貧血 に 効く 飲み物。 貧血に効く飲み物と避けるべき飲み物9選

貧血の飲み物としてお茶はどうなのか|貧血に効く飲み物

貧血 に 効く 飲み物

貧血の原因• 鉄分摂取量が少ない(不摂生)• 血造が少ないため• 必要性が増加したため という3つの原因です。 これらの原因が複合して貧血を発生させています。 鉄分摂取量が少ない(不摂生) 近年の日本人の食事は、簡単に食べられるものが多くなりましたよね。 例えば、コンビニエンスストアのおにぎりやパン、さらにカップラーメンなど加工品です。 「パッ」と袋を開けたり、お湯を注ぐだけで美味しいものが食べられてしまうので、そんな食事をしがちです。 しかし、 その簡単に食べれる食事に鉄分はごく少量しか含まれていません。 特に、 加工品に含まれるリン酸塩には鉄分を排出する作用があり、より貧血を促します。 日本はパンや加工品、お菓子などばかりの食文化になってしまったので、どうしても鉄分が不足しがちになります。 鉄分が失われている食品ばかりが並んでいるので、貧血になってしまうのも仕方がないんです。 血造が少ないため 血造とは血を造る量です。 血が造られるのは、タンパク質・ビタミンB6・B12、葉酸が有効です。 しかし、 これら栄養素もカップラーメンやパン、加工食品にはあまり含まれていません。 鉄分の必要性が急に増加したため 大量の鉄分が急に必要性になる場合があります。 例えば、妊娠・授乳・出産・成長期・生理などです。 この場面では、普段の食生活よりもより鉄分を意識した食事をする必要があります。 貧血を治す即効性のある食べ物はある? 結論から言ってしまうと、貧血を即効で治すことは難しいです。 なぜかというと、ヘモグロビンは肝臓にある「貯蔵鉄」を消費します。 しかし、人間は貯蔵できる鉄が多くありません。 短期間で大量に鉄を摂取したとしても、貯蔵できなかった鉄分は排出されるだけです。 その為、 毎日の鉄分を増やしながら、少しずつ血中のヘモグロビン量を増やしていくしかないんです。 貧血改善には3ヶ月かかります。 バランスのいい食事が重要ということですね! また、 ビタミンB6やビタミンB12、葉酸、銅には血造作用があります。 血が増えれば酸素の循環量も増えますので、鉄分だけでなくビタミンB6なども摂るようにしましょう! ヘム鉄 レバー・牛肉・鶏肉・牡蠣・アサリ・しじみ・マグロ・卵に多く含まれています。 特にレバーに多く含まれているとされ、レバーが苦手でなければレバーが一番のおすすめです。 貝系にも多く含まれているので、お味噌汁を貝のものにすることで鉄分を多く吸収することができます。 非ヘム鉄 ひじき・ほうれん草・小松菜・パセリ・レーズン・プラム・プルーンに多く含まれています。 中でもひじきがダントツで非ヘム鉄の含有量が多いです。 また、ほうれん草には葉酸も含まれており、血造作用もありますのでほうれん草もおすすめです。 あわせて読みたい ビタミンB12 貝類・卵・レバー、魚、牛肉に多く含まれます。 血造作用があります。 貝類・レバー・卵にはヘム鉄も含まれているので、貧血改善には最適です。 卵を食べるのでしたら、ケージなし(放牧)で育てられた卵がおすすめです。 こちらはおすすめの食事法「原始人食」でお話しています。 豆類、乳製品、卵、魚類、肉類に多く含まれています。 胃の分泌を良くして吸収アップ 胃の分泌液が多くなると、鉄の吸収率がよくなります。 胃の分泌液を多くしてくれるのは、酸っぱい食べ物です。 例えば、梅干しやお酢、レモンです。 積極的に摂るようしていきましょう! ただし「野菜ジュースと野菜の栄養吸収率は違う」という研究結果が出ていることには注意が必要です。 野菜ジュースは補助であって、できれば食事から摂るように心がけてください。 本当に貧血がひどかったら病院に行くのも一つの手 病院に行くと、鉄分の錠剤を出してくれます。 毎日野菜ジュースに頼るのであれば、薬を処方してもらった方が安上がりです。 また、貧血の原因が、実は鉄分不足ではない可能性も否定できません。 「鉄分を摂るように心がけているけど、中々改善されないな・・・」と感じているようでしたら、一度病院を受診してみることをおすすめします。 貧血をさらに悪化させる食べ物 実は、食べ物の中には 鉄分の吸収を妨げる作用があるものがあります。 玄米 玄米に含まれるフィチン酸は、鉄の吸収率を下げます。 しかし、発芽玄米は食べていただいて大丈夫です。 添加物:リン酸塩 食品添加物のリン酸塩も鉄分の吸収率を妨げます。 リン酸塩はハムやソーセージ、プロセスチーズなど、加工食品に含まれています。 「週刊現代」11月4日号で、リン酸塩は血管を詰まらせたり、骨が脆くなるなどの報道もされているので、避けた方がいい添加物です。 貧血対策・予防法まとめ まずは、 貧血は酸欠状態であることを知っておきましょう。 そして、酸素は血中の赤血球である「ヘモグロビン」で運搬されます。 このヘモグロビンを作るのが鉄分です。 貧血が酸欠であることを知らない方が多いです。 酸欠状態だと知ることで貧血への関わり方も変わると思います。 鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄に分かれます。 また、鉄分を摂るだけでなく、血造作用があるビタミンB6・B12・葉酸も一緒に摂ることが必要でした。 特におすすめしたいのが「レバー」です。 ヘム鉄を多く含み、かつビタミンB6、B12、タンパク質を含んでいる貧血改善・予防に最強の食材です! 外出などで鉄分を摂ることが難しい時は、コンビニエンスストアでも鉄分のジュースが売られているので、食事の補助として摂ることもいいと思います。 忘れてはいけないのは、貧血改善は1日では治らないということです。 残念ながら、 貧血に即効性のある食べ物は存在しないんです。

次の

貧血の飲み物としてお茶はどうなのか|貧血に効く飲み物

貧血 に 効く 飲み物

では紅茶なら…と思うかもしれませんが、実は紅茶には多量のタンニンが含まれています。 乾燥茶葉の場合は重量の約10%、生茶葉の場合は約20〜25%を占めるといわれています。 また種類によっては、緑茶の1. 5倍近くも含有されているそうなので、紅茶は貧血の大敵であることは言うまでもありません。 どうしてもお茶が飲みたいという場合は、麦茶がおすすめです。 麦茶には全くタンニンが含まれていないというわけではありませんが、コーヒー・緑茶・紅茶と比較するとはるかに少ないです。 具体的な数値で表すと、100ml中のタンニンの含有量は、コーヒー:70mg、緑茶:70mg、紅茶:100mg、麦茶:10mgです。 反対に貧血に良い飲み物はない? 貧血に悪い飲み物ばかりではありません。 反対に貧血に効果的と言われている飲み物もあります。 それは「アサイージュース」です。 アサイーとは、ブラジルのアマゾンに自生しているヤシ科の植物です。 果実は小さくて丸く濃い紫色をしており、ブルーベリーにそっくりです。 アサイーは食用であり、すり潰してペースト状にしたものを牛乳やヨーグルトにかけたり、他の果実と混ぜ合わせてミックスジュースを作ったりなど、色々な食べ方を楽しめます。 アサイーの実には、食物繊維やカルシウム、ポリフェノールや鉄分といった栄養素が豊富に含まれており、美容や健康維持・増進に役立ちます。 また驚くべきことに、ポリフェノールはココアの約5倍、鉄分はレバーの約3倍も含まれるので、貧血にももってこいの飲み物と言えるでしょう。 アサイージュースは栄養価が高く、クセのない味で飲みやすいので大人気です。 主な入手方法は通信販売ですが、スーパーに売っている場合もあるようなので、貧血で悩んでいる人はぜひ試してみてください。

次の

貧血を感じたらコンビニへ!鉄分不足解消に役立つ飲み物、お菓子、お惣菜など一挙紹介

貧血 に 効く 飲み物

貧血の飲み物としてお茶はどうなのか 貧血の飲み物としてお茶はどうなのか 貧血にお茶はよくないでしょう。 その理由は 多くの種類のお茶に含まれているカフェインやタンニンが鉄分の吸収を阻害するからです。 カフェインが貧血に悪いということは良く知られています。 タンニンは曲者です。 世の中ではカフェインを摂取することの弊害だけが注目され、ノンカフェインのお茶がもてはやされるようになったりしてます。 しかし貧血の悩みを持つ人にとってはタンニンも警戒すべき相手なのです。 タンニンが入っていないお茶は珍しい。 私自身、タンニンが入っていないお茶はほとんど知りません。 タンニンが少ないお茶ではルイボスティーや麦茶などが挙げられますが、お茶の中では少ないと言えどもしっかりとタンニンを含有しています。 お茶と銘打っている限り、タンニンと離れることは難しいと思います。 貧血の人がお茶を飲むのは たまにならばいいですけれど かなり困難です。 貧血に、お茶が良く無い事は一般的に知られています。 これはお茶にはカフェインが含まれており、これが鉄分の吸収を阻害するからだと理解されているのが普通です。 しかし、鉄分の吸収を阻害するのはカフェインだけでなく、タンニンにも同じ現象があるのです。 タンニンとは、お茶に含まれるポリフェノールやカテキンが酸化したもので、抗菌作用や抗酸化作用があり、一般的には身体には良い効果もあるのですが、貧血にとっては、これも大敵なのです。 タンニンが多く含まれる飲み物としては、コーヒ、ジャスミン茶、紅茶、煎茶、ウーロン茶、番茶、抹茶、ほうじ茶の順に含有量が多く、紅茶は番茶やほうじ茶などの緑茶の2倍近いタンニンを含有しているのです。 カフェインの弊害を取り除くために、ノンカフェインのお茶類も出回っていますが、貧血の方は、ノンカフェインであってもタンニンが多く含まれたお茶類も要注意だと知っておく必要があります。 貧血なら絶対緑茶を飲んではいけないと言うものではなく、極力控えると共に、多くの鉄分を含んだ食品を摂り、カバーする事を考えるべきなのです。 また現状として、世間ではタンニンの良い側面ばかりが取り上げられているように感じます。 タンニンと言えばなんか悪いもののように聞こえますが、タンニンとは言い換えればカテキンです。 タンニンはお茶に含まれるポリフェノール、カテキンが酸化したもので、抗菌作用や抗酸化作用が認められています。 最近では脂肪燃焼のドリンクのCMなどにもカテキンという言葉が登場します。 タンニンは貧血や胃の弱い人以外にとってはむしろ喜ばれるべき成分なのです。 タンニンってなに? タンニンとはポリフェノールの一種です。 お茶やワイン、渋柿を口にしたときの渋みがタンニンそのものです。 単純にいうならば渋みが強ければ強いほどタンニンが多く含まれています。 玉露や煎茶などの緑茶は特にタンニンが多く、ウーロン茶や紅茶など発酵されたお茶は、緑茶と比べるとタンニンが少ないです。 や玄米茶、マイナーですがそば茶などはタンニンがお茶の中でも少なく、「貧血だけどお茶がどうしても飲みたい」という方にはおすすめです。 ハーブティはヘルシーなイメージですがタンニンは含まれています。 紅茶の貧血への影響 お茶の中でも、紅茶はタンニンを一番多く含んでいます。 紅茶を飲むことは、貧血になりやすいと言えます。 しかし、それでも紅茶を飲みたいと思うかもしれません。 そこで、貧血になりにくい紅茶の飲み方を紹介しますね。 それは、食前、食事中、食後に紅茶を飲まず、鉄分が吸収された後に飲むのです。 そうすれば、鉄分がタンニンに奪われることなく、タンニンの良い効果を享受できます。 ウーロン茶の貧血への影響 ウーロン茶には貧血によくない成分がいくつか含まれています。 まずは、カフェインです。 カフェインは鉄分の吸収を阻害してしまう作用があるのと、末端神経を収縮する作用があるので貧血にはよくありません。 カフェインはビタミンの吸収も阻害してしまうと共に利尿作用があるため、ビタミンやミネラルは排出されやすくなってしまいます。 鉄分はミネラルなのです。 また、鉄分が吸収される時にビタミンを必要とするので吸収しにくくなってしまいます。 カフェインの他にも鉄分の吸収するのを阻害してしまう物質としてタンニンが入っています。 これはお茶の葉に入っているのでどうしようもありません。 このように貧血にウーロン茶はよくありませんが、飲むときにサプリメントでビタミンや鉄分を補うなどしていればウーロン茶を飲んでもいけないということではありません。 もちろん体にいいところもあると思うので、過度に飲みすぎることがなければ問題ないといえると思います。 麦茶の貧血への影響 お茶やコーヒーに含まれるタンニンという成分は、鉄の吸収を阻害すると言われています。 ですので、貧血の方はこれらの飲料を多く飲みすぎない方が良いです。 麦茶はタンニンの含有量が比較的少ないお茶とされています。 麦茶に含まれるタンニンの量は、普通の紅茶の10分の1程度との事です。 お茶の中で貧血に影響が少ない飲み物といえば、ダントツで麦茶であるといえます。 そして、もう一つ、貧血の方に麦茶をお勧めする理由があります。 それは、ミネラルが豊富である事です。 ミネラルとは、体に必要な微量の栄養素の集まりです。 カリウム、ナトリウム、亜鉛、等、ごく微量ですが、人体に取って不可欠な栄養素です。 これらが豊富な為、麦茶は体の中の水分のバランスを整えてくれる飲み物といわれています。 特に、貧血の方には、温かい麦茶をゆっくりと飲んで頂くのがおすすめです。 貧血の症状の一つに「冷え」がありますので、これらの対策として、温かい麦茶が良いと思います。 といっても、麦茶自体、体を冷やす夏の飲み物なので、効果は微妙な感じもしますが…試してみて損はないはずです。 ハーブティの貧血への影響 ハーブティーは、もともと茶葉を使っていません。 原料はハーブ、薬草であり、様々な種類があります。 その中で、比較的貧血に影響のないハーブティーをご紹介します。 ・ジャーマンカモミール りんごのような甘い香りのする、飲みやすいお茶です。 貧血気味で、冷え性の方などにおすすめな飲み物です。 リラックス効果があり、ストレス解消にも役立ちます。 ・ネトル 貧血予防に有名なお茶です。 血流促進効果があります。 少し苦みのある味です。 ・ローズヒップ ビタミンCが含まれており、鉄分の吸収を助けてくれます。 さらに、美肌効果もあり、貧血で肌がガサガサという方にはぴったりです。 上記3つが、貧血の方にお勧めのハーブティーです。 ハーブティーは他にも多くの種類があります。 自分の好みの香りを探して頂くのが良いと思います。 タンニンによる鉄の吸収の阻害を補うために それでもお茶を飲みたいと言う場合に、行う方策が一つあります。 それは、タンニンによって阻害されるよりも多くの鉄分をとることです。 タンニンが鉄分の吸収を阻害するとされる理由は、タンニンが鉄分と結合しやすい成分だからです。 鉄の吸収力を衰えさせるよう人体に働きかけるものではありません。 ですから単純にタンニンによって阻害されることは仕方ないとして、ほかで鉄分を多く摂取すれば解決できる問題でもあります。 鉄分を多く含み、鉄分の吸収を助ける成分を含む飲み物もありますので、試してみてはいかかでしょうか。

次の