春キャベツ おかず。 キャベツのレシピ

春キャベツで作るあと1品のおかずレシピ(簡単&人気の副菜)

春キャベツ おかず

写真・文/矢崎海里 春キャベツは、3月~5月頃に店頭に並ぶ春野菜。 一年中出回っているキャベツですが、この時期は巻きが緩く、みずみずしく甘みが強いのが特徴です。 今回は、春キャベツの特長を生かした簡単おかずレシピを2つご紹介します。 キャベツは繊維に沿って千切りにすることで、シャキシャキ食感が楽しめます。 2.コーンも加え、キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取る。 シンプル、かつキャベツのおいしさを味わえるコールスローサラダ。 また、野菜の水分も落ち、しんなりさせることができるのですが、しっかりと絞っても半分くらいの塩分は食材に残ってしまいます。 今回は塩もみの工程を行わないため、しっかりとキッチンペーパーで水分を抑えることがおいしく仕上げるポイントです。 春キャベツは巻きが緩く、みずみずしく柔らかいのが特徴です。 堅めで煮込み料理に適している冬キャベツに比べ、春キャベツはサラダなど生で食べるのがおすすめ。 葉の緑が濃く、ツヤがありふっくらとしたものがよいとされています。 水気を取り、しんなりさせてかさを減らすことで、たくさん食べることができますよ。 食塩相当量:0. しっかり混ぜたら片栗粉を加え、さらに混ぜる。 3.耐熱皿にクッキングシートを敷き、スプーンなどで一口大に丸めていく。 4.上から水気を切ったキャベツの葉をのせていく。 芯の部分は固いので避け、手でちぎりながら包む。 5.ふんわりラップをし、600Wで6分半加熱する。 6.火が通ったらいりごまを振って完成。 蒸し器を使わず、シュウマイの皮も包む手間も不要! レンジで簡単に作れるしゅうまいのレシピは、料理が苦手な方でも簡単に作ることができます。 キャベツをお湯で柔らかくすることで、あんにかぶせやすく、またキャベツをかぶせることであんが蒸され、甘みと旨味をより感じることができますよ。 キャベツには、外葉と芯の周りにビタミンCが豊富に含まれているほか、ビタミンUも含まれています。 ビタミンUはキャベジンとも呼ばれ、胃や腸の調子を整える効果があることから、市販の胃腸薬の成分に含有されています。 食塩相当量:0. 7g * * * キャベツは一年中出回っている定番野菜ですが、ぜひこの時期だけの甘みとみずみずしさを味わってみて下さい。 文/矢崎海里(やざき・かいり) 管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。 おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

次の

春キャベツレシピのおすすめ21選♪春を思う存分堪能できる絶品料理

春キャベツ おかず

柔らかくて甘くておいしい春キャベツ。 今回は、春キャベツを使った材料4つで簡単につくれるおかずレシピを紹介したいと思います。 【簡単レシピ1】キャベツとウィンナーの白だし煮 〈材料 2人分〉 キャベツ 2枚 ウィンナー 4本 水 100cc 白だし 大さじ1 〈つくり方〉 1. キャベツをざく切りにします。 耐熱容器に水、白だしとキャベツを入れてふんわりラップをかけ、電子レンジ600Wで2分加熱します。 ウィンナーをキャベツの上に乗せ、ふんわりラップをかけて3分加熱し完成。 【簡単レシピ2】キャベツと焼鳥の簡単炒め 〈材料 2人分〉 キャベツ 1枚 焼鳥の缶詰 1缶(65g) 油 小さじ1 塩 少々 〈つくり方〉 1. キャベツをざく切りにします。 油をひいたフライパンにキャベツを入れて炒め、しんなりしてきたら焼き鶏の缶詰を入れて炒めます。 塩で味を整えたら完成。 キャベツは一口大に手でちぎります。 豚バラは長さを半分に切ります。 フライパンにキャベツ半量と豚肉半量を乗せます。 残りのキャベツと豚肉を乗せ、プチトマトを散らします。 水を大さじ1(分量外)を入れてフタをし、中火で10分蒸します。 豚肉にしっかり火が通ったら完成。 お好みのつけダレで食べて下さい。 豚肉は重ならないように広げて乗せると火が早く通ります。 どのレシピも材料4つで簡単に作れるので、忙しいときに活躍すること間違いなし!甘みのある春キャベツにぴったりなレシピなので、是非お試し下さい。 料理やスイーツやパンなど、子どもと一緒につくれる簡単レシピが得意でレシピ発信しています。

次の

春キャベツで作るあと1品のおかずレシピ(簡単&人気の副菜)

春キャベツ おかず

通年出回るキャベツですが、収穫期によって品種が異なる春キャベツと冬キャベツ(寒玉と呼ばれる)があります。 大きな違いは葉の巻き具合。 半分に切って断面を見るとよく分かりますが、冬キャベツは葉がきつく巻いていますが、春キャベツは巻きがゆるく葉と葉の間に透き間があります。 また、冬キャベツは楕円形で春キャベツは球形という違いもあります。 葉の厚みと甘みが特徴の冬キャベツに対して、野趣あふれる味わいと香り、やわらかさが特徴の春キャベツ。 そのシャキシャキとしたみずみずしさが魅力です。 目利き・選び方 「丸ごとキャベツ」は切り分けて使いましょう やわらかさが持ち味の春キャベツ、旬は栄養バランスに優れ価格もお手頃です。 丸ごと買い求め食べつくしましょう。 とはいっても、目的の料理法があってササッと完食…といかないことも多々。 鮮度が落ちないうちに、おいしくいただくために、ブロック別に分けて使うと、容易に食べきれます。 外葉は生のままで! そのままの甘みと歯応えを楽しむために、みずみずしい外側の葉2〜3枚はよく洗って、生のままちぎってお好みのドレッシングで、またサッと火を通す程度でいただきましょう。 芯の周囲に包丁で切り込みを入れると、手でかんたんにはがれます。 やわらかい春キャベツはにんじんや三つ葉などの他の野菜と一緒に鍋仕立て(薄い醤油ベースのすまし汁がマッチ)もおすすめです。 さっとゆでてドレッシングをかけたり、パスタや焼きうどんと合わせるのも、おいしい食べ方。 歯応えが残るややハードボイルドがおすすめです。 チャーハン、スープ、漬け物などに使うと、あっという間に食べつくせます。 外側は細く切って炒飯やスープの具にしたり、大きめに切って、強火で炒めて。 内側は塩もみして浅漬けにして、余さずいただきましょう。 春キャベツの見極めポイントと保存 おいしい春キャベツは、以下の点をチェックして選びましょう。 全体に巻きがやわらかく、弾力がある• 外側の葉が鮮やかな緑色で張りがある• 根元の切り口がみずみずしい 芯をくり抜くと長もち! 少しでも長もちさせたいときには、芯の周囲に包丁を入れて芯をくり抜いて、水でぬらしたペーパータオルを詰めて、全体をラップフィルムでしっかり包みましょう。 芯をつけたままだと、芯が葉の養分を吸って葉がしなびる原因になるので、取り除くと日もちします。 (残ったときの)キャベツ超お手軽レシピ 分量や手順を気にしない、アバウトでもおいしい!そんなキャベツの超お手軽レシピをご紹介します。 ゆでキャベツおかか&みそ和え ざく切りにしたキャベツをさっとゆで、水気をよく絞りおかかをふりかける。 醤油と七味唐辛子でどうぞ。 ゆでて水気を絞った後、田楽みそや辛子みそ(それぞれ市販)を和えても美味。 お弁当マリネキャベツ マリネ液(酢、サラダ油、はちみつ<または砂糖>、塩・こしょう)に多めのキャベツのせん切りを混ぜ合わせ、小さめのビンにギュウギュウに詰め入れ、2時間ほどおく。 朝詰めて、ランチには食べ頃。 お弁当に重宝します。 キャベツとベーコンの蒸し煮 丸ごとキャベツは4〜6つに切り分け、ベーコンは好みの大きさに切って厚手の鍋へ入れる。 塩・こしょう、水(あれば白ワイン)、顆粒コンソメスープの素を加えて、ふたをしっかりして蒸し煮に。 たっぷりの粒マスタードで、どうぞ。 キャベツと鶏肉のトマト煮 ざく切りキャベツ、ひと口大に切った鶏肉、トマト缶、水(あれば白ワイン)、塩・こしょう、好みのスパイス(ローリエやローズマリーなど)を全部一緒に鍋に入れて煮込む。 時間があるときはオリーブ油で炒めてから煮込むと、コクがアップ! キャベツのソース炒め ざく切りキャベツをごま油で炒め、焼き色がついたら、塩をふり、酒とお好み焼きソースをふり入れて炒め合わせる。 好みで青のりをプラス。 春キャベツは柔らかくて甘いのでベーコンとさっと炒めていただくのがお気に入りです。 春キャベツのおひたし。 そのものの甘みをいかすためにさっとゆでて、すったしょうがをたっぷりのせて、ポン酢をかけるだけ。 春キャベツとアンチョビのパスタがとても美味しいです。 お酒とも良く合います。 春キャベツは柔らかいので、そのまま千切りにして、ポン酢とゴマを散らして食べると美味しい。 芯が甘いので捨てずに餃子に入れたり、コンソメで煮る。 うちは春キャベツを使ってお好み焼きをよく作ります。 春キャベツもたくさん食べれるし、おいしいです。 我が家では春キャベツの触感を少しでも残すために、大きめに切るようにしています。 オリーブオイルと唐辛子でパスタのペペロンチーノのように炒めると美味しいおつまみになります。 その中に豚肉を入れるとさらに美味しいです。 春キャベツのジャコ炒め…オリーブオイルにニンニク(大人用には鷹の爪)を入れ、ジャコを炒めて、一口大にちぎった春キャベツを投入。 油がまわったら塩胡椒で味を調えて完成。 さらに盛ったら、気分で細切りにしたゆずの皮をのせる。 そのままでも、ゴマや鰹節でも。 葉が柔らかくてそのままでもとても美味しいですよね。 我が家では卵とじが人気です。 その頃に旬を迎えるアサリとキャベツを一緒に炒め、アサリから良いおだしが出たところで味付けをして溶き卵でとじるだけ。 見た目にも春を感じる、やさしい味です。 干しえびと一緒に炒めるとおいしいですよ。 春キャベツはやわらかいので、レンジでちょっとチンして鰹節と醤油でからめるだけでもおいしいです。 フライパンで蒸し焼きにした春野菜に、オリーブオイルと塩・胡椒をかけるだけで絶品料理になりますよ。 季節の野菜の力を感じます。 洗って、手で裂いて、ポン酢をかけてむしゃむしゃ食べる。 生が一番!!甘くて美味しい^^。 熱したフライパンに油を入れ、きざんだ春キャベツをさっと炒め、塩で味付け。 とにかく短時間で調理するのが、春キャベツをおいしく食べるコツ。 ビールに最高です。 そのまま、手でちぎり味噌で食べる。 春キャベツの柔らかさを感じるためには温野菜料理でいただくのがよろしいかと思います。 氷水にさらしてソースをかけてバリバリ食べるのがおいしいです。 手でちぎって、塩、こしょう(たっぷりと)、オリーブオイルをかけて、冷蔵庫で冷やして召し上がれ!• アンチョビでさくっと炒めます。 手軽で美味しい。 丸ごとスープ煮が1番美味しくて、栄養もバッチリです。 春キャベツはそのまま生で食べるのが好きです。 1/8くらいのくし型に切って味噌とマヨネーズを混ぜたマヨ味噌や、コチュジャンとマヨネーズを混ぜた辛味噌マヨをディップして食べます。 ビールのお供に最高!キャベツは食べるまで水に浸して冷蔵庫に入れておくとパリッパリになっておいしいです!• キャベツ、豚バラ、キャベツ、豚バラと積み重ねコンソメを入れて火にかける。 簡単でとってもおいしい。 茹でた春キャベツに塩こんぶを混ぜるだけ!!!おつまみにもご飯のおかずにも美味しいよ!• コールスローサラダにして食べるのが大好きです。 食べる直前に軽く千切りキャベツを塩もみしてサラダにします。 キャベツの芯は別にとっておいて衣をつけて揚げて食べるとほくほくしておいしい。 春キャベツを大きめに刻み豆板醤でサッと炒めれば、出来上がり。 酒のつまみになります。 春キャベツは生で食べるのが1番ですが、ロールキャベツにすると、甘味があり、柔らかくてとてもおいしいです。 春キャベツといえば、やっぱり味噌汁が一番。 油揚げとの相性は、最高です。 春キャベツはアンチョビとガーリック、塩コショウと一緒に軽く混ぜて、パスタにしたらとてもおいしいですよ。 またコールスローもコーンとシーチキンと混ぜて、めんつゆとマヨネーズであえても和風でとってもおいしいです。 両方とても簡単なので、是非試してほしいです。 ガーリックオイルでベーコンと春キャベツと新玉ねぎとコーンを炒る。 色鮮やかなソテーです。 朝食やおつまみで・・・味を濃いめにして細めのパスタとあわせてもグッドです。 巣篭もりキャベツ…【材料(一人分)】春キャベツ・卵一個・塩コショウ【作り方】キャベツを千切りにします。 フライパンに少しの油を熱してキャベツを入れて真ん中を少し凹まして卵一個を割りいれて水を少々かけます。 フタをして蒸し焼き状態にし、卵が半熟になったら軽く塩コショウをして出来上がり。 キャベツから水分が出るので水は控えめで火は強めです。 4人分だとキャベツをフライパンに山盛りになるように入れます。 卵4個を割りいれてフタをします。 キャベツがクタ〜となったら上出来です。 超簡単!• キャベツ1玉分をざく切りにして、ウインナーと少量の水、粉末だし小さじ1程度とともに鍋にぶちこんで蓋をし、15分ほど煮る。 醤油大さじ1.5くらいと塩コショウ適量で味を調えたら完成。 キャベツから出た水分がけっこうあるから、そんなに水をいれなくてもいいのです。 とろとろです。 おいしい!.

次の