アイコンサイアム 行き方。 ICON SIAM(アイコンサイアム)行って来たから行き方と魅力を紹介します

バンコク最先端ショッピングモール、サイアムアイコン徹底ガイド|エクスペディア

アイコンサイアム 行き方

ICON SIAM(アイコンサイアム) 昨年2018年11月タイ、バンコクにオープンした超豪華巨大ショッピングモールICON SIAM(アイコンサイアム)皆さんはご存知でしょうか? アイコンサイアムとは日本から高島屋がバンコクに初出店したことでも話題のコンドミニアムとショッピングモールからなる複合施設です。 モール内は高級ブランドショップに高島屋、一風変わったタイの水上レストランをモチーフにした屋台まで、見て買って食べて良しと、どんな方でも楽しめる最先端のショッピングモールなので、まだ行ってなければ1度は行ってみる価値がある施設なので皆様も是非訪れてみる事をお勧めします。 そんな訳で今回はアイコンサイアムへの行き方と、軽くモール内の様子をご紹介していきますのでよろしくお願いいたします。 アイコンサイアムへの行き方 アイコンサイアムへはバンコク中心街から行くと、 BTSサパーンタクシン駅まで行って、 サートン船着き場からアイコンサイアム行き無料の渡し船(シャトルボート)が出ていますのでそちらを利用するのがお勧めですよ! とくに夜に渡し船に乗るとチャオプラヤー川からバンコクの夜景を楽しめて観光気分を盛り上げてくれます。 そんな訳で、まずはBTSのサパーンタクシン駅へ向かいましょう。 バンコク路線図 クリックで拡大 サパーンタクシン駅の様子 サパーンタクシン駅に到着したら2番出口に向かいましょう。 アイコンサイアム行きシャトルボートの看板 2番出口から歩いて行くとチャオプラヤー川とサートン船着き場が見えてきます。 僕が行った時は船着き場手前にこの看板があって看板に従って 右側に歩いて行ったらアイコンサイアム行きの無料シャトルボート乗り場がありました。 サートン船着き場 こちらがサートン船着き場の様子です。 船は順次運航しているので5~10分待ちで乗れると思います。 運行時間 8:30 ~ 23:30 アイコンサイアム行きシャトルボート 乗り込んだらしばし景色を楽しんでいると10分弱でアイコンサイアムに到着です。 チャオプラヤー川から撮影 アイコンサイアム行きの無料シャトルボートからはチャオプラヤー川から望むバンコクの素晴らしい夜景を堪能する事が出来ます。 実際に渡し船に乗っている時間は短いですが、お得感が高いですよ! アイコンサイアムの魅力 では、気になるアイコンサイアムの中はどうなっているのかと言う疑問に答えてちょっとだけ紹介します。 お洒落なカフェですね~、まるでディズニーランドにでもやって来たかのようなこだわりのインテリアといった感じです。 天井に飾られた提灯!?が幻想的な空間を演出していましたが、残念ながら写真がピンボケですみませんです。 こちらのゲートはタイの寺院をモチーフにしたものでしょうか!? モール内とは思えないほどの豪華絢爛さです。 でっかいゾウのゾウがありました(笑) モールの中に象の像があるなんてタイらしくて面白いです。 迫力のドラゴン象ですね~、バックに写っている木造の建物もレトロとモダンの融合といった感じで良い雰囲気出ていますね~。 アイコンサイアム内にはなんと、川まであってタイ名物の水上マーケットをモチーフにした売店まであります。 これは奇抜な発想ですね~、こだわりがハンパない! そんな訳で僕も水上マーケットの屋台でお食事してきましたよ。 僕は普通のレストランで食べるよりもこんな感じの変わった所で変わった体験をするのが好きです(笑) そんなにお腹が空いてなかった事もあり、チキンとハーバルドリンクだけ頼みました。 合計120バーツなり お味の方はまぁまぁでしたね、タレも甘辛で食べやすかったし・・・と言うか普通の鳥のから揚げでした(笑) ハーバルドリンクはめっちゃ甘かった!ただひたすら甘かったです(笑) しかしながらショッピングモール内の川沿いで行きかう観光客と景色を眺めながらの食事は雰囲気が最高でした! まとめ 今回は「icon-siam(アイコンサイアム)行って来たから行き方と魅力を紹介します」と言う内容でお伝えしましたがいかがだったでしょうか? アイコンサイアムはバンコクの最新、最先端のショッピングモールですし、今回紹介しきれなかった面白いオブジェクトやお店が盛り沢山です。 とくに地下のフードコートフロアーはこだわりの内装で見てるだけでもとても面白かったです。 また、無料シャトルボートからの眺めも良いのでアイコンサイアムに行く際は是非BTSサパーンタクシン駅からサートン船着き場から出ている無料シャトルボートを利用して行ってみてください。 そんな訳でバンコクに行った際に1度はアイコンサイアムに寄ってみてはいかがでしょう! それでは皆様良い旅を!.

次の

アイコンサイアム内の市場「ソークサイアム」は、タイの市場の雰囲気が味わえるバンコクの新名所

アイコンサイアム 行き方

Naraya Cafeというのも初めて見ました。 高島屋の中には色んな日系ブランドが入っていました。 食べ損なったのですが、ユーハイムのバームクーヘンがめちゃくちゃおいしいそうでした。 タイにはバームクーヘンがあんまり売られていないので食べたいなーと思いました。 アップルストアはかなり広かったです。 タイだとi serveという店でアップル製品の販売がされていて、アップルストアは今までありませんでした。 これからアップルの販売も強化していくのでしょうか。 ちなみにタイのアップル製品は日本と同じくらいか高いです。 前にタイで買ったiphone6を使ったことがありますが、急に再起動したりしてあんまりよくなかったです。 アットコスメは日本の化粧品を主に取り扱っていて、パウダーのランキングなど色んな商品がランキング形式で販売されていました。 ポールアンドジョーはあんまりタイで売っているのを見なくて、こちらの店舗にはありました。 キャンメイクが堂々と売られているのを見るとちょっと不思議な感じがします。 ちなみに私はタイに来てからキャンメイクにハマっています。 日本だとプチプラコスメです。 施設が広くて回るのが大変でした。 レストランが発見できなかったのか、まだあんまりオープンしていないのか少なかった気がします。 タイで人気のMKレストランの高級バージョン、MK Liveで鍋を食べました。 安定のおいしさでした。 19時位になったら並んでいたので、並びたくない方は早めに行った方がよさそうです。 外で噴水ショーもやっていて派手なショッピングモールだと感じました。 ラスベガスにある噴水ショーを思い出しました。 川沿いでやるとなかなか雰囲気が出ていい感じでした。 こんな派手な噴水ショーをタダで見られるのはオトクな感じでした。 タイ在住の方も観光旅行で来た方もおすすめです。 タイは水が豊富なんだなーと思いました。 アイコンサイアムアクセス 場所はバンコクの観光地チャオプラヤー川沿いにあります。 BTSサパーンタクシン駅からボートで10分もしくはクルトンブリー駅からバスでもいけます。 BTSサパーンタクシン駅を降りて、ボート乗り場に行きます。 左奥にアジアンティークとアイコンサイアム行きのボート乗り場があるので進むと無料で乗れます。 混んでいると並ぶのが大変と聞きましたが、最近は大混雑はしてなさそうでした。 1台目の船に乗れました。 住所*299 Charoen Nakhon Rd, Khwaeng Khlong Ton Sai, Khet Khlong San, Krung Thep Maha Nakhon 10600 電話番号*02 495 7080 営業時間*10時00分~22時00分 まとめ アイコンサイアムは行ってみて、タイに住んでいる人にも観光旅行でバンコクに来ている人にもおすすめなスポットです。 高島屋、アップルストア、アットコスメ、資生堂パーラー等々がバンコク初出店です。 場所はバンコクの観光地チャオプラヤー川沿いにあります。 BTSサパーンタクシン駅からボートで10分もしくはクルトンブリー駅からバスでもいけます。 チャオプラヤー川沿いは夜きれいなので、観光にもいい場所だし、私もバンコクで好きな所です。 特に夜の噴水ショーはきれいでした。

次の

アイコンサイアム(ICON SIAM)の見どころは?フロア別に徹底解説!

アイコンサイアム 行き方

こんにちは! 世間の話題から置いてけぼりで、全くついて行けていませんが やっと アイコンサイアム(ICONSIAM)に行ってきました! タクシーで行ってもいいですが、せっかく用意してくれているので! ちょっとしたイベント気分を味わおうと、 無料のシャトルボートを使ってみました。 ということで、今回は アイコンサイアムへの行き方をご紹介します! BTSサパーンタクシン駅へ。 無料のシャトルボートは、 BTSサパーンタクシン駅から直ぐの場所にあります。 まずはBTSに乗って、サパーンタクシンまで行きましょう! こちらの駅ですね。 BTSを下車しましたら、2番出口へ! 結構人が下りていきます。 みんなシャトルボートかなー? シャトルボート乗り場へ! 2番出口を降りましたら、こんな表記を頼りに進みましょう! 普通の有料ボートとは、当然ですが乗り場が別です。 矢印に従って、ひたすら左に行く感じですよ。 こんなゲートまでくれば、もう直ぐ乗り場です。 10分間隔ですので、ほとんど待ち時間はありませんでした。 しかも、おっちゃんが網で魚を掬おうとしているのを見ていて飽きませんでした。 そのために用意された見世物ではありません。 アイコンサイアムに到着! シャトルボートを降りれば、目の前にはガラス張りでとてもお洒落な建物! アイコンサイアム到着です! 存分にショッピング、食事を楽しんでください! アイコンサイアム、ほんのちょっとだけご紹介 個人的にお勧めは、G階のマーケット! タイ全国の食べ物、工芸品など名物が集められており、 売り方も、そのまま市場から持ってきたみたいな感じになっているんです。 水上マーケット風になっている場所も! もちろん全部は回れてませんが、ここが一番楽しかったかなあ。 その他にもご飯が食べれるお店が沢山ありますが、今回は選択ミス・・・! 美味しくないの食べてしまいました・・・ これはまた後日!) アイコンサイアムの場所! 地図で見ると、こちらです。 正直、アクセスの良い場所では無いかなぁというところ。 もうタイ在住の皆さん行っているかも知れませんが、旅行の方も是非行ってみてください! それでは、また!.

次の