外壁塗装 横浜 おすすめ。 神奈川県横浜市緑区の「外壁塗装・屋根塗装」おすすめ業者を一覧で紹介!

★屋根の補修工事 屋根カバー工法のおすすめポイント|熊澤建装の現場ブログ|秦野市・神奈川・東京の外壁塗装・防水工事は熊澤建装へ。秦野・横浜・厚木・杉並に4店舗展開中!

外壁塗装 横浜 おすすめ

メーカー 価格(㎡) 耐用年数 グレード 関西ペイント 2,500円~3,000円 15年程度 ラジカル制御 アレスダイナミックトップは、関西ペイントが製造販売している水性反応硬化形ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料です。 塗料分類はパーフェクトトップと同様にラジカル制御形になりますが、2016年からの発売ということでパーフェクトトップよりも実績面で劣ります(パーフェクトトップは2012年から発売開始)。 ただ、性能面ではかなり優れていて強化剤を組み合わせることで高多湿でも高耐候が期待できますので、九州地方や四国地方では特におすすめしたい塗料になります。 また、雨の日でも施工ができますので外壁塗装をスケジュール通りに完了させてほしいなどの要望がある方にもおすすめです。 外壁材に合った塗料を選ぶ• 同グレード(樹脂)の塗料で比較する• 大手塗料メーカーの塗料を選ぶ• 価格だけでなく機能や耐久性など総合的に見る• 現在の主流はラジカル制御系塗料 外壁塗装で使用する塗料を条件別に24種類をランキング形式でご紹介しました。 塗料選びで大切になるのは、建物の状態や外壁材によって最適な塗料を選ぶことにあります。 最近では、各メーカーから高性能な塗料(オリジナル塗料)も発売されて目移りしてしまうかと思いますが、私は実績のある大手メーカーの塗料をおすすめしています。 業者も塗料ごとに見積りや建物のトータルコストをシミュレーションしてくれますので、気兼ねなく相談するようにしましょう。 当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。 ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

次の

横浜市の外壁塗装・屋根塗装専門店|株式会社Tsuiteru|一級塗装技能士、相場より低価格な塗装工事

外壁塗装 横浜 おすすめ

横浜市緑区はその名の通り緑が多い場所もありながら、大学などの教育施設やショッピングセンターも数多くあります。 テレビドラマなどの撮影も良く行われる場所です。 JR横浜線、東急田園都市線、横浜ブルーラインが通り、交通の便が良く住みやすい町となっています。 住宅も多く、住宅を長く保つためには塗装を考える住宅が多いので 塗装業者もたくさんあります。 多くの塗装業者から1社の業者を選ぶのは大変なことで、 どの業者を選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか? 今回この記事では、横浜市緑区で塗装を検討されているあなたに、 本当におすすめできる塗装業者を厳選してご紹介します。 優良業者を選ぶ際のポイントやトラブルの対処方法なども説明していますので、最後までご覧ください! 目次• 神奈川県横浜市緑区で塗装工事をする前に… 神奈川県横浜市緑区で塗装を検討する前に、まずは外壁塗装や屋根塗装を業者に依頼するうえで知っておくべき基礎知識を簡単にご紹介します。 冒頭でもお伝えした通り、外壁塗装・屋根塗装はどの業者に依頼するかが その先10年以上のマイホームに影響してきますので、業者選びは特に慎重に行う必要があります。 外壁塗装・屋根塗装の耐用年数は? 外壁塗装や屋根塗装の耐用年数は、その材質や塗料によって異なりますが おおよそ10~15年程度といわれています。 しかし、これはあくまで平均的な耐用年数。 お住いの環境や塗料の種類によって耐用年数が変わってきますので、実際に塗装工事を行うタイミングは、 ご自宅の外壁や屋根の劣化状況に合わせて決めるべきといえるでしょう。 早めの塗装がマイホームを長持ちさせるカギ 外壁や屋根の劣化症状は、 軽度なものであれば塗装でカバーすることができます。 しかし、これを放置しておくと症状が進行し、外壁材や屋根材そのものを取り換える大掛かりな補修が必要な事態に。 症状が進行しているほど、当然補修にかかる費用もどんどん高額になっていきます。 見た目にはわからなくても劣化が進んでいる場合もありますので、 定期的なメンテナンスをしておくことが結果的な出費を抑えるための重要なポイントになるのです。 外壁塗装・屋根塗装の費用相場に差があるのはなぜ? 外壁塗装の費用相場は、 40坪の住宅で約100万円といわれています。 しかし、実際に見積もりをしてもらうと、この金額から10万円単位でズレがあった…ということは決して少なくありません。 というのも、外壁塗装は さまざまな要因でその金額に差が生じてしまうものなのです。 以下はその一例ですが、実にさまざまな項目からその費用が決まることがお分かりいただけるかと思います。 このように、外壁塗装や屋根塗装はその業者選びが何よりも重要になりますが、数ある工務店の中から信頼できる業者を探し出すのはとても面倒で難しい作業です。 どの業者を選べばよいのかお悩みの方は、 ぜひ一度業者選びのプロに任せてみませんか? 「外壁塗装ほっとらいん」では、優良な塗装業者だけを無料・匿名でご紹介しています。 ご自宅の塗装にかかる適性相場をぜひチェックしてみてください! 神奈川県横浜市緑区の塗装業者事情 ここまでは、横浜市緑区に限らず外壁塗装・屋根塗装で一般的にいえる基礎知識についてご紹介してきました。 ここからは 横浜市緑区の塗装工事にフォーカスして、その具体的な特徴やポイントについて解説していきます! 横浜市緑区の「外壁・屋根塗装業者」その特徴は? 横浜市緑区には住宅が多いこともあり、塗装業者も多くどの業者を選べば良いのかわからない方も多いのではないかと思います。 塗装業者が多いので 「たくさんの業者から選定できる」のですが、裏を返すと施工不良などやずさんな工事を行う「悪徳業者」が存在しているのも現実です。 悪徳業者を選ばないためにも、業者を選ぶ時には 慌てずに慎重に選びましょう。 横浜市緑区で失敗が少ない塗装業者の選び方とは? 外壁塗装や屋根塗装の工事は決して安い出費ではないうえに、大きな工事となります。 できるだけ失敗が少ない選択をしたいものです。 失敗をできるだけ防ぐ業者選びのポイントはいくつかありますが、 今回はそのなかでも重要な2点に絞ってご紹介します。 大手の業者には大手という安定感があり良さがあるのですが、地域の細かいことまでは熟知していないこともあります。 その点地域に密着した業者は、その土地で何度も何十回も施工を重ねているため、 地域の特性や気候がわかっています。 地域の特性を生かした塗装を提案したり、アドバイスをしてくれるでしょう。 地元の業者の職人さんは、地元で生まれ育ったということが多いので「地域に貢献したい!」と 様々な面から親身に相談にも乗ってくれるでしょう。 塗装にかかる費用は業者によって違いますので、 複数の業者から見積もりを取ることは業者の比較をする上で大事なことになります。 見積もり書に塗料は書かれているか、よくわからない工事が追加されていないか、などもじっくりと見ることが重要です。 業者との付き合いは、塗装時だけではなくアフターサービスなどでその後も長く続きます。 そのため、 自分や家族と合う業者であるかどうか、業者の対応は気持ちの良いものであるかなども含めた上で、業者を選ぶようにしましょう。 横浜市緑区の気候・外壁塗装 外壁塗装や屋根塗装は、その日の気温や湿度に大きく左右されます。 気温や湿度によっては、外壁塗装を行うことができないこともあり得ます。 例えば以下のような条件下では、外壁塗装や屋根塗装を行うことはできません。 強風の場合 横浜市緑区の気候は温暖で、夏もものすごく高温にはならず、冬もマイナス気温にはならないので、 「どの時期でも塗装は出来る」と言えるでしょう。 雨の時には塗装は出来ませんので、 梅雨の時期にはあらかじめ注意をしておくことが必要です。 秋にも長雨が続く傾向もありますので、長期予報などを参考にして施工の予定を立てると良いでしょう。 神奈川県横浜市緑区のおすすめ「屋根・外壁塗装業者」一覧 ここからはいよいよ、神奈川県横浜市緑区内にあるおすすめの屋根塗装・外壁塗装業者をご紹介します。 「外壁塗装ほっとらいん」による独自のリサーチで、この業者であれば安心して任せられるという業者を厳選してピックアップしました! さらに安心な選択をしたいなら… 上でご紹介した塗装業者は、基本的には安心できる優良業者といえます。 ただし、この業者に 直接連絡を取るのはちょっと待ってください! ご自身で直接業者に問い合わせてしまうと、万が一納得のいかない見積もりを提示された場合もなかなか断りづらくなってしまうもの。 一見優しい業者さんであればあるほど、納得いかない部分があっても断りづらくなってしまうという方が多いのです。 また、 外壁塗装を検討するのが初めての方にとっては、優良業者や適正価格をいきなり見極めるのはたいへん難しいはず。 「外壁塗装ほっとらいん」では、 塗装の専門家が無料かつ匿名で あなたのお家に合った塗装業者を紹介してくれます。 無料でアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、 匿名なので気兼ねなく相談できます。 塗装業者選びでお悩みの方は、ぜひ一度利用してみてくださいね! 神奈川県横浜市緑区で「優良塗装業者」を選ぶためのポイント ご自身で塗装業者を選ぶ場合、なんとなくよさそう…というその場の雰囲気で塗装業者を選んでしまうのは絶対に避けたいところ。 また、大幅値引きなどの甘い言葉に乗せられて契約してしまうというのも悪徳業者のよくある手口です。 ここでは、そういった罠に引っかからないための 「正しい優良業者の見分け方」について解説していきます。 歴史のある塗装業者 100%の判断基準とはなりませんが、 歴史のある塗装業者は少なくとも悪徳業者ではない可能性が高いでしょう。 悪徳業者はどうしても悪評が立ちやすいため、10年程度で潰れてしまう業者が多いのです。 創業から20年以上経過している塗装業者は、それだけ経営を続けられる実績があるといえます。 契約を急かさない 裏のある塗装業者は、他の塗装業者と比べられるのを恐れて契約を急かしてきます。 外壁塗装や屋根塗装は、相見積もりといって複数の塗装業者を比較するのが当たり前。 他の塗装業者と比較する時間をきちんと設けてくれる業者は、 自社の施工に自信を持っている優良業者と考えることができるでしょう。 ただし、他の業者と比較した後に「こっちのほうが安かったんだけど…」と塗装費用を値切るのはご法度。 優良業者ほど正当な価格設定をしていますので、大幅値下げなどはできないということもあわせて覚えておきましょう! 細かい質問や要望にも応えてくれる 外壁塗装や屋根塗装の見積書は、細かい塗料の名前や工程の名称などの専門用語が多いため、パッと見ただけでは何にどのくらい費用がかかっているのか理解しづらいものです。 わからないところがあれば、 業者の良し悪しを見抜くチャンスと考えてどんどん質問してみましょう!真摯に答えてくれる業者には安心して施工を任せてOKです。 施工のリスクやさまざまな施工法を提案してくれる どんな施工方法や塗料にも、メリットとデメリットの両方があるものです。 こういった施工のリスクについてもきちんと説明してくれる業者は、施工そのものも丁寧に行ってくれる可能性が高いでしょう。 逆に、この施工が絶対おすすめ!というように 一つの施工方法しか提案してくれない業者は、その腕前を疑ったほうがよさそうです。 神奈川県横浜市緑区の悪徳塗装業者によくある手口4パターン 優良塗装業者の特徴についてご紹介したところで、続いては逆に 「悪徳業者」と言われるような塗装業者の特徴についてもご紹介していきます。 横浜市緑区で塗装を検討している方のうち、次のような特徴がみられた場合には今一度契約を見直してみてください。 突然の訪問営業 ある日突然やってきて「外壁塗装をしませんか?」と塗装をすすめてくる訪問業者。 きちんとした業者でも訪問営業を行うことはありますので一概にすべてが悪徳業者とはいえませんが、 基本的に訪問営業は信用しないに越したことはありません。 訪問営業をしなければならないということは、それだけ客足が遠のいているとも考えることができます。 本当の優良業者は、口コミなどを通じてお客さんのほうからやってくるものです。 絶対に信用してはいけない、とまではいいませんが、少なくとも その場で契約することだけは避けたほうがよいでしょう。 「足場代0」など10万円以上の大幅な値引き 少しでも塗装費用を安くしたい…という思いに付け込んで、 「今なら足場代0」などと大幅な値引きをしてくるのも悪徳業者によくある手口です。 外壁塗装や屋根塗装が高額になってしまうのは、塗装業を運営していくうえでそれだけの金額がどうしても必要だからです。 特に足場代などは、どれだけ企業努力をしても一定以下に金額を抑えることはできません。 そんな費用をタダとまで言い切ってしまうような業者は、 ほぼ間違いなく他のどこかで必要な費用を浮かせています。 うまい話には必ず裏があると考え、甘い言葉をうのみにしないよう注意しましょう! 「一式」など見積書の内容が不透明 すでにご紹介しましたが、外壁塗装や屋根塗装の見積書は素人目線にはとてもややこしい内容になっています。 このややこしさを利用して、 費用の内訳を「一式」などと省略して書いている業者は、悪徳業者と考えてほぼ間違いありません。 また、塗料の名前を具体的な商品名にせず「シリコン塗料」などとごまかしている場合も要注意。 事前に指定した塗料よりも 粗悪な塗料を使用される可能性があります。 危機感をあおってくる すでにお伝えしましたが、悪徳塗装業者はとにかく早く契約を取りつけようとしてきます。 ひどい例だと、訪問営業でいきなり屋根にのぼり、 業者自身が屋根材を壊して「お宅の屋根は今すぐ修理が必要です」とデタラメな話で契約を迫ってきたという話も… この例のように、特に屋根などご自分では確認できない箇所の劣化を指摘されるとつい信じてしまいそうになりますが、これでは悪徳業者の思うツボです。 今契約すれば割引になる、など今すぐ契約させようとしてくる塗装業者にも要注意。 とにかく 「いきなり契約しない」ということを徹底しましょう! 神奈川県横浜市緑区の塗装業者とトラブルになった場合の対処方法 これだけ悪徳業者の危険性についてお伝えしましたので、ここまで読んでいただいた方にはそのような事態が起こらないことを願いますが、万が一施工後にトラブルが発生してしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか? 最後に、 横浜市緑区で塗装業者とトラブルになってしまった場合の正しい対処法についてご紹介します。 クーリングオフ 横浜市緑区に限らず、外壁塗装や屋根塗装は 契約後8日間以内であればクーリングオフ制度を適用することができます。 ただし、このクーリングオフ制度が適用できる条件は限られており、特に自分から業者に依頼した場合(訪問営業ではない場合)は解約ができませんので注意が必要です。 そもそも外壁塗装や屋根塗装の場合、 契約から施工完了までで8日を過ぎてしまうことがほとんどですので、クーリングオフ制度が適用できる機会というのはなかなかないのが現状といえるでしょう。 消費生活センター 残念なことに悪徳業者はクレーム対応にも慣れっこですので、あなた一人では太刀打ちできないことも予想されます。 そんな場合、 神奈川県横浜市緑区の消費生活センターに相談するのも有効な手段です。 消費生活センターの詳細は以下の通り。 概要 詳細 住所 神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目6-1 ゆめおおおかオフィスタワー4階 電話番号 045-845-6666 ただし、消費生活生活センターも100%トラブルを解決してくれるとは限りませんので注意しましょう。

次の

外壁塗装のDIYでおすすめな塗料と選び方を公開!

外壁塗装 横浜 おすすめ

最近では、様々なタイプの塗料が出てきて、どれがいいのか迷う方も多いと思います。 正直、メーカーの公式サイトで塗料の資料を見ても全く分からないと思います。 そこで、どの塗料が本当にお勧めの塗料なのかを知るために、実際に塗装をしているプロの職人ならどの塗料を選ぶのか?自分の家を塗装すると仮定して選んでもらいました。 但し、どんなに人気があったり、良い塗料を使ったとしても業者が手を抜くと塗料が持つ性能が発揮できません。 外壁塗装で失敗しないためには塗料選びも重要ですが、業者選びも重要です。 既に他社から見積もりを取っている場合は、その見積書が適正なのかを判断するために、価格相場をチェックすることをオススメします。 全タイプ総合お勧め塗料ランキング 優良業者34社に聞いた「もし、自分の家を塗装するとしたらどの塗料を使いますか?」に対する回答は以下の通りです。 最近は、フッ素系の塗料に人気が出てきてはいますが、まだまだシリコン系の塗料を選ぶ業者が多かったです。 やはり、ウレタン塗料を選ぶ業者は1社もいませんでした。 外壁塗装の塗料 塗料名 メーカー 選んだ業者数 エスケー化研株式会社 4社 日本ペイント株式会社 3社 日本ペイント株式会社 3社 関西ペイント株式会社 3社 TOTOエクセラ株式会社 2社 日本ペイント株式会社 2社 日本ペイント株式会社 2社 アステックペイントジャパン株式会社 2社 AGCコーテック株式会社 2社 ファイングラシィSi 日本ペイント株式会社 1社 TOTOエクセラ株式会社 1社 サーモアイウォールSi 日本ペイント株式会社 1社 スーパームキコート ジャパンカーボライン株式会社 1社 ジョリパットインフィニティJQ-500 アイカ工業株式会社 1社 株式会社日進産業 1社 水性セラミシリコン エスケー化研株式会社 1社 K'sフッソクリヤ 菊水化学工業 1社 キルコート - 1社 エスケー化研株式会社 1社 屋根塗装の塗料 塗料名 メーカー 選んだ業者数 日本ペイント株式会社 5社 日本ペイント株式会社 3社 エスケー化研株式会社 3社 株式会社日進産業 3社 日本ペイント株式会社 2社 水谷ペイント株式会社 2社 ボンフロンサンバリア AGCコーテック株式会社 2社 キルコート キルコート 1社 エスケー化研株式会社 1社 パワーシリコンマイルドII 水谷ペイント株式会社 1社 水谷ペイント株式会社 1社 アステックペイントジャパン株式会社 1社 ハイルーフマイルドシリコン 大同塗料株式会社 1社 AGCコーテック株式会社 1社 ルーフスターSi エスケー化研株式会社 1社 ファインシリコンベスト 日本ペイント株式会社 1社 リリーフNADシリコン 日本特殊塗料株式会社 1社 アステックペイントジャパン株式会社 1社 日本中央研究所株式会社 1社 エスケー化研株式会社 1社 関西ペイント株式会社 1社 【シリコン系】お勧め塗料ランキング 次は、シリコン系の塗料に限定して、自分の家に塗装するとした場合、どの塗料を使うかの回答です。 外壁は、日本ペイントのファインシリコンフレッシュと、エスケー化研のクリーンマイルドが人気です。 屋根は、遮熱効果のある塗料が標準になってきており、サーモアイSi、クールタイトSiが人気です。 日本ペイントのファイン4Fセラミックとサーモアイ4Fが人気です。 外壁塗装の塗料 塗料名 メーカー 選んだ業者数 日本ペイント株式会社 16社 エスケー化研株式会社 8社 AGCコーテック株式会社 5社 サーモアイウォールF 日本ペイント株式会社 1社 日本ペイント株式会社 1社 水性サンフロン ロックペイント株式会社 1社 屋根塗装の塗料 塗料名 メーカー 選んだ業者数 日本ペイント株式会社 13社 エスケー化研株式会社 5社 日本ペイント株式会社 3社 水谷ペイント株式会社 3社 AGCコーテック株式会社 3社 エスケー化研株式会社 2社 ボンフロンサンバリア AGCコーテック株式会社 1社 スーパーフッソルーフペイント 関西ペイント株式会社 1社 【光触媒系】お勧め塗料ランキング 次は、光触媒系の塗料に限定して、自分の家に塗装するとした場合、どの塗料を使うかの回答です。 光触媒は、ほとんどの業者がハイドロテクトカラーコートシリーズを選びました。 外壁塗装の塗料 塗料名 メーカー 選んだ業者数 TOTOエクセラ株式会社 9社 TOTOエクセラ株式会社 9社 TOTOエクセラ株式会社 7社 ピュアコート 株式会社ピアレックス・テクノロジーズ 1社 エコキメラCシリーズ 株式会社YOOコーポレーション 1社 セブンチタニック 株式会社セブンケミカル 1社 アパタイト二酸化チタンNU-COAT AP 株式会社ニュートラル 1社 デュラ光 旭化成ケミカルズ株式会社 1社 まとめ 総合ランキングを見ると、アクリルやウレタンなど耐久性が低い塗料は使われなくなってきています。 また、光触媒など高級塗料もあまりお勧めしていない業者が多かったです。 約7割がシリコン系で、10~15年に1度しっかり塗り替えることが重要だと考える業者が多いです。 その他、塗料に関するコンテンツ.

次の