アルバトリオン wiki。 BGM/アルバトリオン戦闘BGM

MHXアルバトリオン攻略

アルバトリオン wiki

右も同様。 それぞれ耐久値を2回0にする。 掲示板の書き込み一覧• 羽をいつでも狙えるし怯み効... [2017-06-21 21:17]• あと翼破壊しやすいために罠師とボマーと事故防止として高耳も。 閃光落とししたら翼まで行って即タルG2個設置してキック起爆 最初の睡眠爆破と合わせてタルG10... [2017-06-21 22:13]• 171 よーやく龍神玉揃えてエスカ装備限界突破 ミラ系より倒すのしんどい [2017-07-03 12:33]• 172 こいつ体力かなり多すぎる 神なだけはある [2017-07-03 22:30]• 173 狙いやすい胴体あたりの肉質がガンナーだと20、10、20…wwww もうこんなん拡散弾調合しながら打つわ… [2017-07-13 16:20]• 174 龍神玉揃え始めると天統が余りまくるようになるね 武器での要求も一部だけだったりして意外と使う機会少ないのな そのうち玉の救済イベも出そうではあるけど、体力も強化されるだろうし剥ぎ取りは変... [2017-07-23 03:30]• 175 溶岩島ほんとうぜーわ ブレヘビィで三連雷スタンプ回避する時 アルバの動き見てたらピョンして死んだ 死因の99%が溶岩島 [2017-07-29 17:58]• 176 g級を天眼武器ボマーニャンターオトモはコレクト&何故かアシストでソロクリアー・・・。 タイムは約48分。 何これ遅い。 偵察に行った際空中雷ロケッ突進にホイホイ当たってたので青ゼクス装備で行ったも... [2017-08-04 17:21]• 177 あ [2017-08-04 22:23]• 178 こいつの剥ぎ取りほどハンターを弄ぶものはないと思う [2017-08-07 15:57].

次の

【MHWアイスボーン】アルバトリオン装備(EXエスカドラ防具)の性能【モンハンワールド】|ゲームエイト

アルバトリオン wiki

MHWI初の禁忌モンスターの登場です!事前放送として7月3日 金 21時より「デベロッパーズダイアリー Vol. 6」が配信されました。 任務クエストは宵闇の煌黒星 HR24以上で受注できる特別任務「宵闇の煌黒星」が配信されました。 「アルバトリオン」は非常に強力なモンスターなので、しっかりと装備やアイテムを揃えて挑みましょう。 イベントクエストは2種類 特別任務「宵闇の煌黒星」のクリア後に「」と「」がイベントクエストとして配信されます。 クエストによって開始時の属性が変化する為、弱点属性の武器を装備して行きましょう。 大技:エスカトンジャッジメントについて 対策必須の超大技! 「エスカトンジャッジメント」とは、複数の属性攻撃が連続するとても派手なかっこいい攻撃モーションです。 「」が使用する 「ヘルフレア」の超強化版といったようなもので、後述する弱体化なしではほぼ即死モーションとなっています。 龍活性状態から属性変化する際に発動 「エスカトンジャッジメント」は一定間隔で行う大技で、「龍活性状態」から属性変化させる度に放ってきます。 属性を与えているかによって体力の減少速度が変わり、属性を与えられていないと回復が間に合わない為、属性武器を必ず装備していきましょう。 活性状態に対して、一切弱体化に貢献できない属性もあるので注意が必要です。 有効 無効 炎活性状態 氷 火 氷活性状態 火 氷 龍活性状態 龍 ー 3段階まで弱体化可能 画像 受付嬢のセリフ 1 「アルバトリオンの力の 抑制順調です!」 2 「アルバトリオンの力が 大きく抑え込まれています!」 3 「アルバトリオンの力が 十分に抑え込まれました!」 「アルバトリオン」は弱体化させると特殊な大ダウンを取ることが出来ます。 1回の「エスカトンジャッジメント」で最大3回まで大ダウンさせることができ、最大の攻撃チャンスになります。 弱体後は円筒やジャーキーがぶ飲みがおすすめ 「ヘルフレア」と似たような仕様なので、味方の粉塵支援や「」、「」が有効です。 特におすすめなのが「」で、 体力が削られ始めた瞬間に連打して2回使用しましょう。 各活性状態と角の破壊について 3つの属性活性状態が存在 「アルバトリオン」には 「炎活性状態」「龍活性状態」「氷活性状態」の3つの形態があり、弱点属性も変化していきます。 2回目の「エスカトンジャッジメント」後も属性を戻させるには2本目の角を破壊する必要があります。 これによってパーティー全体で2属性の弱点属性武器を装備すれば良いので有利に立ち回ることが可能です。 しかし、 2回目の「エスカトンジャッジメント」までに両角が折れきっている場合、3回目が発動してしまうと前回とは異なる属性に変化してしまいます。 「アルバトリオン」の弱体である 「火」「氷」「龍」のいずれかをクエストに合わせて装備していきましょう。 開幕の活性状態に合わせて武器を装備しよう 「アルバトリオン」はクエストによって、クエスト開始時 開幕 の活性状態が異なります。 基本的に 開幕の属性の合わせて、弱点の属性に特化した装備を用意しましょう。 クエスト 活性状態 弱点 特別任務 炎活性状態 氷 炎活性状態 氷 氷活性状態 火 覚醒武器より鑑定武器がおすすめ! 素の属性値が低い「」より、属性特化の「」がおすすめです。 「鑑定武器」が無い方は、「覚醒武器」を属性特化にさせて使うのも良いでしょう。 龍活性状態時に角破壊をしよう 「龍活性状態時」にのみ角破壊が可能で、破壊に成功すると 「エスカトンジャッジメント」後の属性が前回の属性に固定されるようになります。 ぶっ飛ばしで頭に大ダメージが入るので必ず狙いましょう。 回復薬では体力が減る速度の方が速く危険です。 尚、 必ず属性武器で攻撃をして「弱体化」させましょう。 キャンプ右側にあるハジケ結晶は拾おう 「アルバトリオン」のクエストのキャンプ右側にある「ハジケ結晶」は拾っておきましょう。 ハジケ結晶はスリンガーで当てるとアルバトリオンを怯ませることができ、危険な攻撃を抑止できます。 さらに、アルバトリオンは乗りが難しくて落とされやすいですが、 乗っている人または味方が乗り中にハジケ結晶を当てることで、怯んで乗りを成功させやすくなるので、必ず拾っておきましょう。 非怒り時はぶっ飛ばしのチャンス! 「アルバトリオン」は通常のモンスター通り、「クラッチ」や「ぶっ飛ばし」の壁当てが行えますので必ず狙いましょう。 尚、非怒り時状態のみ「スリンガー閃光弾」が有効ですが、飛び上がってるときは「ぶっ飛ばし」も行えるので「ぶっ飛ばし」を優先しましょう。 モドリ玉が使用不可能 「アルバトリオン」との戦闘では「モドリ玉」が使用できないです。 その為、ボウガンは弾が無くなると火力を与える手段が減るので 剣士でクエストに挑むのがおすすめです。 属性やられ耐性や災禍転福が有効 「アルバトリオン」は複数の属性攻撃を使用してくるため、「」を付けることが大切です。 また、属性やられになることを逆手に取り、「」を付けて火力を上げるのも良いでしょう。 ブレス攻撃に注意! 直下炎or氷ブレス 直線氷ブレス 「エスカトンジャッジメント」程ではありませんが、アルバトリオンが行ってくる炎と氷のブレスに注意しましょう。 範囲内にいると体力が最大値でも力尽きてしまう為、モーション確認後は急いで範囲外に逃げましょう。 直下氷ブレスに関しては、貼り付いてしまえばダメージを受けません。 広範囲落雷 「」の前方に行う落雷に似ています。 雷が発生している間は、「アルバトリオン」がその場で動かずにいるので攻撃を仕掛けましょう。 さらに、「」を着て張り付くと多段判定すべてに反応してしまい、新品が1秒も満たないうちに無くなるので注意して下さい。 今作も見た目はかなりド派手で煌黒龍の力が溢れ出そうな神々しい物になっています。 また自らに宿す属性が非常に不安定で、周囲の天候をも急変させてしまうという、まさに天災を具現化させたような存在です。 禁忌モンスターに含まれる最強の古龍 煌黒龍「アルバトリオン」とは、『モンスターハンターシリーズ』において 「禁忌」として扱われる伝説的な存在のモンスターです。 他の禁忌モンスターとしては、「ミラボレアス」や「グランミラオス」が存在します。 禁忌モンスター 『モンスターハンターシリーズ』の世界観からしても、規格外の存在として位置付けされているモンスターです。 ある伝説では、栄えていた国を文明ごと滅ぼしたとまで言われていますが、その姿や実態すら確認出来ない事から伝説・神・空想上のモンスターとまで言われています。 5つの属性攻撃を行う古龍 「アルバトリオン」は形態変化によって、 火属性・龍属性・雷属性・氷属性・水属性の5つの属性攻撃を行う古龍です。 それに伴って弱点属性も変化していきます。 過去作ではラスボスや裏ボスとして君臨 「アルバトリオン」は登場した過去作全てにおいて、ラスボス以上の存在として登場していました。 関連リンク アイスボーンの大型モンスター攻略 アイスボーン アルバトリオン.

次の

アルバトリオン

アルバトリオン wiki

アルバトリオンの特徴と弱点・攻略 ハンターランク80から登場する古龍。 主に地上で攻撃してくる赤黒状態、空中で攻撃してくる青白状態があり、それぞれの状態で 攻撃方法や弱点が異なる。 赤黒状態では氷が弱点で火・龍属性攻撃をしてくる。 青白状態では龍が弱点で氷・雷属性攻撃をしてくる。 剣士で戦う場合 青白状態になるとほぼ空中から攻撃してくるので手数が少なくなります。 エリアルを使ったり閃光玉をあてて打ち落とすなどして対応しましょう。 乗りについて アルバトリオンには比較的簡単に乗れますが、激しく暴れまわるので乗っている人だけで乗りダウンを奪うのは難しいです。 ダウンを奪いたい場合は他のメンバーも協力して攻撃し、乗りゲージを溜めていきましょう。 赤黒状態 攻撃パターン アルバトリオンは水を除いた4属性の攻撃を用いる。 属性については以下の通り。 見た目でも判別可能。 火炎系-火属性 雷を纏っている、または落雷-雷属性 冷気を纏っている、あるいは冷気そのものか氷柱-氷属性 赤黒の雷を纏っている-龍属性 突進 龍属性の赤黒の雷を纏って突っ込む。 クシャルダオラ、テオ・テスカトルと違い予備動作が存在する。 テオ・テスカトル同様直進ホーミングとある程度動きを先読みしたカーブの2種類が存在する。 ただし直進のホーミングはテオのと比べて弱め。 終点で突き上げを行う。 突進部分は龍属性、突き上げは無属性。 尚尻尾振りのダメージ判定はない。 突き上げ 前方のハンターに対して2回突き上げで攻撃を試みる。 突進の終わりに繰り出す突き上げが2連続化したと捉えるとわかりやすいだろう。 例に漏れず当たると打ち上げられる。 避けられないことは無いが、発生が早いため、接近していると回避が困難。 火炎ブレス 短いチャージの後前方に火炎弾を発射。 着弾すると地面を抉る程の大爆発を起こす。 爆発の範囲が広く、視認からの範囲外退避は困難。 振り向く頃に軸をズラす様に立ちまわると回避は容易。 発射後の隙は大きく頭を下げているため頭を攻撃するチャンス。 引っかき 龍属性の赤黒の雷を纏い振り向きつつ引っ掻く。 判定はクセがあるため当たらない場所だと近距離でも当たらないが、 発生が早いため接近戦時は位置によっては回避が困難。 ひっかき時に振られる尻尾に当たると尻もちをつく。 叩きつけ 体を前に倒し、頭部を叩きつけて来る。 ある程度補足しつつ狙ってくるため回避のタイミングは遅らせると良い。 速いと引っかかってしまう。 尻尾なぎ払い 尻尾で2回なぎ払う。 なぎ払ったときに広範囲の爆発が発生し、 2回目のなぎ払いと同時に噴火が発生する。 回転攻撃 頭に赤黒の雷を発生させ、全身に纏いつつその場で回転し、周囲をなぎ払う。 なぎ払った後は少し飛び、着地する。 隙が出来るため攻撃チャンス。 龍属性攻撃 強襲 怒り状態時に使用。 ゆるやかに後ろに飛び上がり、軸補正をした後、速いスピードで襲い掛かる。 着地時に噴火が発生。 攻撃判定が長いので、攻撃が終わったと思い近づくと 吹っ飛ばされる。 突進後に連続で使用してくることが多い。 バックジャンプ バックジャンプして間合いを取る場合とブレスしながらバックジャンプする場合がある。 後者は予備動作中に口から炎が漏れるので、見えたら回避するようにしよう。 着地にも判定がある。 噴火 咆哮、強襲、尻尾なぎ払い後にランダムで3箇所に発生。 当たると上空に打ち上げられる。 威嚇 その場で威嚇する。 瀕死時によく使用する。 攻撃のチャンス。 咆哮 天に向かって咆哮する。 クシャルダオラ等と似たモーションだが咆哮後の隙が大きいのが特徴。 バインドボイス【大】効果を持ち、スキルでないと無効化不可能。 戦闘開始時と怒り移行時に確定の他交戦中にランダムで使用する。 連動して発生する噴火は耳を塞いでしまうと一番最初のは間に合わず被弾してしまうので注意。 青白状態 モードチェンジ 赤黒形態時にバックジャンプ後に使用することがある。 怒り移行後はほぼ確定 その場で天を仰ぎながら雷を纏い、一回転して飛翔しモードチェンジしつつ滞空する。 以後青白形態となり使用する属性が雷、氷属性となる。 突進 赤黒形態時と同じだが何も纏わず、無属性となっている。 直進し、滑りこむように停止するパターンが追加されている。 引っかき 無属性になった以外は赤黒形態時のそれと同じ。 叩きつけ 赤黒状態と同じ攻撃。 回避方法も変わらず。 強襲 赤黒状態の強襲とほぼ同じ。 違うところは 非怒り状態で使用し、着地時に噴火が発生しない所。 噴火が発生しない為、回避が容易。 雷パンチ 前脚に雷を纏い、叩きつける。 発生が早く、ホーミングが強い単発、弱ホーミング3連、ジグザグ4連の3パターンがある。 3連以上のパターンの場合、必ず威嚇に移行するので攻撃のチャンス。 滑空攻撃 雷を纏い、突進する。 アルバトリオンの攻撃で唯一龍風圧が発生する。 予備動作時のスピードによって滑空速度が変わり、 予備動作が長いパターンは滑空速度が極めて速いので注意が必要。 なぎ払い 頭部と尻尾に冷気を纏い、まず頭部で軽く地上を攻撃しつつ体を捻り、 その反作用で尻尾を薙ぎ払う。 尻尾の方がダメージが高め。 氷柱ブレス 前方に氷柱のブレスを3発同時に発射する。 着弾した氷柱は氷塊となり、 障害物となる。 氷塊は攻撃したり一定時間経過すると消滅する氷属性攻撃 冷気ブレス 冷気で前方を扇状に薙ぎ払う。 不動パターンと前方に移動しながら行うパターンがある。 当たると火山地帯といえど、雪だるまになるので注意が必要。 また、ブレスが太いので下手に移動すると当たりやすい。 落雷(地上) 地上にいるとき使用。 火炎ブレスと同じ動きで雷を放ち、前方一帯に落雷を起こす。 キリンの前方直線落雷と似たものと思えば回避は容易。 発射後に大きな隙を見せる点も変わらない。 落雷(空中) 天に雷を放ち、一定時間後に地面が光った場所に落雷する。 前方3箇所のパターンとハンター狙いの2箇所のパターンがある。 雷属性攻撃 落雷(周囲) 角に雷を纏い、前脚を上げつつ雷を放ち、周囲に落雷を発生させる。 アルバトリオン周囲の多くの場所に落雷が起こる。 少し離れていれば当たらない。 攻撃終了後、威嚇をする。 雷属性攻撃 威嚇 地上、空中のどちらにいても使用する。 ただ威嚇するだけだが動作は短い。 全体氷柱落とし その場で錐揉みし、高高度に上昇した後使用する。 天空に冷気を放ち、氷柱を大量に生成して落とす。 攻撃中は画面が冷気に包まれるエフェクトが発生する。 ランダム落下と必ず特定の1人を狙うピンポイント氷柱が存在する。 ピンポイント落下の対象は攻撃を放つ際に決定し、氷柱落とし中に変わるということは無い。 終了後、確定で着地をするので攻撃チャンス。 過去作と違い定点移動はオミットされ、高高度に移行した後即攻撃に移るため注意が必要。 なお、不具合として何らかの条件下で空中で怯ませると高高度上昇を省略して即氷柱落としをするというものがある。 こちらは終了後の確定着地もないので注意。

次の