グラブル ハイランダー 土 マグナ。 グラブルで土カイム君マグナハイランダーはきついですか?現在支配の天秤...

【グラブル】 支配の天秤の4凸完成 ハイランダー編成をちょっと使ってみた感想

グラブル ハイランダー 土 マグナ

ででん! んー…リミ2本でこれなら十分…か?動画を見て頂ければ分かりますが、天秤やカイム、白虎拳や、英雄王の槍などのおかげで、通常攻撃や奥義ダメージはかなり上がった印象。 終末4凸でこれなので5凸ならもっと変わるはず。 ただHPはかなり下がります。 代わりにティターンハイランダーは、カイムの効果で防御50%アップの恩恵があるので多少は補えるかもしれませんが、心許なくは感じてしまいますね。 後日通常終末に入れ替えた状態のHP。 十分と言えば十分ですが、 マグナと比べると1万前後くらい下がります。 クリスマスナルメアやハロウィンゼタラガなど追撃が優秀なキャラで比較するとさらに大きなダメージの違いが見られます。 2020年7月追記分 レオナが手に入ったので、会心効果やサポアビで確定クリを活かせるマグナと確定クリじゃないティターンハイランダーで新たに比較。 マグナとレオナの相性は素晴らしいですが、それでもティターンハイランダーとの差は予想以上に開きましたね…。 感想まとめ 後悔したというレベルではないですし、想像していたよりは伸びたなといった印象。 リミ2本だけでこれなら及第点かなと思います。 …が、元々マグナが強いこともあり、ダマや金剛をいくつか突っこんで、ティターンハイランダーにする価値、費用対効果を考えると難しいところ。 少ないリミ武器、ダマで簡単に神石編成ができるという面での費用対効果は悪くないと思いますが、マグナと比較した際にどれだけ価値があるかは自分の手持ちのリミ武器や石、所持キャラ、終末5凸の有無などの環境によって価値が変わるかと思います。 自分はゴブロ3凸を持っていて、一期一振が2本、エーケイが1本と、ダマ5個のみの消費で済んだので多少気軽にできましたが、ティターンに金剛3個、リミ1本ずつしか所持していないならダマが6個、刃鏡片にも入れたりすれば9個。 カイムも必須なので玉髄などの消費もあり、これだけの消費量になると他属性である程度の神石編成もできるくらいなので、ちょっと厳しいですね…。 自分がこの状況だったら移行していないです。 自分の感想としてはダマ5個分の価値は相応にあったかなと感じています。 冒頭で述べましたが、カイムの存在によって足りない攻刃量を埋められ、上限もさらに上げられる部分は他属性のハイランダーにない特徴なので、将来性も考えれば十分満足な結果でした。

次の

【闇ハイランダー】闇マグナ ✕ 天秤 ✕ 終末5凸編成をやってみた【闇古戦場】

グラブル ハイランダー 土 マグナ

編成自体の火力はそれなりですが、マグナ編成はバフでの伸びが非常に大きくキャラ編成次第で非常に火力が高くなります。 問題点としては連続攻撃が貧弱なこと、渾身に火力を依存するため高難易度フルオが難しいことです。 バスコンやってきたらマジで(ry マグナでハイランダーとかマジェ?武器ごみやんけ?って思っていましたが実際組んでみたら普通に強かったです。 やっぱ上限UPは正義。 編成武器候補 M方陣 デメリットを緩和できるのであれば、M攻刃枠はオールドペルセルスが優秀です。 渾身技巧編成の場合は技巧確定の為、斧3が確定します。 EX攻刃 上限up・通常枠 リミ武器を入れるとしたら、精々一期位。 通常枠は強武器入れても、加護のりませんし通常攻刃バフ効果の効率低下も考慮するとあまり得しません。 メイン武器候補 何気にドラポン奥義強いですよね~ 武器種が弓なので使えませんが。 連続攻撃を確保するのが難しいので、オメガメインも低難易度なら普通に有り。 2100ポチ短縮要員 古戦場対策 ページが長くなったので別稿へ。 バフの重要性 マグナ編成はバフで大きく火力が伸びます。 旧式渾身技巧マグナ両面終末5凸渾身をbaseに 通常攻刃バフ マグナは通常攻刃枠スカスカなので火力が非常に伸びます。 694倍になります。 44 これだけで677万に火力が伸びます。 イクサバ6本の火力を超えています。 属性バフ 両面編成の場合属性バフで火力が結構伸びます。 13倍になります。 5 別枠バフ系 奥義でストレングスが捲けます。 倍率max 1. 3倍です。 上記装備でモンクでアストラル杖を振り回して上記キャラでバフを炊くと 最終火力が1002万になります。 上限upが無いので火力は結局トホホのホですが。 マグナハイランダー比較 編成火力時点では渾身技巧の方がやや高いです。 バフ込み低防御相手ならハイランダーでも上限出ますので、上限値の差でハイランダーの方が圧倒的に強いです。 高防御相手の場合には渾身技巧編成の方がダメージが通りますが上限値が低い為、編成火力を活かせません。 また高防御コンテンツ=被ダメ大なので渾身維持が困難でしょう。 ハイランダーではやや火力が低くなる為上限値をボコスカ出す事は難しくなりますが、クリが発動すれば上限値でますし、防御も高いですし、最近のアビダメ環境においても上限UPは有効です。 ハイランダーの方が圧倒的に強い、渾身ゴミ!っていうほどの差は無いと思います。 まとめ なんか弱そうだけどなんか強い。 それがカイムマグナハイランダー。

次の

カイムが仲間になったので、神石ハイランダー編成の強さを検証。マグナとの比較も(グラブル攻略)

グラブル ハイランダー 土 マグナ

土マグナハイランダー編成という可能性 水有利古戦場も終わって落ち着いて来たので、古戦場前に加入してちょっとずつ使いはじめている土属性賢者であるカイムの使用感などをあげてみようと思います。 まずはカイムのアビリティ編成 おそらく使い勝手が良いのは2アビです。 いわゆるコピースキルであり、分かりやすく言うとグラゼロのあとに打つともう一発グラゼロが打てるというようなスキル。 ただ、スキルによってはコピーできないものもあり、剣聖の剣神解放やザ・グローリーのグロリアス・アーツなどはコピーが出来ないようです。 そして、カイムの特徴とも言うべき3アビのブランクフェイス。 スタメンが使ったアビリティによってアビリティの内容が変わるというリミテッドリーシャのブレイブコマンドとちょっと似たアビリティとなります。 ブレイブコマンドはアビリティ使用後に使った種類によってアビリティ内容が変わりますが、ブランクフェイスの方はブランクフェイス状態の時に使われた直前のアビリティによって内容が変わります。 また、ブレイブコマンドの方は号令レベルの高さが非常に重要になりますが、ブランクフェイスの方はランクによって変わるのはカイムにかかる効果だけになるのであまり重要ではない気がします。 そして、ブランクフェイス及び変化した各トリックの再使用ターン数は一応5ターンとなっていますが、奥義を打つごとに各トリックがリセットされ、即ブランクフェイスが使用可になるので奥義回りがいい土属性だと5ターンかからずに打てることが多々ある感じです。 2アビの使用間隔が1ターンなのでダイヤトリックを多用していくことになる感じでしょうか。 カイムも正位置と逆位置のアビリティを持っていますが、カイムのもう1つの特徴とも言うべき刑死者の逆位置のサポートアビリティ、すべて違う武器を並べるといういわゆるハイランダー編成です。 メンバーと召喚石は全く一緒で 装備の方を変えてみました。 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 これで試しに通常マキュラを同じような進行で殴ってみたのですが どちらも両面ユグマグでリロード無し 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 差は少ないもののマグナハイランダー編成の方が強いという結果に・・・ これ以前にも同様にマキュラを殴っているのですが、やはりマグナハイランダーの方が僅かに早い結果でした。 マグナハイランダー編成の方はニーベルンホルンが3本並んでないのでクリティカル確定とはなりませんが、逆位置効果や白虎邪のダメージ上限アップ効果もありマグナハイランダー編成の方に分があるようでした。 通常マグナ編成ダメージ例 マグナハイランダー編成ダメージ例 まぁ、どちらの編成も進行する上で多少のブレはあると思いますが、少なくとも火力的には甲乙つけがたい性能と言えるのではないでしょうか。 また、HPを比べてみると 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 ほぼ変わらず・・・ マグナ編成の方はニーベルンクリンゲをもっと並べてHPを盛るというのもあると思いますが、自分のユグ杖はスキルレベル15までしか上げていなかったのでそれを考慮すると、マグナ編成に勝てないまでもなかなかいい勝負になるのではないかと思います。 そして、やはり本命は両面ティターンによるハイランダー編成・・・ 仮にティターンを引くことができれば違う武器を1本ずつ並べるだけなので比較的容易にティターンでのハイランダー編成を組むこともできます。

次の