まだ 見 た こと の ない セカイ。 LOHACO

【まだ見たことのないセカイ インタビュー】メタルを聴かない人にもメタルを好きになってもらいたい

まだ 見 た こと の ない セカイ

昨日は夏至、そして新月。 今日からまたがらり、と空気が変わったような気がするのは気のせいでしょうか。 昨日はふと、自分の心の中から 「考えることをやめてはいけない」 という言葉が聞こえた。 この6月はゆったりモードで過ごしながらも、ずっと色々なことを考えていた。 それらに対してまだ明確な答えは出ていないけれど、6月初めの頃の自分と今の自分とを比べると、やっぱり物事を見る視点は大きく変わってきているのを感じていて、 じわじわと、無意識の領域でキャッチする情報自体から変わってきているのだと思う。 じわじわと、自分でも気づかない部分で新たな化学反応が起き始めているのだと思う。 先日、いつもたくさん気づきをいただいている Emichikaさんが毎週末ゲストを招いて開催されているFacebookライブの中で、 「インスピレーションは努力だ」 という言葉をお聞きした。 仰っていたのは、こんまりさんこと近藤麻里恵さんの本をはじめ、数々のベストセラー出版に携わられた元サンマーク出版編集長・現ブックオリティ代表タカトモさん。 本当に、そう思う。 私の周りで活躍されている方は、自分の直感を大事にされている方がとても多いけれど、でもその直感とは、何もないところから突然降って湧いてくるものではない気がするのだ。 様々な経験、自分との向き合い、思考という土台があって初めて、 「これしかない」「これは違う」 今この瞬間の自分にピタリとはまる答えが、直感としてやってくると思うのだ。 またさらに、経験数や幅ももちろん大事であるが、それだけではなくて、 それらを通して行う 「自分と向き合う深さ」「思考の深さ」こそが、 同じ情報や時間一つとってもその可能性を最大限に活かせるか、活かせないかの差を生み出すのだと思う。 だから・・・やっぱり、本当に何かを変えたかったら、決して 「自分で考えること」をやめてはいけない。 とはいえ、 「自分で考えること」は、正直とてもエネルギーがいる。 ネットの情報をぼんやりと眺めて、なんとなくわかった気になったり、 誰かの話を聞いて、自分もできるんじゃないか?と期待して過ごしている方がよっぽど楽だ。 でも自分の頭を使わない薄っぺらい思考の中から、 本当にやりたいことなんて見つかるわけがない。 自分らしさなんて、見つかるわけがない。 新しいアイディアなんて生まれるわけがない。 周りの人からヒントは得られても、あくまでヒントはヒント。 自分にとっての答えは自分で見つけるしかないのだから。 でも・・・その代わりに、自分で考えて考えて、究極まで考え抜いて生み出した言葉やフレーズは、ものすごいパワーを宿している。 立派な言葉を使う必要はない。 シンプルなのに、響く。 揺るぎない。 そこに在る。 そんな言葉を持っている人は、嫌でも人の心を動かしてしまうのだと思う。 ・・・とここまで書いてきて、一体何を言いたいのかよくわからなくなってしまったが笑、今日はただ思うこと徒然を綴ってみました。 夏至を過ぎて、ふつふつとマグマのような熱いエネルギーがまた新たに自分の中から溢れ出してくるのを感じる。 これまで感じたことのないような何かが、またここから始まるような予感。 どんな時も心に情熱を。 そして未来を切り開く勇気と決断を。 シンガポール法人KOKOROKITCHEN PTE. LTD. 代表取締役。 アジアゴールデンスターアワード2018女性企業家受賞。 〜2019. 2019. 7〜起業家の夫と運命的に出会い、マレーシア・クアラルンプールへ海外移住、結婚。 現在は毎月PC1台で世界旅&仕事をしながら、"海外起業家夫婦"として心や体の健康、自由でクリエイティブな生き方について発信中。 世界を舞台に着実に夢を実現し続けている。

次の

まだ見たことのないセカイ『ミライシグナル』配信シングルリリース

まだ 見 た こと の ない セカイ

私はもともと漫画家志望で美術部だったし、表に立つようなタイプではなかったんですよ。 それこそ髪の毛はボサボサで、メイクもしたことなくて、ボタンは第一ボタンまで閉めるみたいなタイプだったし、漫画とかアニメ系とかそっちの仕事に就きたいと思っていました。 でも、高校に入ってイジメを受けて、それが結構キツくて…みんなに無視されて自分はいらない存在みたいに感じていたんですけど、そんな時に助けられたのが音楽だったんです。 その高校の文化祭では、全校生徒の前で何でも好きなことやっていい機会があったんですよ。 普段の自分だったら見てもらえないけど、歌だったら見てもらえると思ったのが音楽を真剣に始めたきっかけのひとつですね。 その後、某ファッション雑誌のモデルオーディションに応募して読者モデルをやったんです。 そこからは歌とか声優で活動してたんですけど、事務所とトラブルがあって、自分の曲も権利関係の問題で歌えなくなっちゃって…。 それでひとりでも発信できるYouTubeでカバー曲をアップしたりして、いつかチャンスが来ないかなと思っていた時に美弦ちゃんがその動画を観て声を掛けてくれたんです。 ふたりとも何か新しいことをやりたいっていうタイミングで出会ったんですね。 では、曲作りはどのように? もともと私はメロディーがきれいな音楽…メタル好きなんですけど、メロディックスピードメタルとか歌メロがきれいなものが好きで。 それで昔から演奏はハードなんだけど歌メロはJ-POPみたいなのを意識して作っていたんですね。 メタルって偏見が多いジャンルじゃないですか。 ただ叫んでる音楽とか言われちゃうんですけど、きれいな曲もあるっていうのを知ってほしくて。 ギタリストって大体ギターリフから曲を作ったりするんですけど、私は歌メロから作るんですね。 歌メロ重視で作って、そこに歌メロの邪魔にならないような演奏を付けるっていうやり方でやってます。

次の

LOHACO

まだ 見 た こと の ない セカイ

Break away feat. くぎたん 2. Ark 3. escape feat. YUZUKINGDOM 4. 極彩色のユートピア 5. Get on the Tailwind 6. 命に嫌われている feat. ガールズバンド「BRIDEAR」の元ギタリストであった美弦さんと、 アニメ「幼女戦記」挿入歌でデビューした声優歌手で現在はYouTuberとしても活躍中の ねおきまこさんの2人により結成されたユニットのデビュー作品。 やっぱり美弦さんのメロディセンスはスゴいなと、 序盤の1、2曲目を聴いた時点から感心させられるほどの作品だった。 「メタルを聴かない人にもメタルを好きになってもらいたい」 「きれいな曲もあるっていうのを知ってほしくて」 のOKMusicのインタビュー記事で美弦さんがこのように語っていただけある。 6曲全て歌メロがきれいなアッパーチューンで全てシングル曲でもいけるほどで デジタルアレンジを効かせた編曲も良くて派手で華やか曲をよくぞここまで揃えたものだ。 そしてボーカルのねおきまこさんは声優歌手の王道ともいえるような甘い声質を 持ちながらも、声量があってロック系の曲もしっかりと歌える実力がある。 これは他のアニソン系アーティストに例えるならばKOTOKOさんタイプだなと感じた。 少なくとも妖精帝國のゆいさんよりはKOTOKOさんに近い歌声だと思う。 という傑作ロックナンバーを彷彿させられただけに。 まこさんもよくぞファイヤー感満載な曲を歌ってくれた!ということで拍手を送りたい。 そして今作のリード曲にもなっている3曲目「escape」は ダンスロックグループ「Q'ulle」のメンバーで、メタルユニットの「YUZUKINGDOM」 としても活躍経験のあるデスポ名人のゆづきさんをゲストボーカルに迎え、 さらにベーシストにはホルモン2号店などでも活躍中のわかざえもんさんを迎え、 ドラマーには現NEMOPHILAのむらたたむさんを迎えて作られた曲。 何だこのガールズ界のオールスターチームは。 そりゃ名曲にならないわけがない。 むらたたむさんは当ブログの年間私的名曲1位獲得経験者ですからね。 完全に余談になるが を読み返してみるとむらたたむ1位に加えてBRIDEARもQ'ulleもKOTOKOも入ってた。 4曲目「極彩色のユートピア」はダークな歌詞と共に哀愁を漂わせながら疾走。 ユーロビートっぽいアレンジが加わるところもツボにハマった。 インタビュー記事でボカロ曲の影響を受けたと自ら語っていただけある新境地の名曲。 5曲目「Get on the Tailwind」はメロディックな曲が好きな自分のような者にはドツボの 疾走メロスピ系楽曲で、これがBRIDEARならば感動のラストナンバー用となった曲なのでは。 やっぱりこの曲は特にKIMIさんのボーカルで聴きたかったなぁとか、 やっぱり個人的には美弦さんはBRIDEARからは脱退して欲しくなかったなぁとか、 バンドとこのユニットとを並行して活動することはできなかったのかなぁとか 思ってしまったのだがそんなことを言っても本人達が決めた道ですからね・・・ 6曲目「命に嫌われている」は初音ミクによるボカロ曲のカバー。 この曲のボーカルはねおきまこさんではなく、歌い手の松下さんが担当しているが 声質的には似ていて、言われなければ別人が歌ってるとは気づけなかったレベル。 メタルとアニソンとボカロ曲の融合。 こうして少しでも幅広い層に自身の作る音楽を 聴いて好きになって欲しいという意欲が感じられただけに、何とか頑張って欲しいなと思う。 そしてなんと今年2月には新ボーカリストとして声優の生田善子さんが 加入することが決まったというまさかの展開が。 その後の4月には早速新曲となる も配信リリースされたが、一方で現時点ではねおきまこさんが ユニットを脱退するかは決まっていないようで、果たしてこれからどうなるのか・・・ これから聴く人達をどんなセカイへと連れていってくれるのだろうか?• 102• 202• 128• 167• 227• 200• 197• 168• 6 8 1 1 1 1 1 12 1 15 1 3 1 1 1 4 1 1 6 2 1 3 3 4 13 3 1 5 56 2 1 3 1 1 2 4 5 1 1 1 1 2 7 18 1 2 1 2 1 1 1 6 1 4 7 2 1 4 1 2 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 12 5 1 8 8 2 9 1 3 3 3 4 2 1 1 1 1 1 1 2 7 1 1 1 1 2 1 1 1 5 1 7 4 4 4 1 1 5 7 2 1 1.

次の