サリサリ カリー 通販。 盛岡近郊!激ウマCURRY

サリサリ(パキスタン・カリー:横浜市神奈川区)

サリサリ カリー 通販

ゆっくり起きてだらだらごろごろしていたらあっという間に昼過ぎになった。 ツムツムのイベントに勤しむ夫、昼食の話題は出ないので私も好きに過ごしていた。 13時半をとうに回った頃、「昼飯食べに行くぞ~」と、にわかにツムツムを止めて叫ぶ夫と共に家を出た。 ラーメン好きの夫だが、最近はデカ盛りや放題の方にベクトルが向きかかっているようだ。 ラーメンだと1杯では満たされないからか。 軽快に車を走らせる夫だが、どこに向かっているか尋ねるも返答なし。 この道はあの店か?しかし日曜は定休のはずだが。 念のためその旨夫に伝えると、「何だと~><そういえばそうだった!」と、素で忘れていた模様、近場で済ませる作戦は失敗に終わりそうだ。 大抵この流れだとどんどん自宅から離れ、時間的にも厳しくなり、昼食難民になるのだ。 車は街を抜けて南区方面へ。 ここまで来たら、普段提案すると遠いと却下される店をいくつか口にしてみる。 その中の有力候補の店舗前を通過すると、15時目前でも営業中で、席はほぼ埋まっていたが駐車場の空きはあった。 これはということになり、この店に決めてUターンし、店横の駐車場に無事に停めることができた。 毎週かつ連日の遅い昼食で本日も空腹の極みである。 ある意味挑発とも誘惑ともとれる伊田ハイツのこの看板が目印だ。 カラバトカリーである。 独特の趣ある雰囲気漂う店内に一歩入るとスパイスの香が鼻腔をくすぐる。 入店時は空席1テーブルだったが、先客達は次々と店を後にし、静かにゆったり食事を楽しめた。 メニューはパキスタンカリーセット一種類とドリンク3種のみ。 内容量で普通・中盛・大盛がある。 私は空腹を言い訳に中盛を、夫は当然の大盛をオーダーした。 コップの水と、カトラリーが供される。 天井に貼られた布の撓み具合がまた異国感を演出している。 スパイスの買付にでも行くのかと妄想が膨らむ。 5分と待たずにパキスタンカリーセットが提供された。 夫の大盛との比較。 普通盛でご飯1膳分、中盛で二膳、大盛で三膳分とのこと。 サラダは薄味で酢と塩胡椒と油などのシンプル系。 スパイスの風味を感じるような感じないような。 玉ねぎスライスが味のアクセントになり、きくらげと春雨が入るのが特徴だ。 玉ねぎやトマトも入っているとはいえ、目に見える具材は鶏肉のみ。 無水カレーとのこと。 時々大きめに切られた生姜に当たることもある。 訪問は二回目、前回はもっと油が多く、突き抜けるようなスパイスの香と刺激があり辛味も強めだったが、今回は全体的に穏やかな味わいだった。 ご飯とのバランスを考慮しながら頂く。 ご飯だけ食べても美味しい。 軟骨は勿論、骨も食べられた。 試しに噛んでみたら、シャリ~というか、ゴリ~というか何とも言えない歯触りで若干の背徳感さえ覚えたが初の体験であった。 鶏肉は煮崩れてほろほろになっているが、中には大きい塊が紛れていることもあり心が躍る。 かなり煮込んであるのにしっとりとジューシーなのも大きな魅力だ。 あっという間に完食してしまった。 家のカレーがこれならば、延々と食べ続けることだろう。 大変美味しかった。 満足した。 ただ、どんな味か、何味かと問われると、明確な返答に困るのだ。 まずは一度食べてみてよ。 というのが最も的確な返しなのではないだろうか。 食べ終わるのを見計らったかのようにチャイが提供される。 サラダとカリーとチャイの「セット」なのだ。 このチャイも本格的だがスパイスは控え目で飲みやすく美味しい。 今回も、価格以上の価値を感じて高い満足感を得ることができた。 otoneのカレー特集号に掲載されたこともあったそうだ。 前回もそうだったのだが、ここのカリーを頂くと、その後身体がすっきりする気がするが、スパイスの効果なのだろうか。 美味しい余韻に浸りながら店を後にしたのだった。 💰今回の支払💰¥800也 因みに、店名にもなっている「カラバト」とは、スパイスを最初に発見した人と言われているが、これは実在の人物ではなく、創業者の妄想の中でのことらしい。 創業者はカラバトが軌道に乗ったところでご子息に店を任せ、ご本人は横浜に「サリサリカリー」という店をオープンさせ、現在も営業中とのこと。 そしてこの「サリサリ」は、カラバトの奥さんなんだそうだ。 勿論妄想での話だが。 サリサリでは通販もしていて、このHPがとても独特でついつい見入ってしまった。 気になる方はチェックされたし。 【店舗情報】 カラバトカリー 住所:札幌市南区藤野2条12丁目6-1伊田ハイツ1F 電話:011-596-1117 営業時間:11:30~21:00 定休日:水曜日・第一日曜日 駐車場有(店横3~4台と店前1~2台) 店内禁煙・テイクアウトあり ブログを書いているそばからまた食べたくなってきて一人悶えている。 アーカイブ• カテゴリー• 114• 最近のコメント• に yosoji より• に ゆみ より• に yosoji より• に mozu より• に yosoji より• メタ情報•

次の

盛岡近郊!激ウマCURRY

サリサリ カリー 通販

やって来たのは、去年5月のオープン以来、 リピーターが続出している「サリサリカリー」! 国内でも珍しい、県内初のパキスタンカレー専門店です! 今から23年前、本塚さんの父親が札幌にお店を出して始められた 「サリサリカリー」。 現在はそのお店をお兄さんが引き継ぎ、 父親は新たなお店を横浜にオープン。 そして、本塚さんが営む盛岡店が、 国内3店舗目となるお店なんです。 12種類のスパイスに、 塩を加えただけのシンプルな味付けながら、物足りなさを 感じさせない絶妙なバランス! その秘密は、食材の旨味を凝縮させる仕込み作業にありました。 野菜から出る水分だけで、8時間ほど鶏肉を煮込むことで、 シンプルな味付けを補う、食材の旨味を引き出しています! さらに、煮込む過程でできるオイルにも美味しくするポイントが! スパイスの辛味を緩和し、コクとまろやかさを与えてくれます。 また、具材にサラダを混ぜて食べるのもオススメ! スパイスの辛味と、リンゴ酢の酸味が絶妙なハーモニーを奏でますよ! 国内に3店舗しかない、パキスタンカレー専門店。 札幌のスープカレーを 食べた時の 感動を岩手の方にも届けたいと思い、札幌の有名店で 2年間修業。 自分の味を作り上げ、岩手に戻って来ました! 「やわらかチキンと彩り野菜」 豚骨などを数時間煮込み、香味野菜と特製ダレを加えて 一晩寝かせた特製スープをベースに、10種類のスパイス! チキンはフライパンで焼いてスープで煮込み、色鮮やかな 9種類の野菜は素揚げにすることで、香ばしさが加わります。 オススメをもう1つ。 岩手ではここでしか味わうことの出来ないものです! 豚骨とスパイスの奥深い味わい。 こだわり抜いて辿り着いた、自慢のスパイスカレーがこちら。 「ランチセット」 海老のカレー、バターチキンカレー、ナン、パパドゥサラダ。

次の

一部の人に理解される横浜市白楽の個性的なパキスタンカレー専門店「サリサリカリー」

サリサリ カリー 通販

久しぶりにサリサリカリーに行ってきました。 昨年マツコの知らないドラレーの世界でかなり大々的に取り上げられ、マツコさんからも相当の高評価を受けてから、お店は連日の大行列でなかなか立ち寄れなかった。 最近はやっと落ち着いてきました。 休みの日でもランチタイムを過ぎれば並ばずに入店できる。 セット(カレー、サラダ、チャイ) 1,200円 税込 このお店の食事メニューは、ひとつだけ。 カレーとサラダとチャイのセットです。 もうひとつデザートがあるのだけど、そちらは未だに未体験。 このサラダについてもマツコさんけっこう食い付いてましたよねー。 キクラゲが入ってるの。 キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、キュウリ、白滝?かな。 シンプルなマリネ液のような味付け。 これもなんか癖になる。 これが名物のカレー。 カレーなのか、カレーじゃないのか、マツコさんも不思議そうに食べていたけど、カレー粉は使っていなくて、塩とスパイス、あとは素材の旨みだけ、という煮込み料理。 骨付きの鶏肉は骨が砕けるくらいまで煮込まれていて、じっくり六時間炒められた玉ねぎの甘み、それからトマトの酸味。 シンプルな材料なのに、なんて複雑な味になっているんだろう。 一般的なカレー、の味はしません。 でもカレーなんだよねコレ。 ご飯とも見事にマッチするし。 普通スパイスが大量に入ったカレーは舌に味が残るけど、このカレーは残らない。 それはスパイスも香りだけで味のあるものを使用していないから。 要するに味は素材と塩だけ、なんだそうです。 最後にはチャイが出ます。 香りが良く甘みのあるチャイを飲むと、完全にさっき食べたカレーは胃にも口にも残らない感じ。 だけど、この味は忘れられない。 冷凍のカレー販売をしているので、原材料がわかりました。 スパイスもウコンにシナモンにと手に入りやすいものばかり。 その他香辛料、という部分はさすがに企業秘密かな。 ちょっと家でもチャレンジしたい。 テレビ放送後注文が殺到して、製造が全く追い付かなくなってしまったそうで、残念ながら現在は通販は中止しているみたいです。 だからこのなんとも不思議なの味を体験したい方は、ぜひ白楽へ。

次の