キャノンデール スーパー シックス エボ 2020。 Cannondale キャノンデール|2020 SuperSix [スーパーシックス] EVO Carbon Disc 105|ロードバイク・クロスバイク専門通販|大阪|サイクルショップカンザキ上新庄店

「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020」をキャノンデール・スーパーシックスエボ ハイモッドディスクが受賞!

キャノンデール スーパー シックス エボ 2020

の2020モデル、SuperSix EVO Hi-MOD Disc(スーパーシックスエボハイモッドディスク)が日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020を受賞した。 ノミネートされた10台の候補車輌のうち、すべての選考委員から得点を集めたのはこの一台のみで、 2020年モデルを代表するバイクとして高く評価された。 キャノンデールのスーパーシックスエボハイモッドディスク 主催は日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020実行委員会。 選考委員長は岩田淳雄。 今回の受賞内容について実行委員会は次のようにコメント。 「スーパーシックスエボハイモッドディスクは、軽量高剛性というこれまでのアイデンティティーに加え、エアロ性能、さらには快適性にも目を向けたモデル。 真のオールラウンダー、真のロードバイクとはなにかということを世に問う意欲作だといえる。 主要パーツを自社ブランドでかため、その目指す目標に向けてトータルインテグレーションを進めた。 ケーブル内装化、フレームチューブ形状の最適化によるエアロ化、さらに快適性アップのための『セーブ』コンセプト採用など、現在考えられる技術すべてを投入している。 その結果のトータルバランスのよさが得点を集めた」 乗り手に負担をかけずに速さにつなげる 「軽さと速さ、振動吸収性を高いレベルで両立していた。 推進力にキレがあり、上り、平地問わずにペダルを踏みたくなる衝動に駆られる。 乗り心地が抜群で、コンフォート系のバイクかと思わせるほどだ。 激しいライディングに対しても、拍子抜けするほどバイクがニュートラルに対応する。 ハンドルまわりやシートポスト、ホイールを含めてトータルパッケージで仕上げられた結果だ。 乗り手に負担をかけずに速さにつなげる性能はこれからのスタンダードになる」選考委員 松尾修作 各選考委員の持ち点は10。 それをいくつのモデルに分配しても構わないが、1モデルへの配点は最高3点。 各モデルの得点を集計し、最高得点を得たモデルを日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020とした。 ハンドルのメンテナンス性の高さもポイントとなる 「すべての点で完成度が高い。 この一言につきる。 山岳から平坦まですべてのシーンで信頼できる一台として、プロ選手たちを勝利に導いてきた実績をもつバイクであることに納得だ。 今回のモデルチェンジでは、エアロ性能と快適性の向上が大きい。 ホイールセンサーや、パワーメーターが標準装備されているのもうれしい点。 細かいかもしれないが、ハンドル角度の微調整が可能であったり、高さも自由に変えられたりとメンテナンス性が高いのもポイントが高い」選考委員 田村明寛 「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞したスーパーシックスエボハイモッドディスクは、シリー ズ3世代目となる最新作。 歴代のロードレースバイクをドラマチックに進化させたモデルとなる。 前作モデルで支持された『軽くスムーズかつ俊敏なライドフィール』はそのままに、空気抵抗を大幅に削減するためにアップデートされたチューブデザインを採用することで、現代のライダーが真価を発揮できる本格的なロードバイクに仕上げられている。

次の

【インプレ】キャノンデール スーパーシックス エボ ハイモッド 2020モデル (Cannondale SuperSix EVO HI

キャノンデール スーパー シックス エボ 2020

山梨県富士吉田市のハイランドリゾートホテルで開催されたキャノンデール展示会 Photo: Kairi ISHIKAWA MTBなど2019年モデルが多数展示された Photo: Kairi ISHIKAWA 先入観を覆すエアロロード キャノンデールは長年に渡って、「空力性能に優れたバイクに乗るメリットは、プロ選手が乗って初めて得られるもので、一般ライダーにはあまり意味をなさない」という姿勢を貫いてきた。 しかし、そんな考えをあえて否定し、ラインナップしたのがシステムシックスだ。 車体を構成するフレーム、フォーク、シートポスト、ステム、ハンドルバー、ホイールの6つの要素をそれぞれ考察。 全てのパーツが一体となって、ライドパフォーマンスに影響する空気抵抗などを小さくするため、風洞実験と数値流体力学(CFD)解析を用い、3年半の歳月をかけて開発された。 その結果、斜度6%以内であればあらゆるシーンで同社のオールラウンドモデル「SUPERSIX EVO」(スーパーシックスエボ)よりも速いバイクとなった。 1000Wで200mのスプリントをする際にはバイク約4台分の7. 2mの差がつくという。 エアロロードをラインナップに加えた背景には、ブランドの開発能力の向上はもちろん、想定される各種デメリットが、現在の技術で十分カバーできるようになったことや、多くのユーザーがキャノンデールのエアロロードを求められていたことが挙げられる。 2019年最新モデルの「SYSTEM SIX Hi-MOD Dura-Ace Di2」 Photo: Kairi ISHIKAWA 今回の試乗したのは、ハイエンドモデル「システムシックスハイモッド Dura-Ace Di2」の47サイズだ。 空気圧は5気圧に設定し、身長162cm、体重58kgのCyclist編集部員がインプレッションした。 また、それによってフレームの縦剛性が高くなる傾向があり、各部の剛性バランスを保たなければ、脚の疲労を感じやすくなってしまうなど、メリットとデメリットを併せ持つ。 ハイエンドモデル「システムシックスハイモッド Dura-Ace Di2」の47サイズを、身長162cm、体重58kgのCyclist編集部員・石川海璃がインプレッション Photo: Kenta SAWANO 走り始めてまず驚くのは、漕ぎ出しの軽さだ。 フレーム重量は未塗装の56サイズで981gと特段軽い部類ではないが、64mmのディープリムホイールとの組み合わせと思えないスムーズさだった。 漕ぎ出しからスピードに乗るまでは自然な加速で、従来のエアロロードにありがちなもたつきは感じなかった。 自分の入力に対してバイクが遅れることなく素直に反応してくれる印象だ。 また、フレーム自体は硬いものの、過度な剛性ではない。 キャノンデールのテクニカルサービスマネージャー、秋吉健さんの「各部の剛性をスーパーシックスエボと同等にした」という説明通り、適度な剛性でオールラウンドモデルと同じ軽やかな走行感を体験することができた。 平地は、スピードに乗ってしまえば軽いペダリングで速度を維持でき、一定のペースやパワーをコントロールして走行可能だ。 下りでは、自分の上半身が空気抵抗となり進みを妨げているのが分かるほど、バイクが進むのが分かった。 予想以上に速度が伸びた場合でも、ディスクブレーキを搭載しているので、安定した制動力とブレーキレバーの引きの軽さで簡単にスピードコントロールできる。 コーナリングではその制動力に加え、12mmのスルーアクスルがねじれを抑えて自分が狙ったラインからぶれることなく、安全にトレースできた。 リムが横に膨らむ形状をしている Photo: Kairi ISHIKAWA ブレーキがフォークの横に出ないフラットマウントを採用 Photo: Kairi ISHIKAWA システムシックスはエアロロードという位置付けになるが、メーカーの言葉通り斜度6%の上りまでなら十分に活躍できるだろう。 エアロ性能の高さはもちろん、漕ぎ出しの軽さや上りでの走行性能は、自分の中にあったエアロロードに対する先入観を覆されるものだった。 インプレッションを行ったシステムシックス、マウンテンバイクのF-Si、そして展示会で初披露となったグラベルロードの「TOP STONE」(トップストーン)が登場し、バリエーションが豊富になった。 グラベルでの安定性を高めるため、トップチューブを長めにとり、40Cのブロックタイヤを装備している。 展示会で新たに発表されたグラベルロード「TOP STONE Apex1」 Photo: Kairi ISHIKAWA 車体はバイクパッキングの際、フロントバッグを取り付けやすいようにワイヤリングを考慮。 また、下ハンドルのドロップ部分がハの字に広がるフレアハンドルを採用し、ハンドルにバッグを付けた場合でもしっかりとハンドルを握れるようになっている。 さらに、フレーム各部にはダボ穴が設けられ、拡張性も考慮。 最上位のスラムApex搭載モデルではハンドルでシートポストの高さが調整できるドロッパーポストを標準装備した。 ブランドロゴを主張しない「スペシャルエディション」(SE)モデルは3種から10種に拡大した。 ロゴが目立たない「Special Edition」。 今年は6色追加され、全44カラーで展開となる。 カラフルなCAAD12のフレームセットをそろえる「CAAD12 COLORS」は今年も継続が決定。 付属パーツのグレードを落とすことで、前年よりも価格を抑えた。 さらに、フレームとフォークのデザインはユーザーの要望を反映し、塗装を同色に変更。 22パターンから好みのものが選択できる。 鮮やかなカラーがラインナップする「CAAD12 COLORS」 Photo: Kairi ISHIKAWA ガーミンエッジに装着できる小型ライト「LUMARAY」 Photo: Kairi ISHIKAWA パーツブランドの「Fabric」(ファブリック)からは、ブランドロゴが目立たないシンプルなサドルバッグ「CONTAIN SADDLE BAG」(コンテインサドルバッグ)シリーズが登場。 またエントリーユーザー向けのサドル「SCOOP SPORTS」(スクープスポーツ)では、座面形状が異なるフラット、シャロー、ラインの3つがラインナップされた。 ガーミンエッジシリーズのサイクルコンピューターに取り付ける小型ライト「LUMARAY」(ルーマレイ)など、アイデア豊かな製品がそろっている。

次の

CAAD13とスーパーシックスエヴォが目玉 キャノンデール2020年モデル新製品展示会

キャノンデール スーパー シックス エボ 2020

このマシンはカミソリのような鋭いハンドリング、驚くほどに素早い反応性を高次元のコンフォート性能で包み込んでいます。 これは何一つ欠けるところなく崇高であると言えるでしょう。 今までのスーパーシックスエボのファンはきっと喜ぶはずです。 スーパーシックスエボは生まれ変わったのですから!それも、もっと良い形でね! Road. ccのインプレ 僕たちはほんの短い時間だったが、この新型バイクを試した。 ローンチの行われたベルモントは最も道が汚い道路の一つだったと言えるだろう。 天候もライドを続けていく中でどんどん悪化した。 ライドの終わりにはずぶぬれになってしまったほどだ。 ベルモントは今日も雨だった。 ローンチでの試乗はほんの短い距離でほんの短時間だったが、ファーストインプレッションには十分だった。 しかし、このバイクの表皮の下に隠された本質を見抜くまでには至らない。 もう一つ付け加えるのであれば、不慣れな道であったことと、僕がすごく時差ボケしてしまっていたことがあって、お世辞にも理想的な条件ではなかった。 しかし、与えられた機会は存分に使うことが出来たと思う。 イギリスにバイクを持って帰ったので、今度もっときちんとレビューしたいと思う。 それではインプレッションに移ろう。 最初のライドを終えて最も明確に感じたのは、このバイクが先代のエボよりも鋭く、精密であるということだ。 より操作性の高まったハンドリングを除いて、基本的にこのバイクは先代によく似ている。 これはとても喜ばしいことだが、私を笑顔にしたのはこれだけではない、 このバイクは速いのだ。 しかし、私はこの新しいエボの空力性能についてはどうにもコメントしようがない。 一度先代のエボと比較してみるのは面白そうだ。 確かに速いことには速いのだが、これがライバルたちに比べてどうかは分からない。

次の