ジーニー 歌。 山寺宏一 フレンド・ライク・ミー 歌詞&動画視聴

【徹底解説】アラジンのジーニー!実写版も山寺宏一が声優!性格・誕生秘話・トリビアなど

ジーニー 歌

金髪のジェニー Jeanie with the light brown hair フォスター歌曲/早くも不仲説?!結婚して3~4年後の曲なのに・・・ 「金髪のジェニー」は、19世紀アメリカの音楽家フォスターが1854年に作曲したアメリカ歌曲。 同曲が発表されたのは、この曲のモデルである幼なじみのジェーンとフォスターが結婚(1850年)した3~4年後のこと。 結婚して翌年(1851年)には長女マリアンも誕生している。 結婚してから数年後の歌だというのに、何故か歌の内容は別れた彼女への未練ばかり・・・。 「金髪のジェニー」が実際の奥さんを意味しているとすれば、この頃既に夫フォスターと妻ジェーンは不仲になっていたのではないか?この辺の事情についてはフォスター特集のページで。 ヒットしたのは1940年代になってから?! 「金髪のジェニー」が多くの人に受け入れられるようになったのは1940年代以降のことで、フォスターが生きていた時代にはこの曲はあまり売れていなかったと伝えられている。 なぜ1940年代なのかというと、アメリカではちょうどその頃にラジオ局とASCAP(アメリカのJASRACのような著作権管理団体)との間で著作権をめぐる激しい争いがあり、ASCAPが管理していないパブリック・ドメイン(簡単に言えば著作権フリー)の曲をラジオ局がいやみのようにかけまくり、その時に「金髪のジェニー」がよく流れていて人気が出たらしい。 ASCAPとラジオ局の争いといえば近年も形を変えて激しく行われているようだが、こういう争いの中から過去の名曲が発掘されるとはなかなか面白いエピソードである。 【参考文献】 」 【試聴】金髪のジェニー I dream of Jeanie with the light brown hair, Borne, like a vapor, on the summer air; I see her tripping where the bright streams play, Happy as the daisies that dance on her way. 明るい茶色の髪のジェニーの夢を見る 夏の日の空気の中に漂う霞のような 目映くきらめく小川で軽やかに舞う彼女 揺れるヒナギクのように幸せそうに Many were the wild notes her merry voice would pour, Many were the blithe birds that warbled them o'er: Oh! I dream of Jeanie with the light brown hair, Floating, like a vapor, on the soft summer air. 楽しげな歌声からこぼれる幾多の調べに 小鳥たちも陽気にさえずり応える 明るい茶色の髪のジェニーの夢を見る 夏の日の空気の中に漂う霞のような 2 long for Jeanie with the daydawn smile, Radiant in gladness, warm with winning guile; I hear her melodies, like joys gone by, Sighing round my heart o'er the fond hopes that die 夜明けのジェニーの笑顔に思い焦がれる 喜びに満ち溢れ、いたずらっぽさも愛嬌があり温かい 過ぎ去りし喜びのような、彼女のメロディー 叶わなかった甘い期待にため息をつくばかり Sighing like the night wind and sobbing like the rain Wailing for the lost one that comes not again: Oh! I long for Jeanie, and my heart bows low, Never more to find her where the bright waters flow. 夜ごとため息 雨の日にはむせび泣く 二度と戻らないものを待ち続けながら ジェニーを思い 我が心は低くこうべを垂れるが 輝くせせらぎに彼女の姿を見ることはもうない 3 I sigh for Jeanie, but her light form strayed Far from the fond hearts round her native glade; Her smiles have vanished and her sweet songs flown, Flitting like the dreams that have cheered us and gone. ジェニーを思いため息をつくが、彼女の面影が彷徨うばかり 彼女が生まれた地の優しき人々から離れ 微笑みは消え去り、甘い歌声も空に消えていった かつて私たちを楽しませ消えていった夢が頭をよぎる Now the nodding wild flowers may wither on the shore While her gentle fingers will cull them no more: Oh! I sigh for Jeanie with the light brown hair, Floating, like a vapor, on the soft summer air. 岸辺の野生の花々は枯れ 彼女の優しい手に摘まれることはもうない 明るい茶色の髪のジェニーを思いため息をつく 夏の日の空気の中に漂う霞のような 関連ページ 『おおスザンナ』、『懐かしきケンタッキーの我が家』、『金髪のジェニー』、『夢路より』など、19世紀アメリカで活躍した音楽家スティーブン・フォスター名曲集 『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『峠の我が家』、『オーラリー』など、日本でも有名なアメリカ民謡・歌曲特集。

次の

実写映画『アラジン』の歌や曲について:代表曲一覧・作曲者情報なども

ジーニー 歌

【劇団四季アラジン】ジーニー役の1番人気キャストは瀧山久志?おすすめポイント・感想も! 2015年5月から上演され大人気劇団四季のアラジン!その中でも、ジーニーの存在に魅了され1度のみではなく2度3度と劇団四季アラジン[海]に足を運ぶ方も多くいることでしょう。 2015年からジーニー役のキャストは何名かいる中で数多くのファンがいる瀧山ジーニーについて書いていきたいと思います。 2015年5月24日東京 電通劇団四季[海]で上映開始。 2015年の日本開幕以来、連日スタンディングオベーションが起きているヒットミュージカル!「自由」と「未来」を求めるアラジンとジャスミン王女、そして魔人ジーニー。 神秘と魅惑の都・アグラバーを舞台に繰り広げられる、恋と冒険の物語。 劇団四季アラジン、ジーニーとは? 陽気なランプの精で、主人となったアラジンに仕え、彼の「3つの願い」を叶えようとする。 だがその陽気さとは裏腹に、実は、自由の身になることを望んでいる。 出典: 主人公のアラジンとランプの精ジーニー。 劇団四季のアラジンをみると、主役はジーニー!と言う方も多くいるほど存在感がある役でもあります。 キャストによって個性が出る部分もありますが、映画やアニメーションと違い実際にその場で歌ったり踊ったり、見せ場が多い役! アラジンとジーニーが初めて出会うシーンでは劇団四季史上歌って踊る時間が一番長い場面もあるほどアラジンの中で大切な存在です。 ジーニー役キャストで1番人気?瀧山ジーニー [劇団四季アラジン]初代ジーニー役、瀧山久志さん 生年月日:1983年8月24日(2019年12月現在36歳) 出生地 :山口県萩市見島 職業 :元オペラ歌手、ミュージカル俳優 高校時代:合唱部 大学:大阪芸術大学音楽学科演奏研究コース(現・演奏学科)卒業 大学卒業後:バリトンオペラ歌手として活動 2007年:劇団四季随時オーディションに合格。 演目契約でオペラ座の怪人アンサンブル役で初出演。 2014年11月:『アラジン』のジーニー役でオーディション合格。 2015年4月:劇団四季へ正式入団。 C席でも十分堪能できます 3年前も瀧山ジーニーを観ましたが、もうジーニーの何物でもない、劇場を呑み込んでいました。 瀧山さん、今日はぜーんぶ笑いを持ってかれた笑 声の色またさらに増えましたね??😏 瀧山さんって毎回本当にすごい!驚かされてさらにあの歌声に圧巻なんですけど、もうジーニーそのもの。 FLMの途中、マイクを持ってくる間もノリノリの後ろ姿を拝見して余裕さえ感じる。 色々な声の使い分けとか間とかほんとうに絶妙すぎて今日もたくさん幸せ気分になっちゃいました。 ジーニーとアラジンの絡みで会場は随分笑いが。 本当に最高。 瀧山ジーニーを観るともう辛いことも悩みも吹っ飛びます。 今日のジーニーも最高だった!ずっと目で追っちゃう。 劇団四季 アラジンの中で彼の演じるジーニーはほんとすごいよ! — 黒沢薫 K2spicy 瀧山ジーニー、初代ジーニーということもありすごいですね! 劇団四季アラジン、ジーニー注目ポイント! そんなジーニーですが、劇場に足を運ぶ方に注目ポイントを最後にご紹介します。 ・約4分間ジャズダンスとマジック ・約1分ラテンダンス ・約1分リトルマーメイドなどのディズニーの歌を歌う ・ラスト2分圧巻のタップダンス この8分間圧巻です!ぜひ注目してみてくださいね! 【劇団四季アラジン】ジーニー役の1番人気キャストは瀧山久志?まとめ 元オペラ歌手である瀧山久志さん。 実際に観た方の感想、口コミで人気なのがわかりますね! 劇団四季アラジンではとても大切な存在のジーニー役。 予約もなかなかとれないとのうわさですが瀧山ジーニーに出会えた方はぜひいろいろと注目してみてくださいね!.

次の

ジーニー (ディズニーキャラクター)

ジーニー 歌

タップできるもくじ• 実写版アラジン劇中で流れる曲を全て紹介 Arabian Nights アラビアンナイツ アラビアの夜を表現した一曲です。 歌は ジーニー役のウィルスミス(日本語吹き替えは山寺宏一)が歌っています。 映画の冒頭のシーンで、船に乗るジーニーが過去を回想する際に流れ始めました。 ここのシーンは個人的にすごくお気に入りでしたね。 アグラバーの町の様子をあたかも自分がそこにいるかのように見渡すことができるので、アニメ版から見ていた人にとってはちゃんと実写化されていることに感動を覚えたのではないでしょうか? ウィルスミスが歌うバージョンでは Arabian の発音を「アラビア」ではなく、 「 アレイビア」とネイティブに発音しており、 アレイビアーナーーーイッ という歌詞のフレーズがめちゃめちゃ癖になりました。 映画の始まりにふさわしい曲で、最初からクオリティーの高さにテンションが上がった方も多いことでしょう。 One jump ahead ワンジャンプアヘッド) アラジンが町で盗みを働き、兵隊から逃げる際に流れる曲です。 字幕版ではメナ・マスード、吹き替え版では中村倫也が歌っています。 One jump aheadとは日本語で「 先手を打つ」という意味になり、兵隊なんかには捕まらないよという少し煽り要素の含まれる曲になっています。 アラジンの少年っぽさがうまく表現されている一曲ですね。 アニメ版アラジンでは少年アラジンが家から家へと飛び越えたり、大きくジャンプをして危険を恐れない姿が印象的でした。 もちろん実写版のアラジンもそのような姿を見せてくれましたよ。 屋根を飛び移ったり• ロープを使って兵士から逃げ切ったり• 壁を蹴りながら登ったり と期待通りのアクションを見ることができ満足です。 めちゃめちゃ練習したんだろうな〜〜。 Friend like me(フレンドライクミー) この曲はランプの精霊ジーニーが、 3つの願い事を叶える方法をアラジンに紹介する曲です。 字幕版はウィル・スミス、吹き替え版は山寺宏一が歌っています。 ジーニーがいればどんなことができるのか、何を手に入れられるのかをコミカルに歌い上げています。 実写版アラジンではウィルスミスの動き1つ1つがおもしろいので、アニメ版に負けないくらい気分が上がる一曲にです。 劇中でジーニーの言葉にあったのですが、ご主人様に対して友達だと言ったのはアラジンが初めてだと話していました。 なのでこの「Friend like me」も ジーニーが初めて歌った曲だということがわかりますね。 テンションの高さとノリのよさで歌い上げたと思うと、さすが宇宙一の魔人だということを改めて思い知らされました。 歌い始める前にあるアブーのシーンはシアター内爆笑でしたね。 (笑) Prince Ali(プリンスアリ) アラジンがジーニーのおかげで王子になり、アグラバーの宮殿へ行進するシーンで流れる曲です。 アラジンとジーニーの2人によって歌われており、 字幕版ではメナ・マスードとウィル・スミス、吹き替え版では中村倫也と山寺宏一が歌っています。 巨大な像に変身させられてしまった猿のアブーをはじめ、ダチョウやラクダなどの様々な動物を引き連れて大行進するシーンは迫力満点です。 歌詞の内容ですが、とにかくアリ王子(アラジン)はお金持ちで力持ちですごいんだぞというジャスミン王女に対するアピールの曲になっています。 これが残念ながら、逆効果になってしまうんですがね。 「動物をたくさん飼っているんだぞ!動物園のような感じだ!!」 と、ひたすら動物の数をアピールするのですが、当時の世界観では動物をたくさん持っている人間がすごいという認識だったのでしょうか? あるいは私の考えですが、アピールしていた動物が皆、人やモノを運ぶのに優れていたので移動手段となる動物が貴重な存在だったのですかね? A whole new world(アホールニューワールド) アラジンといえばこの曲と答える人が多いのではないでしょうか? 作曲したアランメンケン本人も、 これは売れると自信を持って送り出した一曲です。 アラジンとジャスミンのデュエット曲となっています。 字幕版ではメナ・マスードとナオミ スコット、吹き替え版では中村倫也と木下晴香が歌っています。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗って、見たことのない新しい世界を見に行きます。 きっかけは 本や地図だけを見て実際には世の中を見たことがないジャスミンに、アラジンが世の中を見せてあげたいと思ったことからでした。 空高くまで飛んで行ったり、滝ツボぎりぎりまで突っ込んでいったり、アグラバー全体を外側から見たり......。 さすが現代の発達した技術と言うべきでしょうか、綺麗な映像とともにアニメ版が忠実に再現されていました。 ですが残念な点もありました。 期待度が大きかっただけに、 鳥肌が立つような感動を覚えなかったという点です。 確かに映像が綺麗で、魔法の絨毯で空を飛ぶシーンはよくできているとは思いました。 しかしそれを再現するための CG感が、なんとも言えない違和感を生んでいたのです。 背後の景色に2人がうまく溶けきっていないため、見ている方もその世界観に入りきることができませんでした。 Speechless(スピーチレス) アニメ版にはなかったジャスミンによるソロ曲です。 字幕版ではナオミ スコット、吹き替え版では木下晴香が歌っています。 Speechlessとは日本語訳で「 無音、心の声」という意味です。 この時代は女性という理由だけで言葉に影響力がなく、政治にも参加することができませんでした。 過去 1000年間の中でも女性が王になった例はないと、劇中でも触れられていましたね。 そんな自分の境遇を歌にしたジャスミンの強さが垣間見える一曲になっています。 歌詞の内容を簡単に解説すると、「 どれだけ自分の言葉が封じられようとも、私は決して諦めずに言葉を発し続けるわ」と伝えています。 映画の前半で歌われるPart1バージョンと後半で歌われるPart2バージョンに分かれており、それぞれでジャスミンの歌い方や感情の込め方が大きく異なります。 特にPart2の方は鳥肌もので、 ここまで感情を込めるか!! といった印象を受けました。 実写版アラジン劇中で流れる曲を全て聴く方法 実写版アラジンで流れた名曲たちをもう一度聴きたいという方も多いでしょう。 そんなあなたにおすすめの方法が に登録して、快適に聴くという方法です。 今なら 31日間の無料お試し期間が用意されており、気に入らなければ退会することもできます。 また、今回紹介した曲以外にも劇中で流れていたバックサウンドなど全てサントラで楽しむことができます。 にはアラジン以外の数多くのディズニー音楽も用意されており、ディズニーランドやシーのテーマ曲なども聴くことができますよ。 もちろんYouTubeで再生することも可能なのですが、 広告が必ず挟まれるので快適に聴くことができないし、何より通信料が大きいので外出先で聴くことができません。 なので私はそんなデメリットのない をおすすめします。 中でも私の1番のお気に入り曲は「」です。 また、登場するキャラクターの中でもお気に入りが存在します。 それは「」という召使いです。 映画を観た人なら記憶に残っている人も多いはず。 ハキームとはどんな人物なのか、「 」という別記事で紹介していますのでぜひ見てみてください。 また繰り返しになるのですが、実写版アラジンの劇中歌をサントラで聴くなら をおすすめします。 通学中や通勤中にもう一度アラジンの世界に入り込むことができるため、ぜひ試して見てください。

次の