ロレックス 値下がり。 ロレックスの買取価格情報

ロレックスの定価と、換金率表。2020年版

ロレックス 値下がり

得する高級時計を知るためにはリセールバリューを理解する必要がある 時計に限らずブランド品の中古市場では リセールバリューというワードがよく出る。 元の言葉は英語で、スペルはResale Valueと書く。 別に難しい英語ではなく、 Resaleは 再販、Valueは 価値という意味で、合わせて 再販価値という意味になる。 元々は中古車販売でよく使われていた言葉で、中古車販売大手のガリバーによって世に広められ、後に時計の中古市場でも使われるようになった。 価値が下がらないと噂される高級時計ほど、このリセールバリューが高いとされ、この点があるからこそ 「買って損しない時計」と言われるのだ。 オメガやロレックスの人気が高い理由について、リセールバリューというキーワードが関係してくる。 一度購入した品物を、再び売る時の価値を指す。 再び売るときの価値が高いということは、それだけ購入時の金額に近い買取金額になるので、お得という訳だ。 これについては基本的なことになるので頭に入れておきたい。 しかし、様々な高級ブランドがある中で、 何処のメーカーが買って損をしない時計にあたるのかを、ここでは解説していく。 ここで紹介される高級時計メーカーであれば、大きくリセールバリューが下がる事は少ないだろう。 新しい時計を買う際の目安にしておくといい。 リセールバリューが高い 中古 時計メーカー と は? 中古の高級時計でリセールバリューが高い時計メーカーベスト5は次のとおりだ。 シャネルと言えば、ブティックのイメージが強いのだが、時計業界においても注目されているブランドだ。 時計業界において、 セラミックという素材を浸透させたのは、このシャネルの「J12」という時計である。 一大ブームを起こした火付け役ということもあり、根強い人気があるのだ。 このモデルの並行輸入品がプレミア価格で取引されていることもあり、今後も人気上位を維持し続けると思われる。 価格帯の高さもあり、購買層が絞られてくる。 リセールバリューから見た「得する高級時計5選」はこれ! 「得する高級時計」を評価する上で、一番重要なのは中古での買取価格だ。 ここからは、買取価格が最も高い5つの時計を紹介しよう。 <ロレックス サブマリーナ デイト116610LV グリーン> 87. また、低いものでも88%と高く、定価を上回る買取額のロレックスも多い。 まさにロレックス紹介した5種のモデルこそ、最もお得な高級時計5選となるのだ。 高級時計を定価の8割引きで購入する方法 それは、今ある時計を買取業者と取引することによって、最大限お得に時計を買い換える方法だ。 一般的には買取が主流であるが、実は下取りの方が査定価格が高くなることが多い。 上手くこれを利用する事が出来れば、一般の買取よりもお得に新しい時計を手に出来る。 新しく欲しい時計の在庫があり、今持っている時計を高く買い取る業者を探すには、の一括査定が便利だ。 SUNDAY LIFE様のブログ記事、時計の買取価格を10社で比較する企画では、 時計査定の窓口が最も高額だったようだ。 時計査定の窓口では、30秒で最大8社に一括で査定の依頼が可能で、査定結果を比較した上で売却先を検討できるサービスになる。 査定先も 他社と比較されることを前提に買取額を提示するため、自社が出せる最大限の金額で査定して貰える所もポイントが高い。 欲しい時計があれば、備考欄にその旨を明記する事で、特別な提案をして貰える可能性もあるのだ。 査定結果に納得できない場合は、お断り代行サービスを利用することで、会社が査定先にお断りしてくれるので、気まずい思いをすることはなく、気軽に申し込める。 リセールバリューについて様々な情報をお伝えしたが、気を付けなければならない重要なことがある。 それは、高いリセール率を誇る時計でも、買取店によっては安く買い叩こうとするお店もあるので気をつけなくてはいけない。 リセールバリューは、優良な買取業者に高く買って貰う事で始めて活きるので、比較することは最も大切なことと言えるだろう。 だが話を聴いただけで、理由がよく分からない方も多かったと思う。 そんな人たちも、この記事を読んだら Why? が解けたのではないだろうか。 ロレックスを中心に高級時計はいまや富裕層だけでなく、若い世代の人たちの間でも人気だ。 もちろん 「買って損をしない」というリセールバリューの高さがあるからこそだ。 この記事を参考にし、買って損をしない高級時計の選びを検討して頂きたい。

次の

ロレックス神話崩壊?デイトナすら値下がりが続く状況の中、バイヤーは「パテックとオーデマピゲは比較的安全」

ロレックス 値下がり

ベテラン査定員 瀧 査定員 堀井 「ロレックスに投資なんかして儲かるの?」 「希少価値の高いロレックスのモデルを知りたい!」 「金の代わりの資産としてロレックスを考えているけれど、本当に資産になるのかな・・・」 ロレックスは純粋に身に着けたり、アンティークとして購入したりする方以外に、 投資目的でお買い求めになる方が非常に多い時計のひとつです。 しかし、投資目的という意味だと、 ロレックスは金などの一般的な現物資産より難易度が上がるかもしれません。 こんにちは。 大黒屋でロレックスを査定し続け、いつの間にか公私ともにロレックスにどっぷりハマってしまった査定員の瀧正貴です。 自分でいうのもなんですが、ロレックスに関してはマニアといえるほどに詳しくなってしまいました。 この記事をご覧になっているということは、あなたもこれからロレックスの投資をはじめようとしているのだと思います。 もしくは、なんとなく「ロレックス投資って儲かるのかな?」と漠然としたイメージをお持ちなのかもしれませんね。 しかし、正直なところをいってしまうと、 ロレックス投資はなかなか難しいものがあります。 百戦錬磨のプロたちがしのぎを削っている業界ですから、初心者が短期的に利益を上げるには難易度が高いんですね。 たとえば、 ロレックス投資には最新のロレックス情報が欠かせません。 常にロレックスに関するアンテナを張り巡らせておく必要があります。 たとえば、しています。 このようなページもひとつの情報収集先ですね。 でも、もしあなたが副業でロレックス投資を考えているのなら、リアルタイムで最新の情報を手に入れるのはインポッシブルですよね。 地球人がフリーザを追い払うぐらいの無理難題なはずです(笑)。 朝から晩まで本業をがんばって、夜遅くに帰宅して、それから情報収集なんて考えるだけで大変だと思います・・・。 実は、ロレックス投資で短期的に成功する方法はなくとも、長期的に失敗しない方法ならあります。 ここが非常に重要なポイントです。 ロレックス投資では、 得するより損しないことが大切。 少し株式投資と似ている部分があるかもしれません。 つまり、 価格の上昇確率の高いモデルを購入し、下落しやすいモデルを避けることで、勝率を上げることができるわけです。 ということで、今回は大黒屋きってのロレックスマニアである私こと瀧正貴が、ロレックスの価格が上昇する要因を解説していきたいと思います。 今回紹介する価格上昇の要因を抑えておくことで、 確実に失敗する確率を減らすことができるはずです。 私はロレックスファンであると同時に、大黒屋のお客さまのサポーターです。 投資目的で購入したロレックスで大損なんて、想像しただけでツライ・・・ ですから、この記事によって、ひとりでも多くのお客さまにロレックス投資の素晴らしさが伝わればと思っています! それでは、さっそく本題に入っていきたいと思いますが、今回の記事は私の部下である大黒屋査定員の堀井にインタビューをしてもらう形で収録しました。 ぜひ最後までご覧くださいませ! 目次• 人気モデルは資産価値が低い!? まずは資産価値の高いロレックスの基本について解説していきます。 ですから、10万円以上の値下がりリスクは、ほかの高級時計に比べると低いです。 しかし、 誰もが知っている人気モデルは急激な価格上昇が期待できません。 これらは暴落しにくいですが、急激な上昇も少ないです。 流通量が多いために、市場は安定相場状態なのです。 そのために、価格が上がる要因を知っておく必要があります。 ロレックスの価格が上がる要因とは? ロレックスの価格が上昇するには、いろいろな要因があるそう。 どんな要因があるのでしょうか。 (要因1)流通量が少ない• (要因2)生産終了• (要因3)海外からの買付けが急増• (要因4)急激な人気上昇• (要因5)過剰な定価上昇 たとえば、今(2016年4月現在)買えば値上がり必至のロレックスといえば、デイトナ16520です。 デイトナ16520 デイトナ16520とは・・・ クロノグラフ(ストップウォッチ機能)が搭載した、ロレックスを代表するスポーツモデル。 普段使いに適しており、一般の人にも着けやすく人気がある。 デイトナ16520は、為替にも左右されることなく、下記のように確実に価格が上昇していくでしょう。 現在の買取価格 2年後の買取価格 (瀧予想) 保証書が付いている場合 140万円 160万円 本体のみの場合 115万円 125万円 このデイトナ16520A(1999年) 黒文字盤を例に、価格が上がりやすい要因について説明していきましょう。 (要因1)流通量が少ない 流通量が少ない個体は価格が上がりやすいです。 デイトナ16520は89~2000年までに生産されたモデルで、数が少ないです。 なぜ少ないかというと、生産当時、デイトナ16520のクロノグラフ(ストップウォッチ機能)は、ゼニス社というパートナー企業が担当していました。 しかし、ゼニス社は自社でも腕時計を販売しており、ロレックス社に供給できるムーブメントの生産本数に限りがあったのです。 結果的にデイトナ16520の生産数はわずかになりました。 ロレックス社の場合、製造年数が長い腕時計では、20年以上製造する場合もあります。 (要因2)生産終了 生産終了モデルも限られた数の奪い合いになるため、価格が上昇しやすいです。 特に生産終了直後や、新モデルの発売直後は、旧モデルの価値が高まりやすくなります。 今年(2016年)、デイトナには116500LNという最新機種が発売しました。 これはデイトナ16520にとっては孫世代にあたります。 これによって息子世代のデイトナ116520の価格も上昇しています。 さらに、デイトナ16520の父親世代デイトナ6265という先代機種は、400万円以上の値が付いています。 もともと38万円で売られていた時計なので、すごい上昇率ですよね。 デイトナは、新作が出るたびに古い型番が値上がり、投資目的で手に入れた方の成功例が少なくありません。 その成功例をみて、「次は自分も・・・」と買い漁る方が増えました。 こういった現象は株に似ていますよね。 デイトナは過去にさかのぼると、人気のポールニューマンダイアルというモデルに1,600万円以上もの値が付いているんですよ!(箱、保証書付きの場合) (要因3)海外からの買付けが急増 海外から日本への買付けが急増したため、急に金額が跳ね上がるケースもあります。 海外で人気のモデルの価格が、日本でも上昇するのです。 2008年ごろまでの日本のロレックス市場は、いわゆる「ガラパゴス状態」で、顧客は日本人だけでした。 しかし、ビザの緩和などでアジアを中心に、海外からの顧客が急増。 さらに日本の中古ロレックスは、メンテナンスが充実しており、保証書も付いています。 海外に比べると中古品の扱いが丁寧なので、値段が同じなら日本で買おうという現象も起きました。 結果、日本では安価だったモデルが、2010年以降、急上昇する現象が起きています。 デイトナ16520の場合も、日本では安く手に入るとのことで、アメリカ人や香港人がこぞって買付けにやってきました。 品薄になり、希少価値が上がると欲しくなってしまうのが、日本人の特性です。 その結果さらに価格が上昇したのです。 (要因4)急激な人気上昇 不人気だったモデルが、何らかのきっかけで注目され、価格が跳ね上がることがあります。 デイトナ16520のなかでも初期版の89~91年( R、L、E、X品番 )に製造されたデイトナは、海外の愛好者の間で人気でした。 実はデイトナ16520は、製造年によって価格が違います。 製造年は時計のベルトを外した6時の位置に「WTU」とか「P」などのアルファベットで刻印されています。 製造年がアルファベットで刻印されています。 こちらには「U」の文字が。 89~91年に製造されたデイトナ16520の初期版は、日本市場では4~5年前までそれほど注目されていませんでした。 よって、海外相場よりも価格が低く設定されていたのです。 海外の買い付けが急増し、デイトナ16520の初期版の価格は一気に跳ね上がりました。 しかし、この現象も、今(2016年6月現在)は落ち着いています。 理由は、日本市場での16520初期モデルの値段が海外の相場近くまで上昇したからです。 一度注目を浴びてしまうと、価格が上がりきって飽和状態になってしまうのです。 そうなると、 次はこれまで注目されていなかった年代のモデルに、上昇の可能性が出てきます。 現在、デイトナ16520では、注目度が低かった以下のアルファベットの刻印のモデルが上昇しています。 95~98年にかけて製造された「WTU」• 資産価値は現在の価格ではなく、これからどれだけ値が上がっていくかをみていくことが重要です。 これからじわじわと値が上がっていく可能性がある、WTU(1995~1998年)やP(2000年)は、現在の資産価値が高いと言えるでしょう。 (要因5)過剰な定価上昇 正規店で販売されているロレックスの定価が上がると、中古市場の価格も上昇します。 金額で言うと、10万円ほど一気に相場が跳ね上がりました。 今後もロレックスの定価が突然上昇することがあるでしょう。 海外ではその国の平均月給の9ヶ月分の値段が付けられているロレックスモデルもあります。 「それに比べると日本のロレックス定価はまだまだ安い」というのが、スイスのロレックス本社側の見解なんです。 こうしたタイミングで、お持ちのロレックスのモデルの価格が上昇することもあります。 新品なら価格が高騰するモデルも! ロレックスで利益を出すためには、少しでも高く買い取ってもらう必要があります。 さらに高値で売れる秘訣を聞いてみました。 シールをはがしていない未使用状態であること• 投資目的なら シールの剥がれていない新品状態であることが望ましいです。 新品だと、より上げ幅が大きくなります。 希少価値が高いモデルで、新品未開封の状態なら、買取価格が30万円近く上乗せになることもありますよ。 ただし多少使用感があっても十分高値は付きます。 ただし、状態の良い個体は海外のバイヤーに買い尽くされてしまっているように感じます。 なかには新品未開封の状態で20本以上持っている人もいます。 貯金と同じで、日々値上がりするのを楽しんでいるのかもしれませんね(笑)。 保証書の有無で10~100万円以上の差がつくこともありますね。 ただし、「保証書があればいい」というのは日本市場の考えなんです。 海外市場では保証書だけでなく、時計のコンディションによる個体差も重視されます。 保証書には個体番号がありますが、箱には付いていません。 中古の商品では違う商品の箱が付いている事も多く、本来の付属品であるかの見極めが難しいからです。 ただし レアな個体に関しては、モデルナンバーが記載されている正規の付属箱があれば、プラス査定になるかもしれません。 さらに 詳しい市場動向を知りたいなら、ブランド買取専門店に時計を持ち込んで、価格を聞くことをおすすめします。 大黒屋にも、世間話がてら資産価値についてお話を聞きにいらっしゃるお客様がいらっしゃいますよ。 実際に買取査定員のアドバイスを受け、数十万円の利益を上げたお客様もいらっしゃるんです! ロレックスも、株や証券、不動産と同じです。 証券会社や不動産屋さんに相談するようなイメージで、 「今は売りたくないけど、資産価値が気になる」というお客様でも、お気軽にお立ち寄りください! インタビューを終えて 投資目的のユーザーも少なくないロレックス。 株や不動産と違って、ロレックスには身に着ける楽しみもありますよね。 趣味と実益を兼ねた資産と言えるでしょう。 数十万円から手に入るので、平均的なサラリーマンでも「お金に困ったら売れば良い」という意識で持つことができます。 ロレックス相場の動向に注目しながら、時計の収集を楽しめば、よりロレックスへの愛着が沸くかもしれませんね。

次の

ロレックス神話崩壊?デイトナすら値下がりが続く状況の中、バイヤーは「パテックとオーデマピゲは比較的安全」

ロレックス 値下がり

ここ数年で爆発的に値上がりしているロレックスですが、今流行中の新型コロナウィルスの影響によってロレックスの相場が下がっているのをご存知でしょうか? この病原菌によって株価が下がったり、各店舗の客足が減る減少を 「コロナショック」といわれていたりします。 では何故、数あるブランド品の中でロレックスの相場に影響するのでしょうか? ロレックスの相場に影響する理由 中国人がロレックスの相場を牽引している 元々、ロレックスは中国で爆発的な人気を誇っており、 日本正規店で高級モデルをポンポンと何個も購入するお客様は中国人が多いと言われています。 もはや中国人がロレックスの相場を牽引していると言っても過言ではありません。 伊賀井 日本ロレックス正規店への客足が大幅に減少 また、 県内観光施設やホテルでは中国人団体客が1万以上一斉にキャンセルをする等の影響で観光客が大幅に減り、 日本ロレックス正規店への客足も減少しています。 観光客全員がロレックスを購入するわけではありませんが、 中国では昔から 「日本でロレックスを買うと安い」という認識が強いため、ロレックスを日本で購入したいという中国人は多い筈です。 現状、キャンセルせざるを得ない状況ですから、そういった観光客からロレックスが買われなくなり相場にも影響が出てしまいます。 要するに、相場を牽引している中国人がロレックスを買える状況ではないのです。 それどころではない。 と表現しておきます。 伊賀井 ロレックスの今後の相場はどうなる? 今の所、値下がりを確認している高級ブランドは「ロレックス ROLEX 」ですが、 この新型コロナウィルスが 長期に渡って感染者を増やしていけば、当然相場は下がり続けます。 元々ロレックスはここ数年で急激に相場が上昇していることもあり、「いつ下がってもおかしくない」と相場の下落が懸念され続けています。 そのようなネガティブな業者が多い中、 長期的にズルズルと値下がりを続ければ、あるニュースをきっかけに突然相場が崩れることもありえます。 また、 ロレックスに限らず、 ブランド市場全体の相場に影響する可能性が高いです。 逆に、新型コロナウィルスの流行が 一時的なものならば、今崩れている相場は元に戻ると予想しています。 ~2020年2月20日追伸~ 現在ロレックスの相場は落ち着いております。 ~2020年3月27日追伸~ 現在、古物市場にて1~2割程度の下落を確認しております。 時計全体の相場が下がっている印象です。 まとめ• 長期化すればロレックスに限らずブランド市場全体の相場が崩れる可能性がある。 一時的なものであれば相場が戻る可能性が高い• ロレックスの相場は主に中国人が牽引している• 中国人観光客のキャンセルや外出禁止令によって日本ロレックス正規店の客足減少.

次の