滅 やばたにえん ネタバレ。 【ネタバレ有】実は深い物語『やばたにえん』ブレア家の過去を解説します|優の優しい知恵ブログ

やばたにえん:女の子の助け方一覧

滅 やばたにえん ネタバレ

ドット絵グロが無理な人、このゲームをこれからやろうと思ってる人・実況プレイ動画見てる途中っていう人は読まない方がいいです。 自衛してね。 考察とかあんまり無い小並感ブログだよ。 そもそも「やばたにえん」ってなんだよという人はこちらを。 公式サイト 「やばたにえん」無印版はで無料でできるからみんなもやってみよう。 強制的な広告とか無いからプレイしやすいのでおすすめ。 多分2時間くらいで全ルート見れるんじゃないかな。 下記、ゲーム内のが含まれます。 グロいのもあるから自己責任で見てね! 「やばたにえん」を知ったのは実況者のレトルトさんの動画がきっかけ。 Zのゲームって的にいいのか……。 ちょろっとPart1を見てなんじゃこのゲームは・・・となり、でできるみたいだったので即プレイ。 その後Switch版がセール価格になって残高がギリギリ足りたので購入。 大まかなゲームの内容としては館に監禁されてる女の子たちを助けて最終的には館から脱出するゲーム。 助けられないと死んじゃうよ。 これは無印も滅も共通 エンディングの種類は無印が5つ、滅が4つ でも実質5つ あって、謎解きの難易度はかなり高め。 無印は女の子を全員救う為の手順が複雑で、滅はエンディングの条件が複雑って感じ。 悔しいけど攻略は見た。 このゲーム、ドット絵なのにかなりグロい描写がありまして。 この時点でまずやばいね。 まあドットグロなら「ゆめにっき」「Re:kinder」「シリーズ」等通ってきた私に死角は無いでしょ!と思ってあんまり気にしなかったんだけど。 ドット絵の精度に関してはマジで凄いの一言に尽きる。 それぞれの女の子の死に様、良すぎ。 個人的に「おぉ〜……」と言ってしまったのはE. TANAKAの死体。 TANAKAの死に方は大きく分けて落下死と茹で死の2パターンあるけど、私が唸ったのは落下死の方。 TANAKAの状態 上 と死ぬ場所 下 がこんな感じ。 Switch版のスクショ いやこれ普通に頭に血が上って死ぬのでは??と思うけど、それに関してはどんなにSTEP増えても大丈夫らしい。 いいのか……。 で、下の水槽に水を張らずにマシンのスイッチを入れてTANAKAの足をちぎり落としたのがこちらになります。 からの、水を張って画面移動すると……。 赤く染まるんですよ〜。 ちなみにただの落下死 ハサミでロープ切った場合 だとこの演出は無いっぽいです。 これ初めて見た時は思わず謝ってしまったな……死者を冒涜してゴメン……。 TANAKAWAII. 滅だと一番好きな死に様 というか演出 はKUNIEDA姉妹かな……。 姉の方を正解の場所にワープさせた後に地下から姉妹を助けに行く時に余計な寄り道とかすると妹が死ぬ。 姉妹愛良すぎ。 Love。 YAGAMIちゃんです。 YAGAMIちゃんは可愛い。 なんてったってでアイドルだからな。 めっちゃ寝てて起きないし。 初見で殺されやすいし。 ナンマンダブナンマンダブだし。 なんでアイドルのYAGAMIちゃんがあの館に居たのかはよくわかんないけど。 どういう繋がり? 他に特筆すべき点といえば、諸々の演出についてかな。 「やばたにえん」は全ルート見てやっとふんわりキャター達の背景が見えてくるタイプのゲームだけど、エンディングの演出はホントにシビれる。 一見バッドエンドなのにめちゃくちゃ痛快な音楽流れるやんけ!何故?!となるけど真エンド見ると色々納得が行くというか。 キャター助ける時の台詞とかもね。 これは特に無印が強いな。 OMIYO……。 詰み演出の不安の煽り方もすごい。 滅の方の詰みはマジで怖かった。 ていうか滅は真エンド以外で必ず発生するBLAIRの闇討ち演出がマジで怖すぎた。 てか全体的に滅は難しかったな。 最初の方でも書いたけどエンディング分岐の条件が無印と比べると結構複雑な気がする。 あと単純にマップが広くて覚えるのが大変。 女の子を救うこと自体はちょっと考えれば簡単に出来るんだけどそれだけじゃダメって言うのがね。 五体満足で救えるのに大脳修復が最適解とか普通思わないでしょ。 頭大丈夫? 一通りクリアした後に作者のpixivと見たところ色々設定があるし、サイドストーリーみたいな画像もUPされてて色々気になる。 まだ出てきてないキャターもいるっぽいのでさらに続編が出てくれることを期待してます。 なんかすごいふわっとした感想になっちゃったけどこんな感じで。

次の

[滅やばたにえん]ゲーム制作者のTwitterが考察の材料だらけだった件

滅 やばたにえん ネタバレ

レジスタは、ニンテンドースイッチソフト『滅やばたにえん』を、2020年2月27日より発売すると発表。 また、あらかじめダウンロードを開始しました。 おぞましいトラップだらけの屋敷内を舞台に、捕らわれている女の子たちの救出を目指します。 助けた人数によって結末が分岐しますが、パズル要素のあるゲーム性は手応え満点。 プレイヤーの行動によって刻々と状況が変化するので、その見極めと発想のひらめきがユーザーに求められることでしょう。 本作のビジュアルは、一見して分かる通りドットテイストのグラフィック。 ですが、トラップが発動すると、血なまぐさい残酷ショーが発生します。 写実的なビジュアルではないのに、そのインパクトはかなりのもの。 スマホ版ではレーティングが16歳以上(Google Play)、17歳以上(App Store)でしたが、『滅やばたにえん』は更に上がって「CERO Z」。 ここにカテゴリーされる点だけを踏まえても、描写の容赦無さが伝わってきます。 しかし本作は、残酷なだけではありません。 アプリ版のユーザーレビューは高く、いずれも4. 5以上(2月20日19時 時点)を獲得。 残酷さと難しさがある一方で、ユーザー満足度の高さも合わせ持つ作品です。 そのアプリ版をベースに、ブレアー家の血統の謎を探る新シナリオ「滅・やばたにえん」が追加された本作は、未体験の方はもちろん、アプリ版を遊んだユーザーにとっても気になる一作と言えるでしょう。 本作の魅力を伝えるプロモーション動画も公開されていますが、CERO Z作品の映像なので、18歳未満の方はご遠慮ください。 ちなみにこの映像には、ゲーム画面だけでなく、気になるメッセージもいくつか飛び出しました。 映像が見られない、または見るのが怖い方に向け、そのメッセージの一部を紹介します。 発売日は2月27日で、価格は1,496円 税込)です。 なお、3月15日 23時59分までは、セール価格となる987円(税込)で購入できます。 興味が湧いた方は、お得な価格で『滅やばたにえん』を手に入れましょう。 おぞましいトラップにより屋敷内に捕らわれている女の子たちを解放していきながら脱出を目指す。 ひとたびトラップが発動すれば、血なまぐさい残酷ショーが発生。 そして、救出した女の子の人数によって結末が分岐する。

次の

YABATAAAAAAAAAN!!!!!!!

滅 やばたにえん ネタバレ

ドット絵グロが無理な人、このゲームをこれからやろうと思ってる人・実況プレイ動画見てる途中っていう人は読まない方がいいです。 自衛してね。 考察とかあんまり無い小並感ブログだよ。 そもそも「やばたにえん」ってなんだよという人はこちらを。 公式サイト 「やばたにえん」無印版はで無料でできるからみんなもやってみよう。 強制的な広告とか無いからプレイしやすいのでおすすめ。 多分2時間くらいで全ルート見れるんじゃないかな。 下記、ゲーム内のが含まれます。 グロいのもあるから自己責任で見てね! 「やばたにえん」を知ったのは実況者のレトルトさんの動画がきっかけ。 Zのゲームって的にいいのか……。 ちょろっとPart1を見てなんじゃこのゲームは・・・となり、でできるみたいだったので即プレイ。 その後Switch版がセール価格になって残高がギリギリ足りたので購入。 大まかなゲームの内容としては館に監禁されてる女の子たちを助けて最終的には館から脱出するゲーム。 助けられないと死んじゃうよ。 これは無印も滅も共通 エンディングの種類は無印が5つ、滅が4つ でも実質5つ あって、謎解きの難易度はかなり高め。 無印は女の子を全員救う為の手順が複雑で、滅はエンディングの条件が複雑って感じ。 悔しいけど攻略は見た。 このゲーム、ドット絵なのにかなりグロい描写がありまして。 この時点でまずやばいね。 まあドットグロなら「ゆめにっき」「Re:kinder」「シリーズ」等通ってきた私に死角は無いでしょ!と思ってあんまり気にしなかったんだけど。 ドット絵の精度に関してはマジで凄いの一言に尽きる。 それぞれの女の子の死に様、良すぎ。 個人的に「おぉ〜……」と言ってしまったのはE. TANAKAの死体。 TANAKAの死に方は大きく分けて落下死と茹で死の2パターンあるけど、私が唸ったのは落下死の方。 TANAKAの状態 上 と死ぬ場所 下 がこんな感じ。 Switch版のスクショ いやこれ普通に頭に血が上って死ぬのでは??と思うけど、それに関してはどんなにSTEP増えても大丈夫らしい。 いいのか……。 で、下の水槽に水を張らずにマシンのスイッチを入れてTANAKAの足をちぎり落としたのがこちらになります。 からの、水を張って画面移動すると……。 赤く染まるんですよ〜。 ちなみにただの落下死 ハサミでロープ切った場合 だとこの演出は無いっぽいです。 これ初めて見た時は思わず謝ってしまったな……死者を冒涜してゴメン……。 TANAKAWAII. 滅だと一番好きな死に様 というか演出 はKUNIEDA姉妹かな……。 姉の方を正解の場所にワープさせた後に地下から姉妹を助けに行く時に余計な寄り道とかすると妹が死ぬ。 姉妹愛良すぎ。 Love。 YAGAMIちゃんです。 YAGAMIちゃんは可愛い。 なんてったってでアイドルだからな。 めっちゃ寝てて起きないし。 初見で殺されやすいし。 ナンマンダブナンマンダブだし。 なんでアイドルのYAGAMIちゃんがあの館に居たのかはよくわかんないけど。 どういう繋がり? 他に特筆すべき点といえば、諸々の演出についてかな。 「やばたにえん」は全ルート見てやっとふんわりキャター達の背景が見えてくるタイプのゲームだけど、エンディングの演出はホントにシビれる。 一見バッドエンドなのにめちゃくちゃ痛快な音楽流れるやんけ!何故?!となるけど真エンド見ると色々納得が行くというか。 キャター助ける時の台詞とかもね。 これは特に無印が強いな。 OMIYO……。 詰み演出の不安の煽り方もすごい。 滅の方の詰みはマジで怖かった。 ていうか滅は真エンド以外で必ず発生するBLAIRの闇討ち演出がマジで怖すぎた。 てか全体的に滅は難しかったな。 最初の方でも書いたけどエンディング分岐の条件が無印と比べると結構複雑な気がする。 あと単純にマップが広くて覚えるのが大変。 女の子を救うこと自体はちょっと考えれば簡単に出来るんだけどそれだけじゃダメって言うのがね。 五体満足で救えるのに大脳修復が最適解とか普通思わないでしょ。 頭大丈夫? 一通りクリアした後に作者のpixivと見たところ色々設定があるし、サイドストーリーみたいな画像もUPされてて色々気になる。 まだ出てきてないキャターもいるっぽいのでさらに続編が出てくれることを期待してます。 なんかすごいふわっとした感想になっちゃったけどこんな感じで。

次の