今後のご活躍をお祈り申し上げます。 「貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」の意味と使い方|就活

「貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」の意味と使い方|就活

今後のご活躍をお祈り申し上げます

番号 用途 文例 BU04 人事(昇進・栄転・その他) この度のご栄転心よりお喜び申し上げます。 今までの実績を元に、今後も素晴らしい手腕を 発揮されることと期待申し上げます。 BU05 人事(昇進・栄転・その他) この度のご栄転、弊社一同心よりお喜び申し上げます。 今後とも益々の貴殿のご活躍及び貴社のご発展を お祈り申し上げます。 BU06 人事(昇進・栄転・その他) この度のご栄転、心よりお喜び申し上げます。 貴殿のご手腕とご人望の賜物と拝察いたします。 今後一層のご活躍を期待しております。 BU07 人事(昇進・栄転・その他) ご栄進おめでとうございます。 過去の地道な実績が実を結んだ物と同期一同喜んでおります。 今後共に健康に留意してお互いに頑張りましょう。 BU08 人事(昇進・栄転・その他) この度はご栄進おめでとうございます。 今後は一層の激務になると思われますが、 そのバイタリティと部下を思いやる人望があれば 怖いものなしと何ら心配しておりません。 BU09 人事(昇進・栄転・その他) これまでの努力、実績が認められてのご栄進 大変おめでとうございます。 今後も大いなる飛躍をお祈り申し上げます。 BU43 人事(昇進・栄転・その他) この度のご栄進おめでとうございます。 日ごろから努力を怠らなかった成果と、 心よりお喜び申しあげます。 今後ともご自愛のうえ、 ますますお力を発揮されることをお祈りいたします。 BU44 人事(昇進・栄転・その他) ご栄進おめでとうございます。 これまで積んでこられたご努力の成果と、 心よりお喜び申しあげます。 今後一層のご活躍とご健康を祈念いたします。 BU45 人事(昇進・栄転・その他) この度のご栄転おめでとうございます。 心からお喜びを申し上げますと共に、 今後ますますのご活躍をお祈りします。 BU46 人事(昇進・栄転・その他) この度はご栄転なされたとのこと、心よりお祝い申し上げます。 今後は、さらに責任あるお立場に就かれ、 今まで以上ご多忙になられることと拝察いたします。 なにとぞご健康にご留意の上、 ご活躍くださいますよう、お祈り申し上げます。 BU47 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 心からお喜びを申しあげます。 BU48 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転を祝し、今後のご活躍とご発展をお祈りいたします。 BU49 人事(昇進・栄転・その他) この度のご栄転、心からお喜び申しあげます。 これまでの経験を生かし、 社業発展にご活躍なされますことを祈念いたします。 BU50 人事(昇進・栄転・その他) この度のご栄転おめでとうございます。 今後も変わらぬご指導を賜りますようお願い申しあげます。 BU51 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転の報に接し、心からお喜び申しあげます。 前途洋々たる船出をお祝い申しあげます。 BU52 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 あなたはあとに続く女性たちの希望です。 いつまでもキラキラと輝いていてください。 BU53 人事(昇進・栄転・その他) 栄転おめでとう。 君ならきっとやれるにちがいない。 こちらにいたときと同様、元気で頑張ってくれ。 出張でそちらに行ったときには一緒に飲もう。 BU54 人事(昇進・栄転・その他) この度はご昇進、心よりお祝い申し上げます。 より一層のご活躍をお祈り致します。 ご多忙のこととは存じますが、健康には充分気をつけて 頑張ってください。 ストレスを溜めないようにお体は気をつけて、 仕事に邁進してください。 BU56 人事(昇進・栄転・その他) ご昇進おめでとうございます。 今後、尚一層のご活躍をお祈りしますとともに これまでと変わらず、引き続きご厚情を賜りますよう お願いいたします。 BU57 人事(昇進・栄転・その他) これまでのご努力が報われてのご栄進、 心からお喜び申しあげます。 更なる飛躍をお祈りいたします。 今後はより一層ご多忙かと思いますが、 くれぐれもお体にはご留意の上、ご活躍されることを お祈りいたしております。 BU59 人事(昇進・栄転・その他) ご栄進おめでとう。 ヤッタナ! 君のそのやる気と地道な努力からすれば、当然のこと。 上司は見る目があるな。 今後とも健康に留意してお互い頑張ろう。 BU60 人事(昇進・栄転・その他) ご栄進おめでとうございます。 美しく聡明なあなたが、より一層 精進されることを心よりお祈りいたします。 BU61 人事(昇進・栄転・その他) 長年にわたるご努力に敬意を表し、 心より祝辞を述べさせていただきます。 ますますご健勝で、後進の指導にご尽力されますよう、 祈念いたします。 BU62 人事(昇進・栄転・その他) 栄えあるご栄転、おめでとうございます。 日ごろのご努力がここに実り、 ご家族の皆様もお喜びのことと存じます。 今後も健康に留意され、ますますご活躍されるよう、 祈念いたします。 BU63 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 当地でのご大役に、豊富なご経験を生かされ、 卓越したご手腕を発揮していただけると期待しております。 ご着任を心よりお待ちしております。 BU64 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 ご努力と情熱の賜物と、心からお祝い申し上げます。 新支社長ともなれば、会社の期待もさらに 大きなものと存じます。 一層のご活躍をお祈りいたします。 卓抜なるご識見、ご才能が認められましたことを、 あわせてお喜び申しあげます。 BU66 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 ご活躍ぶりはかねてより聞き及んでおります。 当地での更なるご発展を期待し、 貴社のご隆盛をお祈りいたします。 BU67 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転を祝し、心よりお喜び申しあげます。 日ごろより格別のお引き立ていただき、厚く御礼申し上げます。 ご任地先でのお立場は、何かとご心労も大きいかと存じますが、 ご健康に留意して、ますますのご活躍をお祈りいたします。 BU68 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとう。 「人生意気に感ず」というその言葉のとおり、 新任地では君が先陣を切って皆を引っ張り、 存在感のある部署にしてください。 BU69 人事(昇進・栄転・その他) 栄転おめでとう。 めったに会えなくなってしまうので、 たまには電話で元気な声を聞かせてください。 BU70 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 先輩がいなくなるのは非常に残念ですが、 後のことは私たちに任せて、 新天地でバリバリ仕事をしてください。 BU71 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 仕事のイロハから酒の飲み方まで、本当にお世話になりました。 今後ともよろしくご指導をお願いいたします。 BU72 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 単身赴任は大変ですが、新任地でのご活躍をお祈りいたします。 健康に気をつけて頑張ってください。 BU73 人事(昇進・栄転・その他) 栄転おめでとう。 また一緒に仕事ができるなんて嬉しいよ。 盛大な歓迎会を用意して待っています。 BU74 人事(昇進・栄転・その他) 海外にご栄転と伺いました。 おめでとう! 君の人柄であれば、どの国の人にも好かれるでしょう。 人生の貴重な経験になることを期待しています。 ガンバレ! BU75 人事(昇進・栄転・その他) 海外ご栄転とのこと、おめでとうございます。 あなたのスケールは、日本に収まらないと思っていました。 国際社会を相手に、遠慮気兼ねなく活躍してください。 BU76 人事(昇進・栄転・その他) この度はご栄進とのこと、誠におめでとうございます。 ご活躍の場がさらに広がり、お人柄やご手腕が生かされることは 関係者一同の喜びでございます。 今後ともよろしくお願いいたします。 BU77 人事(昇進・栄転・その他) 同期のトップでのご栄進おめでとうございます。 誠実で正確な仕事ぶりは、他社の間でも評判です。 自信を持って、新しい役職に就任してください。 ますますのご活躍と貴社のご繁栄をお祈りいたします。 BU78 人事(昇進・栄転・その他) ご栄進おめでとう。 とにかく、ガンバレ。 BU79 人事(昇進・栄転・その他) ご栄進おめでとう。 今後は仕事もハードになるだろうが、家族の理解を得て 頑張ってほしい。 ますますの活躍を祈ります。 BU80 人事(昇進・栄転・その他) ご栄進おめでとう。 心から祝辞を述べさせてもらう。 今度のポジションは、競争も激しく、きついことと思う。 だが、君なら大丈夫だ。 これからも期待している。 BU81 人事(昇進・栄転・その他) ご栄進おめでとうございます。 日頃のご努力が認められ、ご家族もお喜びのことと存じます。 今後も健康に留意され、ますますご活躍ください。 BU82 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 心からお喜び申しあげます。 BU83 人事(昇進・栄転・その他) ご栄転おめでとうございます。 ご着任をお待ちしております。 BU84 人事(昇進・栄転・その他) この度のご栄転を祝し、あわせて今後のご活躍と ご健康をお祈りいたします。

次の

「ご活躍をお祈り申し上げます」|ご活躍〜表現の使い方!上司には失礼?

今後のご活躍をお祈り申し上げます

ビジネスシーンでは、退職や転勤をされる方に「応援しております」という意味を込めて送られる言葉です。 メールや文書、寄せ書きやお手紙で使われることが多いフレーズです。 たとえば「短い間でしたが、本当にお世話になります。 更なるご活躍をお祈り申し上げます。 」「今までありがとうございました。 〇〇さんの更なるご活躍をお祈り申し上げます。 」というように使われます。 目上の方にも使いやすいフレーズの一つです。 こちらも「頑張ってください」「応援しております」という意味の言葉になりますので、退職や転勤される方は送るメッセージとしてふさわしいでしょう。 たとえば「この度はご栄転おめでとうございます!部長の更なるご活躍をお祈りいたします。 」「今までお世話になりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご活躍をお祈りいたします。 」と使います。 名前などを入れると相手へのメッセージとして、より心に届きやすくなるのでおすすめです。 「祈念しております」も「お祈りしています」と同じような、丁寧な使い方になります。 「お祈りいたします」や「お祈り申し上げます」を使う方が多いので、「祈念しております」を使うと被らずにすむでしょう。 たとえば「末筆ながら、〇〇さんの更なるご活躍を祈念しております。 」「突然の辞令でとても驚きましたが、〇〇さんの新天地での更なるご活躍を祈念しております!」といったように使われます。 より丁寧な印象を与えることができるフレーズです。 「ご期待申し上げます」は「期待しています」を丁寧にした表現です。 目上の方に送るメッセージとしては、適切な表現でしょう。 たとえば「ご栄進おめでとうございます!更なるご活躍をご期待申し上げます。 」と使います。 ただし「期待しています」だけでは、「仕事の成果を出すことを期待している」という意味になり、上から目線に取られてしまいます。 目上の方に使うには失礼なフレーズとなりますので、ご注意くださいね。 「益々の」とは、「以前よりも一層」「程度がはなはだしくなる様子」のことを表しますので、「益々のご活躍を」は「より一層ご活躍を」という意味になり、同じ意味の類語として使うことができます。 使い方は「更なるご活躍を」と同じで「末筆ながら、〇〇さんの益々のご活躍をお祈り申し上げます」「この度はご栄転おめでとうございます。 益々のご活躍をお祈りいたします。 」「これまで本当におせわになりました。 益々のご活躍を祈念しております。 」と激励の言葉を伝えたいときに使います。 「一層」は1つ目でご紹介した「益々」と同じ意味になりますで、「更なるご活躍を」と同じように使える類語となります。 使い方は相手に応援のメッセージを送りたいときに使いましょう。 たとえば「この度はご栄転おめでとうございます。 寂しくなりますが、部長の新天地での一層のご活躍を祈念いたしております。 」となります。 「今後の」は「これから」という意味がありますから、これからの将来や仕事の成果を期待しているという意味で使われます。 使い方は目上の方には「〇〇さんの今後のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。 」というように使います。 目下の方に使うには、「社長賞の受賞おめでとう!〇〇さんの今後のご活躍をチームメンバー一同、楽しみにしています。 」「〇〇くんの今後のご活躍を期待しています!」と使うことができます。 目下の方には「楽しみにしている」「期待している」という言い回しをしても問題ありません。 意味は「見えないところから応援しています」となります。 「おります」は謙譲語なので、「陰ながら応援しております」は丁寧な敬語になっています。 使い方は転勤や転職などの別れのシーンでよく使われます。 使い方は「先輩のようになれるように私も精進していきます。 陰ながら応援しております。 」「今までありがとうございます。 〇〇さんのことを陰ながら応援しております。 」「〇〇さんならこれとったらもご活躍されることでしょう。 陰ながら応援しております。 」となります。 メッセージやメールの締めで使うと良いでしょう。 「新天地」は新しい土地や環境のことを表していて、会社では新しい部署や会社に行くことを表します。 ポジティブに送り出すときに使う言葉なので、理不尽な人事で異動になる場合などには使わない方が良いでしょう。 使い方は「この3年間、大変お世話になりました。 〇〇さんの新天地でのご活躍をお祈りしています。 」「頼れる先輩がいなくなってしまうので寂しいですが、新天地でのご活躍を祈念しております。 」と使います。 「ご健勝」は「身体が健康なこと」という意味がありますから、「健康でいてくださることをお祈りします」という意味合いになります。 「ご活躍」のように、相手を気遣ったり、応援する気持ちから使われる類語です。 使い方は「これまでお世話になり、ありがとうございました。 〇〇さんの今後のご健勝とご活躍をお祈りします。 」と使います。 「ご活躍」と一緒に使うこともできますので、相手の健康も気遣いたいときに使うと良いでしょう。 「発展」とは、栄えていくことの意味がありますから、仕事の成果が出たり、さらに物事が伸びていくことを表しています。 それに「御」の丁寧な表現がついているので、目上の方に使うのにぴったりな類語です。 使い方は「〇〇さまの更なるご発展を祈念しております。 」と使います。 また、会社に対しても使うことができますので、「貴社の更なるご発展をお祈り申し上げます。 」という、ビジネスメールやビジネス文書での締めの言葉にも使うことができます。 「飛躍」とは大きく進歩、向上、発展して活躍することという意味がありますから、「ご活躍」と同じ意味のある類語として使うことができます。 使い方は「〇〇さまの更なるご飛躍を祈念しております。 」「いつも温かいお言葉をかけてくださりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご飛躍をお祈り申し上げます。 」となります。 飛躍を使う方はなかなかいないので、寄せ書きなどにあえて「飛躍」を選ぶのはおすすめです。 「成功」は物事を自分の目的どおりに成し遂げることを意味しますので、ビジネスパーソンを応援するときのメッセージとしてぴったりのフレーズになります。 使い方は「この度のご栄転、心よりお祝い申し上げます。 今後の更なるご成功を祈念いたします。 」「ご昇進おめでとうございます。 〇〇さんの更なるご成功をお祈り申し上げます。 」となります。 まずはお祝いの言葉を伝えてから、相手の活躍をお祈りする言葉を続けると良いでしょう。 「ご多幸」は相手の幸せを願って、健康でいられますようにという願いを込めて使う言葉です。 「ご多幸」はそのままでも使うことができますが、「ご健勝」とセットで使われることが多いです。 使い方は「今までお世話になりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 」「この度のご栄転、おめでとうございます!部長の更なるご多幸を祈念いたします。 」となります。 ビジネスだけでなく、結婚や出産などのお祝いのメッセージにも使うことができます。 「your success」は「あなたの成功」という意味がありますので、「今後のご活躍を」「益々のご活躍を」と相手に伝えたいときに使うことができる英語表現です。 たとえば「あなたの更なるご活躍をお祈りします」は「I pray for your continued success. 」となります。 「今後のご活躍をお祈りしております」は「I'm praying for all of your success in the future. 」と表現することができます。 「更なるご活躍を」の類語として代用されたり、一緒に使われる「ご健勝」ですが、英語では健康の意味がある「health」と表現されます。 たとえば「今後ますますのご成功とご健勝をお祈り申し上げます。 」と伝えたいときには「I wish you continued success and health. 」と伝えることができます。 「the best of luck」は「幸運を祈ります」「うまくいきますように」と別れの言葉として使われる言葉になりますので、「益々のご活躍を」と応援する気持ちを伝えられます。 そこで使い方は「益々のご活躍をお祈り申し上げます」と伝えたいときには、「I wish you the best of luck. 」と使うことができます。 この場合はメールや手紙の文末に添える言葉としておすすめです。 祈るという意味のある「pray」を使うと、「陰ながら」の「secretly」をつけなくても「陰ながら応援しております」の意味を使った表現にすることができます。 使い方は「陰ながらあなたのご成功をお祈り申し上げます。 」は「I am praying for your success. 」となります。 「更なるご活躍を」を使って応援している気持ちを伝えよう! 「更なるご活躍を」は、相手に「頑張ってください」という応援している気持ちを伝えることのできるフレーズです。 特にビジネスでは転勤や退社など、会えなくなってしまう人に使うことができます。 気持ちよく送り出すためにも、またご縁があったときにいい印象を残しておくためにも、上手に使っていきましょう。 ビジネスシーンでは、独特の言い回しやルールがまだまだ存在しています。 一度覚えてしまえば使い回しがきき、仕事も円滑に進めてくれるので便利です。 「恐縮ですが」や「ビジネルメールの件名のマナー」も押さえておくと使えるマナーとなりますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

次の

「お祈り申し上げます」とは?目上や病気の人・メールでも使える?類語・英語表現も確認

今後のご活躍をお祈り申し上げます

ビジネスシーンでは、退職や転勤をされる方に「応援しております」という意味を込めて送られる言葉です。 メールや文書、寄せ書きやお手紙で使われることが多いフレーズです。 たとえば「短い間でしたが、本当にお世話になります。 更なるご活躍をお祈り申し上げます。 」「今までありがとうございました。 〇〇さんの更なるご活躍をお祈り申し上げます。 」というように使われます。 目上の方にも使いやすいフレーズの一つです。 こちらも「頑張ってください」「応援しております」という意味の言葉になりますので、退職や転勤される方は送るメッセージとしてふさわしいでしょう。 たとえば「この度はご栄転おめでとうございます!部長の更なるご活躍をお祈りいたします。 」「今までお世話になりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご活躍をお祈りいたします。 」と使います。 名前などを入れると相手へのメッセージとして、より心に届きやすくなるのでおすすめです。 「祈念しております」も「お祈りしています」と同じような、丁寧な使い方になります。 「お祈りいたします」や「お祈り申し上げます」を使う方が多いので、「祈念しております」を使うと被らずにすむでしょう。 たとえば「末筆ながら、〇〇さんの更なるご活躍を祈念しております。 」「突然の辞令でとても驚きましたが、〇〇さんの新天地での更なるご活躍を祈念しております!」といったように使われます。 より丁寧な印象を与えることができるフレーズです。 「ご期待申し上げます」は「期待しています」を丁寧にした表現です。 目上の方に送るメッセージとしては、適切な表現でしょう。 たとえば「ご栄進おめでとうございます!更なるご活躍をご期待申し上げます。 」と使います。 ただし「期待しています」だけでは、「仕事の成果を出すことを期待している」という意味になり、上から目線に取られてしまいます。 目上の方に使うには失礼なフレーズとなりますので、ご注意くださいね。 「益々の」とは、「以前よりも一層」「程度がはなはだしくなる様子」のことを表しますので、「益々のご活躍を」は「より一層ご活躍を」という意味になり、同じ意味の類語として使うことができます。 使い方は「更なるご活躍を」と同じで「末筆ながら、〇〇さんの益々のご活躍をお祈り申し上げます」「この度はご栄転おめでとうございます。 益々のご活躍をお祈りいたします。 」「これまで本当におせわになりました。 益々のご活躍を祈念しております。 」と激励の言葉を伝えたいときに使います。 「一層」は1つ目でご紹介した「益々」と同じ意味になりますで、「更なるご活躍を」と同じように使える類語となります。 使い方は相手に応援のメッセージを送りたいときに使いましょう。 たとえば「この度はご栄転おめでとうございます。 寂しくなりますが、部長の新天地での一層のご活躍を祈念いたしております。 」となります。 「今後の」は「これから」という意味がありますから、これからの将来や仕事の成果を期待しているという意味で使われます。 使い方は目上の方には「〇〇さんの今後のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。 」というように使います。 目下の方に使うには、「社長賞の受賞おめでとう!〇〇さんの今後のご活躍をチームメンバー一同、楽しみにしています。 」「〇〇くんの今後のご活躍を期待しています!」と使うことができます。 目下の方には「楽しみにしている」「期待している」という言い回しをしても問題ありません。 意味は「見えないところから応援しています」となります。 「おります」は謙譲語なので、「陰ながら応援しております」は丁寧な敬語になっています。 使い方は転勤や転職などの別れのシーンでよく使われます。 使い方は「先輩のようになれるように私も精進していきます。 陰ながら応援しております。 」「今までありがとうございます。 〇〇さんのことを陰ながら応援しております。 」「〇〇さんならこれとったらもご活躍されることでしょう。 陰ながら応援しております。 」となります。 メッセージやメールの締めで使うと良いでしょう。 「新天地」は新しい土地や環境のことを表していて、会社では新しい部署や会社に行くことを表します。 ポジティブに送り出すときに使う言葉なので、理不尽な人事で異動になる場合などには使わない方が良いでしょう。 使い方は「この3年間、大変お世話になりました。 〇〇さんの新天地でのご活躍をお祈りしています。 」「頼れる先輩がいなくなってしまうので寂しいですが、新天地でのご活躍を祈念しております。 」と使います。 「ご健勝」は「身体が健康なこと」という意味がありますから、「健康でいてくださることをお祈りします」という意味合いになります。 「ご活躍」のように、相手を気遣ったり、応援する気持ちから使われる類語です。 使い方は「これまでお世話になり、ありがとうございました。 〇〇さんの今後のご健勝とご活躍をお祈りします。 」と使います。 「ご活躍」と一緒に使うこともできますので、相手の健康も気遣いたいときに使うと良いでしょう。 「発展」とは、栄えていくことの意味がありますから、仕事の成果が出たり、さらに物事が伸びていくことを表しています。 それに「御」の丁寧な表現がついているので、目上の方に使うのにぴったりな類語です。 使い方は「〇〇さまの更なるご発展を祈念しております。 」と使います。 また、会社に対しても使うことができますので、「貴社の更なるご発展をお祈り申し上げます。 」という、ビジネスメールやビジネス文書での締めの言葉にも使うことができます。 「飛躍」とは大きく進歩、向上、発展して活躍することという意味がありますから、「ご活躍」と同じ意味のある類語として使うことができます。 使い方は「〇〇さまの更なるご飛躍を祈念しております。 」「いつも温かいお言葉をかけてくださりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご飛躍をお祈り申し上げます。 」となります。 飛躍を使う方はなかなかいないので、寄せ書きなどにあえて「飛躍」を選ぶのはおすすめです。 「成功」は物事を自分の目的どおりに成し遂げることを意味しますので、ビジネスパーソンを応援するときのメッセージとしてぴったりのフレーズになります。 使い方は「この度のご栄転、心よりお祝い申し上げます。 今後の更なるご成功を祈念いたします。 」「ご昇進おめでとうございます。 〇〇さんの更なるご成功をお祈り申し上げます。 」となります。 まずはお祝いの言葉を伝えてから、相手の活躍をお祈りする言葉を続けると良いでしょう。 「ご多幸」は相手の幸せを願って、健康でいられますようにという願いを込めて使う言葉です。 「ご多幸」はそのままでも使うことができますが、「ご健勝」とセットで使われることが多いです。 使い方は「今までお世話になりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 」「この度のご栄転、おめでとうございます!部長の更なるご多幸を祈念いたします。 」となります。 ビジネスだけでなく、結婚や出産などのお祝いのメッセージにも使うことができます。 「your success」は「あなたの成功」という意味がありますので、「今後のご活躍を」「益々のご活躍を」と相手に伝えたいときに使うことができる英語表現です。 たとえば「あなたの更なるご活躍をお祈りします」は「I pray for your continued success. 」となります。 「今後のご活躍をお祈りしております」は「I'm praying for all of your success in the future. 」と表現することができます。 「更なるご活躍を」の類語として代用されたり、一緒に使われる「ご健勝」ですが、英語では健康の意味がある「health」と表現されます。 たとえば「今後ますますのご成功とご健勝をお祈り申し上げます。 」と伝えたいときには「I wish you continued success and health. 」と伝えることができます。 「the best of luck」は「幸運を祈ります」「うまくいきますように」と別れの言葉として使われる言葉になりますので、「益々のご活躍を」と応援する気持ちを伝えられます。 そこで使い方は「益々のご活躍をお祈り申し上げます」と伝えたいときには、「I wish you the best of luck. 」と使うことができます。 この場合はメールや手紙の文末に添える言葉としておすすめです。 祈るという意味のある「pray」を使うと、「陰ながら」の「secretly」をつけなくても「陰ながら応援しております」の意味を使った表現にすることができます。 使い方は「陰ながらあなたのご成功をお祈り申し上げます。 」は「I am praying for your success. 」となります。 「更なるご活躍を」を使って応援している気持ちを伝えよう! 「更なるご活躍を」は、相手に「頑張ってください」という応援している気持ちを伝えることのできるフレーズです。 特にビジネスでは転勤や退社など、会えなくなってしまう人に使うことができます。 気持ちよく送り出すためにも、またご縁があったときにいい印象を残しておくためにも、上手に使っていきましょう。 ビジネスシーンでは、独特の言い回しやルールがまだまだ存在しています。 一度覚えてしまえば使い回しがきき、仕事も円滑に進めてくれるので便利です。 「恐縮ですが」や「ビジネルメールの件名のマナー」も押さえておくと使えるマナーとなりますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

次の