茨城 ウーバーイーツ。 Uber Eats(ウーバーイーツ)つくば市はいつ開始?【解説】|cocoの日常

5月26日更新!ウーバーイーツの全国のサービスエリア・働ける地域

茨城 ウーバーイーツ

ウーバー・ジャパン(東京都渋谷区)は6月2日から、宇都宮市内の一部地域で飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」を始める。 北関東3県では初めて。 ウーバーイーツは、スマートフォンの専用アプリを使って飲食店に注文できるサービス。 配達員が自転車やバイクで自宅やオフィスまで届ける。 国内では東京をはじめ、横浜、大阪、仙台などで同サービスを展開しており、栃木県は17都府県目となる。 宇都宮市内では既に130店以上の飲食店が加盟した。 対象地域は、JR宇都宮駅や東武宇都宮駅周辺の中心市街地に限定されるが、ニーズを踏まえ、他の地域へのサービス拡大を検討するという。 注文受け付けは午前9時~翌午前0時だが、店舗によって異なる。 配送手数料は320円。 支払いはクレジットカードか一部のスマホ決済アプリで行う。

次の

ウーバーイーツ 栃木県内に初進出 北関東初、宇都宮中心部で|県内主要,経済,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

茨城 ウーバーイーツ

「所得」と「売上」の違いとは 所得と売上は似ているようで意味が異なります。 所得とは売上から経費を差し引いて残った金額のこと。 単純にウーバーイーツ(Uber Eats)の配達報酬の金額がそのまま所得になりませんので注意してください。 副業のウーバーイーツ(Uber Eats)で1年間で20万円の所得を得た 会社から給料をもらっている人が副業でウーバーイーツ(Uber Eats)をやっていた場合は1年間で20万円以上稼いだら確定申告が必要になります。 ここで言う20万円以上とは税金のルールにおける「雑所得」が20万円以上かどうかという意味ですので注意が必要です。 例えば、ウーバーイーツで稼いだのは1年間で5万円でも、他に転売で30万円を稼いでいたら確定申告が必要になります。 雑所得とは 給与所得や事業所得、不動産所得などの税制上で区分されている9つの所得に当てはまらないものが「雑所得」です。 アフィリエイトや転売などの副業で得たお金が「雑所得」というイメージでほぼ間違いありません。 専業のウーバーイーツ(Uber Eats)で1年間で38万円の所得を得た 「ウーバーイーツの配達の仕事一本で生計を立てている」といった専業の方はいわゆるサラリーマン(給与所得者)に該当しません。 個人事業主となるため基本的に確定申告が必要です。 その場合、年間の所得が38万円以上となった方は確定申告が必要となります。 また「親の扶養に入っている中でウーバーイーツをやっている」という方も同様に稼ぎが38万円以上になった場合、確定申告が必要です。 ウーバーイーツの所得を確定申告をしなかったら? 上記の条件に当てはったにもかかわらず、確定申告をしなかった場合は税務署から指摘が入る恐れがあります。 通常の納税に加えてペナルティとして「延滞税」や「無申告加算税」、「重加算税」などを余計に支払う必要が出てしまうことも…。 ウーバーイーツ(Uber Eats)は他の副業と比べて体力勝負のところが大きい仕事です。 一生懸命稼いだお金に余計な税金がかからないように確定申告は必ず行いましょう。 確定申告をし忘れた場合の対応方法は以下の記事で解説しているため、興味がある方はご覧ください。 「初めて確定申告をする」といった方は念の為読んだほうが良いでしょう。 ウーバーイーツの確定申告で経費として認められるものは? 確定申告には所得の計算が必要不可欠です。 そのため、経費計上を行わないといけません。 ここではウーバーイーツの経費について解説しましょう。 経費=売上のために使った出費 「そもそも経費って何?」という方もいるかもしれませんが、考え方は至ってシンプルです。 売上を立てるために使ったお金が経費となります。 ウーバーイーツにおける確定申告では、配達で稼ぐために払ったお金かどうかの観点で経費計上すれば間違いありません。 ウーバーイーツ(Uber Eats)で認められる経費 ウーバーイーツで経費として認められるものは以下の通りです。 確定申告の際に参考にすると良いでしょう。 配達に使う自転車やバイクの購入費や維持費 ウーバーイーツで欠かせない自転車やバイクの購入は売上を立てる上で欠かせません。 そのため経費計上ができます。 自転車の修理やバイクのガソリン代も経費として認められます。 ドコモのシェアサイクルサービスの月額費用も当然経費として計上して問題ありません。 配達エリアまでの移動で使った交通費 ドコモのシェアサイクルサービスを利用している方は、住んでいるところからウーバーイーツの配達エリアまで電車で移動するケースが多いでしょう。 この際の交通費も売上を立てるための出費となるため経費計上して構いません。 その他、以下のものも経費として認められます。 スマホを自転車に固定するホルダーの購入費• ウーバーイーツ用に購入したアウター• ウーバーイーツアプリを使うスマホの通信費 注意(1)私用で使ってるものは経費計上できない ウーバーイーツの配達だけでなく私用でも使っているアイテムがあった場合は経費計上で注意が必要です。 例えば、 「ウーバーイーツ用にクロスバイクを買ったけど、実は私用でも使っている」という場合は購入費の全額を経費計上にできません。 仕事で使っている割合と私用で使っている割合を出した上で、仕事で使う分の購入費を経費として計上します。 注意(2)原則レシートや領収書の用意が必要 経費計上する際はレシートや領収書の用意が必要です。 これは支払日・支払先・支払額・支払内容を客観的に証明するために欠かせないからです。 ただし「レシートを捨ててしまった…」「そもそもレシートをもらっていない」という場合は出金伝票を使うことで認められるケースもあります。 ウーバーイーツの確定申告の流れは?やり方などを解説 大まかに解説すると以下の4つの作業を行っていきます。 どの区分で確定申告を行うか確認する• ウーバーイーツの売上と必要経費を確認して所得を計算する• 確定申告書に記入する• 確定申告書を税務署に提出する なお今年の確定申告の提出期限は2月17日〜3月16日です。 この期限までに上記の作業を終えるようにしましょう。 どの区分で確定申告を行うか確認する 確定申告と一口にいっても申請に使う書類や、申告する所得の種類が異なる場合があります。 ここでは大まかない解説しましょう。 詳しい解説は別途記事がありますのでこちらをご確認ください。 申請に使う書類は「白色申告」と「青色申告」の2つがある 申告に使う書類は2種類あります。 1つ目は書類の記入ルールなどが簡易的なのは「白色申告」。 2つ目は記入ルールが細かく定められている「青色申告」です。 「青色申告」の場合は記入ルールが細かく定められている分、所得から最大65万円を差し引けるのがメリットです。 課税対象の所得が減ることになるため、節税に繋がります。 ただし「青色申告」を行う際は開業届けや「青色申告を使いたい」という旨を伝える申請書の提出が必要です。 これをやっていない方は「青色申告」は使えません。 「確定申告が初めて」という方は記入が比較的カンタンな「白色申告」がオススメです。 所得区分は「雑所得」と「事業所得」の2つがある 雑所得は副業で儲けた所得のこと、事業所得は事業として得た所得のことを指しています。 副業でウーバーイーツをやっている場合は「雑所得」で申請、専業でウーバーイーツをやってい人は「事業」で申請と覚えておけば大丈夫です。 なお、税制上お得なのは事業所得となります。 理由は事業所得の赤字を他の所得で相殺できるからです。 極端な例ですが、給与所得が500万円、ウーバーイーツの仕事で50万円の赤字が出た場合で説明しましょう。 事業所得の場合は、給与所得が500万円から赤字の50万円を差し引いた450万円で確定申告をすることが可能です。 つまり課税対象は450万円となります。 一方の雑所得の場合は、ウーバーイーツで50万円の赤字が出ていても給与所得は500万円のまま。 500万円が課税対象です。 事業所得の場合、赤字が出た場合に他の所得で相殺できるため、税制上お得といえます。 その他、前年の赤字で今年が黒字だった場合、赤字の分を黒字から差し引ける損益通算が3年できるなど、事業所得のメリットは大きいです。 ウーバーイーツの売上と必要経費を確認して所得を計算する 上で売上を確認します。 管理画面の「お支払明細」をクリック。 週毎の明細書を見て1月1日〜12月31日までの売上を確認しましょう。 経費については上記で解説した内容をもとにウーバーイーツの配達のために使ったお金を確認。 売上と経費がわかったら、売上から経費を差し引けば課税対象の所得がわかります。 なお、売上の確認や経費計上は地道な作業の繰り返し。 「確定申告が初めて…」「ウーバーイーツ以外にも副業があってそれぞれ売上や経費計上が必要…」という方は辛い作業になります。 そういった方はfreeeや弥生会計が提供しているクラウド型の会計サービスを使うと入力作業がスムーズになるでしょう。 これらのサービスを使うにも、もちろん慣れは必要ですが、手作業で計算・EXCELで計算などに比べるとグンと楽になるはずです。 確定申告書に記入する 確定申告書の記入についてカンタンに解説しましょう。 なお、ここで解説するのは以下のケースに当てはまる方を想定しています。 詳しい書き方については別途解説記事があるのでご確認ください。 会社勤めで給料をもらっている• 副業でウーバーイーツをやっている• 他の副業はやっていない 「確定申告書A」に必要事項を記入する• 書類上部にある住所や氏名を記入する• 「収入金額等」の雑所得(その他)にウーバーイーツの売上を記入する• 「収入金額等」の給与に源泉徴収票の「支払額」を記入する• 「所得金額」の雑所得にウーバーイーツの所得を記入する• 「所得金額」の給与に源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を記入する• 「所得の内訳」に会社とウーバーイーツの所得を記入する 確定申告書には「B」もある 確定申告書には「A」と「B」の2種類あります。 違いは申告できる所得区分で制限がある点です。 「A」は給与所得と雑所得の確定申告ができ、「B」は給与所得や雑所得の他、8種類の所得の申告ができます。 国税庁のHPリンクを貼り付けましたので必要に応じてダウンロードしてください。 確定申告書を税務署に提出する 上記の作業が終わればあとは税務署に書類を提出するだけです。 提出方法は3つあります。 税務署の窓口に持っていく• 税務署へ郵送する• e-Tax(Web上の申告)を利用する 税務署に直接持っていく場合に一つ注意点があります。 それは、自分が住んでいる地域ごとで提出先の税務署が決まっているという点です。 自分はどこで提出するべきかはから確認できるため、提出前に確認するようにしましょう。 副業組は必見!会社にバレないようにする方法 ウーバーイーツをやっている方の中には、確定申告をすることで会社にバレることを懸念している方もいるでしょう。 その場合は以下のことを行えばバレずに済みます。 確定申告書の2枚目、「住民税の徴収方法の選択」で「自分で納付」を選択する 住民税は本業と副業の所得の総額から計算されています。 住民税を給与から天引きにしてしまうと、会社の経理から「引き落とされる住民税が会社の給料で想定される金額より多い」と思われます。 「本業以外で収入があるのかもしれない」と勘ぐられてしまうため、住民税を「自分で納付」にチェックしましょう ウーバーイーツの配達員ならやりたい節税対策 ウーバーイーツでせっかく稼いだお金、できることならなるべく多く手元に残したいはず。 ここでは納税を安く納めるコツ、節税対策について解説しましょう。 今スグできる節税対策 納税を安くするには所得を減らすのが効果的。 以下は節税対策として有効です。 経費を漏れなく計上する 経費については上記で解説した通りです。 ウーバーイーツの仕事で必要だった出費を漏れなく計上することで節税に繋がります。 控除制度を活用する 一定の金額を所得から差し引いてくれるのが控除制度です。 例えば、通院した方などは医療費控除を活用することで所得を減らせます。 その他、ふるさと納税で寄付した金額は来年度の住民税の計算で使う所得から控除されるため、節税対策の一つといえます。 これらは今すぐできる節税対策です。 できれば試したい節税対策 手間はかかりますが、「節税したい」と考えている方なら試したい対策方法も伝えします。 青色申告で確定申告をする 上記でも解説した青色申告は最大65万円所得から控除されます。 専業としてウーバーイーツをやっており多くの配達報酬を得ている人は、青色申告を視野に入れても良いでしょう。 ただし、「開業届けなどを必要書類を提出している」などの条件があるため注意してください。 場合によって今年の確定申告で青色申告できないこともあります また、仕訳帳、総勘定元帳といった帳簿や貸借対照表などの専門書類が必要になるため、確定申告の難易度が高まります。 まとめ 「確定申告は初めて…」「ウーバーイーツのほかにも副業をやっている」といった方は所得の計算や経費計上で非常に苦労するでしょう。 その際は確定申告に詳しい専門家に相談しましょう。 ムリに自分だけで確定申告を進めてしまうと、経費計上でモレが出てしまい必要以上に納税するリスクがあったり、作業がはかどらず確定申告の期限に間に合わなかったりするリスクがあるからです。 弊社が運営する『比較ビズ』ではネット上で気軽に確定申告について税理士に相談することが可能です。 無料で利用できるため、確定申告で心配な点がある方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

次の

ウーバーイーツ 栃木県内に初進出 北関東初、宇都宮中心部で|県内主要,経済,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

茨城 ウーバーイーツ

画像はイメージです 先日美容室で髪を切っていたら、美容師さんに「いよいよウーバーイーツが札幌に来るらしいですね」と言われました。 調べてみると、2020年7月28日開始で配達員を募集していることがわかりました。 方法は固定ツイ参考にしてください。 (あくまで予想範囲です) 7月28日開始の札幌追加エリアです。 いつもの大雑把ですが、Uberからのメールではわかりづらいので既存のMcd店舗と重ね合わせてみました。 夏の札幌は昼は半袖、夜は長袖で丁度良い、という記憶だなぁ。 自転車やロードバイクに乗るのが好きな方、自由になる時間と自家用車がある方なら、配達パートナーに登録してみるのもいいかもしれないですね! ウーバーイーツにはどんなお店があるの? 「ウーバーイーツでは、どんなお店が配達可能なの?」というのが、気になるところですが、既にウーバーイーツのサービスが開始している東京などでは、• マクドナルド• スターバックスコーヒー• ピザハット• ケンタッキー・フライド・チキン• 吉野屋• カレーハウス CoCo壱番屋 などがありますので、札幌でも上記チェーン店が含まれる可能性が大いにあります。 その他、タピオカ屋さん、銀だこなども東京では人気があるそうなので、札幌もたくさんのお店が対象だといいですね! 画像はイメージです 気になる料金体系は・・ やはり気になるのは、配達料を含めて、どれくらいの金額になるのか、買いに行くより、ずっと高いのではないか?という心配ですね。 商品代金(店舗で食べるより2~3割高いです)• 配達手数料(季節や天候・距離などで変動・・300円前後~500円前後)• サービス料(料理代金の10%)• 最低注文手数料(700円未満の注文にかかる)150円 と、やはり手数料がやサービス料が気になるところです。 でも、交通費をかけて買い物や外食に行く、食事の支度が面倒!等の場合には、便利さを取ると安く感じるかもしれませんね。 「突然の食べたい!」や、小さなお子さんがいたり、風邪をひいていたりなどで外出がままならないときに、スピーディーに届けてくれるなら、ありがたいですね。 残念ながら、サービス開始時には手稲区はエリア外? エリア予想のマップを見る限り、サービス開始時のサービス提供エリアは札樽道の内側のようなので、手稲区はエリア外になるでしょう。 今後の範囲拡大に期待ですね。 ウーバーイーツは、アプリで指定した場所に届けてくれますので、札幌市中心部エリアのオフィスで働く方なら、オフィスへ。 また公園などにも届けてくれますので、お昼休みにアウトドアランチ。 休日に、エリア内の西区の公園などでピクニックして届けてもらうという手もありそうです。

次の