クラシック ピアノ 楽譜 無料。 無料でダウンロードできるピアノ楽譜サイト7選

【今すぐ使える無料楽譜】YOASOBI-夜に駆けるー全4楽譜

クラシック ピアノ 楽譜 無料

様々な演奏形態によるカノン 心地よく美しいメロディで人気の名曲『パッヘルベルのカノン』は、様々な演奏形態で編曲されています。 ここでは様々なアレンジによる『パッヘルベルのカノン』をご紹介します。 弦楽器の美しさは言わずもがな、オーボエとファゴットのダブルリードの叙情的な調べが心に沁みます。 オーケストラ編成だと各声部に厚みが出て、織りなすメロディが際立ちますね。 カルテットアンサンブル こちらの弦楽カルテット版は、優雅でとても落ち着いた雰囲気ですね。 1人1パートのカルテット形式だと、各声部の演奏、動きがわかりやすく、音の交差をはっきりと楽しめるのも聴きどころの1つ。 ピアノ 心安らぐこちらのピアノ版は、比較的演奏に挑戦しやすいアレンジです。 お子様や、大人になってからピアノをはじめた方でも弾きやすいことでしょう。 誰もが知っている名曲なので、発表会で弾いてもウケが良いでしょう。 ヴァイオリン こちらは、ヴァイオリンソロとピアノ伴奏の組み合わせ。 とても上品でリリカルですね。 ランチコンサートなど昼下がりにぴったりな、正統派の室内楽といった印象です。 ヴァイオリンの発表会の曲目に選んでも素敵でしょう。 チェロ チェロの中低音で奏でられるカノンの調べは、他のアレンジには無い趣きがありますね。 チェロの骨太さ、渋さとカノンの清らかさ、軽やかさが見事に融合したアレンジで、絶妙な緩急を感じさせます。 ロックギター こちらは、珍しいロックギター版のアレンジです。 カノンの新たな魅力が炸裂していますね!エレキギターによるロックアレンジでもメロディの美しさはそのままに、カッコ良さが加わり現代的なアレンジとなっています。 この項目では、まずカノンの仕組みについて解説します。 カノンとは、同じメロディを複数の声部で異なるタイミングから追随する楽曲形式のことを指します。 メロディの出だしを各声部で少しずつずらしながら、同じメロディが繰り返されていく。 ですから、旋律が記憶に残りやすいのがカノンの特徴です。 また、パッヘルベルのカノンに使用されているコード進行はカノンコードと呼ばれ、現代に至るまで後世の作曲家たちにも多大な影響を与えています。 マイナーコードを少し交えることで晴朗な旋律の中に感傷的エッセンスがひとさじ加わり、楽曲のドラマ性が深まっていると言えるでしょう。 そして、このコード進行を見てピンときた方もいるかと思います。 そう、カノンコードは有名なポップスナンバーでも頻繁に使われているのです。 例えば、スピッツの『』や中島みゆきの『』、森山直太朗の『』、井上陽水の『』など、誰しもが知っている名ヒットナンバーが挙げられます。 どの楽曲も聴き心地が良くて耳に残りやすく、つい口ずさみたくなるようなメロディですよね。 ネガティヴに解釈すると、単調で捻りが少ないと捉えられなくもありませんが、カノンコードは聴く人を選ばない、大衆に受け入れられやすいヒット曲の王道コードと言っても過言ではないでしょう。 聴き心地の良いコード進行から織り成されるメロディの反復が、至高の癒しをもたらしてくれる『パッヘルベルのカノン』。 時代を超えて幅広く愛されている理由が良くわかります。 『パッヘルベルのカノン』の正式名称と隠されたもう1曲の存在 『パッヘルベルのカノン』という通称ですが、これは正式な楽曲名称ではありません。 正式には『3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調』という名称で、第1曲のカノン、第2曲のジーグで1組となっている構成です。 第1曲のカノンがとても人気があり有名なので『パッヘルベルのカノン』と世間では広く認識されていますが、実は第2曲のジーグも存在するんです。 とても華やかで明るい躍動的な楽曲なので、カノンは聴いたことがあってもジーグは聴いたことがないという方は、是非とも聴いてみてくださいね。 パッヘルベルってどんな人?カノンが評価されたのはいつ頃? カノンと言えばパッヘルベル、パッヘルベルと言えばカノンと言っていいほど結びつきが強い組み合わせですが、パッヘルベル個人については、あまり知られていないのも事実。 パッヘルベルは、1600年代後期のバロック時代に活躍したドイツの宮廷音楽家で、作曲家でありオルガン奏者でもありました。 作曲ではオルガン曲やクラヴィア曲が中心で、教会音楽を多く手がけていました。 パッヘルベルの代表曲である『パッヘルベルのカノン』は、実は生前に評価され大ヒットしたワケではありません。 1900年代に入って再注目されるまで、長らく眠っていた隠れた楽曲でした。 1900年代前期に学者の論文でスコアが発表され、その後編曲され録音もされるようになり、1968年にフランスの名指揮者、ジャン=フランソワ・パイヤールの室内管弦楽団による録音が発表されてから、再評価を受け今日のヒットにつながりました。 パイヤール氏によるテンポの改訂、オブリガードの脚色などの大幅なアレンジが功を奏し、一躍クラシックの名曲に仲間入りを果たします。 『パッヘルベルのカノン』には、時を経て日の目を見たストーリーが実はあったんです。 まとめ 今回は、幅広く愛されているクラシックの名曲『パッヘルベルのカノン』についてご紹介しました。 聴き疲れしない心安らぐメロディの反復で、スーッと心を浄化してくれる名曲です。 演奏形態によってガラリと印象が変わるので、自分だけのお気に入りのアレンジを探してみても楽しい事でしょう。

次の

無料のピアノ楽譜サイトまとめ

クラシック ピアノ 楽譜 無料

:あなたはいま楽器を習っている? クラシック音楽が大好き? あるいは、音楽教師で学生用の教材を探しているところ? このどれかにあてはまるなら、あなたはいつも新しい楽譜を探しているはず。 この記事では、印刷できる無料の楽譜を見つけられる厳選7サイトを紹介します。 有名なクラシックから、20世紀のロッククラシックの新しい解釈まで、あらゆる楽譜をダウンロードできますよ。 8notesのコンテンツは、インストルメンタル、スタイル、アーティストの3つのセクションに分かれています。 つまり、あなたの専門分野がどんな音楽だとしても、ニーズに合った楽譜を見つけられるということです。 ほぼすべての楽譜にMP3またはMIDIファイルが付属しており、サイト内をブラウズしながら楽曲を視聴することができます。 また、ここにあるのは楽譜だけではありません。 そのほかの教材もたくさん用意されています。 音楽理論の講義からギタースケールまで何でも揃っています。 年間20ドルを払えば購読者になれます。 購読者は、より長い楽曲を聴けたり、高度なコンテンツやMIDIコンバーターを利用できるほか、広告を非表示にできます。 (国際音楽スコア・ライブラリ・プロジェクト) 楽譜を使う人でIMSLPを知らない人はいないはず。 このサイトは2006年に開設され、今ではウェブ上のどんなサイトよりもたくさん、無料の楽譜を提供しています。 現時点で、ライブラリには115,347件の作品、379,954点のスコア、43,390件の音源、14,863人の作曲家、390人の演奏家が登録されています。 一生を費やしても余りあるコンテンツです。 検索機能はシンプルで、期間、国籍、楽器、言語、ジャンルといったフィルタで検索できます。 また、このサイトでは多言語対応のフォーラムが盛り上がっています。 楽譜をリクエストしたり、ダウンロードした音楽についてチャットしたり、自分の音楽成功談をシェアすることもできます。 Pianotteの欠点は、ピアニスト用の楽譜しか扱っていないところです。 長所は、現代音楽がかなり充実しているところ。 ショパンよりもColdplayが好きな人にはぴったりなサイトです。 外見は洗練されているとは言えませんが、補って余りあるコンテンツがあります。 数百曲の楽譜がPDF形式でダウンロードできます。 AからZの索引、ジャンル、新着、人気などのオプションで検索できます。 Sheetoは、この記事で紹介している他のサイトとは少し異なるアプローチをとっています。 無制限のダウンロードライブラリを提供するのではなく、ユーザー同士で楽譜を交換することを奨励しています。 ごく一般的な楽曲なら、交換ではなく、そのままダウンロードできます。 探している楽譜がニッチなものなら、自分が持っている楽譜と交換する必要があります。 サインアップするときに、プロフィールページに、欲しい楽譜と提供できる楽譜をリストしておきます。 このコミュニティに参加すれば、膨大なコンテンツにアクセスできるようになります。 ジャズのマスターからロックのレジェンドまで、どんなものでも手に入ります。 もちろん、伝統的なクラシック音楽もたくさんあります。 無料でサインアップを済ませたら、ほかのユーザーたちと交換を楽しみましょう。 Mutopia Projectでは、クリエイティブコモンズ・ライセンスを持つ2,000以上の楽曲を提供しています。 つまり、法的なあれこれを心配せずに、ダウンロードした楽譜を修正、印刷、コピー、配布、演奏、録音することができます。 このサイトはクラシック音楽を専門としていますが、新しい音楽や、アレンジされた楽曲も置いてあります。 すべての楽譜にPDFとMIDIファイルが付属します。 Mutopiaはボランティアが中心となって運営されているサイトです。 楽譜はすべてLilypondを使って丁寧にタイプされています。 ボランティアの人たちが今どんなプロジェクトに取り組んでいるかを知りたければ、画面の上部にある「In Progress」タブをクリックしてください。 ChoralWikiは米国の登録慈善団体で、2万5千の合唱と声楽の楽譜と、3000人の作曲家をカバーしています。 楽譜に加えて、テキスト、翻訳、MP3ファイル、およびMIDIファイルをダウンロードできます。 検索は「作曲者」と「音楽」の2つのセクションに分かれています。 この2つのセクションがそれぞれサブカテゴリに分かれていて、死亡年、年齢、国籍、ジャンル、言語などのオプションでフィルタリングできます。 ChoralWikiはコミュニティ主導のWikiなので、誰でもサイトに新しいコンテンツを追加できます。 開設されると急速に成長し、人気サイトとなりました。 継続的に新しいコンテンツが追加されています。 Making Music Funは、楽器を手に取ったばかりの人にはぴったりのサイトです。 偉大な作曲家の複雑な作品にいきなり取り組むかわりに、楽器の演奏を少しずつ、楽しく学んでいくことができます。 このサイトは初心者向けにつくられています。 楽譜だけでなく、学習指導書、音楽理論ワークシート、授業の教材、さらにはレッスン計画まで用意されています。 基本は生徒に教材を配りたい教師向けの内容となっていますが、自習用としても素晴らしい教材です。 楽譜はそれぞれ、ギター、バイオリン、ピアノ、フルート、レコーダー、オーボエ、サクソフォン、トロンボーン、ハープ、トランペット、チェロ、クラリネット用のものがあります。 声楽家の卵のための楽譜もあります。 各楽器セクションは、入門、初級、中級に分かれています。 中級レベルを卒業したら、この記事で紹介しているほかのサイトを使い始めるとよいでしょう。 あなたはどのサイトを使いますか? 以上、無料で楽譜を探して印刷できる厳選サイトを7つ紹介しましたが、これですべてではありません。 ネット上には同じようなサイトがまだまだたくさんあります。 じっくり探せば、どんな楽譜でも必ず見つけられると思いますよ。 |MakeUseOf Dan Price(訳:伊藤貴之) Photo by Shutterstock.

次の

【無料楽譜あり】カノン(canon)の全て【クラシック名曲シリーズ】

クラシック ピアノ 楽譜 無料

クラシックの有名な曲の一つ「トルコ行進曲」。 このサイトを訪れている方なら、ご存知のかたも多いでしょうが、「有名なトルコ行進曲」は2つあります。 1つがモーツァルトが作曲したピアノ・ソナタ第11番第3楽章のトルコ行進曲。 もう一つが、ベートーヴェンが作曲した劇付随音楽アテネの廃墟のトルコ行進曲です。 今回は動画リンクは貼りませんが、もしご存じない方はYoutube等で聞いてみてください。 皆さんはどちらがお好きですか? 私は断然聴くのも弾くのもモーツァルトのトルコ行進曲が好きです。 あの颯爽としたテンポがとても気持ちがいいです。 ベートーヴェンの方も聴く分には好きなのですが、演奏する方としてはあの短前打音の多さにイライラしてしまいます。 私もまだまだ未熟なのでしょうが、同じように考えられる方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな2つのトルコ行進曲の無料楽譜を紹介します。 実際「トルコ行進曲」はどちらも有料で販売されている楽譜の中に掲載されているものも多いですが、原曲の楽譜は著作権も切れており、いくらでもネットに掲載されています。 またアレンジされた楽譜もいくつか無料で提供されていますので、そちらも併せて紹介します スマートフォンなどで、楽譜が小さかったり荒れて見える場合があります。 楽譜画像をクリックするとリンク先へ移動しますので、そちらでダウンロードや印刷をされてください。 もちろんダウンロード・印刷は可能です。 細かい装飾記号等はもしかしたら原曲と違っているかもしれません。 難易度は中級以上になります。 曲のボルテージが上がる(フォルテで演奏する)部分の左手パートにかなりの前打音が記載されています。 おそらくバイエル等の初心者向けの教本では、この部分は和音にするなどして簡略化されているかと思いますが、この楽譜はされていません。 「なんじゃこりゃー」となるかもしれませんが、最初は和音と思ってビビらずに演奏してみましょう。 右手にも短前打音が含まれていますが、こちらはそれほど注意しなくても弾ける難易度でしょう。 右手・左手それぞれ別々にしっかりと練習してから演奏してみてください。 最初に述べたようにこの曲は非常に短前打音が多い楽譜です。 ある程度速い曲に指が慣れていないとモーツァルトのトルコ行進曲以上に、指が追いつかなくなります。 一般的に長い楽譜ではないのですが、集中して演奏しないと前打音が前打音にならなくなります。 練習する際はテンポを落としてまずはゆっくり練習しましょう。 この時、各前打音が同じリズムになるように意識してください。 前述した前打音を除けば難しい楽譜ではありません。 逆に言えば前打音さえマスターできれば、すぐに演奏できるようになります。 諦めずにチャレンジしてみてください。 難易度は 中級になります。

次の