリマ・バレリーナ、エレーナ・フィリピエワが踊る『ライモンダ』『ウィンナー・ワルツ』(日本初演)は必見! また、ウクライナの民族舞踊『ゴパック』や、ウラジーミル・マラーホフが振付けた『コッペリア』(日本初演)なども楽しめます。 3月28日15時からスタートした約1時間にわたるライブ配信は大成功! 多くのファンがダンサーたちの熱演を感動とともに見守りました。 現在、そのアーカイヴ映像がにて高画質版で楽しめます。 同カンパニーもこの世界的な危機的状況に際し、上で期間限定で作品の無料配信をしています。 現在公開されているのは2014年初演のソル・レオン&ポール・ライトフット振付『Stop-Motion』。 劇場の閉鎖が決定して以来いち早く、過去公演のアーカイヴ映像配信をスタート。 オペラとバレエの演目を毎日配信しています。 に登録すれば、視聴は無料。 各演目とも、配信から72時間楽しむことができます。 今回配信されるのは 2018年12月4日に上演された公演。 音楽的な振付、躍動するダンサーたち、舞台上で波打つ美しい色彩の衣裳……。 今回配信されるのは、2018年11月12日に上演された公演です。 2013)を特別に全編公開中。 同団では音楽著作権上の都合上オンラインでの公開が難しい作品が多いなか、関わったクリエイターたちの賛同のもとで公開に踏み切った貴重な映像です。 舞踊家たちの研ぎ澄まされた身体の迫力……映像で観ても凄まじいものがありますが、これは生の舞台でぜひ観たい!と思わされます。 シリーズとして、上で順次バレエとオペラを公開しています。 バレエでは『ピーターと狼』『変身』が登場。 2011年、初演時にワトソンが主演をし、ローレンス・オリヴィエ賞を受賞した話題作です。 をご覧ください().

次の