楽天スーパーポイントコースとは。 【SPU】楽天スーパーポイントコース設定方法を教えてください|よくある質問|楽天証券

【楽天市場】SPU(スーパーポイントアッププログラム)|ポイント最大16倍

楽天スーパーポイントコースとは

楽天証券ポイント:JALマイル、楽天スーパーポイントに交換可能• 楽天スーパーポイント 楽天証券の取引や口座開設でたまるポイントは楽天証券ポイントコースと楽天スーパーポイントコースを選択することになり、それにより楽天証券ポイントと楽天スーパーポイントがそれぞれたまります。 楽天証券ポイントは楽天スーパーポイントとJALマイルに交換して利用することになるので、どちらのコースを選択していたとしても楽天スーパーポイントをためることができます。 楽天スーパーポイントをためたい人はどちらを選択しても良いですが、交換の手間が面倒な人は楽天スーパーポイントコースを選択すると良いでしょう。 口座開設時のデフォルトは楽天証券ポイントコースとなっていますので、楽天スーパーポイントコースが良い人は口座開設後にポイントのコースを変更しましょう。 ポイントコースの変更はログイン後の楽天証券WEBサイトでポイント・楽天銀行連携>ポイントコースを選択して、ためたい楽天スーパーポイントの口座番号を入力することで変更可能です。 楽天スーパーポイントの口座番号は楽天市場にログインすることで確認できますので、事前に確認をしてメモしておく必要があります。 楽天証券でポイントをためる方法、条件 楽天証券でポイントがたまるのは以下の口座開設、取引をした時で、様々な取引でポイントをためることができます。 変わったところでは投資信託の残高に応じて10万円ごとに4ポイントがたまるようになっています。 各商品は手数料の一部がバックされるだけですが、投資信託は残高に応じてポイントがもらえるので投信積立をしている人や多くの残高がある人は得するようになっていますね。 楽天証券の投信積立は毎月1,000円からすることができ、楽天カードから引き落としをすることもできるので、投信の積立をしたい人にとって楽天証券は便利なネット証券です。• 楽天証券でたまったポイントを使う方法 楽天証券でたまったポイントは他のポイントに交換することで利用することができます。 上述したとおり、楽天証券でたまったポイントは楽天証券ポイントと楽天スーパーポイントの2種類があります。 楽天スーパーポイントをためている場合は楽天市場などで1ポイント1円として利用することができます。 楽天スーパーポイントはサークルKサンクスやミスタードーナツ、出光サービスステーションなど多くの加盟店で1ポイント1円として現金と同じように利用することもできます。 ネットでもリアルでも使えるかなり現金に近いポイントで便利ですね。 楽天証券ポイントは直接使用することはできませんが、楽天スーパーポイント、JALマイルに交換することができます。 楽天スーパーポイントは等価交換(1ポイントから1ポイント)で1ポイントから交換することができ、JALマイルへは楽天証券ポイント35ポイントをJALマイル10マイルに交換することができます。

次の

楽天証券ポイントと楽天スーパーポイントの違いとは?~楽天証券使うなら知っておきたいポイント制度

楽天スーパーポイントコースとは

このエントリーの目次• 楽天証券ポイントプログラムは楽天証券ポイントコースと楽天スーパーポイントコースの2種類 楽天証券のポイントプログラムは、楽天証券ポイントコースと楽天スーパーポイントコースの2つの種類があります。 貰えるポイントが楽天証券ポイントか、楽天スーパーポイントの違いだけで、貰えるポイントの条件は全く変わりません。 初期設定は楽天証券ポイントコース どちらかを選択する必要がありますが、楽天証券総合取引口座を開設して最初の状態は楽天証券ポイントが貯まる設定になっています。 楽天証券ポイントプログラムで貯まる商品や取引 楽天証券ポイントプログラムで貯まる商品や取引は以下のとおりです。 投資信託資産形成ポイント還元サービスは楽天証券で保有する投資信託の残高に応じてポイントが貰えるサービスです。 貰えるポイントは、楽天証券ポイントか楽天スーパーポイントのいずれかで、楽天証券ポイントプログラムで選択したポイントが貰えます。 楽天ハッピープログラムを登録すると、資産形成ポイントはもらえず、楽天ハッピープログラムの基準によりポイントが貰えますが、それは後で説明します。 楽天証券投資信託資産形成ポイント還元サービス 投資信託保有 貰える楽天証券ポイント 50万円以上~200万円未満 毎月50ポイント 200万円以上~400万円未満 毎月100ポイント 400万円以上~600万円未満 毎月150ポイント 600万円以上~800万円未満 毎月200ポイント 800万円以上~1000万円未満 毎月300ポイント 1000万円以上~2000万円未満 毎月500ポイント 2000万円以上 毎月1000ポイント 投資信託資産形成ポイントの対象外のファンドについて 以下のファンドが対象外です。 楽ラップ専用ファンド• 楽天証券確定拠出年金で購入した全ファンド• MRF、MMF、外貨建てMMF• 楽天日本株トリプル・ブル• 楽天日本株4. 3倍ブル• 日本債券ベアファンド 5倍型• ロボット戦略 世界分散ファンド 資産の番人• YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル• YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル• YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル• 日本トレンド・セレクト ハイパー・ウェイブ• あおぞら・USトリプルプラス・ファンド 年4回決算型• SBI 日本株3. 7ブル 楽天証券ポイントプログラムで貰ったポイントの交換先について 楽天証券ポイントは楽天スーパーポイントやJMBマイルに交換可能 楽天証券ポイントは楽天スーパーポイントやJMBマイルに交換することができます。 楽天証券ポイントの交換レートについて 楽天証券ポイント 交換先ポイント 楽天スーパーポイント 1ポイント 1ポイント JMBマイル 35ポイント 10マイル 楽天スーパーポイントは楽天EdyとANAマイルに交換可能 一方、楽天スーパーポイントは楽天EdyとANAマイルに交換可能です。 もちろん、楽天スーパーポイントは楽天市場で1ポイント1円で利用可能です。 楽天スーパーポイントの交換レートについて 楽天スーパーポイントから交換できるのは楽天EdyとANAマイルのみですが、他のポイントから楽天スーパーポイントへの交換もできます。 つまり有効期限は、最長2年間です。 楽天スーパーポイントの有効期限は1年ですが、実際は無期限と考えても良いです 楽天スーパーポイントは、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間ですが、期間内に1度でもポイントを獲得すれば、有効期限は延長されます。 ハッピープログラムや楽天市場、さらになど楽天のサービスを利用し続ける限り楽天スーパーポイントが手に入りますので、実際は無期限と考えても差し支えありません。 楽天証券ポイントプログラムで貰うポイントコースはどちらでも良いですがめんどうならば楽天スーパーポイントコースでOK 楽天証券ポイントはいつでも楽天スーパーポイントに交換可能ですので、ポイント交換先を多く持ちたいならば楽天証券ポイントコースの一択です。 ただし、楽天証券ポイントは楽天スーパーポイントのように、楽天市場での利用など単体で利用できないので、交換申請をしないといけません。 これが面倒ならば、JMBマイルに交換しないという条件つきですが、楽天スーパーポイントコースですね。 ちなみに、管理人はANAマイラーなので、楽天スーパーポイントコースを選んでいます。 楽天ハッピープログラムとは? 続いて楽天ハッピープログラムを解説します。 これは、楽天銀行の優遇プログラムで、楽天会員情報と楽天銀行口座情報を連携させる楽天会員リンク登録を行うことで、楽天ハッピープログラムにエントリー(登録)できます。 登録料や会費は無料です。 楽天ハッピープログラムにエントリーすると、楽天銀行取引などで楽天スーパーポイントが貰えるほか、取引件数に応じてステージ別の特典があり、最高ステージのスーパーVIPであれば、ATM利用手数料が月7回まで無料になるほか、他行宛振込手数料の無料回数が月3回になります。 さらに、楽天証券と楽天銀行の連携サービスの「マネーブリッジ」に申し込む必要があります。 つまり、楽天銀行の口座を持ち、マネーブリッジに申し込めば、ハッピープログラムに申し込みが可能です。 ただし、ハッピープログラムは楽天会員でなければ申し込めませんので、そちらの手続きも必要です。 いずれも登録料や年会費は無料ですし、手続きはほんの数分で終わります。 ちなみに、マネーブリッジに申し込むと楽天銀行、普通預金金利が年0.1%になるなど優待サービスがありますので、登録していない方は登録をオススメします。 貰えるポイントは楽天スーパーポイントです。 対象商品 獲得ポイント 対象商品ごとの注意事項 国内株式 現物買・現物売) 手数料100円ごとに1ポイント IPO、PO、立会外分売は対象外 国内株式 信用新規、返済) 手数料100円ごとに1ポイント 現引、現渡は対象外 信用取引で付与されるポイント、は、返済(決済)時に、新規取引時の手数料を含めて一括して付与 外国株式 手数料100円ごとに1ポイント 米国株式の手数料は、国内約定日当日の楽天証券所定の為替レートで円換算した金額で計算 中国株式は、香港株、上海A株が対象 アセアン株式は対象外 投資信託 残高10万円ごとに4ポイント 公社債投信、MRF、MMF、外貨建てMMF、楽ラップ専用ファンドは対象外 個人向け国債 買付金額3万円ごとに1ポイント 楽天FX 10枚(10万通貨)ごとに1ポイント 日経225先物取引 ラージ) 手数料100円ごとに1ポイント 日経225先物取引で付与されるポイントは、決済時に、新規取引時の手数料を含めて一括して付与 日経225先物取引(ミニ) 手数料100円ごとに1ポイント 日経225オプション 手数料100円ごとに1ポイント SQ決済は、ポイントの対象外 カバードワラント 3万ワラントごとに1ポイント 満期償還はポイントの対象外 ハッピープログラムで投資信託保有でポイントが貰えないファンドについて 以下のとおりです。 低コストのインデックスファンドであってもポイントは貰えるのが大きな特徴です。 公社債投信• MRF、MMF、外貨建てMMF• 楽ラップ専用ファンド• 楽天証券確定拠出年金で購入した全ファンド 【注意】ハッピープログラムに申し込むと投資信託資産形成ポイントはつきません ハッピープログラムに申し込むと投資信託資産形成ポイントはつきません。 つまり投資信託保有で貰うのはどちらがいいのか検討する必要があります。 投資信託資産形成ポイントとハッピープログラムの比較(投資信託保有ポイント比較) 投資信託資産形成ポイントとハッピープログラムは両取りができませんので、いずれか一方を選ぶ必要があります。 どちらがいいのでしょうか? 投資信託資産形成ポイントは投資信託保有残高の一定範囲内はすべて同一ポイントですが、ハッピープログラムでの投信保有は、10万円につき4ポイントもらえます。 40万円以下の少額であれば、ハッピープログラムの方が優位ですが、投資信託資産形成ポイントのほうが優位な場合もあります。 ただし、投資信託資産形成ポイントの条件が1,000ポイント(投資信託保有残高2,000万円以上の場合)です。 一方ハッピープログラムは貰えるポイントの上限がありませんので、投資信託保有残高が2,510万円以上ならばハッピープログラムの方が文句無く有利です。 保有残高別のポイント比較 保有投資信託残高 楽天ハッピープログラム 投資信託資産形成ポイント 10万円 4 0 50万円 20 50 100万円 40 50 150万円 60 50 200万円 80 100 300万円 120 100 400万円 160 150 500万円 200 150 600万円 240 200 700万円 280 200 800万円 320 300 900万円 360 300 1,000万円 400 500 1,500万円 600 500 2,000万円 800 1000 3,000万円 1200 1000 貰えるポイントのイメージ ハッピープログラムを利用しないと楽天銀行の利用価値が半減 投資信託の保有だけを目的ならば資産形成ポイントでも良いのですが、ハッピープログラムは国債の買付や国内株式や海外株式の取引だけでもポイントが貯まりますので悩むところです。 保有残高に応じて柔軟に使い分けしたいところですが、ハッピープログラムをやめるには楽天会員リンク解除する必要があり、楽天銀行で貯まるポイントやランクに応じて振込手数料無料回数などの特典もなくなってしまいます。 楽天銀行を利用するならば、ハッピープログラムを利用しないと利用価値は半減以下になりますので、投資信託資産形成ポイントではなくハッピープログラムを選ばざるを得ないと考えます。 (もちろん、楽天銀行口座開設して、マネーブリッジのみ登録してハッピープログラムには登録せずに、投資信託資産形成ポイントをゲットという手も無いことはないですが、楽天銀行のメリットは少なくなるうえに、楽天銀行キャンペーンはハッピープログラムエントリーが条件であることが多いので、キャンペーン屋はオススメはしません) 他のネット証券のポイントプログラムもあります SBI証券・マネックス証券・auカブコム証券も独自のポイントプログラムを実施しています。 ポイントの還元率からいうとauカブコム証券、次いでSBI証券が高いのが特徴です。 そかし、残念ながら一部の低コストのインデックスファンドは対象外であり、 楽天証券のみ低コストのインデックスファンドであっても関係なくポイントが貯まります。 期間限定で大変高額のポイントが貰えます。 さらに、リスクをできる限り低くしてポイントゲットする裏技なども解説しましたので、以下のリンク先をあわせてご覧下ください。

次の

主婦が楽天証券で資産運用をはじめてみた 第4回 つみたてNISAをはじめて3ヶ月の経過報告

楽天スーパーポイントコースとは

検索 キーワードで探す• 手続したい• 総合口座・各種口座開設• ログインID・PW• アカウントロック• 操作方法• 表示内容• 入出庫・移管• 利用申請• 申込・確認• 書類・報告書・証明書• 変更・口座解約• 電子交付• マイナンバー• その他の手続• 知りたい• ログインID・PW• アカウントロック• 操作方法• 表示内容• マネーブリッジ• 口座内容• 税金・特定口座• 取引ルール• 手数料・諸費用• 期日・満期・償還• 利金・分配金・配当• 分割などの資本異動• 維持率・保証金・証拠金• 株価・基準価額・為替レート• ポイント・キャンペーン• 勉強会・イベント• ダウンロード・インストール• インターネット接続• エラー・トラブル• セキュリティ• その他トラブル• その他の情報• 用語集• 解決したい• 操作方法• 表示内容• ダウンロード・インストール• ログインID・PW• アカウントロック• エラー・トラブル• インターネット接続• セキュリティ• その他のトラブル• 国内株式• 現物取引• 取引ルール• 分割などの資本異動・配当• 新規公開/公募・売出• 立会外分売• 税金・特定口座• 手数料• その他• 信用取引• 信用口座開設• 取引ルール• 分割などの資本異動・配当• 維持率・諸費用・保証金• 税金・特定口座• 手数料• その他• 貸株サービス• 貸株サービス申込• 取引ルール• 貸株料(金利)• 分割などの資本異動・配当• その他• 外国株式• 米国株式• 米株口座開設• 取引ルール• 分割などの資本異動・配当• 手数料• その他• 中国株式• 中株口座開設• 取引ルール• 分割などの資本異動・配当• 手数料• その他• アセアン• アセアン口座開設• 取引ルール• 分割などの資本異動・配当• 手数料• その他• 国内債券• 取引ルール• 利金・償還• 手数料• その他• 外国債券• 取引ルール• 為替レート・利金・償還• 手数料• その他• 投資信託• 投資信託・積立• 取引ルール• 運用状況・分配金・為替レート• 手数料• その他• MRF・MMF• 取引ルール• 運用状況・分配金• 手数料• その他• 外貨建てMMF• 外貨MMF口座開設• 取引ルール• 為替レート・分配金• 手数料• その他• 為替取引・FX• 外貨決済• 取引ルール• 為替レート• 手数料• その他• ポイント投資• ポイント投資(国内株式)• ポイント投資(投資信託)• 確定拠出年金• その他の商品• NISA口座• NISA口座開設• 取引ルール• 分割などの資本異動・配当• 運用状況・分配金・為替レート• 手数料• その他• ジュニアNISA口座• マネーブリッジ• その他• 楽ラップ• 一般概要• 取引ルール• その他• マーケットスピード• ダウンロード・インストール• 操作方法• 表示内容• その他• Web• 操作方法• 表示内容• その他• iSPEED• ダウンロード・インストール• 操作方法• 表示内容• その他• モバイルウエブ• 操作方法• 表示内容• その他• メール・その他• マーケットコール• メール• その他• マーケットスピード II• ダウンロード・インストール• 操作方法• 表示内容• その他• 「楽天スーパーポイントコース」への変更方法 1. 「コース変更する」ボタンをクリックしてください。 次画面で「楽天会員ログイン」を行っていただき、「ポイントコース変更(確認)」画面で「取引暗証番号」を ご入力のうえ「変更」をクリックしていただくと、コース変更が完了いたします。 【楽天証券ポイントを保有している場合のご注意】 楽天証券ポイントを保有したまま楽天スーパーポイントコースへ変更された場合、楽天証券ポイントは自動的に楽天スーパーポイントへ交換されます。 楽天スーパーポイントコースへのコース変更は即時おこなわれますが、楽天証券ポイントが楽天スーパーポイントへ移行されるまで、数日(1~4営業日)かかります。 なお、弊社下記画面の更新タイミングは以下のとおりです。

次の