閃光 の ハサウェイ。 映画『閃光のハサウェイ』が公開延期に。サンライズがコメントを発表

ハサウェイ・ノア

閃光 の ハサウェイ

0 m 頭頂高 20. 0 m 又は26. 0m 32. 0 t 全備 80. パイロットは、マフティーのリーダーである()。 「」(クスィー)という名称は、の最後の乗機であるを引き継ぐ意図で付けられている。 敵対するからは、 若しくはガンダムと呼称される。 機体には、製造工場を示す一切の物証が無く 、であっても製造元を突き止められなかった。 しかし、はアナハイム・エレクトロニクスで作られた事までは看破しており 、も機体の印象から、このつくりはアナハイムのものだと断定した。 そしてメカニック・マンから「アナハイムが製造したという嫌疑もかけられてはいるが、キルケー部隊や参謀本部でも調べはついていない」と説明されたブライトは、そういった事はなのだと得心した。 反重力推進装置 ミノフスキーエンジン を搭載したことにより 、擬似反重力推進が可能となっていて 、自由に重力圏を飛行する。 完璧なビーム・バリアーを展開し、防御や高速飛行を行える革命的な機体となっており 、その防御システムの堅牢さは敵であるも認める程であった。 0105年時点で飛行可能なMSは皆無に等しかったので、少数の戦力しかないが地球連邦軍と渡り合う事が出来たのは、本機の絶大な戦闘力に負うものが大きかった。 機体の基本性能も高く、を利用した高度な脳波操縦システム、大出力メガ粒子砲やファンネル・ミサイルなどの強力な火器を有する。 これらの機能を盛り込んだ結果、機体全高は従来機を上回る30メートル近くに大型化している。 機体の球形のコックピット・コアはリニア方式で浮遊し、コアとシートのジョイント部は3重のショック・アブソーバーで支えられている。 コクピットの外側からは、緊急開放レバーを押して引く事で開かれる。 サーチライトが備えられており、救出時には、上空を照らす為 、オエンベリではキンバレー部隊の虐殺による死体の山を確認する為に使われた。 『』1990年8月号で、型式番号がRX-105と判明し 、以降定着した。 2000年のゲーム『』に小説『』が初めて登場することとなり、により、本機のデザインが一新。 頭部がよりガンダムタイプらしい形状に変更された。 2005年には、フィギュア『』の第25弾としてオデュッセウスガンダム・ペーネロペーとのコンパチブルモデルとしてによってリファインされ、初の商品化がなされている。 2015年にはペーネロペーが発送された(こちらも魂ウェブ商店限定)。 他にも防御兵装としては、があり、追尾するミサイルに対しバリアーとして張られるが五十パーセント程の防御効果しか見込めない為 、これが本機の最後のバリアーとされる。 気密性と各部のバリアーの状態を確認するには、機体を水中に沈めるのが一番手早であるとされている。 コクピット内のバリアーは、通常のモビルスーツを撃墜出来る倍以上の出力がかかったビーム・バリアーに対し発動したものの、コクピット・コアと装甲の距離が近すぎたため、相殺しきれずには痺れてしまったが 、四日間気を失って全身火傷と打撲で済んでいる。 大気中ではMS形態のままでミノフスキークラフトを用いても音速飛行は不可能とされている。 しかし、本機はと違い、機体の進行方向へ波形を変えたビームを放射して大気の干渉を拡散させることにより、MS形態で音速突破を可能とした 、ビーム・バリアーの技術を完成させており 、マッハ2に近い速度でアデレート空港に侵入して奇襲を成功させた。 この機能を展開した本機は、空中で機体全体が光に包まれたようなシルエットとなる。 小説『』では搭載箇所は明言されていなかったが、以後の設定では、音速飛行時に用いられるビーム・バリアーは肩に存在する三角形のパーツの先端(両肩だと2か所)から放射されると設定された。 また、SDガンダム GGENERATION-Fなどの一部ゲームでは、この音速移動時に、簡易的な飛行形態へ変形する。 ミノフスキー・クラフト(ミノフスキーエンジン) 詳細は「」を参照 反重力推進装置。 小説『』では搭載箇所は明言されていなかったが、以後の設定では、本機の両肩を覆う状の部分であるとされている。 従来のは、やといったサポートメカ()に乗らなければ、大気圏内での長距離飛行は不可能だったが、本機はこの装置によって長距離飛行が可能となっている。 カーゴ・ピサからの脱出時にはメガ粒子砲で攻撃されたが、その筋と逆行するように上昇して全弾回避した。 その飛行はまるで軽飛行機のように身軽で、リモコンのモデル飛行のようだったと形容された。 高度八千メートルでの戦闘において、ミノフスキー・クラフトを搭載していないが落下に近い飛行や一度か二度の一撃離脱攻撃ができるだけ なのに対し、ミノフスキー・クラフトを搭載している本機は戦場を縦横無尽に駆け巡って次々とグスタフ・カールやケッサリアを撃破した。 前述のビーム・バリアーも併用することにより、大気圏内でMS形態のまま音速飛行が可能となっている。 武装 [ ] ビーム・ライフル 詳細は「」を参照 両肩にマウントされたトーチからメガ粒子を発振させる事で、敵機を両断する。 使用時には、モニターの左部分に、サーベルの行動曲線が描き出される。 との戦闘では、シールドの影のマニピュレーターの手首から発振させている。 シールド 専用のシールド。 左マニピュレーターで保持される。 外圧に対し、十分な強度がある。 メガ粒子砲の直撃も防ぎきり、その際にはシールドが焼けて溶解した金属粒子と強化プラスチック中の繊維が灼熱した糸となり、大気中に四散した。 裏面には、ミサイルが装備されており、追尾してくる敵に対し有効で、連射が可能。 腕部ミサイルランチャー、脚部ミサイルランチャー、膝部大型ミサイルランチャー 機体各所に搭載されたミサイルランチャー。 弾頭は、大型ではない。 爆撃に使用され、音速飛行時から、ミサイルの射程に入った所で、急減速をかけて、アデレート空港へ全弾を叩き込んだ。 達により、第二・第三の爆撃が行える量のミサイルが補給された。 ファンネル・ミサイル 詳細は「」を参照 脳波コントロールされる 、ホーミングミサイル。 意識を一点に集中させる事で 、対象のピンポイントな部分へ飛ばす。 原作小説上巻の機体説明に記載はないが 、小説下巻で「ファンネル」と記載があり、使用されている。 小説では形状が不明だったが、ゲーム『』参戦の際、新規にデザインが起こされた。 ミサイル、高性能の弾丸による攻撃に対し、バリアーとなる。 五十パーセントの確率で有効だが 、使用が早すぎた場合は、敵の第二第三の攻撃に無用の物となる。 肩部メガ粒子砲 原作小説には未登場。 のハイ・メガ・キャノンのような大口径砲口型の大出力メガ粒子砲を、両肩(肩に存在する三角形のパーツの胴体側に近い所の、台形型の出っ張った部分)に1基ずつ搭載している。 発射時には両肩のパーツが展開し、砲部が露出する。 アクションゲーム『』シリーズでは、ビーム・サーベルの収納部分の先端からビームが発射されるように描かれている。 マイクロ・ミサイル・ポッド 原作小説には未登場。 腰部後方に尻尾のような形で増設され、追加ブースターとしての役割も持つ。 全弾発射後はデッドウェイト化を避けるために切り離される。 初出は2012年のゲーム『』。 2013年にはアクションフィギュア『』で立体化された。 『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』シリーズでは「バーストアタック」の際に使用し、シミュレーションRPG『』では条件で入手できる隠し武装として登場する。 劇中での活躍 [ ] 月でのテスト飛行を経た本機は、ハサウェイの手で旧世紀時代のそのままのカーゴ「ピサ」に積み込まれ、地球へ移送される。 インドネシア・ハルマヘラ島沖に降下するピサはキンバレー部隊によって捕捉されており、設定された着水ポイントに向かってひたすら降下を続けるが、それは接近しているの駆るにより、本機が破壊されるか奪取されることを意味していた。 やむなくハサウェイは地球での実戦テストがまだだった本機を空中で受領し、起動させて着水間際のピサから脱出すると、機体へ接触しないよう警告を出す。 警告を聞かずに攻撃を仕掛けてくるにすぐさま反撃し、撃墜する。 そして人質にされたに気付くと、レーンを挑発する事で、ガウマンを解放させ、救出に成功する。 コクピットにガウマンを収容するが、今の状態ではロクに体を支えるものも無く、格闘戦など行えばガウマンが致命傷を負う恐れもあった。 ビーム・ライフルを囮にした一撃離脱戦法を取る事となり、急速接近してからのミサイルの集中攻撃で、ペーネロペーを撃墜する。 そのまま後退した本機は戦闘空域を離脱し、低空飛行のまま支掩船ヴァリアントに収容された。 キンバレー部隊との山間部での戦闘では、の性能を存分に活かし、重力下の空戦能力が劣る三機を容易く撃墜し、後退をかけるグスタフを次々と狙撃していった。 アデレード空港を襲撃した際には、あらかじめを四方に散布して侵攻方向を攪乱した上で 、西の海上八〇キロからヨーク半島を飛び越えてマッハ2以上の速さで侵入。 これは常識ではありえない飛行であった事から 、防衛を任されていたの虚を突く事に成功し、そのまま空港へミサイルを全弾叩き込むと戦闘空域から離脱していった。 放たれたミサイルは、モビルスーツの支援物資の保管倉庫群に被害を与え 、綜合警備本部まで揺るがせた。 再び戦闘空域に現れるとペーネロペーを牽制し 、結果として閣僚の半分を粛正する事に成功する。 マフティーの仲間達が逃げる時間を稼ぐ為、もう一度アデレートへ爆撃をする為 出撃。 突撃すると瞬く間にを二機撃墜 、すぐさまもう一機を撃墜する。 その脅威はモニタリングしている地球連邦軍のチェッカー・マン達でさえ驚きの声を上げる程であった。 ペーネロペーとは、やビーム、サーベルを交えた激闘を展開。 そのまま南の防衛線上に追い上げられるが 、ビーム・ライフルをサーベルで両断し、後退するペーネロペーを追いかける。 そのままサーベルで致命傷を与えられるはずだったが、次の瞬間、地上に設置されたビーム・バリアーに包まれ機能を停止。 木々をクッションにするようにして地面へ墜落すると、ペーネロペーのビーム・サーベルにより、手の部分に埋め込まれたエネルギー・チューブやバーニアを溶解される。 両方のマニピュレーターを左右に広げるように硬直した状態で 、にコクピットを開かれると、気を失ったマフティーの顔を確認される。 バリアーの直撃で機能を停止し四日経った後もガンダムは 、アデレート空港の比較的被害の少なかった場所に鎮座され 、地球連邦軍のメカニックマンにより調査が行われていたが製造工場は未だに不明だった。 顔は煤塗れで 、装甲全体はうっすらと焼け爛れているように見えたが、内面的なダメージは少ないようにも見え、コクピット内のディスプレーもヒビ割れてはいたが、すぐに使用出来るようにも見えた。 しかし、手の部分は焼けてダンゴ状になっており痛々しく、左右に水平に開いたままのマニピュレーターは、まるでガンダムが十字架を背負っているように見せていた。 他作品への登場 [ ] 『』 2015年放送のテレビアニメ。 最終話に、公式サイトの総選挙で選ばれた機体として本機のが登場する。 オデュッセウスガンダム [ ] 諸元 オデュッセウスガンダム ODYSSEUS GUNDAM 型式番号 RX-104 搭乗者 原作小説に登場するペーネロペー(後述)の本体として設定されたガンダム。 原作小説には、この機体は存在しなかった。 設定の初出は2001年により発売された「ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR」 で、機体の一部が公開された。 2014年のアーケードゲーム『』で初めて機体の全形が公開された。 ペーネロペー時に一定のダメージを受けると、フライトユニットがパージされる形でオデュッセウスガンダムとなる。 この間はファンネルミサイルなどのフライトユニット依存の武装が使えず弱体化するが、一定時間が経過すると再装着されてその後はいくらダメージを受けてもパージされない(ただし、撃墜されてからの再出撃後に一定ダメージを受けると再びパージされる)。 重力下のの運用においては、展開速度の低さが致命的な問題だったが、それらの問題を一挙に解決する手段がの搭載だった。 また、フライト・ユニットを装着することにより、さらなる高機動戦闘に対応して超音速飛行も可能となる。 重力下で有効な精神感応兵器であるサイコミュミサイルを標準武装としており、旧世紀の誘導兵器よりも確実なピンポイント攻撃が可能である。 機体各部(オデュッセウスガンダム) [ ] 頭部 頭部は、高々度における高速飛行時の長距離センサー、フライトユニットとのドッキングシーケンサー、ミサイルを誘導するための端末などが渾然一体となっている。 特にパイロットの知覚を補助するデバイス、シーカーなどが各所に配置されている。 背部や肩部のドッキングクローは、1基あたり自重の5倍以上の重量物を懸架でき、空中での高機動戦闘時の衝撃にも耐えられる。 オプション装備 [ ] 本来の計画ではフライトパーツ自体も数種が検討されており、運用条件に対応するいくつかのバージョンが計画されている。 フライトユニット Flight-unit 単機能のフライトユニットを装着した状態 Fixed のFFタイプは、ペーネロペーと呼ばれる。 空中戦において、オデュッセウスはフライトユニットを装着することで真価を発揮する。 ユニットの機首にドップラーレーダーをはじめとした高性能のセンサーやシーカーが搭載されており、超音速領域での飛行や戦闘において使用される。 本体から展開する立方格子にバイアスをかけることにより、機体各所の形状ごとに整流作用をもたらして各部の流体抵抗を結果的に減免する効果を発揮する。 前述のとおりオデュッセウスそのものが後付けで設定されたため、原作小説には未登場。 アルゴスユニット オールレンジ攻撃が可能なビット兵器装備のユニット。 開発途上であるとされている。 原作小説には未登場。 ペーネロペー [ ] 諸元 ペーネロペー PENELOPE 型式番号 RX-104FF 全高 32. 5 m 頭頂高 26. 0 m 36. 4 t 全備 112. 大出力のを装備しており大気圏内のモビルスーツの運用を一変させる機種として期待されている。 パイロットはレーン・エイム中尉。 武装面では、と同等の性能を持っている。 機体の外観は、巨大で鈍重に見える。 との最終戦では、外装の一部 とを維持する際の散布パーツを外し 、その姿は如何にも軽快で白兵戦で能力を充分発揮するように見えた。 その時の戦闘により、全面の装甲がズタズタになった。 自重による倒壊がない程度には強度が保証されているが 、武器庫の誘爆により直立した状態から機体が倒れた際には 、に変形する部分に異状をきたした。 設定の変遷 ペーネロペー [ ] 初出である小説『』における解説では「新鋭。 機体設計思想そのものにはモビルスーツの名残りを残している」とされており 、ガンダムではなかった。 2000年のゲーム『』に小説『』が初めて登場することとなり、により、本機のデザインが一新され、立体映えするシルエットとなった。 2001年の『ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR』ではオデュッセウスガンダムにオプション装備のフライトユニットを装着した状態FFタイプがペーネロペーと呼称されると設定されており 、以後定着した。 2000年の『』では準サイコミュ機と設定されており、2012年の『』までのプロフィールモードでは一貫してこの設定だった。 しかし、2016年の『』で修正された。 形態 [ ] モビルスーツ形態 接近戦を想定している時に使用される。 フライング・フォーム 小説では、言及されるが未登場。 フライト・フォームとも呼称される。 この形態になるには、機体のある部分を可変させる。 フライング・フォームを維持するには、ミノフスキー粒子を散布するパーツが必要。 2000年の『』以後の設定では、高速飛行時の形態を指す。 この形態では、胴体前面装甲と頭上の機首を閉じる。 機体各部(ペーネロペー) [ ] メーンセンサー 頭部に設置されている。 マルチセンサー の下に搭載されたセンサー。 先端部に、を装備している。 モノアイ より、前方下部に設置されている。 高速飛行時は、これがメーンカメラになる。 ファンネルミサイルラック 頭部の背後上方に設置されている。 肩部メーンミノフスキー・クラフト発振器 肩に設置されたの発振器。 コクピット(ペーネロペー) 機体中央の部分。 シートには三重のショック・アブソーバが搭載されている。 しかし、機体のどこかが不調であれば、最大加速時にかかる大気圧の振動がショック・アブソーバを乗り越え、パイロットを揺さぶってしまう。 メイン・ノズル と共に稼働させ、出力をあげると、排気ガスを排出する。 足部 足部にも、が装着される。 これはユニット単独での飛行時には、上半身ブロックのユニットへ装着される。 脚部ミノフスキークラフト 脚部後方に設置されたミノフスキークラフト。 機能(ペーネロペー) [ ] ビーム・バリアー(ペーネロペー) 詳細は「」を参照 ミサイルや大気圏突入時の熱、ビームから機体を保護するバリアー。 音速飛行時には、機体の進行方向にビームを放射し、大気干渉を拡散させ、音速を突破させる技術を指す。 本機は開発時にこの音速突破技術を検討しており、結局完璧にする事は出来なかったが、それでも音速の突破は可能。 小説中では、どういった部分が不完全か明かされなかった。 はこの技術を完成させていて、ペーネロペーの方は単純にその技術開発に負けているが、それは技術開発の背景にある組織の問題である。 『』以後の設定では、本機は空気抵抗軽減用ビーム・バリアーの完成度が低いため、「」に変形する必要がある という事になっている。 ミノフスキー・クラフト(ペーネロペー) 詳細は「」を参照 背部まで伸びたパーツ。 と一体化している。 のものと比べても、その性能は劣っていない。 この装置との出力をあげて、移動する。 この装置により、飛行時の高速方向転換が可能。 武装(ペーネロペー) [ ] バルカン砲 の先端部に接近戦用のものが4門装備されている。 ビーム・ライフル(ペーネロペー) 専用のビーム・ライフル。 にサーマルジャケットを追加したような形状。 ただし、それには高い能力が必要とされる。 原作小説では特に目立った記述はない。 ビーム・ユニット 本体であるオデュッセウスガンダムが腕部に持っているバックラー(ショートシールド)状のビーム・ユニット。 ビームサーベルとが装備されている。 原作小説には未登場。 (ペーネロペー) 最新の兵器。 パイロットが認識した複数のターゲットへの同時攻撃が可能で、あくまでワンウェイの兵器として運用される。 形状はと共通。 機体上部の背部に設置されている細長いパーツが「ファンネルミサイルラック」となっている。 『GジェネレーションF』では腕のシールドから発射される。 ファンネルの操作にパイロットが集中しているかどうかが命中率に影響するため、空港の爆発によって集中が乱された時には、ガウマン機に全弾回避されてしまった。 しかし、操作に集中した時には、一撃でエメラルダ機を撃破した。 (ペーネロペー) 本体であるオデュッセウスガンダムが装備している特殊なショットガン。 インドネシア・ハルマヘラ島沖で未確認の機体と接触を図ろうとするマフティー側の動きを察し、大佐からの命令でガウマンを人質に取った作戦行動に移るが、マフティーの挑発を受けてガウマンを解放し、対等な条件での戦いにこだわる。 デザイン [ ] リファインされたデザイン画では脛前側アーマーが取り付けられておらず、内側に配備された爪先が省略されている。 メッサー [ ] 諸元 メッサー MESSER 型式番号 Me02R 所属 製造 アナハイム・エレクトロニクス社 頭頂高 23. 0 m 31. 0 t 全備 68. 8 t 材質 ガンダリウム合金 3,340 kW 80,000 kg 有効半径 19,300 m バルカン砲 ビーム・ライフル ビーム・サーベル グレネード・ランチャー 搭乗者 マフティー兵 マフティーの量産型MS。 の設計思想を受け継ぐ重装甲機で、メインカメラはモノアイタイプを使用している。 側頭部には3基のバルカンが装備され、地上戦では右肩のスパイク付きシールドで敵MSを吹き飛ばすことができる。 小説中で全編に渡って活躍し、サブフライトシステム「ギャルセゾン」との連携によって空中戦も行う。 小説版のメカニックデザインは森木靖泰。 のちに『閃光のハサウェイ』が『』に登場する際に藤田一己の手によるデザインに変更された。 小説では開発元について言及されていないが、『GジェネレーションF』以降の設定ではアナハイム社が開発したとされている。 特に系をベースにしているという情報を掲載している書籍もあり、アナハイムがテロ組織へ関与していることを隠蔽するため外装には手を加えているとの推測がされている。 劇場版では既存のデザインの機体は「F01型」と呼称されている。 ギャルセゾン メッサーが地上での飛行に使用するベース・ジャバー()。 グスタフ・カール [ ] 諸元 グスタフ・カール GUSTAV KARL またはGUSTAV-CARL 型式番号 FD-03 頭頂高 22. 0 m 29. 0 t 全備 60. 0 t 材質 ガンダリウム合金 3,425 kW 79,500 kg 有効半径 21,300 m 頭部バルカン砲 左腕部グレネード・ランチャー ビーム・サーベル ビーム・ライフル 搭乗者 地球連邦軍一般兵 やの設計思想の延長線上に位置するとされる汎用型MS。 基本的スペックは、ガンダムタイプにも通じる高さを誇っているが、大気圏内での自力飛行は不可能で、サブフライトシステム「BJ-K232 ケッサリア」への搭乗が必要と設定されている。 キンバレー隊(ケネス大佐の着任後はキルケー部隊に改名)をはじめ、地上の治安部隊を中心に配備された。 量産機の汎用性を維持しつつ、機体の大型化と重装甲化を目的として開発が行われた。 これによる重量の増加に合わせて大出力のジェネレーターを搭載し 、なおかつ機動性と運動性の確保のために、機体各所に多数のスラスターや姿勢制御用バーニアが配されている。 また運用性の維持のため、固定装備を減らす代わりに、連邦軍系MSが使用する標準的な武装が使用できる。 これらの設計により、ジェガンを超える高性能機として、宇宙世紀0096年には先行運用が開始され、シャイアン基地には2機配備されていた。 翌0097年には正式配備が決定したとされ、バリエーション機の軽装型も存在するという。 初出である小説『閃光のハサウェイ』でのデザインはの手によるもの。 この時は白黒イラストのみ掲載だったことから、カラーリングは不明だった。 一方、ゲーム『』への登場時にはによってリデザインされた。 その際、デザインは全身のボリュームの変化と全体的な形状の変更、頭部アンテナの有無、脹脛部分にあったビーム・サーベルの変更などにより、ほとんどが別物になっている。 ゲーム『Gジェネ』以降、ビーム・ライフルはジェガンと同一のものを使用している。 『』以降カラーリングはブルー系になっており、ジム系にしては珍しい機体色となっている。 書籍『』では、藤田によるリデザイン後のデザインで、宇宙世紀0097年にEARMへ流出した機体が登場する。 ドーラ・カール [ ] ムック『ガンダムウェポンズ ニュージェネレーション編』には『GジェネF』版の設定画が掲載されているが、本書には一般機の「ドーラ・カール」と指揮官機の「グスタフ・カール」を区別する設定と画稿が掲載されている。 ドーラ・カールは左のガトリングの後方に、グスタフ・カールは眉間の右側にアンテナがついており(全身画稿はグスタフ・カールのもの)、グスタフ・カールのほうが通信機能が強化されている。 この設定は原作小説には無いもので、実際のゲームでもドーラ・カールの存在を設定として記載したことはないが、ゲーム中に登場する「グスタフ・カール」には、実際はドーラ・カールの頭部デザインが長らく採用されていた(『F』から『オーバーワールド』まで。 『ジェネシス』では指揮官機のデザインを採用)。 グスタフ・カール(先行配備機) [ ] 作中の時系列では『閃光のハサウェイ』より9年前の宇宙世紀を舞台とした『』のアニメ版 にて初登場。 こちらでは先に登場したジェガンの発展機とは別ラインで開発された という設定が付加されており、試験運用中の機体が登場する。 での警戒中、降下したから発進したジェスタ部隊により、ほとんど抵抗できずに武装解除される。 デザインはゲーム『』にほぼ準じているが、カラーリングはロージビリティー風のグレー系で、左側頭部のバルカン砲が『GジェネF』版では1門 だったのに対し、『UC』版では縦に2門 となっている。 フレシキブル・シールドは、バックパックの可動アームに接続する方式となっている。 操縦席には、同作のやなどと同じものが使用されている。 『UC』の1年後を描くアニメ『』にも登場する。 武装がビームライフルから90mmショートマシンガンに変更されていること以外に『UC』の登場機体との違いは無い。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• , p. 276. 326. 62、132. , p. 77、79、83、89、90. , p. 129、131. 172. 152. , p. 275. , p. 148. , p. 290. , p. 132. 41-42. 153. , p. 152-153. , p. 79-80. , p. 278. 282. , p. 110. , p. 298. , p. 138. , p. 285. 284. 105. 137. , p. 292. , p. 48-49. , p. , p. , p. 89-91. , p. , p. 128. 129. 144. , p. 145. 146. , p. 146-148. , p. 174. 173. 133. , p. , p. 124. 125. , p. 102、153. , p. , p. 86-87. , p. , p. , p. 110. , p. 272. 「HGUC メッサーF01型」• , p. OVAのepisode7、「RE:0096」の18話• , p. 参考文献 [ ]• 小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』• 富野由悠季『』角川書店、1989年2月28日、初版。 富野由悠季『』角川書店、1990年4月1日、初版。 富野由悠季『』角川書店、1990年5月1日、初版。 逐次刊行物• 『月刊ニュータイプ』1990年8月号、1990年8月1日。 カレンダー• 『ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR』• 『』株式会社、2001年11月30日。 『機動戦士ガンダムMS大全集2003』メディアワークス、2003年3月。 『機動戦士ガンダムMS大全集2009』アスキーメディアワークス、2009年8月。 『』アスキーメディアワークス、2012年12月1日。 『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールドep7』双葉社、2014年10月。 プラモデルキット• )』バンダイ、2019年2月16日。 玩具商品•

次の

映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」公開延期

閃光 の ハサウェイ

機動戦士ガンダム『 閃光のハサウェイ』が原作小説が上梓されてから約30年ぶりに「 UCNext100」という ガンダム40周年記念プロジェクトにて映像化、映画化されます。 この物語は「 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」からその歴史を正式に引き継ぐ、富野由悠季監督自身が手がけた作品であり、初代ガンダムの艦長ブライト・ノアの子ども「 ハサウェイ・ノア」が主役という、世代を超えたガンダム・サーガのひとつの終着点でもあります。 その『閃光のハサウェイ』を含めた ガンダムシリーズの時系列を知り、 ガンダムの正史と呼ばれるファーストガンダムからの流れを理解することで、 今年の冬公開映画『閃光のハサウェイ』をより楽しく見ることができるでしょう。 劇場版『機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ』とは 画像引用元:(2019年6月13日引用) 富野由悠季監督が1989年に上梓した 小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』を約30年ぶりに映像化した作品です。 富野由悠季監督はこの作品を映像化するにあたり、あらためてご自身で書いた原作をチェックし、そしてその内容に呆然としたと言います。 「現実の世界は進歩などはしないで、後退しているかも知れないのだ。 だから、ガンダムのファンの皆々様方が牽引してくださった道筋があったおかげで、今日、本作のテーマが現実にたいして突きつける意味があると知ったのである。 」 引用元:(2019年6月13日引用) ネタバレになるのでこれ以上は書きませんが、 『閃光のハサウェイ』はかなり衝撃的な物語であり、ガンダム正史上、 これほどの動揺を誘う物語はないのではないでしょうか。 富野由悠季監督は「 閉塞感と後退感」と表現していますが、もしかしたら 1989年のバブル崩壊後の日本の30年のことが頭に浮かんでいるのかもしれませんね。 監督としては昔と変わらない、いえ昔よりも悪化していると思われる現代を打破してもらいたいというメッセージが込められそうです。 閃光のハサウェイはファーストガンダムの思想を受け継ぐ物語 『閃光のハサウェイ』は上梓当時、 『逆襲のシャア』の12年後として直接つながる物語でした。 つまり、当時は 『逆襲のシャア』によりアムロとシャアが命を賭して意地をぶつけあった人類の未来が、12年後になっても結局は何も変わっていなかったということを如実にあらわす物語として描かれています。 しかし、『逆襲のシャア』が映画化され、アムロとシャアが戦った意味よりも ニュータイプとサイコミュという超人的な力にフォーカスされたことにより、 『ガンダムUC』と『ガンダムNT』が生まれます。 UCとNTはどちらかというと人知を超えた力がフォーカスされ、構想の発端であった地球の人類と宇宙に追いやられたスペースノイドたちの軋轢の物語の側面が薄くなっていきました。 そして『閃光のハサウェイ』です。 『閃光のハサウェイ』は ファーストガンダムの思想に戻り、地球の特権階級とスペースノイドの争いの顛末にフォーカスした物語となっており、そこにニュータイプやサイコミュといった要素はあまり入ってきません。 つまり、 機動戦士ガンダムが描く根底にある人類の軋轢、宇宙という広大なスペースを舞台にしても結局は人類は人類同士の争いを止めることができないというジレンマを描く物語と帰っていきます。 劇場版『機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ』とは 富野由悠季監督がいまから約30年前の1989年に上梓した小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』を映像化したもの ファーストガンダムの流れを組み、伝説の艦長と化したブライト・ノアの子供「ハサウェイ・ノア」による物語 富野由悠季監督によると、閉塞感・後退感に呆然とする物語であり、それを打破してもらいたいという願いが込められそう 閃光のハサウェイを含むガンダム正史の時系列 『機動戦士ガンダムNTナラティブ』の8年後、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の12年後を描く 作品の登場順としては『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の次であり、逆襲のシャアから直接つながる物語であった 閃光のハサウェイはファーストガンダムの思想を受け継ぐ物語 『機動戦士ガンダムUC』や『機動戦士ガンダムNT』によりニュータイプやサイコミュにフォーカスされがちだったガンダムシリーズがファーストガンダムの原点である「人類の軋轢」に帰る物語である。

次の

ハサウェイ・ノア (はさうぇいのあ)とは【ピクシブ百科事典】

閃光 の ハサウェイ

人物 [ ] との長子。 時にパイロットとして戦場へ出た経験を持ち、このとき13歳ながらとしての素養や、MS操縦技術の才覚の片鱗を見せている。 0087年、母ミライに連れられ妹チェーミンとともにへと渡り、そこにで到着したと出会う。 しかしその直後、アウドムラを追ってホンコンに到着したに拉致され、アウドムラのクルーを脅迫するための人質とされてしまう。 また、チェーミンと遊んでいる時に、と出会っている。 第二次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』) [ ] 小説、アニメ映画『逆襲のシャア』において 13歳。 宇宙世紀0093年、の地球寒冷化作戦を受けて、ミライとチェーミンと共に宇宙に上がり、父親のブライトと合流しようとしたが、政府高官のとその娘が政治特権を用いて割り込んだため、シャトルに乗れなくなってしまう。 だが直前になってアデナウアーの愛人が同行を拒否したことから、アデナウアーは空いた一席をノア一家に譲ることにした。 ミライは息子の成長を期してハサウェイをシャトルに乗せる。 宇宙に上がってブライトと再会した後は、クェスと行動を共にし好意を抱くようになる。 しかしとクェスと3人でロンデニオンをドライブしている際にシャアと遭遇し、シャアの言葉に惹かれたクェスはシャアの元に走る。 ハサウェイはクェスを追うため、に密航するが、ブライトに発覚して鉄拳による「」を受ける。 アムロに引き止められても何としてもクェスを取り戻したいハサウェイは、そのためなら自分もで戦う覚悟はあると譲らず、乗艦を許されることになる。 戦闘が激化したため、艦内でほぼ軟禁状態にあったハサウェイだが、周囲への敵意に満ち、戦場での全ての生死を感じて苦しむクェスを強く感じ取る。 ブライトの指示で遺書をしたため、ブリッジにいることを許されるが、クェスを感じていてもたってもいられないハサウェイは、を強奪して無断出撃をする。 に取りつき、クェスを説得するも失敗。 そこにハサウェイを追ってきたの乗るが現れる。 それを見てしまったハサウェイはクェスの死によって錯乱状態となり、逆上して味方であるはずのリ・ガズィを撃墜し、チェーンを殺害してしまう。 皮肉な結果だがハサウェイがリ・ガズィを撃ち墜としたことによって、チェーンの持っていたのサンプルから大きな光が発散され、それを切っ掛けとしたかのように、周辺空域の連邦軍が落下阻止のために集結し始める。 取り返しのつかない人の死を体験したハサウェイは、アクシズが巨大な光の虹の中で地球への軌道を変えていくのを、放心状態で泣きながら見送る。 小説『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』において 映画と同様ジェガンに搭乗し、戦場に飛び出すところまでは共通しているが、こちらではアムロを殺そうとしているクェスを目撃、放ったの一射が、たまたまコクピットに直撃してしまい彼女を殺害してしまう。 なお、後述の『閃光のハサウェイ』の小説版へとつながる歴史となっている。 その様子を見てハサウェイが死んだと思い込んだクェスは錯乱してしまい、同じく説得にやってきたアムロも拒絶する。 しかし、無事生存していたハサウェイは思念を通してクェスを優しく諭し、彼の生存に安堵したクェスはアムロとの戦闘をやめる。 この短編は富野由悠季自身が、映画版にのっとる必要はないというコンセプトで書き下ろした脚本であり、チェーンが登場せずクェスも死亡しない。 第二次ネオ・ジオン抗争終結後(『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』) [ ] 戦闘終結後、隊によって収容されたがクェスの死とチェーンを殺害したショックにより、ハサウェイはジェガンのコクピット内で立ち直れない状態となり、1ヶ月経った後も何があったかを吐露出来ずにいたとブライトは回想している。 収容したハサウェイの搭乗したジェガンは電装系が故障していた為フライト・レコーダーが機能していなかった事とクルーの温情で戦闘記録は残っていなかった。 よって父親であるブライトや後述の連邦軍上層部の面々はハサウェイが戦場で無断搭乗したジェガンで何を行ったかは把握出来ずにいたのである。 ブライトがシャアの反乱後に連邦軍上層部の査問会にかけられた際、MSの無断搭乗による軍規違反を犯したハサウェイと核を無断で持ち出したは共に嫌疑をかけられる事となる。 しかし、真実の隠蔽工作にブライトが同意したことにより両名の訴追は免れている。 マフティー動乱(『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』) [ ] 小説版では『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』から連なる設定であり、シャアの反乱後に鬱病を患い治療したハサウェイが主人公として登場する。 初恋の少女であったは子供のようなあどけない瞳で「」を見てその感性を飽和させ戦場で死んでいった。 同じく戦場に出撃していたハサウェイ・ノアは、シャアの反乱の終末で多くの人々が敵も味方もなく地球を守るため火に焼かれながら死んでいく魂の声を聞いていた。 これらの経験がハサウェイに個人の人と組織の人の問題を学ばせ、シャア・アズナブルの経歴を学ばせるに至った。 そしてシャアの唱えた思想がただひたすら「人類を産んだ地球を滅亡させてはならない。 保全すべきだ」という一点にあることを知り、彼に共感するようになっていく。 シャアの反乱終結後、クェスを自らの手で殺めた罪に苦しむ彼は植物監査官候補として地球に降下する事となった。 生まれ故郷である地球の環境と不法居住者で恋人であるとの巡り合わせは、鬱病の治療にいい方向に働いていた。 そんな中、植物観察官の実習のために教授が住むを訪れた際、教授の元に来訪していた(インチキ医者)と自称する人物から、の組織の存在との活動内容を教えられる。 不法地球居住者をマンハンターの手で時には虐殺しある時には宇宙に強制的に送り出し、地球を特権階級のみで独占し汚染しながらまだ一億の人間を移住させる気である連邦の実態を知った彼は、どこかきな臭いことを考えているクワックの事を怪しげに思いながらも、現実が黙視できない状況にあり、またクワックの精悍さはパイロットしての資質を刺激するには充分であったため、恋人のケリアと共にマフティーに参加。 一年が経つ頃にはハサウェイは組織中枢の戦闘員となっており、組織の表向きのリーダーへと上り詰めていく。 宇宙世紀0105年、の地球連邦閣僚会議は、地球を一部の特権階級が私物化できる法案を可決しようとしていた。 それを阻止すべく搭載型モビルスーツ「」を駆り、アデレードを襲撃する。 しかしその前に立ちふさがったのは、互いに友として認めあった率いるキルケー部隊だった。 コクピット内のビーム・バリアーは発動したものの、全身火傷と打撲を負い、病院に収監されたハサウェイの目が覚めたのは撃墜されてから四日後の事だった。 そして、ブライトに変わって責任を負ったケネスの指揮によりマフティーとして銃殺刑により死刑執行を処された。 死刑執行される際に「地球を守る、健やかな精神」を未来の人類が持つことを信じ、その可能性に希望を託した。 搭乗機 [ ]• RGM-89• RX-105 担当声優 [ ]• 花中康子 (テレビアニメ『』)• (劇場アニメ『』、『』客演ゲーム作品)• (劇場アニメ『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』監督のは、映画公開時に刊行された『』の記事において、「クェスは、死ぬ間際には、ちゃんとハサウェイを救けようとするんです」と語っている。 第18話でのクレジット。 第27話での表記は花井康子。 出典 [ ].

次の