濃い おーい お茶。 お〜いお茶

コンビニで買える!カテキン量が多いお茶

濃い おーい お茶

Contents• カテキンが多いのはどれだ!ランキング 1位 おーいお茶 40mg よりスクリーンショット 人工衛星を活用して、摘採の最適なタイミングを監視 したり、荒茶加工の際に余計な熱を掛けずにフレッシュな状態で香りを保持するなど、結構拘って作られています。 2位 伊右衛門 8~29mg よりスクリーンショット 創業200年以上の歴史をもつ、京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選した国産茶葉を100%使用した本格緑茶です。 3位 生茶 カテキン量不明 よりスクリーンショット 「生」のおいしさがいきた、うまみ香り豊かな味わいのココロとカラダを満たす緑茶です。 総括 生茶と綾鷹はカテキン量が不明な事に驚きました。 そしておーいお茶が圧倒的にカテキン量が豊富だとわかりました。 そこでもう一つ疑問が生まれます。 お茶には「濃い」お茶があります。 カテキン量はどのくらい違いがあるのでしょうか? ランキング形式でまとめました。 で解説しています。 総括 濃いお茶でもおーいお茶が1番カテキン量が多い銘柄でした。 濃いおーいお茶にはガレート型カテキンが入っているのも、カテキン摂取の上で良いですね。 相変わらずカテキン量不明な銘柄もあります。 生茶は濃いシリーズはない模様。 まとめ コンビニで買えるカテキン量が多いお茶は、「 おーいお茶」でした。 更に「 濃いおーいお茶」であれば、ガレート型カテキンも摂取することができ尚予防対策として効果的です。 トクホシリーズもありますが、毎日継続するとなると経済的な目線も必要です。 濃いシリーズであっても、おーいお茶の場合メーカー希望小売価格140円+税 2020. 23現在 なので継続しやすいと思います。 是非生活の一部にカテキン摂取を取り入れてコロナウイルスにかからず健康的な日々を送りましょう。

次の

コンビニで買える!カテキン量が多いお茶

濃い おーい お茶

おーいお茶にはもっともポピュラーな緑茶のほか、濃い茶、ほうじ茶、抹茶入り玄米茶と大きく分けて4つの種類があります。 種類により成分も異なりますが、全てに共通するのが国産茶葉を使っているという点です。 例えば緑色のラベルカラーが有名なおーいお茶の緑茶は国産茶葉100%を使用しており、原材料は茶葉とビタミンCのみです。 栄養成分は カロリーが0kcal、たんぱく質、脂質、糖質も全てゼロ、食塩が0. 03g、カテキンが40mgです。 公式サイトで紹介されているおーいお茶シリーズの多くの商品がカロリーゼロ、糖質ゼロ商品となっています。 このため、ダイエットをしている人やカロリー制限、糖質制限をしている人が食事のお供に飲むものとして最適の飲料と言えるでしょう。 それでは、おーいお茶のカフェイン量は果たしてどれくらいあるのでしょうか?一般的にカフェイン量が多い飲み物であるコーヒーに比べればおーいお茶のカフェイン量は少なめです。 例えば おーいお茶の緑茶の場合、100mlあたりのカフェイン量は約13mgです。 カフェインの多い飲み物として挙げられるコーヒーの場合、例えば同量のドリップコーヒーでは約90mgですから、随分と量に差があることが分かります。 では、同じ茶葉を使う飲料である紅茶の場合ではどうでしょうか?紅茶100mlあたりのカフェイン量は約30mgと言われています。 おーいお茶のカフェイン量は紅茶の2分の1以下となっています。 このように他の飲み物と比べてカフェインが少ないおーいお茶ですが、シリーズ商品のなかにはカフェインがほとんど入っていない、いわゆる カフェインゼロの商品も存在しています。 少しでもカフェインの成分が気になる、摂取する量を制限したいという人は、カフェインゼロのおーいお茶を選ぶのがおすすめです。 おーいお茶さらさら抹茶入り緑茶はパウダーティーという粉末状のお茶で、急須で入れた自然な味わいが手軽に飲めるインスタント緑茶です。 冷たい水でもお湯でもすぐに溶けるので、冷茶に温かいお茶に飲みたい時にサッと作れて飲める便利な商品です。 さらさら抹茶入り緑茶は容量が40g、およそ50杯分のお茶が楽しめます。 原材料は抹茶、緑茶、デキストリンとビタミンCです。 カロリーは3kcal、たんぱく質0. 03g、脂質は0. 004g、炭水化物は0. 6gで、その他の栄養成分としては食塩相当量が0. 0003g、カテキン48mgです。 1回分0. 8gの粉末を使用して100mlのお茶を作った場合、 カフェイン量は13mgとなります。 粉末状商品で1回分の量は自分で調整が可能なため、粉末の量を増やし濃いお茶を作ればその分カフェイン量も増えますので注意しましょう。

次の

機能性表示食品【お~いお茶 濃い茶】飲んでみた。体脂肪対策カテキン2倍!

濃い おーい お茶

お茶には脂肪燃焼効果や脂質の吸収抑制効果がある! 近頃ではお茶を使ったダイエット方法が沢山あります。 それはお茶の中に 脂肪燃焼や 脂質の吸収抑制に作用する成分が含まれているからです。 これらの効果がどんな種類のお茶に含まれているのか、まずはそれを見てみましょう。 脂肪燃焼効果 お茶に含まれる成分の中で 脂肪燃焼効果があるのはカテキンとカフェインです。 これらは 緑茶やジャスミン茶、プーアル茶などに含まれています。 ちなみに、脂肪燃焼効果が高いとして一時期大量に市販された 杜仲茶は、一般的なお茶とは原料が異なります。 そのためカテキンは含んでいません。 また、カフェインも含んでいません。 その代わりに、アスペルロシドという成分を含んでおり、この アスペルロシドが作用して脂肪燃焼効果を発生させます。 脂質吸収抑制効果 脂質の吸収を抑制する効果は主に 烏龍茶に見られます。 これは烏龍茶に含まれている ウーロン茶ポリフェノールが作用するためで、食事と一緒に飲むことで効果が高くなるといわれています。 黒烏龍茶のTVCMでおなじみですね^^b その他の効果 脂肪燃焼効果や脂質の吸収抑制以外にも、お茶には様々な効果があります。 例えは緑茶に含まれる カテキンには殺菌や抗酸化作用がありますから、 口臭予防や アンチエイジングが期待できます。 さらに、あまり知られていませんがほとんどのお茶には ビタミンBやビタミンCも含まれています。 これらは 美肌、 風邪の予防などに効果的です。 大人気の緑茶、伊右衛門の濃い味バージョンです。 個人的にはこのお茶が一番好きだったりします^^b カテキンの含有量重視でお茶を選ぶと、どうしても渋みが強くなってしまいがちですが、 伊右衛門 濃いめは渋みをさほど感じさせない割に、しっかりとカテキンが含まれています。 おなじみ、おーい お茶の濃いバージョンですね。 伊右衛門 濃い目とコンセプトは同じだと思いますが、目立つのは カフェインの含有量です。 ランクインしている他のお茶と比べるとかなり多くなっていますよね。 もちろん、その分脂肪燃焼効果が高いのですが、カフェインは覚醒作用があり、摂り過ぎはよくありません。 WHO(世界保健機構)が発表している 1日の摂取量の目安は300mgです。 やはりトクホのお墨付きをもらっているだけあって、 有効成分の含有量が多いのが特徴です。 その分、トクホのお茶は値段がやや高くなります。 その価格が気になる人は「 おーいお茶 濃い味」や「 伊右衛門 濃いめ」を飲むと良いでしょう。 どちらも市販のお茶の中ではトクホにも匹敵するほどのカテキンの含有量がありますし、意外と飲みやすい味をしています。 ただし、脂肪燃焼系のお茶は、 飲んだ後に運動をすることで効果が出るものです。 脂質の吸収抑制系のお茶に関しても、今以上に太らないようにする効果はあるものの、すでについてしまっている脂肪を減らす訳ではありません。

次の