キーボード 水 こぼし た。 あっ!と思ったときにはもう遅い?キーボードに水こぼしたときの対処は?

ノートパソコン(キーボード)に水をこぼしてしまった時にするべき3つのポイント

キーボード 水 こぼし た

水をこぼしたときにすべき3つの対処 意図的ではなくても、ノートパソコンに水をこぼした事態が発生することも考えられます。 そういった事態が発生したときに、取るべき行動を頭に入れておくことで被害を抑えられる可能性があるのです。 具体的な3つの対処方法をご紹介します。 すぐにふき取って乾かす 水がかかったときには、すぐに水分を拭き取る必要があります。 その際にパソコンを傾けるのはいけません。 内部に水が入り込んでしまうおそれがありますので、そのまま水平の状態で拭き取るのがいいでしょう。 天日干しをする 内部に入り込んでしまった場合は、天日干しをして水分を乾かす必要があります。 内部までしっかり乾かすことができれば、事態が改善できるはずです。 水が内部に入り込んだ状態で電源を入れてしまうとショートしてしまうおそれがあるため、しばらく電源を入れるのは避けましょう。 バッテリーを外す 電源が入っている状態であるなら、速やかに電源を切りバッテリーを外しましょう。 作業途中のデータを保存してから電源を切るのが適切ですが、パソコンのショートの危険性を回避するため強制終了する方法がおすすめです。 バッテリーを外すことで、大きなトラブルは回避できる可能性がありますが、基盤の故障につながることもあります。 そのときは、修理業者に依頼するのが最善です。 水をこぼさない予防方法 ノートパソコンに水をこぼしたときは、付近に飲み物があるからだと考えられます。 手軽に持ち運びでき、気軽に使用しやすいノートパソコンですが、普段の使い方次第で水をこぼす予防となります。 使用中は飲み物を飲まない ノートパソコンを使用しているときに、飲み物を飲まないように徹底することが大事です 付近に置いてしまうと、何かのはずみでこぼれてしまう危険性が高まります。 飲むときは別の場所で飲む どうしても飲み物は飲みたいというのであるなら、別の場所で飲むようにするよう意識することが重要になります。 パソコンから離れていれば、こぼれてしまってもかかることが少なくなり、有効な予防対策となるはずです。 このように普段の行動を改善することで、パソコンの故障トラブル回避につながるはずです。 キーボードカバーを使用する キーボード内に水分が侵入すると、内部の部品の故障につながることもあるのです。 キーボードカバーなどを使用すれば、多少の水がこぼれても内部に入り込むのを防ぐ効果が望めます。 また、水以外の汚れの付着を防ぐこともできます。 ただし大量の水をこぼしてしまった場合、完全に防ぐことが困難であるため頼り切るのはいけません。 水以外の液体は非常に危険! ノートパソコンに水をこぼしたという場合、水分いかに素早くなくすかが重要となります。 ただ、もし水以外のものをこぼしてしまったという場合はとくに注意が必要です。 コーヒーや、糖分を多く含んだジュースなどは、拭き取っても不純物が固形化して付着してしまうおそれがあります。 しっかり拭いたつもりでも、故障につながるケースもあるのです。 乾燥させるだけでは、不純物を取り除くことが困難です。 すぐに蒸発する無水エタノールなど、成分を分解する効果がある液体で拭き取って対処しましょう。 正常に動いても油断しない 適切に処理をして、電源を入れると正常に動くことがあるでしょう。 しかし正常に動いても油断をしてはいけません。 わずかでも内部の水分が乾ききっていなかった場合、ショートや故障につながってしまうことがあるのです。 ノートパソコンに水をこぼしたときの対処で、しっかり乾燥させても水分を取りきれていないこともあります。 パソコンの部品を一つずつ分解して拭き取る必要がありますが、なかなか完璧にこなすのは難しいかもしれません。 そのようなときは、軽い水分だけ拭き取った後でパソコン修理のプロに相談するのが賢明です。 パソコンの分解作業をすることができ、適切に修理をしてくれるはずです。 まとめ ノートパソコンを使うときは、飲み物を近くに置くとこぼしてしまうおそれがありますので注意しなければなりません。 もしこぼしてしまったときは、むやみに動かさず水分を拭き取り、徹底的に乾燥させることが重要です。 しかし水以外の飲み物の場合は、成分が付着して固まってしまうこともあります。 そのため乾燥しても故障の原因となることもあるのです。 自分ではどうにもならないほどこぼしてしまったのなら、パソコン修理のプロに相談するようにしてください。 パソコン修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

キーボードに水をこぼして使えない場合&キーボードのホコリ掃除便利グッズおすすめ5選!

キーボード 水 こぼし た

キーボードって水洗いできるの? 最近では高性能な「水洗い可能キーボード」があるってご存知ですか? なんと水を排出する穴までついている!欲しい! こういうのがあったら、私なら喜んでコーヒーこぼしちゃいます。 でも、一般的にキーボードは水洗いしない方がいいです。 むしろ、溶剤や研磨剤は使わないで下さいとの注意書きがありますね。 ですが、キーボードのキーとふたの部分は洗えると思いませんか? キーやふたを外して、お掃除をするために洗ってみましょう。 キーボードを確かめてみよう キーも洗いたい方は、ドライバーなど硬いものに布をまいて1つキーをそっと外して裏のツメの部分を確かめて下さい。 ツメが1つの場合は欠けやすいので、洗うのはやめた方がいいです。 あきらめて掃除機で吸ったり柔らかい布にクリーナーをつけて拭きましょう。 エアーダスターも便利ですよ。 適当に外していた筆者は写真のようにツメが外れてしましました。 ネジを外してふたを開く キーボードの写真をまず撮りましょう。 洗った後キーをはめる時に使います。 次に裏返しにしてネジを全て外します。 外したらふたと台座の隙間に布を巻いたドライバーなどを挟みこみ、少しづつ開いていきます。 でも、開かない。 どうしても開かないっていうときは、隠れて見えないネジか他のもので固定されているので、開くのはあきらめましょう。 開くのも硬かったのであきらめました。 メンブレン式と呼ばれるものです。 金具を外すときは、力の加減に気を付けて外して下さい。 キーを全て外したらいよいよ洗います。 ふたの部分とゴムシートは水洗い、キーには洗剤(筆者は手洗い洗剤)を少し入れて洗いました。 水洗いで取れなかった汚れは、綿棒などでこすります。 その後筆者は1日ほったらかして乾かしました。 乾いたら、キーを元の位置にはめていきます。 パズルみたいですね。 最後にふたの部分と台座を合わせて裏返し、ネジを閉めて終わりです。 動作確認も忘れずに行いましょう。 筆者は、ゴムシートがあるメンブレン式のキーボードしか掃除をしたことがないのですが、他の種類のキーボード(静電容量無接点方式とMXスイッチと呼ばれる高価なもの)も掃除したい、というか中を見てみたいですね。 掃除が終わったら、色々な色のキーを購入してみるのはどうでしょう? カラフルなキーを購入して、オリジナルの可愛いらしいキーボードも作ってみたいですね!.

次の

パソコンに水などの液体をこぼした場合の対処法(PC分解清掃)

キーボード 水 こぼし た

キーボードに水やコーヒーなどの飲み物をこぼしたときの 「やっちまった感」といったらないですね。 僕も先日、デスクトップパソコンの前に置いているキーボードに、水はおろか、 甘ったるいカフェオレをぶちまけてしまいました。 パソコンの作業中には、飲み物をそばに置いていることが多いのですが、その時使用していたヘッドホンの配線をひっかけてコップをこかしてしまい、半分くらい入っていたカフェオレがキーボードの上へばしゃりと。 ショックですね・・・。 しかし慌てずに冷静に対処することで、故障などの難を逃れられる可能性は上がります。 ちなみに僕も今回は故障することなくその後も使用できております。 その際に、今回の僕のキーボードの例ですが、キーボードのキーの裏側の構造も少し見ておいてもらえると分かりやすいかと思います。 色んな種類のキーボードがありますので、すべてこのようにとは言えませんが、結構キーが出っ張っているタイプのものですと、 キーの内側に四角い井戸のような感じで盛り上がっている部分があり、そこが壁になって液体が内部に流れ込むのを防いでくれる場合もあります。 これを利用して表面の水分をタオルで吸い取りつつ、ゆっくりと少しだけキーボードを手前に傾けることで、ある程度の水分が流れ出ます。 ちなみにこの穴の中が基盤になっていますので、 この内部にいかに水分を入れないようにするかを考えないといけませんので、ガサガサと振ったり、不必要に表裏を何度もひっくり返すことは避けましょう。 ある程度水分が取れたら、キーボードをタオルの上に裏返して寝かせ、残りの水分を出します。 しかし、僕のように砂糖たっぷりのカフェオレだったり、他にもジュースや乳製品なんかですと、 乾燥してもべたついたり不純物が付着して腐食し、しばらく経ってから不具合が出てしまう場合があります。 そこでこぼした飲み物の種類によっては、 「しっかり洗浄しておきたい!」という今回の僕のような場合、キーボードを分解して洗浄するという方法もあります。 分解したキーボードを元に戻せなくなってしまったり、やっぱり修理に出そうかななどと考えた時に、一度分解してしまっているということで、保障が受けられなくなってしまうなどのリスクがあるためです。 また、思わぬケガや事故の元になる可能性も無いとは言えませんので、あくまで自己責任のもと、判断実施していただくようにお願いします。 僕もそれほど慣れているわけではないのですが、今回はこぼしたものがアレですし、それほど高価なキーボードというわけでもありませんでしたので、最悪は購入することになってもいいか、と判断して分解洗浄をやってみました。 キーボードの裏面にある小さなネジをプラスドライバーで外していくと、キーボードの上面(キーが引っ付いている面)と、基盤に分けることができました。 キーがずらっと並んでいる側はすべてプラスチックでしたので、これをしっかり水洗いしました。 この時、 基盤にかぶせてあるゴム製のカバーまで水分が付いていたら拭き取ります。 さらにその下の基盤まで濡れてしまっているとかなり故障の危険度が上がってきますが、この時はそこまでカフェオレは来ていませんでした。 もし基盤が濡れていた場合も、柔らかい布で部品を傷つけないように注意して拭き取ります。 直射日光の強くない風通しの良い場所で干せば、1~2日でほぼ乾いてくると思いますが、そこからさらに1~2日乾かすくらいの慎重さがあってもいいです。 ちょっとでも水分が残っていると故障のもとになってしまいますので。 急ぎで乾かしたいときには、ドライヤーという作戦もありますが、冷風でおこない、熱による故障や変形を招かないように注意してくださいね。 おわりに 分解してみて分かったことですが、 やはりこぼした量や場所によっても、故障しないで済む可能性は大きく変わってきますね。 2枚目の画像でも見えるように、基盤の右上にある 半導体の所にびしゃっといってしまって、ショートしてしまうということも起こるでしょうし、しっかり乾燥させたけど、やっぱり飲み物の成分が沈着してしまって使い物にならなくなったなど、本当にケースバイケースです。 残念ですが、 その後問題なく使えるかどうかは運次第なところもありますね。 「できる限りの対処をしてみて、ダメだったら諦めもつくかな・・・。 」などと考えながら、僕もやっちゃったときには対処しております。 ということで今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 143件のビュー• 67件のビュー• 48件のビュー• 29件のビュー• 26件のビュー• 23件のビュー• 21件のビュー• 21件のビュー• 20件のビュー• 19件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の