黒 死 牟。 【鬼滅の刃】上弦の壱「黒死牟」さん怖すぎワロタwwwwww【ジャンプ感想】

【鬼滅の刃】不死川玄弥は黒死牟戦で最後なぜ死んだのか死因は?シーンが何話の何巻なのか解説

黒 死 牟

黒死牟の能力や必殺技、弟・継国縁壱との悲しい過去なども考察。 黒死牟とは最強の上弦の鬼壱 まずは「黒死牟の正体」を考察。 黒死牟とは 「十二鬼月」の中でも最強の鬼。 位は「上弦の壱」。 ドル漫では便宜上、他の鬼滅の刃の考察記事でも「上限の1」などと表記してます。 黒死牟の 読み方は「こくしぼう」。 牟は中国人や朝鮮人で使われてる姓(名字)とか。 黒死牟は数百年前から上弦の1に君臨する鬼。 上弦の鬼でも圧倒的に強く、実力は鬼舞辻無惨に次ぐ強さ。 上弦の2や上弦の3とは圧倒的な実力差があり、同じ上弦の鬼であっても黒死牟の気配や動きすらまともに捉えられない。 黒死牟は十二鬼月や上弦の鬼の中でも戒律や従属関係を重んじ、上弦の3・猗窩座の横暴な振る舞いには容赦がない。 それだけ鬼舞辻無惨を信奉し、黒死牟は上弦の鬼の中の「統率」を重んじてる。 どこか人間臭さも匂わせる上弦の鬼。 黒死牟は「日の呼吸」を生み出した継国厳勝? じゃあ何故、ここまで黒死牟は強いのか? (鬼滅の刃165話 吾峠呼世晴/集英社) 結論から書くと、黒死牟は かつて400年前に存在した「日の呼吸」の開祖だったから。 黒死牟の 人間時代の名前は「継国厳勝(つぎくに・みちかつ)」。 既に継国家は存在しないものの、黒死牟はいわば霞柱・時透無一郎の先祖にあたる。 「日の呼吸」とは全ての呼吸の始まり。 には炎や岩、雷など存在しますが、どれも日の呼吸の派生に過ぎない。 鬼特有の無敵に近い耐久力と再生力に、人間の洗練された技の極地が加わる。 本来は「鬼を倒す側の柱が鬼化した侍」と捉えれば、いかに黒死牟が最強であるか分かるはず。 まさに鬼に金棒ならぬ、鬼に日の呼吸。 黒死牟の「刀」が最強にヤバすぎた しかも、黒死牟(こくしぼう)の強さは剣術や体術だけじゃない。 もちろん鬼化したことによって「刀」そのものの強化されてる。 (鬼滅の刃173話 吾峠呼世晴/集英社) 続いては 月の呼吸16の「月虹・片割れ月(げっこう・かたわれづき)」。 これまでの月の呼吸と違って、上空から斬撃を矢や隕石のように大量に降らせる技。 まさに月の呼吸は上下左右に隙がない。 そして、他にも月の呼吸の必殺技は存在します。 月の呼吸3は「厭忌月・銷り(えんきづき・つがり)」、月の呼吸8は「月龍輪尾(げつりゅうりんび)」、月の呼吸9は「降り月・連面(くだりづき・れんめん)」、月の呼吸10は「穿面斬・蘿月(せんめんざん・らげつ)」など。 ただ画像があまりに増えすぎるので、それぞれの詳細な技の解説は割愛。 前述と似たような技も多いので、『鬼滅の刃』のコミックスで是非ご確認ください。 まだ電子コミックのフルカラー版は一冊も発売されてないようですが。 黒死牟より強かった弟・継国縁壱とは? ただ黒死牟の正体を振り返ると、何故日の呼吸を使わずに月の呼吸を使用しているのか?また上弦の鬼にまで成り下がったのかが見えてくきます。 結論から書くと、実は人間時代の黒死牟には「双子の弟」がいた。 (鬼滅の刃177話 吾峠呼世晴/集英社) 簡単に言うと、 弟・継国縁壱はめちゃんこ強かったから。 前述のように継国縁壱は生まれながらにして痣が発現するなど、『ワンピース』の並にナチュラルボーンストロング。 兄である黒死牟が一切歯が立たずに倒せなかった大人の剣客を簡単に倒したほど。 実は 「日の呼吸」を作ったのも弟・継国縁壱だった。 結果的に黒死牟は「日の呼吸」を人間時代に体得することはできず、月の呼吸という派生の呼吸を身につけるにとどまった。 「日(太陽)」と「月」は相対する存在。 まさに陰と陽。 非常に意味深な呼吸名だった。 要するに、 弟・継国縁壱に対する嫉妬心から黒死牟は鬼に成り果てたということ。 もちろん黒死牟も痣は最終的に発現したものの、結果的に「タイムリミット(余命)」ができてしまった。 かえって弟・縁壱に追いつく時間が奪われ、焦った継国厳勝は黒死牟となる道を選んだ。  継国縁壱は鬼舞辻無惨を唯一追い詰めた侍 でも宜なるかな。 継国縁壱は鬼殺隊設立以来の最強の剣士だった。 継国縁壱は自らが生み出した「日の呼吸」を周りに教えるものの、誰も体得することができない。 そこで継国縁壱は個々人に合った呼吸法を変えて教えることで、他の剣士たちを強化していた。 その仮定で派生的に生まれたのが、今日の「炎の呼吸」や「水の呼吸」といった基礎の呼吸。 黒死牟にして「神々の寵愛を一身に受けてる存在」と言わしめる、まさに完全無欠の侍だった。 だから黒死牟以外にも、炎柱の先祖なども継国縁壱の最強っぷりに嫉妬して自信を失ったことも。 それに加えて、継国縁壱は人格者。 兄・黒死牟に嫌われてもそれでも慕うなど、ここまで人格者だと一周回って鼻につくか(笑) (鬼滅の刃12巻 吾峠呼世晴/集英社) 実はかつて登場した 「縁壱零式」なる戦闘用カラクリ人形も、この継国縁壱がベースでした。 だから全部いちいち考察するつもりはありませんが、『鬼滅の刃』を読み直すとちょくちょく継国縁壱の存在が描写されてます。 かつて主人公・竈門炭治郎の父・炭吉が一時期囲った剣士も、継国縁壱の子孫の一人だったりします。 いずれ個別記事を作りたいと思います。 【死亡】黒死牟の最期が切ない ただし、黒死牟も最終的に死亡してしまう。 ここらへんからは改めてネタバレ注意。 黒死牟の必殺技は前述してるので詳細は割愛しますが、岩柱の悲鳴嶼行冥との連携攻撃、そして更には日の呼吸の子孫でもある霜柱・時透無一郎などの犠牲によって最後は追い詰められて死亡。 そう考えると、たった一人で齢80にして黒死牟を一撃で瞬殺できた継国縁壱の最強っぷりが改めてヤバいですが、黒死牟の最期が切ない。 やはり黒死牟は弟・継国縁壱に骨を焼き尽くすほど嫉妬してる。 それ故に鬼になってまで生きながらえたものの、それですら弟・縁壱に傷を付けることすら叶わなかった。 縁壱死後も惨めなコンプレックスと屈辱心、焦燥感が増幅するばかり。 (鬼滅の刃178話 吾峠呼世晴/集英社) 何故なら、 弟・縁壱が作った「日の呼吸」は時代を超えて生き残るから。 「道を極めた者が行き着く先は同じ」という弟・縁壱の武士の思想も、黒死牟は数百年経ってもついぞ体現できなかった。 一方、黒死牟の月の呼吸は誰ひとりとして知らない。 継国家が途絶えた大きな原因も「弟・縁壱が消息を絶ったから」に尽きる。 黒死牟は何も達成できずに、何も残せないまま醜い鬼として絶望のまま死亡した。 弟・継国縁壱は最終的に黒死牟との戦いの最中で、唐突に寿命が訪れて死亡する。 兄・黒死牟に再会する気力だけで、最期は命を保っていたのかも知れない。 でも黒死牟からしたら「勝ち逃げ」されたに等しい。 そこから黒死牟は縁壱の幻影を数百年も追い続けることになるわけですが、 亡骸と化した縁壱の胴体を切り捨てると懐から「とある笛」が真っ二つの状態で出てきた。 これは二人が幼き頃に、黒死牟が別れ際に縁壱に渡した笛だった。 つまり黒死牟は鬼と化した後も、ずっと縁壱は兄のことを想い続けていた。 それを見た黒死牟は「私はお前が嫌いだ」と言いながらも涙を流す。 黒死牟は弟・縁壱に嫉妬と憎悪の炎を燃やすものの、鬼として数百年も生き続けてる間、両親の顔すら忘れた黒死牟であって縁壱の顔だけは鮮明に忘れなかった。 でも、これは「縁壱が嫌いだから」ではなかった。 (鬼滅の刃176話 吾峠呼世晴/集英社) 何故なら、 黒死牟は「縁壱お前になりたかった」から。 黒死牟も弟に対する想いは同じだった。 先程の画像を再び見てもらうと、この死を間際にして本音を吐露した黒死牟の懐には、やはり「真っ二つの笛」が隠されていた。 呼吸も思想も家督も何も遺せなかった 黒死牟が灰として朽ちゆく中で唯一遺っていたのは「弟・縁壱に対する愛」だけだった。 見た目の醜いグロテスクに反して、黒死牟の心はピュアだった。 いや、泣かせるやん。 黒死牟も継国縁壱も死ぬまで「孤独」だった 『鬼滅の刃』は本来は敵であるはずの「鬼の哀愁」を描くのが上手い。 黒死牟に限った話ではないですが、思わず読者が感情移入してしまうほど、鬼には悲しい人生や物語が隠されてる。 鬼は元人間だけあって、実は内面は非常にもろくて弱い。 むしろ人間として醜い部分や弱い部分があったからこそ、鬼と化す。 そこに『鬼滅の刃』のラスボス・鬼舞辻無惨も付け入った。 鬼の見た目の醜さは、まさに人間なら誰しもがモル悲しみや悲哀、嫉妬や嫉み。 上弦の鬼はどれも悲しい過去が隠されていましたが、黒死牟は最も強かったがゆえに、とりわけ「惨めな人生」が鮮やかに描写された。 エリートはエリートなりのコンプレックスを抱えてる。 いくら偏差値70の高校に入ったとしても、自分より優秀な人間は必ずいる。 偏差値70の高校生が必ずしも東大や京大に入学できるわけではない。 漫画家でもそう。 手塚治虫が若い人気漫画家に嫉妬してたのは有名な話。 尾田栄一郎、冨樫義博、諫山創も別の漫画家に狂うほど嫉妬しているのかも知れない。 得てして嫉妬とは無い物ねだり。 一方、黒死牟の弟・縁壱だって孤独だったに違いない。 何故なら、自分と同レベルの剣士は誰もいなかったのだから。 悩みや苦しみを共有できる者は少なく、平凡な兄との距離が深まっただけ。 そもそも縁壱も別に最強に生まれたくて生まれたわけじゃない。 縁壱の温厚な性格を考えると、きっと普通に生まれたかったはず。 そう考えると、黒死牟の正体は人間社会の歪が描かれているのかも知れない。

次の

鬼滅の刃の黒死牟の名前の由来や死亡理由は?最後の言葉と止めを指したのは誰?

黒 死 牟

長男といえど実際は「双子」として生まれており「継国縁壱 つぎくに よりいち 」という弟もいます。 当時の考え方として、跡目争いの原因になることから双子は嫌われる傾向にあり、「縁壱」には生まれながらにして謎の痣があり、その痣を持つ「縁壱」を父は不気味に思ったことから、生まれたあとすぐ殺そうと考えました。 これに怒り、阻止したのが母で、10歳になったら出家することを条件に「縁壱」を父から守ったのです。 10歳になるまで二人の生活環境は大きく差をつけられました。 長男であった「巌勝」は家を継ぐため、また本人にも優れた才覚があったため、非常に恵まれ環境に育てられました。 反対に「縁壱」は常に母の傍におり親離れができておらず、7歳になるまで喋らなかったため耳が聞こえないと思われるなど、侍として生きていく資質はないと考えられ育っていました。 Sponsored Link 【弟への嫉妬】 「巌勝」は長男として、継国家を継ぐ者としての自覚を持ち成長していきました。 そしていつまでも母の傍にいる「縁壱」のことを可哀想だと憐れんでおり、その感情から「巌勝」はこっそりと「縁壱」の部屋へ行き手作りの笛をプレゼントしました。 しかしそれでも「縁壱」がほほ笑むことはありませんでした。 7歳になった頃、「巌勝」が庭で素振りをしていると、気配もなく「縁壱」が松の木の陰に立っていることに気が付きます。 『兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?』 今まで一度も話したことのなかった「縁壱」が突然話し始め、そして初めて笑顔を見せました。 「巌勝」は、握っていた木刀が手から零れ落ちるほど驚き、同時に「縁壱」のことを不気味に思うようになりました。 その日以来、「巌勝」の稽古の現場に「縁壱」が現れるようになり、それを見た父の部下が竹刀を持たせてみることにしました。 その後、簡単に握り方や構えを教え、打ち込んでみろと父の部下が「縁壱」に言うと、「縁壱」は瞬く間に4発打ち込み、失神させてしまったのです。 「縁壱」はその打ち込んだ時の感覚が不快で、二度と侍になりたいと言わなくなりました。 しかし剣の才能を目の当たりにした「巌勝」は、強さの理由を教えてくれと問いただし、「縁壱」には生き物の身体が透けて見える特別な視覚を持っているということを知ります。 不気味な痣と特別な視覚、そして剣士として優れた身体能力、「巌勝」は今まで憐れんでいた者が自分より優れた才能を持つ者だと気付き、「縁壱」に強い嫉妬心を抱き始めるのです。 「巌勝」が鬼となっても厳格である理由は侍の家の長男として生まれたことに起因します。 上下関係、従属関係を重んじ、上弦の鬼が集結した際には、上弦の参である猗窩座の腕を斬り落とし戒める場面があり、その厳格さを特徴づけています。 【弟への憎悪】 優れた才能を持つ「縁壱」の存在を、部下は父に報告しないハズがありません。 そうなれば「巌勝」と「縁壱」の立場は逆転し、「縁壱」が家を継ぎ、自分は寺へ追いやられると、その夜、布団の中で「巌勝」は考えました。 そこへ「縁壱」がやってきて、母が死んだことと今から家を出て寺に行くことを告げます。 『いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず、日々精進致します』 「巌勝」が贈った笛を見せ、「縁壱」はほほ笑みながら別れの挨拶をしました。 その後、「巌勝」は母の日記から、「縁壱」の真意を知ることになります。 常に母の傍にいたのは、病気により身体が不自由になった母を支えるためであったこと。 そして「縁壱」は自分が家を継がされることに気が付き、予定より早く自身の判断で寺へ向かうことにしたのです。 この真意に辿り着いた「巌勝」は、嫉妬で全身が灼けつく音を聞き、「縁壱」に対して心の底から憎悪を抱くようになります。 Sponsored Link 【鬼舞辻無惨との出会い】 父は「縁壱」を連れ戻すため寺に使いを出しますが、なんと「縁壱」は寺にはおらず、消息を絶っていました。 10年余りの月日が経ち「巌勝」は家族ができ、侍として平穏な日々を続けていました。 しかし「巌勝」が仲間と野営しているところを鬼に襲われ、その危機的状況を救ったのが、鬼狩りとなった「縁壱」でした。 また更に剣の腕を上げた姿を見て驚く「巌勝」でしたが、「縁壱」は救援が間に合わず仲間が死んでしまったことを深く詫びます。 剣技を極めているにも関わらず、驕ることのない「縁壱」は、非の打ちどころのない人格者になっていたのです。 自分を超えた存在である「縁壱」に再会した「巌勝」は、子供の頃と同じくその強さを欲しました。 そのため家族を捨て、剣技を極めるため、「縁壱」と同じく鬼狩りの道へと進むようになります。 「縁壱」は呼吸や剣技などを教えていましたが、誰一人「縁壱」のように日の呼吸が使えなかったため、それぞれに合わせ呼吸法を指導していました。 兄である「巌勝」も、日の呼吸を習得することができず、派生する月の呼吸を使用するようになります。 いつか「縁壱」に追いつけるようにと研鑽を積み、「縁壱」と同じく痣が発現しました。 周りの仲間も呼応するように痣が発現しますが、その痣者たちが次々に死に始め、痣は寿命を縮めてしまうのではないかと「巌勝」は気付きます。 そこへ鬼舞辻無惨が現れ、「巌勝」に魅惑的な提案をします。 『ならば鬼になればよいではないか』 「巌勝」は剣技を極めるために、鬼舞辻無惨に頭を下げ、鬼になることを選びます。 すべては弟「縁壱」を超えるという自分の意志のためでした。 Sponsored Link 【十二鬼月となる】 鬼の力を得た後、時が流れた赤い月の夜、「巌勝」またの名を「黒死牟」は七重塔の近くを歩いていました。 そこで齢80を超えている老いた姿の「縁壱」と再会します。 最後に会ってから60年以上経っていました。 『信じられぬものを見た』 痣者は25歳を待たず死んでしまうにも関わらず「縁壱」は生きており、「黒死牟」には嫉妬と憎悪の感情が蘇る。 『お労しや、兄上』 兄を憐れむ弟の一言に、生まれて初めて込み上げるものがあったと感傷を覚えます。 しかし、鬼として歯向かう者は両断せねばならないと「縁壱」に殺意を抱いた次の瞬間、『参る』の呟きと共に「黒死牟」の頸は斬られてしまいます。 鬼であったため致命傷は辛うじて避けつつも、次の一撃で死を覚悟しましたが、その一撃は来ることはなく、「縁壱」は立ったまま寿命で死を迎えました。 ついに「縁壱」に寿命で勝ち逃げを許したまま、果たせぬ嫉妬と憎悪で生きることとなる「黒死牟」 その後は日の呼吸を知る者を鬼舞辻無惨と共に徹底して殺し、時に鬼の仲間を増やしていくこととなります。 ただ、鬼となり妻や子供の顔を忘れたとしても、殺したいほど憎い「縁壱」のことだけは、生涯忘れることなく生きていくことになったのです。 黒死牟は、善逸の兄弟子である獪岳を鬼にした張本人でもあります。 語られてはいませんが、獪岳と善逸の関係を自身の過去と結び付け、獪岳を鬼にスカウトすることを選んだのかもしれません 【「鬼滅の刃」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】 「鬼滅の刃」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「鬼滅の刃1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。 そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。 「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、 1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。 2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。 加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。 【鬼滅の刃 関連記事】 『黒死牟』は鬼として最強の存在でありますが、その過去には「縁壱」という史上最強の剣士がおります。 炭治郎を始め、鬼滅の刃に登場する長男の多くは、長男であることの責任として家族を守ろうと行動していますが、『黒死牟』は弟に嫉妬し憎悪し、挙句の果てには敵となる存在に堕ちてまで「縁壱」を殺そうと(=超えようと)しました。 しかし『黒死牟』の最期は、無限城での死闘の果てに、「縁壱」に対する憎悪から負けを認めようとしない醜い自分の姿を見たため崩れていきます。 最期の時まで思い出したくもない「縁壱」の顔を思い出していたことから、憎んでいた反面で焦がれていたことに気が付きます。 「巌勝」と「縁壱」が兄弟として生まれていなければ、おそらくこの二人はその時代を代表する剣士となり、鬼を殲滅させていたことでしょう。 『黒死牟』は運命が生みだした悲劇の剣士なのです。

次の

【鬼滅の刃】ついに黒死牟の過去が明かされる!弟・縁壱との関係はどんなのだったのか?

黒 死 牟

つまり、 鬼舞辻無惨を除く鬼の中では 最強の鬼なんです。 今までは鬼殺隊最強の柱でさえ、上弦の鬼との闘いには苦戦を強いられ再起不能に陥る剣士もいました。 上弦の中でも随一の実力を誇る黒死牟との闘いは、まさに死闘となります。 そしてなんと黒死牟には鬼の中でも 特別な驚くべき能力があります。 それは、鬼殺隊と 同じ呼吸法を使い剣技で闘うということ。 黒死牟はという呼吸法を使い禍々しい剣で闘います。 鬼殺隊の剣士しか使えないはずの 呼吸法を操る鬼。 どう考えても絶望的です。 最強かつ最恐の鬼を本当に倒せるんでしょうか!? そして誰が倒すのでしょう? 気になりますよね…。 Ah… and mind your step. 4人の鬼殺隊の連携した剣技の末、黒死牟の首は斬られます。 そこには4人それぞれの攻撃すべてが欠かせませんでした。 それは、 霞柱が黒死牟に刀を突きさした攻撃です! そこから、不死川玄弥が黒死牟を南蛮銃でうちます。 銃の球には黒死牟自身の血鬼術が含まれていました。 その血鬼術で、黒死牟、霞柱を一緒に固定します。 この固定は失敗してしまいますが、 2度目の固定で黒死牟が動けなくなってしまいました。 その間に決定打の 岩柱と風柱の連携攻撃 ! 岩柱が彼の武器である鉄球を黒死牟の後頭部に直撃させ、その威力を増させるように風柱の日輪刀が鉄球に振りかざされます。 鉄球の勢いと日輪刀の勢いが合わさり、そのパワーはついに黒死牟の首を断つのです。 そしてこの命を賭けたこの闘いにて、 霞柱と不死川玄弥が犠牲になります。 には感動しました。 鬼殺隊は大変大きな戦力を失いました…。 これでになります。 悲しいですね。 ですが、この戦いは貴重な柱どうしの連携を見せてくれました! 色々な意味ですごい戦いでしたね。

次の