ミミッキュ 性格。 【ポケモン剣盾】アーマーガアの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ミミッキュ育成論 : 【一家に一台】便利屋トリルミミッキュ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ミミッキュ 性格

皆さんお久しぶりです。 "アレ"のせいで最悪のタイミングになってしまったのですが、久しぶりに納得のいく構築を組むことが出来たのでほぼ自己満で構築記事を書きます。 【構築経緯】 シングルでサンパワーを思うように扱えず、センチメンタルでをプレイしていたところキョダイゴクエンという技が非常に強力である事に気付き、シングルでもワンチャンあると信じてキョダイを採用した。 【コンセプト】 キョダイで数的有利を取り、ゴクエンを残しながら後ろのミミカビ ドラパ で詰める。 142珠のDホロウ確定耐えまで振っても良かったかもしれない。 キョダイゴクエンという技が非常に強力で、死に際に撃つことによりで縛れる範囲を伸ばしたり、通常のダイジェットエースが辛いみがわりチイラをられたり等通常のエースとは異なった勝ち筋を生み出す事が可能。 竜の波動は主にパッチラゴン、にDドラグーンを撃つために採用。 あと単純に追加効果のAダウンが強い。 確かにはックスしないかつ上から撃つ場合の威力期待値が高く、安定した打点となりますが、このを選出する場合は基本的にックス前提となるのでDジェットの威力を優先しました。 具体的には皮が無くなって珠ダメージが入ったを確定で落とし切れるようになったり等の恩恵があり、間違った選択ではないと思っています。 では何故炎技の火力はあげてないのかと言うと、ックス同士の撃ち合いに使う技は圧倒的にDジェットが多く、キョックス技はどちからと言えば後続にスリップダメージを残すと言った意味合いが強いからです。 撃ち合いに勝つ前提であれば相手を倒すターンか倒した後のターンにゴクエンを撃てた方が理想的であるため、火力を過剰に求める必要はないと判断しました。 また、火炎放射よりDバーンにした時に威力が上がる特殊技は大文字、オーバーヒート、の3つがあるのですが、この3つのどれかを採用してしまった場合非状態での皮を安定して剥がせる技が無くなってしまいます。 以上の理由からこの様な構成となりました。 いろいろと役割を持ち過ぎた。 後述の残飯と合わせる事でダルマ入りに対して比較的安全に立ち回る事が出来る。 欠伸残飯と組ませる関係上相手の身代りドラパルトの鬼火に対して後投げしたいので物理型ではなく特殊型で採用。 霊技にラグがない点も優秀だった。 スカーフ特殊ドラパルトでは珍しく?炎技を切っているが、、ダルマ、 は諸説 がに対して有利を取れるため特に気にならなかった。 自主退場によって過剰に展開させない点もかなり優秀。 に強気に出るためにヘビーボンバーを、ラス1ピクシーに詰められる事を防ぐために地割れを採用した。 終盤にかけてメタが厳しくなっていったが、シンプルにクッションとしての性能がズバ抜けているため、ドラパルト、Wによって隙を埋める事でどのようなPTに対しても機能させる事が出来た。 守るを採用する事により後投げからほとんどののックスを枯らす事が出来る他、ゴクエン呪いのスリップも稼げるようになり、PTのコンセプト上かかせない存在となっている。 あと眠りターンとか地割れで上振れた時のパワーがヤバすぎる。 を抜きたかったのとへのダメージを意識して最速AS珠。 また、の欠伸展開からックスエースとして動かす事も可能。 基本的に文句の付けようがない性能なのだが、ラスワンで同じ構成のが対峙すると地獄絵図になるのでそこだけ嫌い。 また、や後述のと合わせる事によってキョックスに対して圧倒的に優位を取れる。 シンプルに威力期待値が段違いなのとキッスを落として貰うために冷凍パンチではなく氷柱落としを採用。 外しに泣く場面も多かったが、怯みのお陰で拾えた試合もまあまああったので間違った選択では無かったと思う。 は、をワンパンする用とドラパルト、、に一貫する打点として採用。 馬鹿力はやをワンパン出来るのとシンプルに命中安定の高火力技として使える点を評価して採用した。 蜻蛉返りは構築段階ではの襷を潰すために採用していたのだが、何故かノータイムで突っ込んでくるスカーフが多くて毎日泣き叫んでいた。 でもとの申し訳程度のトンボルサイクルが出来たのはちょっとだけ強かった。 役割集中やで無理矢理毒を入れて受け回すといった方法でこのを見ている人が非常に多かったので眠るを採用。 眠るは単なる回復ソースの他に疑似的なDウォールとしても使用する事が可能で、相手のターンを1ターン消費させながら詰めていく立ち回りも出来たりする。 のいない欠伸入りは呪いやゴクエンを入れたに対してこのを展開する事によりほとんど安定して詰める事が出来た。

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ミミッキュ 性格

「ガラルサニーゴ」や「ドヒドイデ」などの受けポケモンには、「じわれ」の1撃必殺を狙うことができるため、倒すのが難しい相手に放てる技となっています。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 「じわれ」との選択肢。 飛行タイプの「アーマーガア」などを意識する場合はこちら。 ただし「ゴーストタイプ」に無効なため注意。 相手の方が素早さの高い場合でも、技「がんせきふうじ」を選択することで素早さダウンを狙えるので 対面で勝ちやすい状況を作り上げられるのが魅力といえます。 「ばけのかわ」「ふゆう」などの特性を無視できるので、 「ミミッキュ」や「ウォッシュロトム」などのポケモンに対して有効です。 「きあいのタスキ」と「すなかき」を組みわせることで、素早さが2段階上昇した「ギャラドス」や「トゲキッス」に、先手をとって反撃可能です。 また、特性を「すなかき」で育成する場合は、ダイマックスと相性のよい、「つるぎのまい」や「いわなだれ」を採用するのがおすすめです。 ダイマックスとの相性もよく、攻撃を上げて相手を倒しやすくなる。 相手の攻撃を完全に防げる、「ダイウォール」を使用した戦いが可能。 「がんせきふうじ」に比べて、「ダイロック」の威力を高めることができる。 「きあいのタスキ」などの影響を受けずに倒せる。 ただし攻撃回数は安定しないので注意。 ダイマックスをすれば、ダイマックスしたウォッシュロトムの「ダイストリーム」も耐えることができます。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 ドリュウズの役割と立ち回り 特性を活かして戦うアタッカー 「ドリュウズ」の持つ特性「かたやぶり」「すなかき」はどちらも強力です。 ランクバトルの環境や、ドリュウズに持たせたい役割で使い分けましょう。 特に 「ミミッキュ」の「ばけのかわ」を無視して攻撃できる点が非常に強力なため、現環境ではミミッキュキラーとして活躍することができます。 元の素早さの負けている相手にも、「ダイロック」による 砂嵐で、素早さを逆転させる立ち回りが強力です。 「カバルドン」などのポケモンで、予め天候を変えておくと、より立ち回りやすくなります。 一撃必殺で不利状況を打開できる ドリュウズは「つのドリル」と「じわれ」を覚えることができ、一撃必殺技で不利な状況を打開できるポケモンです。 運要素が強すぎますが、こちらが完全に不利な場面でもワンチャンスにすがって技が出せるのがドリュウズの強みと言えます。 ドリュウズと相性の良いポケモン ドリュウズの退き先になれるポケモン 「ドリュウズ」の攻撃を、タイプ相性で受けられるポケモンがおすすめです。 ドリュウズの苦手なポケモンに負担をかけて、ドリュウズに有利な対面を作りましょう。 また、 飛行タイプはドリュウズの苦手な地面技を無効にし、お互いの弱点をカバーできるので、相性補完に優れています。 ドリュウズで「ダイロック」を使用せずとも、先手を取りやすくなるので、 ダイマックスターンを有効活用できます。

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの入手方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ミミッキュ 性格

はじめに• ランクMAXに到達するための、超初心者向けの育成論です。 経験者の方は既存の内容かと思われます。 前作の露草様の育成論 と全く同じ型となりますが、今作でのミミッキュの立場が大きく変わったと思われるのでこちらを投稿させていただきます。 性格、きそポイント 以下努力値 、個体値などのある程度の専門用語を使用します。 非常に広く使われている用語なので、知らない方は調べておくことをお勧めします。 採用理由• 強いからです。 特別な理由がない限り、ミミッキュを入れておくことをお勧めします。 ミミッキュは特性 ばけのかわで、一度だけ攻撃を無効化出来ます。 その隙に1ターン自由に動くことが出来るので、 つるぎのまいを使ってこうげきを上げたり、 シャドークローや じゃれつくで攻撃出来たりします。 また、フェアリー・ゴーストというタイプも非常に優秀で、タイプ一致技を両方半減出来るポケモンが ガラル地方に存在しません。 耐性も強く、弱点がはがねとゴーストのみ、更にノーマル、かくとう、ドラゴンの3タイプを無効化出来ます。 構成 性格 ようき とくこうx0. 9 ,すばやさx1. ゴリランダーやロトム、ドリュウズに抜かれてしまうのも厳しいです。 ミミッキュ対策はミミッキュと言われるほど、ミミッキュに強いポケモンが少ないので、ただ出すだけで強いです。 基本的な動かしかたは、• つるぎのまいでこうげきを上げる。 シャドークローもしくは じゃれつくで攻撃 です。 1ターンだけ無敵になれることを活かしてこうげきを上げ、相手のポケモンを倒します。 2回目、3回目以降の攻撃もダメージが上がっているので使えるときはつるぎのまいをしておきましょう• 相手より素早さが遅い場合や、相手がミミッキュの攻撃を耐える場合、相手の攻撃で一撃で倒されてしまう可能性があります。 そんな時は ダイマックスを使って攻撃力と耐久力を上げ、強引に倒すことが出来ます。 これがミミッキュが最強のポケモンである理由です。 追記:ミミッキュのダイマックスわざは非常に強力で、じゃれつくのダイフェアリーは状態異常を無効に、シャドークローのダイホロウは相手のぼうぎょを下げる効果を持っています。 相手の残り体力が少ないときにはかげうちで先制攻撃しましょう。 つるぎのまいを使った状態であれば非常に強力な技になります。 ですが、使っていない状態のミミッキュのこうげきは高くありません。 いまひとつならほとんどダメージが見込めないので気を付ける必要があります。 具体的にどのポケモンに対してどの行動をすればいいか、それはパーティによって様々で、知識と経験が必要です。 ですが、ここでは初心者向けに一例を挙げておきます。 よりすばやさが高いポケモン オノノクス、サザンドラ、リザードン、ゲンガー、エースバーン、インテレオン、ドラパルト ダイマックスしないと倒せないポケモン ナットレイ、ギャラドス、ギルガルド、バンギラス、リザードン ミミッキュに強いポケモン• どうしてもミミッキュでは不利なポケモンもたくさん存在します。 例えば、とくせい かたやぶりのドリュウズやオノノクスは、のばけのかわを無効化し、こうかばつぐんのはがねタイプのわざを撃ってきます。 ドリュウズのアイアンヘッドでは一撃で倒されてしまいます。 ナットレイはダイマックスがあれば押し切ることもできますが、無ければが攻撃すると、高いぼうぎょ力でダメージを減らし、とくせい てつのトゲでダメージを受けてしまいます。 やけど状態になるとこうげきが半分になるので、おにびを使うロトム、ドラパルト、ゲンガー、サニーゴ、デスバーンにも気を付ける必要があります。 特にはとてもぼうぎょが高く、優秀な回復わざも持っているので対策として採用されていることがあります。 また、最も気を付けるべきはです。 全く同じ対は運に左右されることになってしまうので、どうしてもという場合を除きなるべく避けましょう。 おわりに• 以上が初心者必須ともいえるミミッキュの簡単な解説となります。 実戦で使うのも非常に簡単で使いやすいポケモンなので、是非使ってみましょう。 特別な理由でミミッキュを使わない場合でも、相手として出てくるミミッキュはほとんどがこの型のミミッキュですので、把握しておいて損はないでしょう。 本サイトの一般的な育成論よりも更に視点を落とした、超初心者向けの解説となりましたが、いかがでしょうか。 もしわかりにくいところ、間違っているところなどありましたらコメントで教えていただけると幸いです。 当育成論を見て、を使ってみたい!と思った方は、ぜひランク戦でお待ちしております。 追記 対策のの育成論を投稿しました。 こちらも一緒にご利用ください。 これがミミッキュが最強のポケモンである理由です。 のダイマックスが強いのは追加効果 状態異常無効とBダウン の方ではないでしょうか。 閲覧、コメントありがとうございます。 追加効果もとても強力なポイントですね。 記事中に修正表記させていただきます。 閲覧、コメントありがとうございます。 テンプレ構成ということで、流行しているようき型を挙げさせていただきましたが、いじっぱり型も十分良いと思います。 今環境ではあたりが最速必須の仮想相手となります。 中でもダイマックス中のに確実に先制出来る利点が多いと感じました。 また、同族対決の際にも不利を取りません。 僅かな火力の差で勝敗が決まることも多々あるので、一長一短だと思います。 また、いじっぱり型で大きく確定数が変わる例があった場合はそちらも例を挙げさせていただきたいと思います。 上記の技構成からシャドークローを外して吸血を入れ、持ち物をタスキに変えるだけです。 同族のミミッキュ相手だと運も絡んでしまいますが、化けの皮で減った分を吸血で取り戻して、タスキを発動させながら相手を殴ると意表が付けるでしょう。 剣舞が詰めない場面もあるかと思うので、ようきよりもいじっぱりの準速で吸血をするのも面白いかもしれませんね。 特にようきでも抜けない相手と一撃で倒せない相手が。 ありがとうございます。 上記で言われている乱数云々や確定ダメージがどうのは「超初心者向け」と謳う当記事では不要だったように思えます。 自分のような始めたての人間がさらなるステップへ進むための、よりポケモンに興味を持つという意味で素晴らしい記事をありがとうございました。 大変助かりました。 ミミッキュにはいろいろな型があるので迷っていましたが、やはりかげうちシャドクロじゃれつく剣舞の型がいいですね!この育成論を参考に育成して使ってみたいと思います。 この通りに作って見ました。 結構強くて驚きました。 心から感謝しています。 素晴らしい記事ありがとうございます.

次の