別れ たい の に 別れ て くれ ない 彼氏。 彼が別れたくないのか別れたいのか分からない

彼氏が別れてくれないのはなぜ?その理由&納得させて別れる方法をご紹介!

別れ たい の に 別れ て くれ ない 彼氏

多くの男子は、彼女から心が離れても、自分から別れたいと口にするのが苦手です。 特に、交際前彼女を落とすためにそれなりに努力した男子は、別れたいと口に出しづらいようです。 しかし、別れたい理由を振り返ってみると、別れを先延ばししても彼氏・彼女の双方にメリットがないと気づくかもしれません。 多くの男子が彼女と別れたくなる理由を見ていきましょう。 好きな人ができた 個人差はありますが、男子の方が女子より気が多い傾向があるため、他の女子への目移りが、別れたい理由の上位に上がっています。 女子からすると信じたくない事実ですよね。 一時の気の迷いの場合もありますが、一度 他の女子に向いた気持ちは簡単には元に戻せません。 そのまま彼女と付き合っていても、気持ちを抑えられずに二股をしたり、冷たくあたったりすることもあります。 彼女を必要以上に傷つけてしまう可能性もあるので、早めに別れをきりだしましょう。 価値観が合わない 付き合う前は自分と共通点が多いと思っていたのに、付き合ってみるとそうでもないことってありますよね。 付き合いが長くなると、彼氏・彼女の双方が人間的に成長したり、生活環境が変わってしまったりして、好きだった彼女の長所が感じられなくなることもあります。 こうした価値観のズレに気付くと彼女と別れたくなることがあるでしょう。 価値観が合わない相手に対しては、警戒心が湧きますし、ケンカも増えてしまいがちです。 お互いに大切に思う気持ちがあっても、傷つけあったり将来まで考えられなかったりするなら、別れも賢い選択かもしれません。 彼女が浮気をしていた 生物学上男子は独占欲が強いです。 浮気をする女子が増えていると耳にはするものの、実際にされたらショックは大きいでしょう。 浮気をされて傷ついているときは、別れたい自分の決意が正しいものなのか不安になるかもしれません。 デートや手をつなぐ、キスなど、どこからを浮気とするのかについては個人差があるので、自分の怒りが正しいのか不安になることもあるでしょう。 しかし、本当に彼氏への気持ちがあれば、彼氏が嫌がる方法で他の男子と接することはないはずです。 さらに 男女ともに浮気をする人は繰り返し浮気をする傾向にあります。 「時間の無駄」と、さっさと次の恋を探しましょう。 マンネリ化によって 付き合いが長くなると必ずやってくるのが倦怠期です。 彼女とのデートや会話が退屈に感じると別れたくなることもありますよね。 確かに大人の男女が数年単位で付き合っていて、将来を考えられないなら別れを選択するのもアリです。 しかし、 マンネリ化によって彼女の大切さを見失っているのかもしれません。 彼女に別れたいと告げるかどうか慎重に考えましょう。 マンネリ化が理由の別れを経験した女子は、新しい彼氏ができるとすぐに結婚を決める傾向があります。 後で元サヤを願っても、時すでに遅しといった状況を招かないようにしたいですね。 別れたいけど別れられない理由も 気の優しい男子やマンネリ化するほど長い付き合いカップルは、「情が移って別れられない」、とても自分から「別れたい」とは言えないなど意見もあります。 他にも、同棲していたり、周囲の人がみんな共通の知り合いだったりする状況では「別れたい」とは簡単に言い出せないですよね。 別れたい理由と、別れたいと口にしづらい理由をよく考えてみる必要があります。 1年後の自分はどうしたら満足できるかを基準に考えてみましょう。 彼女と別れたい意思が揺るがないのであれば、早めに彼女に伝えましょう。 先延ばしにしても彼女と別れたい事実は変わりません。 彼女に別れたいと告げに行くときのポイントをいくつか紹介します。 しかしその前に、理由が何であれ 別れを切り出す側が悪者になる覚悟が必要だと肝に銘じましょう。 直接会って本音を伝える 最近は電話やLINEで別れ話をするカップルもいるようですね。 しかし、できる限り誠実に、彼女に別れたいと伝えるのであれば、やはり直接会うのがベストでしょう。 別れたいことを遠まわしに伝えようとしたり、別れたい理由で嘘をついたりしても、相手の傷を深めることになりかねません。 また本気で別れたい気持ちが伝わらない可能性もあります。 別れたい気持ちと 理由を本音で伝えましょう。 ただし、彼女の置かれた状況や性格によっては、別れたい理由をオブラートに包むことも優しさですよね。 どうしても別れたい理由について話せる状況にない彼女には「自分が悪い、必ずタイミングがきたら話すから」で通して話せる時を待つのも一つの手です。 感情的にならず冷静に 彼女の浮気で別れを決めたときや、彼女が別れたくないと大騒ぎをする場合、別れたいと告げる側もかなりのプレッシャーを感じます。 しかし、状況につられて感情的にならず冷静な会話を心がけましょう。 むしろ安定した精神状態にないから別れ話をしたくない人もいるかもしれません。 しかし、彼女に冷静に思いのたけを話すことで、あとくされがなくなり、次の恋に前向きになることができるでしょう。 不本意な出来事や彼女の欠点に耐えきれず別れを選ぶ場合、 ケンカ別れになってはあなたの損です。 大人の男子として冷静で明確な別れ方をしましょう。 感謝の気持ちを伝えて 別れたい理由がなんだとしても、どんなに険悪になって 別れるとしても、幸せだった時間やうれしかった思い出はなくなりません。 別れ話の最後には今までの感謝を伝えましょう。 感謝の言葉をいわれることで、彼女に別れたい気持ちが誤解なく伝わることもあるようです。 女子は泣いたり騒いだりしても、一度受け入れたことからは立ち直るのが早い傾向があります。 彼女にすんなり別れを受け入れてもらうためにも、最後はポジティブな言葉で締めくくりましょう。 別れたいと言えないときにはサインを 別れたいと言いたくても、彼女の性格や共通の人間関係などを気にしてなかなか口に出せないケースもありますよね。 まだ付き合い出して間もないカップルだと、なお別れ話が苦に感じるものです。 そんな場合は、別れたいサインを出すのも効果があります。 ただし、曖昧な方法で別れようとしても伝わらず、逆に追いかけられたり、逆上されたりするかもしれません。 それでも別れを感じさせるサインを試してみたい男子には、次に紹介する二つの匂わせサインがおすすめです。 LINEの返信を遅らす 別れたいと、なかなか言い出せない関係性なら匂わせる方法をとりましょう。 LINEの返信を遅らせて連絡を徐々に取らないようにするのは自然消滅の常套手段です。 返答もわざとそっけなくしたり、スタンプをつかわないようにしたりすると勘のいい女子なら異変に気付くはずです。 彼女に「別れたいのかな?」と感じさせてから、別れ話に持っていく場合には有効と言えます。 しかし、そのまま本気で自然消滅を狙ったり、LINE上で別れ話をしたりするのはNGです。 一度でも好きになった彼女に対して失礼であり、男を下げる行為と言えます。 2人で会う時間を減らす 別れを意識しだすと、デートも楽しめないですよね。 そんな気持ちで2人ででかけても彼女に失礼ですし、ケンカになる恐れもあります。 彼女に別れたいと告げる覚悟ができたら、2人きりで会う時間を徐々に減らしたり、別れ話の前にしばらく会わない期間を設けたりしましょう。 「考えてることがまとまるまでゆっくり会えない」「次に会うときに話がある」など別れを匂わせる人もいます。 ただし、待っている間、彼女は相当不安なはずです。 そんな期間が本当に必要なのか、自分勝手ではないか、よく考えてみましょう。 別れたいと言われたけど別れたくない場合 ここまでは、彼女と別れたい男子について紹介してきました。 しかし、読者の中には、彼女に別れたいと言われたけど、自分は別れたくない男子もいるでしょう。 ここからは、どのようなことに気をつければ、元サヤへの可能性が高まるのかを紹介します。 彼女としっかりと話し合う 別れ話をされても別れたくないほど彼女が好きな男子は、彼女が別れたい理由を全く理解していない人が多い傾向があります。 彼女を失いたくないなら、彼女の不満や別れたい理由を、 冷静に最後まで邪魔をせずしっかり聞きましょう。 その上で、次は自分の考えや彼女への気持ちをしっかり聞いてもらうことが大切です。 ただし彼女を責めたり、その場で復縁を迫ったりするのは逆効果になります。 「これからどうしていくか」「彼女をどのくらい愛しているのか」に焦点を置いて、下手でもいいので正直に話しましょう。 彼女が別れたいと思う原因の改善 彼女から別れたい理由を聞けたら、復縁にひとすじの光が見えたとも言えます。 彼女が安心できるように原因の改善に努めましょう。 女子が彼氏と別れたいと思う理由としては、話を聞いてくれない、だらしがない、モラハラなどが考えられます。 否定や言いワケをしたくなるでしょうが、彼女を追いつめたことをまず真摯に反省すべきです。 冷却期間を置く 別れたい彼女の意志が揺らがないのであれば、最終手段として冷却期間を置く提案をしてはいかがでしょうか?冷却期間中、彼女が別れたい原因の改善に励むこともできますし、自分の気持ちを整理することもできます。 彼女のことが本当に好きならプロポーズの準備をするのもいいでしょう。 何より一定の冷却期間を置くことで、追いすがったりやけを起こしたりするのを回避できます。 結果的に別れることになったとしても、思い出したくない元カレより、いい思い出の元カレでいられるよう努めましょう。 まとめ どんなに愛し合っていても、環境が変わったり、他に好きな人ができたりして恋人と別れたくなるときはあります。 彼氏から彼女に別れたいと告げるのは、責任やストレスがのしかかるので、できれば避けたいと考えてしまうかもしれません。 しかし、 今までの思い出を壊さないためにも、2人のこれからのためにも誠実に伝えることが大切です。 彼女への感謝を胸に、すっきりできる別れ方をしましょう。

次の

DV彼氏と別れたいけど別れられない…ベストな対処法を紹介

別れ たい の に 別れ て くれ ない 彼氏

彼氏がしつこい…別れてくれないのはなぜ? では、彼氏が別れてくれない理由をみていきましょう。 別れることに納得していない• 別れることに伴うリスクが嫌だ• 恥をかきたくない• 新しい恋愛なんて面倒だ• 別れることでダメになることが多すぎる• まだ愛している• 捨てられるなんてプライドが許さない• 今までの年月をムダにしたくない 続いて、彼氏が別れてくれない理由を、それぞれ詳しくみていきます。 こうした彼氏の場合は、 相手が別れに納得するまでじっくりと構える事が大切。 焦って別れてくれない彼氏を急きたてても かえってこじれたり、恨みを買ってしまうだけの裏目に出てしまいます。 特に彼氏と同棲中の場合などは、 別れるのはいいけど同棲解消に伴うゴタゴタが面倒くさいという理由で別れたくないとゴネる人も。 別れることより環境の変化などが嫌で別れたくないと主張する彼氏の場合は、 別れることで自分の身にふりかかる面倒が少なければ納得してくれることもあるので、なぜゴネるのかの見極めが大切。 また、すでに結納を交わしていたり、両家の親に引き合わせたりして 周囲の誰もが結婚まで秒読みと思われているような場合も、別れの波紋が大きすぎて尻込みしたり逆ギレしてしまうことも。 こうした彼氏の場合は、言い訳は仕事でも何でもいいので 自分と交際を続けても彼氏の側にメリットはなくデメリットが増えるということをアピールすると、案外あっさり引き下がってくれることもあります。 そうした時には、時間をかけて1つ1つそうした問題を誠実に解決してみせる姿勢を示すことが大切。 事情が許すようなら お金で解決する問題は思い切ってお金で解決するのも必要です。 こうした彼氏にとって突然の別れの宣言は非常に衝撃的なもので、信じたくないのです。 こうした自己評価の高い彼氏の場合は、別れたい時には 相手が別れを言い出すようにしむけるのも1つの方法。 捨てられたフリをして別れるなんてと思うかもしれませんが、元々別れようと思った相手なら何と思われても構わないと開き直れば問題ないし 世間は別れの真相はどうあれ捨てた方より捨てられた方に温かいものです。 もう2度と顔も見たくないというほど嫌いというのでもなければ、こうした長い付き合いの相手にはキッパリ別れを言い出さず少しずつフェードアウトしていく方法がおすすめ。 ある意味気心知れた彼氏ならふと気付いた時、自分たちの間にそれまでなかった距離があることで別れを納得してくれる可能性も少なくありません。 別れてくれない彼氏との上手な別れ方 では、別れてくれない彼氏との上手な別れ方をみていきましょう。 感情的にならずに話す• 記念日やイベントシーズンは避ける• SNS上で別れを公表しない• お酒を飲んでの別れ話はしない• 1度決めたらケジメをつける• 会う時はオープンスペースで会う• 売り言葉に買い言葉の挑発に乗らない• 異性の影は隠す 続いて、別れてくれない彼氏との上手な別れ方を、それぞれ詳しくみていきます。 しかし、いくらこちらがイライラしていても 感情的になってしまっては話し合いが進むハズはありません。 別れてくれない彼氏と顔を合わせるとどうしても感情的になってしまう、という場合は、ある程度の目処が立つまではLINEだけで連絡をとるのもおすすめです。 話し合いが長引いた時にそうしたイベントのムードなどにうっかりほだされたり、今まで共に過ごした思い出に惑わせたりして、なかなか別れ話が前に進まないことがあるからです。 男性にとって時にプライドと面子は愛情より重要です。 なかなか別れてくれないといった 自分の女々しい態度をおおっぴらにされるような赤恥をかかされたとなると別れ話どころか逆上して事件化してしまう可能性まで出てくるので、要注意です。 そこそこ雰囲気の良いビストロだろうが、ワイワイ賑やかな居酒屋だろうが 酒が入った上に、カッとくるようなことを言われたら冷静に話が進む方が不思議というもの。 声を荒らげたりして周囲からの注目を集めることにもなり、別れたい、別れたくないという次元を超えた大騒ぎになりかねません。 別れたくないとすがる相手の涙や言葉にほだされそうになることもあるかも知れません。 しかし、一旦別れを切り出したのなら最後まできっちり貫き通すのが相手に対しても筋というもの。 特に別れたくない側からすると、ズルズル性的関係だけは続けたり、呼び出せばいつでも応じてくれるなど まだまだ脈はあるのではと勘違いしてしまうような態度を取られたら、別れたくない気持ちがおさまるハズがありません。 さらに夜やお酒の出る店など別れ話をすると、例え彼氏が恫喝してきても カップルの痴話げんかと思われて助けの手が差し伸べられない危険性が増すので避けるのがベターです。 平常時なら、何とかおさまるケンカであっても、別れ話が絡んでいるときにはお互いがヒートアップし、収拾がつかなくなってしまうことも。 別れたくない一心で投げつけてくる言葉はひたすらスルーするのが賢明です。 男性であれ女性であれ、 両てんびんにかけられて最終的に捨てられたと思うのは決して愉快なことではありえません。 例え 別れ話と同時進行で気になる異性の存在があったとしても、ひたすら隠すのがある意味マナーというものです。 なかなか別れてくれない彼氏に効くセリフ では、別れてくれない彼氏に効くセリフを6つ紹介します。 しかし、もしかしたら怒鳴ったり懇願したりしている彼氏自身も 本心では自分がどうしたいのかわからなくなって混乱しているだけかも知れません。 特に 別れることによる自分へのデメリットを訴えて別れてくれない彼氏には、 別れることの彼氏へのメリットをアピールしてあげることが大切です。 こうした混乱の原因の1つは 別れ=自分の価値を全否定されたという被害妄想に彼氏が陥っていること。 そこで彼氏が何を言ってもどんなやり直しを提案してきても「(それは)あなたのためにならないわ」と根気良く繰り返して 彼氏のためを思うからこそ別れを提案したのだと誤解をときながら説得する方向に持って行くのがベターです。 別れてくれない彼氏が 素直に引き下がってくれないのはどこかで「説得できる」とタカをくくっているから。 特に以前にも何度か別れ話が浮上したことがあっても 何だかんだと元サヤに収まったことがあるというカップルの場合、 今回の別れ話は今までとは違うのだということを彼氏に印象付けなくては別れてくれないのも仕方ないことかも知れません。 そもそも別れ話の愁嘆場では 多かれ少なかれ芝居がかったことをやったり言ったりしているものなので、今更1つや2つの恥が増えたところでどうということはないと開き直ることも大事です。 それに 1度はお互い好きだった相手のことをなるべくなら最後まで憎んだり嫌ったりしたくないのも、まんざらウソでもないはず。 どうしても言えないというのならLINEで「あなたのことを憎みたくないわ」と伝えるのも1つの手です。 しかし、そうした泥仕合を続けていても別れてくれないばかりか 逆ギレによるストーカー事案やDVに発展する危険性まで高くなってしまいます。 そんな時は別れてくれない彼氏に対する 非難の言葉やケンカ腰の態度を極力控えて「(これ以上言い合いを続けて)思い出の全てを台無しにしないで」と素直に頼み込みましょう。 彼氏との交際は既に「過去」で「思い出」であると宣言するのと同時に もう戻る道はないのだということをキレイに伝えるにはおすすめのセリフです。 こうした 自分に都合の悪いことから目をそむけるタイプの別れてくれない彼氏には この別れは昨日今日思いついたことではない(前々からよくよく考えて出した最終案だ)」ということを知らしめるのが大切です。 「決心するまで長い時間をかけたわ」というセリフには、 アナタは気づいていなかったかも知れないけど、もうずっと前から別れに向けて歩いていたんだから今さら後戻りするワケないでしょという意味が込められているのと同時に 思いつきじゃなく、逆ギレでもなくよくよく考えて出した結論だから何を言ってきても無理だからねと宣言しているのと同じこと。 できれば、このセリフを言い渡した後は彼氏が何を言ってきても 沈黙を守るのがより効果的です。 ここで重要なのは、「もう終わったことだから」と言い渡した後は 何をされても言われてもどんなに情に訴えてきてもぐらつかないこと。 特に共通の友達などを介しての接触を図ってきてもキッパリ断り続ける強さが必要です。 そのことで離れていく友達がいても 2人の間の真実を知りもしないのに、彼氏の側の泣き言だけを真に受けて去っていく友達なら所詮その程度の友達と割り切って耐えましょう。 別れてくれない彼氏がストーカーに…。 どんなにこちらが誠意を尽くしても 別れに納得してくれないどころかどんどん関係をこじらせていった挙句、職場への嫌がらせや立て続けのメールやいたずら電話、根も葉もない中傷やデマといったメンタル的な攻撃、さらに 身体的な暴力へとこちらへの反撃をエスカレートさせていくカンタンに別れてくれない男性も残念ながらいます。 こうした 誰の目からしても異常な行動に出るようになった彼氏には、通常の話し合いでの解決はもはや望めません。 自分の手に余ったと自覚したら、 早めにDVの相談機関などに相談してみるのが正解。 ヘタに彼氏への情で 自分だけがガマンすれば大丈夫、そのうち解決できると考えるのは大変危険な考えです。 第三者の介入で、 別れてくれない彼氏の目を覚まさせることができ、正気を取り戻させられれば、その方が彼氏自身を救うことにもなると考えて 勇気をもって正しい選択をするようにしましょう。

次の

彼氏が別れてくれないのはなぜ?その理由&納得させて別れる方法をご紹介!

別れ たい の に 別れ て くれ ない 彼氏

依存男性は、彼女なしの人生なんて想像すらできないもの。 心理にケジメをつけて彼女を開放してあげたいと思っても、依存している彼女を忘れる方法なんて思いつかないのです。 とくに4年、5年と長い期間お付き合いをしていた相手ならなおさら。 どんな方法を使えば説得できるのかを考えているのです。 彼女に依存している彼氏は、無理に別れるとその後ストーカーに変化してしまう危険性があるので要注意。 依存の気がある場合は、慎重な方法で別れ話を進めていきましょう。 例えば、彼氏と結婚する約束をしていた場合や同棲の準備を進めている時期に、彼女が別れたいと言うことで、彼氏にとっては納得できない気持ちが顕著に表れるのです。 彼氏が納得できないことで別れてくれないなら、彼氏が納得するまできちんと向き合うことをおすすめします。 もう別れ話をする気持ちすら残っていないなら、そのことを伝えましょう。 『なぜ?』という気持ちを抱えている間は、彼氏だって納得できないもの。 いくら真摯に別れたい理由と心理を説明しても納得しないなら、彼氏の心理状態に問題がある可能性が高いので、別れてくれないことを専門家へ相談するべきです。 彼女にとって、これほど失礼な話はありませんよね。 この理由と心理で、別れたいと言う彼女に別れたくないと駄々をこねる彼氏は、最低のダメンズ。 別れてくれない理由は、自分の欲求のために『とりあえず彼女を置いておきたい』という心理があるから。 別れたいと訴える彼女に甘い言葉で言いくるめようとしたり、彼女の隙を見つけてはチャンスを得ようとするなど『キープしたい心理』が見えたら、相手をせずにスルーしてもOKでしょう。 別れることで、今までの自分の生活環境がガラッと変わってしまうことを恐れる心理の表れです。 別れたいと言う彼女の理由を受け入れられない心理に追い込まれている状態なので、環境の変化が怖いという心理で別れてくれない彼氏は、説得をするのに正論をぶつけても効果はないでしょう。 この心理的理由で別れることを拒む男性には、彼女の『別れたい理由』よりもきちんと、別れた後の未来が明るいことを伝えて説得していくことをおすすめします。 別れてくれない彼氏の説得方法 心理的にもう限界で別れたいと思っている彼女に別れたくないと頑なに拒む彼氏。 このような図式のカップルは、彼氏も彼女もお互いにどんどん疲弊していくだけです。 別れたくないと説得方法を探す彼氏と、別れるために説得方法を探す彼女。 このままでは一向にイタチごっこが続くだけでしょう。 別れることを頑なに『別れたくない』と拒否する彼氏には、彼氏の心理的な理由にマッチした説得方法が功を奏するのです。 ここでは、別れてくれない相手の説得方法を4つご紹介します。 別れたいと言う彼女に頑なに別れたくないと拒否をする彼氏は、この別れに納得できない可能性が高いです。 彼氏の心理の中では、『自分は彼女を心から愛している、それでも彼女は別れたいと言う。 どうして?』という疑問でいっぱいなのです。 彼女の『理由』に納得していない彼氏には、どんなに疲れたとしても別れたい理由をきちんと論理的に説明しましょう。 いくら説明しても理解してくれない場合は、理由を箇条書きにして見せるのも効果的です。 別れてくれない彼氏の丸め込まれて、そのままダラダラとお付き合いを続けてしまう女性も少なくありません。 ですが、心理の中では別れることを望んだまま、苦痛のデートを繰り返すのは時間のムダです。 彼氏はあくまで他人。 彼女がそこまでお世話をする必要はないはずです。 どうしても言いくるめられる場合は、会うたびに延々と別れ話をしましょう。 頑なな姿勢で顔を合わせても別れ話しかしない関係を作り出せば、そこでやっと、彼氏は彼女の気持ちに耳を傾けてくれるはずです。 別れることを一方的に拒む彼氏は、意地になっている場合が多いです。 とくにプライドの高い男性や自己中心的な心理を持つ男性に多い傾向があります。 そんな彼氏には、彼氏がなぜ別れてくれないのか彼氏の心理に自分で気づいてもらう方法がおすすめ。 『あなたが別れてくれないのは、環境の変化が怖いから』だとか『見栄とプライドを守るため』と、彼女から諭すことで、『違う』と否定しながらもハッと気づくはず。 彼氏自身も気づいていない心理を彼女の立場から客観視して、心の整理をつけることを促しましょう。 環境の変化が怖かったり、彼女への依存が原因で別れることを拒む彼氏には、少しでも明るい未来をイメージさせることが大切。 とりあえず『別れるといっても友達に戻るだけでしょ?』だとか『私と別れることで、自由と新しい恋愛、新しい挑戦が得られる』と説得すると効果的です。 友達としてあなたを応援していく、と少しずつ前を向かせることが大切なのです。 別れてくれない彼氏と別れる方法 別れてくれない彼氏が相手だと、彼女の心理も疲弊してクタクタになってしまうもの。 一体どうしたら別れることができるのかと頭を悩ませる日々でしょう。 ここでは、別れてくれない彼氏とスパッと別れるための方法を4つ解説します。 自分の本音が『別れたい』と決まっているなら、別れたくない、とすがる彼氏に甘い顔を見せてはダメ。 自分の大切な時間を守っていくためにも、いくら相手に情が残っていても自分の決断を信じるべきです。 中にはいくら論理的に説得をしても子供みたいに駄々をこねて聞き入れようとしない男性もいます。 それでもまずは、一番最初のアクションとして『説得』を心がけましょう。 なぜ説得で解決させる方法が良いのかといえば、もちろん彼氏に逆恨みさせないためです。 もしも別れるの一点張りで一方的に別れた場合、彼氏の心理はズタズタになってしまうでしょう。 別れることに納得できない気持ちを引きずると、最終的にストーカーと化してしまう恐れがあります。 彼氏と十分に話し合い、別れに多少なりとも同意を示してくれたなら、連絡先をブロックしましょう。 一方的に連絡先をブロックする方法もアリではありますが、その際にはきちんと『もう彼氏への恋愛感情も情も残っていない、復縁の可能性はない』ということをキッパリと告げましょう。 少しでも隙を見せると、別れたくないと駄々をこねる彼氏は少しの隙に付け入ろうとするので要注意。 完全にブロックをして、一切の関係を遮断する姿勢を見せましょう。 もしも彼氏が別れたい気持ちを無視して別れることができないなら、家族や友達に協力を仰ぐべき。 恋愛のもつれは時に自分だけの力では解決できない場合があります。 彼氏が逆上して暴力を振るったり、別れるくらないならと彼女を監禁する可能性だって十分に考えられることです。 周囲を巻き込んで、彼氏との決別に力を貸してもらいましょう。 もしも彼氏が別れることに納得できずに逆上したりストーカー化してしまった場合は、専門機関に相談しましょう。 最寄りの警察署やホットラインなどに相談をすることで、彼氏との関係を断つことへのアドバイスをくれたり協力してくれるはず。 自分の力ではどうすることもできない場合や、別れてくれない彼氏に恐怖を感じることがあった場合は、迷わず専門機関に相談しましょう。 別れてくれない彼氏への注意点 別れてくれない彼氏への対応は、慎重に行っていかなければ、彼女がさらに大変な思いをする可能性も十分あり得ます。 別れたい、ときちんと理由づけて説明しても『別れたくない』と受け入れることができない彼氏は、自分のことしか考えていません。 別れたいという彼女の意思よりも、別れたくない自分の意思の方がよっぽど大切なのです。 つまり、本物の愛情ではないということ。 そんな自分勝手な彼氏と綺麗に別れるためにも、注意点に気をつけて別れ話を進めていきましょう。 別れてくれない彼氏の末路で多いのが『ストーカー化』です。 ストーカーになる原因は『なんで自分の気持ちを理解してくれないのか』という被害者意識と、『アプローチを続ければ振り向いてくれるかも』という希望、『なぜ自分を傷つけるんだ』という被害妄想的な考えです。 別れてくれないからと一方的に遮断すると、ストーカー的思考に走らせやすくなるので、出来る限り説得をして、それでも無理なら周囲にも協力を仰ぎましょう。 別れたい理由には、実にさまざまなものがあります。 ですが、別れる决意をしたからといって、一方的に話を進めるのはNG。 別れてくれない彼氏に別れを納得してもらうには、とことん相手の話や気持ちを聞いてあげること。 もう愛情のない相手の話を聞くのは『疲れた…』となるもの。 ですが、気持ちを全部出しきったら、案外スッキリするものなので、嘘のようにスッと別れに納得してくれる効果が期待できます。 別れたくないという気持ちに、疲れたと腹が立ち感情的に相手を責めるのはNGです。 彼女が感情的になると、向こうも感情的になりやすいもの。 逆上して暴力を振るわれる危険性だって十分あり得ます。 別れてくれない彼氏と別れ話をするときは、感情的にならないように、逆上させないように、人気のあるカフェやファミレスで行うようにしましょう。 もしも同棲をしていた場合、別れてくれない彼氏との別れ話が全く進まない可能性があります。 とくに彼女名義で部屋を借りていた場合、自分の家から出ていってもらえないことに頭を悩ませることになるかも。 同棲カップルが別れるときは、彼氏が出ていかない時のことを想定して、事前に相談できる相手や専門機関を見つけておくと対処しやすくなります。 彼氏が別れてくれないときは冷静に! 別れてくれない彼氏に対して『うざい』だとか『もう疲れた』とウンザリする気持ちになるはず。 ですが、彼氏に納得して別れてもらうには、まずは『もう好きじゃない』と伝えた上で誠心誠意ごめんなさい、という気持ちを伝えましょう。 別れたいと謝る彼女の姿を見れば、もう可能性はないんだと本能で理解するはず。 遠距離恋愛から気持ちのすれ違いが起きたり、嫌いになったなど、別れの理由は人それぞれですが、お互いが納得するためにも『別れてくれない彼氏に諦めてもらう方法』を冷静に考えていきたいものですね。

次の