森 の 中 の お 肉 レストラン アース ガーデン。 森の中のお肉レストラン アースガーデン (奥多摩町) 最新のレストランの口コミ(2020年)

コロナ支援

森 の 中 の お 肉 レストラン アース ガーデン

白丸駅から歩いてもすぐ、青梅街道から多摩川に架かる数馬橋を渡った対岸にお店はあります。 ていた「鴨足草(ゆきのした)」だった和風のお店は「お肉カフェ アースガーデン」に様変わりしていました。 窓際からは多摩川の緑の清流が望めます。 テラス席もあり小型犬なら一緒に入店も可能。 注文したのは「六白黒豚のロースカツのセット」 大きな焼き物の器に山盛りの線キャベツと共に盛られて出てきます。 単品(税別1,900円)でも頼めますが、具沢山のお椀とご飯と漬物をセットにすると(税別2,460円)です。 コスパ的には結構いいお値段なのですが、それなりに美味しく頂きました。 一つ残念だったのはキャベツの刻み方が私が切るより粗くて、もう少し細かくならないかな?とは思いましたが・・・。 複数人で行ったなら別々のお料理を注文してシェアしましょう。 メニューもそそられるものが他にもたくさん有って、他のテーブルから「これ、凄っごく美味しい!」なんていう言葉も聞こえてきました。 単品メニューも注文したいと思うものが色々あったのですが、そうは食べられないのは一人旅の寂しさですね。 女将さんでしょうか? フロアを仕切る方が大変もてなし上手で客の心を掴みます。 奥多摩でのランチなら白丸ダムの魚道見学と合わせておすすめのスポットです。

次の

『絶景に癒やされ絶品ハンバーグと奥多摩食材をいただく件』by 三級うんちくし : 森の中のお肉レストラン アースガーデン

森 の 中 の お 肉 レストラン アース ガーデン

【ご支援協力のお願い理由】 私は飲食店 東京・奥多摩「森の中のお肉レストラン アースガーデン」 羽村市の小作で「世界一のミートボール」の2店舗を経営しております。 これまでに2回、奥多摩のお店で 近くの養護施設の子どもたちを招待しています。 1度目は人数の関係で2日間に分けて ハンバーグのコースを振舞いました。 2回目はお花の先生にボランティアで来ていただき 自分で花を生けたり ブーケを作ったり 食事はバイキング形式で楽しんでもらいました。 2回とも先生含めて 50人くらいのご招待となりました。 2回目の時、私の顔を覚えたある男の子が 私に言いました。 多分小学1年生くらいだと思います。 「僕は長く生きないんだ。 早く死ぬんだ。 」 私は突然だったこともあり びっくりしたのですが 「何言ってるの? 人間は何歳まで生きるか知ってる?」 「知らない。 」と男の子。 「120歳まで生きるんだよ~。 すごいね~。 120歳まで生きたら、いろんなことが 変わってるよ~」 と、そんなことを言ったのですが 男の子は120年後が想像できない・・・という 顔をしていました。 私はその子供らしさに 少し安堵したのをはっきりと覚えています。 そして3回目を 今年の2月の末に予定していましたが コロナの影響で、「延期」にさせて下さい との連絡がありました。 プロのマジシャンに ボランティアをお願いしていたので 本当に残念に思っていました。 ところが、3回目を開催する予定だった 小作のお店も コロナの影響を受けて テイクアウトにシフトしはじめた ある時、閃いたのです! 「お弁当なら笑顔を届けられる!」と。 なぜ擁護施設の子どもたちを 招待し始めたのかというと 私自身、ゼロ歳から小学校入学前まで 養護施設にいました。 だから子どもたちの気持ちが 少しはわかっているつもりです。 高校卒業すると 施設を出ていかなければならないという 厳しい現実もあります。 その現実にも これから力になりたいと考えています。 子どもたちに 「あの時、美味しいご飯を食べさせて くれたおばちゃんがいたな~。 」と覚えてもらえたら 何かあった時に思い出して、会いに来て欲しいな~ と勝手に思っています。 そしてその時には全力で支えたいと思っています。 【グループの皆様へのメッセージ】 とても微力ですが こんな形でのコロナ支援でも 皆さまにご理解とご協力をお願いできれば 本当に本当に嬉しく思います。 皆さんのご支援が身に余った場合は 全国の飲食店メンバーとともに 全国の養護施設の子どもたちに 思わず笑顔になって元気になる お弁当を届けて行きます! 長文失礼いたしました。 お読みいただきありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 【ご支援協力のお願い理由】 私は飲食店 東京・奥多摩「森の中のお肉レストラン アースガーデン」 羽村市の小作で「世界一のミートボール」の2店舗を経営しております。 これまでに2回、奥多摩のお店で 近くの養護施設の子どもたちを招待しています。 1度目は人数の関係で2日間に分けて ハンバーグのコースを振舞いました。 2回目はお花の先生にボランティアで来ていただき 自分で花を生けたり ブーケを作ったり 食事はバイキング形式で楽しんでもらいました。 2回とも先生含めて 50人くらいのご招待となりました。 2回目の時、私の顔を覚えたある男の子が 私に言いました。 多分小学1年生くらいだと思います。 「僕は長く生きないんだ。 早く死ぬんだ。 」 私は突然だったこともあり びっくりしたのですが 「何言ってるの? 人間は何歳まで生きるか知ってる?」 「知らない。 」と男の子。 「120歳まで生きるんだよ~。 すごいね~。 120歳まで生きたら、いろんなことが 変わってるよ~」 と、そんなことを言ったのですが 男の子は120年後が想像できない・・・という 顔をしていました。 私はその子供らしさに 少し安堵したのをはっきりと覚えています。 そして3回目を 今年の2月の末に予定していましたが コロナの影響で、「延期」にさせて下さい との連絡がありました。 プロのマジシャンに ボランティアをお願いしていたので 本当に残念に思っていました。 ところが、3回目を開催する予定だった 小作のお店も コロナの影響を受けて テイクアウトにシフトしはじめた ある時、閃いたのです! 「お弁当なら笑顔を届けられる!」と。 なぜ擁護施設の子どもたちを 招待し始めたのかというと 私自身、ゼロ歳から小学校入学前まで 養護施設にいました。 だから子どもたちの気持ちが 少しはわかっているつもりです。 高校卒業すると 施設を出ていかなければならないという 厳しい現実もあります。 その現実にも これから力になりたいと考えています。 子どもたちに 「あの時、美味しいご飯を食べさせて くれたおばちゃんがいたな~。 」と覚えてもらえたら 何かあった時に思い出して、会いに来て欲しいな~ と勝手に思っています。 そしてその時には全力で支えたいと思っています。 【グループの皆様へのメッセージ】 とても微力ですが こんな形でのコロナ支援でも 皆さまにご理解とご協力をお願いできれば 本当に本当に嬉しく思います。 皆さんのご支援が身に余った場合は 全国の飲食店メンバーとともに 全国の養護施設の子どもたちに 思わず笑顔になって元気になる お弁当を届けて行きます! 長文失礼いたしました。 お読みいただきありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 【ご支援協力のお願い理由】 私は飲食店 東京・奥多摩「森の中のお肉レストラン アースガーデン」 羽村市の小作で「世界一のミートボール」の2店舗を経営しております。 これまでに2回、奥多摩のお店で 近くの養護施設の子どもたちを招待しています。 1度目は人数の関係で2日間に分けて ハンバーグのコースを振舞いました。 2回目はお花の先生にボランティアで来ていただき 自分で花を生けたり ブーケを作ったり 食事はバイキング形式で楽しんでもらいました。 2回とも先生含めて 50人くらいのご招待となりました。 2回目の時、私の顔を覚えたある男の子が 私に言いました。 多分小学1年生くらいだと思います。 「僕は長く生きないんだ。 早く死ぬんだ。 」 私は突然だったこともあり びっくりしたのですが 「何言ってるの? 人間は何歳まで生きるか知ってる?」 「知らない。 」と男の子。 「120歳まで生きるんだよ~。 すごいね~。 120歳まで生きたら、いろんなことが 変わってるよ~」 と、そんなことを言ったのですが 男の子は120年後が想像できない・・・という 顔をしていました。 私はその子供らしさに 少し安堵したのをはっきりと覚えています。 そして3回目を 今年の2月の末に予定していましたが コロナの影響で、「延期」にさせて下さい との連絡がありました。 プロのマジシャンに ボランティアをお願いしていたので 本当に残念に思っていました。 ところが、3回目を開催する予定だった 小作のお店も コロナの影響を受けて テイクアウトにシフトしはじめた ある時、閃いたのです! 「お弁当なら笑顔を届けられる!」と。 なぜ擁護施設の子どもたちを 招待し始めたのかというと 私自身、ゼロ歳から小学校入学前まで 養護施設にいました。 だから子どもたちの気持ちが 少しはわかっているつもりです。 高校卒業すると 施設を出ていかなければならないという 厳しい現実もあります。 その現実にも これから力になりたいと考えています。 子どもたちに 「あの時、美味しいご飯を食べさせて くれたおばちゃんがいたな~。 」と覚えてもらえたら 何かあった時に思い出して、会いに来て欲しいな~ と勝手に思っています。 そしてその時には全力で支えたいと思っています。 【グループの皆様へのメッセージ】 とても微力ですが こんな形でのコロナ支援でも 皆さまにご理解とご協力をお願いできれば 本当に本当に嬉しく思います。 皆さんのご支援が身に余った場合は 全国の飲食店メンバーとともに 全国の養護施設の子どもたちに 思わず笑顔になって元気になる お弁当を届けて行きます! 長文失礼いたしました。 お読みいただきありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 【ご支援協力のお願い理由】 私は飲食店 東京・奥多摩「森の中のお肉レストラン アースガーデン」 羽村市の小作で「世界一のミートボール」の2店舗を経営しております。 これまでに2回、奥多摩のお店で 近くの養護施設の子どもたちを招待しています。 1度目は人数の関係で2日間に分けて ハンバーグのコースを振舞いました。 2回目はお花の先生にボランティアで来ていただき 自分で花を生けたり ブーケを作ったり 食事はバイキング形式で楽しんでもらいました。 2回とも先生含めて 50人くらいのご招待となりました。 2回目の時、私の顔を覚えたある男の子が 私に言いました。 多分小学1年生くらいだと思います。 「僕は長く生きないんだ。 早く死ぬんだ。 」 私は突然だったこともあり びっくりしたのですが 「何言ってるの? 人間は何歳まで生きるか知ってる?」 「知らない。 」と男の子。 「120歳まで生きるんだよ~。 すごいね~。 120歳まで生きたら、いろんなことが 変わってるよ~」 と、そんなことを言ったのですが 男の子は120年後が想像できない・・・という 顔をしていました。 私はその子供らしさに 少し安堵したのをはっきりと覚えています。 そして3回目を 今年の2月の末に予定していましたが コロナの影響で、「延期」にさせて下さい との連絡がありました。 プロのマジシャンに ボランティアをお願いしていたので 本当に残念に思っていました。 ところが、3回目を開催する予定だった 小作のお店も コロナの影響を受けて テイクアウトにシフトしはじめた ある時、閃いたのです! 「お弁当なら笑顔を届けられる!」と。 なぜ擁護施設の子どもたちを 招待し始めたのかというと 私自身、ゼロ歳から小学校入学前まで 養護施設にいました。 だから子どもたちの気持ちが 少しはわかっているつもりです。 高校卒業すると 施設を出ていかなければならないという 厳しい現実もあります。 その現実にも これから力になりたいと考えています。 子どもたちに 「あの時、美味しいご飯を食べさせて くれたおばちゃんがいたな~。 」と覚えてもらえたら 何かあった時に思い出して、会いに来て欲しいな~ と勝手に思っています。 そしてその時には全力で支えたいと思っています。 【グループの皆様へのメッセージ】 とても微力ですが こんな形でのコロナ支援でも 皆さまにご理解とご協力をお願いできれば 本当に本当に嬉しく思います。 皆さんのご支援が身に余った場合は 全国の飲食店メンバーとともに 全国の養護施設の子どもたちに 思わず笑顔になって元気になる お弁当を届けて行きます! 長文失礼いたしました。 お読みいただきありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 【ご支援協力のお願い理由】 私は飲食店 東京・奥多摩「森の中のお肉レストラン アースガーデン」 羽村市の小作で「世界一のミートボール」の2店舗を経営しております。 これまでに2回、奥多摩のお店で 近くの養護施設の子どもたちを招待しています。 1度目は人数の関係で2日間に分けて ハンバーグのコースを振舞いました。 2回目はお花の先生にボランティアで来ていただき 自分で花を生けたり ブーケを作ったり 食事はバイキング形式で楽しんでもらいました。 2回とも先生含めて 50人くらいのご招待となりました。 2回目の時、私の顔を覚えたある男の子が 私に言いました。 多分小学1年生くらいだと思います。 「僕は長く生きないんだ。 早く死ぬんだ。 」 私は突然だったこともあり びっくりしたのですが 「何言ってるの? 人間は何歳まで生きるか知ってる?」 「知らない。 」と男の子。 「120歳まで生きるんだよ~。 すごいね~。 120歳まで生きたら、いろんなことが 変わってるよ~」 と、そんなことを言ったのですが 男の子は120年後が想像できない・・・という 顔をしていました。 私はその子供らしさに 少し安堵したのをはっきりと覚えています。 そして3回目を 今年の2月の末に予定していましたが コロナの影響で、「延期」にさせて下さい との連絡がありました。 プロのマジシャンに ボランティアをお願いしていたので 本当に残念に思っていました。 ところが、3回目を開催する予定だった 小作のお店も コロナの影響を受けて テイクアウトにシフトしはじめた ある時、閃いたのです! 「お弁当なら笑顔を届けられる!」と。 なぜ擁護施設の子どもたちを 招待し始めたのかというと 私自身、ゼロ歳から小学校入学前まで 養護施設にいました。 だから子どもたちの気持ちが 少しはわかっているつもりです。 高校卒業すると 施設を出ていかなければならないという 厳しい現実もあります。 その現実にも これから力になりたいと考えています。 子どもたちに 「あの時、美味しいご飯を食べさせて くれたおばちゃんがいたな~。 」と覚えてもらえたら 何かあった時に思い出して、会いに来て欲しいな~ と勝手に思っています。 そしてその時には全力で支えたいと思っています。 【グループの皆様へのメッセージ】 とても微力ですが こんな形でのコロナ支援でも 皆さまにご理解とご協力をお願いできれば 本当に本当に嬉しく思います。 皆さんのご支援が身に余った場合は 全国の飲食店メンバーとともに 全国の養護施設の子どもたちに 思わず笑顔になって元気になる お弁当を届けて行きます! 長文失礼いたしました。 お読みいただきありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。

次の

森の中のお肉レストラン アースガーデン 詳細/周辺情報

森 の 中 の お 肉 レストラン アース ガーデン

白丸駅から歩いてもすぐ、青梅街道から多摩川に架かる数馬橋を渡った対岸にお店はあります。 ていた「鴨足草(ゆきのした)」だった和風のお店は「お肉カフェ アースガーデン」に様変わりしていました。 窓際からは多摩川の緑の清流が望めます。 テラス席もあり小型犬なら一緒に入店も可能。 注文したのは「六白黒豚のロースカツのセット」 大きな焼き物の器に山盛りの線キャベツと共に盛られて出てきます。 単品(税別1,900円)でも頼めますが、具沢山のお椀とご飯と漬物をセットにすると(税別2,460円)です。 コスパ的には結構いいお値段なのですが、それなりに美味しく頂きました。 一つ残念だったのはキャベツの刻み方が私が切るより粗くて、もう少し細かくならないかな?とは思いましたが・・・。 複数人で行ったなら別々のお料理を注文してシェアしましょう。 メニューもそそられるものが他にもたくさん有って、他のテーブルから「これ、凄っごく美味しい!」なんていう言葉も聞こえてきました。 単品メニューも注文したいと思うものが色々あったのですが、そうは食べられないのは一人旅の寂しさですね。 女将さんでしょうか? フロアを仕切る方が大変もてなし上手で客の心を掴みます。 奥多摩でのランチなら白丸ダムの魚道見学と合わせておすすめのスポットです。

次の