妊娠 報告 友人。 友人に妊娠の報告

不妊治療中の友人への妊娠報告

妊娠 報告 友人

新しい命が宿ったと分かった時は、とても嬉しい瞬間です。 すぐにでもみんなに報告したいところなのですが、少し悩むのが妊娠報告の順番とタイミングです。 幸せで特別なことだけに、デリケートでもある妊娠報告だからこそ、失敗のないようタイミングを考えて伝えましょう。 今回はご主人や親族、会社、友人への報告のタイミングと順番を一緒に考えていきましょう。 パートナーへの報告のタイミングと方法 これから一緒に新しい命を迎え入れてくれるパートナーへは、一番に妊娠を報告してあげましょう。 直接報告できるのがベストです。 早めにパートナーへ報告し、ママパパになる喜びを分かち合ってください。 また早めに報告をすることで、妊娠、出産、子育てについてこれから一緒に考えていく時間もたくさん持つことができます。 妊娠検査薬で陽性反応が出た時点で報告する方が多いですが、検査薬だけで妊娠を確定とすることは難しいです。 心配な方は産婦人科で受診をし、結果を聞いてからの報告でも良いでしょう。 周囲の人への報告のタイミング 周囲の人への報告全てに共通して言えるのが、産婦人科を受診し医師から妊娠確定の診断をもらってから報告をするということです。 検査薬で陽性反応が出た場合でも、残念ですが妊娠に至らない場合もあります。 必ず産婦人科を受診し、正しい結果を踏まえた上で報告を行いましょう。 パートナーと報告のタイミングを相談しよう パートナーへ妊娠の報告をしたら、周囲への報告のタイミングや順番も2人で相談しておきましょう。 自分は両親にサプライズで報告したかったのにパートナーが先に報告してしまった、安定期まで報告するつもりが無かったのにSNSでパートナーが報告していた、ということなどが起こる可能性もあります。 両親や友人への報告のタイミングに対するお互いの考えなどを、2人でしっかり話し合いましょう。 両親への報告は直接もしくは電話が良い 一番の協力者になってくれるであろう両親へは、直接会って喜びを分かち合えるのが一番です。 遠方に住んでいて直接が難しい場合でも、電話で報告することで妊娠した感動が伝わることでしょう。 両親への報告のタイミング 両親への妊娠報告のタイミングは人それぞれですが、妊娠初期の比較的早めに報告をする方が多いです。 両親には出産後だけでなく、妊娠中からなにかとお世話になることが多いです。 早めに報告をしておくことで、気兼ねなく頼れるようになります。 実の両親、義両親同時に報告するのがベターですが、妊娠初期はつわりなどで両親の手助けが必要になる事もあります。 その場合はどちらか手助けをしてくれる方の両親に先に報告するという場合も出てくるでしょう。 その際は、「後からこちらだけ報告が遅かった」と気分を害されないよう、報告がまだの方の両親への気配りを忘れないよう注意しましょう。 また残念ですが妊娠の継続が難しく、悲しい結果になってしまうこともあります。 両親を悲しませたくない気持ちがある場合は、安定期になるまで報告を待っても良いでしょう。 必ずしも早めに報告をしなければならない訳ではありません。 親戚への報告とタイミング 両親や兄弟以外の親族への報告は、ママと赤ちゃんが落ち着き始める安定期以降に行うのが良いでしょう。 結果が残念だった場合、早すぎる妊娠報告は相手にもママにも負担になってしますからです。 頻繁に顔を合わせる親族へは早めに報告、遠方の親族へは心配をかけないため安定期に入ってから、など付き合いの頻度も報告のタイミングを決める際の参考になります。 顔を合わせる機会があれば直接、無ければ電話やメール、手紙で報告を行いましょう。 大型連休などで顔を合わす機会も利用すると良いでしょう。 友達への報告のタイミングと方法 仲の良い友達や、付き合いの深い友達には今すぐにでもしたい所です。 しかし、妊娠初期には悲しいトラブルがつきものなのは周知の事実です。 万が一の場合、悲しい報告もしなければならなくなってしまいます。 肉親以外への妊娠報告は、安定期に入ってからが無難でしょう。 先輩ママに妊娠中の悩みを相談したい場合や、早めに報告したい友達がいれば安定期前でも報告をしておきましょう。 その場合は周りの友達にはまだ報告していないことを伝えておくと良いでしょう。 報告の方法はさまざまですが、SNSを利用し報告を考えているママもいるでしょう。 簡単に大勢に報告を済ますことができますが利用の際には注意が必要です。 会社に報告がまだなのにSNSに書き込みそこから上司に伝わったり、不妊治療をしていた友達を傷つけてしまった、ということが起きないよう慎重に報告を行いましょう。 職場・会社への妊娠報告 ママが現在働いているのであれば、職場への報告は必要不可欠です。 報告は産婦人科を受診し妊娠が確定してからおこないます。 出産後も仕事を続けるのかそうでないのか、家族の意見も交えて話し合い、決定してから会社に報告をしましょう。 会社へ妊娠報告を行うタイミングと方法 報告は安定期に入ってからが安心ですが、業務内容や人員配置によっては早めの報告が必要な場合もあるでしょう。 業務内容によっては体に負担の少ないものに変えてもらう必要もあります。 妊娠初期のつわりや切迫流産などで安静が必要になり、職場のサポートが必要になることも出てくるでしょう。 妊娠により上司・同僚のサポートや理解が必要になってくるということを考えた場合、会社への報告は妊娠が確定した時点の早めで行っておくと安心でしょう。 まずは直属の上司へ ママの退職や復職に関わる手続きすべての窓口になってくれますので、まず1番に直属の上司へ報告しましょう。 仲の良い同僚に先に報告したい気持ちもあるでしょう。 しかしここではぐっと我慢し、上司との信頼関係を崩さないためにも、同僚から上司の耳に妊娠したことが伝わるということは避けた方が良いでしょう。 同僚への報告のタイミングは、上司と相談しても良いでしょう。 直接報告 上司への報告は、直接報告が基本です。 出産後も仕事を続けたいママは、産前産後休暇や育児休暇などの手続きも必要になるのでその相談も同時に行うと良いでしょう。 この際に同僚への報告するタイミングも一緒に相談しておきましょう。 メールでの報告 本来なら直接伝えるのがマナーですが、先方が忙しく時間が取れない場合は先に文面で報告をしましょう。 文面での報告は少しの手違いから誤解を招く事もあります。 文面を作成するうえで、注意したいポイントをおさえておきましょう。 文面に記載することは、妊娠を確認したこと、出産予定日、産後も仕事を続けるのかどうかです。 加えて最後に業務に支障が出る際は申し訳ないという気持ちも記載しておきましょう。 妊娠報告の例文 会社に妊娠報告をする場合出産を機に退職をするのか、休暇をとって復職するのかの2つに分けてメールの例文でご紹介します。 退職を考えている場合 「私事ではございますが、この度新しい命を授かりましたことをご報告させていただきます。 退職までは今までと変わらず業務につく予定でおります。 体調面でご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。 」 退職を考えている場合は退職希望時期を考えたうえで報告をしましょう。 体調面で不安がある場合は事前に記載しておくと、速やかに対応してくれることでしょう。 休暇を取り復職を考えている場合 「私事ではございますが、この度新しい命を授かりましたことをご報告させていただきます。 休職までは今までと変わらず業務につく予定でおります。 体調面でご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。 」 出産直前まで勤務をする場合は、まわりのサポートが必要になる場合はどのように対応してほしいかなど、詳しく伝えて相談しておくと安心して働くことができます。 妊娠報告のベストなタイミングを見極める 妊娠報告も素敵な思い出になるよう、パートナーや両親への報告の際にサプライズを計画しても良いでしょう。 記念日を利用する 記念日に渡すプレゼントにエコー写真を忍ばせてみましょう。 プレゼントを開けた時に妊娠もサプライズ報告できます。 母の日・父の日を利用する おじいちゃん・おばあちゃんになる両親には、母の日父の日のプレゼントを兼ねて妊娠報告をしてみましょう。 サプライズ報告は忘れられない思い出になるでしょう。 普段書かない手紙を書いてみる 普段恥ずかしくて言えない感謝の気持ちとともに妊娠報告も手紙でしてみましょう。 形にも残りますし、エコー写真も同封してみても喜ばれるでしょう。 報告のタイミングは臨機応変に.

次の

妊娠報告をいつ友達にする?安定期前?後?報告の仕方は?【お悩み相談】|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠 報告 友人

友達への妊娠報告で注意したこと~先輩ママの友人への妊娠報告 職場などの公の場所での妊娠の報告は、安定期に入る妊娠16週以降にするのが一般的ですが、家族や親しい友人には、妊娠が分かったらすぐにでも知らせたくなりますよね。 ところが、いくら親しいとはいえ、安定期に入っていな妊娠初期に、友達に知らせていいものなのでしょうか?そこで、先輩ママ達に、友達に妊娠を報告した時期と伝える際に注意したことについて聞いてみました。 やはり安定期に入ってから妊娠報告をしたママが多い一方、 「仲がいいから」「妊娠の相談に乗ってほしいから」「仕事で迷惑をかけるから」などの理由から妊娠初期に報告した、というママもいました。 報告する際の注意点としては、浮かれポンチになってヘラヘラしたり、逆に陰気な感じにならないようにすること。 また、 婚活中や妊活中の友達への妊娠報告にはかなり気を使ったママは多いようです。 どちらにせよ、妊娠報告をして自分のことのように喜んでもらえることが、何よりも嬉しいですよね。 みつばち 36歳 嬉しくなってついメールで報告 妊娠が発覚したのは結婚5年目で、なかなか子どもが授からず、病院に行き始めたばかりでした。 妊娠検査薬で陽性反応が出て、嬉しくなって友人にメールしてしまいました。 友人は、学生の頃から仲の良い子で、赤ちゃんが生まれたばかり。 友人の妊娠中、よく妊娠について相談をしていたので、とても喜んでくれました。 ただ、私も初めてのこととはいえ、もう少し後にすればよかったと後悔もしました。 いくら仲が良いとはいえ、もしものことがあったら友人に気を使わせてしまうことになります。 後から思えば、安易にメールを送ってしまったので、第二子を授かれたら、やはり安定期になって落ち着いてから友人に連絡しようと思います。 けんたろう 30代前半 みんな喜んでくれました 妊娠が判明した当初、つわりがひどくて寝込んでいて、外出もできなかったので友達に会うことはできませんでした。 でも、特別仲の良い友達はよく電話をくれたので、その時に妊娠を報告しました。 その他の友達には、安定期に入ってから報告しました。 ほとんどの友達は既婚ですが、独身の友達もいます。 子どもがなかなかできない友達や婚活中の友達、あまり親しくない人には、自分から報告しませんでした。 人づてに伝わっていけば十分だと思ったからです。 報告する時には「つわりが重くて辛い」など、ネガティブなことはあまり言わないように気をつけました。 友達のほとんどがとても喜んでくれて、生まれてきてからもかわいがってくれました。 ぶっち 30代後半 とっても喜んでもらえました 妊娠6週頃に、大学時代の同じゼミの友人に妊娠の報告をしました。 その友達とはとっても気が合うので、卒業後も15年以上ずっと連絡を取り続け、家族ぐるみでお付き合いしています。 その友人には、子供が2人います。 妊娠報告は、たまたま友人とスーパーで会った際にしました。 家が近所なので、比較的スーパーなどでよく会うのです。 妊娠報告する前に一応、その友人が最近忙しくないか、仕事で何か問題を抱えて落ち込んだりしていないか、友人の状況は事前にチェックしていました。 自分が大変な時に、ヘラヘラと妊娠報告されても困るだろうなーと思ったので。 幸い、友達は自分のことのようにとっても喜んでくれました。 ふゆか 20代後半 報告と相談を兼ねて 親しい友人には妊娠10週の時にしました。 本当は安定期に入るまで報告はしたくなかったのですが、つわりがあまりにも酷かったので、お誘いメールが来た時に報告をしました。 私の場合は、中学・高校・大学のごく親しい友人にのみ報告をしました。 既婚者で、すでに子供がいる友人もいたので、妊娠のことや出産に関して不安に思っていることについて聞く、いい機会でもありました。 妊娠中ずっと体調が優れなかったので、報告はすべてメールで行いました。 その際につわりの影響でずっと優れないということも併せて報告をしました。 それは、遊びのお誘いは遠慮してほしいという思いも込めて伝えました。 友人はみんな喜んでくれ、報告後は出産までずっと気にかけてくれたりし、心の支えになりました。 たらりん 30代後半 真っ先に同僚に伝えました 妊娠12週頃に、同僚に直接職場で伝えました。 仲良くして頂いている方だったので、普通に赤ちゃん出来たーという感じでした。 その方は独身ですが、バツイチで娘さんが2人いらっしゃいます。 私が第三子の妊娠だったので、とても喜んでくれるとともに、羨ましいと言われました。 3人の子供を育てた事がないから、どんな感じがとても興味があるそうです。 まだ、安定期に入る前だったので、他の職場の人達には、もう少し内緒にしてもらえるようにお願いしました。 その方には、出産前と産後1年間は育児休暇をもらうことになるので、その時に1番お世話になることになると思い、1番最初に伝えました。 その事についても快く了承して頂き、本当にホッとしました。 とくママ 30代前半 喜んでくれた友だちに泣きそうになりました 私が友達に妊娠の報告をしたのは12週目でした。 友達は中学の同級生で、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンです。 メールや電話でも伝えることはできましたが、会って報告したいと、ご飯を食べる約束をして、食後のコーヒーは飲めない、と伝えながら、初めての妊娠を伝えました。 結婚も妊娠も先になってしまいましたが、どんな反応があるのか全く分からなかったので、なるべく普通に伝えられるようにさらっと言いました。 内心ドキドキしながら反応をうかがうと、顔を真っ赤にしながら「おめでとう!!」と喜んでくれました。 すぐに、赤ちゃんが男の子でも女の子でも着られる洋服をプレゼントするね!っと嬉しそうに言ってくれて、親友に祝福されて、私も改めて泣きそうになるほど嬉しかったです。 安定期に入って妊娠報告 りな 20代後半 離れて暮らす友人にLINEで報告 妊娠15週くらいのときに、結婚の報告も兼ねて高校からの一番の友人に報告しました。 私が結婚のため他県に引っ越しをしたので、本来なら会って報告したかったのですが、仕方なくラインでの報告になってしまいました。 報告するときはまだ安定期に入ってなく、つわりや立ちくらみなどもひどかったので、今後どうなるのかとても不安だったのでした。 でも一番仲の良い友人だったので、安定期に入るまでは他の人には妊娠していることを言わないよう気をつけてほしいと、念のために約束をしてもらいました。 その友人は独身でしたが、まるで自分のことのようにとても喜んでくれてすごく嬉しかったです。 無事に出産できたら一番に報告したいと思います。 みなみ 28歳 子供のいない友達にサラッと報告 友達に妊娠報告をしたのは、16週くらいの安定期に入った時でした。 妊娠報告をした友達は高校の同級生で、ランチに行った時に直接報告しました。 友達は既婚者ですが、まだ子供がいなかったので、複雑な気持ちになるだろうと思い、自分が妊娠したことはサラッと伝える程度にしました。 妊娠報告は自分からせず、友達から「最近どう?」と聞かれたので、話の流れでという感じで報告しました。 もし、自分がなかなか妊娠出来ないのに、先に友達が妊娠したら、羨ましくなって嫉妬のような複雑な気持ちになると思うので、その点は気をつけました。 友達はビックリしてたけど、おめでとうと言ってくれて、体調の心配までしてくれました。 みみママ 20代後半 幼なじみの友達に報告 友達には、安定期に入った妊娠16週くらいになってから報告しました。 報告した友達は小学生のときからずっと仲良しの友達で、友達もちょうど結婚して子どもが生まれたばかりだったので、これからはママ友だねと、とても喜んでくれました。 メールや電話より直接会って話したいと思い、ちょうど食事に行く約束をしていたので、その時に食事をしながらいきなり報告すると、とても驚いていました。 独身の友達や子どものいない友達には、報告しても良いものか不安だったので、はじめは子どものいる友人から報告しようと気をつけていました。 生まれたら子どもを連れて出掛けたいね、という話で盛り上がれて、報告して良かったです。 ともみ 28歳 友達の子供と同学年に! 友達に妊娠報告をしたのは、安定期に入るくらいの頃で16週くらいでした。 友達は小学生からの友達で、一緒にバドミントンスクールで活動していてとても仲の良かった子でした。 その友達は私より先に結婚していましたが、子供はまだでした。 職場も家も離れていたのでLINEで妊娠報告をしました。 友達は子供を凄く望んでいてなかなか出来なかったので、妊娠報告もサラッとみんなに報告するような形ですませました。 ところが、友達も実は妊娠。 出産時期も1ヶ月くらいしか変わらないので、子供も同学年になると知りとても嬉しかったです。 性別は別々ですが、子供にもバドミントンを教えて、将来親子でダブルス組んで戦う夢が出来ました!今から本当に楽しみです。 はやとママ 20代後半 幸せを共有してくれた親友 わたしは、妊娠17週目の時に、中学からの親友に妊娠の報告をしました。 ランチを食べる約束をしていたので、そのついでにお話をしました。 その友人は、お嫁に行きたいがなかなか行けないなどと話していたので、浮かれた感じにならないように真剣にお話するよう心掛けました。 やはり、女性はそういったところには敏感だと思いますので言い回しに気を付けました。 友人は、「良かったね!わたしにとっても自分のことのように嬉しいよ。 お腹の赤ちゃんはわたしの子供でもあるからさ!」と、とても温かい言葉を掛けてくれて涙が出ました。 もちろん出産の時も、一番に病院に駆けつけてくれました! ゆこりん 30代前半 愚痴を言い合えるなくてはならない友人 一番の親友に妊娠報告したのは、安定期に入った妊娠20週の時です。 すぐさま連絡したのは専門学校の時の友達です。 友達も結婚しているので、いつも旦那の愚痴を言い合える、私にとって欠かすことのできない存在です。 私は妊娠がわかったと同時につわりが始まってしまい、本当は直接友達に妊娠報告をしたかったのですが、家から出ることもままならなかったのでLINEで報告しました。 友達は私とちょうど同じ時期に結婚して、よく出産も同じ時期がいいよね、早く子供欲しいなと言っていました。 そんな中、私が先に妊娠したので、逆の立場だったらなんとも言えない気持ちになるだろうなと思い、幸せオーラを出し過ぎないように気をつけました。 いざ友達に報告すると、心配なんて吹き飛ばすくらい喜んでくれました。 その優しさに嬉しくなって2人で一緒に喜びました。

次の

パパにサプライズで妊娠報告!親、職場、友人への伝え方や注意点

妊娠 報告 友人

人によっては友人の懐妊の報告が喜ばしくないこともあります。 まだ独身で結婚願望や出産願望がなくて友人の報告の意味がピンとこない人。 結婚願望や出産願望が強いがまだ良縁に恵まれず素直にお祝いが言えない人。 先に結婚したのに子宝に恵まれず親族からのプレッシャーを受けている人。 妊娠出産はめでたいことだから誰もが喜んでお祝いを言ってくれる、と思うのは普通のことですが 祝福できない心情の人もいるというのも事実。 その友人にとってスレ主さんの報告は、きっと何か悪いタイミングだったのかもしれませんね。 実を言うと、私も同じことがあったんです。 4人目妊娠の時、私はすでに40代でした。 3人目まではまだ30代でしたから、報告も早めにできたのですが 高齢妊娠ともなると、母子ともに元気でいられるか不安だったので安定期までは黙っていました。 ほとんどの友人は祝福してくれましたが、ある友人だけはその後避けられるようになり疎遠となってしまいました。 その友人は遅くなった報告を受けて疎外感を感じたようです「ごく親しい仲なら不安も含めて早い報告をしてくれそうなもの、私は蚊帳の外の人なんだ」と。 その友人は不妊治療をしていたこともあり、よけいにそう感じさせてしまったのかもしれないです。 「憐れみのような気遣いをされた」と。 そういった愚痴を他の友人に言ってたと、まわりまわて私の耳に入ってきました。 友人の真意はわかりません。 あれから直接会えなくなってしまったので。 何か私が無神経なことをしたのかもしれないし、単に誤解なのかもしれない。 もともと私が好きではなかったのかもしれないし、真実は闇の中です。 そういうこともあるんですよね。 私は、逆の立場 そのご友人の立場にいます。 今考えれば、誰からもそういった報告を受けた事がありません。 会う機会の多い友人なら 体型の変化でどうしても分かります。 その時点で「間違ってたらごめん、お腹に赤ちゃんいる?」と聞きます。 又、会社の人で悪阻など体調不良で仕事を休んだ時、その理由で知ったり、 当人からの報告で知ったのではなく、皆 こちらから気づいて知った事です。 で、こちらから聞くと はにかみながら教えてくれます。 私の方から予定日はいつ?体調はどう?など聞き「そう、それは良かった。 おめでとう!」と伝えます。 心からそう思います。 私も不妊治療していた事は誰にも言っていませんし、その事に神経質になっているような雰囲気を出していなかった筈ですが、結婚してからのタイミングや年齢的な事で何となく気づいて それなりに気遣ってくれたのでしょう。 皆んな、誕生した時には誕生祝いをしたり、毎年本人と子供が一緒の写真付き年賀状を送って来たり、いい関係でいます。 友人との距離感にもよりますし、私もその友人たちが、私が気付く前に嬉しそうに報告してきたら口では「おめでとう!」と言っても、心中穏やかではなかったかもしれません。 その人の性格、不妊治療で辛い思いをしているタイミング(その事は周囲に言わない筈です)などで違うかもしれませんが、一つの例として聞いて頂けたらと思います。 そもそも、報告というのがわかりません。 親とか旦那様に報告なら分かりますが、 仕事を持っているなら、産休の事などで報告する必要があると思います。 友人には話のついでにとか、流れとかで出る話であったり、その友達が経験者なら 何かあった時は色々相談に乗ってねとのお願いとか、親友などで 赤ちゃんができたら教えてねという約束があったのなら分かりますが、友人たちにわざわざ報告というのがよく分かりません。 ましてや子供のいない友人にまで。 まだ、他にもあちこちに報告するつもりなら少し考えて行動された方がいいと思います。 喜び 嬉しさはご主人と分かち合って下さい。 そのうち体型の変化であちこちからおめでとうと言って貰えますよ。 分かります。 あなたが悪いということはないですよ。 親しい友達なら、なぜ言ってくれなかったの?という気持ちと、生まれるまで何があるか分からないから言えないという気持ち。 私も友人から、妊活してると連絡を受け、ずっと話を聞いてきてたにもかかわらず、妊娠したという報告はなく、その後遠回しに赤ちゃんお腹にいる、と聞きました。 私が妊娠するまで大変だったのを知っているから言えなかったとのことでしたが、私は出産し子供もいます。 子供がいない人に対して、気をつかうなら分かりますが、私はすでにこどもいる。 なぜ? 言わないのかなと、思い、とてもモヤモヤしました。 このくらいでモヤモヤしてしまう自分、1番大事なことは話してくれなかった友人、それだけの関係だったと割り切り、気持ちは離れてしまいましたね。 考え方や気持ちがすれ違うのは、仕方のないことですね。

次の