千 と 千尋 の 神隠し ハク 本名。 千と千尋の神隠し

ハクの本名は「ニギハヤヒ」…【千と千尋の神隠し】に隠された秘密

千 と 千尋 の 神隠し ハク 本名

放映後は毎回、ストーリーについて熱い意見が交わされることで有名なジブリ作品。 「 千と千尋の神隠し」もそんな作品の1つですが… 特にヒロイン・千尋を助ける美少年ハクの「 その後」については視聴者の間で頻繁に舌戦が繰り広げられる程。 千尋がもとの世界に戻った後ですが、確かに彼の行方が気になりますよね。 なので、今回は「千と千尋の神隠し」におけるハクの「その後」について筆者なりに詳しく検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」で一番の謎と言えば…ハクの「その後」 まずは余談ですが、「千と千尋の神隠し」で千尋を助けるハクの年齢は 12歳と設定されています。 千尋とあまり差がないにも関わらずだいぶ大人びて見えますね。 中性的で謎めいた雰囲気を放つ彼には女性ファンも多いのではないでしょうか? また千尋に対する振る舞いも優しく、時に献身的で同じ男性目線から見てもカッコ良く写るハク。 そんな彼の声優を務めたのは 入野自由さん。 入野さんは劇団ひまわりに所属する俳優でありながら声優としても知られています。 「千と千尋の神隠し」でのハク役は彼にとって大きな転機になったでしょうね。 声とキャラクターが上手くマッチしていたように思います。 その要因として、入野さんは当時13歳。 ハクと近い年齢だったわけです。 彼の思春期独特の声色がハクの存在を引き立てたのだと感じています。 で、話を元に戻すと… 銭婆による傷から回復したハクは湯婆婆に対して、彼女が愛する1人息子・坊を連れ戻す代わりに「 千と両親をもとの世界に戻して欲しい」と迫ります。 その願いに対し、湯婆婆は「 お前は八つ裂きになるけどいいのか?」とハクに問うのです。 彼らのやりとりはハクの「その後」がうかがえる重要な場面ですよね。 その後、銭婆から魔法の力が込められた髪留めを受け取った千尋。 彼女は湯婆婆のもとへ戻る途中、迎えにきた白竜の上で彼の正体を知ることに。 ハクの正体とは昔、千尋が溺れかけた「 川」だったのです。 湯婆婆から出された試練に見事答えた千尋は皆に見送られながらもとの世界へと帰っていき、2人は離れ離れになってそれぞれの道を歩んでいきます。 千尋は両親と共に人間世界へ、元の暮らしへと戻っていきますが…残されたハクの「その後」は一体どうなったのか? 彼の「その後」については本編で詳しく描かれていないので気になるところ。 ここで気がかりなのが、湯婆婆との契約について。 湯婆婆が言い放った「 八つ裂き」というワードから自ずと悲しい「その後」が予想されます。 ファンにとっては悲しい結末ですが、順当に考えればやっぱり八つ裂きにされた可能性が高そうです。 Sponsored Link ハクの「その後」については、色々想像できる… では肝心な、千尋と別れたハクの「その後」について。 先述の通り、八つ裂きの姿になってしまったことも考えられますが… 「千と千尋の神隠し」における「その後」。 それはズバリ、見る人によって様々だということ。 これは多様なメッセージ性を持つ宮崎作品ならではだと言えます。 なので考えようによっては、自分の名前を取り戻した2人が互いの世界で幸せに暮らす結末もあり得るでしょう。 しかし気になるのが映画のラストシーン。 最後にそれぞれの道を歩む場面や、「 自分はこの先へは行けない」「 絶対に振り向くな」といったハクのセリフは見逃せないところ。 筆者の視点から見たハクの「その後」ですが… この場面を考慮すると、やっぱり2人が再会する未来は考えられないと推測します。 まとめ 「千と千尋の神隠し」で注目を浴びた紳士な美少年・ハク。 彼はその後、あのお婆さんから八つ裂きの刑に処されたのか?気になるところですよね。 2人の「その後」については筆者もファンとして 2人の再会をただただ祈るばかりです。 もし彼らの再会が叶わなかった場合にも、せめて一緒に過ごした日々がふとした瞬間に蘇るような「その後」を期待してしまいます。 忙しい日常に疲れ果てている。 そんな時はこの淡い作品に癒されてみてはどうでしょうか?.

次の

千と千尋の神隠しハクに関する都市伝説!八つ裂き映像の噂とは | マジマジ情報局

千 と 千尋 の 神隠し ハク 本名

C スタジオジブリ 性別 男性 年齢 12歳 職業 帳場預かり 正体 コハク川の主(白竜) 声優 入野自由 ハクのそれぞれの項目について解説していきます。 ハクの見た目 ハクの見た目は、美少年という言葉が似合うくらい切れ長の目に端正な顔立ち、おかっぱ頭で油屋の他の従業員よりも人間らしい見た目をしています。 千尋がハクは2人いるのかとに尋ねた際に「あんなのが2人もいたらたまんないよ」と返していることから、千尋と2人きりのときに見せている態度と、油屋の従業員の前での態度は変えていることが判明しました。 の弟子でありながらも、他の従業員と同じような白い狩衣を纏っています。 ハクの職業 ハクの職業は、従業員というよりも油屋の帳場預かりを担当しています。 主な仕事としては、湯婆婆の代わりに従業員の世話や人員配置などで油屋の管理をしているのです。 油屋の従業員からは「ハク様」と呼ばれており、千尋が見つかってしまったときも湯婆婆不在時の代理人という立ち位置から従業員に指示を出しています。 湯婆婆の弟子ともあって中間管理職である父役や兄役よりも立場が上であるため、ハクに対して口答えができず、千尋が油屋で働くことをしぶしぶ了承しています。 ハクと千尋の関係 C スタジオジブリ 油屋の世界に紛れ込んだ千尋を最初から気にかけていたハクですが、千尋との出会いは千尋が幼少期に川に落ちたときです。 千尋がハクのことを知らなかったのは幼少期の記憶であることが関係していますが、ハク自身他の記憶が無いにも関わらず千尋のことを覚えていたのは、昔溺れていた千尋を助けたからというのが分かります。 直接的な描写はないもののお互いのことを優先的に考えていること、が「愛じゃ」と言っていることから、心の奥底では惹かれあっていることが分かります。 千尋のことを「千」ではなく名前を取られたあとも「千尋」と呼んでいるのは、唯一ハクだけです。 ハクの正体 ハクの正体はコハク川の主で、ニギハヤミコハクヌシが本当の名前です。 都市開発により川が埋め立てられ行き場がなくなってしまったハクは、釜爺が止めたのにも関わらず湯婆婆に魔法を教えてもらうため弟子入りすることになりました。 結果的に湯婆婆に名前と記憶を奪われ、油屋の中でもハクだけが強い魔法で縛られているのです。 人間の姿だけではなく、白い竜にも変化することができます。 ハクの声優 C スタジオジブリ ハクの声優を担当しているのは、入野自由(いりのみゆ)さんです。 イケメン声優として人気の入野さんは、「遊戯王」や「ハイキュー!!」、「おそ松さん」など多くの作品で主演級のキャラクターを担当しています。 劇場版アニメは、千と千尋の神隠しが初めて参加した作品です。 最近では声優だけではなく歌手や俳優として活躍もしています。 「職業が声優」という方が宮崎駿監督の作品でンキャラクターを担当したのが、入野さんで最後です。 ハクの名セリフや名シーン ハクの名セリフや名シーンについて解説していきます。 登場回数の多いハクはあまり感情を表に出すタイプではないですが、千尋と話すときのみ感情が声色で伝わってくるのが特徴です。 千尋の元気が出るようにまじないをかけて作ったんだ C スタジオジブリ 千尋が油屋で働くことが決まった翌早朝、皆が寝ている隙に千尋を父親と母親に合わせたあと、油屋に来てから何も食べていない千尋に差し入れたおにぎりを渡したときのセリフです。 おにぎりと一緒に渡したのは千尋が着ていた服と友人から貰ったメッセージカード。 このメッセージカードを見て、千尋は自分の名前を忘れていたことを思い出します。 物語の序盤で「私は千尋の味方だからね」というセリフのとおり、おにぎりを食べながら泣き出してしまった千尋に寄り添い、優しくアドバイスをしている姿から、ハクは千尋のことを特別に思っていることが分かります。 千尋、ありがとう。 私の本当の名前はニギハヤミコハクヌシだ C スタジオジブリ 千尋が湯婆婆の呪いを解いたあと、ハクに連れられ元の世界へ戻るときの別れのシーンです。 手を引いて元の道を走るハクと千尋ですが、来たときは海になっていた場所はすっかり草原になっています。 油屋の世界で初めて2人が出会った場所でのお別れになるのです。 名残惜しそうに別れるハクと千尋ですが、また会えると約束しても「絶対」ではなく「きっと」という言葉を使っていることから、確実に2人が再会できる可能性は低いということが分かります。 トンネルを出たあと千尋が振り返った時に、銭婆から貰った髪留めが光るシーンでは「ハクが殺されたことを暗示しているのでは?」との都市伝説もありますが、ハクのその後はどうなったのかは今でも明らかにされていません。 ハクのまとめ 千尋の一番の味方で1つの言葉からも優しさが伝わってくるハクは、どこか儚い印象がありジブリのキャラクターでも高い人気を誇っています。 人間の姿のときはもちろんですが白竜の姿も美しく見とれてしまいます。 そして、ハクは無事に湯婆婆の契約を解除し、元の世界に戻ることができたのかも気になるところです。 イケメン揃いのジブリ作品の中でも特にハクが好きという方も多いのではないでしょうか。

次の

千と千尋の神隠しのハクの本名にはどんな意味が?

千 と 千尋 の 神隠し ハク 本名

ストーリーのあらすじ 千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。 千尋の両親は掟を破ったことで魔女の湯婆婆によって豚に変えられてしまう。 千尋は、湯婆婆の経営する銭湯で働きながら、両親とともに人間の世界へ帰るために奮闘する。 Wikipediaより引用 そして千はハクが盗んだハンコを返すために銭婆のところへ行くことになります。 そして帰り道、千はハクの事と出会った時の事を思い出しハクは自分の名前や、記憶を思い出すという話です。 この映画は当時千尋(荻野 千尋)が迷い込んだ神様の国という設定が外国では理解されませんでした。 日本では神様は八百万の神というほどたくさんして万物に宿るといわれていますが、 外国では一神教がメインですので、この設定に戸惑っている人も多かったと聞きます。 おにぎりで涙した理由とは? 一般的には千はハクのやさしさに触れて涙が出たというのがその理由と言われていますが、 実際にそれだけならばここまで多くの人々の記憶には残らないでしょう。 実際にはもっと深い意味があったのではないかと言われています。 そのためにはハクという人物を知ることが必要です。 ハクとは 油屋で働いている謎の少年。 魔法使いの見習いで、湯婆婆の弟子であり、また番頭として湯屋の帳場を預かってもいる。 作中で初めて千尋と会ったときから彼女の力になる。 釜爺によれば、千尋同様忽然と湯屋に現れ、湯婆婆の弟子になることを懇願したという。 Wikipediaより引用 ハクは千が住んでいた家の近くにあった琥珀川(コハクカワ)の神様であり、 本名は「ニギハヤミコハクヌシ」です。 ここまででわかることは、ハクは川の神様だったということです。 川の神様という考え方は八百万の神、神道の考え方です。 この作品は神道の影響ををかなり受けています。 おにぎりと神道の関係は? お父さんとお母さんが豚になったのを見て落ち込んでいる千にハクはおにぎりを渡すとき、あるセリフを言いました。 そのセリフが 「千尋の元気がでるようにまじないをかけて作ったんた。 」 このセルフのまじないって何なのでしょうか? 神道の世界で神様のまじないと言えば、 これはおそらく神気のことです。 神気とは、万物のもとになる気だったり、気力、霊力、神々しさといった意味があります。 ハクは落ち込んで元気のない千に元気になってもらいたいという気持ちからおにぎりに神気をこめたのでしょう。 それがまじないをかけたといっていることの意味です。 そしてその神気を受けた千の心は温かさや愛に包まれて堪えていた感情があふれだし、涙が止まらなかったのです。 ハクはとてもやさしい神様だったのです。 このニギという言葉には「柔和、穏和」という意味があるようです。 それはまるでハクの思いやりの深さやさしさ、徳の高さを意味しているようにも感じます。 なぜおにぎりだったのか? なぜおにぎりだったのでしょうか? 神道ではお米はとても重要視されていて神社には米、塩、水をお供えしますし、古事記の神話にも「ゆにわの 稲穂の神勅(しんちょく)」という神話があるくらい有名です。 詳しくはこちらをご覧ください。 そしておにぎりとはべつの言い方で「」と言います。 ムスビはムスヒから来ていて、その語源は神皇産霊尊(かんみむすひのみこと)と高皇産霊尊 たかみむすひのみこと といわれていて、 ムスビは神様のことと言われています。 だからこそ神気をいれるにはおむすびはもっともふさわしかったのです。 最後に 実際にこれが宮崎駿監督が言ったことではないので確証はありませんが、あのおにぎりのシーンは沢山の人の心を打ちました。 そういったシーンというのは実はとても深い意味があって私たちの意識に上がってきづらいだけで、 実は無意識の領域では違うように見ていたり、腑に落ちていたりする可能性は多々あります。 実際にご飯茶碗なら一善なのに、おにぎりなら2個食べれたりするのは、そこに何かあるからです。 それは愛情かもしれませんし、気という概念の物かもしれません。 いずれにせよ素晴らしい映画です。 合わせて読みたい.

次の