屋久島 バイト。 スタッフ紹介

屋久島でのリゾートバイトについてエリア特徴から仕事内容、休日の過ごし方まで詳しく解説

屋久島 バイト

(屋久島のウィルソン株) 屋久島とは、九州最南端の佐多岬(さたみさき)より、南西に60kmの場所に位置する島です。 周囲道路は約130km、車で回るなら約4時間程度の面積(東京23区と同じくらい)で、日本全国において7番目に大きな島とされています。 屋久島と言えば、かの有名な縄文杉(樹齢7200年以上)や屋久杉をはじめとした手付かずの大自然が魅力です。 (樹齢7200年を誇る縄文杉) 1993年、こうした森林の神秘的な姿は世界自然遺産に認定され、更には1997年に公開されたヒット映画「もののけ姫」の舞台になったことから、ますます観光地としての人気を博しています。 そんな屋久島でのリゾートバイト求人の中心となるのは、屋久島に訪れる観光客を相手とした 民宿やホテルでの仕事です。 屋久島でリゾバの募集をかけている宿泊施設が多く点在しているのは、屋久島において交通手段の主要となる 宮之浦や 安房周辺です。 (宮之浦エリアも安房エリアも海岸線に近い) 両エリアには宿泊施設以外にも観光客向けの店が点在していて、縄文杉等への交通機関も整っています。 (安房エリアの街並み) リゾートバイターが過ごす寮近辺にも個人商店のコンビニや店があるため、生活環境の利便性は高いです。 リゾートバイト中、生活や休日観光において不便を感じることはありません。 今回の記事では、屋久島でのリゾートバイトを検討している人に向けて• 屋久島リゾートバイトでの仕事内容• 休日は何ができるのか?• 屋久島リゾートバイト求人の効率的な探し方 を詳しく記載していきます。 屋久島で最も観光客数が多いのは8月頃であり、リゾートバイト求人数のピークも同様に8月頃です。 ただ、それ以外の季節であっても屋久島リゾバ求人は通年応募を受付ています。 しかし、注意しておきたいのは、 屋久島リゾバ求人は絶対数が少ないです。 時期によっては2件〜3件しかない時もあります。 加えて、 屋久島のような離島でのリゾートバイトは人気であるため、求人は早めに定員に達する傾向があります。 そのため、 屋久島でのリゾートバイトを検討している人は、めぼしい求人を見つけたら早めに応募すると良いでしょう。 実際にどのような求人が存在するのかは、以下の屋久島リゾバ求人が多いリゾートバイト派遣会社より確認できます。 屋久島におけるリゾートバイト (リゾバ求人を出している屋久島のリゾートホテル) 屋久島でリゾバ求人を出しているのは、宮之浦や安房といった観光客向けのエリアにある旅館やホテルが主です。 屋久島の宿泊施設はファミリー向けの大型リゾートホテルからバックパッカーが利用する一人旅用の民泊まで、バリエーションが幅広いです。 宿泊施設の規模によってスタッフ数や職場の雰囲気は異なりますが、どの施設も客数に合わせたスタッフ数を用意しています。 そのため、宿泊施設の規模によって仕事の忙しさが異なることはありません。 個人的に民宿はアットホームでスタッフ同士や宿泊客との距離が近く、コミュニケーションを取るのが好きな人にはおすすめです。 (民宿の様子) 一方、大型のリゾートホテルは、都会での仕事のように効率的に捌くことが重要となります。 ただ、施設のプールなどを無料で使わせてもらえるため、休日や休憩時間を充実させやすいです。 (働いていたリゾートホテルのテラスから見えた夕日) どちらも異なるメリットがあると言えます。 屋久島観光のベストシーズンとなる8月は1年の中で最も忙しいため、いずれにせよ 8月に限ってはどのような施設であれ、1時間〜2時間程度の残業をすることがあるでしょう。 良くも悪くも人との距離が近い民泊での仕事 働く場所が民宿なのか大型ホテルなのかで、リゾートバイト生活のイメージはガラリと変わります。 シーズンによっては民宿しか募集がなかったり、大型ホテルしか募集がない場合もありますが、働く前に両者のイメージをなんとなくでも掴んでおいた方が良いでしょう。 (屋久島の民泊) 民宿の仕事で楽しい部分は、宿泊客との距離が近く、民宿内の装飾を自由にアレンジできるという点。 民宿は家族経営が多く、部屋数が限られているため、同じ宿泊客と接する機械が多いです。 例えば、バーベキューセットを貸し出ししたり、食事を用意するのも対複数グループではなく、対1組や2組だったりします。 (屋久島の民泊でのバーベキュー) スタッフ数も宿泊客数も少ないため、早い段階でお互いの顔を覚えます。 宿泊客に対する思い入れが強くなりやすいのが民宿で働く醍醐味と言えるでしょう。 ただ、部屋の飾り付けなど、自分が「こうしたらもっと良くなるのでは」と思ったことは、どんどん意見を言えて取り入れてもらえます。 この辺りは大型ホテルにはない楽しみです。 効率的に働く大型ホテル。 休憩や休日は充実しやすい 一方の大型ホテルは、明確に仕事担当が線引きされています。 傾向として募集が多いのは、• といった非接客の裏方系求人です。 大型ホテルの場合は「どれだけ効率良く仕事を捌けるか」が重要なので、民宿のようにほのぼのした空気ではありません。 どのポジションでも「次に何をするか」を考えながらテキパキと動くのが鍵となります。 そう考えると、一見大型ホテルで働くのは味気がないように思えますが、大型ホテルには大型ホテルなりのメリットもあります。 求人によって有無は異なりますが、多くの場合ホテル併設のプールを無料で使えたり、寮各部屋にもWiFiが届いてるなど待遇が良いです。 また、傾向として大型ホテルの方が賄いが有ったり個室寮が綺麗なので、大型ホテルの方が肌に合うという方もいます。 (筆者が過ごしていた個室寮。 ビジネスホテルよりも広くて快適だった) 民宿と大型ホテル、どちらも一長一短なので、自身のイメージに合いそうな求人を選択すると良いです。 屋久島リゾバにおける休日の過ごし方 (ウィルソン株。 ハートに見える屋久杉の切り株) 屋久島での休日の過ごし方は、屋久島の魅力とも言える手付かずの大自然を満喫するのがベターです。 多くのリゾートバイターが、休日には縄文杉を見にトレッキングをしたり、夏場は海水浴場に足を運んでいます。 屋久島内での移動手段にはレンタカー・バス・タクシーの利用が可能で、いずれの交通機関も滞在する寮の近辺から利用可能です。 屋久島には観光スポットやグルメスポット、公園、自然館などが広範囲に渡って点在しています。 そのため、リゾートバイトを始める前からガイドブック等を見て、休日に観光する場所をピックアップしておくのがおすすめです。 その方が休日の時間を有効に使えます。 以下では、数ある屋久島の見所の中でも、ここだけは絶対に足を運んでおきたいという観光名所を紹介しています。 縄文杉。 絶対に一目見ておきたい神秘の古木 縄文杉は「世界遺産 屋久島」を代表する古木です。 推定樹齢が7200年以上と言われ、少なくとも縄文時代からは生きているだろうということで縄文杉という名がつけられました。 縄文時代…私たちからするともはや神話や伝説の域と言えるほど遥か昔ですが、そんな時代から縄文杉は変わりゆく景色や訪れる人間達を見てきたと思うとロマンがありますよね。 縄文杉を見るためには6時間〜7時間の登山をしなくてはならないですが、寮の近くにはトレッキング道具のレンタルショップがあります。 また、職場となる民宿やホテルでトレッキングツアーの受付も行っているので、登山の知識が皆無でも問題ありません。 屋久島灯台。 屋久島のサンセットスポット 日本最大のウミガメ産卵地として知られる永田いなか浜近くにある灯台。 永田いなか浜は、初夏のシーズンになると産卵しにやってくるウミガメを見学できるということで、夏の屋久島リゾバでは必ずと言っていいほど訪れるリゾートバイターがいます。 そして夕方からは、綺麗な夕日が差し込む灯台の様子をセットで観光するのが鉄板です。 森林や縄文杉ばかりが注目されがちな屋久島ですが、こうした海辺の美しさを満喫できるスポットも存在します。 屋久杉ランド。 気軽に行ける森 屋久杉ランドは、安房から約16kmの場所にある自然休養林です。 大きな森の中に整備されたトレッキングコースが作られており、屋久島に自生する数々の屋久杉を見ることができます。 屋久杉ランドの良い所は、全部で4つのトレッキングコースが用意されていて、中には30分や50分程度のコールもある点。 体力に自信がなかったり、ちょっと森林の様子を見るだけで良いという方には丁度良いです。 ガッツリと「登山!」という気持ちではなく、軽く森林を散歩してみようという気持ちでのぞめます。 今にも、もののけ姫のこだまが出てきそうな緑浴豊かな屋久杉ランドの光景は必見の価値ありです。 首折れサバ。 屋久島ならではのネタを食そう 屋久島のうまいもの、ときたらやっぱり首折れ鯖と飛魚のお刺身🎵 — nabi nabiinsea 首折れサバとは、屋久島で水揚げされるゴマサバです。 新鮮でクセがない美味しい味わいが人気で、屋久島では定食屋等、至る所で首折れサバを食べることができます。 首折れサバのお刺身御膳は大抵1,000円〜1,500円くらいするので、出来るだけ支出を抑えたいリゾートバイターにとっては大きな金額です。 しかし、リゾバ生活中に1回くらいは、こうしたご当地グルメを堪能したいです。 ちなみに、大型ホテルで働いていると、賄いで首折れサバを出してくれることもあります。 屋久島リゾバ求人の効率的な探し方 冒頭でも述べたように、屋久島のリゾートバイト求人はシーズンに関わらず数が少ないです。 そのため、屋久島のリゾバ求人数が多い派遣会社を見て、めぼしい求人があったら早めに応募するのがベターと言えるでしょう。 シーズンによって民宿しかない時や大型ホテルしかない時もあります。 民宿希望なのに大型ホテルの求人しかない場合、民宿の求人が出るまで待つ人もいますが、待っていても希望の求人が出るとは限りません。 そのため、働く施設にこだわるのはあまり良い判断とは言えないかと思います。 屋久島の求人は、以下の屋久島リゾバ求人が多いリゾートバイト派遣会社より確認できます。 上記リゾートバイト派遣会社は、数あるリゾバ会社の中でも最も時給の設定額が高いです。 そのため、平均時給が低い屋久島の求人でも時給1,000円前後の求人を見つけられるでしょう。 また、往復分の交通費を出してくれますし、賄いなどの待遇もしっかりあります。 是非、都合の合う求人を見つけて、満足度の高い屋久島リゾバ生活を送って頂ければと思います。 リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。 派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。 就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。 派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。 現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。 各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。 派遣会社は複数社での登録が可能です。

次の

【スタッフ募集】屋久島ガイド観光ツアーならFIELDエコツアー

屋久島 バイト

悠久の時を刻む美しく深い森に抱かれる屋久島でリゾートバイト 屋久島は、鹿児島県の大隈諸島の中に位置する離島です。 鹿児島県の島としては、奄美大島に次いで2番目の大きさを誇ります。 豊かで美しい森林が島の90%を占めています。 1993年には島の約21%が、日本で初めてユネスコの世界自然遺産に登録されました。 九州最高峰の山である宮之浦岳があり、洋上アルプスと呼ばれる1900m級の山々が連なります。 自然豊かな美しい山を目指して、多くの登山客が訪れる人気の離島です。 屋久島の深い森には、樹齢1000年を超える屋久杉が生育していて、神秘的でパワーがみなぎる場所になっています。 縄文杉を見るには、往復9~10時間のトレッキングが必要で、道のりは楽ではないですが、辿り着いた先に大きな感動が待っています。 豊かで美しい森に抱かれて、その力強さと癒しを実感できるたまらなく魅力的な離島です。 屋久島の山開きは3月からで、植物や動物も活発に動き出す時期を迎え、トレッキングを楽しむ登山客が多く訪れます。 アクセスは、鹿児島から屋久島まで飛行機で約35分、高速船で1時間45分で到着します。 屋久島リゾートバイトは、幻想的な大自然にゆったり癒されながら元気に働ける仕事になります! 屋久島の住み込みリゾートバイト求人 屋久島のリゾートバイトでは、幅広い職場や職種で求人募集が行われています。 ホテルスタッフやマリンスポーツ関連などの接客業、レストランホールや調理などの飲食業、清掃やベッドメイキングなどの裏方業務などです。 住み込みで働くリゾートバイトでは、寮費、食費、光熱費などの生活費が無料の場合が多いです。 しかし、屋久島など離島でのリゾートバイトでは、それらの生活費が無料ではない場合もあります。 ですので、事前にしっかりと求人内容を確認して仕事を選ぶ必要があります。 屋久島の仕事は、リゾート地の仕事に特化した、リゾートバイト派遣会社の求人サイトから探せます。 例えば、リゾートバイト派遣会社の求人サイトには、こんな屋久島の住み込み求人がありました。 仕事内容:リゾートホテルのレストランで接客、配膳、片付け、清掃などのホール業務 勤務地:鹿児島県 屋久島 期間:3月上旬~3ヶ月以上 時給:910円 寮:個室 寮費無料、食費無料 1日1食 、光熱費無料 屋久島のリゾートバイトは、時期や派遣会社によっても求人応募の条件が違います。 リゾートバイト派遣会社には、求人サイトに載らない非公開求人もあるので、複数の派遣会社をこまめにチェックするのをお薦めします。 リゾートバイトで気持ち良く働ける環境がありますよ。 そして、屋久島には、リゾートバイトの合間に訪れると、元気がもらえる場所が色々とあります。 リゾートバイトの休日に行ける屋久島のおすすめスポット ・縄文杉 樹齢2000年~7200年と言われる屋久島で最大にして最古の屋久杉です。 縄文杉を見るためには、片道約5時間、約11kmを歩きます。 川を超え、トンネルをくぐり抜け、屋久杉の森の中に分け入ると、樹高25. 3m、胸高周囲16. 4mの巨大な縄文杉に出会えます。 ・ウィルソン株 樹齢3000年の屋久島で最大の屋久杉の切り株です。 400年ほど前に伐採された巨木は、 中に大きな空洞を作り、清らかな泉も湧きだしていて、 天井部にはハート型の穴が開いています。 ・白谷雲水峡 もののけ姫の森 映画もののけ姫に出てくる森のモデルになったと言われる太古の森です。 石も木もすべてが緑色の苔に覆われています。 美しい苔に覆われた幻想的で生命力あふれた森を散策できます。 ・平内海中温泉 海が干潮時の2時間ほどしか入浴できない海の中にある秘湯です。 自然の地形を利用した岩の浴槽が4つあり、男女混浴で水着の着用は不可です。 更衣室はなく、外から丸見えの露天風呂は解放感にあふれています。 丸見えが嫌な人には足湯専用の湯船もあります。 など、神秘的でパワーみなぎる場所がいろいろあります。 屋久島で元気に働けるリゾートバイト求人の探し方 屋久島のリゾートバイト求人は、リゾートバイトに特化した派遣会社から探すのが安心です。 一人一人に付く担当の派遣スタッフが、あなたの希望に叶う職場を見つけてくれます。 就業先は、派遣会社と契約した労働条件を守らなければいけないので、スタッフは安全に働く事が出来ます。 何かあれば派遣担当スタッフがサポートしてくれるので心強いです。 屋久島で住み込みで働くリゾートバイトは、生活費として寮費、光熱費、食費がかかり、現地に移動する往復分の交通費もかかります。 しかし、派遣会社に登録してリゾートバイトを見付ければ、これらの生活費や交通費は無料になる事がほとんどです。 そして、派遣会社を通して求人を探した方が、同じ職場でも時給が高くなる場合が多いです。 こちらでは、安心して頼れるリゾートバイト派遣会社を厳選して紹介します。 それぞれ派遣会社は、求人情報に特徴があるので、複数社に登録して希望の職場を見付けてください。 あなたが元気に働ける屋久島の職場へ…ここから行けますよ! 希望のリゾートバイトが見つかり、あなたが元気になりますように。 リゾートバイト派遣会社.

次の

屋久島の求人|ゲストハウス・カフェ・飲食店独立開業志望者歓迎

屋久島 バイト

いまだに、屋久島入りを画策されていますか? 高速船トッピーか高速船ロケットですと、まあキャンセル待ちとなるでしょう。 また、フェリーがあります。 鹿児島本港南埠頭から、毎日朝の8時30分出港のフェリー屋久島2です。 おヒマがあれば、フェリー屋久島2の当日乗船券を狙うべきです。 枚数に制限がありますので徹夜でしょうか? 詳しくは、折田汽船のHPを開いて、トクと観て作戦を練ってくださるか、 奄美行きにとかも調べて観るか、あきらめることです。 それから、22日まででしたら、船名が「はいびすかす」と言うフェリーがありますが、屋久島丸がドッグ入りのため、種子島経由で屋久島まで就航しています。 ただし、旅客だけでは、とても不便な埠頭から出港します。 場所は鹿児島市街地より指宿方面の谷山港のナナツシマ埠頭から出港です。 それも、朝7時の出港です。 皆既日食当日の22日までですが、当日ではもう間に合いません。 本来、屋久島へ直行で就航している「屋久島丸」が、ドッグ明けの23日よりフェリー2と同じ南埠頭から朝の7時に出港となります。 尚、宿泊に関しては、新しくできた民宿とかが狙い目です。 でも、まずは乗船できるかどうかなんです。 屋久島でテント泊でもよければ、どうにかなるかも。 或いは野宿かもですね。 宮之浦港に入港時に、面倒見のいいおじさんが居たら、これ幸いですか! 本当に見たいのなら種子島がいいと思います。 これは屋久島よりも野宿がしやすいからです。 屋久島は入島規制されますのでお勧めできません。 種子島には臨時のキャンプ場を設けるようですし、 テントを持っていけば受け入れてもらえると思います。 後は鹿児島からの船の予約です。 皆既日食前後は予約でいっぱいですから、それよりも前に島に入り、 それよりも後に島を出る覚悟、およそ1週間、島でキャンプ生活する覚悟があるならば、今からでも見ることは可能です。 トカラでの野宿は無理です。 島が小さく受入能力がないからです。 トカラも入島規制されますし、フェリーにも乗れません。 皆既日食時にはツアー客のみ受け入れることになっています。 Q こんにちは。 22歳の女です。 10月に2週間くらい、石垣島へ一人旅しようかと思っています。 のんびり絵を描きに行きたいので、あまり人のいない所に行きたいと思っています。 それで、平久保灯台の方へ行ってみたいのですが、近くに安い宿はあるのでしょうか? 極力お金を使いたくないので、素泊まりで一泊2000円前後の宿を探しています。 もしなければ野宿しようかと思っています。 インターネットでいろいろ調べたのですが、南の石垣空港の近くにしか宿がないのです。 免許を持っていないので、移動が歩きになります。 ちなみに、石垣島以外でいい場所があれば教えてください。 いい場所を知っている方、教えていただけるとありがたいです! A ベストアンサー 石垣島ヘビーリピーターです。 平久保の灯台の周り一帯は石垣牛の牧場だそうです。 ゴルフ場のようにキレーイに芝布が整備してあるように見えますが観光のためではありません。 牛のためなんですよ。 もちろん人や車が入っていく所は牧場ではありませんし、牛が入っていけないように地面に牛のひづめがスポッと入ってしまう隙間のたくさん付いている鉄板?(名前がわかりません)が敷いてあるそうです。 石垣には他にもたーくさん牛の牧場が広がってます。 北海道のごとく? 平久保へ行く一本道の両側は、ポツポツと民家や売店があるほかはジャングルです。 本州とは植物の種類が違います。 亜熱帯風ジャングル?10月ならあちらはまだ真夏です。 虫、鳥、ヘビ(石垣はハブもいるかな)、何でもござれですし、野良犬だけでなく野良ヤギもいるそうです。 夜は街灯はありません。 真っ暗です。 浜辺なら、と思うかもしれませんが海水浴場が整備されてるわけではありません。 基本的に島の北半分は砂浜は少なくて崖です。 砂浜も間際までジャングルが迫った地元の人しか知らない細い道が一本通っていればラッキー、というところばかりです。 潮が満ちたら浜辺はなくなってしまいますし。 例え寝袋やテントをお持ちでも、そんなところにいられますか?本州の山や河原にテント張るのとは違うんです。 だからって道路脇や民家の敷地内に寝たりしたらいくらなんでも警察に通報されますよ。 それに台風が来たらどうするんですか?事前にその情報さえ入る環境になかったら?脅すようですが絶対にキャンプ場以外の所で野宿しようなどと考えないでください。 市街の安いドミトリーなら1500円くらいからあるでしょう。 そこに泊まって、毎日バスで通うことをお勧めします。 でなければ個人でつてをたどって平久保近くの民家に居候させてもらうしかありません。 市の観光課か、道路沿いにいくつか観光客向けの食堂やアイスクリーム、パイナップルのお店、ダイビングやカヌー、シュノーケリングの手配をするお店などありますから、片っ端から電話してそういう形の宿泊をさせてくれる民家を知らないか、聞いてみるという手はあります。 ただし相手の迷惑にならない程度に。 何も平久保にこだわるこた~ないよ、と言いたいですが、どうしても、という事ならがんばってみてください。 石垣島ヘビーリピーターです。 平久保の灯台の周り一帯は石垣牛の牧場だそうです。 ゴルフ場のようにキレーイに芝布が整備してあるように見えますが観光のためではありません。 牛のためなんですよ。 もちろん人や車が入っていく所は牧場ではありませんし、牛が入っていけないように地面に牛のひづめがスポッと入ってしまう隙間のたくさん付いている鉄板?(名前がわかりません)が敷いてあるそうです。 石垣には他にもたーく... A ベストアンサー 登山歴30年です。 ムーンライト1型を使っていた時期があります。 結論から書けば、ムーンライトは登山でも十分使用できます。 でも、単独での使用が主体なら、2型ではなく1型にすべきでしょう。 一般的なクロスポールのドーム型テントと比較したムーンライトの長所と短所を挙げてみます。 長所ですが、まずはなんといっても風通しが良いことが最大のアドバンテージです。 出入り口と足下のベンチレーターが直線状に風を通すことができますし、ベンチレーターが低い位置に付けられているので、風通しはドーム型テントとは異次元に良いです。 おまけにインナーテントとフライの間隔が広く、密閉性が高くない構造なのでインナーとフライの間にも風が通りやすく、とにかく「涼しい」ということではダントツのテントです。 高山帯でも夏はけっこう暑いです。 特に日中は高山帯独特の"日陰は肌寒いくらいだが、直射日光を受けると炙られるように暑い"という状況でテントを設営していると、ドーム型テントではテント内にガスボンベを放置していると危険を感じるくらいに暑くなります。 こんな、ドーム型テントではテント内に居ることすらできないほど暑いときでも、ムーンライトの中では昼寝ができるくらい涼しいです。 実際にステラリッジ4型とムーンライト1型を併用したときに経験してます また、フライとインナーの間隔が大きく開いている構造なので、"普通の"雨にはめっぽう強いです。 フライとインナーが接触するとそこから浸水するのですが、ムーンライトだとほとんどそのようなことがないので、とにかく「上から降ってくる雨」には無敵と言って良いほど強いです。 それに設営と撤収が簡単なことも利点なのですが、これは7型などの大型テントでは同クラスのドーム型テントと比較するとそれこそ「異次元」と言って良いほど際だっていますが、1人用などの小型テントではそんなに大きなアドバンテージではないでしょう 1人用のドーム型テントの設営&撤収も簡単だから。 短所は、やはり重量が筆頭でしょうか。 ドーム型テントの1人用の標準的な重量が1. 5kgとすると、同じ1人用でもムーンライトは500gも重いです。 これは登山ではけっこう重要な要素です。 それと長所の裏返しなのですが、絶対的な耐候性、特に耐風性はドーム型テントよりは劣ります。 上から降る雨には無敵ですが、テントとフライの間に風が通る構造のため、強風を伴った雨では風によって巻き込まれた雨が直接インナーを叩くことがあり得ます。 また強風下ではフライのバタつきも大きいです。 耐風性そのものは決して低くはありません。 ポールもちゃんとしなって風を受け流すことができますし、インナーテントがポールに強固にフィックスされていない構造なので、インナーがバタついて風を受け流すこともできますから。 ただ、それも程度問題で、あまりに風が強いとインナーがバタつき過ぎて裂ける危険性もあります 生地そのものはかなり厚手のモノを使っているので裂けるリスクは小さいのですが、インナーをポールに吊す支点付近がウイークポイントかと。 ま、これは「よほどの強風下」の話であって、絶対的な強度には優れるドーム型テントでも、設営方法がまずかったりするとムーンライトより早く破綻することはあり得ます。 そもそもムーンライトが破綻するほどの荒天下では、どのみちドーム型テントでも安穏とはしていられません。 もうひとつの短所は、これも長所の裏返しですが、保温性に劣る、ということがあるでしょう。 これも夏山では3,000mの高山帯でも、テントに保温性より"涼しさ"を求めるのが普通なので、欠点にはならないでしょうけど。 という長所と短所を総合して考えると、無雪期の登山では重量にさえ目をつぶれば、ムーンライトにも十分選択する価値がある、と思います。 というよりむしろ、設営さえしてしまえばムーンライトの方がテント生活は快適でしょうね。 それも快晴だったりすると"異次元"の快適さです。 私は毎年、家族で立山の雷鳥沢キャンプ場にベースキャンプを張って立山を歩くのですが、キャンプ場に午後早い時間帯に帰着した時など、テント内には暑くて居れないので ステラリッジ4型を使用 、小屋に逃げ込んでビールでも飲んでいるしかないのですが、キャンプ場に点在するムーンライトの中では昼寝している人がいて羨ましい限りです。 絶対的な耐候性の低さは、夏山で使用する限りはさほどの欠点にはならないと思います。 どのみちムーンライトが潰されるほどの悪天候なら、ドーム型テントでもかなり緊迫する場面には違いないので、どのテントを使っていてもさっさと小屋に避難するのが正解でしょうから。 それに、北アのテント場でも、本当に吹きっさらしのテント場って意外にないです。 30年の間に北アのたいていのテント場で幕営しているはずなのですが、荒れると厳しいなと思うのは槍~穂高の稜線上のキャンプ場くらいでしょうか。 冬に使うテントではないのは初めから判っている話なのですが、でも積雪期でも意外につぶしがきくテントです。 厳冬期の北アは論外ですが、11月とか5月など、フライで行くか外張り 最近はスノーフライなどという呼称もあるらしい にするか迷うときがあります。 スノーフライで行って雨が降るとほとんど無抵抗に浸水するので酷い目に遭いますし、フライで行って雪が降ると、積雪によってフライと地面の隙間を塞がれてテント全体が密閉状態になるので、非常に酸欠になりやすくてとても危険な状態になります。 ムーンライトだと積雪時でも通気性を確保しやすい構造 言い換えれば密閉性が低い ので、11月や5月でも標高の低いところのベースキャンプであれば、けっこう使っていました。 ま、密閉性が低い=保温性が低いので寒いというのが欠点ではありますが、寒いだけでは死なないので酸欠のリスクが増えるよりはマシですし。 というわけで、重量増にさえ目を潰れるのなら、むしろ積極的にムーンライトをお薦めしたいくらい、良いテントだと思います。 サイズは単独での使用が主体なら、1型にすべきでしょう。 2型は標準的な1人用ドーム型テントと比較すると、実に1kg以上も重くなります。 これはいくらなんでも重すぎ。 1人用のサイズでも広さは十分です。 私はこれで小4の息子と2人で幕営したことがあります。 確かに狭かったですが、なんとか普通に寝れました。 1人なら十分すぎるほどの広さです。 荷物の整理などに馴れれば、1型でもまだ狭くても良いと思うくらいになるでしょう。 どのみち、山では夜中に突然避難しなくてはならなくなることもありますから、荷物をきちんと整理しておくことはテント泊山行の必須技術でもあります。 2人であれば、いっそ3型の方が良いでしょう。 1~2型はテーパー状に足下が狭くなるというフロア形状のため、複数人数では少し使いにくいのです。 それだったら長方形のフロア形状の3型の方が使いやすいです。 重量増も2人で分担するので、1人当たりの増加分はなんとかなるでしょうし。 山でも1型と3型は稜線でもよく見ます。 雷鳥沢などのベースキャンプ型山行ができるテント場では5型や7型も毎日必ずと言って良いほど見かけます。 涸沢などのテント場入りするまでに1日歩かねばならないところではさすがにムーンライトの大型テントはあまり見ないですが。 でも、2型はほとんど見たことがありません。 2人で3型を使っている人は多いですが、やはり2型は中途半端なのでしょう。 登山歴30年です。 ムーンライト1型を使っていた時期があります。 結論から書けば、ムーンライトは登山でも十分使用できます。 でも、単独での使用が主体なら、2型ではなく1型にすべきでしょう。 一般的なクロスポールのドーム型テントと比較したムーンライトの長所と短所を挙げてみます。 長所ですが、まずはなんといっても風通しが良いことが最大のアドバンテージです。 出入り口と足下のベンチレーターが直線状に風を通すことができますし、ベンチレーターが低い位置に付けられているので、風... Q 秋に一人旅をしてみようと考えています。 今まで福岡しか行ったことなく、九州を一周したいのですが、残念ながら知識がありません。 福岡に友人はいますが、結婚して移り住んだため、他の都市のことを知らないみたい。 博多で1泊 9月2日~9月4日 九州一周 9月5日 朝(午前8時代)の福岡空港発で帰宅。 2日朝博多発、4日夜博多着をイメージしています。 バスは酔い易く30分程度が限界。 可能ならば市内バス+JRのみで回りたい。 ) ・長崎:一人旅を考えているのでハウステンボスはあまり考えていません。 むしろ歴史の名所を回りたいです。 ・鹿児島:九州の一番南なので。 桜島などはJRの車窓から見えたりするのでしょうか?薩摩の名所もあるそうですね。 ・宮崎か大分:宮崎だとシーガイアが有名ですが、一人でも行くところありますか?シーガイア以外に名所はありますか?なければ、大分の別府温泉でのんびりするのもいいな?と思ってます。 でも、温泉街って遠いと聞いたのですが、遠いのであれば大分駅前?にもいくつかあるみたいなので、それもいいなぁーって思ってます。 ・佐賀、熊本:何か見ておくべきものがあれば下車してもいいかなと思ってます。 阿蘇山は相当時間がかかるようですので見送ります。 でも、もう1泊はどこかのホテルに泊まりたいな。 今まで福岡しか行ったことなく、九州を一周したいのですが、残念ながら知識がありません。 福岡に友人はいますが、結婚して移り住んだため、他の都市のことを知らないみたい。 博多で1泊 9月2日~9月4日 九州一周 9月5日 朝(午前8時代)の福岡空港発で帰宅。 2日朝博多発、4日夜博多着をイメージしています。 A ベストアンサー 九州1周なんてうらやましい・・・。 福岡:ラーメンorうどんを食べる。 焼き鳥を食べる バラ 豚バラ がお奨め!。 佐賀:呼子でイカを食べる。 有田・伊万里・唐津などの焼き物を見る。 長崎:市内であれば、新地 中華街 、大浦天主堂、グラバー園、オランダ坂、浦上天主堂、平和記念公園などなどあげればきりがないですね。 滞在時間にもよると思います。 食事は中華街でしょうか。 チャンポンも良いですが、角煮をまんじゅうの皮のようなものに挟んで食べるのがとてもおいしいです。 あと「吉宗」の茶碗蒸しもお奨めです。 大分:女性の一人旅なら他の方も書かれているように、湯布院をお奨めします。 安くお風呂に入れるところもあります。 美術館や民芸村など、レンタサイクルで廻ると良いと思います。 宮崎:観光されるのであれば、青島の方はどうでしょうか。 宮崎は私もあまり行ったことがないので、よく分かりません。 熊本:やっぱり阿蘇がお奨めですが、移動をJRメインで考えるとちょっと厳しいですね。 食べる物では馬刺でしょうか。 一度「馬」専門のお店に連れて行ってもらったら、馬刺以外にもいろいろあって、とてもおいしかったです 店の名前は忘れちゃいました。 すみません。 鹿児島:指宿で砂風呂ですかね。 他の方が書かれている「しろくま」はお奨めです。 でも、かなり大きいので、食べるのが大変かも。 鹿児島もほとんど行ったことが無いので、よく分からないです。 参考になりますでしょうか。 帰りは、必ず福岡からじゃないとだめですか?福岡から南下していって、帰りは鹿児島からとか。 そうするともう少しゆっくり出来ると思います。 旅行会社の九州へのパック旅行で個人で自由に計画出来るものがあると思いますので、そちらも参考にされると良いと思います。 楽しい旅行になるとよいですね。 九州1周なんてうらやましい・・・。 福岡:ラーメンorうどんを食べる。 焼き鳥を食べる バラ 豚バラ がお奨め!。 佐賀:呼子でイカを食べる。 有田・伊万里・唐津などの焼き物を見る。 長崎:市内であれば、新地 中華街 、大浦天主堂、グラバー園、オランダ坂、浦上天主堂、平和記念公園などなどあげればきりがないですね。 滞在時間にもよると思います。 食事は中華街でしょうか。 チャンポンも良いですが、角煮をまんじゅうの皮のようなものに挟んで食べるのがとてもおいしいです。 あと「吉宗」の茶碗... A ベストアンサー 私は5月末に屋久島縄文杉トレッキングをしてきました。 本来はアウトドア用のトレッキングシューズがよいですが、 間に合わないなら無理して新しい靴を買うことはありません。 (靴擦れしたら歩けないので) でも、水場もありますし、急な雨も予想されますので、 防水対策はきっちりされたほうがいいと思います。 服装はジャージでもよいですが、必ず上下セパレートのカッパを 持参してください。 あと、折りたたみ傘も忘れずに。 中に着るTシャツは綿100%ではなく、汗が乾きやすい、 ポリエステル混のものをお勧めします。 尚、屋久島ガイド協会のの方とお話をしましたが、 「行く前に不安があればどんどん質問をほしい。 そして安全で楽しいトレッキングをしてもらいたい」と 言っていましたので、問い合わせてみるのも手です。 普通の森林浴よりも何倍も癒されますよ。 楽しんできてください。 yakushima-guide. なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。 ・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください ・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう ・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。 地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々あります。 ・ハイキング、山登りの場合に予定の行程どおりに行かずに緊急避難で張るなら許されるでしょう。 (計画時に可能性のある退避場所を調べておくのは常識) 許可をもらう場合とゲリラ的に泊まる場合に分けて書きます。 正式許可がとれるかどうか 河川敷 河川事務所が管理している。 大規模キャンプは事前申請が必要。 河川敷に公園や野球場がある場合、管理者は別にいる。 正式に許可を求めるなら、そこを探す。 いずれも個人が申請しても許可が出ない 海岸 多くの県では、キャンプ禁止になっている。 道の駅などの駐車場 許可は出ない 里山(農地のどん詰まりとか、林道の終点とか) あらかじめ地主の許可を求めればOKとなることが多い。 国有林は許可は出ない 廃校、公民館など 管理者(町内会など)次第 高い山の中 キャンプ地以外は許可が出ない。 オフシーズンでキャンプ地が閉まっているようなときでも「あきらめてください」といわれるだけ。 ゲリラ的に泊まる場合 一般論 「不法侵入」と言われたら反論できないことを念頭に置いて自分の責任でおこなう。 目立たないところに張るか、普段テントが見られるところに短時間だけ張れば、多分問題にはならない。 人工の構造物(駐車場、道路、漁港、トンネル、高架道路、鉄道、学校、公園)を極力避けて、林とか林道、空き地など自然に近く人気のない場所を選定する。 日の高いうちからテントを張ったり、朝遅くまで張っていれば、誰かに何か言われる可能性が高まる。 あらかじめあたりをつけておき、人気が無くなってから張る。 トイレなどのあるところにする。 暴走族などが来ることを念頭に置く。 あらかじめ地図・ガイドブック・ネットで研究し、現地(役所の観光課や観光協会)に電話をして様子を聞き、出来れば下見に行き、当日は早めに着いて場所を確認し、出来れば近隣の人に声をかけ、人気のない時間だけ張るというのがポイント。 河川敷・海岸 2-3人のグループがバーベキュー程度をするなら許可は要らない。 駐車場などの一番奥とかなら文句は言われない 洪水や暴走族などを念頭においておく。 海岸 オフシーズンに目立たないところで張るなら多分OK。 駐車場があればそこの脇がよい。 荒天時に注意 砂浜ではなく、防風林などの脇がよい。 都市部の公園 大規模な緑地や築山のあるような公園なら目立たないところがあるかもしれないが、リスクは大きい。 地方都市の人里離れた公園や野球場 夜間も自由に出入りできる場所なら多分OK. 道の駅や観光地の駐車場 深夜管理人がいないあいだに目立たない場所の緑地に張る。 オフシーズンに自分の停車している車の横に張るくらいなら、文句は言われないないだろう。 交通事故に注意 林道・農道の終点 日没後、交通が無いことが確実なら泊まることが出来る。 未明からトラックが通ることがあるので注意 林の中(低山) テントを張るには下草を刈ったりする必要がある。 雑草なら良いかもしれないが、キャンプには不適当 林の中(高山) 土壌を踏み固めるという行為の影響や、トイレなどの始末方法を理解してなければ勧めない。 (生物で分解されないし、生態系を乱す) 管理された人工林なら可能性があるが、国立公園内では緊急退避以外でキャンプをしてはならない 山頂近くなどに山小屋があれば、キャンプ出来る場合は場所を指定してくれる。 あらかじめ問い合わせておくこと。 そのほか 教育目的でやる場合は、警察、消防に計画を連絡しておきます。 パトロールしてくれます 過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。 なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。 ・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください ・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう ・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。 地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々ありま... A ベストアンサー #1です。 ocn. htmでは、登山用品レンタルも行っていますから、わざわざ登山用品を買い揃える必要がなく、旅の荷物を減らすこともできます。 #3さんがアドバイスされているお弁当を用意してくれるお店を紹介してくれるようだし、早朝の朝食も用意してくれるそうなので、いろいろ手間要らずになると思います。 専属ガイドもいらっしゃって、下山後には濡れた靴などを乾かすランドリーも設置されているようです。 この宿は、もともと本土出身で屋久島に魅せられて移住したご夫婦が経営されているので、本土出身で屋久島を愛する人という目線からのアドバイス「初めて屋久島を訪れる方へ」「屋久島旅の本音アドバイス」などがサイトに書かれているので、ご覧になるといいかと思います。 この宿も登山する人たちに、おにぎりを用意してくれるそうです。 #2さんが紹介されている尾間温泉のすぐ近くなので、お風呂は温泉へ入りに行くこともできる宿です。 お勧めスポットは、前のリンク先にも書いたヤクスギランドですが、縄文杉登山をされた方には、ちゃちに感じるかもしれません。 でも、ヤクスギのことがわかってお勧めです。 yakushimabussanten. travel. yahoo. webry. html。 ここのご主人も屋久島に移住してこられた方で、ドイツ(だったかな?)で修行された本格的なパンが食べられます。 イートインもできるので散策の休憩にもお勧めです。 realwave-corp. htmにも多くのお店が掲載されています。 #1です。 ocn. htmでは、登山用品レンタルも行っていますから、わざわざ登山用品を買い揃える必要がなく、旅の荷物を減らすこともできます。 #3さんがアドバイスされているお弁当を用意してくれるお店を紹介してくれるようだし、早朝の朝食も用意してくれるそうなので、いろいろ手間要らずになると思います。 専属ガイドもいらっしゃって、下山後には濡れた靴などを乾かすランドリーも設置されているようです... A ベストアンサー 駅寝は即犯罪とは一概にはいえません。 駅等の鉄道施設へは立ち入りを制限されている時間やエリアに無断侵入した場合は鉄道営業法で処罰の対象となります。 つまり、有人駅などで最終列車の発車後に締め切られている待合室に侵入すれば明らかに対象になりますが、夜間も開放されている終日又は夜間無人駅では鉄道係員 鉄道会社から委託を受けている警備員や保守作業者も含まれます が退去するよう警告しても応じない場合には対象になる可能性があるという具合です。 「待合室は列車を待つ旅客に供する目的で設置」されたスペースですから開放されているのなら居ること以外は鉄道会社や周辺住民に迷惑をかけない程度にすれば咎められることは無いようですし退去させられた側への人道的配慮もありますので騒いだり設備への破壊行為や周辺住民への迷惑行為が無い限りは「次回からはしないでね」程度のお願いが限界のようです。 その代わりに無人駅の待合室で駅寝を計画しても工事の関係等で待合室が締め切られて野宿になっても不良少年?のたまり場になっていても寒くても自己の判断と責任においてどうぞというのがほとんどの鉄道会社の駅寝に対する対応のようです。 駅寝は即犯罪とは一概にはいえません。 駅等の鉄道施設へは立ち入りを制限されている時間やエリアに無断侵入した場合は鉄道営業法で処罰の対象となります。 つまり、有人駅などで最終列車の発車後に締め切られている待合室に侵入すれば明らかに対象になりますが、夜間も開放されている終日又は夜間無人駅では鉄道係員 鉄道会社から委託を受けている警備員や保守作業者も含まれます が退去するよう警告しても応じない場合には対象になる可能性があるという具合です。 「待合室は列車を待つ旅客に供する目的...

次の